CryptoBridge(クリプトブリッジ)の使い方と登録方法!分散型取引所(DEX)とは?

XPやBitZenyの取引で話題のCryptoBridge(クリプトブリッジ)! その登録方法や使い方、分散型取引所について解説! 分散型取引所とは?日本語表示で登録や取引が簡単? CryptoBridge(クリプトブリッジ)の使い方を徹底解説!

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の使い方と登録方法!分散型取引所(DEX)とは?のイメージ

目次

  1. 1CryptoBridge(クリプトブリッジ)とは?
  2. 2CryptoBridge(クリプトブリッジ)の特徴
  3. 3CryptoBridge(クリプトブリッジ)のメリット
  4. 4CryptoBridge(クリプトブリッジ)のデメリット
  5. 5CryptoBridge(クリプトブリッジ)の登録方法
  6. 6CryptoBridge(クリプトブリッジ)の入出金方法
  7. 7CryptoBridge(クリプトブリッジ)のよくある質問
  8. 8まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

CryptoBridge(クリプトブリッジ)とは?

CryptoBridge(クリプトブリッジ)とは今話題の今までとは違う仮想通貨の海外取引所です。

今話題のXPやBitZeny(国内産の仮想通貨)の取り扱いのある数少ない取引所の一つで、日本語表示に対応しています。また、DEXと呼ばれる分散型取引所も特徴のひとつです。

今回はそんな話題の取引所の特徴から登録方法、使い方までを解説!
これを見ればCryptoBridge(クリプトブリッジ)がわかる!

分散型取引所(DEX)とは?

わかりやすく説明すると、分散型取引所(DEX)とは、”中央の管理者がいない取引所”です。取引所内のデータを10箇所以上のサーバーに分散化させ、個人間で売買する場所を提供している取引所、それが分散型取引所(DEX)です。
 

一般的な取引所(中央集権取引所)では、全てのデータを中央で管理しています。なので、何者かがそこにアクセスすると一度に大量のデータがハッキングされてしまいます。

しかし分散型取引所(DEX)は、データを中央で管理していない為、一度に大量のデータをハッキングされることはありません

また、万が一1箇所ハッキングされたとしても残りのサーバーと連携をることで復元ができる機能を持っています。

分散型取引所(DEX)はアクセス集中などのサーバー障害も起きにくいと言われています。

また、第三者を介入せず個人間で取引ができる為、通貨を売る時点まで通貨は自分の手元にあります

最近、話題になっている資産の不正な引き出しや、サイバー犯罪によるリスクは分散型取引所(DEX)の方が確実に低く今後、分散型取引所が主流になることも十分あり得ると思います。分散型取引所(DEX)の一番の魅力はその【安全性の高さ】です。

取り扱い通貨一覧

BTC建て、BTS建て、その他モナコイン建てもあります。
XPやBitZeny、マイナーなコインも取り扱っています。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の特徴

分散型取引所(DEX)以外にも、CryptoBridge(クリプトブリッジ)ならではの特徴がこちらです。

ステーキングできる

CryptoBridge(クリプトブリッジ)独自の通貨であるBCO(ブリッジコイン)を一定期間保有(ステーキング)することで、収益の50%が分配されます。

期間は1日ごとに計算されていて2週間に1回BCOで分配されます。ステーキング期間はあらかじめ1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月で設定し、期間内はコインがロックされる為、売ったり引き出したりすることは出来ません。

ステーキング期間に応じたボーナスはこちらです。

1ヶ月:0%
3ヶ月:20%
6ヶ月:50%
12ヶ月:100%

となります。

ステーキングしているBCOの枚数に応じて分配される為、BCOの価格が上がれば、預けておくだけで配当金とキャピタルゲインの両方を受け取れる可能性があります。

BCOを購入後、ステーキングを申し込むことが出来ます。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)ユーザーが増え、取引が増えれば増えるほど報酬も上がりますので、今後に期待できると思います。

XPやBitZenyがモナコイン建てで購入できる

去年、国産通貨の価格が沸騰し話題になりましたが、CryptoBridge(クリプトブリッジ)にもXPが上場し、さらにモナコイン建てでXPやBitZenyが購入できます
 

XPやBitZenyは国内の取引所での取り扱いがないため、日本語対応している海外取引所であるCryptoBridge(クリプトブリッジ)に注目が集まっています。

日本円は使うことが出来ないので、BTCやモナコインなどを使ってXPやBitZenyを購入します。なので先にBTCやモナコインを買う必要があります。

モナコイン建てでXPを買う場合、モナコイン購入後、CryptoBridge(クリプトブリッジ)からモナコインを送金、XPトレードという形になります。

海外取引所だとビットコイン建てでの取引が普通ですが、CryptoBridge(クリプトブリッジ)の場合、日本産通貨同士での直接取引ができます。

モナコインで買う場合はZaifでの口座開設がおすすめです。

Zaifでモナコインを購入して送金すると、手数料が1円程度と格安(BTCの手数料は1500円程度)で、送金スピードもBTCよりも速いです。ただし、口座開設までに時間がかかるので早めに口座開設しておくことをおすすめします。
 

Thumbzaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の買い方と手数料とチャートの見方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

CryptoBridge(クリプトブリッジ)のメリット

日本語表示対応している

海外取引所というと難しそうに思えますが、日本語対応している為、英語が苦手でこういう取引所の使い方がわからないと不安という方もスムーズに取引が出来ます。

また、日本人がプラットフォームの翻訳をしているので、不自然な日本語ではなく国内取引所の感覚で取引が出来ます。

アカウントを作成する際、右上の国旗をクリックして日本の国旗を選択すると日本語表示になります。

なので、今までの海外取引所に登録をしていた人なら問題ないですし、今まで海外の取引所に登録をしたことない人でも言葉の壁を気にせず利用できます!

取引画面が非常にシンプル

こちらがCryptoBridge(クリプトブリッジ)の入金画面です。
とてもシンプルなので見やすいですよね。

取引量に応じて0.1%のボーナス付与

こちらもCryptoBridge(クリプトブリッジ)のメリットの一つですが、取引量に応じて0.1%のボーナスが付与されます。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)のデメリット

取扱通貨量が少ない

それぞれ取り扱う通貨は取引所によって違いますが、CryptoBridge(クリプトブリッジ)の場合、取扱通貨量がすこし少ないのがデメリットといえます。

仮想通貨の種類は取引所を選ぶ上での基準になりますので、自分の欲しい通貨があるかどうか、先に確認しておきましょう。

サポート対応は英語

日本語に対応しているCryptoBridge(クリプトブリッジ)ですが、入金が反映されない、または送金されないなどのトラブルがあった場合のサポートは英語のみでの対応になるので注意が必要です

写真はグーグルクロームの翻訳機能を利用しています。

二段階認証が対応していない

二段階認証とは、仮想通貨の取引を行う上でとても大事な安全対策といえます。定期的に変わるパスワードを使うため、IDとパスワードだけではハッキングされないので、他人からの不正ログインの防止につながります。

また、二段階認証の設定をしているユーザーには不正ログイン被害の補償をしている取引所も出てきているため、仮想通貨を取引するうえでは必須といえます。

しかし、CryptoBridge(クリプトブリッジ)は分散型取引所(DEX)の為、二段階認証設定は出来ません

なのでアカウント作成時には、セキュリティーが高い【高度な設定】で開設する事をおすすめします。
右下の【高度な設定】をクリック後⇒アカウント作成⇒バックアップという流れになります。

アカウント作成時に作られるパスワードがものすごく長いですが、パスワードを忘れると、ログインできなくなるので注意が必要です

動作が遅い

CryptoBridge(クリプトブリッジ)ユーザーからは動作が遅いという声も出ています。
個人的には気になるほどではないですが、他の取引所と比べると少し遅いですね。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の登録方法

まずGoogle Chromeが推奨ブラウザになるので、セキュリティーを気にされる方はGoogle Chromeからアクセス/登録するようにしてください。

登録をするには、まずは LAUNCHE DEX をクリックします。

次にCreateAccountをクリックします。

次に[AccountName]に自分のIDを入力します。(数字と英語を組み合わせないと作成出来ません)
そして元々入力されていたパスワードをコピーし、下に入力してください。

このIDとパスワードは忘れると二度とログインできないので注意してください。

パスワード紛失、流失時のサポートはありません

自分のパスワードを書き留めておくか、スクリーンショットで保存しておくことをおすすめします。
また、他人には絶対に知られないよう注意が必要です。
 

次に、3つの項目を確認します。

☑パスワードをなくした場合は自分の資金へのアクセスが出来ないことを了承します。
☑パスワードを紛失または忘れた場合、パスワードの回復が出来ないことを了承します。
☑私はパスワードを書留める、または他の方法で保存しました。

この3つの項目の確認後、チェックを入れ、最後に[CREATE ACCOUNT]のボタンを押して登録完了です。

パスワード紛失時のサポートはないので最後に[Show me my password]をクリックし、自分のパスワードをもう一度確認してください。

[OK,take me to the dashboard]をクリックするとホーム画面へと進みます。

これにて登録作業は終了です。
ここからは使い方を詳しく見ていきましょう!

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の入出金方法

まず画面上の入金/出金をクリックします。
 

入金の場合、
”入金”をクリックします。入金したい通貨を選択します。
ウォレットアドレスが表示されますので、アドレスをコピーします。
送金元の取引所でアドレスを入力して送金します。

送金の場合
出金したいコインを選んで”出金”をクリックします。
入金も出金も同じ画面なので注意が必要です

CryptoBridge(クリプトブリッジ)のよくある質問

トラブルがあった時はどうしたらいいの?

トラブル時のサポートはメールからfreshdeskでの対応になります。
まずsupport@crypto-bridge.orgにメールを送信しましょう。

スマホは使えるの?

スマホで仮想通貨の購入などができる取引所もありますが、CryptoBridge(クリプトブリッジ)をスマホで確認すると仮想通貨の購入も保有通貨の確認も出来ませんでした。

サポートしていないブラウザとして扱われてしまうようです。現時点ではPCのみでの使用となります。

取引にスマホが使えるメリットの一つに、常に相場が確認できることが挙げられると思いますが、実は最近、仮想通貨資産の管理ができるスマホ用無料アプリ【CryptoFolio(クリプトフォリオ)】にCryptoBridge(クリプトブリッジ)が対応しました。

これにより、いま自分の保有している通貨がスマホから確認することができます。スマホといっても、Android、IOSの両方に対応していて、日本のアプリなので完全に日本語です。

最初に自分で持っている通貨を登録しなければなりませんが、複数の通貨を持っている方や、保有資産を日本円で確認したい方はスマホに入れて登録をしておくと便利なアプリだと思います。
 

アフィリエイトはあるの?

CryptoBridge(クリプトブリッジ)にアフィリエイトはありません。

変わりにCryptoBridge(クリプトブリッジ)独自の通貨BCO(ブリッジコイン)を保有して配当金をもらうステーキングがあります。

まとめ

最近、XPやBitZenyがモナコイン建てで買える取引所として知られてきているCryptoBridge(クリプトブリッジ)ですが、国産通貨の取引以外にもステーキングやボーナス付与など魅力がたくさんあります。

パスワードの紛失、流失時のサポートが受けられないので、パスワードの管理だけはしっかりしたいですね。

この先、仮想通貨の取引が増えるになるにつれ、その安全性が重視されます。

分散型取引所(DEX)という点においてもCryptoBridge(クリプトブリッジ)登録者数がどんどん増えているでしょう

これから先、CryptoBridge(クリプトブリッジ)、そしてBCO(ブリッジコイン)にも期待です!

ぜひこの機会に登録をしていみては?

今回説明したCryptoBridge(クリプトブリッジ)を利用するにはそこで通貨を購入できる基軸仮想通貨を国内取引所で購入をしておく必要があります。

そこでCryptoBridge(クリプトブリッジ)を利用する際に必要になる国内取引所のおすすめをご紹介!

おすすめはビットフライヤーとザイフとビットバンクです!
どれもCryptoBridge(クリプトブリッジ)で利用できるビットコインとイーサリアムとモナコインを購入できます!

それぞれに強みがあり、そのそれぞれの強みを利用するのがおすすめです!

ビットフライヤーは日本で最もユーザー数が多く、世界で最もセキュリティがしっかりしている取引所と評価された取引所です。
信頼して利用できるところなのでぜひ持っていないならこの機会に登録をおすすめします!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ザイフは日本で最もビットコインの手数料が安い取引所です!
ビットコインは取り引きすればするほどビットコインをもらえるというキャンペーンをしているので今のうちにタダでビットコインをもらってもいいですね!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットバンクは日本で最もアルトコインの手数料が安い取引所です!安いというかもはや手数料が0です!

トレード画面での購入になるので少々慣れていないと難しいかもしれませんが、そういった購入方法になれている人であるならビットバンクはお得ですのでぜひ口座開設をおすすめします!

Thumbbitbank(ビットバンク)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリット | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side