ビットコインのマイニングプールとは?概要・仕組み・シェアを解説!

ビットコインのマイニングプールとは一体何なのでしょうか?その概要や仕組みを説明し、市場シェアについても少し触れています。ビットコインのマイニングプールの仕組みをメインに、世界における市場シェアについても少しご覧になられて下さい。

ビットコインのマイニングプールとは?概要・仕組み・シェアを解説!のイメージ

目次

  1. 1ビットコインで稼ぐ方法のマイニングプールについて
  2. 2そもそもマイニングとは?
  3. 3マイニングプールとは?
  4. 4マイニングプールに参加する方法
  5. 5おすすめのマイニングプール
  6. 6マイニングプールの影響力
  7. 7マイニングプールの問題点
  8. 8まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインで稼ぐ方法のマイニングプールについて

最近テレビCMでの紹介もあり、一般的に知られるようになってきた投資ができるビットコインを始めとした仮想通貨。2017年はビットコインが急激な値上がりを見せて投資先として世間で注目を集めました。

また2018年は上の動画のCMをしていたコインチェックで史上最悪のハッキング事件が起こりました。
良くも悪くも注目を集めています。

この記事では、そんな注目を集めるビットコインで利益を得る投資ではない方法のマイニング、そのマイニングに必要なマイニングプールの概要や仕組み、影響力と市場シェアも含めて、簡単に説明していくことにします。

そもそもマイニングとは?

マイニングプールのマイニングとは?

ビットコインを手に入れることができるマイニングプールとは一言で言うと、複数でマイニングを行うコミュニティーです。

複数でマイニングを行うコミュニティーと言うと、「何それ?マイニングって何のこと?」と疑問に思われる人もたくさんいらっしゃることかと思います。

ビットコインを始めとする仮想通貨は、インターネット上で計算をしてビットコインのブロックチェーンを成り立たせその報酬としてビットコインをもらう一連の流れをマイニングと言います。

鉱業において、鉱山から地下資源である鉱物を掘り出していく作業を採掘と言いますが、この採掘をイメージして頂いたら分かりやすいかもしれません。
 

ビットコインにおける実際のマイニング

ビットコインを始めとした仮想通貨は、鉱業で鉱物を掘り出すような作業が、インターネット上で行われて、無形のコインとして現れます。

インターネット上でコインを採掘すための計算をパソコンがします。その採掘のための計算が終わると、その今までの取引は計算をしたという事実によって認証されていきます。

マイニングにとは具体的に言うとこのコインを採掘し、システムで暗号化し、取引の履歴を記録していく作業を指します

この仕組みをPoW(プルーフオブワーク)と言います。

誰がマイニングをするのか?

それではマイニングは一体誰が行っているのでしょうか?

鉱物であれば鉱物を掘り出す会社であり作業員(マイナー)が採掘します。

ビットコインのマイニングにおけるマイナーとはインターネット上の暗号化された取引の履歴を記録するシステムにアクセスできる人を指します

膨大な計算量とマイニングを専門にする人

マイニングには膨大な計算量が発生するので、その計算量に対処していくのに多くのコンピューターが必要になります。さらにコンピューターが計算のために多くの熱を発するためそれらを冷やす装置が必要となります。

それらを個人でするのはほとんど不可能に近いため、世界各地からマイニングのためにコンピューターの貸し出しをしてもよいという人々からコンピューターのGPUパワーを借ります。

それらを合算して計算をすることで、マイニングを専業にし、数億円もの投資をしているマイナーに負けないようになります。

Thumbビットコインマイニング(採掘)は儲かる!?利益・やり方などを徹底調査! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

マイニングプールとは?

マイニングプールが、複数でマイニングを行うコミュニティーであることは、マイニングの説明で触れました。

では、実際にどのような概要や仕組みで成り立っているのかを見ていきましょう。

マイニングプールの概要

マイニングプールはマイニングプールを運営するものとそこに参加をしてマイニングをするものとがそれぞれの役割を持って働きます。

マイニングプールマイナーと呼ばれるマイニングを行う人を集めて、その人たちのパソコンの能力を集めて、一つのマイニングをしている集団を作ります。

マイニングプールが鉱物を採掘する会社だとしたら、マイナーは実際に鉱物を採掘する作業員になります。


マイニングプールでは、マイナーが自信のパソコンの能力を使ってマイニングを行ったら、そのマイナーの労力に対しての対価として報酬を支払います。

作業員が会社から働いた分だけ給料を受け取る関係に似ています。

マイニング報酬はビットコインでもらいます。

マイニングプールでは一つ一つのマイナーのパソコンの能力では他のマイナーに勝てないところを、一つのマイニング集団としてまとめ上げて、実際のビットコインのマイニングの作業である、ビットコインの取引のデータをブロックチェーンと呼ばれるマイニングのために必要なシステム上の鎖のようなものに追加していくことを行います。

マイニングプールの仕組み

作業内容をさらに説明すると、マイナーがナンスと呼ばれる計算によって見つけることのできるデータを求める作業が行われます。

現在ナンスを求める計算作業を行う時は、ひたすらにデータを算出していかなければならず、効率的な方法がありません。ですので、非常に膨大な計算量になっており、世間で認知されている計算量が、数兆回以上になるという話です。

このように数兆回以上になる膨大な計算でナンスを求める作業をしているマイナーに、どのようにマイニングプールは報酬が支払われているのかというと、

マイニングプールでは、マイナーの計算量は、確率論のようなもので証明されています。

マイナーがナンスを求める時に、条件を満たすナンスと言うものがありますが、そのナンスを計算により求めまでに、条件を満たさないナンスにも数多く行きつきます。

条件を満たすナンスに行きつくまでに、どれだけ数多くのナンスに行きついたかの量は分かりますので、この量でマイナーの計算量が、確率論のようなもので証明されていくのです。

マイニングプールでは、それぞれのマイナーに対して、このような方法でそれぞれの労力が確かめられ、報酬が支払われていくのです。

2009年のマイニングと2010年のマイニング

ビットコインが発行された2009年頃、マイニングプールの概念はありましたが、実際は個人でマイニングをしている人が多かったです。

2010年になると、マイニングプールで初めてマイニングが成功した事例が出ました。

成功事例が出たことにより、マイニングプールは成功する確率が高いことが証明され、マイニングプールによってマイニングすることが通常になってきました。

ビットコインのマイニングプールのシェア

マイニングプールで、複数のマイナーによってマイニングが行われ、マイニングの計算量に応じてマイナーへそれぞれ報酬が支払われることは説明してきました。

では、世界にはどのくらいのビットコインのマイニングプールがあるのか見ていくことにします。

現在世界にはおよそ17~20くらいのビットコインのマイニングプールがあり、ブロックチェーンによってマイニングがどれだけうまくいっているのか成功のシェア率が公開されております。

ビットコインのマイニングプールの市場シェアの競争も激しいです。

現在マイニングをしようと思って、市場シェアが大きく上位にランキングされているビットコインのマイニングプールに投資したらよいと考えるかもしれません。

​​​​​​
しかし、実際にはそうとも言えないところもあり、市場シェアが大きいところより、マイニング報酬やその他の条件によって、日本語に対応しているビットコインのマイニングプールを選んだ方が投資するのによいかもしれません。

マイニングプールに参加する方法

マイニングプールに参加するメリット

ビットコインのマイニングプールに参加する場合、自分のパソコンにマイニングソフトをダウンロードしてマイニングプールに登録しマイニングをするという手順を踏みます。

詳しくはこちらで解説しています。

Thumbビットコインマイニング(採掘)は儲かる!?利益・やり方などを徹底調査! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインのマイニングプールに参加するメリットとしては、個人でマイニングするよりも、複数でマイニングをする分、報酬を獲得しやすくなる点があります。

ビットコインのマイニングプールでは、それぞれのマイナーがお互いに協力しマイニングを行い、くじ引きのような作業を分担して、マイニングの成功率を上げれるよう努めているのです。

これが個人であれば、計算能力の高い世界中のマイナーと戦うことになりほとんどマイニング報酬は望めないでしょう。

マイニングプールに参加するデメリット

ビットコインのマイニングプールに参加するメリットがある一方で、デメリットもあります。

それは複数でマイニング行う分、自分の報酬が少なくなってしまうという点です。

ビットコインのマイニングプールに参加する分、マイニングの成功率は上げりますが、反面、個人でマイニングを行うよりもマイニングに成功した時の報酬は少なくなってしまいます。

ビットコインのマイニングプールに参加するかしないかは、こういうメリットやデメリットを踏まえた上での、個人の判断になってくるかと思います。

おすすめのマイニングプール

Antpool

世界にあるビットコインのマイニングプールの中でも有名なのが、中国の半導体製造会社、Bitmain technologies Limitedが運営するAntpoolです。

マイニングのために開発されたAsic(application specific integrated circuit)というマイニングツールを使ってマイニングを行っていますが、このAsicは高い計算力を誇っているにも関わらず消費電力が少ないです。

Asicを使ってマイニングをすることで、大きなビットコインのマイニングプールシェアを獲得しているのです。

BitClubNetwork

表記が日本語に対応しており、日本人も出資しているビットコインのマイニングプールがBitClubNetworkです。このビットコインのマイニングプールへ一番出資しているのが日本人です。

カスタマーサポートは英語でされているものの、マイニングプール内でのサポートが日本語に対応しているようです。

運営は2014年に始まっており、マイニングシェアが安定感とストップしたことがない配当は日本人投資家には魅力的に映っているのでしょう。

マイニングプールの影響力

マイニングプールはビットコインの世界において大きな影響力を持っています。

日本国内で発行されている日本円では日本銀行が中央管理者なるものとして存在しますが、ビットコインを始めとする仮想通貨では日本円の日本銀行に当たる中央管理者の存在がありません。

この中央管理者の存在がないことでマイニングプールが影響力を持つことがあります。

ビットコインは重要な仕様の変更がある時に、日本銀行のような中央管理者の存在がないので、その変更はビットコインを利用している人々の全体的な合意があって実行されることになります。


この際に、ビットコインの取引の承認作業という重要な役割を果たしているマイニングプールなどのマイナーはビットコインのシステムへの発言力が強くなります。

この点において、マイニングプールは強い影響力をビットコインを利用している人々に与えているのです。

実際にビットコインがビットコインキャッシュと別れる前には、マイナー側(マイニングプールを含む)と開発者グループ、その他取引所などとのやり取りでマイナー側の発言力の強さが際立ちました。

マイニングプールの問題点

51%問題

強い影響力のあるビットコインのマイニングプールですが、懸念点として挙げられているのが、51%問題というものになります。これは2013年に「Ghash.io」と呼ばれるマイニングプールでの計算力が全体における50%を超えそうになったことで、より認知されました。

この51%問題はマイニングというビットコインの取引をつかさどる役割をする人間が、悪意を持っていたらという問題です。

つまり、取引の承認をするマイナーの一部が承認をするマイナーの過半数を取ったときに、取引の改ざんをして不正行為を働いたり、トランザクションの承認の妨害をすることができる問題です。

強い影響力のあるビットコインのマイニングプールですが、その影響力の強さの一方で、このような懸念点も存在しているのです。

この51%問題を解決するために最近ではPoSという方式で従来とは違うマイニングをしている通貨もあります。
仮想通貨第二位のイーサリアムはこのPoSを今後導入する予定となっています。
他にもPoSの通貨について知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Stratis(ストラティス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

まとめ

今回、ビットコインを始めとする仮想通貨で重要な役割を果たす

「マイニングプールとは一体どのようなものか?」

概要や仕組み、マイニングプールのもつ市場への影響力が、どのようになっているのか説明してきました。


個人でマイニングプールでのマイニングとは、そもそもどのようなものなのかわかっていただけたら幸いです。


また、マイニングプールが市場シェア多く持つことで、ビットコインにどのような影響力を持っているのかなども理解いただけたと思います。

今後のビットコインを考えるときマイニングプールの立ち位置がいかに重要かがわかったと思います。

マイニングプールを知り、今後のビットコインのニュースの理解を深めていってください。


ちなみに、もしも個人でマイニングをするとなると、それらで得た報酬のビットコインなどの仮想通貨はマイニングプール内のウォレットで管理をします。

しかし、コインチェックのハッキング事件でもありましたが、それらのウェブウォレットは常にハッキングの危険性を持っています。
それらの報酬で得た資産はハードウェアウォレットなどを活用して資産を安全に守ってください!

ハードウェアウォレットは最近盗むために改造をしたものが多く出回っているのでしっかりと公式のところから購入をしましょう!
そうでないとすべての資産を盗まれてしまします。

ここではおすすめのハードウェアウォレットのLedger Nano Sをおすすめしています!
アルトコインにも一番多くの種類に対応していて利用しやすく安全なハードウェアウォレットです!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbモナコイン(monacoin)のマイニング(採掘)のやり方と収益性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインマイニング(採掘)は儲かる!?利益・やり方などを徹底調査! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbイーサリアム(ETH)のマイニング方法とは?難易度と今後の可能性について | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbDMMが仮想通貨マイニング事業に参入!「DMMマイニングファーム」とは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side