仮想通貨用語「ガチホ」の意味とは?税金面から考えたガチホのメリット!

仮想通貨用語「ガチホ及びガチホールド」の意味とメリットについてまとめました。仮想通貨用語のガチホは良い意味で使われる事が多く、更に仮想通貨投資の手法としてガチホ及びガチホールドは有効な手法になる点もあり、様々な魅力が備わっています。

仮想通貨用語「ガチホ」の意味とは?税金面から考えたガチホのメリット!のイメージ

目次

  1. 1「ガチホ」ってどういう意味?
  2. 2Twitter上ではガチホの用語が飛び交っていた
  3. 3何故「ガチホ」をするべきなのか?
  4. 4「ガチホ」は株などでも使われる用語
  5. 5税金面から見ても「ガチホ」が最強?
  6. 6仮想通貨投資における「ガチホ」の注意点
  7. 7今後も仮想通貨は「ガチホ」はするべきなのか?
  8. 8ガチホについてのまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

「ガチホ」ってどういう意味?

ガチホとはガチホールドの略称用語であり、購入した銘柄の価格が高騰したり下落しても簡単には売却をしない意味の用語になります。

以前は株式市場で購入した銘柄について、簡単には売却しない意味の用語としてガチホールド、又はガチホの用語が使われていました。

しかし、近年はビットコインの高騰による仮想通貨投資の活況によって、仮想通貨市場やICOで購入した通貨についても、長期的に通貨を保有していくと言う意味で、ガチホールド、又はガチホの用語が使われるようになっています。

この為、一時期の仮想通貨界隈ではガチホやガチホールド等の用語が頻繁に使われる現象が発生しました。

Twitter上ではガチホの用語が飛び交っていた

特にTwitter上では、仮想通貨投資を行っている投資家や、仮想通貨に精通しているユーザーからガチホの用語を発する事が多々あり、ガチホと言う言葉は仮想通貨での人気ワードになっています。

このように「ガチホ」は、仮想通貨ではもはやお馴染みの用語になっており、仮想通貨界隈に溶け込んだ言葉になっています。

何故「ガチホ」をするべきなのか?

仮想通貨界隈では盛んにガチホの言葉が使われていますが、何故ガチホが頻繁に使われたり、ガチホが勧められるようになったのでしょうか。

「ガチホ」のメリットをご紹介しながら、ガチホが盛んに勧められる理由についてご紹介しましょう。

2017年に仮想通貨が高騰しガチホしてれば儲かるチャンスがあったから

仮想通貨界隈でガチホが勧められる理由として、2017年に仮想通貨が大きく高騰した要因が挙げられます。

2017年は、仮想通貨の代表格ビットコインが高騰し、2017年の1年間でビットコインの価格が15倍以上も値上がりしました。

2017年1月頃のビットコインの価格は約13万円台でしたが、2017年のビットコインの価格は約200万円台まで価格が伸びており、儲かる金額は1BTCでおよそ180万円ほどになります。

その為、仮に仮想通貨のビットコインを1年間ガチホしていれば多大な含み益が得られる形になった為、ガチホすれば儲かる事が明らかになり、盛んにガチホの言葉が出てくるようになりました。

「ガチホ」は株などでも使われる用語

ガチホと言う言葉は、現在でも仮想通貨だけでなく株式市場の用語として頻繁に使われています。

特にTwitter上で株式投資を行っている投資家がガチホの用語を使用したり、yahoo掲示板での特定の銘柄に関するスレッドでもガチホの言葉は現在でも使われており、投資した企業を応援する意味でもガチホの用語が使われています。

このようにTwitter上では、仮想通貨に関する事だけでなく、株式市場の特定の銘柄に関しても長期保有の意味でガチホと言う用語が使われるようになっており、現在でも株式市場の投資家から馴染まれている言葉になっています。

moriguchi

(30)

ガチホと言う用語は、だいぶ前から株式に投資する投資家の間で使われるようになっており、ネット上の株式関係の掲示板でよく目にする言葉でもありました。ガチホはここ最近に出てきた用語ではなく、意外に歴史がある用語です。

税金面から見ても「ガチホ」が最強?

ガチホは仮想通貨投資で儲かるチャンスがあったり、含み益が増加する可能性がありますが、そんなガチホは仮想通貨に掛かる税金面でもメリットはあるのでしょうか。

仮想通貨に掛かる税金面にクローズアップしてガチホの利点をご紹介します。

ガチホをした方が税金がお得になるケースがある

仮想通貨の利益に関しては税務上で雑所得に分類される為、利益が大きくなればなるほど税金もそれに応じて高くなる累進課税となっています。

この為、もしも投資している仮想通貨で利確(利益確定をして日本円に替える)をして高額の利益が発生した場合、多大な税金を支払う義務が発生します。

大きく価格が上がり売却をして利益を大きく得たとしても、多大な金額の税金の支払い義務も発生しますので、全体で見ると損をするケースになってしまいます。

ガチホをしていれば含み益が増加する場合もあり税金の支払い義務も発生しない

売却せず含み益が増加した場合、その分含み益上では儲かる金額が増加しており、更に仮想通貨の含み益に対しては税金が掛かりません。

つまり、ガチホを行っていれば売却して利益確定しない限り税金を支払わなくて良いメリットがあり、このような点からも税金面ではガチホが有利になるケースがあるのです。

仮想通貨投資における「ガチホ」の注意点

仮想通貨投資でもしもガチホを行うなら、どのような注意点があるのでしょうか。

仮想通貨投資での「ガチホ」に関する注意点について解説します!

ガチホをしても100%含み益が増加するとは限らない

仮想通貨投資では、ガチホを行っても100%含み益が増加するとは限りません。場合によっては適切なタイミングでの売却を逃して含み益が減少してしまったり、儲かる金額が減少してしまう可能性があります。

更に投資を行った仮想通貨をガチホしても、一向に良い材料が出なかったり、投資している仮想通貨の開発が停滞した状態のままだった場合、価格が全く上がらない可能性があります。

ガチホでは、投資する仮想通貨の将来性に掛けてガチホを行う側面がある為、ある程度投資する仮想通貨を吟味してガチホを行う必要があるのです。

売却のタイミングを決める事も大切

ガチホを行う上では、ただガチホをせずに様々なケースを想定して売却のタイミングを決める事も大切になります。

ビットコイン等の仮想通貨への投資は、投資した金額よりも儲かる金額、つまり利益が発生する事を目的に行うものです。ただ闇雲にガチホをしても、売却のアクションを行わなければ儲かるようにはなりませんし、利益を手に入れる事も出来ません。

更にガチホをする事で思うように売却を行う事が出来ず、投資金額の元本が割れて含み損等の損失が拡大するデメリットもあります。

この場合、損を確定させる損切りを行う事で損失の拡大を防ぐ事が出来ますが、ガチホを重視するとそのアクションが出来ない可能性も出てきます。

このようにガチホではガチホを重視し過ぎる事によるデメリットがありますので、ガチホを行う前にどの段階で保有している通貨を売却するか、又はどの段階まで損失が出たら損切りするか等の売却のタイミングを考える事も大切になります。

今後も仮想通貨は「ガチホ」はするべきなのか?

2017年は、ビットコイン等の仮想通貨をガチホする事によって含み益が増加する可能性が高い事がわかりましたが、今後も仮想通貨は「ガチホ」を行う事で大きなメリットが受けられるのでしょうか。

今年のビットコイン相場に焦点を当てながら、仮想通貨相場での「ガチホ」について解説します。

現在の仮想通貨相場は難しい状況になっている

1月に入ってからビットコイン等の仮想通貨相場は、これまで高騰してきた価格が一転し、価格が下落基調になっています。

上記のチャート画像は、2018年1月のビットコインのチャート画像になります。ビットコインは1月中旬から価格が大きく下落し、一時はビットコインの価格が100万円に迫る勢いまで大きく下落しました。

現在のビットコイン相場は、この流れをまだ引きづっているような流れになっており、まだ価格が反転する兆しを見せていません。更にビットコイン以外の主要アルトコイン相場についても、ビットコイン相場と似たような流れを受けています。

このような流れになった要因として、世界的に仮想通貨に対する規制の流れが出ている事、日本の大手取引所coincheck(コインチェック)がハッキング被害によって顧客の仮想通貨を流失させた点などがあります。

これによって仮想通貨市場から資金が流失する現象が発生しており、相場がガラリと一変している状況にあります。

Thumbビットコインの価格が下落!インドも仮想通貨規制に乗り出すか!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェックが計画倒産か?自作自演と語る元社員が内部告発!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

投資する通貨を吟味しないとガチホでは難しい?

今年に入ってから仮想通貨に対して厳しい目で見られるようになっており、投資する仮想通貨を吟味して投資をしないと、ただ闇雲にガチホを行うだけでは成功するチャンスが低い可能性があります。

その為、状況によっては損切りも検討して様々パターンを想定して仮想通貨投資を行う必要があり、今後は戦略的にガチホを行っていく投資スタイルがより重要になる可能性があるかもしれません。

ガチホについてのまとめ

これまでは仮想通貨投資で成功するチャンスが大きかったガチホ。しかし、現在は状況が様変わりしており、今後はガチホの手法で成功するチャンスが難しくなる可能性があります。

ただガチホは税務上で有利になる点があるのも事実であり、必ずしもデメリットになる訳ではありません。

もしも今後ガチホを行うなら、投資する仮想通貨や相場をより緻密に分析する必要が出てくるかもしれません。

ガチホをするなら必ずハードウェアウォレットなどのような安心のウォレットでの保管が重要になります!
取引所に置いたままでは、トレードをしないガチホ勢にはリスクしかありません。

ハッキングリスクが常につきまとっていることをしっかり覚えておいてハードウェアウォレットなどを活用して資産を安全に守ってください!

ハードウェアウォレットは最近盗むために改造をしたものが多く出回っているのでしっかりと公式のところから購入をしましょう!
そうでないとすべての資産を盗まれてしまします。

ここではおすすめのハードウェアウォレットのLedger Nano Sをおすすめしています!
アルトコインにも一番多くの種類に対応していて利用しやすく安全なハードウェアウォレットです!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbアルトコインは今が買い時!?投資戦略会社を運営する投資のプロが発言 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン価格予想はグーグル検索だけで十分!?データアナリストのプロの意見 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side