マスターノードとは?仮想通貨TRIGのマスターノードでAMMOが貰えると話題に!

仮想通貨TRIG公式TwitteからTRIGを1500枚保有しているとマスターノードを立てることができ、さらに別の仮想通貨AMMOが報酬として貰える、という仕組みが公式発表されました。この夢のようなマスターノードの仕組みについて調べてみました。

マスターノードとは?仮想通貨TRIGのマスターノードでAMMOが貰えると話題に!のイメージ

目次

  1. 1マスターノードとは?
  2. 2TRIGのマスターノードの仕組み
  3. 3TRIGのマスターノードになるためのウォレット公開はいつ?
  4. 4TRIGのマスターノードがtwitterでの凄いと話題に!
  5. 5仮想通貨TRIGの買い方
  6. 6今後のTRIGに注目
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

マスターノードとは?

マスターノードとは、株式配当のように仮想通貨の報酬が貰える仕組みです。

仮想通貨のTRIGを必要最低数を持っていれば、マスターノードになり、保有TRIGの応じてAMMOという仮想通貨をもらえるという。

ただ持っているだけでお金が勝手に入ってくる!

すごい情報ですよね!!

今回はそんな詐欺のように聞こえるほどおいしい話のマスターノードについて詳しく解説してい行きます!

仮想通貨TRIGの基本情報

TRIGは2010年10月10日に公開された仮想通貨です。

Trigger =「引き金」 の意。

アメリカのような銃社会では、子供が銃を乱射したり、盗まれた銃が犯罪に使われる事件が多発しています。

そのため、指紋認証や顔人認証を設定して、あらかじめ決まった人にしか作動しない「スマートガン」を導入し、誤発や犯罪を防止する動きがあります。

NASAやアメリカの国防総省などの政府機関で注目されているのが、「BLOCKSAFE」というスマートガンのグローバル防衛ネットワークを活用したプロジェクトです。

「BLOCKSAFE」は、スマートガンを使用する人の保護、データ管理と活用、AI(人工知能)の使用、医療面でのサポートや保険・訴訟を含んだシステムです。

TRIGはその「BLOCJKSAFE」に準拠した仮想通貨として注目を集めています。

TRIGはスマートガン管理のために開発された仮想通貨

TRIGは、そのスマートガンをブロックチェーンで安全に管理する「次世代防衛システム」プロジェクトのために作られた暗号通貨です。

ブロックチェーン技術を使えば、スマホで簡単に銃にロックをかけることも可能であり、悪用することが不可能になります。

マスターノードについて

「マスターノード」の「ノード」とは、P2Pのネットワークにつながっているコンピューターネットワークのこと。

ビットコインではすべてのノードは普通平等で、誰が誰に送金したかが分かるようになっており、送金してからブロックチェーンに確定されるまで10分程度の待ち時間があります。

マスターノードはビットコインネットワークでは存在していません。

しかし、仮想通貨の中にはすべてのノードが平等ではないものもあります。

匿名性の高さと送金の速さで注目されているアルトコインDASHは、ビットコインのブロックチェーンが1対1で誰が誰に送ったか分かるような仕組みになっているのに対し、複数対複数という仕組みで分かりづらくしており、送金もほぼ瞬間的に処理されます。

この匿名送金やインスタント送金を実現しているのが、マスターノードという存在です。

DASHのマスターノードは、1000DASHを持つこと、そして24時間サーバーを休みなく動作させる環境が必要になります。

サーバー管理の知識も必要で、環境を整える大変さや最初の1000DASH(1000万円ほど)を準備する必要があるという大変さがあります。

しかし、それをすることで1週間に約2DASH(約2万円)が入ってきます。その環境を保つだけで報酬が入ってくるのでマスターノードを作るメリットも高いのです。

しかし、1000万を集めるのはなかなか大変です。

そこでDASHよりも1/10の費用でマスターノードになれるTRIGに注目が集まっています。

1500TRIGは現在300万円くらいです。

1500TRIGでマスターノードになることで、TRIGブロックチェーンネットワーク上の情報管理でのトランザクションが生じた場合、手数料に使用される仮想通貨AMMOの一部がTRIGのマスターノードに入ってくるというものになります。

TRIGのマスターノードの仕組み

マスターノード発表以前のTRIGは・・・

マスターノード発表以前のTRIGは、どんな仮想通貨だったのでしょうか?

仮想通貨TRIGの価格が高騰!

開発後、長い間将来性があるにも関わらず安価な草コインとしての位置づけだったTRIGですが、2017年9月にTRIGの70%がBurn(発行元が仮想通貨を破棄して枚数を制限し、1枚あたりの価値を高騰させること)されるというニュースが流れ、一気にTRIGの価格が2倍に高騰しました。

その後、2017年12月29日には、TRIGが世界最大のBinance(バイナンス)に上場すると発表されました。

このBinanceは2017年7月にサービスを開始した中国のネット取引所で、半年間で仮想通貨取引量が世界1位になった大注目の取引所。

他にも多くの通貨がこの取引所に上場をされただけで価格を大きく上げています。

その後TRIGは、2017年12月29日の上場発表日のこの1日だけで価格が100%高騰しました。 しかし、2018年1月6日、TRIGの価格はBittrexからの上場廃止を受け、半分の価格に下落しました。

しかし、今後2つの新しい取引所に上場予定だとも発表されています。

TRIGは今回のマスターノードの発表や大手取引所への上場をふまえ2018年高騰への期待が高まっている仮想通貨です。

発表後の仕組み

発表されたマスターノードの仕組みは・・・
 

  • TRIGからTrigXへ名称変更
 
  • 新TrigXWalletに1500枚のTrigXをいれるとマスターノードを立てることが可能
 
  • マスターノードの報酬としては保有TRIGの25%のAMMOが毎月受け取れる


AMMOの価格はTrigXの25%に固定となっていたが、現在は市場のAMMO価格によります。

AMMO発行枚数は6000万枚あり、手に入れたAMMOは取引所で他の仮想通貨に交換もできます。

TRIGのマスターノードになるためのウォレット公開はいつ?

TRIGの公式ウォレットは2018年3月31日に発表される予定です。

公式ウオレットが開発されるまでの間、Indie squareやxcpウォレットが使用できます。

<Indie square>
スマホウォレットで、CounterPartyトークン用のウォレットです。

TRIG開発元のBlocksafe Alliance公認なので、かなり信頼できるウォレットです。

もちろん、TRIG以外の仮想通貨にも対応しています。


<xcpウォレット>
Google Chromeブラウザ用に開発されたウォレットです。

CounterPartyトークンをPCで管理するときに非常に簡単に使えるウォレットとして便利なウォレットです。

TRIGのマスターノードがtwitterでの凄いと話題に!

TRIGは価格が大きく上がり、さらにそれを一生無料でもらえるというマスターノードの情報の二つで大きくTwitter上で話題になりました!

仮想通貨TRIGの買い方

マスターノードになって何もしないでもお金をもらうようになるには、TRIGをまずは買わないとですね!
しかし、日本の取引所ではTRIGを取り扱っている取引所がありません。

TRIGを取り扱う海外取引所を利用する必要があります。
今回はTRIGを利用する取引所で最もおすすめのBinanceを利用したTRIGの購入方法を説明いたします。


①TRIG購入前に、まず、ビットコインを国内取引所から購入

②海外取引所へビットコインを送金(Binanceがおすすめ!)

③希望する通貨を購入

この3Stepが必要になります。
順に見ていきましょう!

国内取引所で仮想通貨ビットコインを購入

まず、取引所を持っていない人は口座開設をしましょう!

Zaif(ザイフ)やbitFlyer(ビットフライヤー)などの国内取引所の公式サイトにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。
 
アカウント作成後、メールに届いたURLあてに免許証などの本人確認書類の写メを送ります。
 
まだ口座開設をしていないのならZaif(ザイフ)とbitFlyer(ビットフライヤー)が特におすすめです!
それぞれのおすすめポイントはこちら!

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引すればするほどビットコインをもらえる日本一お得な取引所!

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量が日本一で取引所としてもユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

もしまだ持っていない取引所があったら多く持っていればそれだけリスクを分散できるのでぜひこの機会に複数の登録をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

登録取引所のアプリにログインし、日本円を入金し、購入画面がでてきたら「ビットコイン」をクリックし、数量を入力して購入し、TRIGを購入できるBinanceの口座に送金をします!

それぞれの購入方法や送金方法はこちら!

Thumbzaif(ザイフ)のウォレットの使い方!ビットコインとネムの送金方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)でのビットコイン購入方法・買い方・売り方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)でビットコインを送金する時間や手数料まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binanceに登録

Binanceは取り扱っている仮想通貨が100種類以上ある大手取引所です。

しかも取引手数料は0.1%と安価なところが魅力です。

基本的にメールアドレスとパスワードだけで無料登録でき、時間も1分程度しかかかりません。

身分証明書も必要ありません。
ただ、身分証明書を提出すれば、上限1日2BTCが100BTCになりより本格的に取引を楽しむことができます。

TRIG以外にも多くの将来有望な面白い通貨を多く取り扱っているBinanceでの口座開設はおすすめです!

Binanceの口座開設手順はこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binanceへビットコインを送金

続いて国内取引所からBinanceへビットコインを送金します!

Binanceの受け取りアドレスをコピーして、取引所の送金画面にアドレスを貼り付けます。

その後、急ぎであれば手数料を高めに設定をして送金をすることでBinanceの口座に早ければ10分程度でビットコインが送金されます。

この時大事なのは、Binanceの口座アドレスは必ずコピーをして貼り付けをするというフローを踏むことです!
もしもこのアドレスを間違った場合、そのお金は二度と戻ってきません。

Binanceで仮想通貨TRIGを購入

Binanceにログインし、「TRIG」を選び、価格と数量を入力して購入すればTRIGが手に入ります。

この後、マスターノードになるためにはTRIGのウォレットに入れる必要がありますので、購入をしておしまいだとは思わないようにしてください!

TRIGのマスターノード専用ウォレットはまだ開発中です。
それまでに1500TRIGを購入し準備をしておきましょう!

今後のTRIGに注目

仮想通貨TRIG、1TRIGが800円とすると、1AMMOはその25%の200円。

マスターノードになる最低保有数の1500TRIGを持ったとすると、その25%のAMMOは375AMMOが毎月入ってきます。
 
日本円に直すと、毎月56,250円の報酬が貰えることになります。
 
ただし、発行枚数や期間の限定があるため、かなりの争奪戦となること必至なので、今後手に入りづらくなることが予想されます。

予想されるTRIG高騰・・・、バブル高騰かもしれませんが・・・注目です。

TRIGについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Triggers(トリガー/TRIG)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

マスターノードと似て、持っていることで通貨が配当されるというPoSという承認方式を採用した通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Stratis(ストラティス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side