仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説

イーサリアムのモバイルOSと呼ばれるStatus(SNT)はどんなコイン?ICO後いったん価格チャートは落ち着いたが、現在のチャートは?Status(SNT)を購入したい場合どこの仮想通貨取引所で買うのか?特徴から仮想通貨取引所での購入方法まで解説します。

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?
  2. 2仮想通貨Status(SNT)の特徴
  3. 3Status(SNT)の相場チャート・価格推移
  4. 4Status(SNT)が購入できるおすすめ取引所
  5. 5Status(SNT)の購入方法の手順
  6. 6Status(SNT)のおすすめウォレット
  7. 7Status(SNT)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨Status(ステータス/SNT)まとめ
  9. 9この記事を読んだ方はこちらも読んでいます
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?

仮想通貨Status(ステータス)は日本の仮想通貨取引所にはまだどこにも上場されていませんので、あまり聞き馴染みのないと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ポテンシャルは高く、将来性もあり、これからチェックしておきたいアルトコインの1つです。

Status(ステータス)が購入できる海外の仮想通貨取引所を開設するためには、まず国内の取引所でビットコインを買っておかなくてはいけません。

まだ国内取引所をお持ちでない方は、国内で取引手数料が一番安いZaifをお勧めします。取引をすればするほど、ビットコインが溜まっていくお得な取引所です。
 

ザイフの口座開設手順に関してはこちらをクリック!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Status(ステータス/SNT)の概要

通貨名 Status(ステータス) 
発行日 2017年6月20日
通貨単位 SNT
発行上限 6,804,870,174 SNT

仮想通貨Status(ステータス/SNT)の基本情報

Status(ステータス)は、2017年ICOによって資金調達をされ、6月に発行されたイーサリアム上で構築された分散型モバイルメッセンジャープラットフォームです。


LINEのようなチャットアプリの機能を持ち、SNTの送受信や支払いもでき、App storeのようなアプリストアも兼ね備えた将来性の高いアルトコインです。

Status上で利用される通貨をステータスネットワークトークン(SNT)と呼びます。

2017年1月15日現在、仮想通貨時価総額ランキングは33位です

 

仮想通貨Status(SNT)の特徴

Ethereumと関係性がとても深い

Status(ステータス)はEthereumの分散型アプリケーションを使って動いています

Ethereumの分散型アプリケーションとはどういうものかというと、要するに中央管理者のいないアプリケーションだということです。

例えば、YouTubeにしてもLINEにしてもYahooにしても、そこには管理をしている会社や組織があります。
そうすると、その運営もどうしてもその会社の利益に沿ったものになりますし、そもそもその会社が倒産なんかしたら、その媒体そのものもなくなってしまいます。

このとき分散型アプリケーションなら、倒産によってその媒体が消えることはありませんし、会社の利益を優先しませんから、よりユーザーに沿った運営がされていきます

この分散型アプリケーションを開発するプラットフォームがイーサリアムであり、それをモバイルで使えるようにするのがStatus(ステータス)ということです。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

モバイルイーサリアムOS

イーサリアムのスマートコントラクトや、分散型アプリケーションの技術をモバイル上で、ITリテラシーのない人にも簡単に使えるようにするOSとして提供するのがStatus(ステータス)です

iosとAndoridでα版のダウンロードが可能です。

また、12月に販売された世界初のブロックチェーン技術を使ったスマホには、Status(ステータス)がプリインストールされています。
 

Status(ステータス)は、モバイル上でイーサリアム上で開発された分散型アプリケーションに、簡単にアクセスすることができます。

アクセスできるのは以下のようなアプリケーションです。


uPort:個人情報確認システム。

Gnosis:市場予測アプリ

Oasis exchange:イーサリアムベース取引サービス

Ethlance:雇用者と技術者のマッチングサービス

Aragon:会社や組織の運営・管理プラットフォーム

Etherisc:保険プラットフォーム

Ujo:音楽配信サービス

LINEのような機能を搭載している

Status(ステータス)は分散型モバイルメッセンジャープラットフォームを使っています。モバイルメッセンジャープラットフォームと言えば日本ならLINE、中国ならWeChatですね。

実際、Status(ステータス)ではメッセージのやりとり、データのやりとり、SNTを送受信することもできます。
また、 LINEのようにスタンプマーケットというもので、Status(ステータス)内で使用するスタンプを自分で作って世界に向けて販売したり、また買ったりしてその代金はSNTで、というようなことも予定しているようです。

LINEのようなメッセンジャープラットフォームは、日本や中国では普及していますが、西洋や発展途上国ではまだ普及していませんので、これらの地域で便利に使ってもらうことを目指しているそうです。

ICOは大成功に終わった

Status(ステータス)のICO(仮想通貨による資金調達)では100億円相当の資金をEthereumで調達して大成功に終わりました。
2017年の6月11日にStatus(ステータス)のICOの告示がされて、Ethereumの買いが急増し、27000円前後から46000円まで一気に価格が上がり、Ethereumの送金詰まりが起こったそうです。

そのぐらい熱狂的なICOでした。

ただ、当時はICOバブルと言われていた時期だったので、Status(ステータス)のICOプロジェクトに将来性を感じてICOに参加した人ももちろんいましたが、将来性というより投機的に捉えて買った投資家も多かったことは事実です。

その当時のICO銘柄として注目されて、将来有望な通貨について知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨TenX(テンエックス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Monaco(モナコ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Status(SNT)の相場チャート・価格推移

Status(ステータス)の価格チャートです。

2017年6月にICOを行い、ICOの価格が1ETH=10,000SNTでした。その当時1SNT=3万円くらいだったので、1SNTがだいたい3円くらいですね。
8月にはその将来性からStatus(ステータス)は一時約0.06ドル(約6.7円)を付けました。

上場後ICO価格を割るアルトコインも多い中、Status(ステータス)は2倍以上の価格になりましたが、高値で売り抜けたい人たちによって売られ、価格チャートは1SNTが3〜4円に戻ります。

その後、派手な広報活動もなかったせいか、将来性があると言われながらも11月初旬までStatus(ステータス)の価格チャートは横ばいでしたが、新しいプロダクトの発表や、続く開発への期待感、上場している仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の躍進などによって、大きく価格チャートは上昇しました。

1月現在は12月よりは少し価格チャートも落ち着いていますが、プロダクトの内容もしっかりしていて将来性は十分にあるアルトコインですから、今後、さらなる価格チャートの上昇は見込めるでしょう。

Status(SNT)が購入できるおすすめ取引所

Status(ステータス)を購入するならBinance(バイナンス)をお勧めします。

Binance(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所ですが、海外の仮想通貨取引所には珍しく、サイトが日本語対応されていますから、海外の仮想通貨取引所を使ったことのない人でも簡単に取引を始めることができます。

Staus(ステータス)のほかにも、日本未上場の将来性のあるアルトコインなど90種類以上の仮想通貨の取引ができますから、これからいろんなアルトコインも買ってみたいという人にもお勧めの取引所です。

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Status(SNT)の購入方法の手順

Status(ステータス)は国内の仮想通貨取引所では取引されていませんので、Status(ステータス)を購入したい場合は、Binance(バイナンス)など海外の取引所で購入する必要があります。

しかし、海外の仮想通貨取引所では普通日本円での取引に対応していませんので、日本の取引所でビットコインかEthereumなど国内で販売しているアルトコインを購入して、Status(ステータス)の取り扱いのある取引所へ送金する必要があります。

とにかく買い時を逃したくないから早く送金したいというならリップルで送金することをお勧めします。リップルは送金速度が早いので、海外の仮想通貨取引所にもすぐ送金されます。

ただ、リップルは他のアルトコインを買うときの基軸通貨ではないため、送金した後、一度ビットコインかEthereumに換金してSNTを買わなくてはいけません。
それが面倒だという方は、最初はやはりビットコインまたはEthereumで送金する方がいいでしょう。

国内の取引所で、ビットコインもリップルも購入でき、アルトコインの種類も豊富なのはコインチェックです。

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それではここからは、コインチェックを使っての日本円でビットコインを購入する方法についての説明です。

まず、コインチェックにログインしたら、TOPページより、左上「入金」をクリックします。

入金方法を選ぶと下に入金方法が出てきます。銀行振込なら振込先、コンビニ入金ならコンビニ入金の方法が出てきますので、それにしたがって入金をします。

入金が終わってコインチェックに入金が反映されましたら、「コインを買う」をクリックして、「買い板」から購入したい金額を選び、注文をクリックしビットコインを買います。

海外の取引所口座へビットコインを送金

この後購入したビットコインを海外の取引所の口座へ入金します。ここではBinance(バイナンス)を使って説明します。

Binance(バイナンス)の公式ページでログインしたら、左上「資産」にカーソルを合わせると、「預金の引き出し」が表示されますので、ここをクリックします。

次に自分が入金したいコインを選びます。

ここではビットコインですので「BTC」を選んで「預金」をクリックするとビットコイン用の送金アドレスが出てきますので、横のオレンジ色のボタンをクリックしてアドレスをコピーします。

コインチェックのページに戻り、「コインを送る」をクリックします。

ビットコインを送るを選択して、「送金先リストの編集」の「新規宛先」に先ほどのBinance(バイナンス)の送金アドレスをペーストします。

その後、送りたいビットコインの金額を入力して送金をします。

BinanceでStatus(SNT)を購入

Binance(バイナンス)のTOPページからBTCかETHを選び、購入したいアルトコインを左側から選びます。

Status(ステータス)を購入したい場合SNTを選びます。

購入・売却画面が出てきますので、購入の場合、緑色の買い板のところから購入金額を決めて、買いたい数量を入れ購入しますこのとき、数量の下の25%・50%・75%・100%のボタンを押せば、今の自分の所有ビットコイン(イーサリアム)の〜%を購入すると指定できて便利です。

SNTを売りたい場合も同様に、今度は売り板のところから売却金額を決めて売ることができます。

 

Status(SNT)のおすすめウォレット

StatusはEthereum上で動かされているものですから、Ethereum規格のウォレットであればSNTを送受信することができます。

代表的なもので「Ethereum Wallet」「MyEtherWallet」などがあります。これらのウォレットでは同じEthereumグループのREP(Auger) やBNB(Binance coin)、OMG(OmiseGo)など にも使うことができます。

イーサリアム関連の他のアルトコインはどれも中々将来有望です。こちらも合わせてご覧ください。

Thumb仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbオーガー(Augur)ってなに?今後の価格は?将来有望な通貨を解説【完全版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Binance Coin(BNB)とは?チャート・購入方法・取引所・将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Status(SNT)の今後の将来性

日本のLINE、中国にはWechatに続くサービスとしてStatus(ステータス)の将来性はすごくあると思います。まだ、こういうメッセンジャーアプリがそんなに根付いていないところで、このStatusが受け入れられていけば、仮想通貨全体の広がりに繋がっていくでしょう。

世界には銀行口座を持っていないというような発展途上国の人たちがたくさんいます。そういう人たちが、遠い場所に出稼ぎに行って国の家族への送金手段は、現在でも「運び屋」という人たちに頼まなければならないそうです。

この「運び屋」は法外な手数料を取って、お金を直接家族の元へ運んでくれるそうですが、持ち逃げされることもよくあることだそうです。しかし、銀行口座を持たない人たちにとって、今までこれしか送金手段がなかったのです。

仮想通貨がもっと世界的に普及し、この役割をStatus(ステータス)でできるようになれば、産業革命以上に、世界はまた変わっていくことになるでしょう。

こうしたことも見越すと、誰でも使えるOSを開発しているStatusの将来性はとても明るいものだと思います。

仮想通貨Status(ステータス/SNT)まとめ

仮想通貨Status(ステータス)は、ICO後開発がおざなりになったアルトコインなどもある中、その後も手を止めることなく開発が続いており、次々とプロダクトを発表していたりと、とても実直なコインプロジェクトだと思いました。

イーサリアムの技術をモバイル上で誰でも簡単に使えるようにするプラットフォームなど、ポテンシャルも高く、将来性もすごくあるアルトコインです。

ただ、目標が高い分、全ての完成というところまでは中々到達しないと思うので、その将来性を買って、長い目で応援したいアルトコインと言えるでしょう。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Paccoin(パックコイン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)とは?特徴・チャート・購入 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Verge(ヴァージ/XVG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side