コントラクトアドレスとは?送金できない場合の対応手順や対処法を解説!

ビットコインやイーサリアム(ETH)がコントラクトアドレスで送金できない時の対処とは?イーサリアム(ETH)をコントラクトアドレスで送金できない問題解消するMy Ether Wallet の開設方法や、My Ether Wallet利用の送金をご紹介します

コントラクトアドレスとは?送金できない場合の対応手順や対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1コントラクトアドレスとは?
  2. 2コントラクトアドレスに送金できない!とはどういうことか?
  3. 3ビットコインやイーサリアムを送金できない原因とは?
  4. 4よく利用される送金方法を解説!送金できない時はこの5つの送金方法(対処法)を!
  5. 5仮想通貨の送金に関するよくある質問
  6. 6まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

コントラクトアドレスとは?

仮想通貨の取り扱いをするうえで、1度は耳にするコントラクトアドレス。このコントラクトアドレスとは、いったいどんなもので、どのような仕組みのアドレスなのでしょうか?

コントラクトアドレスの開設とコントラクトアドレスで送金ができない問題に直面した時の対処方法をご紹介しますので、参考にご覧ください。

コントラクトアドレスについて

コントラクトアドレスとはいったい何のことでしょうか?
コントラクトアドレス直訳は(契約アドレス)です。

このコントラクトアドレスは契約内容の情報を書き記す記録のために使用されます。

仮想通貨のアドレスにはコントラクトアドレスと呼ばれる契約情報を入れるものと、通貨を送金したり受け取りしたりするアドレスに分かれます。

を送コントラクトアドレスは基本的に送受金するアドレスとは構造が違うものです。

たとえば、ブロックチェーンによって取引の履歴を管理しているビットコインの送金をする時と、ブロックチェーン上に様々な契約を乗せることができるイーサリアム上で契約を乗せるときは違うものなのです。

コントラクトアドレスに送金できない!とはどういうことか?

送信作業のあと、「宛先アドレスがコントラクトアドレスの為、送信ができませんでした」などのエラーが発生する場合があります。

コントラクトアドレスではどうして送信が完了できなかったのでしょうか?

これは上でコントラクトアドレスの性質についてご説明をした通り、送金をする際に利用するアドレスとコントラクトアドレスとは別のものなので、送金をコントラクトアドレスにしても受け取りができないのです。

ビットコインやイーサリアムを送金できない原因とは?

仮装通貨には種類によって、直接送金ができないものがあります。送金ができない理由には大きく分けて3つあります。3つの考えられる理由をご説明します。

送金できない理由1:アドレス違い

日本で一般的に利用されている取引所coincheck, bitflyer, zaifなどでもよくあることですが、発行された送金先がコントラクトアドレスや、間違ったアドレスのケースがあります。

コントラクトアドレスは、基本的に送金以外の情報に関する情報の履歴を記載したものです。
そのためコントラクトアドレスだけでは送金は完了しません。あらかじめ送り先のアドレスは確認しておきましょう

送金できない理由2:送金情報が反映されていない

coincheck, biflyer, zaifなどの大手の取引所でも送金のシステムは様々です。とくに高額を送金する場合は、セキュリティチェックのために時間を要しますので、送金の反映が遅くなる場合があります。

またシステム事態に不具合がおこって調査のための作業で時間がかかっていたりするケースも考えられます。

仮想通貨自体の流通がまだまだ早い段階では、システムをスムーズに管理するまでに時間がかかりますので、送金の反映にも一定時間で必ず反映されるという保証がありません。時間をおいて確認しましょう。

また、2018/2/6現在はコインチェックは送金のシステムが動いていない状態なので、取引所やウォレットサービスの状況にも送金されるかどうかは左右されます。

管理人”孝太”

(27)

日本の取引所はIPアドレス(普段利用しているネット環境と違うところ)から送金した場合、本人確認を別途電話やメールでするなどの時間がかかる場合があります。

セキュリティが高いのはいいことですが、そういったことでも送金ができないことが起きます。

送金できない理由3:送金過程でエラー

coincheck, bitflyer, zaifなど仮装通貨の送金方法は、各取引所によって手順や過程が異なります。
coincheckの場合の送金を例に挙げてご説明します。

送金方法(coincheckでビットコインを送金する場合)

①日本円でcoinckeckに入金する必要がある
クレジットカードなどでも入金はできますが、この際日本円で入金が必要です。

②最低金額を満たす必要がある
ビットコインを購入して送金の場合に最低金額が設定されています。この金額を満たしていない場合は送金ができないという結果になります。

③手数料
送金の際に、coincheck取引所に手数料を支払います。この金額は0でも構いませんが、高ければそれだけ処理を早くしてもらえるというシステムになっています。

この過程でエラーがでると送金ができない訳です。

よく利用される送金方法を解説!送金できない時はこの5つの送金方法(対処法)を!

仮装通貨の送金が完了できないというときは、ぜひここから説明するウォレットサービスからの送金をしてみてください!

以下の方法であれば送信ができるようになるでしょう!

1.My Ether Wallet の開設をして送金しよう

最近では、実際に現金やカードを持ち歩かず、インターネットのお財布を利用して、便利で安全なショッピングや支払いは一般化されてきています。
仮想通過の利用にあたってもこのお財布システムが確立されようとしています。

ビットコインに続いて2番目に時価総額が高いイーサリアム(ETH)では、My Ether Walletを開設することで、簡単に仮装通貨の送金が可能になります。

イーサリアム(ETH)の送金のみならずICOなどのに参入して新規仮想通貨の流通を始める場合にも、My Ether Walletに保管することができます。My Ether WalletとLedger Nano Sを併用して仮想通貨を保管しておけば、ハッキングに会う心配もなく、セキュリティ上も安全です。

My Ether Walletを安全に利用できるLedger Nano SはMy Ether Walletの利用以外でも様々なアルトコインで利用できるハードウェアウォレットですのでまだ持っていない人はぜひこの機会に購入をおすすめします!

最近はLedger Nano Sは偽物が多く出回っているために、公式サイトでの購入を必ずしてください!
Ledger Nano Sの公式販売サイトはこちら!

ではMy Ether Wallet開設の手順をご説明します。

My Ether Wallet開設手順1.

今回はLedger Nano Sを持っていない方がまず最初に作れるように最もスタンダードな作成方法を説明しますが、必ずLedger Nano Sを利用してのウォレット作成をおすすめします!

My Ether Walletのページのお財布の作成(NEW WALLET)をクリックするとこの画面が現れます。
右上の言語選択から日本語を選んで、手順通り進めていきます。

ここで設定することは真ん中の赤い枠にあるパスワードの設定。このパスワードはご自身が最低9文字以上の大文字小文字英数字をあわせたコンビネーションのものを作ります。最低10文字~15文字程度の推測が難しい個人の情報が好ましいでしょう。

複雑なパスワードはどこかに記録を残して、忘れた場合に確認ができるように準備しておくことも重要です。

My Ether Wallet開設手順2.

My Ether Wallet を実際に使うためにソフトをダウンロードします。その作業は真ん中の青い部分「ダウンロード」とかかれた場所をクリックしてコンピューターにダウンロードを開始します。

赤い丸で囲まれた「ファイルをダウンロード後クリックして先に進みます」とかかれた部分には、ダウンロードの同意に関する注意が記載されています。「このファイルを保存しなければMy Ether Walletを使用することができません。保存とバックアップをコンピューター以外の所に保管してください」と書かれた注意書きです。

ダウンロードが完了したら、この注意書きをクリックして先に進みます。

My Ether Wallet開設手順3.

ここでは秘密鍵と言われる暗証番号が表示されます。

この番号はMy Ether WAlletログインに必要になりますので、先ほどのログイン暗証番号と同様、記録して保管をしておきましょう。プリンターがあれば印刷をして保存することをお勧めします。最後に青のボタン「Next Save Address」sをクリックして完了です。

2.coincheckでの送金する方法

今回紹介するcoincheckは1/26に起きたハッキング事件によりほぼ全てのサービスがストップしています。
また、coincheckは安全性が高いとは言えません。
今回は利用者の方が多く、送金解除されたら送金をされる方が多いと考えられますので送金の方法を紹介いたします。


ここではcoincheckコインチェックを利用して仮装通貨を送金する方法をご説明します。

コインチェックで仮想通貨を送金する場合、ビットコインはもちろんですが、イーサリアム(ETH)をはじめとする多くのアルトコインの流通がありますので、送金アドレスをあらかじめ用意しておきましょう。

coincheck送金手順1.

まずはコインチェックcoincheckのウオレットをクリックして、左の帯のなかのコインを送るを選択します。

coincheck送金手順2.

送金をする際は、その送金先アドレスをコピーして送金先アドレスの欄にペーストをします。

送金をビットコインでする場合、割り当てられた宛先のアドレスをコピー&ペーストで記入します。

非常に長いアドレスですので、途中で切れずにコピー&ペーストできたかどうか必ず再確認しましょう。

これは送金する先のビットコインアドレスです。コントラクトアドレスではありませんので、画面上でしっかり確認します。
※イーサリアム(ETH)などの他の通貨を選択しても送金方法はおなじです

coincheck送金手順3.

宛先をペーストした後は、送金額と手数料を設定します。ご自身が保有するビットコインの総額はページの右肩と送金可能額(BTC)という枠に表示されます。

ここでは0.005が総額です。金額に0.004が表示されて、送金したい金額が0.004という表示が見て取れます。ここでは手数料の0.0005が総額から引かれることを想定して、0.004を送金する設定になっています。

宛先、送金額、手数料共に間違いがなければ送金するのボタンをクリックします。

coincheck送金手順4.

コインが送金されると、画面の下に完了の時間と手数料、送金額が完了記されています。これで送金作業は完了です。

3.bitflyerでの送金方法

ここではbitflyerビットフライヤーを利用して送金をする方法をご紹介します。

bitflyerは日本で最もユーザー数が多い取引所で、信頼できる取引所です!
まだ口座を持っていない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

bitflyer送金手順1.

ビットフライヤーbitflyerのホームページから左の帯の入出金を選択します。
画面の上部に並んでいるBTCご送付をクリックして送金内容を記入していきます。

bitflyer送金手順2.

ビットフライヤーbitflyerの場合は画面の上部の追加と書かれた枠にアドレスを記入します。

左にラベルとある空白にはご自身がわかりやすいタイトルや相手の名前などの目的を入れると思ってください。その右横には送金先のアドレスを記入します。

bitflyer送金手順3.

ここではすでに保存された宛先が選択され、ビットコイン送付を1BTCに設定されています。金額を入力すると右枠に自動で日本円に換算した数字が表示されます。同時に薄い青枠の中に、手数料と合計金額が表示され合計を確認することができます。

その枠のしたの優先度とは、どの程度早く送金したいかというスピード設定ができる選択肢で、早くなればなるほど手数料があがります。ここでは普通が選択されています。

合計金額、手数料、優先度ともに間違いがなければ、赤い送付するボタンをクリックして完了です。

4.zaifでの送金方法

ビットコインやモナコインを送金するなら取引所ザイフzaifの利用が簡単です。

ザイフzaifは銀行入金・コンビニ・ペイジーから入金方法が選択できます。また他の取引所と異なるのは、送金の手数料がかなりお得なことです。ザイフzaifを利用した送金方法についてご説明します。

ザイフは手数料が最も国内で安いところです。
大手の取引所で信頼もできる持っておきたい取引所です!

まだ持っていない人は複数持って分散して管理をしましょう!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

zaif送金手順1.

ザイフzaifのメインページから自身のアカウントのBTC出金をクリックして送金の画面を表示します。

zaif送金手順2.

ビットコインをザイフzaifのサイトから送金する場合は、一番上の出金アドレスに送金先のアドレスを記入します。次に送金金額を記入。出金の手数料はこの出金の画面に注釈がありますが、基本は手数料がすで設定されています。手数料を改めて記入する必要はありません。ほかの仮装通貨ではオプションがありませんので、すでにこの枠に記載されています。ビットコイン送金の場合に手数料が記入できる仕組みになっています。2段階トークンとは、セキュリティ強化のためにトークンと呼ばれる6桁の番号をあらかじめ設定している人は、その番号を入力します。

手数料参照

送金方法の手順の説明で、送金手数料についての言及をしましたが、参考までにどのくらいお得かご覧ください。

5.My Ether Wallet からイーサリアム(ETH)を送金する方法

My Ether Walletからイーサリアム(ETH)を送金する方法はいたって簡単です。

すでにMy Ether Walletの開設が完了している方は、ログインしてイーサリアム(ETH)送金作業に進みます。

まだMy Ether Walletの開設が完了してない方は、上記の開設方法を参考に作ってみてください。

イーサリアム(ETH)送金手順1.

My Ether Walletにログインをしたら、画面の上のEther/トークンの送出を選択します。

この時点でまたログインが必要となりますので、Keystoneファイル か 秘密鍵 どちらかをクリックします。

<Keystoneファイル>を選択した場合はご自身が設定したパスワードでログインします。
<秘密鍵>を選択した場合は、ファイルをダウンロードしたあとに与えられた秘密鍵でログインをします。

※My Ether Walletでは主に、ビットコインやイーサリアム(ETH)を保持しているユーザーが大半ですが、他のICO未確認仮想通貨なども合計として保管できるのが特徴です。My Ether Walletのサイト上でイーサリアム(ETH)以外も扱う為、保管される全仮想通貨をトークンという呼び方をしています。

イーサリアム(ETH)送金手順2.

ログインをすると、送金に必要な情報を記入する画面が現れます。

宛先アドレス:送金先のアドレス
送出数量:送りたい金額
ガスリミット:手数料(通常すでに設定があるので特に変更の必要はない)

※未公開通貨ICOなどの送金をイーサリアム(ETH)でする場合に、手数料を指定されるケースがあります。その場合はこのガスリミットに手数料を入力します。

※残高によっては、入力した金額はイーサリアム(ETH)と合わせた他の仮装通貨から算出されている場合もあります。

すべての情報に間違いがなければ、青いボタンのトランザクションを生成をクリック

イーサリアム(ETH)送金手順3.

トランザクションに必要な情報がコードとなって画面に現れます。トランザクションの送出をここでクリックして送金完了です。

イーサリアム(ETH)送信確認

イーサリアム(ETH)送信後、コントラクトアドレスに送ってエラーが出るなどの問題を回避するために、送信完了の確認もしておきましょう。確認方法は3つあります。

①TXトランザクション確認
送金直後に画面に出てくるトランザクション履歴を「Verity Transaction」という画面左下に現れるボタンをクリックすることで確認できます。

②Ether Scanで履歴確認
My Ether Wallet のトランザクション履歴をみれば、送金額、送金日時など詳細が記録されています。

③状況確認画面
「処理状況確認」というページがありますので、こちらの画面から現在の送金のステイタスが確認できます。

仮想通貨の送金に関するよくある質問

海外取引所に送るのはどうしたらいいの?

海外取引所にも仮装通貨を送金することは簡単にできます。手順をご紹介します。

①日本国内で通貨取引所の口座開設をする
代表として、bitflyer, zaifなど。

②海外の取引所のあつかう仮装通貨を調べる

ビットコインやイーサリアム(ETH)などが一般的ですが、取り扱い通貨の種類が異なる場合は送金ができません。またコントラクトアドレスでも送金できませんので合わせて確認が必要です。

おすすめ海外取引所

バイナンス:80以上もの通貨の取り扱いがあり、日本語にも対応
ビットレックス:200以上の通貨の取り扱いがあり、手数料が0.25%と安い
クラーケン:17種類の通貨の取り扱いと他に比べると少ないが、日本語に対応していてサイトが見やすい

自分が送金したい仮装通貨が海外の取引所でも扱いがあれば、送金は可能です。ただ、ビットコインは基本的に人気があり送金に非常に時間がかかることが予想されます。

イーサリアム(ETH)は比較的送金が容易ですので、海外取引所への送金はイーサリアム(ETH)で実施することをおすすめします。

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

まとめ

コントラクトアドレスに関連する「送金できない」という問題から、送信アドレスエラーを回避する仮想通貨送金方法までご紹介しました。

仮想通貨の流通はまだまだ成長と発展過程にあり、日々改新を続けています。

とくにサイトが英語で表示されているところも多く、コントラクトアドレスについての誤解や送信エラーは仮想通貨運用の過程で皆さん経験があるようです。

システムが完全に定着するまで、ハッキングのようなセキュリティの問題やそれに追随するシステム上の向上もこれから期待できるでしょう。日々進化する仮想通貨の世界ですので、最新の情報を入手していくことも必要ですね。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbデスクトップウォレットはおすすめと使い方!メリット・デメリットを紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインウォレットbitpay・copayの登録方法と使い方を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side