仮想通貨Golem(ゴーレム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説

仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴とチャートでの相場推移、取引所での購入方法についてまとめました。この記事を読めば、仮想通貨Golem(ゴーレム)がチャート上でどのような値動きになっているかがわかり、更に取引所での購入の仕方までわかります!

仮想通貨Golem(ゴーレム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Golem(ゴーレム)とは?
  2. 22016年に実施したICOで30分以内に完売したGolem(ゴーレム)
  3. 3仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴
  4. 4Golem(ゴーレム)のデメリット
  5. 5Golem(ゴーレム)の相場チャート・価格推移
  6. 6Golem(ゴーレム)が購入できるおすすめな取引所
  7. 7仮想通貨Golem(ゴーレム)の購入方法の手順
  8. 8Golem(ゴーレム)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨Golem(ゴーレム)のまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Golem(ゴーレム)とは?

仮想通貨Golem(ゴーレム)とは、ありとあらゆる所のコンピュータリソースを皆で共有できるようにする事を目的に開発され、2016年11月に誕生しました。

仮想通貨Golem(ゴーレム)の基盤になっているGolem(ゴーレム)のプラットフォームでは、どんなコンピュータでもスーパーコンピューター並みの計算能力を持つことができます。

今後仮想通貨Golem(ゴーレム)のプラットフォームに接続できれば、数十万もする高価なハイスペックパソコンを買わないで1万円のパソコンでもサクサク動くハイスペックパソコンになります!

そんな仮想通貨Golem(ゴーレム)の概要について、ご紹介しましょう!

仮想通貨Golem(ゴーレム)の概要

仮想通貨Golem(ゴーレム)の概要は、下記の表の通りになります。

  Golem(ゴーレム)
発行日 2016年11月
名称 Golem(GNT)
発行枚数 約10億枚
上限 約10億枚
開発者 不明
時価総額 約539億円(1/28現在)
価格 約64円(1/28現在)

仮想通貨Golem(ゴーレム)は発行枚数が約10億枚ほどになっており、発行枚数の上限も約10億枚に設定されています。これ以上通貨としてのゴーレム(GNT)を発行する予定が無いので、価値が希薄化する恐れは低いんですね。

仮想通貨Golem(ゴーレム)の基本情報

仮想通貨Golem(ゴーレム)は、時価総額ランキングで約100位以内にランクインしている仮想通貨です。

1月28日現在の時価総額ランキングでは60位にランクインし、時価総額の金額は約539億円になっています。

仮想通貨Golem(ゴーレム)では、アルゴリズムにPoW形式が使われており、同じ仮想通貨のイーサリアム(ETH)と同じ形式のアルゴリズムが採用されています。

ただ今後はイーサリアム(ETH)がPoS形式のアルゴリズムに移る事が計画されており、イーサリアム(ETH)と同じ形式のアルゴリズムであるGolem(ゴーレム)にも、何らかの変更が生じるかもしれません。

2016年に実施したICOで30分以内に完売したGolem(ゴーレム)

仮想通貨Golem(ゴーレム)は、2016年11月に実施されたICOで30分以内に完売してしまう程の売上を記録しており、投資家から非常に注目を集めている通貨になります。

2016年11月実施分のICOでは、約100億GNTと言う非常に大量の枚数だったにも関わらず、発売開始から約29分で完売。日本円に換算すると約80億円以上もの資金をICOで集める事に成功しました。

仮想通貨Golem(ゴーレム)は、このように投資家から人気の通貨になっています。

仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴

仮想通貨Golem(ゴーレム)には、どんな特徴があるのでしょうか。

Golem(ゴーレム)の特徴についてご紹介します。

2種類のユーザー

仮想通貨Golem(ゴーレム)のプラットフォームでは、「リクエスター」「プロパイダー」と言う2種類のユーザーがいます。

「リクエスター」とは、Golem(ゴーレム)のプラットフォームに接続されたコンピュータの能力を利用する立場の事を言い、コンピュータの能力を利用する対価として「プロパイダー」に通貨のゴーレム(GNT)を料金として支払う形になります。

反対に「プロパイダー」は、Golem(ゴーレム)のプラットフォームにコンピュータの能力を貸す立場の事を言い、コンピュータの能力を貸した対価として通貨のゴーレム(GNT)を報酬で受け取る形になります。

このように仮想通貨Golem(ゴーレム)のプラットフォームでは、コンピュータリソースを提供したり利用する仕組みが整えられています。

Golem(ゴーレム)の仕組み

Golem(ゴーレム)のプラットフォームでは、スペックに関係なくありとあらゆるコンピュータをGolem(ゴーレム)のプラットフォームに繋げる事で、コンピュータの処理能力を共有する仕組みが出来上がっています。

つまり、Golem(ゴーレム)のプラットフォームにある処理能力を使う事により、スーパーコンピュータに匹敵する能力を得る事が可能になっているのです。

Golem(ゴーレム)のプラットフォームに接続するコンピュータが多ければ多いほど、共有できる処理能力は更に向上していきますので、Golem(ゴーレム)の価値がますます上がるような仕組みにもなっています。

余ったコンピュータリソースの有効活用

Golem(ゴーレム)のプラットフォームに接続するコンピュータでは、接続するコンピュータの余りのリソースを有効活用してプラットフォーム内のコンピュータで共有する仕組みになっています。

これにより、眠らせていたコンピュータのリソースを足りない所のコンピュータリソースに振り分ける事が出来ますので、コンピュータリソースを効率的に活用できる特徴もあります。

誰でもソフトウェアの公開が可能

Golem(ゴーレム)のプラットフォームでは、どんな人でもソフトウェア等を公開できる点があります。プラットフォームのストアに開発したソフトウェアを掲載して、そのソフトウェアの利用者が現れると、報酬として使用料を受け取れるようになっています。

但し、ストアに掲載されるまでに利用者にとって為になるソフトウェアなのか、多くの利用が見込める内容のソフトウェアか、ソフトウェアにウイルスが入っていないのか等の審査がされますので、その審査が通過しないとストアに掲載される事はありません。

このようにGolem(ゴーレム)のプラットフォームは、どのような人でもソフトウェアが公開できる自由があるものの、厳重な審査を行い安全性についても担保されています。

ロードマップ

仮想通貨Golem(ゴーレム)のロードマップでは、4年に渡る長期計画のロードマップを作成しており、長期的にプロジェクトを進めている特徴があります。

仮想通貨のロードマップでは、1年や半年と言う短い期間のロードマップや、期間を定めていないロードマップがあります。

その点でGolem(ゴーレム)のロードマップは、実現性により重きを置いたロードマップになっており、開発陣が堅実な姿勢でプロジェクトを進めている点があります。

Golem(ゴーレム)のデメリット

仮想通貨Golem(ゴーレム)にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

Golem(ゴーレム)のデメリットについてご紹介します。

プライベートデータの使用は向いていない

Golem(ゴーレム)の一つ目のデメリットとして、プライベートデータの使用に向いていない点があります。

Golem(ゴーレム)のプラットフォームに接続するコンピュータでは、特にデータに関して厳しく区分けを行っている仕様ではない為、プロパイダー側がリクエスターのデータを閲覧する事も構造上は可能になっています。

その為、プライベートデータを処理する目的で利用すると、プライバシー情報が流れる恐れもあり、利用用途としてはおすすめ出来ない点があります。

不正プログラムの計算は不可能

Golem(ゴーレム)の二つ目のデメリットとして、不正プログラムの計算が不可能な点があります。

不正プログラムの計算に使われない仕様では良い点でもありますが、どんな利用用途でもGolem(ゴーレム)のプラットフォームにある処理能力を使える仕様ではない為、利用に制限がある点でデメリットになります。

Golem(ゴーレム)のプラットフォームにある処理能力を利用する時は、プラットフォーム以外のネットワークへの接続が不可能になる為、ボットネット攻撃を受けたコンピュータがGolem(ゴーレム)のプラットフォーム内の処理能力を利用する事は出来ません。

技術的ハードルの高さ

仮想通貨Golem(ゴーレム)の三つ目のデメリットとして、現在進行しているプロジェクトについて、技術的なハードルが高い点があります。

特にGolem(ゴーレム)のプラットフォーム上で、通貨ゴーレム(GNT)の決済が大幅に増加した場合、それに対応出来るだけのシステムを構築する必要があります。

また、Golem(ゴーレム)のプラットフォームに接続するコンピュータリソースについて、リクエスターに対して効率的にリソースを分ける体制が不十分な為、より良い体制へシステムを構築しなければならない点もあります。

このような理由から、Golem(ゴーレム)のプロジェクトが完遂するには技術的にも難易度が高い問題があるのです。

Golem(ゴーレム)の相場チャート・価格推移

仮想通貨ゴーレム(GNT)の相場チャート及び価格推移については、どのような動きになっているのでしょうか。

ゴーレム(GNT)の相場チャート及び価格推移について、詳しく解説して行きます!

2017年の年末の相場チャートで価格が高騰したゴーレム(GNT)

仮想通貨ゴーレム(GNT)は、2017年の年末にかけて相場チャート上は価格が大きく変動し、12月末頃の相場チャートでは12月初旬の相場チャートのおよそ2.5倍以上の価格まで高騰しました。

仮想通貨ゴーレム(GNT)の相場チャートが年末にかけて大きく変動した原因として、仮想通貨市場への新規参加者が急増した要因が挙げられます。

特に仮想通貨の代表格ビットコイン(BTC)が、12月の初旬に価格が200万円に到達した事によって世間から大きく注目を浴びるようになり、メディアでも仮想通貨の特集が組まれるほどのブームが巻き起こりました。

これによって仮想通貨相場に資金が大量に流入するようになり、相場では全体的にどの銘柄も価格が上昇する現象が発生しました。

その為、ゴーレム(GNT)も相場の需給が好調な影響を受け、12月のチャート上ではっきりとわかる程の価格高騰に繋がり、このような好況の状態が2018年の年始のチャートまで続いたものと思われます。

2018年の相場チャートでは価格が下落傾向のゴーレム(GNT)

2017年の年末の相場チャートでは好調だったアルトコインのゴーレム(GNT)ですが、2018年の相場チャートでは価格が下落傾向に入っています。

アルトコインのゴーレム(GNT)は、2018年1月2日の相場チャートで価格のピークに到達して以降は、1月10日の相場チャートまで価格が一定に近い状態で推移していました。

しかし、10日以降は相場チャート上の価格が下落傾向へ突入し、現在も価格の下落傾向が続いています。

アルトコインのゴーレム(GNT)が相場チャート上で下落傾向に入った要因として、仮想通貨相場全体で資金の流失が発生している事が考えられます。

特に1月に入ってから、世界的な仮想通貨に対する規制の報道がされるようになっており、この規制の動きを嫌った投資家が仮想通貨相場から資金を移す現象が発生しています。

この現象によってビットコイン(BTC)やリップル(XRP)等の主要通貨は大きく値を下げており、アルトコインのゴーレム(GNT)もこの影響を受け、チャート上の価格の下落に繋がった要因として考えられます。

Golem(ゴーレム)が購入できるおすすめな取引所

アルトコインのGolem(ゴーレム)が購入できるおすすめな取引所では、どのような取引所があるのでしょうか。

アルトコインのGolem(ゴーレム)を購入するのにおすすめな取引所についてご紹介します。

Poloniex(ポロニエックス)がGolem(ゴーレム)を購入するのにおすすめな取引所!

アルトコインのGolem(ゴーレム)を購入するのにおすすめな取引所は、海外取引所のPoloniex(ポロニエックス)になります。

アルトコインのGolem(ゴーレム)は現在国内取引所では取り扱い自体が行われておらず、海外取引所でしかGolem(ゴーレム)を購入する事が出来ません。

その為、海外取引所で一番利用者が多くて且つ、最大手の取引所でもあるPoloniex(ポロニエックス)を利用するのが、Golem(ゴーレム)の買い方として一番おすすめの買い方になります。

Poloniex(ポロニエックス)は、取引手数料及び送金手数料が他の仮想通貨取引所と比較しても安い水準にあり、致命的なハッキング被害も起きていない点があります。

この為、海外取引所でコストを抑えながら安全に取引を行うなら、Poloniex(ポロニエックス)でGolem(ゴーレム)を購入する使い方が一番おすすめになるのです。

仮想通貨Golem(ゴーレム)の購入方法の手順

仮想通貨Golem(ゴーレム)の購入方法については、どのような買い方になるのでしょうか。

Golem(ゴーレム)の買い方について詳しく解説します!

国内取引所にて日本円でビットコイン(BTC)を買う

まずGolem(ゴーレム)の買い方の始めの手順として、Golem(ゴーレム)を購入する為のビットコイン(BTC)を手に入れなければなりません。

ここではビットコインを購入するなら最もお得な国内取引所Zaif(ザイフ)を利用して、日本円でビットコイン(BTC)を購入する買い方について解説します。

もしまだZaif(ザイフ)の口座開設がまだの人はぜひ今のうちに口座開設をすることをおすすめします!

Zaif(ザイフ)でビットコイン(BTC)を購入する買い方は非常に簡単です。まずはZaif(ザイフ)での自身のアカウントへログインを行い、その後トップページの真ん中部分にあるBTCを買うと言う項目の「買い画面」をクリックします。

今度はビットコイン(BTC)の売買画面に入りますので、右側のBITCOINの買い価格の項目にある購入したいBITCOINの数量若しくは購入したい日本円の設定金額を入力します。

入力内容に問題が無ければ下部の「BITCOINを買うボタン」をクリックして下さい。

これでZaif(ザイフ)でビットコイン(BTC)を購入する買い方は完了です。

海外取引所の口座へビットコイン(BTC)を送金

続いて、国内取引所Zaif(ザイフ)でのビットコイン(BTC)の買い方で購入したビットコイン(BTC)について、海外取引所へ送金する方法についてご紹介します。

まずは画面右上にある「アカウント」の項目をクリックします。

続いて、下の方へスクロールすると入出金と履歴の項目がありますので、その中のビットコイン(BTC)のアイコンをクリックします。

するとビットコイン(BTC)の入出金と履歴と言うページに変わりますので、その中の出金と言う項目をクリックします。

ビットコイン(BTC)の送金画面に切り替わりますので、出金アドレスに海外取引所の入金アドレス、出金金額に送金するビットコイン(BTC)の数量、出金手数料にビットコイン(BTC)で支払う出金手数料を入力します。

2段階認証トークンでは、2段階認証用のアプリ等を開いてZaif(ザイフ)での6ケタの番号を入力します。

最後に入力内容に問題が無ければ、下部の出金ボタンをクリックして下さい。

これで海外取引所へビットコイン(BTC)を送金する手順は完了です。

Poloniex(ポロニエックス)でGolem(ゴーレム)を購入

Golem(ゴーレム)を購入する最後の手順として、海外取引所でGolem(ゴーレム)を購入する買い方について解説します。

今回は、海外取引所Poloniex(ポロニエックス)を利用したGolem(ゴーレム)の買い方について解説いたします!

まずPoloniex(ポロニエックス)の自身のアカウントへログインを行い、その次に画面左側上部メニューにある「EXCHANGE」をクリックします。

そうすると取引所のページに切り替わりますので、画面の右側にある「MARKETS」と言う項目の下にBTC、ETH、XMRのタグがあります。その中にある「BTC」のタグをクリックしましょう。

続いてBTCのタグ内にある取り扱い通貨の項目を下へスクロールすると、GNTの項目があります。このGNTの項目をクリックして下さい!

するとビットコイン(BTC)でGolem(ゴーレム)を購入する画面に移りますので、画面の真ん中ら辺へスクロールしましょう。ここからGolem(ゴーレム)の買い方の手順は最後になります。

画面の真ん中部分では、Golem(ゴーレム)を購入する項目になりますので、その中のPriceにGolem(ゴーレム)を購入したい価格を入力します。

そうすると、Amountに購入するGolem(ゴーレム)の数量、Totalにビットコイン(BTC)での購入金額が表示されます。

Amountの数量とTotalの金額に問題が無ければ、下部の「buy」ボタンをクリックして下さい。


これにて、Golem(ゴーレム)の買い方の手順は完了です。

moriguchi

(30)

仮想通貨Golem(ゴーレム)の買い方は、1回手続きを経験すれば簡単に購入する事が可能です。海外取引所で購入しなければいけない点から難易度が高いイメージがあるかもしれませんが、慣れてしまえば国内取引所で購入する感覚で楽に購入する事が出来ます!

Golem(ゴーレム)の今後の将来性

アルトコインGolem(ゴーレム)の今後の将来性では、今後どのような点があるのでしょうか。

Golem(ゴーレム)の今後について解説します。

今後ロードマップ通りに開発が進展すれば今後の将来は明るくなる?

Golem(ゴーレム)の今後の将来性については、今後Golem(ゴーレム)の開発が進展するか、公表したロードマップ通りに今後開発が進捗するかに掛かっているでしょう。

Golem(ゴーレム)は開発がまだ第一段階のままであり、全部で4段階ある開発フェーズの始めの部分の開発を現在行っています。

今後、Golem(ゴーレム)のプラットフォームで複雑な計算が実現できる第2フェーズ、プラットフォーム上の安全が高まる第3フェーズ、プラットフォーム上で多様な開発が実現出来る第4フェーズへと今後開発が進展するかは非常に大事なポイントです。

つまりGolem(ゴーレム)の今後の将来性は、開発が今後も進みGolem(ゴーレム)のプラットフォームの価値が高まるようになれば、Golem(ゴーレム)の今後の将来性はより明るくなると言えるのです。

仮想通貨Golem(ゴーレム)のまとめ

仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴とチャート、取引所での買い方や今後の将来性についてご紹介しました。

仮想通貨Golem(ゴーレム)はまだまだ開発が目白押しで、ポテンシャルを秘めている通貨ですので、Golem(ゴーレム)の今後に期待して投資を行うのは選択肢の一つになります。

もしもGolem(ゴーレム)に興味が湧いたなら、長期的な視点で投資を行う事をおすすめします!

また、アルトコインを投資するなら最近話題の通貨を多く取り扱っているバイナンスの口座開設がおすすめです!

Tron、Raiblocksなど将来有望な新しいアルトコインが多くあります!

バイナンスで扱っている将来有望なアルトコインの情報はこちら!

Thumb仮想通貨TRON(トロン/TRX)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

他の将来有望なアルトコイン情報を知りたい方はこちら

Thumb仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Steem(スチーム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨SALT(ソルト)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Stratis(ストラティス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side