仮想通貨AEON(イーオン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

スマートフォンで気軽にできる送金できる軽量化された仮想通貨がAEON(イーオン)です。AEON(イーオン)は国内では手に入らずチャートの動き、取引所、購入方法がわかりづらい!これから仮想通貨AEONの特徴チャートや購入方法、取引所、将来性などを紹介します。

仮想通貨AEON(イーオン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨AEON(イーオン)とは?
  2. 2仮想通貨AEON(イーオン)の特徴
  3. 3仮想通貨AEON(イーオン)とモネロとの相違点
  4. 4仮想通貨AEON(イーオン)の相場チャート
  5. 5仮想通貨AEON(イーオン)が購入できるおすすめ取引所
  6. 6仮想通貨AEON(イーオン)の購入手順
  7. 7仮想通貨AEON(イーオン)の将来性
  8. 8仮想通貨AEON(イーオン)のまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨AEON(イーオン)とは?

イオンと言ったらお買い物するところ、それとも英会話スクール…
今は仮想通貨AEON(イーオン)です。

「AEONはただの仮想通貨ではなく、ライフスタイルになる」と表明しています。

今やインターネットはスマートフォンやタブレット、UMPCなどの低電力、小容量化されたデバイスで接続されることが多くなっており、分散化されたビットコインなどの仮想通貨はゆっくりではあるけれど、徐々に私たちの日常生活の一部となり始めています。

だとしたら、誰もが、どこにいても、自分の持っているガジェットで気軽に購入、金銭授受ができたら…そんな時代を創造していく、それがAEON(イーオン)です。

仮想通貨AEONの概要

コイン種別 アルトコイン
通貨名 AEON
通貨略号 AEON
公開日 2015年6月6日
PoW Cryptonight-Lite
最大供給量 184,000,000
ブロックタイム 240秒
採掘難易度 各ブロックごと
国内取引所 なし
海外取引所 Bittrex,HitBTC,TradeOgre

仮想通貨AEON(イーオン)の基本情報

仮想通貨AEON(イーオン)は仮想通貨としては匿名性通貨の部類に入ります。

匿名性通貨と言えば有名なモネロ(Monero)、ジーキャッシュ(Zcash)、ダッシュ(Dash)がありますが、これらと仮想通貨AEON(イーオン)の違いは手軽に使える「軽量版」という特徴です。

ビットコインでも問題になっていますが、送金が遅いことは多くの仮想通貨の課題となっています。

AEON(イーオン)はその問題を解決するという仮想通貨です!

今の課題を解決するための通貨ということで、注目が集まりましたが、最新のチャートを見ると他の仮想通貨と同じように2018年1月の前半大きな盛り上がりを見せましたが、また小康状態に戻ってきてしまったという感じは否めません。

ですが日本国内でもビットコインの送金遅延問題は話題になっており、AEONのような軽量でさらに匿名性の高い仮想通貨がもてはやされる可能性はあります。

現在は仮想通貨ランキングでは215位~220位くらいを推移していますので、買いやすい通貨と言えるでしょう。

仮想通貨AEON(イーオン)の特徴

仮想通貨のAEONは軽量化し将来性の高いCryptoNoteという匿名化技術を利用したアルトコインです!

仮想通貨AEON(イーオン)は先ほども書きましたが匿名性アルトコインのひとつで、モネロのように軽量化を図ったアルゴリズムを採用した仮想通貨です。

それだけではなく仮想通貨AEONはライトコインが「ビットコインが金ならばライトコインは銀」というように、モネロとの違いを明確にして、より軽量化、匿名性を高めるなど使いやすい仮想通貨を目指しています。

モネロは匿名性が高いので、企業などのニーズが高いと言われていますが、AEON(イーオン)はモバイルなどの小さなCPUでも使えるように個人が自由に使うために作られたとも言え、将来性の高さがうかがえます。

それでは、どんな特徴があるのかどこで購入できるのか、チャートは?など詳しく検証していきます。

その1 リング署名

AEONで使用しているプロトコル、CryptoNoteはモネロの前身であるBytecoinの問題点を改善してスタートさせたプロトコルです。

特徴としてはワンタイムリング署名がベースになっていること。
 

まず取引の際には署名というシステムがあり、必ずプライペートキー(個人)とパブリックキー(公開)を用いるため、取引に個人が特定されてしまいます。

リング署名はパブリックキーを複数の人とまとめて利用する方法です。こうすることで匿名性が高まります。また各々同じグループで取引をしているわけではないので、また別のグループに入ることでより匿名性が高くなるのです。
 

ワンタイムキーは一度しか使えないキーでそれをトランザクション時ではなく出力時にリング署名とミックスして行うので、第三者や他の送金者がいなくても1人でも匿名送金が可能になっています。

なおかつAEONはアルゴリズムにCryptonight-Liteを導入しているのでより早い作業ができます

その2 安全性

それぞれのトランザクションは堅強な暗号で保護され、世界的に開かれたP2Pネットワークで供給しています。

その3 プライバシー保護

AEON(イーオン)ではデフォルト機能で暗号化システムを利用して取引を行っているので、ブロックチェーン上に利用者の情報が開示されることはありません。

その4 追跡不可

軽量型アルトコイン「モネロ」同様ワンタイムリング署名を使用しているので、他者がトランザクションの追跡をしようとしてもまず不可能です。リング署名はブロックチェーン解析でも出送金が行われたかどうか判別できないのです。

仮想通貨AEON(イーオン)とモネロとの相違点

AEON(イーオン)はモネロと同じ匿名性アルトコインですが、少々モネロをよくしたものと言えます。

匿名性アルトコインと言えばまず「モネロ」というイメージが強いのですが、AEON(イーオン)はモネロとは違う特徴を打ち出しています。

どういった違いがあるのでしょうか。AEON(イーオン)とモネロを比較して、いかにAEON(イーオン)が優れているか検証してみます。

1.将来性を見据えた軽量化モバイル仕様の快適性

JavaScriptをコードの塊で編集できる1MBのスクラッチバッドを使用しています。

従来の通貨と違って編集がよりしやすくなり、モバイルでもノートでもデスクトップと並ぶスムースで迅速な作業を実現しました。

快適な環境での送受信でこれからのモバイル時代に将来性の高い最適なアルトコインとなるでしょう。

2.さらに軽量化されたPoWを採用

AEON(イーオン)で採用しているPoWはモネロが使っている軽量型CryptoNoteではなくさらに軽量化された将来性の高いPoWのCryptoNote Liteです。

従来型からさらに早い作業の証明を取得することができます。これにより場所や時間を気にすることなくスムースにスマートなアルトコイン取引ができます。

3.スケーラビリティ問題を解決する!ブロックチェーンのプルーニング

プルーニングとは刈り取りのこと。膨大な情報量のブロックチェーンをそのままではスマートフォンやタブレットではすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

ブロックチェーンをプルーニング(刈り取り)することで容量の限られたスマートフォンやタブレットなどのデバイスの中でコンパクトに収めておくことができます。
 

この機能にはもうひとつの利点があります。それは長期にわたる攻撃を抑えることができ、匿名性を高めることができるということ。

つまりAEONは長く使っていても安心安全で使える仮想通貨と言えます。これも将来性の高い機能です。

 

4.4分のブロックタイムで素早い同期

「軽量化されていないCryptoNoteを使った仮想通貨」とAEON(イーオン)のCryptoNote-Liteと比較してみました。

CryptoNoteを使った仮想通貨は高い認証があるので、その分孤立ブロックを産み出しやすくなってしまいます。そうなるとどうしても同期に時間がかかることになります。
 

AEON(イーオン)は「4分ブロックタイム制」を採用しており、同期する時間を4分の1に短縮ことができました。

またAEON(イーオン)の軽量型プルーフオブワークと一緒に作業することで、同期時間はさらに短縮できるので実際にモバイルで使うときにはCryptoNoteを使った仮想通貨よりも10倍以上も早く取引ができます。軽量化と速さで将来性が高い仮想通貨、アルトコインのAEON(イーオン)です。

5.選べるオプション

他のCryptoNoteを使った仮想通貨のようにAEON(イーオン)も支払いに関しては通常は匿名化となっていますので問題なく使えます

オプションがなければそれしか利用できないわけですが、AEONには匿名じゃない送金ができるというオプションがあります。
 

例えば普通の支払だとか通貨交換など匿名にする必要がそんなにないと思う人にはトランスファー追跡可能プランを選ぶことができます。

つまり、匿名性が高い通常のプランか匿名性が低くなるが低コストになるプランがあります。

仮想通貨AEON(イーオン)の相場チャート

2015年8月に取引開始されたAEON(イーオン)の価格チャートがどのように推移していったか、また今後を占うためにもチャートを見てみましょう。

取引開始日:2015年8月4日
直近価格:4.56$
最高値:7.15$(2018年1月5日)

取引開始からしばらく1$以下の低い価格で低迷を続けてきました。2017年1月に高値をつけてから1$代をキープ、大きく乱高下もありませんでした。

2017年10月に2.88$まで価格を上げ高騰しましたが、11月の仮想通貨全体の価格暴落の波を受けてAEON(イーオン)も価格チャートは右肩下がりです。

ですが、2018年に入り徐々に価格チャートは上向きになってきているので、この気配に期待したいです。

仮想通貨AEON(イーオン)が購入できるおすすめ取引所

残念ながら日本では取引所がありません

現在のところ海外の取引所でBittrexHitBTC,TradeOgreの3ヶ所のみとなっています。

少し手間取ってしまいますが、日本でザイフなどでビットコインを購入し、BittrexHitBTCTradeOgreで情報登録して購入する、という流れになります。

チャートなどで価格はどの取引所でもチェック可能ですが、登録が簡単にできる取引所をご紹介します。

仮想通貨AEON(イーオン)の購入手順

今から仮想通貨を始めるという人にとっては、AEON(イーオン)は日本に取引所がないので、登録など他の仮想通貨よりもひと手間多くなってしまいますが、まず日本で仮想通貨を買うところから説明していきます。

日本の仮想通貨取引所でおすすめはザイフです!

ザイフはアルトコインを購入するのに必要になるビットコインの手数料が日本で最も安い取引所です!

まだ持っていない人はぜひこれからアルトコインを購入することも考えても登録をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で日本円でビットコインを購入する

ザイフでのビットコインを購入~送金の手順を写真を利用して説明します。

まずはアカウントにログインをします。

その後、下の写真の①「取引」をクリックします。

取引画面になりましたら、②「BTC/JPY」になっていることを確認します!

ビットコインを購入する画面であることを確認して③でビットコインの購入をします。
今回は最もお得な取引方法である現物買いでの方法を説明します!

続いて購入画面を詳しく見ていきます。

ビットコインを今すぐ簡単に、そしてお得に購入をするには「成行」の注文をします。

普通の状態では指値注文になっていますのでした写真の赤枠の「成行」をクリックします!

成り行き注文では買いたい量を入れるだけで後は注文ボタンを押すだけで購入ができます。

その時の最もお得なレートで購入をしてくれますので、とても簡単でお得です。

海外の取引口座へビットコインを送金して購入

ビットコインを購入できたら、ビットコインを海外取引講座へ送金します。

AEON(イーオン)はBittrex、HitBTCもしくはTradeOrgeという海外取引所でしか取扱がありません。これらの3つの海外取引所中でも比較的登録が簡単な"HitBIC"をご紹介します。

海外取引所”HitBTC”を利用してAEONを購入する




 

HitBTCは海外取引所では世界8位。そして多くのアルトコイン、ペアリングを取り扱っている取引所です。登録が比較的簡単です。表示や価格も見やすくなっています。

将来性が高くまだ価格が安い通貨を多く扱っているため、今後色々な通貨を買うことを考えているのならぜひ登録しておきたい取引所です。

海外取引所"HitBTC"に登録する

まずHitBTCに情報を登録します。

トップページにある"Register"のアイコンをクリックしても画面にあるEmail、Passwordの欄でも同じですので、使っているメールアドレスと任意のパスワードを入力後、私はロボットではありませんの四角枠をクリックすると利用規約をクリックするとメールアドレスに登録用のアドレスが送られてきます。

このアドレスをクリックしないと登録にならないので、必ずメールアドレスをチェックしてください。

チェックすると、またログイン画面になるので、"Sign in"もしくはメールアドレスとパスワードの入力画面、どちらでも。 

取引するためには入金してください(英語)のポップアップ画面が出てきますが、「×」で消しておきます。

海外取引所"HitBTC"の2段階承認を設定

次に2段階承認の設定をしておきます。画面右上の歯車のマーク(setting=設定)をクリック。

"Security"(セキュリティー)をクリック、QRコードをスマートフォンで読み込み、スマートフォンに送られてきた6桁の数字を入力して"Confirm"(確認)をクリック、画面にでてきたバックアップコードを控えておくこと。

2段階承認のコードを生成するアプリが画面に出てきているので、予めダウンロードしておくと早く作業が進みます。

海外取引所"HitBTC"への入金して購入

入金方法は、画面の上にある"Deposit"もしくは"Account"をクリックします。

ビットコインの"Deposit"をクリックするとビットコインアドレスが表示されるので"Copy"をクリックしてコピーします。

価格を確認し、送金元の宛先にペーストして送金します。またQRコードを使っても送金できます。

仮想通貨AEON(イーオン)の将来性

仮想通貨のAEONは結局どんな強みがあるかというと、

 
  • プライバシーの保護の観点をしっかりと抑えた仮想通貨
   
  • 送金スピードが速くちょっとした支払いなど普段の生活にも使える
 
  • 軽量化された仮想通貨でモネロなどより利用しやすい


軽量化、匿名性などこれから注目されていくはずの将来性のあるアルトコインです

仮想通貨AEON(イーオン)のまとめ

仮想通貨AEON(イーオン)は軽量化アルトコインのモネロよりもさらに軽量化を図った仮想通貨セキュリティーの高さ、プライバシー保護を強化したこれからの時代の流行に乗った仮想通貨と言えるでしょう。

まだ価格が安いので少しでも興味があればちょっとだけでも投資をしてみてもいいかもしれません。

取引所が海外だけですので、英語が苦手な人にはちょっとハードルが高いかもしれませんが、難しい単語はありませんので、ぜひトライしてみてください。

最後に余談ですが、AEONってギリシャ語で「永遠」という意味です。

他にもまだ価格が安い通貨に投資をしようと考えているのならぜひ今のうちに色んな取引所の登録をするのをおすすめします!
今回見たHitbtcもおすすめですし、他にもバイナンスもおすすめです!

ぜひこの機会に登録をしておいて色々な通貨を見ていきましょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ/DGD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Dent(デント)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Nav Coin(ナブコイン/NAV)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side