仮想通貨PepeCash(ペペキャッシュ)とは?特徴やチャートから見た今後の価格や将来性

仮想通貨PepeCashのチャート上の価格推移、おすすめ取引所、今後の将来性についての情報をまとめました。仮想通貨PepeCashの将来性や今後のチャート上の価格推移は、運営の手腕やコミュニティの力が大きく関わってくるかもしれません。

仮想通貨PepeCash(ペペキャッシュ)とは?特徴やチャートから見た今後の価格や将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)
  2. 2PepeCash(ぺぺキャッシュ)の特徴
  3. 3PepeCash(ぺぺキャッシュ)のメリット
  4. 4PepeCash(ぺぺキャッシュ)のデメリット
  5. 5PepeCash(ぺぺキャッシュ)の相場チャート・価格推移
  6. 6PepeCash(ぺぺキャッシュ)は今が買い時?
  7. 7PepeCash(ぺぺキャッシュ)の購入方法とおすすめ取引所
  8. 8PepeCash(ぺぺキャッシュ)のおすすめウォレット
  9. 9PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性
  10. 10仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)

PepeCash(ぺぺキャッシュ)とは、アメリカにある巨大匿名掲示板「4ch」で誕生した仮想通貨です。PepeCash(ぺぺキャッシュ)は最近になって注目を浴び、2017年では2~3円台だった価格が2018年に入って以降価格が10円台まで高騰しています。

ここ1ヶ月で仮想通貨の投資家から注目を集めるようになり、価格が高騰しているPepeCash(ぺぺキャッシュ)の概要と基本情報についてご紹介しましょう。

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)の概要

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)の概要については、以下の表の通りになります。

       PepeCash(ぺぺキャッシュ)
  発行日      2016年9月14日
  名称      PepeCash(PEPECASH)
  発行枚数      約7億188万枚
  上限      約7億188万枚
  開発者      不明
  時価総額      約92億円(1/13日現在)
  価格      約13円(1/13日現在)

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、Counterpartyと言う仮想通貨を元にした仮想通貨です。

Counterpartyとは、ビットコイン(BTC)のプラットフォームにて誕生した仮想通貨であり、仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)のシステムはCounterpartyのシステムを活かして誕生した通貨になります。

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、総発行枚数の全てになる約7億188万枚が仮想通貨市場に流通されており、上限も現在の発行枚数である約7億188万枚に設定されています。この為、これ以上通貨を発行する予定は現在ありません。

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)の基本情報

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、仮想通貨の時価総額ランキングで250位以内にランクインしているアルトコインになります。

1月13日現在の時価総額ランキングでは245位にランクインし、時価総額の金額は約92億円になっています。

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、2017年の年始から11月頃まで時価総額が3億円~20億円程度で推移していましたが、12月にPepeCash(ぺぺキャッシュ)の価格が高騰し、時価総額が急激に増加しています。

またPepeCash(ぺぺキャッシュ)のPepeは、PepeCash(ぺぺキャッシュ)のイメージキャラクターであるカエルの名前から取っています。この為、PepeCash(ぺぺキャッシュ)とイメージキャラクターは、深く結びついている関係にあるのです。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の特徴

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)の特徴では、どのような特徴があるのでしょうか。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の特徴について、幾つかご紹介しましょう。

海外匿名掲示板4chが発祥

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、アメリカで有名な匿名掲示板「4ch」が発祥の仮想通貨であり、誕生の経緯は国内の巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」で誕生したモナーコイン(MONA)と一緒になります。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、主にカエルをキャラクター化したカードゲームの売買にPepeCash(ぺぺキャッシュ)が決済通貨として使われています。

モナーコイン(MONA)では、2ちゃんねるでよく使われるAAのキャラクター「モナー」をイメージキャラクターにしており、関係も深く結び付いている特徴があり、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の発祥やコンセプトがモナーコイン(MONA)と全く似ています。

モナーコイン(MONA)の利用法について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbモナコイン(monacoin)とは?評判と買い方や使い道を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ホワイトリストに入っている

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、2017年の9月に金融庁が作成したホワイトリストにノミネートされるようになりました。

ホワイトリストとは、金融庁が認定した国内取引所での取り扱い通貨の対象として金融庁が許可する通貨リストになり、金融庁が認定した国内取引所で上場するには、このホワイトリストにノミネートされなければなりません。

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)がこのホワイトリストにノミネートされた事で、国内取引所のZaif(ザイフ)でPepeCash(ぺぺキャッシュ)の取引が引き続き出来るようになりました。

Counterpartyの機能を利用して発行

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)では、仮想通貨Counterpartyの機能である独自のトークンを発行出来る機能を使って、PepeCash(ぺぺキャッシュ)が発行される特徴があります。

つまりPepeCash(ぺぺキャッシュ)ではマイニングによって通貨が発行される訳でなく、POS通貨のように無限にどんどん通貨が発行できる訳ではありません。

この為、通貨を発行するにはCounterpartyの機能に依存しなければならない点があり、安定的に通貨を供給すると言う観点からではPepeCash(ぺぺキャッシュ)には幾分かの不利があります。


マインニングやPOSを採用した仮想通貨について詳しく知りたい方はこちら!
<マイニング>

Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<POS>

Thumb仮想通貨XPとは?チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Qtum(クアンタム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Rare Pepe Card(レアペペカード)を購入するのに使える

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)の最後の特徴として、Rare Pepe Card(レアペペカード)と言うPepeCash(ぺぺキャッシュ)のイメージキャラクター、「Pepe」をモチーフにしたカードを購入するのにPepeCash(ぺぺキャッシュ)が使える点があります。

Rare Pepe Card(レアペペカード)は、現在主にトレーディング用でしか使う事が出来ず、他の用途でRare Pepe Card(レアペペカード)を使う事は出来ません。

Rare Pepe Card(レアペペカード)は、カードによって希少性があるカードがあり、レアなカードだと1枚で数万PepeCashの価格が付けられる事もあります。

因みにRare Pepe Card(レアペペカード)は現在新規発行を停止している模様で、新規発行の再開は未定になっています。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のメリット

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)のメリットでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のメリットについてご紹介します。

価格がまだまだ安い

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の一つ目のメリットとして、価格がまだまだ安い点が挙げられます。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の価格は、2017年12月から価格が高騰したものの、1月13日現在で約13円前後で価格が推移しており、今後も価格が伸びる余地があります。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)と特徴が似ているモナーコイン(MONA)は、総発行枚数が1億枚程度で1月13日現在の価格は900円前後、時価総額の金額は511億円程度になります。

仮にモナーコイン(MONA)と同じくらいの時価総額までPepeCash(ぺぺキャッシュ)が高騰した場合、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の価格はおよそ60円~70円程度の価格になります。

この点から、PepeCash(ぺぺキャッシュ)にはまだ価格が上がる可能性があると言えます。

コミュニティが強い

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の二つ目のメリットとして、モナーコイン(MONA)と同様に強いコミュニティを持っている点があります。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のコミュニティでは、PepeCash(ぺぺキャッシュ)のホルダー同士で交流が行われており、コミュニティ内ではPepeCash(ぺぺキャッシュ)に対して抜群の支持があります。

その為、PepeCash(ぺぺキャッシュ)のホルダーが簡単にPepeCash(ぺぺキャッシュ)を売るとは考えにくく、コミュニティが強い点は価格が値下がりしにくい要因にもなります。

このような強いコミュニティを持っている点は、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の強みと言えるでしょう。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のような強いコミュニティのあるアルトコインは価格が大きく上がる傾向があり、将来性も高いと言えます!

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のようなコミュニティが強いアルトコインについて詳しく知り投資をしたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Paccoin(パックコイン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨XPとは?チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のデメリット

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のメリットがわかったところで、反対にPepeCash(ぺぺキャッシュ)のデメリットはどのような点があるのでしょうか。

続いてPepeCash(ぺぺキャッシュ)のデメリットについてご紹介しましょう。

取り扱い取引所が少ない

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の一つ目のデメリットとして、取り扱い取引所が少ない点が挙げられます。

現在、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の取り扱いを行っている取引所は、下記の取引所になります。

国内取引所でPepeCash(ぺぺキャッシュ)の取り扱いを行っている取引所

  • Zaif(ザイフ)

海外取引所でPepeCash(ぺぺキャッシュ)の取り扱いを行っている取引所
  • tuxexchange
  • revex

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、国内取引所ではZaif(ザイフ)に上場していますが、海外取引所ではPoloniex(ポロニエックス)やBittrex(ビットレックス)等の大手取引所には上場していません。

海外取引所では、現在tuxexchangeやrevexと言うマイナーな取引所のみでしかPepeCash(ぺぺキャッシュ)の購入が出来ないのです。

その為、海外でのPepeCash(ぺぺキャッシュ)の知名度があまり無く、外国人がPepeCash(ぺぺキャッシュ)を購入できるチャンスが限られています。

こう言った点から、国内では大手取引所のZaif(ザイフ)で取り扱いがありますが、海外ではPoloniex(ポロニエックス)等の有名な取引所で取り扱いが無く、取り扱い取引所が少ないと言うデメリットがあります。

ZaifでPepeCash(ぺぺキャッシュ)に興味があるならぜひザイフで確認!

使い道が限られている

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の二つ目のデメリットとして、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の使い道が限られていると言う点があります。

現在PepeCash(ぺぺキャッシュ)が支払いとして使えるのは、Rare Pepe Card(レアペペカード)の購入のみに留まっており、オンラインショップやリアル店舗の決済でPepeCash(ぺぺキャッシュ)を使う事は出来ません。

このようにPepeCash(ぺぺキャッシュ)の使い道が、Rare Pepe Card(レアペペカード)の売買だけと言う非常に限られた用途でしか使えない為、PepeCash(ぺぺキャッシュ)を持っていても通貨としての機能があまり無い点があります。

スプレッドが大きい

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の三つ目のデメリットとして、取引所でPepeCash(ぺぺキャッシュ)を売買する際のスプレッドが大きい点があります。

スプレッドとは、取引所の買いの値段と売りの値段の差額であり、その差額分が取引所の手数料になっています。

スプレッドは、通常取引数量が少なければ少ないほどスプレッドがその分大きくなるシステムになっており、PepeCash(ぺぺキャッシュ)はこのスプレッドが大きくなっている点があります。

またPoloniex(ポロニエックス)等の海外大手取引所で取り扱いが無い事で、認知度が低く必然的に取引量が少なくなる構造があります。仮にPoloniex(ポロニエックス)等の大手取引所で取り扱いがあれば、取引量が増える可能性もあります。

このような点から、取引所でPepeCash(ぺぺキャッシュ)のトレードを行うなら、想像以上に原資が必要となるデメリットがあります。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の相場チャート・価格推移

上記のチャート画像は、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の直近2ヶ月の価格推移をチャートで表したものになります。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は2017年12月末のチャートで価格が高騰した後は、2018年の1月のチャートでは10円~15円の間で推移しています。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)が12月末のチャートで価格が高騰した原因として、仕手筋が介入して価格が大きく値上がりした可能性が考えられます。

また、12月から仮想通貨市場に新規の投資家が急増しており、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の価格高騰で新規投資家の資金が流入し、チャートで確認できる程の価格高騰に繋がった事が考えられます。

更に年明けの2018年1月以降のチャートでは価格が10円~15円台で安定している理由として、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の価格が安い水準にあって特段売る材料も出ていない為、価格の安定に繋がっていると思われます。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は今が買い時?

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は現在価格が安定した値動きになっており、特に価格が下がる兆候が見られません。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)が今後Poloniex(ポロニエックス)のような大手取引所に上場し、仮にPoloniex(ポロニエックス)の取り扱いで取引量が増加すれば、今後の価格が上昇する可能性があります。

上記の点を考慮したら、Poloniex(ポロニエックス)等の海外大手取引所に上場していない今が良い買い時のタイミングかもしれません。

国内取引所なら、Zaif(ザイフ)で安心してPepeCash(ぺぺキャッシュ)の取引が可能ですので、今後の将来性に期待して投資するならZaif(ザイフ)で安定して購入できる今はベストな時期しれません。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の購入方法とおすすめ取引所

PepeCash(ぺぺキャッシュ)を購入する方法として、取引所で購入する方法かPepeCash(ぺぺキャッシュ)を保有している方から購入する方法があります。

一番簡単で楽に購入したいなら、取引所でPepeCash(ぺぺキャッシュ)を購入する事をおすすめします。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)を取引所で購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ

取引所でPepeCash(ぺぺキャッシュ)を購入するなら、Zaif(ザイフ)がおすすめになります。

Zaif(ザイフ)は、国内取引所だけでなく海外取引所と比較してもトップクラスに手数料が安い取引所であり、頻繁に取引を行うならZaif(ザイフ)がお得です。

特にZaif(ザイフ)でのPepeCash(ぺぺキャッシュ)の取引手数料は、makerが0%、takerが0.01%となっており、Zaif(ザイフ)の手数料はかなりお得な料金体系になっています。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の取引を行うなら、Zaif(ザイフ)での取引が一番おすすめです!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumb

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のおすすめウォレット

PepeCash(ぺぺキャッシュ)では、どのようなウォレットがおすすめなのでしょうか。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のおすすめウォレットについてご紹介します。

ウォレットはRare Pepe wallet(レアペペウォレット)がおすすめ!

PepeCash(ぺぺキャッシュ)のおすすめウォレットでは、Rare Pepe wallet(レアペペウォレット)がおすすめのウォレットになります。

Rare Pepe wallet(レアペペウォレット)はウェブ上でPepeCash(ぺぺキャッシュ)を保管するオンラインウォレットであり、このRare Pepe wallet(レアペペウォレット)には様々な機能がウォレットに備わっています。

例えば、取引所からRare Pepe wallet(レアペペウォレット)へ送金したり、Rare Pepe wallet(レアペペウォレット)から他のウォレットや取引所に送金する事が可能です。

更にRare Pepe wallet(レアペペウォレット)では、何とウォレット上に保管しているPepeCash(ぺぺキャッシュ)でRare Pepe Card(レアペペカード)を購入する機能まで付いています。

Rare Pepe Card(レアペペカード)が欲しいなら、Rare Pepe wallet(レアペペウォレット)を利用して、PepeCash(ぺぺキャッシュ)をRare Pepe wallet(レアペペウォレット)で保管する方法が一番おすすめです!

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は投資を行う上で、将来性がある魅力的な通貨なのでしょうか。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性について解説します。

複数の取引所に上場し認知度が高まれば今後の将来性が明るくなる

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は、現状購入できる取引所が少なく、Poloniex(ポロニエックス)ような世界的に知名度が高い取引所での取り扱いが行われていません。

その為、Poloniex(ポロニエックス)等の大手取引所で取り扱いが無い現状の状態が続けば、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性が明るくなるとは決して言えません。

しかし、PepeCash(ぺぺキャッシュ)が購入できる用途が広がり、リアル店舗での決済に使えるようになれば、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の価値が上がります。これにより、Poloniex(ポロニエックス)等の大手取引所に上場できるチャンスも出てきます。

Poloniex(ポロニエックス)等の大手取引所への上場には、通貨の開発が進展していて安定した運営基盤が整っている点等が求められる為、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の開発や運営の手腕によって、今後の将来性が大きく変わってきます。

だからこそPoloniex(ポロニエックス)等大手取引所を含む複数の取引所へ仮に上場すれば、その時にはPepeCash(ぺぺキャッシュ)の認知度が高まっている可能性があり、価格が高騰し今後の将来性がより明るくなるチャンスがあります。

今後の将来性の鍵はコミュニティ?

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性では、PepeCash(ぺぺキャッシュ)のコミュニティの力次第で、将来性が大きく変わる可能性があります。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)はモナーコイン(MONA)と同様にコミュニティの力が強く、コミュニティの交流が活発化しています。モナーコイン(MONA)は、コミュニティの力で開発が進展し、認知度も高まって価格が高騰した経緯があります。

もしも今後PepeCash(ぺぺキャッシュ)のコミュニティで新たなサービスが誕生し、それによって認知度が高まれば、Poloniex(ポロニエックス)等の複数の取引所に上場するチャンスが出てきます。

仮にPoloniex(ポロニエックス)に上場する事態になれば、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性が良いものになるのは間違いありません。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の将来性では、コミュニティが大きな役割を果たせば今後の将来性がより明るくなる可能性があるのです。

moriguchi

(30)

PepeCash(ぺぺキャッシュ)は国内取引所ではZaif(ザイフ)に上場していますが、海外取引所ではZaif(ザイフ)のような大手取引所に上場していません。今後の進展で、Poloniex(ポロニエックス)ような大手取引所へ上場する事が出来れば、PepeCash(ぺぺキャッシュ)の知名度が高まり、価格が高騰する事態になるかもしれません。まずはPoloniex(ポロニエックス)等を含む複数の取引所に上場し、PepeCash(ぺぺキャッシュ)を購入できる機会を増やさなければなりません。

コミュニティが強い通貨であるPepeCash(ぺぺキャッシュ)とMonacoin(モナコイン)の両方を購入できるのはザイフだけです!

ビットコインを購入する時の手数料も国内で最も安いザイフは、持っておきたい取引所です!

現在人気で新規登録が殺到しているため口座開設に時間がかかります、まだ持っていない人はこのタイミングで口座開設をおすすめします

ザイフではPepeCash(ぺぺキャッシュ)以外にも将来有望な通貨が多くあります!

他の通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨PepeCash(ぺぺキャッシュ)まとめ

まだまだ発展途上のアルトコイン・PepeCash(ぺぺキャッシュ)。PepeCash(ぺぺキャッシュ)の価値を高め、海外の複数取引所への上場とZaif(ザイフ)以外の国内取引所に上場出来れば、人気通貨になる可能性を秘めています。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)の今後の進展に目が離せません。

PepeCash(ぺぺキャッシュ)以外の将来有望通貨を購入するならここ!

<コインチェック> 
コインチェックは2017年100倍に伸びた仮想通貨を多く取り扱っています!

リップルや、モネロ、ネムなど今後の世界を変える技術的にも優れた仮想通貨を購入するなら、国内の信頼できるコインチェックがおすすめです!

コインチェックは初心者の人でも簡単にアルトコイン投資をできるので、仮想通貨投資に不安がある人でも安心です!
登録は下のボタンをクリックしてたった1分!ぜひこの機会に登録をおすすめします!

コインチェックで扱われている将来有望な通貨の一部をご紹介!

Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)とは?特徴・価格推移・高騰理由を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbネムコイン(XEM)とは?特徴・仕組み・今後について徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

日本の取引所で売買できる通貨はとても少ないのですが、海外の取引所ではさらに多くの将来有望な通貨を売買できます!

しかし、日本語が使えない、操作に不安がある、つぶれて資産が返ってこなかったら。。
という不安で一歩踏み出せていない人も多くいると思います。

そんな人にオススメなのがバイナンスです!

バイナンスは世界最大級の取引所で世界中のユーザーが利用している信頼のできる取引所で、
さらに大手取引所の中で唯一日本語対応をしている安心の取引所です!

ぜひ、この機会に簡単に口座開設ができるバイナンスの登録をおすすめします!

国内取引所では手に入らない、バイナンスで取引できる将来有望な通貨をご紹介!

Thumb仮想通貨TRON(トロン/TRX)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨TRON(トロン/TRX)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

PepeCash(ぺぺキャッシュ)以外の将来有望通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Paccoin(パックコイン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Binance Coin(BNB)とは?チャート・購入方法・取引所・将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?特徴・価格チャート・取引所・今後の将 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side