仮想通貨NXT(ネクスト)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説

仮想通貨NXT(ネクスト)はビットコインから進化したアルトコイン? 仮想通貨NXT(ネクスト)の特徴とチャート、取引所での購入方法をご紹介します。NXT(ネクスト)なら暗号通貨も作れます! 取引所での購入はチャートが伸び始めの今のうち!

仮想通貨NXT(ネクスト)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説のイメージ

目次

  1. 1多機能なアルトコインの仮想通貨NXT(ネクスト)
  2. 2仮想通貨NXT(ネクスト)とは?
  3. 3仮想通貨NXTの特徴
  4. 4NXTとArdorの違い
  5. 5NXTの相場チャート・価格推移
  6. 6NXTが購入できるおすすめ取引所
  7. 7NXTの購入方法の手順
  8. 8NXTの今後の将来性
  9. 9仮想通貨NXT(ネクスト)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

多機能なアルトコインの仮想通貨NXT(ネクスト)

暗号通貨NXT(ネクスト)はご存じですか? ビットコインを改良したアルトコインの一つですが、とても便利な特徴をたくさん備えたアルトコインなのです。

今回は暗号通貨NXT(ネクスト)について以下の3点を中心に説明をしていきます!

 

  • 仮想通貨NXT(ネクスト)の特徴
 
  • 仮想通貨NXT(ネクスト)の価格チャートと将来性
 
  • 仮想通貨NXT(ネクスト)の取引所での購入方法

仮想通貨NXT(ネクスト)とは?

①仮想通貨NXT(ネクスト)の概要

発行日 2013年11月
アルゴリズム Proof of Stake
名称 NXT
上限 10億NXT
送信時間
(ブロック生成時間)
約1分
時価総額(2018/01/23現在) 約400億円
時価総額ランキング 76位
現在価格 約40円

②仮想通貨NXT(ネクスト)の基本情報

仮想通貨NXT(ネクスト)は時価総額ランキング76位に位置付くアルトコインです。

ビットコインが生まれた後「ビットコイン2.0」と呼ばれる、ビットコインに通貨以外の機能を付けたプラットフォームの開発が行われ、その一つとして仮想通貨NXT(ネクスト)が生まれました。

そのため、ビットコインの基本的な仕組みを受け継ぎつつ、投票や取引そのものを行えるなど、NXT(ネクスト)ならビットコインより柔軟で多機能なプラットフォームを利用することができます。

プラットフォームとして使える通貨は今年は注目です!
その中でも特に有名なもので言うとやはりイーサリアムですね!

イーサリアムについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアムは多くの日本の取引所で取り扱われていますが、イーサリアムを欲しいと思う人にオススメなのはザイフです!

最も手数料が安く、安定して売買ができる安心の取引所です!

最近は人気が殺到し、取引ができるまで少々時間がかかってしまいます!
まだ持っていない人は今のうちに登録がおすすめです!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨NXTの特徴

①多機能なプラットフォーム

NXT(ネクスト)はブロックチェーン技術によってセキュリティを非常に高い状態で取引記録を残しつつ、より充実した機能をもったプラットフォームになっています。

その一つがイーサリアムにも搭載されている「スマートコントラクト」に機能より、送金時に自由に条件をつけることが出来ます。メッセージの送信や契約を結ぶなどにも利用でき、離れたところでもビジネスに利用できる仕組みが組み込まれています。

また、独自の暗号通貨をつくり、配布したりNXT(ネクスト)内の取引所で交換することも可能です。株式の配布などにも利用できます。

さらに公開ブロックチェーンとプライベートのブロックチェーンがあり、特定の複数人にデータを共有できる「データクラウド」も行うことができます。

加えて商品の販売投票など、NXT(ネクスト)は投資や資金調達、ビジネス向きの機能がまとめて一つのプラットフォームに収まっています。

②マイニングではなくフォージング

NXT(ネクスト)のトランザクション承認はマイニングではなく「フォージング」で行われます。

基本的な仕組みはマイニングと同じく、ブロックを生成し取引認証を行います。大きな違いはマイニングの報酬が半分になってしまう半減期がない代わりに、毎年少しずつ報酬を下げる方法を取っています。

1年目が5NXTだったものが、2年目に4NXTにさがる、という形ですね。

この方法を採ることで、マイナーが一気に流れてしまうことを防ぐと同時に、インフレも抑えることができます。しかもフォージングの報酬はかならず下がる訳ではなく、流通量によっては上がることもあるため、マイナー側も報酬に期待ができますね。

一気に下げず、常に調整するのはNXT(ネクスト)の維持にとても有用です。先ほどの充実した機能に合わせて、安定した将来性が期待できますね。

同じくフォージングを取り入れた将来有望な通貨としてはLISKが有名です!
リスクについても詳しく知りたい方はこちらをクリック!

Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)とは?特徴・価格推移・高騰理由を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③Proof of Stakeというシステム

さらにNXT(ネクスト)のマイニングで使われる承認アルゴリズムは「Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)」を利用しています。

これは「NXT(ネクスト)の保有量や期間が長いほど報酬が多くもらえる」というシステムです。ビットコインではプルーフ・オブ・ワークを利用しており、こちらは仕事量の高さで報酬が多くもらえます。

プルーフ・オブ・ワークですと、高い技術のマイナーが集まりやすいですが、一方で報酬をもらえる人が偏ってしまうことと、新しいマイナーが参加しにくい問題点があります。

保有量であれば、新しいマイナーも参加しやすく、報酬も長い順に順番にもらうことになるため、公平性があるシステムです。NXT(ネクスト)だけでなく、多くの暗号通貨で取り入れられているアルゴリズムでもあります。

④ロシアのNSDにてNXTの投票システムが利用されている

ロシアではブロックチェーンによる不正防止を活かし、国立セトルメントデポジトリ(NSD)にてNXT(ネクスト)の投票システムを利用したことがあります。

NSDはロシア最大の証券保管振替機関です。そちらで利用されたとなると、NXT(ネクスト)に対する信用と期待が強まります。将来性も高まるでしょう。

NXTとArdorの違い

NXT(ネクスト)とよく似た暗号通貨でArdor(アーダー)というアルトコインがあります。

Ardor(アーダー)は元々「NXT2.0」という名前から改名した、NXT(ネクスト)の改良版ともいえるアルトコインです。

NXT(ネクスト)の機能を受け継ぎ、かつIGNISトークンを利用したサイドチェーンを採用しています。サイドチェーンに処理が分散することで、NXT(ネクスト)の多機能を活かしつつ、高速化が実現できています。

ただArdor(アーダー)のサイドチェーンは承認者が固定になっており、NXT(ネクスト)と比べてやや中央集権型になっています。

そのため、承認者が不正やなにかしらのトラブルに巻き込まれてしまうと、Ardor(アーダー)は機能しなくなってしまうやや不安定な面があります。

そんなアーダーに関して詳しく知りたい方はこちら!

ThumbArdor(アーダー)仮想通貨とは?特徴やチャートを紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

NXTの相場チャート・価格推移

NXT(ネクスト)の特徴を見ていただいたところで、次にNXT(ネクスト)の価格チャートを見てみましょう。

NXT(ネクスト)の価格チャートは12月からじわじわ上昇しています。

このころ、暗号通貨Ardor(アーダー)のプラットフォームが2018年から起動開始予定のため「NXT(ネクスト)保有者にIGNISトークンを配布する(エアードロップ)」というIGNISトークンセールがありました。

世界2位の取引量を誇る取引所「bittrex(ビットレックス)」がそのサポーターだったこともあり、価格が上昇したのだと予想されます。

現在は既に配布が終わっていることと、新規アカウントが増えて処理できなくなったためbittrex(ビットレックス)が登録停止中のため、やや下がり気味になってしまっています。

Ardor(アーダー)と合わせて、今後の将来性が気になりますね。

NXTが購入できるおすすめ取引所

暗号通貨NXT(ネクスト)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、アメリカの「Poloniex(ポロニエックス)」「Bittrex(ビットレックス)」などがあります。「Bittrex(ビットレックス)」は先ほどお話ししたとおり、現在登録を停止しています。

ですので今回はアメリカの大手仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)での買い方を中心に、暗号通貨NXT(ネクスト)の買い方をご紹介していきます。

Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

NXTの購入方法の手順

それでは、暗号通貨NXT(ネクスト)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はcoincheck(コインチェック)を利用した購入方法をご紹介します。

coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所で、取り扱っているビットコイン・アルトコインも一番多い(13種類)取引所です。扱いやすく初心者でも簡単な買い方で行えますので、是非アカウントを作っておくことをオススメします。

今回紹介するネクストコイン(NXT)とも似た技術を利用しているLISKを国内で唯一取り扱っているなどアルトコイン投資には定評のある取引所です!

コインチェックの評判や口コミについて知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それではまず、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)でのビットコインの買い方を説明します。coincheck(コインチェック)での買い方をこれからご紹介します。

まず、coincheck(コインチェック)にログインしましたら左上上部の「ウォレット」をクリックしましょう。左側にメニューが表示されるので、「コインを買う」をクリックします。

すると、右側の画面が購入画面に切り替わります。そこで「Bitcoin」を選択したら、下の箱に希望数量を打ち込みましょう。

すると、下に日本円換算のビットコインの値段が表示されます。価格に間違いがなければ一番下の「購入する」をクリックすれば、自分のウォレットに反映されます。

買い方はこれだけで完了です。みためのデザインもシンプルで、おそらく買い方に困ることはないと思います。他のアルトコインも同じように購入することが可能です。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインを入れたウォレットの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

先ほどの左のメニューに「コインを送る」という項目があるので、そちらをクリックします。すると、画面右に下のような画面が表示されます。

「ビットコインを送る」を選択し、「送金先リストの編集」でPoloniex(ポロニエックス)のウォレットアドレスを入力します。

送るビットコインの価格を正確に入力し、よく確認して間違いがなければ、一番下の「送金する」をクリックしましょう。数十分後にはPoloniex(ポロニエックス)のウォレットに反映されているはずです。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

③PoloniexでNXTを購入

Poloniex(ポロニエックス)のウォレットにビットコインが送れたら、最後にビットコインででNXT(ネクスト)を購入します。簡単に買い方をご説明しましょう。

Poloniex(ポロニエックス)のサイトへ行ったらログインし、ウォレットにビットコインが入っているか確認しましょう。その後、左上の「Exchange」をクリックすると下の画面になります。

変わったら、右上の「Market」の横にあるムシメガネのマークがついた白いボックスで「NXT」と検索をします。すぐ下のタブを「BTC」に合っていることを確認し、一覧に表示された★NXT」をクリックしましょう。

すると、画面全体が「NXT/BTC」の取引画面に変わります。チャートもBTCとNXT(ネクスト)の取引チャートに変わります。

変わったのを確認したら、画面下にスクロールしましょう。売買を行う画面があります。

左から「NXTを(ビットコインで)買う」「ストップリミット」「NXTを売却する」という意味です。

ウォレットにあるビットコインの量を確認しながら、一番左の「NXTを買う」ボックスに入力して購入しましょう。これでNXT(ネクスト)の買い方は完了です。

ちなみに、真ん中の「ストップリミット」は取引完了のレートをあらかじめ指定して行う買い方です。慣れてきたときに利用すると、よりよい取引ができるようになります。

Poloniex(ポロニエックス)は世界での取引量1位を獲得している、世界の取引所です。取り扱い通貨も日本の取引所と比べても圧倒数の70種類以上となっています。

取引量が多いと、取引成立も速く行えます。今後多くの取引を楽しむのであれば、海外の仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)もぜひ利用してみて下さい。

NXTの今後の将来性

NXT(ネクスト)はビットコインベースのアルトコインであるため、あまり仮想通貨(暗号通貨)になじみがない方でも受け入れやすい特徴があります。

さらに多くの機能を備えたプラットフォームであるため、利便性も高く、将来性が期待できるアルトコインといえるでしょう。

現在はやや不調なチャートではありますが、柔軟性の高い機能を持ったアルトコインであること、そしてArdor(アーダー)もこれから展開が始まりますので、その影響で話題になることも多くなるかも知れません。

仮想通貨NXT(ネクスト)まとめ

暗号通貨NXT(ネクスト)の特徴、チャート、取引所での購入方法と将来性についてお話ししましたが、いかがでしょうか? アルトコインの機能としては申し分なく、まだ上位に上っていないのが不思議なほどです。

ロシアの投票に利用されたように、NXT(ネクスト)の機能がもっと公の場で使われることがあれば、大きく将来性が伸びることでしょう。今後の活躍に期待しましょう!

暗号通貨NXT(ネクスト)以外の注目のプラットフォーム系アルトコイン

Thumb仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルトコインのネオは中国系の通貨として、暗号通貨の最大市場の一つである中国で広く取引されている通貨です!

ネオは中国版イーサリアムと呼ばれていますが、技術力は世界レベルで、今後が非常に楽しみな通貨です!

ネオを取引したいと思った人は、世界最大級の取引所で、日本語対応もしているバイナンスでの取引がおすすめです!
この機会にまだ持っていない人は口座開設をしましょう!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んでいる方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?特徴・価格チャート・取引所・今後の将 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨PepeCash(ペペキャッシュ)とは?特徴やチャートから見た今後の価 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨XPとは?チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side