bitflyer(ビットフライヤー)のレバレッジ(FX)取引のやり方とかけ方!

ビットコインでもFXが、それもレバレッジをかけて行うことも可能! 大手bitflyer(ビットフライヤー)のFXを用いて、レバレッジとは何なのか、メリットと注意すべきことをまとめました。bitflyer(ビットフライヤー)FXの多彩な注文方法にもご注目!

bitflyer(ビットフライヤー)のレバレッジ(FX)取引のやり方とかけ方!のイメージ

目次

  1. 1bitflyer(ビットフライヤー)でレバレッジを活かしたFXをはじめよう
  2. 2少ないお金を大きく!レバレッジの仕組み
  3. 3bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでできること
  4. 4bitflyer(ビットフライヤー)Lightningの取引の準備
  5. 5bitflyer(ビットフライヤー)Lightningに入金するやり方
  6. 6bitflyer(ビットフライヤー)Lightningのレバレッジ変更のやり方
  7. 7bitflyer(ビットフライヤー)LightningでのレバレッジFX取引
  8. 8レバレッジのリスク
  9. 9bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでの基本的な注文のやり方
  10. 10ロスカットのかけ方とSTOP注文
  11. 11bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでできるレバレッジとロスカットに効果的な注文のしかけ方
  12. 12ルールを決めればレバレッジも怖くない
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

bitflyer(ビットフライヤー)でレバレッジを活かしたFXをはじめよう

FXとは「Foreign Exchange」の略。外国為替証拠金取引(外為)といいます。

秒単位で前後する外貨との円差益を利用し儲けを得る投資であるため、円とは違うお金であるビットコインでも同じやり方が可能なのです。

しかも外貨取引とは違いビットコインなら24時間、365日取引が可能
ビットコインは時間を選ばず儲けることができます。

今回は最大手ビットコイン取引所、bitflyer(ビットフライヤー)を用いてFXのやり方、そして最大の魅力「レバレッジ」についてご説明いたします。


ビットコイン取引量No.1のビットフライヤーはビットコイン取引を本気でしたい中~上級者も満足できるトレード機能を搭載!

bitflyer(ビットフライヤー)は初心者の方にも、仮想通貨取引に慣れてきてレバレッジ取引をしたい方にもおすすめの取引所です。

さらにセキュリティも世界一と評価されたこともあり、非常に安心できる取引所なのでbitflyer(ビットフライヤー)の登録がまだの方は是非この機会に登録しておきましょう。

複数の取引所に登録しておくことで、取引所でエラーがあった時のリスクヘッジにもなります。
登録は簡単1分で完了します。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットフライヤーよりも大きい25倍でのレバレッジ取引をしたい人は必見!

この記事を読んだ方はレバレッジ取引をしっかり行いたい方と思います。
ビットフライヤーで行うレバレッジ取引もいいですが、さらに大きくレバレッジ取引をしたい方におすすめの25倍でのレバレッジ取引をできる取引所をご紹介!

<ザイフ>
ザイフでは25倍のレバレッジ取引を行えます。

さらにスワップポイントなどビットフライヤーよりも手数料が安くFX取引、信用取引、先物取引と様々なレバレッジ取引の選択肢があります!

ビットコインのトレードをしたい人はザイフでもレバレッジ取引を始めるのをおすすめします!

Zaif(ザイフ)は手数料がお得で、取り扱っているアルトコインの種類数も国内で最も多くなっています。
手数料は気づけば大きな額になっていますので、Zaif(ザイフ)で人気アルトコインをお得に手に入れましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<ビットポイント>
ビットポイントもザイフ同様25倍のレバレッジ取引を行えます!

そして、ビットポイントのおすすめポイントは、ビットフライヤーにもザイフにもない、取引ツールである「MT4」を世界で初めて仮想通貨で利用できるようにしたところです!

「MT4」は様々な取引を自動で行えるように設定できるツールで本気のトレーダーなら欠かせないツールですね!
しっかりとトレードをしたいなら「MT4」が利用できるビットポイントもおすすめ!

BITpoint(ビットポイント)の登録に関して不明点などがあれば【BITpointの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBITPoint(ビットポイント)の評判と特徴と手数料まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

少ないお金を大きく!レバレッジの仕組み

レバレッジとは「てこ」という意味です。レバレッジを利用するとは、少ない額で大きい額を動かすことを意味します。

レバレッジで最も魅力なのは、「自己資金が少なくて済む」ということ。
FXには「証拠金」という、取引のために担保にするお金が必要になります。

例えば100万円分の取引に対し、レバレッジ最大25倍で取引をするとしますと
25分の1の金額、4万あれば取引ができてしまいます。

つまりレバレッジを利用することで、4万あれば100万円分動かすことが可能なのです。

レバレッジがあれば手持ちの資金が少なくても多額の取引が可能!bitflyer(ビットフライヤー)で行うFXとレバレッジのメリット

ビットコインは現在1BTC=約160万円となっています(12/10時点)。レバレッジなし(1倍)で行う場合は資金が約120万必要になります。

bitflyer(ビットフライヤー)ではレバレッジが最大15倍ですので、レバレッジを最大でかけると120万の15分の1、8万前後資金があれば120万円もの取引が可能になります。
 

※画像は0.02で注文したもの

ドル円などの外貨取引では小数点以下での取引はできない取引所も多いため、比べると注文数にとても自由があります。

bitflyer(ビットフライヤー)では現物取引もFXも画面切り替えがワンタッチですので、ご自身に合ったやり方を見つけやすいです!

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでできること

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningではレバレッジをかけて取引をすることで、少ない資金で大きなお金を動かすことができます。

仮想通貨のボラティリティは円ドル為替の約10倍となっており、日々大きな幅で変動しています。

少ないお金をレバレッジで大きく膨らまし、仮想通貨特有の大きな価格変動でさらに大きく資金を増やすことができます。

FX取引の魅力の基本はこういったことになりますが、bitflyer(ビットフライヤー)Lightningの魅力はそれだけではありません。

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningは売りから入れる

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningを使えば仮想通貨の取引を売りから始めることができます。

現物取引ではもちろん先に仮想通貨を買って、自分が所有している仮想通貨を売ることでしか利益をあげることはできません。

しかしbitflyer(ビットフライヤー)LightningをはじめとするFX取引では、仮想通貨を借りることで、自分が仮想通貨を所有していなくてもまず売ることから始めることができます。

これにより、bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでは仮想通貨の価格が暴落している時でも資産を大きく伸ばすことができます。

リスクももちろんありますが、基本的に高騰よりも暴落の方が勢いよく大きく起こるので、資金を大きく増やすために非常に魅力的なシステムであると言えます。

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningは多彩な注文ができる

後ほど詳しくご説明しますが、bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでは非常に多彩な注文をすることができます。

通常は指値注文、逆指値注文、成行注文などが基本ですが、この他にも多くの注文方法があります。

そういった注文は取引の上級者向けではありますが、使いこなせば非常に大きな武器となることでしょう。」
仮想通貨取引に慣れてきた方はぜひ挑戦してみるのも良いかもしれません。

bitflyer(ビットフライヤー)LightningではAPIが使える

こちらは少しコンピューターの専門的な機能になりますが、bitflyer(ビットフライヤー)LightningではAPIが提供されています。

APIを使うことで、取引所の注文状況や取引履歴を取得することができ、さらに新しく注文やキャンセルをすることもできます。

web API だけでなく、bitflyer(ビットフライヤー)LightningではPubNubによるリアルタイムフィードも採用されています。

これによって、Ruby、JaveScript、Javaをはじめとする多くのプログラミング言語で情報を取得することができます。

bitflyer(ビットフライヤー)LightningはBTCを証拠金にできる

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでは、円だけでなくビットコインを証拠金として取引することができます。

レバレッジ取引をしながら同時にビットコインでも資産を持っておくことができるので、仮想通貨による資産の運用がしやすくなります。

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningの取引の準備

まずbitflyer(ビットフライヤー)に口座を作ります。bitflyer(ビットフライヤー)ではアカウントクラスがあり、現物取引のみの「ウォレットクラス」からFX等売買可能な「トレードクラス」になる必要があります。

メールアドレスと本人確認を登録すれば簡単にできますので、忘れずに行いましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットフライヤーのアカウントクラスについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスの変更点とは?

bitflyer(ビットフライヤー)でトレードクラスになるには

トレードクラスになり、bitflyer(ビットフライヤー)Lightningを利用するために必要なものは以下のものです。

・メールアドレス(口座開設のために必要)
・本人確認書類(トレードクラスになるために必要。免許証など)
・本人情報の入力と取引の目的(投資やFX取引利用時には必ず聞く義務があります)

これらを登録すると、後日bitflyer(ビットフライヤー)からはがきが届きます。こちらを受け取ればトレードクラスになることができます。

shiroboshi

(29)

本人確認書類は郵送ではなく、画像送信なのでとても早く手続きが済みます。免許証をスマホやスキャナーで表裏撮り、PCに送るだけです。

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスの変更点とは? | BtcFeed

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningに入金するやり方

トレードクラスになったら証拠金を入金するため、bitflyer(ビットフライヤー)の通常口座にご自身の銀行口座からある程度お金を移しましょう。bitflyer(ビットフライヤー)のサイトからも可能ですが、FX画面からでも可能です。

まずbitflyer(ビットフライヤー)Lightningのメニューをクリックします。左上上部の三本線のマークです。

入出金をクリックすると、横に資産残高が表示されます。スクロールを下に動かすと入出金メニューがあります。「日本円ご入金」をクリックすると下の画面が現れます。

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningの日本円ご入金は「三井住友銀行」または「住信SBIネット銀行」をクリックすると、振込先口座が表示されます。この2つのどちらかに通常の銀行振込で入金します。(登録済みなら下に自分の銀行口座が表示されます)

こちらですとご利用の銀行の手数料で入金になるので、同じ銀行を利用している場合手数料は安く済みます。さらに共にインターネットバンキングで振り込むと手数料はかかりませんのでぜひ利用しましょう。

ただ、銀行が営業時間外に入金した場合はすぐに反映されません。手数料がかかっても今すぐ取引したい! という場合はすぐ横の「クリック入金」を利用しましょう。

手数料が高いけれど、素早く、支払い方も自由。bitflyer(ビットフライヤー) Lightningのクイック入金

shiroboshi

(29)

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningのクイック入金ですと、手数料はどの方法にかかわらず324円かかってしまいます。ですがいつでも即座、遅くても数十分程度で反映されます。夜遅くに入金しましたが、10分ほどだったと思います。

しかもコンビニ支払などでも可能となり、ライフスタイルに合った入金が可能です。
少ない金額でもできるのが嬉しいですが、取引量が多い方が差益も増えること、また入出金のたびに手数料がかかってしまうことを考えると、ある程度多めに入れたほうが良いでしょう。

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningのレバレッジ変更のやり方

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningへの入金準備が終わりましたら、レバレッジを変更しましょう。入出金と同じくメニューから「設定」を選びましょう。

こちらがbitflyer(ビットフライヤー)Lightningの設定画面です。ここでは注文時確認画面を表示するかどうか、発注数量ボタン、買いボタンと売りボタンを左右いれかえるという細かな設定もできます。

その下にお待ちかねの「レバレッジ設定」を変更するスイッチがありますので、好きな倍率に変えましょう。


レバレッジ設定の下に注意書きがあります通り、入出金をする口座を登録すること、証拠金を下回らないように取引数を調整すること、そしてなにより価格変動によりマイナスになることもあるため、ご自身のお金の余力を考えて調節することやロスカットの注文が大事になります。

Thumbbitflyer lightning(FX)の使い方・手数料を解説!【体験談あり】 | BtcFeed

bitflyer(ビットフライヤー)LightningでのレバレッジFX取引

それでは早速注文してみましょう。bitflyer(ビットフライヤー)Lightningの左上のボタン「BTC-FX/JPY」をクリックしてから行うのを忘れないようにしてくださいね。

ここを選択しないと、FXの売買になりませんので注意しましょう。選択したらbitflyer(ビットフライヤー)Lightningの画面右よりの「売り/買い」と書かれている赤い窓から取引することができます。

bitflyer(ビットフライヤー)のレバレッジの確認はここ!

現在のレバレッジ倍率は赤い注文の窓の上にあります。注文すると「証拠金維持率」も表示されます。bitflyer(ビットフライヤー)では証拠金維持率が50%を下回ると強制ロスカットが入り、即座に注文が決済されてしまいます。

とくにレバレッジの倍率を変えてすぐは100%を下回るとロスカットになりますので、余裕を持った金額で行いましょう。

レバレッジを事前に計算して注文すると安心

レバレッジのメリットでもお話したとおり、設定したレバレッジの倍率で割ると1BTCで必要な証拠金が分かります。

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningの左上「BTC-FX/JPY」とかかれた所の上の数字が例えば「808800」と書かれていた場合、1BTC=808,800円という意味です。

15で割ると53,920円になり、1BTCを取引するときにはこの金額が必要になります。

もちろん0.01BTCだけ取引するなら、その100分の1の証拠金で充分ですので、540円で取引できるということになりますね。

レバレッジのリスク

レバレッジは少ない金額で大きく利益を得る魅力的なシステムですが、同じく損失が出るということも忘れてはいけません。倍率をかけた分だけマイナスも跳ね上がるのです。

FXは人間同士の取引ですので、心理戦とも言えます。ですので知識があればギャンブルにならずに利益を得るタイミングを読むことができますが、予想通りに必ず動くとも言い切れないのです。


仮想通貨であるため、国内で定期的に発表される経済指標に振り回されることはありませんが、国のどこかで経済的に関わる大きな事件が起こると、ビットコインに建て替えて資産を守ろうとする人が集中することがあります。

その大多数が突発的な事件であるので、すぐに対応できないことがビットコインではよくあるのです。

損失にレートが大きく動き、レバレッジもかかっていたのでかなりのマイナスになり、証拠金が維持できずに強制的に決済される……レートが大きくさがったのが一瞬だけだとしても、戻すことはできないのです。

そのために必ず、ロスカットするための注文を入れておきましょう。

Thumbビットコインのレートが変動する要素とは?レートの見方と今後の予想! | BtcFeed

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでの基本的な注文のやり方

ではロスカットをふまえた上で、先ほどの注文窓に戻り注文してみましょう。この上部に「指値」「成行」「特殊」とあります。

特殊はその言葉通り、特殊で細かな注文が可能になっています。特殊の注文は後で記述しますので、ここでは「指値」「成行」の違いをご説明します。

成行注文のやり方

言葉通り、なりゆきで注文します。現在のレートからそのまま希望の数量で買う、もしくは売るやり方です。

注文したいタイミングを逃しにくくなりますが、この状態ではロスカットが入っていません。あとで必ず下限だけは予約注文しておきましょう。

指値注文のやり方

指値注文とは、どこまで取引するかあらかじめ設定した注文です。つまり「現在値から買い(売り)」の注文と同時に、決済したいレートの「売り(買い)」の予約注文ができます。

こちらはロスカットではなく、上限の同時注文です。ローソク足や移動平均線などを見て、どこまで伸びるか予想ができる場合はこちらを利用すると、画面に張り付いていなくても決済チャンスを逃しにくくなります。


なお、FXでは注文すると「スプレッド」という、いわゆる手数料がとられます。ですが今bitflyer(ビットフライヤー)Lightningは手数料が無料となっており、取引した瞬間からプラスになりやすいです。

手数料表を見る限り、終了は未定ですがずっと無料ではないようですので、今の内に口座を作って、手数料がないうちに取引を始めましょう。

ロスカットのかけ方とSTOP注文

その前に……bitflyer(ビットフライヤー) Lightningの決済のしくみ

bitflyer(ビットフライヤー)で利益確定をする場合、通常のFXに慣れている方は「えっ?」と思われるかも知れません。「決済」というボタンはbitflyer(ビットフライヤー)では存在しないのです。

決済するためには、建玉(現在取引している注文)に表示されている数量と同じ数だけ逆の注文をします。例えば0.1BTCを買っていた場合、0.1BTCだけ「成行注文で売る」を行えばその場で決済することができます。

わかりやすくて便利! ロスカットにはSTOP注文

bitflyer(ビットフライヤー) Lightningで下限(ロスカット)の注文をするためには「STOP注文」を使うと便利です。FXでいう「逆指値注文」にあたります。
注文の窓の右上にある「特殊」をクリックしましょう。

すると、こんなウィンドウが表示されます。既に成行注文等されている場合は左横のメニューは「シンプル」を押し、右横の中央上にある「STOP」を押します。

決済に利用するので、現在買っている場合は「売り」、売っている場合は「買い」をクリックします。数量は現在注文している数に合わせましょう。

下のトリガー価格はどこで決済するかレートを入力します。どこで設定したら良いか分からない場合は「シンプル」の上に「Best Ask」「Best Bid」と書かれている横にレートがありますので、そちらを参考にすると良いでしょう。

Askは買い、Bidは売りのレートになります。すべて入力したら、一番下の「Place Order」をクリックして予約注文を確定します。

これでもし、そのレートまでマイナスになった場合、自動的に決済され最低限のマイナスに抑えることができます。レバレッジを高く設定し、少額で行っている方ほど証拠金を下回る可能性はとても高いですので、徹底しましょう。

なお、このSTOP注文は既に行っている成行注文に対する「指値注文」の予約としても使うことができます。とても分かりやすく便利ですので、このSTOP注文だけは最低限覚えておきましょう。

bitflyer(ビットフライヤー)Lightningでできるレバレッジとロスカットに効果的な注文のしかけ方

ではさらに、特殊注文について掘り下げていきます。bitflyer(ビットフライヤー) Lightningでは様々な注文を組み合わせて取引することが可能となっています。

使いこなすとロスカットに加え、より利益を得る注文ができるようになりますので、ぜひやりやすい方法を見つけましょう!

シンプルのその他の注文

先ほどの「STOP注文」の他に「指値注文」「成行注文」「STOP-LIMIT注文」「TRAILING注文」があります。この内指値注文と成行注文は赤い窓にあったものと同じです。

「STOP-LIMIT注文」「TRAILING注文」はやや難しいですので、慣れるまではムリに使わなくてもよいと思いますが、簡単に説明させていただきます。

STOP-LIMIT (ストップ・リミット)注文の使い方

bitflyer(ビットフライヤー) Lightningのヘルプによると、こちらの注文は「トリガー価格以上で買い、以下になったら売り」という注文ができるそうです。

とてもややこしい文面ですが、注文を送った瞬間現在レートで成行注文がされるため、意味としては「成行注文が<トリガー価格>に到達したら、<価格>で設定したレートで指値注文を自動で行う」ということだと思われます。

利用法としては指値注文と同じく使える他、レートがマイナスになったときの逆指値としても利用することができます。

トレンドラインなどを引いていて、どっちに動くかはっきりせず、もしここでローソク足が折り返さなかったときのために利用するなど、かなり特殊な場合に限られるときのやり方として利用することになるでしょう。

ただあとでロスカット設定をするのであればSTOP注文でもできますので、あらかじめ予想が付いている方やとにかくややこしいと感じた方はSTOP注文でも充分かと思われます。

TRAILING(トレーリング)注文の使い方

TRAILING(トレーリング)注文とは、ヘルプによると「値動きに合わせてSTOP注文のトリガー価格が自動更新する」注文方法になります。

レートの動きにあわせてロスカットを自動的に動かしてくれる、ということですね。トレール幅(円)にはマイナスになっても問題ない金額を入力するので、使いこなせればとても安全に利益を優先して取引できます。


レバレッジをかけている方は値幅を多めにとらないと、すぐにカットされてしまう可能性がありますのでご注意ください。

IFD(イフダン)注文のしかけ方

ドル円などの外為でFXを経験されている方はなじみのある注文の一つかと思います。IFD(イフダン)注文とは「このレートに来たら買い(売り)を行い、同時に指値注文(もしくはロスカットの逆指値注文)を行う」やり方です。

bitflyer(ビットフライヤー) Lightningではそのかけ方に限らず、例えば上の注文を「成行」、下の注文を「STOP」にするとすぐに注文が入り、同時に指値または逆指値を行うことができます。いつもどおりのIFD(イフダン)注文として使いたい場合は上も下も「STOP注文」にすることで可能です。

OCO(オーシーオー)注文のしかけ方

OCO(オーシーオー)注文は外為では「成行注文を行い、同時に指値と逆指値注文を行う」かけ方になります。こちらもそれに限らず、シンプルにあった注文を組み合わせて使うことができます。

買う場合「ある程度レートが上がったら上限をつけ、ロスカットも自動的に更新して欲しい」としたい場合は「STOP-LIMIT注文」「TRAILING(トレーリング)注文」にすると良いでしょう。(左右はどちらでも構いません)

外為のOCO(オーシーオー)と同じかけ方をする場合は両方とも「指値注文」または「STOP注文」で可能です。

IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文のしかけ方

こちらも外為ではおなじみです。名前のとおりIFDとOCOが組み合わさった注文方法で「指定したレートで注文を開始し、同時に指値注文と逆指値注文を行う」かけ方になります。

こちらも例えば「このレートにきたら買い、ロスカットは自動更新、さらにここまでプラスになったら追加で買いたい」となった場合は上を買いの「指値注文」または「STOP注文」にし、下は「売りのTRAILING(トレーリング)注文」と「買いの指値注文またはSTOP注文」にするとよいでしょう。

「売りのTRAILINGトレーリング)注文」は追加の分の数量もいれることを忘れないように気を付けて下さい。

いつもどおりのIFDOCO(イフダンオーシーオー)注文にされる場合は上を買い(売り)の「指値注文」か「STOP注文」、下は売り(買い)の「指値注文」か「STOP注文」にすると可能です。

レバレッジに効果的で、シンプルな注文のかけ方は

何より重要なのは「ロスカットを入れておく」ということ。いろいろな注文方法がありますが、まずは何でも手を出さず「注文後にSTOP注文で下限(逆指値)を入れておく」ことだけは実行し続けることを守ることだと思います。

せっかく手に入れた資金をうっかりでドカンと失くすことがないようにしましょう。

ルールを決めればレバレッジも怖くない

以上レバレッジのかけ方とロスカットのやり方をご紹介しました。レバレッジはマイナスも多くなるという話もしましたが、そもそも投資はマイナスになることは当然であり、だからこそ利益を得るための知識が必要になります。

多くの投資家は注文や決済のタイミング、ロスカットのルールを決めている方が多いです。

「この金額までマイナスになったらロスカットする」と決めることは、逆に言えば、「そのマイナス分は受け入れているから慌てる必要はない」と思えるため、落ち着いた取引ができます。

このルールを決められるのは、投資の知識が前提になります。

注文したらマイナスになり、慌てて決済したものの、すぐプラスに動いたのでまた慌てて注文をしたらマイナスになってしまい……その悪循環がもっともの敵なのです

もしマイナスが続いていると感じたときは相場から離れ、投資の本を読み直し、ルールを更新しましょう。レバレッジの効果を得るのにもっとも必要なことは、自分自身の落ち着いた心を持つことだと思います。


ビットコイン取引量国内No.1のビットフライヤーでレバレッジ取引を始めるなら下のボタンをクリックしてアカウント開設から!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

レバレッジ取引に興味はあるけどなんだか難しそうと思った人必見!

ビットフライヤーのレバレッジ取引について説明をしましたがいかがでしょうか?
様々な機能があることはとてもうれしいことである反面、気軽に始めてみたいという人にはとっつきにくくて難しそうと感じられると思います!

そんな人におすすめなのが簡単にレバレッジ取引ができるGMOコイン

普通の取引画面とほとんど同じ画面でレバレッジ取引をすることができ、難しそうなチャートやボタンだらけの画面を見ずに簡単に取引ができます!

FX取引世界No.1のGMOグループの会社ですので安心してFX取引ができるのは嬉しいですね!

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

レバレッジ取引についてさらに詳しく知りたい方はこちら

Thumbビットコインのレバレッジ取引は何倍?取引所業者の倍率比較!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング3選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインがアメリカ(米)で広がる!ナスダックにもついに上場か?

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side