bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスの変更点とは?

bitflyer(ビットフライヤー)では、2017年春から新しいアカウントクラスを導入しました。これまでの6種類あったbitflyer(ビットフライヤー)のアカウントクラスからどのように変更があったのか、各クラスの違いやアップグレード方法などをまとめました。

bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスの変更点とは?のイメージ

目次

  1. 1bitflyer(ビットフライヤー)を使うにはまずアカウント作成が必須!
  2. 2かつては6種類のアカウントクラスが存在していたbitflyer(ビットフライヤー)
  3. 32017年春からbitflyer(ビットフライヤー)で新アカウントクラスが導入!
  4. 4bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラス「ウォレットクラス」でできること
  5. 5bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラス2種類の違いとは?
  6. 6新アカウントクラス「ウォレットクラス」から「トレードクラス」にアップグレードするための方法は?
  7. 7bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラス「トレードクラス」でできること
  8. 8bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

bitflyer(ビットフライヤー)を使うにはまずアカウント作成が必須!

初心者から上級者まで、日本でも多くのユーザーが仮想通貨の取引に使用している国内最大手取引所のひとつが、bitflyer(ビットフライヤー)です。
bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨の売買や取引を行うにはまず、アカウントを作るために登録をしなければなりません。

bitflyer(ビットフライヤー)のアカウントは、メールアドレスだけで作成可能。しかも無料!
たった1分で作成できます!

▼bitflyer(ビットフライヤー)をさっそく作る▼

かつては6種類のアカウントクラスが存在していたbitflyer(ビットフライヤー)

bitflyer(ビットフライヤー)のアカウント制度にはいくつかの種類があり、その違いは「アカウントクラス」と呼ばれています。以前は、bitflyer(ビットフライヤー)のアカウントは6種類存在していました。

上の図のように、bitflyer(ビットフライヤー)でアカウントを作成した時点では「スタンバイクラス」からのスタートでした。その後アカウントクラスを上げていく条件としてbitflyer(ビットフライヤー)に携帯電話認証や本人確認書類の提出などを済ませると、エコノミークラスやプレミアムエコノミーなど段階的にアカウントがアップグレードされ、アカウントクラスが上がっていくという仕組みでした。

最終的には「ファーストクラス」という、アップグレード条件として招待状が必要なアカウントクラスが最上級クラスとなっていました。

2017年春からbitflyer(ビットフライヤー)で新アカウントクラスが導入!

従来6種類のアカウントクラスがあったbitflyer(ビットフライヤー)ですが、2017年春、アカウントクラスが変更となりました。

bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスでは、上の画像のように6種類から「ウォレットクラス」、「トレードクラス」の計2種類のアカウントクラスに変更となりました。
アカウントの名称だけではなく種類を減らしたことで、bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスは以前よりもシンプルで、わかりやすいものになっているのではないでしょうか。

bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラス「ウォレットクラス」でできること

bitflyer(ビットフライヤー)でアカウントを開設すると、全員が「ウォレットクラス」になります。
ウォレットクラスでは、その名の通り仮想通貨のウォレットを使用でき、仮想通貨の送金やビットコインを使った決済などが行えます。
ただし、仮想通貨の最大送付額・決済額は7日間で10万円までと限定されています。

この使用範囲を見ると、ウォレットクラスのままでは仮想通貨での決済や売買など、仮想通貨で得られるメリットを十分に感じられる使用条件ではないと感じる方は多いかと思います。

そこで、もうひとつのアカウントクラス「トレードクラス」が出てきます。当然ながら、ウォレットクラスとトレードクラスには大きな違いがあります。

bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラス2種類の違いとは?

bitflyer(ビットフライヤー)に登録をしてアカウントを作成した全員が、まずウォレットクラスからスタートします。このままでもbitflyer(ビットフライヤー)でビットコインの送付や決済はできるものの、仮想通貨の購入や売却はできません。

また、ビットコインの先物取引や現物取引、FXができるbitflyer lightningにおいても、ビットコイン先物である「Features」しか使用できません。

そして上の項目にもあるように、送付額と決済額は最大10万円までなので、大きな額の仮想通貨を送付または決済に使用する時には、不便が生じる可能性もあるでしょう。

新アカウントクラス「ウォレットクラス」から「トレードクラス」にアップグレードするための方法は?

bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスは2種類しかないので、一度アカウントクラスをアップグレードできれば、上のアカウントであるトレードクラスを利用することができます。

一般的に、bitflyer(ビットフライヤー)のような取引所でアカウントを作成する方は仮想通貨の売買を目的としているケースが多いので、アカウントを作成しウォレットクラスになった時点で、アップグレードをする必要が出てきます。

では、どのような方法でどのような条件を満たせばでウォレットクラスからトレードクラスにアカウントを変更できるのでしょうか。アカウントクラスの変更により、アップグレードの方法や条件も変更となっています。

新アカウントクラスでのアップグレードの方法で必要な条件は、以下のとおりです。

アカウントクラスをウォレットクラス→トレードクラスに変更するための条件

・本人情報の登録
・本人確認資料の提出
・お客様の取引目的などの確認
・転送不要の書留郵便の受取


つまり、以前のアカウントクラスで段階を踏んで行ってきた本人情報や本人確認を済ませれば、一気にトレードクラスに変更できるというわけです。
bitflyer(ビットフライヤー)のアカウントアップグレード方法はそれほどクリアするのが難しい条件でもありませんから、アップグレード方法としてはハードルも低いのではないでしょうか。

アカウントクラス変更の基本手順

bitflyer(ビットフライヤー)にログインをすると、画面右側にアカウント情報が表示されます。ウォレットクラスの状態では、以下のような表示があるはずです。

赤く囲んだ部分が、トレードクラスにアップグレードするために必要な項目です。

例として、最上部の「ご本人情報のご登録」をクリックすると以下のような画面が出ます。
このように、各項目をクリックすると入力画面が表示されるので、画面に従って本人情報を入力します。

その後、入力した住所宛てに送られてくる本人確認完了の書類を受け取れば、トレードクラスにアップグレードができます。

bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラス「トレードクラス」でできること

あくまでもメールアドレスを登録しただけという状態のウォレットクラスとは異なり、個人情報や本人確認を済ませてアカウントクラスをトレードクラスに変更をすると、bitflyer(ビットフライヤー)でできることの幅が広がります。

bitflyer(ビットフライヤー)の取引所を利用しての仮想通貨の購入

bitflyer(ビットフライヤー)のウォレットクラスでは、入金した日本円を使っての仮想通貨の購入ができません。それに対して、トレードクラスでは仮想通貨の購入と売却が可能となります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を取り扱う時は、まずは仮想通貨の購入を考えるかと思います。しかし、bitflyer(ビットフライヤー)ではウォレットクラスのままではそれができませんから、仮想通貨を購入したいのであれば、やはり新アカウントクラスのトレードクラスにアップグレードするべきといえます。

仮想通貨の送付・決済・売買金額の制限なし

bitflyer(ビットフライヤー)のウォレットクラスでは送付・決済額の上限が7日間で10万円までと定められていましたが、トレードクラスではこれらの期間や金額の制限がありません。ですから、大きな額のやり取りも可能となります。

bitflyer(ビットフライヤー)の旧アカウントクラスでは、最上級クラスであるファーストクラスのみが最大取引量の制限がなかったので、取引条件も以前よりアップしているといえるでしょう。

さらに、ウォレットクラスではできなかった仮想通貨の売買において、bitflyer(ビットフライヤー)のトレードクラスでは売買金額にも制限は設けられていません

仮想通貨取引歴1年

(24)

デイトレードのような短期での取引でも、長期で保有をするにしても、ビットコインを利用する上では、
制限がない方がよいと言えます。

少額でもデイトレーディングをしてると通算で結構な額をしているので結局制限はない方がいいです。
長期での保有でほとんどアカウントを利用しないという場合でも、急に送付や売買をしたくなったりすることがおきてしまうと困ることになります。(海外取引所に送付したくなったり、ICOに参加するためにイーサリアムがすぐに必要な時など!)

bitflyer(ビットフライヤー) lightningで現物・FX取引が可能

bitflyer(ビットフライヤー)のウォレットクラスでは先物取引のみ可能でしたが、トレードクラスにアップグレードをすると仮想通貨ビットコンとイーサリアムの現物取引、そして最大15倍までのレバレッジをきかせたFX取引ができるようになり、bitflyer(ビットフライヤー)が提供する「bitflyer(ビットフライヤー) lightning」をすべて利用することができます。

仮想通貨を使用してさまざまな取引が行える「bitflyer(ビットフライヤー) lightning」については、FXを中心にこちらでも詳しく解説されています。

Thumbbitflyer lightning(FX)の使い方・手数料を解説!【体験談あり】 | BtcFeed

bitflyer(ビットフライヤー)の新アカウントクラスまとめ

bitflyer(ビットフライヤー)でビットコインなどの仮想通貨をちょっと試しに持ってみたい、という方であれば、ウォレットクラスでも十分かもしれません。
ですが、ウォレットクラスは先述のようにできることに制限や条件が付けられているので、利用できるシーンも限定的です。

それに対し、bitflyer(ビットフライヤー)ではウォレットクラスからトレードクラスに変更するだけで、できることは大幅に増えます。トレードクラスでは仮想通貨の購入・売却をはじめとして、仮想通貨を使って利益を生み出せる可能性もあるトレードを行うことができるというメリットがあります。

bitflyer(ビットフライヤー)のトレードクラスへの変更方法は、以前のアカウントクラスでの最上級「ファーストクラス」のように招待状などが必要というわけでもありませんので、アカウント作成後にアップグレードをしてもよいでしょう。

せっかくbitflyer(ビットフライヤー)でアカウントを作って仮想通貨のやり取りをするなら、トレードクラスにアップグレードするのがオススメといえます。
 

トレードを早速始めるならビットフライヤー

ビットフライヤーについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ!
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)でビットコインを送金する時間や手数料まとめ!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side