アルトコイン(オルトコイン)とは?特徴やビットコインとの違い・将来性を解説!

仮想通貨に興味がある人ならアルトコイン(オルトコイン)という言葉を聞いたことがあるでしょう。そこで、今回はアルトコイン(オルトコイン)とは何か?その特徴やビットコインとの違いをご紹介します!是非その種類やビットコインとの違いをチェックしてみてください!

アルトコイン(オルトコイン)とは?特徴やビットコインとの違い・将来性を解説!のイメージ

目次

  1. 1アルトコイン(オルトコイン)とは?
  2. 2アルトコイン(オルトコイン)の価格下落は終わった?3月21日【最新情報】
  3. 3アルトコイン(オルトコイン)/ビットコインの価格予想をしたトーマス・リーとは?
  4. 4アルトコイン(オルトコイン)はいつ買い時?
  5. 5アルトコイン(オルトコイン)もいいがビットコインも大きく伸びる
  6. 6ビットコインとの違い
  7. 7アルトコイン(オルトコイン)の特徴
  8. 8アルトコイン(オルトコイン)とビットコイン
  9. 9アルトコイン(オルトコイン)とビットコイン
  10. 10アルトコイン(オルトコイン)の種類と主要な通貨の特徴
  11. 11アルトコイン(オルトコイン)を購入できるおすすめ取引所
  12. 12アルトコイン(オルトコイン)の将来性
  13. 13アルトコイン(オルトコイン)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

アルトコイン(オルトコイン)とは?

今回は暗号通貨のうち、アルトコイン(オルトコイン)と呼ばれているものについてご紹介します。

アルトコイン(オルトコイン)は"Alternative Coin"の略称で、簡単に説明すると「ビットコイン以外の暗号通貨」のことです。

2017年はアルトコインの価格は大きく伸び、中には一年前の500倍以上もの価格になったものもあります。
アルトコインは今後の仮想通貨業界においてとても重要な位置を占めるといえます。

Thumb老舗格付機関によるとビットコインとリップルよりイーサリアムの方がよい? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbアルトコインは今が買い時!?投資戦略会社を運営する投資のプロが発言 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

それでは早速アルトコイン(オルトコイン)について見ていきましょう!

アルトコイン(オルトコイン)の価格下落は終わった?3月21日【最新情報】

アルトコイン(オルトコイン)の弱気市場は終了?それでもビットコインがおすすめ

Fundstrat Global Advisorsの研究責任者Thomas Leeは、時価総額があまり大きくないアルトコイン(オルトコイン)の弱気市場は終わったと言いました。しかし、それでも彼は投資家が選ぶべきなのビットコイン(BTC)だと思うと言いました。

火曜日、Leeは、CNBCの「Fast Money」で、「ビッグコイン(BTC)が価値をやりとりできるものと見なされる可能性が高いことを投資家がますます感じている」と述べました。

「セキュリティトークンや登録に関する規制が変わろうが変わるまいが、ビットコイン(BTC)の地位は変わりません」

「私はそれでもビットコイン(BTC)を買い続けます」と彼は言いました。

火曜日、Leeは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など主要な仮想通貨以外のアルトコイン(オルトコイン)について、「アルトコイン(オルトコイン)の弱気市場は終わったと考えています」と言いました。

アルトコイン(オルトコイン)/ビットコインの価格予想をしたトーマス・リーとは?

LeeはFundstratを共同設立する前、J.P.モルガンの株式ストラテジストを務めていました。そんな彼は、彼の会社はアルトコイン(オルトコイン)を評価する指標を持っていて、その指標は「90日間で3倍になりました」と述べました。

1月13日、アルトコイン(オルトコイン)の指標は78%を記録しました。これは「通常ならば最高値」です、とLeeは言いました。

「1月時点では、また時価総額が大きくなるだろうと思いました」と彼は言いました。 「その後、この指標は下がり続け、昨日は3%にまで下がりました」

アルトコイン(オルトコイン)はいつ買い時?

Leeは、それほど知られていない小規模のアルトコイン(オルトコイン)は苦しい状況を抜け出すことはまだできないでしょう、と言いました。

彼の予想では、規制が明確でないため、これらのアルトコイン(オルトコイン)は少なくとも8月中旬、遅ければ9月中旬まで回復しません。

米国証券取引委員会(SEC)は、ここ数週間、多数の召喚状を発行し、一部の仮想通貨取引所に代理店に登録するよう求めるなど、仮想通貨に対して厳しい姿勢を見せています。

2月末の報告書では、Leeは、以前の急落と回復の状況を踏まえて、3月下旬もしくは4月上旬まで、投資家はアルトコイン(オルトコイン)を避けるべきだ、言いました。

CoinMarketCapによると、全てのアルトコイン(オルトコイン)の価値は、12月末の40兆円から火曜日には20兆円へと約半分になりました。

アルトコイン(オルトコイン)もいいがビットコインも大きく伸びる

Leeは、今年の半ばまでにビットコイン(BTC)は210万円、年末までに260万円に達すると予想している、と言いました。

LeeはWall Streetでビットコインの正式な価格予想を提示している唯一の戦略家です。彼は、今年、ビットコイン(BTC)が63万を下回るのは短い期間であると言いました。

「最近ビットコイン(BTC)が63万を下回ったのは合計で1時間ほどです」とLeeは言いました。そして、彼は、2月、投資家がビットコインをその価格以下で買えたのはたった1時間の間のみでした」と付け加えました。

Leeは、世界中の「ビットコインの総費用」は約85万円だと言いました。

「なので、現在、皆さんはビットコイン(BTC)を購入するのにその程度の費用を支払っているのです」と彼は言いました。ビットコイン(BTC)の価格は、火曜日の夜95万円をわずかに上回りました。

Alt-coin bear market is over, but bitcoin is still the best bet: Wall Street's Tom Lee

CNBC、Kellie Ell、21 Mar 2018

ビットコインとの違い

アルトコインにはたくさんの種類がありますのでアルトコインによってその特徴も異なります。

アルトコインの一番大きな違いは「ビットコインより流動性が低いものの、トランザクション処理速度などの暗号通貨としての性能が高いものが多い」ということです。

さらに、アルトコインは価格が安いものも多く、購入しやすくなっています。

アルトコインとビットコインの違いについて知る前にビットコインについて詳しく知りたい人はこちら

Thumbビットコインの購入方法(買い方)とは?購入の際に最低限抑えておきべきこと! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインは崩壊するのか?ビットコインの無価値になってしまう7つの可能性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルトコイン(オルトコイン)の特徴

上は日本初の仮想通貨のモナコインです!

モナコイン以外のほとんどのアルトコインは(オルトコイン)は海外発になりますが、それぞれどのような通貨なのかを詳しく見ていきましょう。

たくさんの種類がある

アルトコイン(オルトコイン)はビットコイン以外の暗号通貨の総称ですのでその種類は膨大です。
次々に新しいアルトコインが生まれていますのでさらにその種類は増えていくことでしょう。

ただし、アルトコインの中には現在ほとんどトレードされていなかったりするものもありますので購入する際にはしっかり確認することをオススメします。

流動性が低い

2018年1月現在、ビットコインは事実上暗号通貨の基軸通貨としての働きをしています。そのため、保有者も多く活発にトレードされ、流動性が高くなっています。

それと比較してアルトコイン(オルトコイン)は保有者が少なく、トレード量も少ないため流動性が低くなっているものもあります

しかし一方で、リップルイーサリアムモナコインなど、アルトコインの中にはその通貨の持つ特徴や将来性が高く評価されているものもあります。

価格が安い

アルトコイン(オルトコイン)はビットコインに比べて価格が安いのも特徴の一つです。

ビットコインが1BTC=1,200,000JPY程度なのに対しアルトコインは安いもので1JPY程度、人気のモナコインで1000JPY、高くても350,000JPY程度(BCH等)となっています。

そのため、比較的手を出しやすい暗号通貨と言えるかもしれません。価格が上昇する可能性を秘めた通貨もたくさん存在しています!

取引所によって取り扱いがバラバラ

ビットコインは全ての暗号通貨取引所で取り扱っていますが、アルトコイン(オルトコイン)は取引所によって取り扱っている通貨が異なります

そのため、購入したい通貨を取り扱っているかどうかが取引所選びの基準の一つとなることでしょう。

Thumb仮想通貨取引所の取り扱い通貨を一覧比較【coincheck・bitFlyer・zaif】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルトコイン(オルトコイン)とビットコイン

ビットコインとは

ビットコインについての紹介は先ほどリンクでご紹介しましたが、アルトコイン(オルトコイン)を知るに当たってやはりビットコインは知らずには通れません。

ビットコインはいわば仮想通貨の代名詞であり、最も古い仮想通貨です。
ブロックチェーンを初めて実装し、仮想通貨という存在として初めて生まれました。

ビットコイン(BTC)のブロックチェーンでは管理者がおらず、かつP2Pというシステムを応用することによりネットワークに参加しているそれぞれのコンピューターがサーバーの役割を果たします。

ブロックチェーンのメリットは主に以下の4つがあります。
 

  • 取引履歴の改ざんが不可能
  • 取引の記録などの情報を誰でも見ることができる透明性
  • 中央となるサーバーがない(分散型)のでサーバーエラーなどがない
  • 管理者がおらず余計な手数料が発生しないので安価に導入できる

誰でも情報を見られる安心感、改ざん不可能な確実性、分散型なのでサーバーダウンがなく安全、安価なコストといった上記のメリットによって、ビットコインという「通貨」は決済や送金といったとても繊細でミスが許されない取引を仲介者なしに実行することを実現しました。

それによって「安く」「高速に」ビットコインを送金、決済することがビットコインのメリットとして認識されていました。

アルトコイン(オルトコイン)は改良された仮想通貨

ビットコインは元祖仮想通貨ですが、そのシステムを改良して生み出されたいくつものアルトコイン(オルトコイン)はそのビットコインを何かの特徴で上回っているものや、ユニークな性質を持った仮想通貨ばかりです。

例えばリップル(XEP)はビットコインよりも送金の速さに特化しています。

ビットコインはマイニングの仕組みを取ることで手数料が発生し、かつビットコインの取り引きが増えれば増えるほど手数料が上がっていきますが、アルトコイン(オルトコイン)の中には手数料がかからない仮想通貨も存在しています。

後ほど紹介するイーサリアムというアルトコイン(オルトコイン)は、スマートコントラクトといった特別な機能を持っています。イーサリアムのように、通貨としてだけでなく特別な機能を持ったアルトコイン(オルトコイン)も存在します。

こうしたように、今や1500種類ほど存在するアルトコイン(オルトコイン)はそれぞれにユニークな特徴を持っています。

アルトコイン(オルトコイン)とビットコイン

ビットコインは元祖仮想通貨であり、仮想通貨における資金のシェアはほぼ9割をビットコインが占め、残りの1割に数百ものアルトコイン(オルトコイン)がたくさん存在している状態でした。

しかしビットコインに対する各種アルトコイン(オルトコイン)の優位性が認識され始め、それぞれのアルトコイン(オルトコイン)もマーケティングなどにより世界中に価値ある通貨として認められるようになりました

ビットコインは仮想通貨の代名詞であることと、最初に広まっていった先行者利益によってまだまだシェアがありましたが、それぞれの特徴に特化したアルトコイン(オルトコイン)がそれぞれ人気になっていくことで、今やビットコインの仮想通貨の資金におけるシェアは5割りを切っています。

アルトコイン(オルトコイン)は1500種類ほど存在し、革新的なものも多いので一つ一つチェックして見るのも良いかもしれません。

今回の記事では、主要なアルトコイン(オルトコイン)をいくつか紹介しています。

アルトコイン(オルトコイン)の種類と主要な通貨の特徴

アルトコイン(オルトコイン)の種類は日々増え続けており、Coin Capに掲載されているものだけで2018年1月時点で1000種類を超えています。

ここではその中から時価総額上位のアルトコインのうち特に注目したい通貨をご紹介します!

中には、米国の老舗格付け機関によってビットコインよりも将来性が高いと評価を受けた通貨もあります!

Thumb老舗格付機関によるとビットコインとリップルよりイーサリアムの方がよい? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアム(Ethereum)

通貨名 イーサリアム(Ethereum)
通貨記号 ETH
時価総額 12,337,998,510 JPY
時価総額ランキング 2位
発行上限数 未定
発行開始日 2015.07.30
2018.1.30現在

イーサリアムは暗号通貨の機能としてだけではなく、契約や取引の管理をブロックチェーン上で行うことができるシステムです。

そのため、ブロックチェーン技術の応用が進むにつれてさらに伸びていくことが期待されているアルトコインです。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップル(Ripple)

通貨名 リップル(Ripple)
通貨記号 XRP
時価総額 5,297,555,380 JPY
時価総額ランキング 3位
発行上限数 100,000,000,000 XRP
発行開始日 2013.09
2018.1.30現在

リップルはビットコインの弱点の一つであるトランザクションの遅さを解決したアルトコインとして知られています。

リップルのトランザクション処理は極めて早いため、銀行間での送金などの場面で活躍することが期待されています。

今後要注目な暗号通貨の一つです!

Thumb【400円突破】リップル(XRP)価格が超高騰中!1年で約635倍! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

通貨名 ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash)
通貨記号 BCH
時価総額 3,014,149,841 JPY
時価総額ランキング 4位
発行上限数 21,000,000 BCH
発行開始日 2017.08.01
2018.1.30現在

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークによって誕生したアルトコインです。

ビットコインキャッシュはビットコインのスケーラリビリティ問題を解決することを目的として作られ、トランザクション速度の向上とセキュリティの向上が図られています。

本当のビットコインはビットコインキャッシュ(BCH)とも言われています。

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴・ビットコインとの違い・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ライトコイン(Litecoin)

通貨名 ライトコイン(Litecoin)
通貨記号 LTC
時価総額 1,057,879,947 JPY
時価総額ランキング 8位
発行上限数 84,000,000 LTC
発行開始日 2011.10.07
2018.1.30現在

ライトコインはビットコインに比べて流通量が多く、マイニングの難易度が低いアルトコインです。

トレードや決済に利用しやすくすることを目的として作られましたので実用性に注目することができるかもしれません。

今後、暗号通貨が決済に使われるようになると一気に伸びるかもしれません!
ちなみにライトコインはモナコインの基盤の通貨となっており、モナコインの親ともいうべき通貨です。

Thumbライトコイン(Litecoin)の今後の価格予想・将来性・最新情報!【2018年版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ライトコインを購入するならGMOコインがおすすめです!

上場企業のグループ会社が運営している安定した取引所で、手数料も安く初心者の人でも簡単に購入ができる取引所です!

FXにも強く初心者から上級者まで利用できるおすすめの取引所の一つです!

GMOコインの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbGMOコインの口座開設(登録)・本人確認方法を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ネム(NEM)

通貨名 ネム(NEM)
通貨記号 XEM
時価総額 855,502,206 JPY
時価総額ランキング 10位
発行上限数 8,999,999,999 XEM
発行開始日 2015.03
2018.1.30現在

ネムはビットコインの問題点の一つであったマイニングの難易度が低いアルトコインです。(NEMではハーベストと呼ばれる)

さらに、今後カタパルトの実装が控えており、実装後はトランザクション速度が飛躍的に上昇するとあって大注目のアルトコインになっています!

Thumbネムコイン(XEM)とは?特徴・仕組み・今後について徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェックのハッキングでも話題になりましたが、NEMはとても利便性が高く、さらに仮想通貨としてもNEM財団という強力なグループによってしっかりとその動きが悪い方向にいかないようにと監視をされている通貨で、今後の伸びも楽しみです!

ThumbNEM財団がコインチェックの救済へ!謎の女性ホワイトハッカー水無凛(みずなしりん)が追跡中! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルトコイン(オルトコイン)を購入できるおすすめ取引所

ここでは主要取引所ごとに取り扱っているアルトコイン(オルトコイン)の種類を見ていきます!

coincheckが取り扱っている通貨

coincheckは2018/1/26に起きたハッキングの事件によって、現在おすすめはできない取引所です。
しかし、今後営業が再開になった際はさらに運営面が強化されセキュリティも今後上がっていくと考えられます。

もちろんまだ倒産の可能性もありますが、元々アルトコインを購入するなら最もおすすめの取引所であったcoincheckも今回はご紹介します。

Thumbコインチェックのハッキングで不正送金されたNEM(ネム)を全額送金を発表! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェックが計画倒産か?自作自演と語る元社員が内部告発!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Coincheckで扱っているアルトコインは以下の通りです。
 

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • ファクトム
  • モネロ
  • オーガー
  • リップル
  • ゼットキャッシュ
  • ネム
  • ライトコイン
  • ダッシュ
  • ビットコインキャッシュ

今回の事件でもわかりますが、やはり自身の仮想通貨は自分の手で安全なところに置いておくのが一番です。
今回のコインチェックのハッキング被害を経て、仮想通貨に投資している人はこうしたハッキングリスクが常につきまとっていることをしっかり覚えておいてハードウェアウォレットなどを活用して資産を安全に守ってください!

ハードウェアウォレットは最近盗むために改造をしたものが多く出回っているのでしっかりと公式のところから購入をしましょう!
そうでないとすべての資産を盗まれてしまします。

ここではおすすめのハードウェアウォレットのLedger Nano Sをおすすめしています!
アルトコインにも一番多くの種類に対応していて利用しやすく安全なハードウェアウォレットです!

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitFlyerが取り扱っている通貨

bitFlyerが扱っているアルトコインは以下の通りです
 

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨と他取引所の通貨一覧! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットフライヤーは1/31にリスク(LSK)を取り扱うという公式の発表をしました!
今後も色々なアルトコインを取り扱う可能性があるのでぜひ持っておきたい取引所ですね。

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)で新取扱仮想通貨がLisk(リスク)に決定!【超速報】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェックの事件で多くの方が感じられと思いますが、取引所はハッキング対策のセキュリティ、運営会社の信頼感などが本当に重要だと考えられます。

その点ビットフライヤーはセキュリティが世界一と評されたこともある日本最大級の安心の取引所です!

まだ口座を持っていない人はこの機会にぜひ分散管理のためにも口座開設をおすすめします!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

zaifが取り扱っている通貨

zaifが扱っているアルトコインは以下の通りです。
珍しいアルトコインも取り扱っています!
 

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • モナコイン(Monacoin)

  • ネム(NEM)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

  • ZAIFトークン(ZAIF)
  • フィスココイン(FSCC)

  • BitCrystals(BCY)
  • ペペキャッシュ(PEPECASH)

  • Storj(SJCX)
  • CounterParty(XCP)

  • CAICA(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)

Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ザイフは現在ビットコインを取引すればするほどビットコインをもらえるという、世界でも最も手数料が御得な取引所です!

簡単1分で登録できるのでZaifに登録してお得に仮想通貨を手に入れましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルトコイン(オルトコイン)の将来性

アルトコイン(オルトコイン)の将来性についても見てみましょう!

結論から見ると、アルトコインによって将来性は異なるということができます。

リップルネムライトコインのように将来性に期待できるアルトコインもあれば、すでにトレードがほとんど行われていなようなものや詐欺まがいのアルトコインまで存在しています。

アルトコインに投資する際にはそのコインについてしっかりと調べてから購入することをオススメします!

アルトコイン(オルトコイン)まとめ

今回はアルトコイン(オルトコイン)について詳しく見てみましたがいかがだったでしょうか?

今ではアルトコインの種類はとても多く、調べるだけでも大変かもしれません。しかし、リップルやネム、ライトコインのような将来性があるアルトコインや急騰したアルトコインなども存在しています。

今後、さらに伸びていくアルトコインもあるかもしれませんので値動きから目が離せませんよ!
取引所を選ぶ際には自分が購入したいアルトコインを取り扱っている取引所を見ていくのもいいかもしれません。

今回はアルトコイン(オルトコイン)を扱う国内の取引所にスポットライトを当てて話をしました。

やはり一番のおすすめは手数料が安くお得に取引できるZaif(ザイフ)です。

高い手数料で知らないうちに損をしていることもあるので、ご登録がまだの方はZaif(ザイフ)でお得に取引を始めましょう

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、アプリがあって使いやすいbitFlyerも併用しておくと便利で使いやすいのでおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]


今回は国内取引所での主要なアルトコイン(オルトコイン)をご紹介しましたが、国内取引所で扱っていないアルトコイン(オルトコイン)の方が圧倒的に多いです。

将来有望な他の多くのアルトコイン(オルトコイン) は海外取引所での購入となります。
手数料が安く取り扱っているアルトコイン(オルトコイン)の種類は100種類を超える、世界で最も人気なBinance(バイナンス)がおすすめです。

あまりの人気で登録制限をしていたこともある取引所なので、登録できるうちに早めに登録しておきましょう。こちらも簡単1分で登録できます。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Steem(スチーム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨SALT(ソルト)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Stratis(ストラティス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side