Bitgate(ビットゲート)の登録・口座開設・本人確認方法を解説!

仮想通貨取引所ではあまり知られてないBitgate(ビットゲート)という取引所があります。Bitgate(ビットゲート)に登録し口座開設するには本人確認が必要となります。Bitgate(ビットゲート)の口座開設から本人確認、登録までの流れを詳しくご紹介します。

Bitgate(ビットゲート)の登録・口座開設・本人確認方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Bitgate(ビットゲート)はどんな取引所?
  2. 2Bitgate(ビットゲート)の会社概要
  3. 3Bitgate(ビットゲート)の特徴
  4. 4Bitgate(ビットゲート)の使い方は?登録の時に必要な書類
  5. 5仮想通貨取引所Bitgate(ビットゲート)の登録・口座開設方法
  6. 6Bitgate(ビットゲート)の登録・口座開設・本人確認方法のまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Bitgate(ビットゲート)はどんな取引所?

仮想通貨の取引所の一つに、Bitgate(ビットゲート)があります。

あまり知られてないBitgate(ビットゲート)で仮想通貨取引をを始めるための、口座開設~ログイン方法について解説していきます。

Bitgate(ビットゲート)の会社概要

Bitgate(ビットゲート)に口座開設をする前に、Bitgate(ビットゲート)がどのような仮想通貨の取引所なのか、まずはBitgate(ビットゲート)の会社概要などをご紹介しておきましょう。

会社名 エフ・ティ・ティ株式会社
本社所在地 〒224-0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-23-10M.kノースビル4F
代表取締役 黒田真人
資本金 10,000,000円(平成29年3月31日現在)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
楽天銀行
事業内容 投資助言・代理業【関東財務局長(金商 第2461号)】
仮想通貨交換業【関東財務局長 第00012号】
設立 2010年3月31日

Bitgate(ビットゲート)の特徴

Bitgate(ビットゲート)は、会社が独自に仮想通貨の仕入れ経路を使用することで、どこよりも安い販売価格を目指している取引所です。

また、仮想通貨を円単位で取引できるので初心者にも取り込みやすく、細かい知識がない方でも非常に使いやすく単純なツールを採用しています。

他にも初心者の人でも簡単に取引が始められるとして人気の取引所としてビットフライヤーとGMOコインがあります!
それぞれの公式ページはこちらになります!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bitgate(ビットゲート)は手堅い取引所

会社概要にも記載されているとおり、投資助言の代理業としてこれまでに会得してきたノウハウがあり、仮想通貨の交換業登録もされている手堅い会社であるといえます。

Bitgate(ビットゲート)の使い方は?登録の時に必要な書類

Bitgate(ビットゲート)に限らず、取引所に登録するには必ず本人確認ができる書類の提出を求められ、審査を通過してからログインし、取引ができるようになります。

口座開設をスムーズにするためにも先に準備をしておきましょう!

本人確認書類の提出方法

本人確認のための書類はファイルによってアップロードすることで提出できます。

ファイル形式は「JPEG・PDF・PNG・BMP・GIF」でOKです。本人確認書類についてご紹介しておきましょう。

1種類で済む本人確認書類

本人確認書類には、提出が一つだけでいいものと、2つ出す必要があるものとに分かれます。

1種類のみで承認されるアップロードできる本人確認書類は、顔写真が付いた証明書類になります。
 

  • 運転免許証(両面)
  • 運転経歴証明書(2012年4月1日以上発行のもの限定)
  • 官公庁から発行・発給の書類
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • 各種福祉手帳や身体障碍者手帳
  • パスポート(住所のページも必要)

 

2種類の提出を求められる書類

顔写真が添付されていない書類では、2種類以上の本人確認書類を提出しないと取引所の承認が認められず、登録ができないことになっています。

  • 健康保険証などの被保険者証
  • 国民年金手帳(現住所の記載があるものか、現住所が消去できない形で自書記載したもの限定)
  • 児童扶養手当証書
  • 共済組合の組合員証もしくは加入者証
  • 健康保険日雇特例保険者手帳

写真をアップロードできない場合や、直接書類を送付する場合には、その旨を登録時にチェックする必要があります。

後はBitgate(ビットゲート)からのお知らせメールの受け取りを希望するか否かにチェックを入れ、個人情報の取り扱いについての説明文をよく読んで「確認画面へ」のボタンをクリックすれば登録画面に進んでいきます。

仮想通貨取引所Bitgate(ビットゲート)の登録・口座開設方法

次に、Bitgate(ビットゲート)の口座を開設の手順について開設していきます。

取引所口座開設最初の本人確認はメールアドレスを登録

Bitgate(ビットゲート)のホームページで新規口座開設のボタンをクリックして下の画面に遷移します。

まずは最初にメールアドレス(必須)を入力して「新規口座開設を申し込むボタン」をクリックします。

すぐに登録したメールアドレス宛に登録用のURLが届きます。そのURLをクリックして登録画面に行きましょう。

取引所口座開設時には米国納税者ではないことを本人確認される

登録画面に行くと、本人確認として、外国人ではないことや米国へ納税しているものではないことなどを聞いてきます。全ての項目にチェックして「登録」をクリックすると次へ進んでいきます。

Bitgate(ビットゲート)のログイン方法

この後説明する口座開設を行い、確認書類承認されるといよいよBitgate(ビットゲート)にログインしていくことになります。書類が承認されると後日管理画面のログイン情報が届けられます。

口座開設が承認されてBitgate(ビットゲート)から届いたログイン情報を入力し、自分が登録時に決めた8桁のパスワードを入れるといよいよログインとなります。

Bitgate(ビットゲート)の操作方法

Bitgate(ビットゲート)に口座開設して、ログインできたら今度は実際に使っていきましょう。まず仮想通貨を購入するために入金を依頼することが必要になります。自分が登録した銀行から入金依頼をして取引所の自分口座に日本円を入金します。

Bitgate(ビットゲート)に口座開設するとビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラッシック・ライトコイン・モナーコイン・リップル・ネム・リスク・オーガ・ジーキャッシュ」などの仮想通貨が運用できます。

くろまめ

(49歳)

今話題のリップルもペアに選べるのは、ありがたい取引所ですね

自分がこれと思う仮想通貨を選んで数量を入力し、購入することになります。取引の方法は購入した時よりも価格が上昇した時に、自分が持っている仮想通貨を売却すると、その差額が利益になる仕組みです。

自分が思っているのとは逆に仮想通貨の価格が動いてしまうと損失が出るので注意が必要です。Bitgate(ビットゲート)は非常にわかりやすい操作画面なので、サクサクと注文できるところがウリになっています。

また他の取引所では買い付けする数量を1.0BTCや0.01BTCなどと、仮想通貨の単位で確定する方法を取っていることが多いのですが、Bitgate(ビットゲート)は買い付け数量が円で指定できるので、非常に使いやすい買い付け方法となっています。

反対に売約するときも、日本円で自分が思った金額分を売却できるところに利点があるわけです。この方法だと仮想通貨のレートに関わらず日本円で計算しやすいので、投資の初心者にはとてもありがたい方法です。

くろまめ

(49歳)

自分が使える日本円で金額指定ができるのはありがたい。よその取引所なら計算がややこしくなってしまう。

また入出金の履歴や取引の結果をPDFで自動出力することができる機能もあるので、自分の取引を分析するのにも非常に役立つことに繋がります。取引履歴を分析するのは、トレーダーにとって非常に重要なファクターです。

くろまめ

(49歳)

投資を勉強するにはやはりプリントアウトして、取引実績を分析するのが重要ですね。

取引所口座開設に必要な基本個人情報の入力で本人確認

次に登録に必要な氏名や性別、生年月日などの基本個人情報を入力する画面に行くので、そこで本人確認事項を入力します。電話番号や住所も必要で、後程写真を送信する本人確認書類と合致していなければなりません。間違えのないように記入しましょう。

口座開設の際には登録名義と銀行口座名義との合致が重要

今度は日本円の出金金融機関情報を入力します。「口座名義・口座番号」などを正確に入力しましょう。登録時の名義と銀行口座名義が同一でないと、登録できないので注意が必要です。

くろまめ1

(40歳)

以前FXの新規口座開設での登録時にカタカナ名の「○○グチ○○ヒロ」が銀行口座名義のところ、「○○クチ○○ヒロ」と登録してしまい、入金できなくて困ったことがあります。すぐにFX会社に連絡をして修正してもらい事なきを得ましたが。

出金する際に必要なパスワードを登録

銀行口座名義を登録したら、今度は出金する際に必要な8桁のパスワードの登録をします。インターネット上で取引する仮想通貨は狙われやすいので、厳重なセキュリティを確保するためにも他人にはわかりにくい複雑なものにすることが重要です。

Bitgate(ビットゲート)は、出金に対するセキュリティ向上にために2段階認証を採用しています。そのため出金の際にも8桁のパスワードが必要になっています。ネット犯罪に巻き込まれないようにするためにも、ぜひ複雑なものにしておきたいところです。

ビットコインアドレスの登録は任意となっている

次にビットコインアドレスを聞いてきますが、こちらは任意の登録なのでウォレットなどを持っていない方はとりあえず空白にしたままでOKです。

リスク分散の為にも自分のコインを長い時間取引所に置かず、手元で管理したいという場合は、ハードウェアウォレットを用意して、ビットコインアドレスを取得しておいてもいいですね。

ハードウェアウォレットならLedger nano Sをおすすめします。ビットコインやリップル、イーサリアム系のアルトコインなどに使うことができます。

最近はこのLedger nano Sを改造した詐欺などもあるようですので、購入の際は正規販売所での購入をおすすめします。

外国の重要な公人か否かの本人確認

次の画面では、外国人PEPsに該当するかどうかの本人確認になります。海外の政府関係の人や中央銀行における要人がどうか本人確認が行われる項目で、一般的にはほぼ関係ありません。過去にそのような地位にいた場合やその家族についても該当します。

職業に関する本人確認

登録する人の職業と取引する目的を聞かれます。仮想通貨で商品購入や決済などを利用目的にする方は「決済のため」とし、仮想通貨の為替変動の取引で利益を得ることを目的とする方は「投資のため」を選択しましょう。

Bitgate(ビットゲート)の登録・口座開設・本人確認方法のまとめ

Bitgate(ビットゲート)の取引所にログインするには、まずアドレス登録、個人情報などの入力、そして本人確認書類の提出が義務付けられています。Web上で簡単にできてしまうので何も心配することはありません。

Bitgate(ビットゲート)なら非常にわかりやすい取引画面で、しかも日本円での取引金額が指定できるところなどは、投資の初心者に非常に向いています。

また会社も投資助言代行業や仮想通貨交換業にも登録し、認定を受けているので非常に安心な取引所であるといえるでしょう。

仮想通貨の取引をするなら、複数の取引所の口座を持っておくのが一般的です。
手数料の安さ日本一のzaifの口座開設は、Bitgate(ビットゲート)の口座開設と合わせてしておくことをおすすめします。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所23社一覧をご紹介!【評判・特徴・手数料】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side