ビットコインアドレスとは?仕組み・生成(作成)方法・取得方法を詳しく解説!

ビットコインを始める時、まず最初に生成・作成・取得するのがビットコインアドレスです。今回はそんなビットコインアドレス生成の仕組み・作成方法や取得方法など、初心者向けの基礎情報をまとめて詳しくご説明します。また、仮想通貨の注意点やよくある質問にもお答えします。

ビットコインアドレスとは?仕組み・生成(作成)方法・取得方法を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1ビットコインアドレスとは?
  2. 2ビットコインの送金方法
  3. 3ビットコインアドレス生成・作成・取得の仕組み
  4. 4公開鍵と秘密鍵
  5. 5ビットコインアドレスだけでは不十分
  6. 6ビットコインウォレットの役割
  7. 7ビットコインウォレットの種類と使い方
  8. 8ビットコインアドレスの取得方法
  9. 9ウォレットに送金する方法
  10. 10ウォレットに受け取る方法
  11. 11ビットコインアドレスの注意点とよくある質問
  12. 12まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインアドレスとは?

ビットコインアドレスとは、ビットコインをやり取りする時に使用する「識別番号」のことです。銀行での「口座番号」に該当します。もしくは、住所やメールアドレスなどに例えることもできます。

ビットコインアドレスは、「1もしくは3から始まる、27~34文字の英数字」と「QRコード」で表示されます。このただの文字の羅列によってビットコインアドレスによってビットコインは管理されています。

そのため、ビットコインアドレスはビットコインを取り扱うにあたり、必ず用意する必要があります。今回はそんなビットコインアドレスの基礎知識をマスターしましょう。

ビットコインの送金方法

例えば、ビットコインを送金したい時には、送金先のビットコインアドレスを使用します。相手からビットコインを受け取りたい時には、相手に自分のビットコインアドレスを伝える必要があります。

ビットコイン送金の流れを銀行と比較して確認してみましょう。銀行では、相手の口座番号に自分の貨幣を送金します。それと同様に、ビットコインでは、相手のビットコインアドレスに自分のビットコインを送金します。

そのため、ビットコインアドレスとインターネット環境さえあれば、いつでも手軽にビットコインを利用できます。
しかも普通の銀行送金よりも安い手数料で送金ができました。
※最近手数料が高くなっています。

ビットコインアドレス生成・作成・取得の仕組み

では、ビットコインアドレスはどのような仕組みで生成(作成)され、利用されるのでしょう。ビットコインアドレス取得までの手順を確認してみましょう。

乱数を生成する

ビットコインアドレスを作成する時には、まず最初に、乱数と呼ばれるランダムな文字列を生み出します。この文字列を生成するシステムを乱数生成器と言います。

ここでは「bitaddress.org」のスクリーンショットを使って、ビットコインアドレスが生成・作成されるまでの流れを確認してみましょう。

乱数生成器で乱数(上画像)を生成しました。これが秘密鍵の原型になります。

秘密鍵とは、簡単に言えばビットコインアドレスからビットコインを引き出す時に必要な暗号のことです。誰にも推測できないランダムな文字列にすることで、ビットコインを安全に管理できるようになります。

生成された乱数から秘密鍵を作成する

乱数から秘密鍵(上画像)が作成されました。さらに、この秘密鍵を使って公開鍵が生成されます。

作成された秘密鍵から公開鍵を生成する

公開鍵の生成にはECDSA(楕円曲線DSA)という暗号理論を利用します。これによって、公開鍵から秘密鍵を推測することができない安全な暗号が生成できます。

生成された公開鍵からビットコインアドレスを作成する

最後に、生成された公開鍵からビットコインアドレスを作成します。こうして作成された、簡易化された公開鍵がビットコインアドレス(赤枠内の文字列)です。

取得した公開鍵と秘密鍵でセキュリティを保護する

こうして作成されたビットコインアドレスと秘密鍵の両方を使用して、ビットコイン所有者はビットコインを取引したり管理したりします。

ビットコインアドレス(公開鍵)と秘密鍵の組み合わせによって、ビットコインのセキュリティは強固に保持されています。さらに、ビットコインアドレスが変わることで、セキュリティはより高まります。変わる理由や方法については後ほど詳しくご説明します。

ただし、ビットコインアドレス生成・作成時に秘密鍵を復元できるような不完全な乱数発生器を使用すると、ビットコインアドレスや公開鍵から秘密鍵を復元されてビットコインを盗まれる可能性があるので注意しましょう。

公開鍵と秘密鍵

公開鍵はパブリックキー、秘密鍵はプライベートキーとも呼ばれます。

公開鍵はインターネット上に公開される長い暗号のことを言います。公開鍵を簡易化したものが、銀行の口座番号に該当する、ビットコインアドレスです。一方、秘密鍵は銀行の暗証番号に該当する、誰にも公開してはいけない暗号のことを言います。

どちらもランダムな文字列およびQRコードで表示されます。

もし秘密鍵の情報がインターネット上に公開されるなど、自分以外の誰かに知られてしまうとビットコインアドレス内のビットコインを盗まれる可能性があります。

また、秘密鍵を忘れたり紛失したりした場合にもビットコインアドレス内のビットコインを永久に使うことができなくなります。

秘密鍵は厳重に保管するようにしましょう。

ビットコインアドレスだけでは不十分

実際にビットコインを使用するためには、ビットコインアドレスに加えてビットコインウォレットが必要です。

銀行には窓口やATMなどの貨幣を動かしたり管理したりするサービスが存在しますが、ビットコインにはこれらに該当するサービスが存在しません。なので、ビットコインを動かしたり管理したりするためのシステムを自分で用意する必要があります。

このようなサービスに該当するシステムがビットコインウォレットです。

ビットコインウォレットの役割

ビットコインウォレットは、ビットコインを動かしたり管理したりするだけでなく、セキュリティにおいても重要な3つの役割を果たしています。まずは、ビットコインウォレットの役割について確認してみましょう。

個人所有額の特定を防ぐ

1つ目は、個人所有額の特定を防ぐ役割です。

ビットコインアドレスの取引は全て公開されています。つまり、本人以外でも取引内容を自由に見ることができます。固定アドレスでビットコインを取引すると、所有しているビットコインが高額だった場合、ハッキングの対象にされるリスクが高まります。

そうした危険を回避するために、多くのウォレットは新しいビットコインアドレスを自動的に生成します。つまり、取引するビットコインアドレスが変わるようにします。

こうして生成された複数のアドレスでビットコインを取引することで、ビットコインアドレスから個人のビットコイン所有額が特定されることを防ぎます

ビットコインを分ける

2つ目は、ビットコインを分けてリスクを軽減する役割です。

後ほどご説明しますが、ウォレットは3種類あり、用途に合わせて使い分ける必要があります。これは、全資産をひとつの銀行に預けず、複数の通帳に分けて保管することに該当します。

ウォレットの特徴・用途に合わせて使い分けることで、紛失や盗難などのリスクを最低限に抑えることができます。

秘密鍵の管理を簡単にする

3つ目は、秘密鍵の管理を簡単にする役割です。

複数のビットコインアドレスを生成すれば、当然その秘密鍵の数も増えるため、秘密鍵の管理が難しくなると考えられます。その問題を解決してくれるのがビットコインウォレットです。

ビットコインウォレットは秘密鍵の処理や管理を自動で行うため、ビットコイン所有者はビットコインウォレットのパスワードを管理するだけで済みます。

ビットコインウォレットの種類と使い方

ビットコインウォレットは、ウェブウォレット・デスクトップウォレット・コールドウォレットの3種類に分けられます。それぞれの特徴を確認して、用途に合わせてビットコインウォレットを使い分けられるようにしましょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、オンライン型のウォレットとも呼ばれます。ウォレットの管理会社が個人のビットコインアドレスなどをまとめて管理する、インターネット上のウォレットです。

インターネット上でデータを管理するため、多くの場合ウォレットの管理会社に秘密鍵を管理してもらうことになりますが、パスワードさえあればいつでもどこでも利用できるというメリットがあります。

ウェブウォレットサービスには、Blockchain.infoやコインチェックなどがあります。

ただし、ウェブウォレットはハッキングされるリスクが最も高く、セキュリティ対策を特に厳重に行う必要があります。難解なパスワードや二段階認証を使用するなどして、アカウントをハッキングから守りましょう。

また、万全なセキュリティ対策をしていても、管理会社がハッキングされたりパスワードを流出させてしまったりした場合、ビットコインを盗まれる可能性があります。

手軽で便利なウェブウォレットですが、必要最低限のビットコインだけを入れておくようにしましょう

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、クライアント型のウォレットとも言われます。パソコンやスマホなどの端末にインストールした専用のソフトウェアを使って、ビットコインを管理します。

端末上に情報を記録するのでウェブウォレットよりもセキュリティが強く、また、カスタマイズ性に優れているのも特徴のひとつです。ただし、端末そのものがインターネットに繋がるため、ハッキングのリスクは残ります。

さらに、デスクトップウォレットには完全型と簡易型の2種類があります。

完全型は仮想通貨開始以来の全取引データをダウンロードするため、ハードディスク容量に少なくとも数10GBの空きが必要です。そのため、容量が大きいパソコンでの使用に向いています。完全型ソフトウェアにはBitcoin Coreなどがあります。

簡易型は全取引データをダウンロードしないため容量が軽く、Light walletとも呼ばれます。パソコン版やスマホ版など種類も豊富で、モバイル端末にインストールすればQRコードを利用することもできます。簡易型ソフトウェアにはElectrumなどがあります。

コールドウォレット

コールドウォレットはオフライン型のウォレットとも呼ばれます。インターネットに繋がっていないパソコンや紙などで、ビットコインアドレスや秘密鍵を保管します。上画像は「bitaddress.org」で作成したコールドウォレット(ペーパーウォレット)です。

インターネットに繋がっていないため、ハッキングなどに対してのセキュリティが強く、最も安全なウォレットだと言えます。一方でヒューマンエラーに弱く、なくさないよう物理的な保管に気を付ける必要があります。

また、秘密鍵を紙に印刷したペーパーウォレットは、一度使用すると紙を再発行しなければならず(アドレスが変わるため)利便性が低いので、多額のビットコインを長期保管しておく場合に向いています

Thumbコールドウォレットとは?特徴・作り方・仮想通貨の保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

セキュリティ対策

いづれにしても、ビットコインを扱う端末には必ずセキュリティ対策を行う必要があります。

ビットコイン取引用パソコンと普段用パソコンというように、端末を分けて使うのが理想的ですが、難しい場合にもセキュリティ対策ソフトは必ずインストールするようにしましょう。セキュリティ対策ソフトにはESETなどがあります。

その上で、余計なソフトウェアはインストールしない、ブラウジングに使用しないなどの対策を行うのも有効です。

ビットコインアドレスの取得方法

ビットコインアドレスは、ビットコインアドレス生成サービス・ビットコインウォレットサービス・ビットコイン取引所などで取得できます。自分で生成することも可能ですが、専門的な知識が必要になります。

今回は初心者でも簡単に取得できる、BLOCKCHAINおよびbitFlyerの利用方法をご説明します。

Thumbブロックチェーンウォレット(Blockchain wallet)の作成方法とは?ログインなどの使い方マニュアル | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BLOCKCHAINでビットコインウォレットを作成・取得する

ここでは、最大手のオンラインウォレット「BLOCKCHAIN」ウォレットを使って、ビットコインアドレスを生成・作成する方法を確認します。ビットコインアドレスを生成・作成するにあたり、まずはウォレットを作成する必要があります。

BLOCKCHAINのトップページ右上にある「GET A FREE WALLET」をクリックします。

メールアドレス・新規パスワード・確認用パスワードを入力して、「続行」をクリックします。表示言語は右下の白いボタンから変更できます。

ウォレットが作成できました。ウォレット作成時に入力したメールアドレスに本人確認メールが届きます。確認ボタンを押しておきましょう。

BLOCKCHAINでビットコインアドレスを生成(作成)する

では、作成したウォレットを使ってビットコインアドレスを生成・作成しましょう。

画面左上にある「WALLET」下の「Login」をクリックして、サインインします。

「受信」ボタンをクリックします。

「Copy & Share Address」に表示されている文字列が、あなたのビットコインアドレスです。このビットコインアドレスに送金されたビットコインが、作成したあなたのビットコインウォレットに入金されます。

ビットコインアドレスをQRコード表示したい場合には「View QR Code」をクリックしてください。ビットコインアドレスがQRコードで表示されます。

ビットコインアドレス取得時の注意点

ビットコインアドレスの生成および作成サービスは、インターネット上で利用するものが主流です。ですが、インターネットに繋がっている以上、サービスそのものがハッキングに遭っている可能性があります。

必ず信頼性の高い生成・作成サービスを利用するようにしてください。

ウォレットに送金する方法

国内最大のビットコイン取引所「bitFlyer」を利用して、ビットコインウォレットにビットコインを送金してみましょう。bitFlyerのスクリーンショットを使いながらご説明していきます。

まずは、bitFlyerトップページにアクセスします。

bitFlyer無料アカウントを作成後、ログインします。bitFlyerにログインすると上のような画面が表示されます。画面左にある「入出金」ボタンをクリックしましょう。

「BTCご送付」ボタンをクリックします。

「ラベル」および「ビットコインアドレス」を入力します。

「ラベル」には自分が分かりやすい名前を、「ビットコインアドレス」には送金先ウォレットのビットコインアドレスを入力します。

「ビットコインアドレス」を間違えると、異なるアドレスに送金されるなどビットコインを失う可能性があります。コピペして入力するなど、間違えないようご注意ください。

ラベル・ビットコインアドレスを入力後「追加する」ボタンをクリックします。これで送金先のビットコインアドレスが登録できました。

送金金額を入力します。「送付数量」に送金するビットコインの数量を入力します。

送金にかかる時間は「優先度」によって異なります。また、送金速度によって送金手数料は異なります。急がないのであれば「普通」を選びましょう。早く送金したい場合には、手数料が高くなりますが、優先度を高めた設定にしてください。

送金金額・送金手数料の2つを合算した数量以上のビットコインをbitFlyerに入れた状態で、「ビットコインを外部アドレスに送付する」ボタンをクリックします。これで送金完了です。

bitFlyerとは?

bitFlyerは国内初のビットコイン取引所です。bitFlyerを通じて、ビットコインを購入したり売却したりすることができます。

他にも多様なサービスが展開されており、例えばbitFlyerに掲載されている広告サイト(楽天やじゃらん等)で買い物をすると、bitFlyerからビットコインがもらえるサービスもあります。

ウォレットに受け取る方法

自分のビットコインアドレスをメールなどで相手に伝えて、相手に送金してもらえば、自分のビットコインウォレットにビットコインを受け取ることができます。

デバイス端末であれば、QRコードを表示して、相手のカメラでスキャンして送金してもらうこともできます。

ビットコイン受け取り時も送金時と同様に、一度送金してしまうとキャンセルができません。間違ったビットコインアドレスを伝えることがないようご注意ください。

ビットコインアドレスの注意点とよくある質問

ビットコインアドレスの注意点とよくある質問をまとめました。ビットコイン使用時に困ったことや疑問に感じたことがあれば、こちらをご参照ください。

ビットコインアドレスが毎日変わるけど大丈夫?

ビットコインアドレスの全取引履歴はブロックチェーンに記載され、公開されています。このような構造上、ビットコインアドレスが変わる方がより安全にビットコインを管理できます。そのため、自動的にビットコインアドレスが変わることがあります。

ビットコインアドレスが変わるのはなぜ?

ビットコインアドレスが変わるのは、ビットコインをより安全に管理するためです。ビットコインアドレスが変わるようにすることで利用者のプライバシーを保護します。

ビットコインは実際の通貨とは違い、実物として存在しない仮想上の通貨です。そのためビットコインの取引は、ビットコインアドレスの残高の増減という形で認識されます。

例えば「AさんがBさんにビットコインを送金した」場合、ビットコイン上では「Aさんの残高が減り、Bさんの保有量が増えた」と認識されます。つまり、個人を区別して「AさんのビットコインがBさんに送金された」とは認識しません。

そのため、全ビットコインアドレスの残高は常にビットコイン総量と一致するように管理されていて、トランザクション(取引履歴)には全ての変化が記録されています

このように全取引履歴が公開されている状態で、同じビットコインアドレスを使い続けると、そのアドレスの所有者がどの程度のビットコインを保有しているかが分かり、ハッキングの対象にされるリスクが高まると考えられます。

複数のビットコインアドレスを自動取得する方法は?

ビットコインアドレスが変わるかどうかは使用するビットコインウォレットによって異なります。ウォレット開発者がプライバシー保護のためにビットコインアドレスが変わるよう作成していれば、ビットコインアドレスは変わります。

このようなタイプのビットコインウォレットは、ビットコインウォレットの中に複数のビットコインアドレスが存在している状態なので、古いビットコインアドレスを利用してもきちんと同じウォレットに送金されます

送金する時にアドレスを間違えたらどうなる?

誤入力したアドレスが誰も使用していないアドレスだった場合には、送金不可(エラー)でビットコインが戻ってきます。ですが、誰かがそのアドレスを使用していた場合にはそのまま送金されてしまい、ビットコインを失うことになります。

秘密鍵はどうやって保存すればいいの?

秘密鍵にはいくつかの保存方法があります。例えば、ペーパーウォレットとして印刷して保管したり、パスワード付きのフォルダに秘密鍵のデータを入れて保存したりするなどの方法があります。

セキュリティで選ぶなら、現時点では上画像のようなハードウェアウォレットに秘密鍵のデータを保存・保管する方法がおすすめです。

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェックのハッキング被害を経て、仮想通貨に投資している人はこうしたハッキングリスクが常につきまとっていることをしっかり覚えておいて、今回紹介したペーパーウォレットもしくはハードウェアウォレットなどを活用して資産を安全に守ってください!

ハードウェアウォレットは最近盗むために改造をしたものが多く出回っているのでしっかりと公式のところから購入をしましょう!
そうでないとすべての資産を盗まれてしまします。

ここではおすすめのハードウェアウォレットのLedger Nano Sをおすすめしています!
アルトコインにも一番多くの種類に対応していて利用しやすく安全なハードウェアウォレットです!

送金履歴の確認方法は?

送金履歴は、ビットコインの取引履歴であるトランザクションから確認できます。トランザクションには送金元のビットコインアドレス・受取先のビットコインアドレス・ビットコインの取引枚数などが記録されています。

では、実際にトランザクションを確認してみましょう。まずは、トランザクションを「blockchain info」で検索します。

サーチに送金元のビットコインアドレスを入力し、「Search」ボタンをクリックします。

トランザクション情報が表示されます。

まとめ

今回はビットコインアドレスの仕組みや生成・作成・取得方法など、ビットコインの基礎的な利用方法をご説明しました。ポイントを振り返ってみましょう。

ビットコインを始めるにあたり、まず取得したいのが「ビットコインアドレス・ビットコインウォレット」でした。安全性を確保するために、いづれも信頼性の高いサービスやソフトを使用して生成・作成してください。また、秘密鍵は誰にも教えてはいけません

ビットコインは簡単で便利な通貨ですが、銀行や実際の通貨とは異なり、ハッキングなどの重大なリスクが存在します。ビットコインの基本をしっかりと覚えて、無理のない利用を心がけましょう。

ウォレットも大事ですし、ビットコインをやり取りする取引所もとても大事になります。
ハッキングへの対策をしっかりしている取引所を利用することを強くおすすめします!

日本国内であればそれはビットフライヤーです!

国内最大級の取引所で会社としても運営体制をしっかりとしているところで信頼感は抜群です!

ビットフライヤーの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb次のビットコインの半減期はいつ?2020年?チャートや価格への影響 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインは崩壊するのか?ビットコインの無価値になってしまう7つの可能性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb英でビットコイン強盗!仮想通貨トレーダーはこれから身の安全も考えないと? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side