ハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較!

取引所で購入した仮想通貨を長期間安全に保管するにはハードウェアウォレットがおすすめです。今回は有名なハードウェアウォレットを比較し、その使い方と仕組みをご紹介します。様々なウォレットの使い方や仕組みを比較検討してより安全なおすすめのウォレットに保存しましょう。

ハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1ハードウェアウォレットとは?
  2. 2ハードウェアウォレットの仕組み
  3. 3ハードウェアウォレットのメリット
  4. 4ハードウェアウォレットのデメリット
  5. 5ハードウェアウォレットの使い方
  6. 6ハードウェアウォレットの代表的な3つの種類
  7. 7ハードウェアウォレットのおすすめ比較
  8. 8ハードウェアウォレットの注意点
  9. 9ハードウェアウォレットが一番安全
  10. 10ハードウェアウォレットまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ハードウェアウォレットとは?

暗号通貨(仮想通貨)を保存するために作られたものを「ウォレット」と呼びます。ウォレットには様々な種類のものがあります。

その中でもセキュリティが高く人気のウォレットが今回ご紹介する「ハードウェアウォレット」です。

ハードウェアウォレットはその名の通り独立したハードウェアに暗号通貨を保管するため、Webウォレットやクライアントウォレットより安全なウォレットです。

ちなみにハードウェアウォレットに並んでセキュリティの高いウォレットにペーパーウォレットがあります。
そちらについて詳しく知りたい方はこちらをクリック!

Thumbコールドウォレットとは?特徴・作り方・仮想通貨の保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨はハッキングリスクがある

暗号通貨は物理的な通貨ではなく、オンライン上で流通する通貨であるため、常にハッキングのリスクがあります。

クラッカーから暗号通貨を安全に守るために最適なのがこのハードウェアウォレットです。

暗号通貨を保有している人は是非ハードウェアウォレットの仕組みを覚えてあなたの資産を安全に守ってください!

安全な仮想通貨取引所を利用し、このようなハードウェアウォレットを利用することでさらに安全に資産を安全に保管することができます。

安全な仮想通貨取引所として有名なのはビットフライヤーです!
他の取引所も安全な施策をしているのですが、ハッキング被害への補償もしているビットフライヤーが特に安心です!

まだ口座を持っていない人はこの機会に口座開設をおすすめします!

ビットフライヤーはビットコインの取引のツールが多く、取引所としても日本一なので欲しい金額で欲しい量を安く手に入れられます!

口座開設は下のボタンをクリックして1分程度の簡単にできるのでこの機会に口座開設をおすすめします!

ハードウェアウォレットの仕組み

まずはハードウェアウォレットの仕組みについて見ていきましょう!これから使う人はしっかり覚えておいてください。

最も重要な「リカバリーフレーズ」をしっかり理解しよう!

暗号通貨を送金するためには「送金用アドレス」と「リカバリーフレーズ」が必要です。

送金用アドレスは取引所間で暗号通貨を送金する際に見たことがある人も多いことでしょう。
リカバリーフレーズはウォレットを使うようになって初めて見る人が多いものです。

ハードウェアウォレットは、リカバリーフレーズをウォレット内に暗号化して保存する仕組みになっています。

リカバリーフレーズは12個の単語で、ハードウェアウォレットを使う上で最も重要なものです。ハードウェアウォレットを使う際はこのリカバリーフレーズをしっかり管理してください!

リカバリーフレーズをしっかり管理すれば安全

暗号通貨を送金するためには送金アドレスとリカバリーフレーズが必要なので、あなただけのリカバリーフレーズをしっかり管理すれば暗号通貨を安全に保管しておくことができます。

リカバリーフレーズは誰かに教えたりせずに自分でしっかり管理してください!

ハードウェアウォレットのメリット

それでは、ハードウェアウォレットを使うメリットをいくつか見ていきましょう。
ハードウェアウォレットには他の種類のウォレットと比較して以下のような特徴があります。

セキュリティが高い

ハードウェアウォレットを使う最大の理由は「セキュリテイが高く、盗まれにくい」事です。

暗号通貨の送受信に必要なリカバリーフレーズを暗号化して格納し、インターネットから切断された環境で保管しますので安全性が高くなっています。

多額の暗号通貨を保管するなど、高度なセキュリティが求められる時に真価を発揮するウォレットです。

紛失・故障の際も安心

ハードウェアウォレットは物理的なウォレットですので「紛失したらどうなるんだろう?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ハードウェアウォレットは「リカバリーフレーズを覚えておけば復元できる」ウォレットです。

そのため、紛失や故障に備えてリカバリーフレーズを覚えておく必要があります。しかし、それによって万が一の時にあなたの暗号通貨を復元することができます!

※リカバリーフレーズを忘れてしまうと保管した暗号通貨は永久に使用できませんので充分ご注意ください!

ハードウェアウォレットのデメリット

イニシャルコストがかかる

ハードウェアウォレットの本体を購入するのにはそれなりの費用がかかります。基本的に10,000円~30,000円ほどしますので高いと感じる人もいるかもしれませんね。

しかし、ハードウェアウォレットは暗号通貨を安全に保管するために必須ですので多額の暗号通貨をお持ちの人は是非使うことをおすすめします!

使い方がわかりにくいものもある

ハードウェアウォレットの中には使い方がわかりにくいものもあります。
表示がわかりにくかったり操作性が悪かったりしますのでマニュアルなどをしっかり確認しながら使うようにしましょう。

誤操作や誤送信などで暗号通貨を失ってしまわないように使い方はしっかりチェックしてください!

送金に手間がかかる

ハードウェアウォレットから暗号通貨を送信する際にはPCなどにインストールした専用ソフトを介して行う必要があります。

そのため、USBでPCに接続し、ソフト上から送金を行うという手間がかかりますので日常的に送金する暗号通貨を保存するのには向かないかもしれません。

基本的にハードウェアウォレットには長期間保存する暗号通貨を保管するという使いかたをするのがいいでしょう。

ハードウェアウォレットの使い方

初期設定を行う

まずはTREZORでの利用方法を見ていきます。
初期設定は以下の手順で行えます。
 

  1. PCにmicro USBケーブルで繋ぐ
  2. TREZOR BridgeをPCにインストールする
  3. 自動表示されるTREZOR setupの指示に従って初期設定を行う

※この段階でリカバリーフレーズが発行されます。万が一に備えてしっかり保管してください!

アドレスを生成する

次はTREZORのWebウォレットにアクセスし、送金用アドレスを生成しましょう。
送金用アドレスの生成方法は以下の通りです。
 

  1. Accountボタンを選択する
  2. Receiveボタンを選択して新しい送金用アドレスを発行する

Webウォレットでの操作はとても簡単ですので迷うことは少ないでしょう。これからTREZORのハードウェアウォレットを使う上でこのアドレスを使いますのでしっかり管理してください。

生成されたアドレスに暗号通貨を送金する

送金用アドレスを生成したらいまお持ちのウォレットや取引所のウォレットからビットコインを送金してください。

無事に着金したら完了です!

PCから取り外して保管する

無事に着金したらTREZORのハードウェアウォレットをPCから外し、金庫などで安全に保管します。
これであなたのビットコインを安全に守ることができるでしょう!

ハードウェアウォレットの代表的な3つの種類

次にハードウェアウォレットとしてよく使われている3つの端末を比較して見てみましょう。
あなたにあったハードウェアウォレットをご利用ください。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の特徴と対応通貨

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットの中では比較的安価な端末です。対応通貨も多く、使いやすいといえるでしょう。

Ledger Nano Sの対応通貨は多いものの、1台の端末に入れられるのは4種類ですのでご注意ください。

対応通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リップル
  • ライトコイン
  • ダッシュ
  • コモドコイン
  • ドージコイン
  • ストラティス
  • ネオ
  • ゼットキャッシュ

管理人”孝太”

(27)

私もLedger Nano Sを利用しています!
やはりセキュリティの安心感と、様々な通貨に対応しているという利便性で最もおすすめのウォレットです!

ちなみに私は2つ利用をしています!

ハードウェアウォレットは最近盗むために改造をしたものが多く出回っているのでしっかりと公式のところから購入をしましょう!
そうでないとすべての資産を盗まれてしまします。

Ledger Nano Sは本当におすすめです!

日本の公式代理店は下のボタンから飛ぶことができます!
価格は日本では基本的に一律15800円です!(公式ならもう少し安いのですが、時間がかかります。。)

ぜひこの機会に少々費用は掛かりますが安心に変えられるものはないので購入をおすすめします!

TREZOR(トレザー)の特徴と対応通貨

TREZORはバグが少なく信頼性の高いハードウェアウォレットとして人気です。その分、端末価格は高くなっていますがより安心して使いたい人はこちらがおすすめです。

対応通貨は以下の通りです

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ビットコインゴールド
  • ダッシュ
  • ゼットキャッシュ
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • モナコイン

KeepKey(キープキー)の特徴と対応通貨

KeepKeyは大型ディスプレイ搭載で使いやすく、セキュリティ性能が高いハードウェアウォレットとして人気です。

対応通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ドージコイン
  • ダッシュ
  • ネームコイン

ハードウェアウォレットのおすすめ比較

今回ご紹介したハードウェアウォレット3種を一覧表形式で比較してみましょう。

ウォレット

対応通貨

安全性

コスト

Ledger Nano S

BTC BCH ETH ETC
XRP LTC DASH KMD
DOGE STRAT NEO ZCASH
標準程度 10,980 JPY

TREZOR

BTC BCH BTG DASH
ZCASH LTC ETH ETC
MONA
標準程度 89 EUR

KeepKey

BTC ETH LTC
DASH NMC DOGE
高め
(送金時端末上での認証が必要)
16,200 JPY

それぞれ対応通貨が異なりますのでお持ちの通貨に合ったものを選択してください

BTC投資歴1年

(27)

安全性を重視してKeepKeyを使っています。使いやすくていいハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレットの注意点

ハードウェアウォレットを使う上での注意点を見てみましょう。

PINコードはしっかり保管しておく

PINコードはハードウェアウォレットにアクセスするのに必須ですので忘れずにしっかり保管しておいてください。

リカバリーフレーズ(秘密キー)が全て

リカバリーフレーズは故障や紛失時に仮想通貨を取り戻すのに使います。
絶対に誰にも知らせず、安全に管理しましょう。

初期設定やその他の設定は全て自己責任

初期設定は自分で確実に行ってください。ここでリカバリーフレーズなどが発行されますので初期設定は自分の責任で確実に行いましょう。

公式など信頼できるところ以外のところでは購入しない

公式以外で購入すると初期設定済みのものが送られてくることがあります。

そこに仮想通貨を入れると盗まれてしまうので公式もしくは信頼できる取引所から購入しましょう!

国内取引所大手のザイフでは今回紹介したLedger Nano SかTREZORを販売している公式ページへの誘導をしてくれています!
ぜひ今買いたいと思う人はザイフの公式ページへ!

ハードウェアウォレットから取引所に仮想通貨を送る場合

送金はPCに接続して行います。ある程度手間がかかるので取引所で売却したい場合などは予め送金しておくようにしましょう。

ハードウェアウォレットが一番安全

今回はハードウェアウォレットを比較しながら見ていきました。物理的なデバイスにリカバリーフレーズを保管するため安全性が高いウォレットであることがわかったのではないでしょうか?

多額の仮想通貨の保存を考えている人は是非ハードウェアウォレットをご利用ください!

ハードウェアウォレットまとめ

仮想通貨を安全に保管するためにはハードウェアウォレットが最適であることをみていきました。

2018年1月現在で入手しやすいハードウェアウォレットは3種類あり、それぞれ比較して見てみましたので保有している通貨の種類に応じて最適なものを選択してください。

ハードウェアウォレットであなたの資産を安全に管理し、これからも仮想通貨を使っていきましょう!

ただし、文章中で説明もしましたが、ハードウェアウォレットは取引所のウォレットよりも少々使い勝手が悪いというデメリットがあります。

ですので、安心の取引所のウォレットとハードウェアウォレットを併用して利用するのがおすすめです!

セキュリティが高く、しっかりとした運営体制の取引所を分散して利用するのが最もおすすめの方法ですのでまだ複数持っていない人は以下の信頼できる取引所の中から複数口座開設をしておくことを本当におすすめします!

国内であれば、古くからしている規模の大きいビットフライヤー、ザイフ、ビットバンク、そして上場企業のグループで信頼感のあるGMOコインとビットポイントがおすすめです!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨ビットコインおすすめ・入れるべきチャートアプリTOP11! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン投資の始め方とは?初心者でも簡単に始める方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side