モバイルウォレットの使い方・仮想通貨(ビットコイン)の保管方法

リスクヘッジのためには仮想通貨を取引所の口座に保管せず、“ウォレット”に保管しておくことが重要です。 ここでは仮想通貨の持ち運びに便利な“モバイルウォレット”の使い方について、詳しく解説します。 安全な使い方でモバイルウォレットをより便利に活用しましょう!

モバイルウォレットの使い方・仮想通貨(ビットコイン)の保管方法のイメージ

目次

  1. 1そもそもモバイルウォレットとは?
  2. 2モバイルウォレットの特徴
  3. 3モバイルウォレットで仮想通貨を保管するメリット
  4. 4モバイルウォレットで仮想通貨を保管するデメリット
  5. 5ビットコイン保管用のおすすめモバイルウォレット
  6. 6モバイルウォレットの選び方
  7. 7モバイルウォレットに仮想通貨を保管する上での注意点
  8. 8モバイルウォレットのよくある質問
  9. 9モバイルウォレットの使い方・仮想通貨(ビットコイン)の保管方法まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

そもそもモバイルウォレットとは?

モバイルウォレットは、スマートフォンアプリで仮想通貨を管理する方法です。
送金、着金がアプリ上で操作できるため、外出先での取引も可能です。

ちなみに仮想通貨のウォレットには、モバイルウォレット以外にも様々な種類があります。
特に安全面を重視した運用をされたい方は、ハードウェアウォレットなどのコールドウォレットでの保管などの方法がおすすめです。

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコールドウォレットとは?特徴・作り方・仮想通貨の保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

最近はモバイルウォレットもハードウェアウォレットも偽物が多く出回っています。
そのためハードウェアウォレットを購入する際はちゃんと公式サイトからの購入をするようにしましょう!

ハードウェアウォレットで最も利用しやすくおすすめのLedger Nano Sの公式販売代理店はこちらから飛べます!

この際に少しコストはかかりますが、大事な資産を守るために利用をおすすめします!

モバイルウォレットの特徴

モバイルウォレットは、持ち運びが容易であるということが最大の特徴です。
管理アプリが対応していればタブレット端末でも利用でき、場所を問わず取引が可能なため利便性の高い方法となっています。

また、基本的に秘密鍵は端末内で保存されるタイプのものが多く、セキュリティの面においても一定の水準は保っていると言えるでしょう。

モバイルウォレットで仮想通貨を保管するメリット

まず最初に、モバイルウォレットを使うことで得られるメリットを紹介していきます。

ウェブウォレットよりもセキュリティが高い

ウェブウォレットはモバイルウォレットとは異なり、インターネット上に仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。

仮想通貨を購入した取引所の口座もインターネット上にありますので、仮想通貨を移動させていない場合もウェブウォレットを利用しているということになります。

ウェブウォレットのセキュリティ面が脆い理由として、秘密鍵の管理をウェブ運用者に委託しているということが挙げられます。
仮想通貨が集まるウェブウォレット、取引所はハッカーに狙われやすく秘密鍵を盗まれる可能性もぐっと高まります。

その点、秘密鍵を自身の端末のみで管理できるモバイルウォレットは、ウェブウォレットよりも安全な方法であると言えます。

持ち運びに便利でどこでも仮想通貨が使える

自分のスマートフォンにアプリを入れておけば、旅行先でも出張先でもちょっとしたお出かけの時でも、ワンタッチですぐに運用できるという便利さは、他のウォレットには無い大きなメリットです。

思い立った時にさっと取引ができるモバイルウォレットは、仮想通貨をより手軽に管理することができます。

お店の支払いでも仮想通貨を利用可能

実店舗での支払いにビットコインを利用する場合、手軽に持ち運びできるモバイルウォレットは最適な選択肢になります。
QRコードをアプリで読み取るだけで、スムーズな支払いが可能です。

ビットコイン決済は現在、ビックカメラやHISなどの大手企業から、飲食店などの個人事業者まで少しづつ導入店舗が増えてきています。

2017年8月には、首都圏を中心にファッションビルを展開するマルイが、ビットコイン決済を試験的に導入するというニュースも話題になりました。

また、海外では仮想通貨決済導入店が日本よりも多いため、場所によっては両替をせず、モバイルウォレットのみで旅行することが可能かもしれません。

モバイルウォレットで仮想通貨を保管するデメリット

モバイルウォレットには、メリットばかりではありません。
使用を検討するにあたり、注意しなければならないデメリットも存在します。

セキュリティレベルが不安

秘密鍵を端末保存するモバイルウォレットは、ウェブウォレットよりは安全です。
オフラインである限りハッキングの可能性はありませんが、そもそもスマートフォンをオフラインでは使用しませんよね。

モバイルウォレットに限らないことではありますが、オンラインの端末では不正アクセスされる可能性は十分にあります。
更にモバイルウォレットの種類によっては、直接仮想通貨のネットワークにアクセスせず、インターネットを経由して提供するサービスもあります。
取引情報を見られる可能性が高まりますので、事前にサービス内容をよく確認しておくことが大切です。

また、持ち運びやすいということは、紛失・盗難のリスクが高まるということでもあります。
不用意に扱って、第3者の手にモバイル端末が渡らないよう気を付けましょう。

アルトコイン対応のウォレットが少ない

ビットコインの場合はモバイルウォレットのアプリが多く存在します。
そのため、使い勝手やセキュリティなどの大事な要素を事前に知ることができ、自分に最適なモバイルウォレットを選ぶことができます。

反面、イーサリアムやネムなどのアルトコインは対応しているアプリの数がぐっと減ります。
評価記事なども少ないため、事前に知りたい情報が手に入らず、運用に不安が残ります。

また、十分な情報を得られないまま利用することで、失敗するリスクも高くなることを考えなくてはなりません。

スマートフォンの故障に弱い

物理的にスマートフォンが壊れてしまった場合、データ消失の危険性があります。
つまり、所持していた仮想通貨が全て消えてしまうことになるのです。

モバイルウォレットを使用するのであれば、定期的にスマートフォンのバックアップをとりましょう。

ビットコイン保管用のおすすめモバイルウォレット

それでは、おすすめのモバイルウォレットを4つとモバイルアプリを提供している利用のしやすいウェブウォレットを一つ、おすすめの理由も含めて具体的に紹介していきます。

Copay

このモバイルウォレットを提供しているBitPay社は、ビットコインの決済サービスを提供している会社の一つでもあります。
モバイルウォレットだけでなくデスクトップウォレット(自身のパソコンから利用するタイプのウォレット)としても使用可能であり、またその機能にほとんど差はありません。

また、特筆すべきはマルチシグネチャという機能。

ビットコインを買うと、その権利を証明する一つの秘密鍵を持ちます。
このたった一つを盗まれてしまったら、せっかく買ったビットコインが不正に第3者のものになってしまいます。

そこで、ビットコインを複数名で管理できるようにしたのが、このマルチシグネチャ。
秘密鍵以外に参加者全員の同意が必要になるため、1人の秘密鍵が盗まれてしまってもビットコインを守ることができます。

また、個人でも複数端末を使用することで、2段階認証としての使用も可能
日本語対応のモバイルウォレットというところも、安心できるポイントです。

Bread Wallet

機能は「受取」と「送金」だけという、ものすごくシンプルなモバイルウォレット。
インターフェースもスタイリッシュで見やすく、使い方に迷うことはありません。
Apple Watchとの連携機能もあるため、持っている方はさらに利用メリットが高いと言えます。

また、取引はビットコインネットワークに直接アクセスし、サーバを経由しません。
秘密鍵などの情報が全て自分の端末に保存されるタイプのアプリで、セキュリティ面でも安心できます。
 
最初に復元フレーズを作って登録しておくことができるため、万が一モバイル端末を紛失してしまっても大丈夫
初心者の方にもおすすめできるアプリです。

Mycelium

Bread Walletがシンプルさを追求したモバイルウォレットなら、Myceliumは万能さを追求した多機能なモバイルウォレット。
なかでも、コールドストレージ機能は高いセキュリティ性を持つ特徴的なサービスです。

コールドストレージとは、オフラインで管理するウォレットのこと。
インターネットにつながらない場所へビットコインを保管することで、ハッキングの危険性がぐっと低くなります。

また複数のアドレスを管理、使い分けができる機能もとても便利です。
どちらかと言えば、初心者の方よりも使い慣れた方向けのモバイルウォレットと言えるかもしれません。

その機能性とセキュリティの面から、2014年に“Best Mobile App”を受賞した経歴を持つ程の優秀アプリですが、残念なことにAndroid版しか日本語に対応していません

また、Android版とiOS版で開発チームが異なる模様。iOS版の方は、使用感の面でもあまりおススメできないアプリになっています。

Coinomi

ここまで紹介してきたモバイルウォレットは、ほとんどがビットコインにしか対応していないアプリでしたが、このCoinomi多種類の仮想通貨を取り扱っています
Coinomiで管理可能な仮想通貨は、なんと70種類以上
アルトコインを複数運用している方は、必ずチェックしておきたいモバイルウォレットがCoinomiです。

ただ、Coinomiは現在ソースコードを公開していません。そのため、どのように利用者の秘密鍵を扱っているのかが不透明です。
現状、Coinomiで目立った不正トラブルは報告されていませんが、セキュリティ面で不安が残ることも事実です。

またCoinomiは、2018年1月時点ではAndroidにしか対応しておらず、iOS版のリリースは未定ということもAppleユーザーには残念なところ。

とは言え、日本語に対応しており、かつ仮想通貨の複数運用ができるアプリはCoinomi以外、他に例が無く、利便性が非常に高いモバイルウォレットであることは間違いないでしょう。

Blockchain.info

仮想通貨ウォレット最大手と言われるBlockchain.infoは、スマートフォンアプリでも利用可能なウェブウォレットです。
ビットコインだけでなく、イーサリアムも取引可能なところが特徴的です。

また、日本語にも対応した使いやすいインターフェースも人気の一つ。
利用者数が多いため、情報に事欠くことはあまり無く不明点は調べれば大体解消できるのも利点です。

インターネット上で保管するウォレットのため、セキュリティ面が気になるところですが2段階認証の設定が可能となっており、比較的安心できる仕様になっています。

ただ、最大手のため狙われやすく、ハッキングの事例も過去多く報告されています
多額の資産を保管する目的での使用は控えた方が良いでしょう。

モバイルウォレットの選び方

おすすめのモバイルウォレットを5つ紹介して参りましたが、結局どれがいいのか、余計に悩ませてしまう結果になってしまったかもしれません。
そこで、ここでは選び方のコツをまとめてみました。

決済の機能性の高さ

モバイルウォレットを使うメリットとして、直接実店舗で使うことができるということを挙げましたが、この利点を活用するために欠かせないことが決済の機能性の高さです。

QRコードの読み取りや入金が、なるべく早く、よりスムーズに使えるモバイルウォレットを選んだほうがいいでしょう。

また、取引所と直接連携しているモバイルウォレットを選ぶと「受取」「送金」がその場で終了するため反映が早く、より安心です。

セキュリティレベルが高い

モバイルウォレットのデメリットの中でも、特に注意をしたい点がセキュリティです。

秘密鍵は、インターネット上ではなく自身のモバイル端末でのみ保管される仕組みであること。
インターネットを経由せず、ダイレクトに仮想通貨ネットワークにアクセスできること。

この2点は必ずクリアしているものを選びましょう。

アプリの使いやすさ

多機能でどんなに便利でも、使いこなせなければ意味がありません。
自分が頻繁に使いたい機能が分かりやすく配置されていることや、使い方に迷わないことはとても大切です。
 
機能面で遜色無い場合には、インターフェースの好みで決めてしまうのもいいかもしれません。
また英語が苦手なら、日本語に対応しているかどうかを必ずチェックしてから使いましょう。

モバイルウォレットに仮想通貨を保管する上での注意点

仮想通貨は、常に自己責任・自己管理のもとに運用されます。
ハッキングされた場合、第3者に不正に取られた仮想通貨は戻ってきません

そして、これは仮想通貨に限ったことではありませんが、モバイル端末がウォレットになるということは、常に不正アクセスの危険性があるということです。

セキュリティ面で安心できるアプリを使うことももちろん重要ですが、モバイル用のセキュリティソフトを入れたり、バックアップを取ったりと、自分でできる対策もあります。

但し、モバイルウォレットで大口の取引をすることは、なるべく避けておいたほうが賢明です。

またモバイルウォレットの中には、上限があるものの金額を保証してくれるサービスもありますので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

モバイルウォレットのよくある質問

ビットコイン以外の仮想通貨のモバイルウォレットはあるの?

この記事内で紹介したCoinomiのようにあることはありますが、ビットコインと比べるとかなり少なく、選択肢は大分狭まります。

また、日本語に対応したアプリとなると、NEM MicrowalletDashなど数えられるほどしかありません。

モバイルウォレットは費用がかかる?

基本的に無料で利用できるものがほとんどです。

ただ、そのアプリがどの取引所と連携しているかで送金手数料が異なります
気になる場合は利用前に確認しておきましょう。

モバイルウォレットの使い方・仮想通貨(ビットコイン)の保管方法まとめ

モバイルウォレットは、セキュリティ面でやや不安が残るため、多額の資産を保管しておくことには不向きです。

しかしながら仮想通貨取引を続けていく上で、スマートフォンで管理できる手軽さは本当に魅力的です。
使い方を間違えなければ、管理・運用の幅を大きく広げてくれることでしょう。

あなたなりのモバイルウォレットの使い方を考え、一番リスクの少ない方法で是非活用してみてください。

普段の取引のためには取引所を利用することは仕方がありません。
しかし、取引をしないときにはモバイルウォレットに移すということをするなどをしましょう。

また、取引所も少なくともしっかりとセキュリティ対策をしているところを選んで利用しましょう!
せっかくセキュリティ対策を自分でしても取引所もセキュリティ対策をしっかりとしていないと意味がありません。

国内で最もセキュリティ対策をしていたり、運営会社の信用面から信頼できる取引所はこちらです!

<ビットフライヤー>
国内最大規模のビットコイン取引量で、ユーザー数も日本で一番です。
セキュリティ対策もしっかりとしているビットフライヤーはぜひ持っておきたい取引所の一つです。

<ザイフ>
ザイフは国内でも最も長く取引所をしているところで、ユーザー数も多くそれだけに信頼感のある取引所です。

ザイフは手数料の安さに定評があり、ビットコインは取引をすればするほどビットコインをもらえるというとてもお得なところです。

まだ持っていない人は仮想通貨の分散管理のためにもぜひ登録をおすすめします!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbデスクトップウォレットはおすすめと使い方!メリット・デメリットを紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side