仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所

仮想通貨HShare/Hcashは他の仮想通貨達をつなげるという壮大な通貨で今後取引所が不要になるかもしれません!HShare/Hcashの特徴、チャート、取引所での購入方法をご紹介!登録を再開したバイナンスでの購入がおすすめです。チャートは今後も注目です! 

仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所のイメージ

目次

  1. 1他の仮想通貨と繋がるアルトコイン、仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)
  2. 2仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?
  3. 3仮想通貨Hshare/Hcashの特徴
  4. 4Hshare/Hcashの相場チャート・価格推移
  5. 5Hshare/Hcashが購入できるおすすめ取引所
  6. 6Hshare/Hcashの購入方法の手順
  7. 7Hshare/Hcashのおすすめウォレット
  8. 8Hshare/Hcashの今後の将来性
  9. 9仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

他の仮想通貨と繋がるアルトコイン、仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)

仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)はご存じですか?

種類が豊富な仮想通貨を繋ぐ、重要な役割を担うかも知れないアルトコインなんです。

今回は仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)について以下の3点を見ていきましょう!
 

  • 仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)の特徴
 
  • 仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)の価格チャート
 
  • 仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)の取引所での購入方法と将来性

仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?

①仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の概要

発行日 2017年
アルゴリズム PoW+PoS
名称 HSR
上限 8400万HSR              
時価総額(2018/01/25現在) 約740億
時価総額ランキング 46位
現在価格 約1750円

②仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の基本情報

仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は時価総額ランキング46位のアルトコインです。

現在は「エイチシェア」という名前で上場していますが、2018年にプラットフォームが正式版で発表され次第(予定では2018年2月)に「エイチキャッシュ」という名前で統一されます。

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は種類豊富な仮想通貨を繋ぐ目的で生まれました。

そのため、ブロックチェーンを利用していますが、大きさを統一する必要がなく、他の仮想通貨のブロックチェーンの大きさに合わせられる、というのが大きな特徴でありメリットとなります。

また、他の仮想通貨に導入されている技術を多く取り入れています。仮想通貨HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)について、もう少しみていきましょう。

仮想通貨Hshare/Hcashの特徴

①あらゆる仮想通貨とつながるアルトコイン

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の目的は、他の仮想通貨と繋がり、仮想通貨の価格も情報も共有できるプラットフォームになることです。

この特徴は、支払特化の仮想通貨「TenX(テンエックス)」とも似ている特徴ですね。

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)にはメインのブロックチェーンに繋がる「サイドチェーン」があります。

このサイドチェーンはこの後紹介する技術により、ブロックの大きさを自由に設定することが可能になっています。これにより、ビットコインやさまざまなアルトコインと繋がることができます。

Thumb仮想通貨TenX(テンエックス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②有向非循環グラフ(DAG)

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の主な技術は「有向非循環グラフ(DAG)」です。サイドチェーンに導入されています。

有向非循環グラフ(DAG)は他の人が作成した「以前のデータを参考にブロックチェーンを繋ぐ」という技術です。初めから現在までの取引情報を読み出す従来の方法と違い、「以前のデータを参考にする」というだけなので、データ量がぐっと少なく済みます。

加えて、以前のデータを参考にするため、矛盾の起こる取引(ハッキングなど)を割り込ませません。セキュリティを保ったまま、高速で処理できることが大きなメリットになっています。

また、DAGは参考にするためブロック生成も行う必要がないため、ブロックの大きさもそろえる必要もありません。これがHShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の将来性に繋がっています。

この技術は秘匿性の高いByteball(バイトボール)、IoT技術で利用されるIOTA(アイオータ)にも使われている技術です。

Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方)・取引所を紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③PoWとPoSのハイブリッド型コンセンサスシステム

また、HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)はマイニングの承認アルゴリズムが「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」ハイブリット型です。

こちらはDecred(ディークレッド)という仮想通貨と似たシステムで、仕事量で報酬が変わるPoWと、仮想通貨の保有量や期間で報酬が変わるPoSの両方で報酬を受け取ることができます。

このハイブリット型により、マイニングを行うマイナーは報酬を平等に受け取りやすくなります。技術が高い人も、仕事量が低くても保有量が多い人も、もらえる可能性が高いということですね。

Thumb仮想通貨Decred(ディークレッド)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

④保有者に、Hcashの動向の決定権がある

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は投票システムがあります。こちらも仮想通貨Decred(ディークレッド)と似たシステムです。

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)が新しい技術を導入するときや、マイニングに参加する人を決めるとき、HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の保有者で投票して決めることができます。

導入したくない技術もユーザーが決められると言うことですね。HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は多くのユーザーが利用しやすいアルトコインとして進化しやすいシステムといえます。

Thumb仮想通貨Decred(ディークレッド)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

⑤ゼロ知識証明の導入

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)には「ゼロ知識証明」が導入されています。

承認として必要最低限の情報のみを利用し、送金された価格やデータなどは暗号化したままにする技術です。プライバシーを守るための技術ですね。こちらは同じく秘匿性を重視した「Zcash(ジーキャッシュ)」に導入されています。

送信者と受取者のみに、閲覧キーという閲覧権を手にすることができます。

Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

⑥転送速度や転送量に関係なく、無制限に転送

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は以前のデータのみを参考に送金する技術「DAG」と、必要最低限のデータで取引認証する「ゼロ証明」を行うため、数百テラバイト級のビックデータでも無制限に転送することができます。

中身が文字や画像、動画や音声など、複合された複雑なデータでも問題ありません。

どの仮想通貨とも繋がれるHShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)だからこそ必要な強みと言えます。HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の将来性として、大きな要因となることでしょう。

Hshare/Hcashの相場チャート・価格推移

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の特徴を見ていただいたところで、今度はHShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の価格チャートを見てみましょう。

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は2017年10月からのチャートになるため、あまりデータは多くありませんが、一番目立つのは12月11日頃の上昇ですね。1500円台から4000円台にまで上っています。

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)はロードマップによると、2月頃にHcashに統一することを予定しています。

現在Hshareのアルトコインを持っている方は、同額のHcashを受け取ることができますので、そのために事前購入しているのかと考えられます。

また、ブログですと「ベータ版テストのニュースを行った」というニュースを公開していますので、その期待値も相まって上昇したと予想されます。今後製品版がでるとまた大きく動くことでしょう。

Hshare/Hcashが購入できるおすすめ取引所

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の将来性は高いものであり、どのような価格変化やチャートの動きをするかまだ予想がつきません。

さきほどお話ししたとおり、ロードマップでは2月にHcashに統一され、HShareを保有している人は同額がうけとれます。今の内に購入しておきたいと感じる方も多いでしょう。

ここからはHShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の買い方をご紹介します。

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。

ですので、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になり、少々工夫が必要です。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、中国の大手取引所の「Binance(バイナンス)」「Houbi」があります。

今回は取引量が多いBinance(バイナンス)での購入方法をご紹介します。

Binance(バイナンス)はHcash以外にも、日本では手に入れられない将来有望なアルトコインを多く取り扱っている取引所です!

世界最大級の取引所で海外ですが、信頼できる取引所です!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Hshare/Hcashの購入方法の手順

それでは、HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。



今回は、国内取引所で最も手数料が安いザイフでビットコイン(BTC)を購入するパターンで解説します。

もしまだザイフの口座を持っていないなら、ビットコインを取引すればするほどビットコインをもらえるザイフはおすすめの取引所です!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

ザイフでのビットコインを購入~送金の手順を写真を利用して説明します。

まずはアカウントにログインをします。

その後、下の写真の①「取引」をクリックします。

取引画面になりましたら、②「BTC/JPY」になっていることを確認します!

ビットコインを購入する画面であることを確認して③でビットコインの購入をします。
今回は最もお得な取引方法である現物買いでの方法を説明します!

続いて購入画面を詳しく見ていきます。

ビットコインを今すぐ簡単に、そしてお得に購入をするには「成行」の注文をします。

普通の状態では指値注文になっていますのでした写真の赤枠の「成行」をクリックします!

成り行き注文では買いたい量を入れるだけで後は注文ボタンを押すだけで購入ができます。

その時の最もお得なレートで購入をしてくれますので、とても簡単でお得です。

②海外取引所の口座へビットコイン(BTC)を送金

ビットコインの購入ができたら次は送金です。

ザイフでの送金の方法の手順を説明していきます。

下の写真のようにまずは右上の①「アカウント」をクリックします。

その後、②「入出金と履歴」をクリックします。

そして、③ビットコインのロゴをクリックします。

ロゴをクリックできたら下の④「出金」をクリックします。

上の手順を踏んでから、画面を下にスクロールすると出金の画面になります。

出金画面では

  • 出金アドレス
 
  • 出金額(BTC)
 
  • 出金にかかる手数料

これらを入力します。

※この時出金先アドレスは必ずコピペで入力しましょう!
 もしもアドレスが間違っていたら一生返ってこなくなります。

③BinanceでHShare/Hcashを購入

Binance(バイナンス)にビットコインが送れたら、最後にBinance(バイナンス)の取引所でHShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とビットコインを交換しましょう!

Binance(バイナンス)はトップページからそのまま取引ができます。ログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の上部を「BTC」に切り替えます。

そして、すぐ下のボックス(画像では小さくて見えませんがムシメガネのマークが入っています)に「HSR」と入力しエンターで検索すると、下に「HSR/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「HSR/BTC」に切り替わり、②の購入、売却もHSR/BTCに切り替わります。

②の購入、売却を拡大するとこのようなデザインになっています。ビットコインで購入する場合は左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limit(ストップリミット)をつかうとより細かい取引を行うことができます。

Binance(バイナンス)は中国の大手の取引所で、取り扱いのアルトコインも約100種類以上と大変多くの仮想通貨を取り扱っています。

中国は仮想通貨の取引がとても盛んですので、取引量も多く非常に利用しやすい取引所となっています。

Binance(バイナンス)は新規登録者が多く、以前一時的に新規アカウントの登録を停止していたことがあるほどですので、アカウントだけでも作っておくと良いかも知れません。メールアドレス一つで完了します!

Hshare/Hcashのおすすめウォレット

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)は公式のウォレットがあります。

現在は送受信のみのウォレットですが、今後プラットフォームの正式版が発表されると、先ほどのような投票システムビットコインや他のアルトコインとの交換が可能となるかもしれません。スマートフォンでも利用が可能ですので、ぜひ利用してみて下さい。

Hshare/Hcashの今後の将来性

HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)は、現在多くある仮想通貨をひとまとめにできる便利な機能があるアルトコインです。

ロードマップには2月にHcashを配布後、製品版(ベータ版)の公開や、Byteball(バイトボール)との秘匿性を維持したままの通信を実装するようです。

今後HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)の共有性の高さを活かした、さまざまな仮想通貨との通信方法が生まれるかも知れません。HShare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)の将来性に期待しましょう!

仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)まとめ

Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)について、特徴とチャート、取引所での購入方法や将来性などお話ししましたが、いかがでしょうか?

Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)は介することで他の仮想通貨のプラットフォームを利用しやすくする、という目的が強いアルトコインです。

現在Byteball(バイトボール)との通信の実装を予定してますが、これはもしByteball(バイトボール)が高騰するニュースがあると、
Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)も必然的に価格が上がりやすくなるとということにも繋がるでしょう。

今後同じように仮想通貨が参加すると、
Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ/HSR)は投資としてもチャンスが多いアルトコインとなりそうです。今後に期待しましょう!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Decred(ディークレッド)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方)・取引所を紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side