韓国最大のビッサム(bithumb)取引所の登録方法と特徴を解説!

ビッサム(bithumb)は韓国で最大の規模を誇る仮想通貨取引所です。ビッサム(bithumb)の取り扱い通貨は豊富で、登録者はどんどん増えています。ビッサム(bithumb)に登録して取り扱い通貨を知れば、仮想通貨の投資が更に便利になります。

韓国最大のビッサム(bithumb)取引所の登録方法と特徴を解説!のイメージ

目次

  1. 1韓国最大のビッサム(bithumb)取引所とは?
  2. 2ビッサム(bithumb)取引所の特徴
  3. 3韓国の仮想通貨事情も知ってみよう
  4. 4ビッサム(bithumb)以外で韓国で利用される取引所
  5. 5ビッサム(bithumb)取引所の取り扱い通貨
  6. 6ビッサム(bithumb)取引所の登録方法
  7. 7韓国最大のビッサム(bithumb)取引所の登録方法と特徴を解説!
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

韓国最大のビッサム(bithumb)取引所とは?

ビッサム(bithumb)は2014年に開始した韓国の仮想通貨取引所です。

2017年の時点で利用者数は80万人を超えていて、一日の取引額も2000億円を超えています。取り扱い通貨が豊富なこともビッサム(bithumb)の特徴で、登録する人も増えています。

日本でもビッサム(bithumb)の知名度は上がり、世界中で登録している人が増えています。今、仮想通貨は信用されるようになり、日本でも仮想通貨の決済ができる店が増えています。

それは韓国も同じで、仮想通貨の需要、ひいてはビッサム(bithumb)の需要は増えるでしょう。

ビッサム(bithumb)取引所の特徴

ビッサム(bithumb)の特徴は豊富に揃っているシステムです。まず、韓国の仮想通貨取引所の中でもNo.1の規模を誇り、世界規模で取引が行われるようになっています。韓国は勿論のこと、日本やアメリカでもビッサム(bithumb)は高く評価されています。

高く評価されている特徴をここでは見ていきましょう!

1多くの言語に対応している

またビッサム(bithumb)は言語も多様に取り扱っていて、韓国語だけでなく日本語や英語にも対応しています。

そのおかげで、日本人もビッサム(bithumb)に登録しやすくなり、また仮想通貨の取引ができるようになっています。

また、海外の方でも簡単に登録ができることも大きなメリットです。

2韓国で最大の規模を誇る仮想通貨の取引所

韓国では仮想通貨の盛り上がりが激しくなっており、ビッサム(bithumb)に登録する人が世界中から集まっています。

ビッサム(bithumb)は韓国だけでなく、最早世界規模にまで成長した取引所なので、取り扱い通貨もこれから増えていくでしょう。

3.韓国の取引所の中でビッサム(bithumb)の取り扱い通貨がトップクラスで豊富

ビッサム(bithumb)が取引所の中でも特に支持される理由は、アルトコインの豊富さにあります。

BitcoinやRipple、Monneroなど韓国の人に人気の仮想通貨を販売していることで、ビッサム(bithumb)は登録している人から支持を得ています。
 

4手数料が安い

ビッサム(bithumb)はアルトコインの豊富さに加えて手数料も0.15%で一定されるので、仮想通貨の取引もお得です。

ビッサム(bithumb)は初心者にも優しいので、多くの韓国人や世界の人から支持されています。

韓国の仮想通貨事情も知ってみよう

仮想通貨は金融商品でなく、私達の生活を支えるライフラインの一つになろうとしています。

既に韓国ではカフェやホテルなど、仮想通貨の決済を取り入れている店舗の数が増えていくので、韓国仮想通貨最大手のビッサム(bithumb)に登録する人も比例して増加していきます。

現時点では旅行者向けの店舗が決済を可能としていることが多いので、仮想通貨だけで生活をすることはまだ難しいです。

しかし、仮想通貨のニュースはどんどんと韓国でも取り上げられていくので、ビッサム(bithumb)を始めとした取引所も注目を浴びていきます。

ビッサム(bithumb)以外で韓国で利用される取引所

ビッサム(bithumb)は韓国で最も有名な仮想通貨の取引所で、取り扱い通貨の数も多いです。

ですが韓国にはビッサム(bithumb)の他にも取引所があり、登録している人が多くいます。ビッサム(bithumb)とはどのように違うのか見ていきましょう!

韓国の代表的な取引所:Coinone

韓国にはコインワン(Coinone)という取引所も高い知名度を誇っています。

ビッサム(bithumb)に比べて取り扱い通貨の種類は少ないですが、近年はRippleも取引されるようになりました。

対応する言語は韓国語と英語だけですが、これから日本語にも対応する可能性もあります。

韓国の代表的な取引所:Korbit

2018年の1月でコインチェック(CoinCheck)に起こったNEM流出事件をきっかけに、仮想通貨を扱う人にとってセキュリティ対策が課題となりました。

韓国のKorbitはセキュリティ対策が万全で、仮想通貨の分散管理をするのにとてもおすすめな取引所と言えます。

またBitcoinやEthereumなどの仮想通貨も揃っています。

もしも、海外の取引所で有名な仮想通貨を見つけたいなら、ビッサム(bithumb)と一緒にKorbitも登録してみましょう。複数の取引所に登録すれば、それぞれの特徴を楽しめます。

ビッサム(bithumb)取引所の取り扱い通貨

ビッサム(bithumb)の取り扱い通貨の種類が豊富であることが、登録者の数を増やしている大きな要因となっています。

な仮想通貨の値段は時間と共に上がっていくので、需要も高まります。韓国最大の取引所であるビッサム(bithumb)は取り扱っている通貨の多くが大きく価格を伸ばして、どんどんとユーザー数が増えています。

ビッサム(bithumb)に登録して仮想通貨を扱いたいのであれば、取り扱い通貨の種類と特徴について知りましょう。

この記事の後半では、ビッサム(bithumb)の仮想通貨について紹介します。
また、それら通貨を手に入れるためのビッサム(bithumb)の登録方法も説明します。

韓国だからこそ仮想通貨が求められる

韓国は日本よりも高い経済成長率を誇っており、仮想通貨の流通が激しくなっていて、韓国政府は仮想通貨の取引に規制をかける発表をした程です。

韓国市場からの取引により、価格が一気に高騰した仮想通貨もあるので、今後は韓国の動向には目が離せなくなっていきます。

また、韓国では仮想通貨用のATMが増えていたり、中にはお寺でも仮想通貨の決済が行われる程に普及しています。


そんな韓国だからこそ、bithumb(ビッサム)の需要が高まっています。

仮想通貨に興味があれば、韓国の情勢についても知っておくのがいいでしょう。

取り扱い通貨:Bitcoin

最も知名度の高い仮想通貨と言えばビットコイン(Bitcoin)です。2009年に利用が開始されて以来、徐々に仮想通貨としての価値が上がっていき、今では1BTCの価格が100万円を超えています。ビッサム(bithumb)でも取り扱い通貨の一つとなっています。

新しく仮想通貨に挑戦しようとして、取引所に登録をしたけれど値段の高さに驚くでしょう。しかしビットコイン(Bitcoin)を始めとしたあらゆる仮想通貨は少額で細かい単位の購入が可能なので、慣れないうちはコツコツと貯めていくことをおすすめします。

仮想通貨:Bitcoinの最大の特徴

最早、ビットコイン(Bitcoin)は仮想通貨をあまり知らない人でも名前を聞いたことがある程にまで成長しています。ビットコイン(Bitcoin)は政府や銀行によって管理された通貨ではなく、特定の団体によって管理されたり影響を受けることが少ないことが特徴です。

ビットコイン(Bitcoin)は決済がいつでも可能で、口座さえあれば個人間で通貨のやり取りが容易となっています。クレジットカードのようにオンラインの決済が可能として、そしてグループでの集金も可能となった通貨がビットコイン(Bitcoin)です。

ビットコイン(Bitcoin)について詳しく知りたい方はこちら初心者の人でも分かりやすく簡単に解説しています!

Thumbビットコインの仕組みとは?誰にでもわかりやすく図解で簡単解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Ripple

リップル(Ripple)はリップル社によって開発された仮想通貨であり、ビットコイン(Bitcoin)と同じ仮想通貨の一種です。

単位はXRPと呼ばれて、円やウォンを始めとした世界中に広がるあらゆる通貨の取引をサポートしてくれる仮想通貨です。

そんなリップル(Ripple)の最大の取引所は実はbithumb(ビッサム)なのです。
実は韓国ウォンが最もリップル(Ripple)を取り引きしている通貨なのです。

仮想通貨:Rippleの最大の特徴

従来の海外送金システムでは、法定通貨のやり取りには間を挟む銀行が必要でした。

しかしリップル(Ripple)の登場によって、海外の送金は非常に手早くなりました。その際にかかるコストも削減することに成功したので、海外とのやり取りが便利になっていきます。

日本や韓国だけでなく、既に世界各国の大手銀行がリップル(Ripple)のシステムを利用しています。リップル(Ripple)と提携する銀行が増えていけば、世界規模で送金がしやすくなります。リップル(Ripple)は銀取引の役割を担っていることが特徴です。

日本では三菱東京UFJ銀行が利用をすると表明をしています。
そんなリップルについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Ethereum

イーサリアム(Ethereum)はビットコイン(Bitcoin)の次に価値が高くなっている仮想通貨のことです。

2018年の時点で1ETHの価格は10万円を超えていて、ビッサム(bithumb)でも取り扱い通貨の一つになる程に信用されています。

仮想通貨:Ethereumの最大の特徴

イーサリアム(Ethereum)はインターネットで利用されるアプリケーションを作成する環境(プラットフォーム)であることが主な特徴です。

そしてイーサリアム(Ethereum)は契約の内容までもブロックチェーンで保管することができます。

イーサリアム(Ethereum)に限らず、全ての仮想通貨にブロックチェーンと呼ばれる情報を共有するシステムが使われています。このブロックチェーンがあるからこそ、多くの人で情報の管理と共有ができるので、後付けで改竄や不正が行われにくくなっています。

そんなブロックチェーンをビットコイン(Bitcoin)よりも広い範囲で利用をできるようにしたイーサリアムについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Bitcoin Cash

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)とは2017年8月より登場した仮想通貨です。ビットコイン(Bitcoin)を利用する人が増えたことで取引の早さが落ちており、対応するためにビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が登場しました。

仮想通貨:Bitcoin Cashの最大の特徴

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴はそのブロックサイズの量です。ビットコイン(Bitcoin)は1MBであるのに対して、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)はブロックサイズが8MBにまで引き上げられています。

ブロックサイズとは、インターネット上で行われた取引の記録を保管するブロックの容量であり、仮想通貨に保存できる用量を爆発的に増やしたのがビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)です。

このビットコイン(Bitcoin)よりも大きなブロック容量が、ビットコイン(Bitcoin)よりも優れている点です。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴・ビットコインとの違い・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Litecoin

ビッサム(bithumb)の取り扱い通貨の一つであるライトコイン(Litecoin)とは、ビットコイン(Bitcoin)を元にして作られた仮想通貨です。ビットコイン(Bitcoin)を金と例えるなら、こちらの仮想通貨は銀のような存在と定義されています。

仮想通貨:Litecoinの最大の特徴

ライトコイン(Litecoin)はブロックチェーンが作られる時間がたった2分半です。

ビットコイン(Bitcoin)は10分程度の時間が必要なので、大幅に送金の時間の節約ができます。

ライトコインについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbビットコインとライトコインの違いを特徴とともに徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Dash

ダッシュ(Dash)とは2014年に始まった仮想通貨のことで、2017年より知名度を上げました。

元々はダークコイン(Darkcoin)という名称でしたが、2015年にダッシュ(Dash)という名称に解明されています。実はこのように名前を変えた通貨はたくさんあります。

仮想通貨:Dashの最大の特徴

ダッシュ(Dash)の特徴は取引の早さとプライバシー保護です。

たった数秒で取引が可能であり、またダッシュ(Dash)は送金の際のプライバシーが守られることにあります。その為、ダッシュ(Dash)は個人情報を守りたい人に向いている仮想通貨と言えます。

ビッサム(bithumb)は勿論のこと、日本でもコインチェック(Coincheck)で取り扱いがされていますが現在コインチェックは利用ができませんので、有名どころだとビッサム(bithumb)が最も手早く購入ができます。

今後、仮想通貨を使った取引の際に情報を秘匿したい場合は、このダッシュ(Dash)を積極的に利用してみましょう。

Thumb仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Monero

モネロ(Monero)とはXMRの単位で数えられる新しい仮想通貨です。エスペラント語で「コイン」の意味を持っており、

ビッサム(bithumb)でも多くのモネロ(Monero)が取引されています。

仮想通貨:Moneroの最大の特徴

モネロ(Monero)の特徴はDASH(ダッシュ)同様その匿名性の高さです。

CryptoNightと呼ばれる計算方法(アルゴリズム)のおかげで、匿名性を守ることができます。ダッシュ(Dash)のように、取引の際にプライバシーを守れるので、モネロ(Monero)もおすすめです。

Thumb仮想通貨Monero(モネロ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:EOS


イオス(EOS)は2017年より公開された仮想通貨であり、すぐに時価総額が上位に入る程に話題を集めました。

新しい通貨ではありますが、ビッサム(bithumb)だけでなく、Kraken(クラーケン)、Bittfinex(ビットフィネックス)などの取引所でも扱われています。

仮想通貨:EOSの最大の特徴

イオス(EOS)の特徴はデータとして扱われる情報処理速度が抜群に高いことにあります。

Googleでは1秒ごとに何万もの情報処理が行われていることに対して、イオス(EOS)は百万単位の情報処理が行われています。


取引手数料がかからず、コスト削減にも役立ちます。

EOSについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨EOS(イオス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Qtum

クアンタム(Qtum)とは決済とアプリケーション作成の環境を整える仮想通貨のことです。

QTUMの単位で数えられて、現在でも4000円近くの価値がある仮想通貨です。

2016年度末から登場したばかりの通貨ですが、将来性を見込まれ価格は大きく上昇をしています。

仮想通貨:Qtumの最大の特徴

クアンタム(Qtum)はビットコイン(Bitcoin)とイーサリアム(Ethereum)の利点を組み合わせたことが特徴です。

安全性と速さを両立させているので、多くの支持を受けたクアンタム(Qtum)は100万ドルもの資金調達を成功しています。

Thumb仮想通貨Qtum(クアンタム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Bitcoin Gold

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)とは2017年の11月より登場した仮想通貨であり、ビットコイン(Bitcoin)の分裂をきっかけに誕生しました。

ビットコイン(Bitcoin)とは別の仮想通貨です。

仮想通貨:Bitcoin Goldの最大の特徴

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)の大きな特徴はマイニングを行いやすいことです。マイニングとは、仮想通貨の運用をサポートすることを意味します。

そのサポートの分新しい仮想通貨をもらえる作業と考えましょう。

ビットコインのマイニングは個人で行うことはできますが、競争率がかなり高いです。

何故なら、新しい仮想通貨を発見すると12.5BTCもの高額なビットコインを得られます。

その為、マイニングを行う資本家が増えており、資本力を武器にしてマイニングをするため、個人の参入が難しくなっています。しかしビットコインゴールド(Bitcoin Gold)があれば、個人でもマイニングができるようになります。

ビッサム(bithumb)でも1BTGの価格が1万6千円を超えています。今後、マイニングを行う人が増えていけば、ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)の価格も高騰するでしょう。興味があれば、仮想通貨のマイニングも行ってみましょう。

ThumbBitcoin Gold(ビットコインゴールド/BTG)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Ethereum Classic

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは、イーサリアム(Ethereum)を元にした仮想通貨です。

ビットコイン(Bitcoin)からビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)などの仮想通貨が生まれたように、イーサリアム(Ethereum)が大量に盗まれたDAO事件から誕生しました。

仮想通貨:Ethereum Classicの最大の特徴

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の特徴は元となるイーサリアム(Ethereum)とほとんど同じです。

スマートコントラクトと呼ばれる契約の利便性を増すシステムが使われていて、さらにアプリケーションの作成にも便利なプラットフォームとなっています。

イーサリアム(Ethereum)の値段が高騰したことで購入に踏み切れない場合は、こちらのイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)を選んでみましょう。

ビッサム(bithumb)でも取り扱い通貨の一つになっていて、現在は3000円近くで購入できます。

Thumbイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは?価格チャートや今後の将来性を予想 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取り扱い通貨:Zcash

ジーキャッシュ(Zcash)とは匿名性の高い仮想通貨の一つで、2017年の9月29日からはビッサム(bithumb)で上場が開始されました。

これによってジーキャッシュ(Zcash)の値段が格段に上がり、一度価格は落ち着いていますが、1ZECの価格は4万円を超えています。

仮想通貨:Zcashの最大の特徴

ジーキャッシュ(Zcash)の特徴となる匿名性は、送信側と受信側両方のアドレスだけでなく、また送金量も秘匿されます。

先ほどまで見たモネロ(Monero)やダッシュ(DASH)よりも匿名性が高いということです!

ブロックチェーンにデータを残しながらもプライバシーの秘匿が約束される仮想通貨です。

Zcashについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビッサム(bithumb)取引所の登録方法

ビッサム(bithumb)を実際に利用するとしても、まずは取引所で登録をする必要があります。

取り扱い通貨をより正確に扱いたいのであれば、まずは取引所の登録方法から知っておきましょう。口座開設の手順と必要な物を用意すれば、誰でも簡単にできます。

1ビッサム(bithumb)で取引をするために口座開設をしよう

まずはビッサム(bithumb)のHPにアクセスをしましょう。

最初にHPにアクセスをすると韓国語が飛び交って困惑するでしょうが、ビッサム(bithumb)は日本語にも対応しています。

また、英語や中国語などの言語にも翻訳できるようになっていることも利点です。

HPの右上の部分から言語を日本語にしましょう!

2ビッサム(bithumb)で口座開設をするために用意するもの

ビッサム(bithumb)の口座開設に必要なものはE-mailのアドレスと、パスワードおよびセキュリティパスワードの二つです。

また現在住んでいる国や、自分の携帯電話番号も必要となります。
どれも自分にとって大切な情報なので、誰にも見られないようにしましょう。

ビッサム(bithumb)で十分な取引を行うには韓国の携帯通信事業者に登録したり、またはIPアドレスを利用した本人確認の手段もあります。

しかしこれは現地の人向けなので、日本人の場合はパスポートを用意することをおすすめします。

3ビッサム(bithumb)での本人確認までの登録方法①~新規アカウント作成~

アカウントの登録が完了したら、指定したメールアドレスに確認のメールが届きます。

それを開いて『メールアドレスを確認する』の部分をクリックすれば、アカウントが登録されます。そうすれば、ビッサム(bithumb)のアカウントも作成されるので、ログインしましょう。

4ビッサム(bithumb)での本人確認までの登録方法②~アカウント登録完了後~

ビッサム(bithumb)のアカウントを登録した直後では入金などの機能には制限がかかっており、更に機能を使いやすくするにはパスポートなどの身分証明書が必要です。本人の顔写真が写っている所をカメラで撮影して、しっかりと送信しましょう。

登録してすぐのユーザーは『LEVEL1』の状態にあり、ビッサム(bithumb)でできることは入金だけです。まだ出金はできません。

『LEVEL2』以上になる為の手順は下記で説明いたしますので、まずはアカウント作成イン必要な情報を正確にまとめましょう。

5ビッサム(bithumb)での本人確認までの登録方法③~電話番号認証~

ビッサム(bithumb)の登録には電話番号が必要です。携帯電話番号を入力して『認証依頼』のボタンをクリックすれば、SMSで6桁の番号が届きます。それを認証番号の部分に入力してください。また、その上にある国籍の部分も『Japan』にしましょう。

6ビッサム(bithumb)での本人確認までの登録方法④~個人情報の登録~

ビッサム(bithumb)に登録するにおいて必要な情報はメールアドレスや電話番号、そしてログイン用のパスワードです。特定の住所はサイトの登録には不用です。身分証明書に書かれた住所と、それを補足するメッセージがあれば充分です。

7ビッサム(bithumb)での本人確認までの登録方法⑤~IDセルフィーの登録~

IDセルフィーとはオンラインの環境で行うことができる本人確認の方法です。

例を出すなら、顔写真が付いている身分証明書と、本人の顔が一緒に映った写真を撮影して、送ることで本人であることを確認します。ビッサム(bithumb)では『マイページ』から行えます。
 

マイページの『認証センター』をクリックして、下スクロールをすると『身分証明書(パスポート)を送る』の部分があるのでクリックしましょう。また身分証には以下の三つが必要なので、それを書いたメモ帳を添えてから、認証の目的と添付する写真を確認しましょう。

①:本人認証のリクエスト
②:加入ID
③:写真の撮影日

8ビッサム(bithumb)での本人確認までの登録方法⑥~二段階認証~

二段階認証とはセキュリティを強化するシステムのことです。

この二段階認証を取り入れることによって、リアルタイムで変更される6桁のパスワードを入手できます。Google 認証システムというアプリを取り入れて、ビッサム(bithumb)でも利用しましょう。

アプリケーションをインストールしたら、ビッサム(bithumb)の『OTP認証』のページにある『次へ』をクリックして、バーコードをスキャンしましょう。スマホに表示されるパスワードとセキュリティパスワードの二つを入力して『完了』をクリックすれば大丈夫です。

韓国最大のビッサム(bithumb)取引所の登録方法と特徴を解説!

ビッサム(bithumb)は仮想通貨を引っ張っていく取引所の一つとして、今後も伸びていきます。

登録する人の数は徐々に増えており、韓国の仮想通貨の流通に伴って知名度も上げていきます。仮想通貨に興味があればビッサム(bithumb)についても知りましょう。

Coincheckがハッキングで利用できなくなった今、日本では人気の匿名通貨を購入できないためビッサム(bithumb)を利用することを検討してもいいかもしれませんね!

ビッサム(bithumb)を利用する際は、ビットコインやイーサリアムなどを日本の取引所で購入して送ることが必要になります!

ぜひこの機会に手数料が安くてお得に海外取引所を利用できるザイフを利用してみては?

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえるので、まだ口座を持っていない人はぜひ分散管理にもなりますので利用をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング5選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side