コールドウォレットとは?特徴・作り方・仮想通貨の保管方法を解説!

2017年から暴騰し2018年も期待が持てる仮想通貨。しかし仮想通貨を利用した詐欺被害が増加中です。詐欺から仮想通貨を安全に保管するためのコールドウォレットについてや作り方を紹介します。コールドウォレットの作り方を理解し、より安全に仮想通貨を保管しましょう。

コールドウォレットとは?特徴・作り方・仮想通貨の保管方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1そもそもコールドウォレットとは
  2. 2コールドウォレットの代表例
  3. 3コールドウォレットのメリット
  4. 4コールドウォレットのデメリット
  5. 5コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方
  6. 6おすすめハードウェアウォレットを紹介
  7. 7コールドウォレットを利用した詐欺に注意
  8. 8コールドウォレットの注意点
  9. 9コールドウォレットまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

そもそもコールドウォレットとは

仮想通貨は取引所の口座に保管しておくことが一般的ですが、最近では取引所のハッキング等が増加しています。

コールドウォレットとはそういったハッキングの対策として、仮想通貨を紙やメモリーといったオフラインでハッキングが絶対にされなくなるセキュリティ万全のなウォレットのことです。

コールドウォレットの代表例

コールドウォレットは紙で保管するペーパーウォレットと、仮想通貨をデータで取り扱い、専用のUSBメモリ等で保管するハードウェアウォレットがあります。

ペーパーウォレットとは?

ペーパーウォレットとはその名の通り紙に仮想通貨を保管する方法です。

この保管方法は現在最も安全な保管方法と呼ばれています。

ペーパーウォレットから仮想通貨を引き出すには、ペーパーウォレットからのインポートに対応したウォレットを使用します。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとは仮想通貨を専用のUSBメモリ等のハードウェアに保管する方法です。

ハードウェアウォレットでは保管専用のUSBメモリを購入し、そのUSBメモリに仮想通貨をデータとして保存します。

ハードウェアウォレットを使って仮想通貨の引き出しや保管をする際にはPCを利用します。その為、非常に手軽に安全性を保ったまま仮想通貨の取引が可能になります。

コールドウォレットのメリット

コールドウォレット安全性において多大なメリットがあります。

取引所に対するハッキング等が発生している現在、コールドウォレットを利用することは仮想通貨を保管する方法として安全かつ合理的です。

ハッキングの恐れがない

コールドウォレットは仮想通貨を取引所に保管せず、手元で管理できる媒体に保管しておけるため取引所へのハッキングに対して非常に有効な安全対策となります。

取引所が潰れても問題ない

仮想通貨取引所が破綻した場合、取引所に保管していた仮想通貨がユーザに返還されるケースは非常に稀であり、基本的には保管していた仮想通貨が全て失われる場合がほとんどです。

そうならないためにも、仮想通貨は取引をする際以外はコールドウォレットに保管しておき、取引をする際のみ取引所に仮想通貨を移動させる事により、取引所の破綻した場合でも仮想通貨は手元に保管してあるので破綻の影響を受ける事はありません。

高額の管理に向いている

コールドウォレット以外のオンラインウォレットやデスクトップウォレットでは、二段階認証を設定していてもハッキングの被害というものが0になることはありませんでした。

そのような環境で何千万や何億という金額を置いておくことはリスクが高いため、数十億円以上もの資産を取り扱うような仮想通貨取引所でもコールドウォレットを利用しての資産管理がされています!

国内の3大取引所のコインチェック、ビットフライヤー、ザイフではどこもコールドウォレットでの資産管理をしており、とてもセキュリティ対策には力を入れています。

安全でそれぞれ特色のある取引所でまだ持っていない人はこの機会に口座開設をおすすめします!

将来有望なアルトコインを多く取り扱っていて、仮想通貨初心者の人でも安心してアルトコイン投資を始めることができる取引所です!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン取引量日本一の取引所のビットフライヤーはビットコイン取引に強みを持っている取引所です。

ビットフライヤーもコールドウォレットでの資産管理をしているので、大量のビットコイン取引を安全にできるおすすめの取引所です!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所の中でトップクラスの手数料の安さで最近人気なのがザイフです!

ザイフは古くから取引所をしていて、セキュリティ対策もしっかりしている安心の取引所なので、初心者の人でも安心にそしてお得に取引ができるおすすめの取引所です!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コールドウォレットのデメリット

コールドウォレットはハッキングや取引所の破綻と行ったインターネット上における災害に対して非常に有効な安全対策です。

しかし保管されているのは物理媒体である以上、盗難や火災など現実世界の災害に対しては確実な安全性は保証できません。

そういったデメリットが存在していることを理解することにより、コールドウォレットをより安全に保管管理することが可能です。

紛失や壊れる可能性がある

コールドウォレットペーパーウォレットハードウェアウォレットといったような物理媒体に仮想通貨を保管しておく技術です。

保管しておく媒体が紙やハードウェアである以上紛失や劣化による破損無縁ではいられません。

もし保管媒体を紛失したり破損した場合、保管していた仮想通貨は引き出すことが不可能になる可能性があるため注意が必要です。

購入費用がかかったり手間がかかる

ペーパーウォレットはPCから印刷することで生成が可能な場合が多数ですが、ハードウェアウォレットは専用の媒体を購入する必要があります。

専用の媒体は安価なものでも8000円程高価なものだと15000円以上、安全性を確保するためとはいえ少々躊躇してしまう価格です。

資産の確認がめんどくさい

またコールドウォレットは仮想通貨を取引所ではなく手元の媒体に保管するため、仮想通貨取引を行う際には毎回コールドウォレットから取引所に仮想通貨を移動させなくてはならないため非常に手間がかかります。

その為、暴騰し始めた通貨に交換をしたいと思ってもコールドウォレットから取引所に移動させる手間や時間がかかるため素早い取引を行うことは難しいです。

コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方

ペーパーウォレット通貨により生成するサイトと作り方が異なります。

ここでは仮想通貨内でも特に有名なビットコインイーサリアムリップルペーパーウォレット簡単な作り方について紹介します。

ビットコインのペーパーウォレット

ビットコインのペーパーウォレットは様々な種類がありますが、今回はその中でも特に有名なbitaddress.orgを紹介します。

こちらのサイトは日本語にも対応しており、ウォレットの作り方はマウスを動かすことによってランダムで生成されるので安全性が非常に高くおすすめです。

イーサリアムのペーパーウォレット

イーサリアムのペーパーウォレットはMyEtherWalletを紹介します。

こちらのサイトは日本語にも対応しており、ウォレットの作り方はサイトで自分で決めたパスワードを入力する事により作られパスワードと暗号化された秘密鍵の2つを利用してウォレットを管理します。

MyEtherWalletではペーパーウォレットとしての機能だけでなく、
 

  • ERC20トークンというイーサリアムベースで生まれた通貨の管理
 
  • イーサリアムとビットコインの交換

も可能なのでイーサリアムを所持している方はぜひウォレットを作成することをおすすめします。

そんなMyEtherWalletではイーサリアムをオンライン上で保存するだけでなくペーパーウォレットとして保存することもできます!

リップルのペーパーウォレット

リップルペーパーウォレットRippele Paper Wallet Generatorを紹介します。

こちらのサイトは日本語には対応していません。
ウォレットの作り方はGenerate Newと書かれたボタンを押すだけで、自動でQRコードとアドレスと秘密鍵が作られます。

このサイトでは印刷機能がありませんので、スクリーンショットを撮り印刷すると行った方法が必要になりますが、ペーパーウォレットとして利用することが可能です。

おすすめハードウェアウォレットを紹介

ハードウェアウォレットは様々な種類があり、それぞれに取り扱える仮想通貨の種類等で特色があります。

今回は様々な種類の中でも安全性が高く使いやすいハードウェアウォレットを紹介します。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)

Ledger Nano Sレジャー・ナノS)は27種類という多数の仮想通貨を取り扱うことができるハードウェアウォレットです。

公式サイトも日本語対応しており日本語のマニュアルも存在するので非常に扱いやすいです。

価格は公式サイトでは79.00€となっており、日本円では約10,000円程度となっております。

TREZOR(トレザー) 

TREZORトレザー)は17種類の仮想通貨を取り扱うことのできるハードウェアウォレットです。

取り扱うことのできる通貨が少ないように感じますがアップデートで取り扱い通貨が変わることがあるので今後のアップデートに期待ができます。

価格は公式サイトでは89.00€となっており、日本円では約12,000円となっております。

KeepKey(キープキー)

KeepKeyキープキー)はビットコインだけを保管するためのハードウェアウォレットです。

デザインや機能性が非常にシンプルで非常に扱いやすいです。

価格は公式サイトでは$129.00となっており、日本円では約14,000円ほどとなっております。
購入は円や米ドル以外でもビットコインMONAコインで購入できるサイトもあります。
 

コールドウォレットを利用した詐欺に注意

最近では偽物のコールドウォレット端末を販売し、そこから仮想通貨を抜き取る詐欺や上記のTwitterのような詐欺が横行しています。

こういった詐欺から仮想通貨を守るためには、コールドウォレットを使用する際には必ず公式サイトや信用のできるサイトから購入するようにしなければ詐欺の被害にあう可能性があります。

これはコールドウォレットに限らず仮想通貨に関連する商品は必ず信用のおけるサイトであるかどうかを確認した上で購入をすることで、詐欺から仮想通貨を守ることができます。

コールドウォレットの注意点

コールドウォレット非常に安全性が高い仮想通貨の管理方法です。
しかし以下の点では気を付けないといけません!

 

  • 紛失や破損の危険はどうしても逃れられず、物理媒体であるため盗難の恐れがある
 
  • コールドウォレットを利用する際には保管管理をしっかり徹底する必要がある
 
  • コールドウォレットの偽物があり詐欺の可能性がある商品があることが増えてきている


コールドウォレットも何もしないで大丈夫というものではないのですね。
今回紹介したコールドウォレットも詐欺の対象になっている場合があり、

「これでもう安全!」と思いコールドウォレットを購入しても偽物のコールドウォレット端末を使用したのでは全く意味がありません。

これは仮想通貨を取り扱う場合のすべてに言える事ですが取引を行う際や商品を購入する際は必ず正規の方法や信頼のおけるサイトで購入することをおすすめします。

ハードウェアウォレットを安心して購入できる場所でオススメなのがザイフです!

ザイフでは先ほど挙げた、Ledger Nano Sレジャー・ナノS)とTREZORトレザー)を購入できる場所へ誘導してくれます!

ハードウェアウォレットを今すぐ欲しいと思った方は下のボタンをクリックしてザイフの公式ページからハードウェアウォレットを購入しましょう!

コールドウォレットまとめ

仮想通貨の安全性を高めるためのコールドウォレットの作り方や購入方法をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

最近起きている取引所に対するハッキングや取引所の破綻といった突然の事件に巻き込まれた場合の安全策としてコールドウォレットは非常に安全性が高い対策であるといえます。

紛失や破損といったデメリットもありますが自身の管理方法等で防げるデメリットがほとんどなのでより安全に仮想通貨取引を行う際にはぜひコールドウォレットを使用してみましょう。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング5選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン投資の始め方とは?初心者でも簡単に始める方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ビットコインおすすめ・入れるべきチャートアプリTOP11! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side