ビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説!

仮想通貨を保管する方法にはいろいろありますが、その中でも安全性を認められているペーパウォレット! 今回はハードウォレットの一種であるペーパーウォレットのメリット・デメリット、作り方と注意点などをご紹介していきたいと思います。

ビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1ペーパーウォレットとは?   
  2. 2ペーパーウォレットのメリット 
  3. 3ペーパーウォレットのデメリット 
  4. 4ペーパーウォレットの作成方法と使い方
  5. 55.ペーパーウォレットの注意点
  6. 66.ペーパーウォレットのよくある質問
  7. 77.ビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ペーパーウォレットとは?   

ペーパーウォレットとは、仮想通貨を保管する方法の中の一つで、ビットコインアドレスや秘密キーを紙に印刷し保管するハードウォレットの一種です。
 

「最先端の技術を使うビットコインの最終的な保安手段が紙だなんて」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このペーパーウォレットは仮想通貨の情報をオンライン上ではなくオフラインで保管する方法を取っているので、非常に安全な保管方法だと言われているのです!

同じく安全と言われているハードウェアウォレットについてはこちらで解説!

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ペーパーウォレットのメリット 

ハッキングの恐れがない


ビットコインなどの仮想通貨を利用する中で一番の悩みとはずばり、ハッキングの恐れから自分のビットコインをどのように守るかということではないでしょうか?
 

ペーパーウォレットを利用すれば、「ビットコインなどの仮想通貨をハッキングされるかもしれない」という悩みを解決することができます。


ペーパーウォレットはビットコインなどの仮想通貨の情報を紙の状態でオンライン上に残すことなくオフラインで情報を保管するので、ハッキングという一番の不祥事を回避することができるのです。

コピーが簡単

ビットコインなど仮想通貨の情報が入っているペーパーウォレットには印刷やコピーの回数に制限がありません。

そのためビットコインなどのペーパーウォレットの一番のデメリットともいえる紛失のリスクを最小限に抑えることができます。

無料で利用できる

ハードウォレットはビットコインなどの仮想通貨を保管する方法の中でも安全性が高いと評価されています。ですが安全性が高い分、値段は安くはありません。
 

その点、ペーパーウォレットは利用に別途お金がかかりません。また、その性質上ピットコインなどの仮想通貨を安全に保管できるので安全性もばっちりです!

ペーパーウォレットのデメリット 

紛失すると復元することができない

ビットコインなどの仮想通貨の保管に利用されるペーパーウォレット。低コストで安全性もあり一見メリットしかないように見えますが、もちろんペーパーウォレットにもデメリットは存在します。
 

ビットコインなどのペーパーウォレットの一番のメリットはオンライン上に情報を残さず全ての情報をオフラインで保管することで安全性を確保できるということ。

しかしこれは
そのオフライン上でビットコインなどの仮想通貨の情報が記載されている用紙を無くしてしまえば安全性を確保できないことでもあります

また、ペーパーウォレットに記載されるビットコインなどの仮想通貨に関する情報は一度紛失してしまうと復元すること
ができません。

ですので、このような不祥事が起こらないよう、ビットコインなど仮想通貨の情報が入っているペーパウォレットの保管には十分注意しましょう!

 

盗難の恐れがある

ビットコインを初めとする仮想通貨の保管方法の一つであるペーパーウォレットはビットコインアドレスや秘密キーを印刷してオフラインで保管するもの。

ですので、保管に際してはとりわけ注意が必要になります。


ビットコインなどに用いられるペーパーウォレットは何分紙に印刷したものですので実際の貨幣と同様湿気、火気など物理的な被害に弱く、紛失や盗難の恐れを伴うからです。

前述の通りビットコインのペーパーウォレットが破損されたり紛失・盗難された場合は復元することができません。

ですのでこのような不祥事が起こらないよう保管には十分注意を払いましょう!

常用が難しい

ペーパーウォレットを利用しビットコインなどの仮想通貨を出金するときには、注意点ががあります。
 

ペーパウォレットはオフラインで保管できるのが一番のメリットですが、利用するときにはオンラインに接続する必要があるからです。
 

ペーパーウォレットを利用しビットコインなどの仮想通貨を出金するとき、使用者のパソコンがハッキングされていたら、秘密キーやパスワードを盗まれる恐れがあるということです。
 

ですので常時出金される場合はビットコインのペーパーウォレットを利用するには向いていないと言えるでしょう。

ペーパーウォレットの作成方法と使い方

これからはビットコインなどのペーパーウォレットの作り方についてご紹介していきたいと思います。

また、仮想通貨はそれぞれペーパーウォレットの作成方法が異なりますので、自分が利用する仮想通貨に合った作成方法を探してみましょう!

ビットコインのペーパーウォレットの作成方法

今回はビットコインのペーパーウォレットの作り方についてご紹介いたします。

今回はbitaddress.orgという世界でも最も利用されているサイトでの方法をご紹介します。

当ウェブサイトに接続すると上記のように表示されます。赤く表示されているところで言語を選択できます。

言語の設定が終わった後は赤く表示されているところの数値が100%になるまでマウスを動かしてください。マウスを動かすとマウスの軌跡に沿って緑の点が表示されます。

100%になると上記の画像のように画面がsingle walletに移り、ビットコインアドレスと秘密キーが表示されます。
次は赤く表示されている
paper walletをクリックします。こちらは追加パスワードを設定し安全性を高められるオプションになります。

赤く表示されているbip38 encrypt?にチェックを入れpassphrase欄に追加パスワードを設定します。

パスワード設定は必須項目ではありません。

しかしパスワードを設定しておくと万が一ペーパーウォレットを紛失したとしても利用の際にパスワードが必要となるため安全性を確保することができます。

ですので、ペーパーウォレットをより安全に利用されたい方は設定するようにしましょう。

パスワードを設定し終えると、黄色のビットコインのペーパーウォレットが上記の画像のように青い色に変わります。
 

最後に右上の赤く表示されているprintをクリックして、印刷を行えばビットコインのペーパーウォレットの作り方終了です!

イーサリアムのペーパーウォレットの作成方法

今回はイーサリアムのペーパーウォレットの作り方についてご紹介いたします。


イーサリアムのペーパーウォレットを作成するには最も利用がしやすく、世界中で利用されているマイイーサウォレット(MyEtherWallet)をおすすめします。

当ウェブサイトに接続すると上記のように表示されます。
 

サイトに接続したら赤く表示されているところでパスワード設定してください。ビットコインのペーパーウォレットとは違い、こちらは必須項目になります。


※パスワードは9文字以上に設定する必要があります。また、こちらのパスワードは絶対忘れないように注意してください!
 

パスワードの設定が終わったらcreate new walletをクリックしてください。

画面が上記のように変わりましたら赤く表示されているところをクリックし、utc/jsonファイルをダウンロードしてください。
 

※このファイルはウォレットを使用するときに必要なファイルですのでパックアップを取っておいてください!
 

ダウンロードが終わった後はi understand. continueをクリックしてください。

private keyとは秘密キーを意味します。これだけでも取引が可能になりますので他の人に見せないようにしましょう。
 

こちらを印刷してペーパーウォレットで保管したい場合は赤く表示されているprint paper walletをクリックしてください。

クリックすると、上記の ようにアドレスや秘密キーのQRコードを印刷できる画面が表示されます。
これを印刷すればイーサリアムのペーパーウォレットの作り方終了です。

リップルのペーパーウォレットの作成方法

今回はリップルのペーパーウォレットの作り方についてご紹介いたします。


今回はhttp://ripplepaperwallet.comというサイトを利用します

当ウェブサイトに接続すると上記のように表示されます。
 

リップルのペーパーウォレットの作り方は他のペーパーウォレットと違い細かい設定をしなくともペーパーウォレットを作成することができます。


赤く表示されているgenerate newをクリックするだけで、新しいアドレスや秘密キーを発給することができます。


これを印刷すればリップルのペーパーウォレットの作り方終了です


ただ、当サイトには印刷する機能がありません。別途コピーをとって印刷しましょう。

5.ペーパーウォレットの注意点

ビットコインなどの保管に用いられるペーパーウォレット。このペーパーウォレットはそれを利用する際に色んな注意点があります。ここからはその中でも特に注意すべき点を紹介していきたいと思います!

人目につかないところで保存する

前述の通りビットコインなどの仮想通貨の情報が入っているペーパーウォレットは紙に印刷して保管するので紛失や盗難の恐れがあります。
 

そういう不祥事を事前に防ぐためペーパーウォレットは他の人の目につかない、安全な場所に保管することにしましょう!

電子機器の中は故障のリスクがあるので保存しない

多くの方がビットコインのペーパーウォレットを保管する方法の一つとして、スマートフォンなどの電子機器に保管する方法を選択されています。
 

紙の状態で保管するより安全性があり紛失する恐れがないという認識からでしょう。ですが、電子機器は常に故障する可能性があります。つまり情報をなくすという大きいなリスクを伴うということです!


スマートフォンなどを利用してビットコインのペーパーウォレットを保管するのは確かに便利かもしれませんが、リスクがある方法は避けた方がベストでしょう。

6.ペーパーウォレットのよくある質問

ペーパーウォレットは使い捨て?

一つのペーパーウォレットを使い続けても大丈夫なのか?そんな疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。
 

ずばり言ってしまいますと、一度使った、オンライン上に秘密キーとパスワードの情報が露出されたペーパーウォレットはセキュリティのためにも使わない方が安全です!


もちろん、一度使ったとしてアドレスや秘密キーがなくなるわけではありませんが、オンライン上に情報を残さないというペーパウォレットのメリットがなくなってしまうからです!

ペーパウォレットの使い方

ペーパウォレットを作成はしたけれど、使い方が分からなくて利用できない方もいらっしゃると思います。
 

ですが、ペーパウォレットの使い方は非常に簡単!


紙に印刷された二つのQRコードの中でアドレスのQRコードを認識させるだけです!


ペーパウォレットを作成された方は一度ビットコインを送金してテストをしてみましょう!

7.ビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法まとめ

今回はビットコインを安全に保管する方法の一つであるペーパーウォレットのメリット・デメリットから使い方までご紹介いたしました。
 

ペーパウォレットは誰もが無料で利用でき、ハッキングという不祥事を避けることができる安全な方法です。


もちろん紛失・盗難、損失というデメリットはありますが、保管にだけ気を付ければ抜群の安全性を保障します!


無料で使い方も安い上、安全性も高いペーパウォレット!これを機にこのペーパーウォレットで仮想通貨を安全に守ってみるのはいかがでしょうか?

コインチェックのハッキング被害を経て、仮想通貨に投資している人はこうしたハッキングリスクが常につきまとっていることをしっかり覚えておいて、今回紹介したペーパーウォレットもしくはハードウェアウォレットなどを活用して資産を安全に守ってください!

ハードウェアウォレットは最近盗むために改造をしたものが多く出回っているのでしっかりと公式のところから購入をしましょう!
そうでないとすべての資産を盗まれてしまします。

ここではおすすめのハードウェアウォレットのLedger Nano Sをおすすめしています!
アルトコインにも一番多くの種類に対応していて利用しやすく安全なハードウェアウォレットです!

また、ビットコインなどの仮想通貨を購入する取引所も資金を分散してりようすることを強くおすすめします!

取引所で毎回仮想通貨取引を終えたら、資金を引き揚げて空っぽのままということは難しいと思いますので、一部はお金を置いておくことになると思います。

そんなときにもすべての資金が盗まれないように、しっかりと分散管理をしましょう!
国内で金融庁にも登録されて、しっかりと運営されている取引所でオススメは、

ビットコイン取引量日本一で最も信頼できる取引所のビットフライヤー

ビットコインを取引すればするほどビットコインをもらえる、大手取引所のザイフ

上場企業の子会社でFX取引に強いGMOコイン

アルトコインの手数料が安く初心者に人でも利益を出しやすいビットバンク

これらの4つがおすすめです!
まだ持っていない取引所があれば、いずれも無料で口座開設ができるのでこの機会にぜひ登録をおすすめします!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbコインチェックが計画倒産か?自作自演と語る元社員が内部告発!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side