仮想通貨TenX(テンエックス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所

将来有望な仮想通貨TenX(テンエックス)の特徴やチャート、取引所での購入方法をご紹介します。TenX(テンエックス)なら仮想通貨取引所を利用して格安の手数料で購入可能なうえ、買い物で利用するだけで報酬も受けられます。将来性から今後チャートが伸びるかも?

仮想通貨TenX(テンエックス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所のイメージ

目次

  1. 1将来性が期待できるアルトコインのTenX(テンエックス)
  2. 2仮想通貨TenX(テンエックス)とは?
  3. 3仮想通貨TenXの特徴
  4. 4TenXの手数料まとめ
  5. 5TenXの相場チャート・価格推移
  6. 6TenXが購入できるおすすめ取引所
  7. 7TenXの購入方法の手順
  8. 8TenXのおすすめウォレット
  9. 9TenXの今後の将来性
  10. 10仮想通貨TenX(テンエックス)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

将来性が期待できるアルトコインのTenX(テンエックス)

仮想通貨TenX(テンエックス)はご存じですか? アルトコインの中ではまだマイナーな仮想通貨ですが、多く仮想通貨、ブロックチェーン技術をより利用しやすくなる重要な役割を持っています。

TenXは2017年の注目ICOとしてとても有名になりました!

そんなTenXはクレジットカードを超えるといわれる仮想通貨で、お買い物の度に報酬を得ることもできるとこのこと!

今回はTenX(テンエックス)について、以下の3つのポイントを中心に見ていきましょう!
 

  • 仮想通貨TenX(テンエックス)の特徴
 
  • 仮想通貨TenX(テンエックス)のチャートや将来性
 
  • 仮想通貨TenX(テンエックス)の取引所での購入方法

仮想通貨TenX(テンエックス)とは?

①仮想通貨TenX(テンエックス)の概要

発行日 2017年6月
通貨単位 PAY
上限 2億500万PAY 
時価総額
(2018/01/11現在)
約335億円
時価総額ランキング 108位
現在価格 約320円

②仮想通貨TenX(テンエックス)の基本情報

仮想通貨TenX(テンエックス)は2017年に初登場した、現在100位くらいに位置付くアルトコインです。シンガポールの会社から生まれました。トークン名は「PAY」となっています。

なぜトークン名がPAYという名前かと言うと、TenX(テンエックス)はビットコインやアルトコインの独立したブロックチェーンを仲介し、提携している仮想通貨を円やドルのように利用することができるプラットフォームをもっているのです。

つまりTenX(テンエックス)を利用すれば、ビットコインもイーサリアムなどのアルトコインも、PAYトークンとして両替し支払に利用することができます。

現在数多くの仮想通貨が出回っているなか、統一してくれる仮想通貨があるのは非常に便利ですね。公開時、資金調達のためのICOセールによる調達金額は約72億円と言われています。

それも約7分でICO参加者がいっぱいになったとこのこと。このことからも今後の将来性に規定できる仕組みでしょう。

また、利用するほど報酬を手に入れることもできるシステムもあるようです。仮想通貨TenX(テンエックス)はどのようなアルトコインなのか、もう少し詳しく掘り下げてみましょう。

管理人”孝太”

(27 仮想通貨歴3年)

僕もICOに参加しようとしようとしましたが、殺到しすぎてて参加できませんでした。
TenXのICOは本当に熱狂でした!

仮想通貨TenXの特徴

①COMITというプロトコル

仮想通貨TenX(テンエックス)は「COMIT」というプロトコルが導入されてるアルトコインです。

プロトコルとは、データ通信を行うための規約プログラムです。信号送信の手順や誤り検出法などを定めています。そして上の図のように、COMITはブロックチェーンのハブ(中枢)として存在しています。

COMITの役割はプロトコルのルールに則り、ビットコインやアルトコインをPAYトークンに両替し、統一した価格で支払に利用しやすくしてくれます。

COMITのプロトコルとして、取引認証にセキュリティに長けたキーを作る「マルチシグ」、一定時間取引した価格をロックしておく「タイムロック」、取引履歴を作る「ハッシュ関数」が使われています。

タイムロックは一定時間内に取引が成立しなければ、払い戻しされるシステムも搭載されています。これにより、二重支払の防止だけでなく、送金のミスも軽減することができます。

②様々な仮想通貨の支払い可能

TenX(テンエックス)の強みは「ビットコインや様々なアルトコインでの支払いが可能」ということです。

ビットコインやアルトコインは、1単位あたりの価格が違います。それをPAYトークンに換えることで、ビットコインやアルトコインの価格を統一することができます。

さらにPAYトークンであれば、ビットコインやアルトコインのリアルタイムで変動する価格にも対応することができます。

支払はスマホでウォレットを作り行えます。必要であれば、専用のデビットカードの発行も可能です。VISAやマスターカードと提携しているため、多くのお店で利用することができます。

日本ではまだ利用できないようですが、ヨーロッパを中心に50カ国以上の国で導入可能になっています。

③すでに実用化されている

現在、TenX(テンエックス)カードは実装されおり、お買い物に利用できます。業界の有名人が買い物の様子を動画にし、PRを行っています。

TenX(テンエックス)カードは動画のように、簡単にビットコインやアルトコインの価格をPAYに換え、支払を行うことができます。お店によってはレジに並ばずにも自分で支払を行うことができますね。

もちろん通販でも利用ができます。未来的でかっこいいですね!

動画ではアルトコインの一つであるDASHを利用しています。さらにイーサリアムトークンである「status」など、多くの種類に対応予定のようです。

④ICO参加者であれば、報酬として還元される

これはTenX(テンエックス)の参加者を広げるためのサービスです。TenX(テンエックス)のICO(仮想通貨の株)を購入し、ICO参加者となることで「トークンホルダー」となり報酬を得ることができます。

トークンホルダーの報酬は「所持や支払として利用するほど報酬を得る」ことができます。PAYトークンを利用して買い物を行うと、利用額に応じてPAYトークン、またはイーサリアムを報酬としてもらえる仕組みになっています。

この報酬に引かれて、ICOセール中にICO購入を行い、参加者となった方も多いかも知れませんね。

主にCOMITがVISAやマスターカードから徴収した手数料を預かり、参加者はそれを報酬として配布する仕組みになっているようです。

ICO参加者への報酬は、カードホルダー(カード利用)であれば0.1%PAYホルダー(PAYの所持)であれば0.5%の報酬を配当しています。

⑤提携する企業を増やすことで手数料を削減

TenX(テンエックス)は多様な仮想通貨の支払に対応していますが、それでいて「手数料が安い(後述)」という特徴もあります。

手数料の削減のため、TenX(テンエックス)は複数の仮想通貨取引所と提携しています。これもCOMITに搭載されているシステムで、そのときの価格やレートのデータなどを確認し、自動的に最安値の手数料で仮想通貨を取引できるようになっています。

どの取引所が安いかと言うことも、COMITはすべて把握しています。参加者としてPAYを利用するほど、報酬も得られますので、手数料が安いのは非常に理に適っています。

COMITはTenX(テンエックス)の今後の将来性の強みですね。

TenXの手数料まとめ

TenX(テンエックス)公式サイトに表示されている手数料は以下のとおりです。

身分証明書発行(追跡付き発送) 15USドル(※約1670円)
仮想カード発行手数料 1.5USドル(※約170円)
仮想カード年会費 無料
(年間1000USドル未満の場合は10USドル)
物理カード年会費 無料
(年間1000USドル未満の場合は10USドル)
外国為替手数料 0%
ATM利用手数料 ※2.75ユーロ(※約370円)

※TenX(テンエックス)の管理外の料金のため、国によって単位が違います。
※USドル(米ドル)やユーロのレートは2018/01/11のものです。

ご覧のように、年会費や為替手数料が無料となっています。カードの年会費が一定額使えば無料というのは、一般のデビットカードにもあるので、よく利用するという方は気にする金額ではないかと思います。

なにより法定通貨の手数料が0%が大きいですね! 発行手数料や身分証明書でお金はかかってしまいますが、その分見返りの大きい利便性を感じることが出来るでしょう。

TenXの相場チャート・価格推移

TenX(テンエックス)の特徴をご覧頂いたところで、次はTenX(テンエックス)の価格チャートを見てみましょう。

価格のチャートは全体的に並行に動いていますね。チャート上昇が目立つのは8月上旬11月下旬から12月上旬でしょう。

8月は中国にある大手仮想通貨取引所「Yunbi」と提携が始まったニュースがあげられます。先ほどの手数料を安くするための提携ですね。よりTenX(テンエックス)参加者を得やすくなるニュースです。

中国は仮想通貨取引が盛んなのと、さらにYunbiの公式ブログでTenX(テンエックス)の紹介も一緒に行われていたため、注目が集まったのかも知れません。

11月から12月は、トークンの構造更新が行われたとツイッターでのつぶやきがありました。詳しいことは見つかりませんでしたが、上昇したということは期待値のつよいものだったと推測できます。

TenX(テンエックス)は公開する6月に、ICOセールによりICO参加者を募りました。将来性の高さや報酬を得られること、手数料を安くする仕組みからもICO参加を待ち遠しく感じていた方が当時から多かったようです。

TenX(テンエックス)は1PAY=420ETH(20%増サービス)でICOセールを行い、ICO参加者は約7分で上限いっぱいとなり、200,000ETH(当時のレートで約72億円)を調達しました。

世界でも大手の仮想通貨取引所である「Bittrex(ビットレックス)」への上場も早く、開始早々から将来性を期待する参加者がさらに増えるような結果となりました。

チャートの動きはまだまだですが、ICO参加者による資金面確保も大きいですし、なによりまだ始まったばかりですので、今後の発展に期待できますね!

TenXが購入できるおすすめ取引所

TenX(テンエックス)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、アメリカの「Bittrex(ビットレックス)」、中国の「Houbi」などがあります。Yunbiは提携はしていますが、PAYトークンの取引は行っていないようですね。

取引量は圧倒的にBittrex(ビットレックス)が強いですが、2018年1月11日現在Bittrex(ビットレックス)は新規の登録ができません。(アカウントを持っている方は取引は可能です。)

ですので、今回は中国の大手仮想通貨取引所Hunbiを中心にTenX(テンエックス)の購入方法をご紹介していきましょう。

TenXの購入方法の手順

それでは、TenX(テンエックス)の購入方法をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はcoincheck(コインチェック)を利用した購入方法をご紹介します。

coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所で、取り扱い通貨も一番多い(13種類)取引所です。

利便性の高いですので、今後TenX(テンエックス)を取り扱う可能性が高いかもしれません。この機会に是非アカウントを作っておくことをオススメします。

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)でビットコインを購入しましょう。

まず、coincheck(コインチェック)にログインしましたら左上上部の「ウォレット」をクリックしましょう。左側にメニューが表示されるので、「コインを買う」をクリックします。

すると、右側の画面が購入画面に切り替わります。そこで「Bitcoin」を選択したら、下の箱に希望数量を打ち込みましょう。

すると、下に日本円換算のビットコインの値段が表示されます。価格に間違いがなければ一番下の「購入する」をクリックすれば、自分のウォレットに反映されます。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Houbiのウォレットにビットコインを送りましょう。

先ほどの左のメニューに「コインを送る」という項目があるのでそちらをクリックします。すると、画面右に下のような画面が表示されます。

「ビットコインを送る」を選択し、「送金先リストの編集」でバイナンスのウォレットアドレスを入力します。

送るビットコインの価格を正確に入力し、よく確認して間違いがなければ、一番下の「送金する」をクリックしましょう。数十分後にはバイナンスのウォレットに反映されているはずです。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

③HoubiでTenXを購入

ビットコインが送れたら、最後にHoubiの取引所でTenX(テンエックス)とビットコインを交換しましょう!

Houbiにログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の検索ボックスに「PAY」と入力します。

次に下にある「BTC」をクリックすると、下に「PAY/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「PAY/BTC」に切り替わり、購入や売却の取引ペアもPAY/BTCに切り替わります。

先ほどの画面を下に下げると、取引画面があります。ここで注文しましょう。

ビットコインで購入する場合は左側に購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、PAYトークン、もといTenX(テンエックス)と交換することができます。

Houbiは取り扱い通貨は60種類以上と多く、日本のSBI銀行とも提携しているため、利益確定後もお金を送りやすい、というメリットもあります。

中国は仮想通貨の取引がとても盛んですので、取引量も多く非常に利用しやすい取引所も多くあります。もし興味があれば、他の仮想通貨の取引もHoubiで楽しんでみてはいかがでしょうか。

TenXのおすすめウォレット

TenX(テンエックス)は公式のウォレットが存在します。ウォレットのメリットはまさに、TenX(テンエックスによる仮想通貨の両替機能を、手数料を抑えた形でお買い物に利用できることです。

また、トークンホルダーの報酬を受け取ることも可能です。報酬を受け取るためにも、公式ウォレットは必要不可欠ですね。

スマホのみでも利用できますし、デビットカードを発行し提携して、より多くのお店で利用しやすくすることもできます。ビットコインやアルトコインを複数持つユーザーにぜひおすすめのウォレットです。

TenXの今後の将来性

TenX(テンエックス)の特徴からも感じられたと思いますが、TenX(テンエックス)は将来性が非常に高い仕組みを持っています。

ビットコインやアルトコインの価格をPAYとして統一し、簡単に利用できるようにするだけでなく、PAYトークンを利用するほど報酬を受け取れる面も魅力的です。

チャートの項目や冒頭でもお話したとおり、ICO参加者がICOセールに殺到し、あっという間にICOが完売、そして72億円相当のイーサリアムを資金として受け取ったことも、将来性への期待の高さが伺えます。

ロードマップでは、2018年に市場拡大COMITの開発とアップロード、後半には20種類以上のトークンの取り扱いを行えるようする予定が組まれています。より多くのひとが利用することができるでしょう。

2017年中にビットコインも価格が大きく上昇しましたので、ビットコインを利用する場が欲しいと感じているユーザーも多いでしょう。ビットコインやアルトコインの参加者が増えるほど、TenX(テンエックス)の参加者も増えると予想できます。

仮想通貨TenX(テンエックス)まとめ

TenX(テンエックス)の特徴やチャートや将来性、取引所での購入方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

TenX(テンエックス)の魅力は、かなり将来性につながりやすいということは感じていただけたと思います。

2017年に始まったばかりで、流通量もまだ少ないですが、今後提携するアルトコインや、利用できる国が多くなれば、仮想通貨の中心となるプラットフォームの一つとなることでしょう。今後の将来性に期待しましょう。

ちなみにTenXはイーサリアムをベースにした仮想通貨です。
イーサリアムは今後このような将来有望な通貨を生み出すプラットフォームとして注目ですね!

今回見たTenXの母体となり、購入に必要になるイーサリアムを購入するならコインチェックがおすすめです!

初心者の人でも簡単に取引を始めることができ、イーサリアムを安心して預けて置ける、セキュリティ対策のしっかりした取引所です!

コインチェックの口座開設は下のボタンをクリックしてたったの一分です!
この機会に口座開設をしましょう!

イーサリアム以外にも将来有望な仮想通貨を多く取り揃えているコインチェックの取り扱い通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また海外取引所で売買をする時に必要なビットコインやイーサリアムを購入するならザイフもおすすめ!

日本一安い手数料でザイフの登録がまだの人はお得な仮想通貨投資のためにもぜひ登録をしておきましょう!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?特徴・チャート・購入方法( | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBytecoin(BCN)バイトコインとは?仮想通貨の特徴・価格変動・購入方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side