ビットコインのウォレットのおすすめ比較!作成方法と安全性も解説!

これからビットコイン(仮想通貨)に投資を検討している方必見! ビットコインを所持するためにはウォレット(お財布)が必要です、ウォレットと言っても様々な媒体があります。 安全性や使いやすさを比較して、おすすめのウォレットを紹介したいと思います。

ビットコインのウォレットのおすすめ比較!作成方法と安全性も解説!のイメージ

目次

  1. 1ウォレットとは?ビットコインを適切に保管しよう
  2. 2ウェブウォレットの安全性
  3. 3ソフトウェアウォレットの安全性
  4. 4ソフトウェアウォレットを比較!完全版と簡易版
  5. 5安全にビットコインを保管するにはハードウェアウォレットがベスト
  6. 6ハードウェアウォレットを比較!TrezorとLedger nanoがおすすめ
  7. 7もはやビットコインが普通のお金に?ペーパーウォレット
  8. 8まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ウォレットとは?ビットコインを適切に保管しよう

ビットコインを始めとした仮想通貨を所持して管理するには、まずウォレットと呼ばれる仮想通貨専用のお財布を作る必要があります。

ビットコイン等に対応したウォレットにはいくつかの種類が存在しており、その一つでありよく耳にするのが取引所です。

取引所でのビットコインを保管することは簡単で1つの手段ですが、ハッキングや取引所倒産などのリスクなども懸念されています。

今回コインチェックのハッキング事件が起きたのでお分かりの通り取引所での管理は危険です。

Thumbコインチェックのハッキングで不正送金されたNEM(ネム)を全額送金を発表! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェックの記者会見内容とは!ハッキング被害により倒産か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取引所は多くの顧客資産を集めているため、多くのビットコインがあることは周知の事実で、とても狙われやすいという反面、取引をすぐにできるという強みも持っています。

取引所はウェブウォレットという分類になりますが、そのようなウェブウォレットを含めて、ビットコイン等に対応した4つのウォレットが存在しています。
 

  • ウェブウォレット
 
  • ソフトウェアウォレット(デスクトップウォレット/モバイルウォレット)
 
  • ハードウェアウォレット
 
  • ペーパーウォレット

などが挙げられます。

それぞれのメリットデメリットはどんなものかそしてそれぞれの特徴を解説していきましょう。

今回紹介するウォレットですが、もしまだハードウェアウォレットでの管理をしていない人がいれば、すぐにハードウェアウォレットを購入することをおすすめします!

今後もビットコインやその他の通貨のハッキング被害は起きると思いますが、そんなときに自分のビットコインなどの資産を守るためにもハードウェアウォレットは必要になります。

コインチェックのハッキング被害を受けて、多くの人が殺到しているので在庫が切れてしまう前にハードウェアウォレットを購入することをおすすめします。

最近はハードウェアウォレットを改造してビットコインを盗もうという悪意を持った業者もいるのでしっかりと公式の代理店から購入することをおすすめします!

アルトコインの対応通貨も多いledger nano Sはこの後紹介をしますが、在庫がなくなる前に購入をしておきましょう!

ウェブウォレットの安全性

ウェブウォレットとは、取引所のようににオンライン上にビットコインを保管するお財布です。

YahooメールやGメールの様にパスワードを指定すれば誰でも簡単に数分の作業でビットコインを保管するお財布を作成することが出来ます。

安全性についてですが、常時オンライン上にビットコインを保管している為、ハッキングの被害にあう可能性は0とは言えません。

また、フィッシング詐欺のターゲットにもされやすく、サービスに新規登録する時や、ログイン画面では注意が必要です。

他には、元から詐欺をする前提でウェブウォレットを作成する悪質な企業も残念ながら増えるでしょう。
なので、運営会社は信頼できる企業を選びましょう。

取引所と比較すると安全面に関しては大差がなく、むしろリスクが多く目立つウェブウォレットは安全とは言えないので、おすすめ出来ません。

ウェブウォレットのメリット/デメリット

<メリット>

  • ビットコインを移動させるのは365日24時間可能で利便性がよい
 
  • スマホから、パソコンからどちらからでも利用ができる

<デメリット>
  • ハッキングの危険性は常にある
 
  • フィッシングなど詐欺の罠によく利用される

ウェブウォレットを比較!決め手は日本語対応

近年では、セキュリティ対策を強く謳ったウェブウォレットも数多くありますが、どれも英語表記なので分かりずらいでしょう。

ウェブウォレットで有名なサービスは

 

  • Blockchain
 
  • Coinbase
 
  • Coinaplut

など有りますが、
おすすめは、運営歴が最も長く日本語にも対応しているBlockchainです。

Blockchainのウォレット作成方法

まず、Blockchainの公式サイトに飛んで、右上の青いマーク「GET A FREE WALEET」をクリックします。

次に、登録したいメールアドレスとパスワードを入力します。
パスワードは安全上のため、最低でも10桁以上で英数字を含めて設定しましょう。

すぐに上のようなIDとメールアドレスを確認するメールが届きますので、「はい、これが私のメールです」をクリックします。

上の様な画面が表示されたら、無事ビットコインを保管するインターネット上のお財布が出来上がりました。

ダッシュボード画面は、デフォルトでは全て英語表記ですので、performance」設定から「wallet languageのEnglishと書かれた項目をjapaneseに切り替えます。

日本語表示になったら、ランゲージの設定は完了です。

さらに詳しく知りたい方はこちらで解説しています。

Thumbブロックチェーンウォレット(Blockchain wallet)の作成方法とは?ログインなどの使い方マニュアル | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ソフトウェアウォレットの安全性

ソフトウェアウォレットとは、手持ちのPCやスマホに仮想通貨を保管するためのソフトをダウンロードして、ビットコインを管理する方法です。

クラウド管理ではなく、パスワードはソフトの中だけで使用する為、セキュリティは取引所やウェブウォレットと比較して安全でしょう。

安全性に引き換え、デメリットとしては、PCが破損または紛失した場合にはビットコインも消滅します。

サーバーハッキングの危険性は薄いですが、PC自体がウィルス感染された場合には、ハッキングと変わりありません。

現在ソフトウェアウォレットは一般的であり、セキュリティ対策をしっかり行いたいひとにはおすすめのお財布です。

ソフトウェアウォレットを比較!完全版と簡易版

ソフトウェアウォレットには大きく分類すると2種類あります。

ブロックチェーンごとインストールする完全版ウォレットと、1部機能のみインストールする簡易版ウォレットに分けられます。

まず完全版では、Bitcoin Coreが挙げられます。

Bitcoin Core「ビットコイン・コア」

完全版ソフトウェアウォレットのBitcoin Coreは、膨大なサイズのデータをダウンロードするため、時間がかかりPCの容量も沢山使ってしまいあまり実用的ではありません。

ですが、インストールしたパソコンでのみ使用可能なので、ウェブウォレットと比較すればハッキングのリスクは少なくビットコインを運営できるでしょう。

Airbitz(エアービッツ)

簡易版ソフトウェアウォレットのAirbitz(エアービッツ)は、海外仕様ですが言語設定で日本語を指定することは可能です。

おすすめの機能としては、個人で所持する銀行のアカウントと紐づけをしたり、ビットコインで買い物ができる場所をmapで確認したり、送金を行った相手と受けた相手を確認しやすく管理できるなど、

便利な機能が多いことから一部ユーザーから人気のソフトウェアウォレットです。

Copay(コペイ)

簡易版ソフトウェアウォレットのCopay(コペイ)は日本語にしっかり対応しており、見やすいダッシュボード画面に操作性もシンプルで、初めてソフトウェアウォレットを利用する人には人気でおすすめのお財布です。

共有フォルダも完備されているので、親しい友人や家族のビットコインを一緒に保管することも可能です。

モバイルウォレットで人気の「Green Adress」

Green Adressは日本でも世界でも人気のアプリ型のソフトウェアウォレットです。

アプリ型なのでウェブウォレットのようにスマホでいつでも利用ができ、さらにウェブウォレットよりもセキュリティが高いソフトウェアウォレットは利便性とセキュリティの面でもうれしいものです。

その中でも有名なGreen Adressはおすすめです!

bread wallet(ブレッドウォレット)

breadは去年の10月にICOを日本で始めたソフトウェアウォレットアプリを提供しているところです。

売買も可能でGreen Adress同様に利便性もあるbreadもウェブウォレットよりも安全と言えるでしょう!

Jaxx

Jaxxもまた人気のアプリウォレットです!

ただし日本語対応をしていません

Indeie Square

Indie Squareもまたアプリ型ウォレットを提供しています。

それぞれに対応通貨(ビットコインはすべて対応)や利用方法などが違いますので、このあたりは一度使ってみてどれが一番よかったかを確認してみてください。

安全にビットコインを保管するにはハードウェアウォレットがベスト

ハードウェアウォレットとは、独立した手のひらサイズの端末にビットコインなどの仮想通貨を保管しておくツールです。

取引をする時以外はオフラインなため、ハッキングのリスクは極めて少ないと言えます。

デメリットとしては、購入価格が割高なのと、物理的な管理方法なので紛失したらおしまいです。

ハードウェアウォレットを比較!TrezorとLedger nanoがおすすめ

まだまだ知名度と利用者が少ないハードウェアウォレットですが、現行では

 

  • Trezor
 
  • Ledger nano


この2つを使用するユーザーが多いところです。

それでは、どちらがどう違うのか?比較してみましょう。

ビットコインだけの運用ならTrezor

TrezorはUSBでPCに繋ぐだけで簡単に設定が完了しすぐにビットコインを安全に管理できます。

シンプルで頭の中がスッキリするので、取引はせずにただビットコインを金庫のような安全なところにしまっておきたいという方にはおすすめです。

また、アカウントを複数に分けて使用できる点も魅力的です。

デメリットは対応通過が少ないことです。

ビットコインやその他主要通貨に対応してはいるのですが、最近話題のリップルコインには対応していないのが残念です。

↓対応コイン以下参照↓

 

  • ビットコイン
 
  • ビットコインゴールド
 
  • ビットキャッシュ
 
  • Zcash
 
  • Dash
 
  • イーサリアム
 
  • イーサリアムクラシック
 
  • ERC20トークン

対応する仮想通貨が多いのはLedger nano S

Ledger nanoはTrezorで扱う仮想通貨は多くの有名通貨をカバーしており、リップルにも対応しています。

メリットは幅広い仮想通貨を保管できることです。

デメリットは操作が複雑な点です。

本体とは別にウォレットをインストールしたり、プラウザはGoogle chromeに限定されたり(プラグインを使用する為)と、設定がやや複雑です。

様々なコインを扱いたい方にはおすすめですが、2つを比較するとビットコインだけを所持したいのであれば、Trezorをおすすめします。

↓対応コイン一覧↓

  • Stellar
 
  • Hcash
 
  • Stratis
 
  • Digibyte
 
  • Ubiq
 
  • Komodo
 
  • Ark
 
  • Qtum
 
  • Viacoin
 
  • Ubiq
 
  • リップル

以上11点に加えて、ビットコインやイーサリアムなどTrezorで対応するコインも含みます。

今後さらに多くの通貨が出てくることを考えると多くの通貨に対応しているledger nano Sがおすすめです!

最近はledger nano Sを利用した詐欺被害も多く起きています。
悪意を持った業者がledger nano Sを開封して自分たちが使えるようにプログラムをしてだまし取るという手法です。

ちゃんとした正規の代理店での購入もしくは公式サイトでの購入をするようにしましょう!
公式サイトは英語でさらに届くまでに時間がかかってしまいますので、正規代理店のこちらからの購入がおすすめです!

もはやビットコインが普通のお金に?ペーパーウォレット

最後にペーパーウォレットについてお話したいと思います。

ペーパーウォレットを簡単に説明すると、その名の通り秘密鍵を紙に印刷しただけの紙きれです。

お財布というよりかは、紙の鍵という感覚が正しいでしょう。

紙媒体なのでハッキングの恐れはありません、というかハッキングのやりようがありませんね。

特徴は、手持ちの口座から必要な数のビットコインを紙の中に保管して、必要な時に取り出すことが出来るのです。

「仮想通貨であるビットコインを現実世界で手渡しする」

なんて使い方もできる面白いお財布です。

まとめ

ビットコインを保管するためのウォレット(お財布)の安全性は、
 

  • ハードウェアウォレット
 
  • ソフトウェアウォレット
 
  • ウェブウォレット(取引所)

の順番でビットコインをハッキングリスクから逃れることができます。

少額を保管しておくなら取引所やウェブウォレットにしまっておくだけで十分でしょう。

巨額な資産になってくると、ハードウェアウォレットがおすすめです。

「頻繁にビットコインとかは取り出さない」
「金のように長期間ビットコインを眠らせておくガチホ勢」


といった理由であれば、ペーパーウォレットを利用するのも1つの手段でしょう。

年々増加するハッキング被害は日常化しています、面倒でもパスワード管理には注力して、しっかり資産を守っていきましょう。

日本の安心と思われていた、コインチェックでさえ多額のハッキング被害が起きています。
この機会にビットコインやリップルなどのガチホ通貨はしっかりと安全なハードウェアウォレットでの管理を強くおすすめします!

おすすめのledger nano Sはこちらのサイトから簡単に購入ができます!

在庫がなくなってしまうと一カ月ほど時間がかかるとのことですので、早めの購入をしてハッキングに備えましょう!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbコールドウォレットとは?特徴・作り方・仮想通貨の保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェックのハッキングで不正送金されたNEM(ネム)を全額送金を発表! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨専門用語集・ビットコイン専門用語集【初心者向けに基礎から解説】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side