Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の特徴やチャート、購入先の取引所、将来性について紹介します。Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)を購入するかどうかチャートの様子も解説しますので判断の参考にどうぞ!

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)とは?
  2. 2仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の特徴
  3. 3ビットコインダイヤモンド(BCD)の相場チャート・価格推移
  4. 4ビットコインダイヤモンド(BCD)の配布に関する各取引所の対応
  5. 5ビットコインダイヤモンド(BCD)が購入できるおすすめ取引所
  6. 6ビットコインダイヤモンド(BCD)の問題点と今後の将来性
  7. 7仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)とは?

最近、ビットコインのハードフォーク(分岐)ブームが続いていますね。

2017年11月に新規発行されたBitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)をご存知でしょうか。
前回はビットコインゴールド、今回はダイヤモンドとというように海外では貴金属や宝石の名前を冠名に付けるのが好きなようです。

今回はこのBitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)について、その特徴や価格チャート、付与される割合、お勧めの購入先取引所、問題点と将来性について書いていますので、ご参考ください!

仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の概要

まずはBitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)はどういったものなのか、概要を表にまとめました。

また公式サイトによると、ビットコインダイヤモンドの目的は3つ掲げられています。

1.ユーザーのプライバシー保護

2.転送コストの削減

3.参入コストの削減



■ビットコインダイヤモンドの概要

通貨名 Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)
略号 BCD
発行日 2017年11月24日
アルゴリズム OPTIMIZED X13 (GPU)
発行上限 2億1000万BCD
開発者 開発チーム EVEY、007、+
現在価格 約3,192円

仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の基本情報

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)は、2017年11月24日にビットコインから3度目のハードフォークとして発行されました。
なお、495866番目のブロックでビットコインから分岐しています。

また、他のビットコイン系の通貨と同様に、分岐時に一定の割合でBCDも付与されます。
付与の割合については、これまでのビットコインキャッシュ(BCH)やビットコインゴールド(BCG)のハードフォークでは、1ビットコイン(BTC)に対して1BCH、1BCGという付与でした。

しかしビットコインダイヤモンドの場合は、1:10の割合、つまり1BTCを保持していれば10BCDが付与されます。

発行上限についても、ビットコインダイヤモンドは2億1000万BCDで、他のビットコインやフォークコインの10倍です。

他にもビットコインダイヤモンドには以下のような特徴があります。

 

  • ビットコインダイヤモンドはを可能としているビットコインよりも高速処理
 
  • 国内の仮想通貨取引所ではBTCBOXがすぐに公式に取扱いを表明
 
  • 海外の一部の取引所では既に取扱いを開始している(Binanceなど)
 
  • ただし、分岐した目的があまり明確ではない

ハードフォークしたコインの特徴比較

ビットコインダイヤモンドとその他のビットコイン系の仮想通貨の違いについて、比較してみましょう。
 

  ビットコイン ビットコイン
キャッシュ
ビットコイン
ゴールド
ビットコイン
ダイヤモンド
発行日 2009年1月 2017年8月 2017年11月 2017年11月24日
アルゴリズム SHA-256 SHA-256 EQUIHASH OPTIMIZED X13
名称 BTC BCH BTG BCD
上限 2100万BTC 2100万BCH 2100万BTG 2億1000万BCD
送信時間
(ブロック生成時間)
10分 10分 10分 10分
ブロックサイズ 1MB 8MB 1MB 8MB
ブロックチェーン
サイズ
~145GB ~135GB ~145GB ~135GB
難易度調整期間 2週間 2週間+EDA ブロック毎 2週間
リプレイアタック
対策
不要 あり あり あり

他のビットコイン系通貨との主な違いは、マイニングアルゴリズムが異なり「Optimized X13」だということです。

Optimized X13がどういったアルゴリズムなのか、詳細は公式サイトにも説明はありませんでしたが、SHA-256よりも高速性と安全性が高いようです。

また、先にも上げましたが、発行上限が他よりも10倍多い2億1000万BCDあるとのこと。

ブロックサイズが8MBと、ビットコインの1MBよりも大きく、ビットコインキャッシュとは同じ値となっています。

そしてビットコインから派生したため、リプレイアタック(リプレイ攻撃)への保護対策がとられています。

仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の特徴

次に、Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド)の主な特徴について見ていきます。

プライバシー保護の強化

ビットコインダイヤモンドの大きな特徴の1つは、取引金額も暗号化することでビットコインよりもプライバシーの機密性を向上させているということです。

対照的に、ビットコインでは1つ1つの取引量が全て分かります。
そのため、取引額が筒抜けで良くも悪くも注目されたり追跡される恐れもあります。

その点、ビットコインダイヤモンドでは、とりわけ巨額の資金を扱う場合や、個人資産の保護という観点からはメリットだと思います。

高速処理が可能

現在世界で最も取引されているビットコインは、年々、もしくは最近急激にマイニングコストが肥大化してきており、本来の目的である利便性が損なわれつつあります

ビットコインダイヤモンドは、送信コストを削減して素早い処理を目的としており、実現方法の1つとしてブロックサイズを8MBに拡大しています。
他には、Segwitによってブロック単位あたりの処理量も増やしています。

これらにより、ビットコインよりも約5倍の速度で送信できるともいわれています。

ビットコインの10倍の供給量を目指している

ビットコインダイヤモンドの通貨供給量は、ビットコインの10倍を目標としています。
なぜならそもそもの目的が、「ブロックチェーン技術の普及」としていて人々の参入ハードルを下げることだからです。

2018年1月29日時点で1BTCは約120万円1BCDは約3000円です。
1BTCで車1台買えてしまう金額に対して、1BCDでは月々のスマホ基本料金くらいでしょうか。
ビットコインダイヤモンドの方が気軽に購入しやすいのは明白ですね。

既にビットコイン保持者に対して10倍のビットコインダイヤモンドを付与するというやり方は、株式分割にも似ています。
1通貨当たりの価格を下げることによって買いやすくなり、市場流通量を増やして活性化しようとしているようです。

分岐した目的が明確ではない

ここまでビットコインダイヤモンドの承認速度の向上などのメリットを見てきましたが、似たような仮想通貨は既に多くあるのにも関わらず、なぜ新たに発行する必要があるのでしょうか。

ハードフォークを発表したのが公開直前だったということも疑問が残ります。
取引所が対応できるよう普通なら数ヵ月前には事前告知すると思いますが、何か急いでいたのでしょうか。

日本国内の取引所ではまだ海のものとも山のものとも知れないということで、「安全性が確認できるまで対応は未定」という取引所が多い現状です。

安全性を第一と考える人には、購入するのは国内の取引所で広がってからでも遅くないかもしれませんね。

ビットコインダイヤモンド(BCD)の相場チャート・価格推移

ビットコインダイヤモンド(BCD)の価格チャートで相場を見てみましょう。

上の価格チャートは、発行日の2017年11月24日かから2018年1月29日までの日足日本円でのチャートです。

初値は約10,000円で、期間の最高値である2018年1月13日の価格は15,265円でした。
この日はビットコインキャッシュのハードフォークである「ビットコインキャンディ」という仮想通貨が新規発行されたため、元のビットコインと連動して一時的に価格が上がったと推測されます。
出来高もこの日だけケタ違いでした。

ということは、今後も関連通貨のハードフォークがある度に価格の値上がりが期待できるのでは?と変に欲が出てしまいそうです。

その後、1月29日現在は底値に近い2,057円まで値下がりしてきています。

価格を見ると、正直ビットコインダイヤモンドについて、市場がまだどう判断していいのか検討中といったところでしょうか。

取引所の参入が増えれば価格が上がりそうだと期待できそうですね。

ビットコインダイヤモンド(BCD)の配布に関する各取引所の対応

ビットコインダイヤモンドの取扱いについて、日本国内の取引所の付与対応はどのようなっているのか、見ていきましょう。

BTCボックスが早急に対応

まずBTCBOX(BTCボックス)が、最もビットコインダイヤモンドの取扱いに積極的な取引所でしょう。
ビットコインダイヤモンドの公式サイトにも日本の取引所で唯一名を連ねています。

しかし結論からすると、2018年1月29日時点ではBTCボックスではまだ付与されていないようでした。

BTCボックスの対応方針としては、「リプレイ攻撃対策」「バックドア対策」などが確認され、問題がないと判断ができたらリリースすると、11月24日に表明していました。

なお、リリースされる場合、ビットコインのブロック高が495866時点のBTC保有量を基に算出され、規定通り1:10の割合でビットコインダイヤモンド(BCD)が付与されるとのこと。

なお、ビットコインダイヤモンドの付与の日程は未定だそうで、BTCボックスからの連絡を気長に待つしかなさそうです。 

ThumbBTCBOX(BTCボックス)取引所の特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BitPointの対応

取引所BitPoint(ビットポイント)の対応内容としては、ビットコインダイヤモンドの付与や、売買取引など方針は未定と発表していました。
そして対応が決まったらお知らせするからよろしくと。

他には記載がなかったため、あまり乗り気ではなさそうですね

コインチェックの対応

期せずして一躍有名となったCoincheck(コインチェック)ではどう対応するのでしょうか。

対応方針としては、ビットコインダイヤモンドの分岐に際し、問題なければ付与を行う予定と発表しています。
しかし以下のような危険性があると確認された場合は実施されないそうです。

・リプレイアタック対策が不十分
・マイナー不足によるブロック生成の不安定化
・脆弱性の発覚
・公式コミュニティが公開するソフトウェアに問題がある

など

ですが、現時点では自社の不正送金事件の対応でそれどころではないでしょうね。
コインチェックの不正送金事件について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

Thumbコインチェックの記者会見内容とは!ハッキング被害により倒産か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインダイヤモンド(BCD)が購入できるおすすめ取引所

2018年1月29日時点でビットコインダイヤモンドの取扱いは、上の画像にある35の国内外の取引所が参加表明しています。

まだ取引できないところも多いですが、すぐに購入したい取りあえず口座だけ持ってきたいという人は、以下に紹介する取引所がおススメですので参考にしてみてください!

Binance

Binance(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所で、2017年7月に開設されました。
日本語にも対応しているため日本人ユーザーも急増していて、手数料も安く、2017年12月には世界一の取引高も記録しました。
世界最大級の取引所でもあり、信頼性は高いです!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

KuCoin

KuCoin(クーコイン)は2017年9月に開設した新しい日本語対応の海外取引所です。
ビットコインダイヤモンドの取引も既に行われていて、第二のBinanceとも呼ばれています。

KuCoinでは独自通貨KCSも取り揃え、魅力的な手数料キャッシュバック毎日のボーナスなどもあります。

ThumbKucoin(クーコイン)の登録方法(口座開設)と入金・出金方法と使い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Huobi

中国三大取引所の1つと言われるのがHuobi(フォビ)です。
このサイトも日本語にも対応しており、2017年12月には日本のSBIグループと業務提携もしていて信頼性は高いと思います。
ビットコインダイヤモンドの他にも独自通貨「HT」を取り扱っており、1月24日に発行した直後に売り切れているそうです。

HitBTC

HitBTCは2013年からサービス展開している比較的長期に運営している取引所です。
そのためシステムは信頼性も高いと言えるでしょう。
取扱通貨ペアも300種を超える豊富さがあります。

ただし、HitBTCはまだビットコインダイヤモンドを取引できません。(2018年1月29日時点)
今後の対応予定はありますので、HitBTCに興味がある人は今のうち口座を開設しておくと良さそうです。

ビットコインダイヤモンド(BCD)の問題点と今後の将来性

ビットコインダイヤモンドの問題点

ビットコインダイヤモンドの問題点の1つとしては、まだ対応している取引所が少ないことです。

公式には35種の取引所が対応を公表していますが、実際にサイトを訪問してみると取引が行われているのはわずかです。
しかもそれらは中国系の取引所が多く目立ちます

中国には大規模なマイニングプールもありますし、当然ビットコインダイヤモンドに対応する取引所が多いのも理解できますが、正直何か不正を仕掛けてくるという懸念も残ります。

いずれにしても、取引する際は十二分に気を付けることが大事でしょう。

ビットコインダイヤモンドの将来性

ビットコインから分岐したBCHやBTGの価格推移については、公開直後に高値を付け、その後は徐々に下がって落ち着いてくるという傾向があります。
ビットコインダイヤモンドについても、チャートを見ればその傾向があるようです。

将来性については、現状では相場は慎重に見極めている状況かと思います。
開発元の運営体制やアルゴリズム等に問題がないという条件付きですが、次第に通貨の信頼性が増してきて値上がりも期待できそうです。

また、ビットコインの動向とも連動性が強いため、併せて注視しておきたいところです。
今後、取引所が増えてくることも1つの信頼性のポイントでしょう。

仮想通貨Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)まとめ

以上、Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)の特徴やチャート、購入先取引所、問題点と将来性についてまとめでした。

ビットコインダイヤモンドはビットコインと比較して「ユーザーのプライバシー保護」「転送コストの削減」「参入コストの削減」を目的に作られた新しい仮想通貨です。

現時点ではまだビットコインダイヤモンドを売買できる取引所はあまり多くはありません
そして国内取引所で公式表明しているのはBTCBOXのみですが、参入は慎重で対応日は「未定」としています。

Bitcoin Diamond財団や各取引所の信頼性が確認できるまでは、まだ手を出さないのも選択肢の一つです。
逆に、安値の今のうち購入して長期保有するのもありかと思います。

いずれにせよ、今後の行く末が気になる通貨でしょう。

Bitcoin Diamond(ビットコインダイヤモンド/BCD)を購入するのに必要な海外取引所はよく新規のユーザーが殺到して登録を制限することがあります。

登録は無料で、メールアドレス一つだけでたった1分で今のうちにしておきましょう!

また海外の取引所を利用する際は日本の取引所でビットコインを購入する必要があります。

その際はビットコインを取り引きすればビットコインをタダでもらえるザイフがおすすめです!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴・ビットコインとの違い・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBitcoin Gold(ビットコインゴールド/BTG)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side