仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Reddcoin(レッドコイン)は今の時代に必要なアルトコイン? 仮想通貨Reddcoin(レッドコイン)の特徴やチャート、取引所での購入方法をご紹介します。チャートの安定感や、SNSを利用した新しい購入方法につながるかも? 利用できる取引所もご紹介!

仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1SNSで利用できるコイン、仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)
  2. 2仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)とは?
  3. 3仮想通貨Reddcoin(RDD)の特徴
  4. 4Reddcoin(RDD)の相場チャート・価格推移
  5. 5Reddcoin(RDD)が購入できるおすすめ取引所
  6. 6Reddcoin(RDD)の購入方法の手順
  7. 7Reddcoin(RDD)のおすすめウォレット
  8. 8Reddcoin(RDD)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

SNSで利用できるコイン、仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)

仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)はご存じですか? 仮想通貨Reddcoin(レッドコイン)は、ビットコインや他のアルトコインと同じように取引するだけでなく、ツイッターなどのSNSでも利用できる将来性の高いアルトコインなんです。

SNSで利用するとは、どのような方法なのでしょうか? 今回は仮想通貨Reddcoin(レッドコイン)について、以下の3点に注目してをご紹介します。
 

  • 仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)の特徴
 
  • 仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)の価格チャートの推移
 
  • 仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)の取引所での買い方と将来性

仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)とは?

①仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)の概要

発行日 2014年2月
アルゴリズム PoSV
名称 RDD
上限 無し(年に最大5%増加)       
送信時間
(ブロック生成時間)
約1分
時価総額(2018/01/17現在) 約310億
時価総額ランキング 92位
現在価格 約1円

②仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)の基本情報

仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)は時価総額ランキング92位に位置付くアルトコインです。

ライトコインから派生したP2P(ピアツーピア、直接取引)を行うアルトコインで、2014年に生まれたと仮想通貨の中では発行から長く経っているアルトコインの一つです。

Reddcoin(レッドコイン)はツイッターなどのSNSのプラットフォームと繋がることを目的として作られました。

SNS上でReddcoin(レッドコイン)の寄付を求めている人、または作品の支援金や、作品そのものに価値を感じたユーザーが相手に送るとき、そのSNS上からReddcoin(レッドコイン)を直接相手に送ることができます。

また、宣伝のために情報を一斉拡散する技術も組み込まれています。Reddcoin(レッドコイン)を利用すれば、個人の商品宣伝などがより成功しやすく、多くの商品やReddcoin(レッドコイン)が流通することになります。

Reddcoin(レッドコイン)はビジネスにおいて、かなり将来性が高い特徴を秘めているアルトコインなのです。

Reddcoin(レッドコイン)のメリットはどのようなものなのでしょうか? 特徴や将来性をもう少し詳しく見てみましょう。

Thumbライトコインとは?ビットコインとの違いや特徴、今後の価格や将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Reddcoin(RDD)の特徴

①PoSV(Proof of Stake Velocity)を採用

Reddcoin(レッドコイン)は承認アルゴリズムに「PoSV」を採用しています。

PoSVはproof of Stake Velocityの略で「所有物の活動(速度)の証明」という意味になります。簡単に説明すると「Reddcoin(レッドコイン)をどれくらい運用したか」で報酬が変わるシステムです。

ただ所有しているだけでなく、Reddcoin(レッドコイン)を取引したり、送金したり、何かに寄付やお買い物にReddcoin(レッドコイン)を利用したり、そのような行動が報酬の評価を上げる一因となります。

仮想通貨のマイニング報酬は、技術力に偏ってしまう仕事量で定めても、何もしない保有量で定めても、報酬を受けとる人が偏ってしまうことが問題視されていました。

運用であれば報酬は誰でももらえる可能性が高く利用者にもメリットがある上、Reddcoin(レッドコイン)の開発者としてもありがたいことです。win-winの関係で報酬を受け渡しが出来るのは良いシステムですね。

また、公式ウォレットのオンラインネットワークを取引の検証に利用するため、消費電力を抑えることにも繋がります。仮想通貨全体の将来性につながる、新しいアルゴリズムと言えるでしょう。

PoI(Proof of Importance)という承認システムとかなり似ているため、NEMに近い特性を持っていると言えます。
いずれも、今までの通貨が持っていた課題を克服した、新しい方法と言えます!
PoI(Proof of Importance)やNEMについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbネムコイン(XEM)とは?特徴・仕組み・今後について徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインやイーサリアムにもない将来を感じさせるNEMを購入するならコインチェックとザイフがおすすめです!

コインチェックはハッキング対策もしていて、長期で置いておくのに最適!

ザイフは手数料が安いので、短期の売買におすすめです!


それぞれを使い分けるのがおすすめの取引方法です!

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②チッププラットフォーム

Reddcoin(レッドコイン)は「チップ(ヒント)プラットフォーム」を利用できます。こちらは冒頭でもお話しした、SNS上でReddcoin(レッドコイン)を送る際に利用するプラットフォームです。

少額から利用できるため、投げ銭をする感覚で出来るのも抵抗感が少なく良いですね。新しい商品の買い方革命に繋がるかも知れません。

③Redd-ID

Reddcoin(レッドコイン)は「Redd-ID」を利用することにより、SNSのIDと関連づけることができます。送金相手が扱いやすいIDで送金できるようになるため、送金の手間がぐっと軽くなります。

Redd-IDはブロックチェーンの中にあるものなので、もちろんウォレット内の個人情報は隠されています。SNSのオープンな環境でも、Reddcoin(レッドコイン)のブロックチェーンはしっかり守ってくれます。

④Reddcoin Broadcast

Reddcoin(レッドコイン)には「Reddcoin(レッドコイン) Broadcast」と呼ばれるプラットフォームがあります。

こちらは「クラウドスピーキング」を行うためのサービスです。クラウドスピーキングとは拡散したい情報を大勢のユーザーが一斉発信することで、素早く情報を知らせる方法です。

Reddcoin(レッドコイン)ではSNSと関連したプラットフォームを目指しているサービスの一つとして、クラウドスピーキングを利用した宣伝を行うことができます。

方法も分かりやすく、ツイッターであればそのままReddcoin(レッドコイン)の寄付も受け付けることが出来るので、理に適っています。そのまま商品を購入する、新しい買い方にも繋がりそうですね。

こちらもReddcoin(レッドコイン)や他のアルトコインに繋がる、将来性の強いメリットです。

⑤Reddcoin Electrum

Reddcoin(レッドコイン)はビットコインのウォレットで有名な「Electrum(エレクトラム)」に基づいた、Reddcoin(レッドコイン)のブロックチェーン上の履歴を効率的に同期するウォレットがあります。

デスクトップ用ですが、ネットワーク内の信頼できるノード(コンピューター)と同期し、現在の所有しているReddcoin(レッドコイン)の記録と、その記録を行うためのストレージを利用します。

そのため、非常に軽い動作でReddcoin(レッドコイン)の管理を行うことができます。Reddcoin(レッドコイン)の使い方や買い方も簡単になりますね。

⑥発行上限がなく、毎年数%通貨の発行量が増えていく

Reddcoin(レッドコイン)は発行上限のないアルトコインです。毎年約数%前後発行量が増えていきます。

この増えた分は、主にマイニングの報酬に充てられるうえ、最大でも5%までと上限が決まっているため、インフレする心配もありません。

Reddcoin(レッドコイン)は使った方が報酬は得やすいため、流通量を上げながら発行数も安定的に増やすことが出来る仕組みとなっています。この安定感も将来性に繋がりやすいかもしれませんね。

このように、ビットコインとは全く違う仕様の仮想通貨が今ではたくさん出てきています。
他にもこのような仕様の世界が注目する仮想通貨は多くあります。

気になる方は下をクリック!

Thumb仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)とは?特徴・チャート・購入 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Reddcoin(RDD)の相場チャート・価格推移

Reddcoin(レッドコイン)の特徴をご説明したところで、次はReddcoin(レッドコイン)の価格チャートを見てみましょう。

Reddcoin(レッドコイン)の価格は、2017年3月頃まで0.01円未満という格安のアルトコインでした。

2017年3月の末頃に価格は0.3円に上昇し、同年12月末から2018年元旦にかけても価格が上昇、一時期3.5円という高さにまで価格が上昇しています。安いですが、30倍近いチャートの上昇がみられますね。

価格上昇につながるニュースは詳しいことはみつかりませんでした。公式では、2018年3月31日までにReddcoin(レッドコイン)のソーシャルIDの発行が可能になるというニュースが公開されています。

元々Reddcoin(レッドコイン)はツイッターでも発信が少ないようですので、なにかしらの発表による期待で価格が上がっているのかも知れません。

Reddcoin(RDD)が購入できるおすすめ取引所

Reddcoin(レッドコイン)は特徴も利用性が高く、かなり安いですので購入はしやすいアルトコインといえます。

興味を持たれたかたは、ぜひ購入も検討してみましょう。ここからはReddcoin(レッドコイン)の買い方をご紹介します。

Reddcoin(レッドコイン)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは「Bittrex(ビットレックス)」「Criptpia(クリプトピア)」「Yobit」などがあります。

もっとも取引量が高いのはBittrex(ビットレックス)ですが、現在新規アカウントの作成をストップしているようです。(アカウントをお持ちの方は送金・取引は可能です)

今回は仮想通貨取引所Yobitを中心にReddcoin(レッドコイン)の買い方をご紹介していきます。

Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Reddcoin(RDD)の購入方法の手順

それでは、Reddcoin(レッドコイン)の買い方をご説明します。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はcoincheck(コインチェック)を利用した購入方法をご紹介します。

coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所で、取り扱い通貨も一番多い(13種類)取引所です。

今後Reddcoin(レッドコイン)を取り扱う可能性が高い取引所と言えますので、この機会に是非アカウントを作って、仮想通貨の買い方も覚えておくことをオススメします。

コインチェックの評判や口コミについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の安全性はどう?評判や口コミまとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)でビットコインを購入しましょう。coincheck(コインチェック)での買い方をご紹介します。

まず、coincheck(コインチェック)にログインしましたら左上上部の「ウォレット」をクリックしましょう。左側にメニューが表示されるので「コインを買う」をクリックします。

すると、右側の画面が購入画面に切り替わります。そこで「Bitcoin」を選択したら、下の箱に希望数量を打ち込みましょう。

すると、下に日本円換算のビットコインの値段が表示されます。価格に間違いがなければ一番下の「購入する」をクリックすれば、自分のウォレットに反映されます。

Thumbコインチェック(coincheck)の入金・出金方法【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Yobitのウォレットにビットコインを送りましょう。

先ほどの左のメニューに「コインを送る」という項目があるのでそちらをクリックします。すると、画面右に下のような画面が表示されます。

「ビットコインを送る」を選択し、「送金先リストの編集」でYobitのウォレットアドレスを入力します。

送るビットコインの価格を正確に入力し、よく確認して間違いがなければ、一番下の「送金する」をクリックしましょう。数十分後にはバイナンスのウォレットに反映されているはずです。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

Thumbコインチェック(coincheck) の送金手数料と状況別手数料まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③YobitでReddcoin(RDD)を購入

では、最後にYobitでのReddcoin(レッドコイン)の買い方をご紹介します。Yobitにビットコインが送れたら、Reddcoin(レッドコイン)とビットコインを交換しましょう。

Yobitにログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の検索ボックスで「RDD」と検索します。

そして、下の②で「BTC(ビットコイン)」のタブをクリックすると、下の「RDD」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。すると、画面中央に「RDD/BTC」のチャートが映り、下の売買項目も「RDD/BTC」に変わります。

購入する場合は一番左側の「BUY」でRDDの量を上段に入力し購入します。これで買い方は完了です!

Yobitは数え切れないほどの取り扱い通貨が多く、これから価格が大きくあがるかも、と期待されるアルトコインもたくさん取引していることで有名です。もし興味があれば、他の仮想通貨の取引もYobitで楽しんでみてはいかがでしょうか。

Reddcoin(RDD)のおすすめウォレット

Reddcoin専用Wallet「ReddWallet」

Reddcoin(レッドコイン)の専用公式「reddWallet」は、ソーシャルメディア機能を多く備えたウォレットです。

先ほど紹介したElectrum(エレクトラム)の機能に加え、多数のソーシャルメディアと連携クラウドスピーキングも行うことができます。

ネットワーク上で通信販売を行う人が増えている中、この機能がついているのは非常に将来性が高いと言えます。商品宣伝や寄付などを募る場合は、ぜひ利用しましょう。

Reddcoin(RDD)の今後の将来性

Reddcoin(レッドコイン)は、現代では手放せないSNSと連携をとるアルトコインですので、利用しやすいプラットフォームを備えた将来性に期待できるアルトコインといえます。

まだ話題に上ることが少ないですが、今後SNSを利用した、新しい簡単な支払い方法の主流にもなるかも知れません。

お金を簡単に払うことが出来、宣伝も広めやすい、という、組み合わせとしても申し分ないアルトコインです。インフレしにくく価格も安定感がありますので、将来性は高いでしょう。

ロードマップなどをみると、開発面であまり目立った内容が行われていないようなので、今後Reddcoin(レッドコイン)の開発自体が大きくすすみ、ニュースもたくさん公開されると変わるかも知れませんね。

仮想通貨Reddcoin(RDD)は日本で定着しやすい?

ソーシャルメディアで投げ銭ができるアルトコインと言えば、日本では「モナーコイン」が有名です。2ちゃんねる発祥の日本生まれで、知っている方も多いかと思います。

ツイッターに限らず、投稿された作品に対しモナーコインを投げられるプラットフォームも存在します。この方法が日本で定着しつつあるのであれば、Reddcoin(レッドコイン)も受け入れられやすいかも知れません。

一方で、同じライバルがいるということにもなりますので、Reddcoin(レッドコイン)独自の特徴が活かされる、クラウドスピーキング宣伝が広まるともっと良いかも知れませんね。

そんなモナーコインはザイフでお得に取引できます!
利用できるシーンが少ない怪しいコインが多い中、ファンがいて、利用シーンも多くあるモナコインは今後も楽しみな通貨です!

Thumbモナコイン(monacoin)とは?評判と買い方や使い道を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Reddcoin(レッドコイン/RDD)まとめ

Reddcoin(レッドコイン)について特徴や価格とチャート、取引所での買い方や将来性などお話ししましたが、いかがでしょうか? Reddcoin(レッドコイン)の特徴の組み合わせは非常に将来性が高いと感じます。

Reddcoin(レッドコイン)はとにかく、利用者が増えると大きく変わるアルトコインだと考えます。Reddcoin(レッドコイン)のニュース更新が頻繁に行われることを期待し、将来性の変化を見守りましょう。

将来有望な通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Decred(ディークレッド)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbネムコイン(XEM)とは?特徴・仕組み・今後について徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Siacoin(シアコイン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Qtum(クアンタム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side