仮想通貨Gnosis(グノーシス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

予測市場を楽しめる仮想通貨Gnosis(グノーシス)とは? チャートの価格はまだまだですが、将来性あるアイデアが魅力です。仮想通貨Gnosis(グノーシス)の特徴やチャート、取り扱い取引所や取引所での購入方法をご紹介します。ICOの購入にも工夫が?

仮想通貨Gnosis(グノーシス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1予測市場ができる? 個性的な仮想通貨Gnosis(グノーシス)
  2. 2仮想通貨Gnosis(グノーシス)とは?
  3. 3仮想通貨Gnosisの特徴
  4. 4Gnosisの特徴的なICO(ダッチオークション方式)
  5. 5Gnosisでリリースされているアプリケーション
  6. 6Gnosisの相場チャート・価格推移
  7. 7Gnosisが購入できるおすすめ取引所
  8. 8Gnosisの購入方法の手順
  9. 9Gnosisのおすすめウォレット
  10. 10Gnosisの今後の将来性
  11. 11仮想通貨Gnosis(グノーシス)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

予測市場ができる? 個性的な仮想通貨Gnosis(グノーシス)

仮想通貨Gnosis(グノーシス)はご存じですか? 

「予測市場」というギャンブルで利用できる、ちょっと変わったアルトコインです。

ですがギャンブルという枠を越え、保険や福祉などの商品展開にも応用できる風変わりなプラットフォームになっています。徐々に価格を下げるICO販売も、おそらく初めてのアルトコインでしょう。

そんなちょっと個性的なアルトコイン、Gnosis(グノーシス)の特徴や将来性など、以下の3つの観点を重点的に見ていきましょう!

 

  • 仮想通貨Gnosis(グノーシス)の特徴
 
  • 仮想通貨Gnosis(グノーシス)のチャートと将来性
 
  • 仮想通貨Gnosis(グノーシス)の購入方法と取り扱い取引所

仮想通貨Gnosis(グノーシス)とは?

①仮想通貨Gnosis(グノーシス)の概要

発行日 2017年5月
アルゴリズム Proof of Stake
名称 GNO
上限 1000万GNO
送信時間
(ブロック生成時間)
約1分半
時価総額(2018/01/15現在) 約450億円            
時価総額ランキング 95位
現在価格 約4万円

②仮想通貨Gnosis(グノーシス)の基本情報

仮想通貨Gnosis(グノーシス)は時価総額ランキング95位に位置付くアルトコインです。イーサリアムのブロックチェーン上に「分散型予測市場プラットフォーム」として存在しています。

「予測市場」とは、ある事柄について将来どのような結果が起こるか予想し、その予想が当たったらお金を手に入れることが出来る、というギャンブルのプラットフォームです。

Gnosis(グノーシス)ではその予測市場に参加することが出来、当たるとGNOというアルトコインを手に入れることができます。

予測市場はギャンブルですが、予想をより正確に行うために、最新の高い情報が集まりやすい場と言われています。ギャンブルを楽しむ方だけでなく、情報を求めて予測市場を行う方も多いようです。

③Gnosisのプラットフォーム

Gnosis(グノーシス)のプラットフォームは3層に別れています。
※この図では一番上が最下層、一番下が顧客に最も近い層です。

第一層の「コア」はイベントのトークン作成やマーケットのメカニズム、そしてオラクル(予言)や管理を行います。

第二層の「サービス」では第一層のコアの上に、「取引手数料」のルールや通貨、新しい市場やアプリケーションのプログラムを作り上げます。

第三層「アプリケーション」は、直接顧客が触れる部分です。第一、第二層で準備されたものを、分かりやすく反映します。予測市場の他「保険」や「金融」など、Gnosis(グノーシス)が提供するプログラムを利用することができます。

Gnosis(グノーシス)では、Gnosis(グノーシス)の開発者の他、予測市場に興味を持つ外部の開発者も携わっています。

開発も幅広く、誰でも参加しやすい予測市場Gnosis(グノーシス)は、将来性の高いシステムと言えるでしょう。

仮想通貨Gnosisの特徴

①PoS(プルーフオブステイク)を採用

Gnosis(グノーシス)はイーサリアムのブロックチェーン上にあるため、イーサリアムと同じく「プルーフオブステイク(PoS)」の承認アルゴリズムを利用しています。

取引を承認する「マイニング」で使われるアルゴリズムで、Gnosis(グノーシス)のアルトコインGNOを所有している期間が長い人ほど報酬が多くなる、というシステムです。

一度多く報酬を受け取ると、所有期間はリセットされます。そのため、マイニングを行うマイナーの一部に報酬が集中せず、平等に配分することができます。

仮想通貨の中では主流となりつつあるアルゴリズムです。

ちなみに、PoSを採用している将来有望な通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Paccoin(パックコイン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②2種類のトークン

Gnosis(グノーシス)では2種類のトークンがあります。

一つはGnosis(グノーシス)の価格チャートでもある「GNO」。GNOはビットコインや他のアルトコインと同じように、取引に利用したり法定通貨に変えることができます。

もう一つは「WIZ」と呼ばれ、こちらは主に取引手数料や市場の生成など、Gnosis(グノーシス)のプラットフォームを整える為に利用されます。ペッグ通貨であり、米ドルに価格が固定されています。

GNOは他の一部のアルトコインのように、発行上限が定められています。また、WIZを生成するとき、GNOは発行をロックされます。

制限をかけることでアルトコインの希少性を保ち、GNOやWIZの優位性を保つことができます。

③Augarと似ている仕組み

「予測市場」と言えば、Gnosis(グノーシス)の他にAuger(オーガー)というアルトコインも有名です。どちらもイーサリアムのブロックチェーン上に生成されたプラットフォームです。

Auger(オーガー)とGnosis(グノーシス)の違いは、「完全に分散しているかしていないか」です。

Auger(オーガー)はブロックチェーンの仕組みを完全に反映した、分散型の予測市場です。予想が当たったかどうかの報告は、世界中に散らばったAuger(オーガー)トークン保有者が行います。

一方、Gnosis(グノーシス)も分散型ですが、報告はユーザーから選ばれた専門家が報告を行います。

一部のユーザーが特定の場所で報告を行うことにより、Gnosis(グノーシス)では確認まで迷わずスムーズに行うことができます。

このGnosis(グノーシス)の利点は効率も良く、予測市場の将来性にも繋がります。

しかし、分散型と言う、さらに民主的で新しい概念を採用したAugur(オーガー)も将来性が高い通貨と呼ばれ、今後それぞれの通貨がどうなっていくのか楽しみです!

Augur(オーガー)は日本ではコインチェックのみで扱われている通貨です。
将来の保険の仕組みになるとも言われているAugur(オーガー)に興味がある方は、コインチェックで確認を!

初心者でも簡単に購入ができ、ハッキング被害への補償もして安心の取引所のコインチェックはおすすめです!

Augur(オーガー)についてさらに詳しく知りたい方はこちら!

Thumbオーガー(Augur)ってなに?今後の価格は?将来有望な通貨を解説【完全版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

④ひとまとめに管理

Gnosis(グノーシス)のアプリの一つ「管理インターフェース」では、予測市場の取引はもちろん、現在出ているの予測イベントや成果を確認できます。

また、予測の現在の結果をみることもできます。自身が予測をする際に参考にすることもできるでしょう。

情報が一目で、見やすく整理されているのも扱いやすく参加しやすいですね。
 

Gnosisの特徴的なICO(ダッチオークション方式)

Gnosis(グノーシス)はICO(仮想通貨の株)を「ダッチオークション形式」で販売したことでも有名です。

ダッチオークションとは、徐々に価格を上げていくイングリッシュオークションとは逆に、価格を最高値から始め、徐々に値段を下げていくオークションです。早い者勝ちのオークションであるため、取引スピードが速いことが利点です。

通常のICOも徐々に価格が上がるため、初期に購入者が殺到し右肩下がりになるのが通例です。そのためGnosis(グノーシス)はICO価格を高く設定し、徐々に下げる方法をとりました。

ICOで行うこの利点は、ICOの価格が下がった後も適用されるということです。例えば1GNO=1万円から始まったとき、5GNOを買う予定で5万円を払います。

その後、1GNO=100円でハードキャップ(資金調達の上限額)となり終了となったとき、同時に先に5万円を払った人にも価格が適用され、結果500GNOを手に入れることができます。

先にICOを高値で買った人も、結果的に得をする可能性があるシステムですね。後からICOを購入する人も価格的に参加しやすくメリットが高いと言えます。

Gnosis ICOの問題点

ダッチオークション形式でICO販売したGnosis(グノーシス)ですが、結果的に開始10分で13億円の資金を調達し、ハードキャップ(資金調達の上限額)を迎えICO配布は終了してしまいました。

ICOは900万を配布の予定でしたが、価格のICOが高い内に終わってしまったため、ICO配布できたのは41万GNO程、結果850万近いICOがGnosis(グノーシス)運営の手元に残ったままとなるもったいない結果になってしまいました。

投資家にとっては、将来性があれば最初の価格は関係ないのかも知れませんね。

Thumb期待のICO「Tezos」は詐欺だった?アメリカで訴訟が勃発! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Gnosisでリリースされているアプリケーション

①ハッチゲーム

ハッチゲームは有名なものや人に対する噂をゲーム化した予測市場です。
予想イベントに対し参加人数が多ければ多いほど、当たったときの報酬があがります。

利便性のある情報で予想するものではありませんが、身近で参加しやすい市場であることが特徴です。

②価格発見

Gnosis(グノーシス)では芸術作品などの価格を予想するという市場があります。オークションなどに掛けられた作品が、最終的にどれくらいの価格になるかを予想するギャンブルです。

予測市場を楽しむと共に、新しい芸術の価値を見いだすことができます。また、自分の知らなかった伝統技術や最新技術を知るきっかけにもなります。興味を増やすきっかけも、Gnosis(グノーシス)の将来性につながるメリットですね。

③金融市場

Gnosis(グノーシス)では金融市場を予測することもできます。

簡単に説明すると、株取引の予想です。予想市場はギャンブル性の高いものですが、金融市場に関してはその限りではありません。経済市場は最近の技術やマーケティングなど、ニュースが多くみつかるため、より論理的な予想を立てることができます。

株ではニュースなどを参考に株価を予想する「ファンダメンタルズ分析」という名前で有名な分析技術の一つです。経済に詳しい方も知識を発揮できる場があるのも、Gnosis(グノーシス)のメリットになります。

④保険

Gnosis(グノーシス)では保険も利用できます。

保険の仕組みは「利用するユーザーに何かあれば積み立てたお金を渡し、何もなければお金は回収できる」というものです。この仕組みは予測市場と非常に似ています。

保険の様な、不確実な結果に対する商品を作ることができます。Gnosis(グノーシス)はギャンブルを行うだけでなく、販売もできるということですね。

⑤Futarchy/Governance

「Futarchy/Governance」は「福祉ガバナンス」という意味です。ガバナンスは意志決定や制度を指します。

Gnosis(グノーシス)では先ほどの保険の制度や、最新の情報が集まりやすいのを利用し、福祉制度を定めるための情報を集められる市場があります。

国の議会や理事会だけに定めず、福祉に近い人々が情報を提供でき、その情報を元にガバナンスを作り提出できる、ということですね。より現場に近い意見が取り入れられやすく、更新もしやすくなります。

Gnosis(グノーシス)はギャンブルだけでなく、幅広い環境で役立つプラットフォームがあつまっています。かなり将来性の高いシステムといえるでしょう。

Gnosisの相場チャート・価格推移

Gnosis(グノーシス)の特徴を紹介したところで、次にGnosis(グノーシス)のチャートを見てみましょう。

Gnosis(グノーシス)はかなり最近に上場したアルトコインであるため、長期的に右肩上がりはしていません。高騰が目立つのは2017年5~6月と、12月上旬から徐々に伸びている部分ですね。

公式サイトのタイムライン(変遷)によると、上場から数日後の5月はドイツのベルリンに事務所を追加したこと、6月には開発者向けのプログラムが公開されたことが記載されています。アルトコインの価格が1万円台から4万円台になっていますね。

「Gnosis(グノーシス)JavaSprict」と、スマートコントラクトを搭載した「Gnosis(グノーシス)データベース」が公開され、将来性の期待からアルトコインの価格が上ったと推測されます。

12月には特徴でもご紹介したGnosis(グノーシス)の管理インターフェース(ベータ版)と、Gnosis(グノーシス)の中心予測市場「Gnosis(グノーシス)オリンピア」が公開され、アルトコインの価格が徐々に伸びてきています。

Gnosisが購入できるおすすめ取引所

Gnosis(グノーシス)は上場してまもなく、今後の将来性も高いです。できるだけ早く手に入れておきたいですね。ここからはGnosis(グノーシス)の購入方法をご紹介しましょう。

Gnosis(グノーシス)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのはアメリカの「Bittrex(ビットレックス)」「Poloniex(ポロニエックス)」「Kraken(クラーケン)」などがあります。

もっとも取引量が高いのはBittrex(ビットレックス)ですが、現在新規アカウントの作成をストップしているようです。(アカウントをお持ちの方は送金・取引は可能です)

ですので、今回は同じくアメリカの大手仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)を中心にGnosis(グノーシス)の買い方をご紹介していきます。

Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Gnosisの購入方法の手順

それでは、Gnosis(グノーシス)の購入方法をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はcoincheck(コインチェック)を利用した購入方法をご紹介します。

coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所で、取り扱い通貨も一番多い(13種類)取引所です。

デザインが一目で分かりやすく、初めての方にこそ扱いやすいおすすめの取引所です。今後Gnosis(グノーシス)を取り扱う可能性も高いですので、この機会に是非アカウントを作っておきましょう。

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)でビットコインを購入しましょう。coincheck(コインチェック)での買い方をご紹介します。

まず、coincheck(コインチェック)にログインしましたら左上上部の「ウォレット」をクリックしましょう。左側にメニューが表示されるので、「コインを買う」をクリックします。

すると、右側の画面が購入画面に切り替わります。そこで「Bitcoin」を選択したら、下の箱に希望数量を打ち込みましょう。

すると、下に日本円換算のビットコインの値段が表示されます。価格に間違いがなければ一番下の「購入する」をクリックすれば、自分のウォレットに反映されます。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

先ほどの左のメニューに「コインを送る」という項目があるのでそちらをクリックします。すると、画面右に下のような画面が表示されます。

③PoloniexでGnosisを購入

Poloniex(ポロニエックス)にビットコインが送れたら、最後にPoloniex(ポロニエックス)の取引所でGnosis(グノーシス)とビットコインを交換しましょう!

Poloniex(ポロニエックス)にログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の検索ボックスで「GNO」と検索します。

そして、下の②で「BTC(ビットコイン)」のタブをクリックすると、下に「GNO/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「GNO/BTC」に切り替わり、下部にある購入、売却もGNO/BTCに切り替わります。

下部にスクロールした購入、売却はこちらです。ビットコインでGnosis(グノーシス)を購入する場合は一番左側に、GNOの量を中段に入力し購入します。

もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limitをつかうと、どのレートで取引を終了するか予約することが出来るため、より細かい取引を行うことができます。

Poloniex(ポロニエックス)は世界の取引量1位にもなるなど最大手の取引所で、取り扱いのアルトコインも約70種類以上と大変多くの仮想通貨を取り扱っています。

取引量も多く非常に利用しやすい取引所となっていますので、もし興味があれば、他の仮想通貨の取引もPoloniex(ポロニエックス)で楽しんでみてはいかがでしょうか。

Gnosisのおすすめウォレット

Gnosis(グノーシス)には公式ウォレット「Gnosis(グノーシス)Light Wallet」が存在します。複数のキーでアルトコインの取引管理をするマルチシグネチャタイプで、イーサリアムでも保持可能となっています。2018年の初めから本格的に開始するようです。

そのほか、イーサリアムのウォレット「MyEtherWallet」も利用が可能です。イーサリアムの方が流通量が多いので、そちらを利用してもいいかもしれませんね。

Gnosisの今後の将来性

Gnosis(グノーシス)は予測市場というギャンブル市場のプラットフォームですが、その枠を越えて保険の販売や福祉の契約など、身近に必要な商品を手にいれるためにも利用することができます。

また、自分の知らなかった情報や、予測するための新しい情報なども手に入れやすく、新しい発見や興味も見つかるかも知れません。

保険や楽しめる趣味まで、幅広い情報をGnosis(グノーシス)のプラットフォームでまとめて集めることが出来るのは、とても利便性が高いでしょう。今後の将来性は高いと感じます。

仮想通貨Gnosis(グノーシス)まとめ

Gnosis(グノーシス)について、特徴やチャート、購入方法や将来性をお伝えしましたが、いかがでしょうか? 予測市場というもの自体が初めて聞いた、という方も多いかも知れませんね。

Gnosis(グノーシス)はギャンブル性だけでなく、予測市場を発展させ、様々なツールに応用することができます。このようなプラットフォームのアイデアは素晴らしいと感じます。

Gnosis(グノーシス)のプラットフォームは、今後発展する可能性を強く秘めているでしょう。今後の活躍に期待しましょう。

今後このようなビットコインにはない特徴的な機能を持った通貨は伸びていくと考えられています。
一時的に下がったとしても、過去5年ずっとバブルと言われては落ちてはそれまでの価格を超えています。

ぜひこの機会にコインチェックでアルトコイン投資をおすすめします!

コインチェックで扱っている将来有望な通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Binance Coin(BNB)とは?チャート・購入方法・取引所・将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨XPとは?チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Qtum(クアンタム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbTRON(トロン/TRX)が高騰中!アリババとの提携やZaif上場か!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side