Zaif(ザイフ)取引所でXEM/NEM(ネム)を購入すべき4つの理由!

日本国内でも人気の高い仮想通貨NEM/ネム(XEM)とはどんな仮想通貨なのでしょうか。今回は取引所Zaif(ザイフ)での購入方法を説明した後に、コインチェック(coincheck)との比較を交えておすすめの取引所をご紹介します。

Zaif(ザイフ)取引所でXEM/NEM(ネム)を購入すべき4つの理由!のイメージ

目次

  1. 1NEM/ネム(XEM)ってどんな仮想通貨?
  2. 2NEM/ネム(XEM)を支える技術!PoI(Proof of Importance)とは?
  3. 3NEM/ネム(XEM)の通貨単位は?
  4. 4NEM/ネム(XEM)でよく聞くハーべスティングとは?
  5. 5NEM/ネム(XEM)はどうやって購入する?
  6. 6国内取引所Zaif(ザイフ)のNEM/ネム(XEM)購入手数料についてのまとめ
  7. 7国内取引所Zaif(ザイフ)のセキュリティ対策
  8. 8国内取引所Zaif(ザイフ)ではNEM/ネム(XEM)の指値注文が出来る
  9. 9国内取引所Zaif(ザイフ)ではコイン積立投資が出来る
  10. 10今高騰している大注目のNEM/ネム(XEM)を国内取引所Zaif(ザイフ)で上手に購入しましょう!
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

NEM/ネム(XEM)ってどんな仮想通貨?

NEM/ネム(XEM)は2014年にスタートした開発プロジェクトで、仮想通貨NEM/ネム(XEM)はNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称で、新しい経済圏の創出を目的に作られたプロジェクト及びその通貨名です。

世界に700以上あるといわれる仮想通貨の中でも急激に市場規模を拡大し、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどに追随する仮想通貨時価総額世界7位を誇ります。

NEM/ネム(XEM)の特徴は?

このプロジェクトは、"A new economy starts with you"というモットーを掲げ、金銭的な自由・平等・連携という原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標として始まりました。こうした目標を達成するために、NEM/ネム(XEM)というブロックチェーンにて独自に開発したコンセンサスアルゴリズムであるPOI(Proof of Importancw)というシステムを中核に置きます。

NEM/ネム(XEM)を支える技術!PoI(Proof of Importance)とは?

今までのブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンにおける合意形成のアルゴリズムは、PoW(Proof of Work)を筆頭にPoS(Proof of Stake)PoIが開発されました。PoWは資本家による財力に任せた大量の電気量やコンピューターの演算能力を利用した「計算量(Work)」が重要視され、その欠点を補う代替物として開発されたPoSはコインの「所有量(Stake)」が重視されるシステムです。

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】

今までよりも効率的なPoI?

ビットコインのPOWやイーサリアムのPOS のマイニングに伴う資本の集中が構造生じてしまうという欠点を解消する目的で、POIが考案されました。PoI(Proof of Importance)は、「システム内での経済活動の貢献度(Importance)」が重視されます。NEM/ネム(XEM)のアルゴリズムでは「保有するコイン(XEM)の量」ではなく、「取引額や取引回数」も総合的に判断して報酬を与えるシステムです。つまり、どんな形であれNEM/ネム(XEM)を沢山利用すればするほど恩恵を受けることが出来る仕組みです。

NEM/ネム(XEM)の通貨単位は?

NEM(ネム)の通貨の単位はXEMと呼ばれ、公開に際して、上限発行枚数である90億XEMが全て発行され、約1500人に平等に配布されました。POIという富の偏在の解決を目指したアルゴリズムにより、ユーザーのNEM/ネム(XEM)保有量と取引状況から総合的に判断して調整するため、富の公平な分配が期待できます。

NEM/ネム(XEM)でよく聞くハーべスティングとは?

NEM/ネム(XEM)ではビットコインでいうマイニング(採掘)ではなく、ハーべスティング(収穫)を導入しています。

ハーベストは、取引所のNEM/ネム(XEM)を、公式ウォレットである「Nano Wallet」でアカウント作成し、10000XEM以上を送金し、既得バランスが一定を満たす1カ月ほど経つと始められます。           

NEM/ネム(XEM)はどうやって購入する?

NEM/ネム(XEM)の購買方法について、主に国内のNEM/ネム(XEM)を取り扱う所(交換所)で購入する場合と国内のNEM/ネム(XEM)を取り扱う販売所で購入する場合があります。

「取引所(交換所)」はCtoCの個人で成立する取引によるオークション形式で価格設定を行います。買い手と売り手がそれぞれ売買価格を提示し、マッチした時に取引が成立します。「Zaif(ザイフ)」のみが対応しています。

一方で、「販売所」はBtoCの取引所による販売という形式をとって、取引所の提示額により売買を行います。この際にコインの安定性やユーザーの利用数により、コイン価格の売値と買値の差であるスプレッドが変動します。

販売所での購入の場合はスプレッドが高いので、基本的には取引所で交換する方をお勧めします。

ですが、仮想通貨取引を始めて日が浅い方は、販売元が取引所であり確実に売買できる取引の安全性、適切な値段設定、購入しやすさなどから販売所で購入する方が堅実でしょう。

国内取引所のZaif(ザイフ)とCoincheck(コインチェック)

国内で仮想通貨NEM/ネム(XEM)を購入できる取引所はZaif(ザイフ)とCoincheck(コインチェック)です(2017年10月現在)。国内でも利用者が多く、人気が高いです。
Coincheckは日本一のビットコイン取引高を誇り国内最大手である取引所です。
直感的にわかりやすいデザイン、初心者でも扱いやすい操作性が強みです。また、13種類のコインを取り扱い、NEM/ネム(XEM)だけでなく他の仮想通貨も含めて取引することが出来る点が良いでしょう。

Thumbコインチェック(coincheck)でネム(NEM・XEM)を送金する方法と送金時間!

安さと安心性に強み!国内取引所Zaif(ザイフ)

対して、Zaif(ザイフ)は購入手数料の安さが魅力です。また、問題が生じた時の運営側からのの丁寧な対応がなされ、手厚いサポートがあります。

また、一日一回「Zaif Exchange」に預けられたビットコイン残高の0.01%がログインボーナスとして受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しています。

更に、Coincheckなどの他の取引所とは違い手数料マイナス0.01%を導入しており、取引が増える程「ボーナス」が貰える仕組みとなっています。これは、PoIの貢献度という点からもNEM/ネム(XEM)の意向と合致しており、まさにNEM/ネム(XEM)の購入・取引に特化した取引所といえるでしょう。

国内取引所Zaif(ザイフ)のNEM/ネム(XEM)購入手数料についてのまとめ

Zaif(ザイフ)の良い点についてまとめていきます。

国内取引j所Zaif(ザイフ)のNEM/ネム(XEM)の手数料に関して

想通貨の取引手数料は大きく分けて三種類あります。

仮想通貨を売買する際に掛かる「売買手数料」、銀行と仮想通貨取引所で日本円を入出金する際の「銀行入出金手数料」、仮想通貨を送金する際の「送金手数料」があります。

この中で重要なポイントが、売買手数料です。売買手数料も「取引所を使った個人間での売買」「取引所が保有する仮想通貨の売買」「クレジットカードでのビットコイン購入」の3つが主で、Zaif(ザイフ)は「取引所を使った個人間での売買」と「取引所が保有する仮想通貨の売買」に対応しており、Coincheck(コインチェック)は「取引所が保有する仮想通貨の売買」にしか対応していません。

なので、購入手数料に関しては、Coincheck(コインチェック)は6~7%、Zaif(ザイフ)は0~0~0.1%とZaif(ザイフ)が圧倒的にお得です。

国内取引所Zaif(ザイフ)のNEM/ネム(XEM)の購入手数料に関して

以上から、購入手数料とは、仮想通貨取引所において仮想通貨を売買する際の注文が確定した時に掛かる手数料のことです。

取引所における売買では、売り手買い手がそれぞれ売買価格に注文板に提示しますが、あらかじめ板に並んだ注文を買い手が取る場合は成立時にtaker手数料、新たに提示してその注文が成立した場合はmaker手数料が掛かります。
NEM/ネム(XEM)のmaker手数料とtakar手数料は以下の表にある通りです。
 

  Taker手数料 Maker手数料
Coincheck 6% 6%
Zaif 0% 0.1%


CoincheckとZaifで手数料の差が出てくるのはCoincheckが販売所であるのに対し、Zaifが取引所であるからです!

国内取引所Zaif(ザイフ)のセキュリティ対策

仮想通貨へのセキュリティー対策は基本的に自己責任です。
セキュリティの軟弱性が原因でハッカーにより個人のみならず取引所の資産を盗まれてしまうケースもいくらか存在します。
そういった危険性に備えて、仮想通貨は自分自身のウォレットに預けておくべきです。ここでNEMの送金の際に送金手数料が掛かります

 

  入金手数料 送金手数料
Coincheck 無料 0.5XEM
Zaif 2XEM~ 2XEM~


2017年11月現在だいたいXEMの相場は1XEM=24円ほどなので、入出金手数料はそこまで気にならないと思われます。
ですが、ハーべスティングの際にNano WalletにNEM/ネム(XEM)を送金する必要があるので、不要な送金は出来る限り避けるべきです。
Zaif(ザイフ)は初心者にはありがちな送金手順のミスにも充実したサポート対応に定評があります。
送金の際に、メッセージ欄に取引所が指定するアドレスの入力はどの取引所でも必要ですが、この入力を誤ってしまった場合、コインチェックでは送金したNEM/ネム(XEM)は返金されることはありません。国内海外問わず多くの取引所がこういったミスに対しては対応していません。なぜなら、各取引所はこの文字列の入力をもとに送金者の識別を行っているからです。
ですが、Zaif(ザイフ)だけはその他個人情報との参照を個別に行いこういった場合にも対応してくれます。

国内取引所Zaif(ザイフ)ではNEM/ネム(XEM)の指値注文が出来る

指値注文とは、「買いたい価格/売りたい価格」を指定して取引する方法です。指値注文の利点は、今よりも安い値段で指値注文をすることで、注文成立の際に比較的割安で購入することが出来る点にあります。

指値注文は、「買いたいNEM/ネム(XEM)の価格と数量」を指定するだけなので簡単です。これはZaif(ザイフ)がNEM/ネム(XEM)の唯一の取引所であることに起因します。

国内取引所Zaif(ザイフ)ではコイン積立投資が出来る

Zaif(ザイフ)コイン積立は、ドルコスト平均法による、相場に関係なく毎月一定額だけ購入することで安定的な投資が可能になる投資手法です。仮想通貨は短い間で大きな価格変動を起こすという特徴があるため、トレードせずに仮想通貨が購入できるZaif(ザイフ)コイン積立はそういった負担が軽減され、リスク分散によるリスクを最小限に抑えることが出来るというメリットがあります。

Zaif(ザイフ)コイン積立が対応する通貨は、ビットコイン(BTC)、NEM/ネム(XEM)、モナコイン(MONA)の3種類になります。手数料は以下のようになります。

 

積立金額 手数料
1千円~2千円 一律100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

今高騰している大注目のNEM/ネム(XEM)を国内取引所Zaif(ザイフ)で上手に購入しましょう!

今年、最も勢いがあるNEM/ネム(XEM)についてまとめました。

NEM/ネム(XEM)を購入する方法は、取引所における入手があります。

国内取引所であるZaif(ザイフ)とCoincheck(コインチェック)を取り上げた結果、国内取引所においてNEM/ネム(XEM)を購入する場合、購入手数料の差を考慮するとZaif(ザイフ)による購入がおすすめです。

以上から、NEM/ネム(XEM)を購入する場合に限るとZaif(ザイフ)がおすすめです。Zaif(ザイフ)は手厚いサポートなども魅力的ですが、今後Coincheck(コインチェック)が取引所を始めればこういった結論には至らない可能性も大きいです。

仮想通貨勉強歴2年

(24)

NEM/ネム(XEM)はアルトコインでも将来性のあるコインといえます。
最近では韓国の取引所が取り扱いを決めるなど世界でも取引できるところが増えてきいます。
そんなNEMの面白いところは、今はやりのICOのベースにもなるということです。
仮想通貨を調べたりしている人なら、最近のCOMSAという文字を見たことあるのではないでしょうか?
こちらはICOのプラットフォームサービスを提供するとして最近ある会社ともめたりと話題だらけのものですが、こちらのICOコンサルソリューションNEM/ネム(XEM)を利用しているのです。
NEM/ネム(XEM)はPoIを利用しているからトランザクションがビットコインなんかの何倍も速いとかここでは話はしませんでしたが、とても奥の深い仮想通貨です。
今後も目が離せませんね。

取引所のZaif(ザイフ)について詳しく知りたい方はこちら!

ThumbZaif(ザイフ)の本人確認までの時間が遅い!口座開設の手順と流れ!
ThumbZaif(ザイフ)の本人確認までの時間が遅い!口座開設の手順と流れ!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side