Kraken(クラーケン)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法を解説!

Kraken(クラーケン)という特徴ある海外取引所を知っていますか?日本語対応しており、セキュリティが高いと評判です。今回は、Kraken(クラーケン)の特徴や評判、入金手数料・出金手数料等を説明します。日本円も入金できる数少ない海外仮想通貨取引所です。

Kraken(クラーケン)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Kraken(クラーケン)の概要
  2. 2Kraken(クラーケン)の評判や口コミ
  3. 3Kraken(クラーケン)の特徴
  4. 4Kraken(クラーケン)のメリット
  5. 5Kraken(クラーケン)のデメリット
  6. 6Kraken(クラーケン)の手数料
  7. 7Kraken(クラーケン)のセキュリティと安全性
  8. 8Kraken(クラーケン)の口座開設・売買方法
  9. 9Kraken(クラーケン)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Kraken(クラーケン)の概要

Kraken(クラーケン)は、アメリカに本社をおく仮想通貨取引所です。2011年から運営されており、日本円をはじめとした取り扱い通貨が多いところが特徴です。

さらに、日本語に対応していたり、アプリもあるうえ、セキュリティの強固さで評判が良い取引所です。


また特に有名な話でいうと、日本法人が2014年に破綻したマウントゴックス社の破産整理に協力したという点があります。知見や社会的信用が当時からあったことがうかがえます。

 

取引所名 Kraken(クラーケン)
設立年 2011年
運営会社 Payward.Inc
本社 アメリカ・サンフランシスコ
資本金 500万ドル
取り扱い通貨(仮想通貨) 16種類
取り扱い通貨(法定通貨) 5種類

Kraken(クラーケン)の取り扱い通貨(日本円とペア)

Kraken(クラーケン)は海外の仮想通貨取引所では珍しく、日本語に対応しているうえ、日本円の入金に対応しています。

ただし、日本円で購入できる仮想通貨は
 

  • ビットコイン(BTC)※Kraken(クラーケン)ではXBTと表記
 
  • イーサリアム(ETH)

との2種類となります。これ以外のアルトコインを購入する場合は、対応しているペアで売買する必要があります。

取り扱いのペア通貨一覧

Kraken(クラーケン)で対応している法定通貨(国が発行している通貨)や仮想通貨のペアを一覧でまとめました。やはり、仮想通貨の世界では、ビットコインが便利です。
 

  XBT ETH EUR USD JPY GBP CAD
XBT(ビットコイン) ×
BCH(ビットコインキャッシュ) × × × ×
DASH(ダッシュ) × × × ×
EOS(EOS) × × × × ×
GNO(Gnosis) × × × × ×
USDT(Teter USD) × × × × × ×
ETC(イーサリアム・クラシック) × × ×
ETH(イーサリアム)
ICN(Iconomi)  × × × × ×
LTC(ライトコイン) × × × ×
MLN(Melonport) × × × × ×
REP(オーガ) × × × ×
XDG(ドージコイン) × × × × × ×
XLM(ルーメン) × × × × × ×
XMR(モネロ) × × × ×
XRP(リップル) × × × ×
ZEC(Zcash) × × × ×

Kraken(クラーケン)で入出金できる銀行口座を制限

2018年3月2日、Kraken(クラーケン)ではSWIFT銀行と三井住友銀行の口座からの入出金ができなくなるとのお知らせがKraken(クラーケン)でありました。

2018年3月21日に上記銀行からKraken(クラーケン)への入金ができなくなるとのこと。
2018年3月27日にKraken(クラーケン)から上記銀行への出金ができなくなるとのこと。

なお、上記の日付を超えた後にKraken(クラーケン)からSWIFT銀行や三井住友銀行への出金を試みた場合、そのお金はKraken(クラーケン)へと戻されるそうです。

上記の銀行に該当する方、もしくはこれからその銀行の口座でKraken(クラーケン)を利用しようとしている方は気をつけましょう。

Kraken(クラーケン)の評判や口コミ

Kraken(クラーケン)のネットでの評判や口コミを調べてみました。

これから値上がりが注目される草コインの、上場が期待される仮想通貨取引所の一つとして有力との声がありますね。

さらにツイートにあるように、2017年12月頃から海外の仮想通貨取引所でも、新規登録を停止したり制限を設ける取引所がでてきているなか、Kraken(クラーケン)は登録ができます。
※ただし、認証のランクアップは中断中です(2018年1月10日)

ちなみにですが、あまりの人気で登録制限していたBinance(バイナンス)は2018年3月9日現在登録制可能となっています。
世界で最も人気の取引所なので、また登録制限がかからないうちに登録できるうちにしっかり登録しておきましょう。

簡単1分で登録できます。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

日本にも法人を持っているKraken(クラーケン)。実は、2018年1月上旬現在もcoincheck(コインチェック)とともに金融庁にはまだ承認されていません。

理由は金融庁から公開されていませんが、金融庁がホワイトリストとして認めている通貨以外の匿名性を特徴とする仮想通貨をKraken(クラーケン)やcoincheck(コインチェック)が取り扱い通貨として扱っているからだという説があります。

Kraken(クラーケン)はセキュリティ面は優秀であるものの、画面遷移や入出金の反映が遅いという声もちらほら聞かれます。

Kraken(クラーケン)の特徴

アルトコインの取引手数料が安い

Kraken(クラーケン)は日本国内の取引所に比べて、仮想通貨の取引手数料が安価です。
しかも指値取引が可能です。

例えば、代表的なアルトコインであるイーサリアム(ETH)と比較すると
 

  • 日本 bitFlyer(ビットフライヤー) 取引手数料無料+スプレッド(約10%)
 
  • 海外 Kraken(クラーケン) 取引手数料0~0.26%

となります。

bitFlyer(ビットフライヤー)でかかっているスプレッド(手数料)は見えない手数料と言われています。日本の仮想通貨取引所はスプレッドが高めのところが多いです。

このスプレッド手数料について詳しく知りたい方はこちらの記事で解説しています。

Thumb仮想通貨取引所のスプレッドとは?各取引所の手数料比較と選び方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

iOSアプリに対応している

Kraken(クラーケン)はiosアプリに対応しています。Andoroidアプリは非対応です。もちろん、アプリの利用料は無料です。

アプリは英語のみで日本語には対応していませんが、仮想通貨取引ではそれほど難しい英語はでてこないので、日本語でなくても慣れれば問題ないでしょう。

アプリでは、Kraken(クラーケン)で所持している仮想通貨の残高管理や取引をすることができます。

このアプリ画面では、チャートや取引量や取引額などをみることができます。

こちらのアプリ画面では、通貨ペアの取引額が確認できます。

Kraken(クラーケン)の公式アプリもウェブサイトと同様に重い(動きや反映が遅い)という評判もあるようです。

レバレッジ最大5倍

Kraken(クラーケン)では信用取引ができます。レバレッジは5倍までで証拠金が必要です。ペアによっては信用取引が対応していないものもあります。

画面の枠はシンプルですが、用語などの説明はないため、仮想通貨や投資に慣れた中~上級者向けかなと思います。

さらに高いレバレッジで取引したい方はbitFlyerもしくはBitpointがおすすめです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!
 

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BITpoint(ビットポイント)の登録に関して不明点などがあれば【BITpointの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBITPoint(ビットポイント)の評判と特徴と手数料まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

セキュリティが非常に高い

Kraken(クラーケン)はセキュリティをウリにヨーロッパ市場でシェアをとっています。
マウントゴックス社の破産整理の顧問に選ばれた際にも一度もハッキングされていないことが理由にあがったほどです。そのセキュリティ体制を一部あげると、
 

  • コールドウォレット(ハッキングできないオフライン上に保存)
 
  • 二段階認証の導入
 
  • 自動ログアウト設定
 
  • パスワードの複雑化(単純なパスワードは登録できない)
 
  • グローバル設定ロックをかけられる
 
  • 個人認証(IDセルフィー等提出)しないと日本円を介した取引ができない


といったセキュリティ対策があり、日本の取引所と比較してもトップクラスのセキュリティです。

Kraken(クラーケン)内でもシステムの冗長化はもちろん、ハッキングされないように厳重に管理されています。

ただ、先程ご紹介したようにセキュリティが強固すぎて、若干使いにくいという声もあるくらいです。



ちなみに、よく下記のような画面になりますが、そのときはF5(再読込)を押して情報の再送信をするとまた次に進めます。

Kraken(クラーケン)のメリット

日本語に対応している海外取引所

Kraken(クラーケン)は日本語と英語に対応しています。アジア以外に本社がある仮想通貨取引所のなかで、日本語に対応している貴重な取引所です。

日本語対応している人気な取引所は他にはBinance(バイナンス)があります。
手数料も安く世界で最も人気な取引所となっています。

Binance(バイナンス)についてはこちらで紹介しています。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

取引量が世界で上位に位置している

2018年1月では、ビットコイン換算で世界第5位の取引量を誇ります。
順位は変動しますが、世界有数の取引所であることは間違いありません。

取り扱い通貨が多く、取引可能な通貨ペアが多い

Kraken(クラーケン)は取り扱い通貨が多いところが特徴です。取り扱い通貨のなかで日本円などの法定通貨は5種類、仮想通貨は16種類、合計48種類の通貨ペアに対応しています。

日本の仮想通貨より取り扱い通貨は多いです。

Kraken(クラーケン)のデメリット

スワップ手数料が高い

仮想通貨取引でいうスワップ手数料とは、簡単にいえば取引所からお金を借りて取引をする(レバレッジ取引)時にかかる「金利」のことです。

例えば、USドルでビットコインを購入すると、4時間ごとに0.02%のスワップ手数料がかかります。

日本の仮想通貨取引所であるビットバンクでは、スワップ手数料は無料です。

頻繁に取引される方はビットバンクでレバレッジをかけながらお得に取引しましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

日本円入金は銀行振込のみ

Kraken(クラーケン)はクレジットカード決済やコンビニ入金といった、日本の大手仮想通貨取引所で対応している入金方法には対応していません。

日本円入金について、受け入れ側のKraken(クラーケン)では手数料はかかりませんが、日本の銀行からの送金手数料は数千円かかります(銀行によります)。また海外送金は事前の登録や窓口からでないと送金できないという日本の銀行もあります。

そもそも、海外送金を素早く安価にというメリットがある仮想通貨にとって、あえて日本円を銀行振込する方法はナンセンスかもしれません。取り扱い通貨の一つではありますが、実質的には反映時間を考えると仮想通貨の方が便利かもしれませんね。

※上記のようにSWIFT銀行と三井住友銀行での入出金は2018年3月下旬で対応しなくなるのでご注意ください。

入金反映が遅い

​​​​​​日本円の送金に関して、最短で1日、土日を挟めば1週間ほどかかることもあります。

一部送金に関する抜粋ですが、入金反映は遅い方です。
 

  • ビットコイン:60分未満(最低6件の確認が必要)
 
  • 日本円国内送金:1〜5営業日

反映までの日数が書いてある日本円の他、仮想通貨の送金(入金)も反映が遅いという評判がネット上でも多く聞かれました。

Kraken(クラーケン)の手数料

取引手数料

日本円でビットコインを購入する時の手数料です。手数料は、過去30日間のUSドル換算の取引量によって変動します。

出来高はマイページから確認することができます。

Maker手数料

Take手数料

出来高(USD)

0.16% 0.26% ~ $50,000
0.14% 0.24% ~ $100,000
0.12% 0.22% ~ $250,000
0.10% 0.20% ~$500,000
0.08% 0.18% ~$1,000,000
0.06% 0.16% ~ $2,500,000
0.04% 0.14% ~ $5,000,000
0.02% 0.12% ~ $10,000,000
0.00% 0.10% $10,000,000~

 

入金手数料

Kraken(クラーケン)に入金する場合の手数料は無料です。一部を抜粋すると、
 

  • ビットコイン入金:無料
 
  • 日本円入金:無料※最低入金額 5,000円~

となります。別途、送金元の銀行の手数料はかかります。

また、注意事項として、数日内に何度も同じ額を入金すると、トラブル?と勘違いされ入金反映が遅れることがあります。本当に必要な場合は、違う額で入金をすると反映されやすいようです。

出金手数料

Kraken(クラーケン)から各種仮想通貨を出金する場合の手数料です。
ビットコインの0.005BTCは安い部類に入ります。
 

ビットコイン 0.00050BTC
イーサリアム 0.00500 + 0.0050%
リップル 0.02000
ステラ 0.00002
ライトコイン 0.02000
ネームコイン 0.00500
ドージコイン 2.00
ヴェン 無料


さらに、日本円を出金する場合の手数料は金額に関わらず300円となります。

Kraken(クラーケン)のセキュリティと安全性

Kraken(クラーケン)の認証レベル

認証レベル レベル0 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4
ウェブサイト閲覧
仮想通貨入出金・売買 △制限 △制限 △制限
法定通貨入出金 △制限



居住国によって、少しレベルの定義が異なりますが、日本在住の場合で詳細を記載します。
 
  • 認証レベル0 :メールアドレスのみで登録可能です、サイト閲覧のみ可能
 
  • 認証レベル1 :個人情報の登録により、仮想通貨の入出金・売買が可能
 
  • 認証レベル2 :仮想通貨の取引が増額されます
 
  • 認証レベル3 :「身分証」「住所確認」「IDセルフィー」承認で、法定通貨も入出金可 
 
  • 認証レベル4 :署名の申込書の提出によりレベル3よりさらに取引が増額
※サポートデスクに個別問い合わせ
  

日本に法人支社がありかつ日本の金融庁に登録申請を出しているだけあり、取引に本人確認が必要なところは日本の法律にもとづいています。

k050195a

(仮想通貨歴3ヶ月)

2018年1月上旬にKraken(クラーケン)に登録したところ、認証レベル0の登録はすぐにできましたが、それ以上の認証はKraken(クラーケン)側で中断していて、先に進めませんでした。

Kraken(クラーケン)の口座開設・売買方法

Kraken(クラーケン)の口座開設方法

Kraken(クラーケン)の口座開設自体はとても簡単です。
 

  • Kraken(クラーケン)のトップページからメールアドレスとパスワード、IDを登録
 
  • 届いたメールをクリックする

2ステップです!登録反映は即時対応していました。

Kraken(クラーケン)の売買方法

日本在住でKraken(クラーケン)で仮想通貨の売買をするには、実質的には認証レベルを3以上にあげる必要があります。

日本の仮想通貨取引所でもそうですが、本人確認資料の承認が必要になりますので、反映のタイムラグも考慮し、取引は1週間以上の余裕をもって口座開設をしておくと良いでしょう。


口座開設ができたあとは、取引所形式の注文方法で売買ができます。

取引所方式ってどんな感じだったかな?と思う方はこちらの記事で復習できます。

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)取引所・販売所でのアルトコインの買い方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Kraken(クラーケン)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法まとめ

Kraken(クラーケン)様々な評判や入出金の反映時間、取り扱い通貨、日本語を扱うという特徴などをまとめてきました。

世界最大級のKraken(クラーケン)はもっておいて損はしない仮想通貨取引所であるでしょう。

仮想通貨取引が初めての方は、日本語で取引ができ、取り扱い通貨の多く、アプリも見やすいと評判の日本の仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)がおすすめです。

<Coincheck(コインチェック)>のお勧めポイントは
 

  • 初心者にも安心安全の仮想通貨取引がしたい
 
  • 取り扱い通貨数は日本国内最多(どの通貨も将来有望な通貨)
 
  • アプリで簡単取引をしたい


という方にぴったりです。簡単口座開設はこちらをクリック!
(2018年3月9日現在コインチェックは取引を停止しています。手数料が安くお得なZaifがおすすめです。)

Thumbコインチェック(coincheck) 登録完全ガイド| 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェックで取り扱われている将来有望な通貨を一部紹介!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbオーガー(Augur)ってなに?今後の価格は?将来有望な通貨を解説【完全版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

日本語対応の有望なコインを扱う海外仮想通貨取引所

<binance(バイナンス)>
年末から年始にかけてもっとも注目が集まったTRONを扱う取引所のbinance(バイナンス)は日本語対応をしているおすすめの海外取引所です!

7月に取引所として営業を始めましたが、すぐに世界で最も取引量がある取引所となり、世界中から注目を受けている取引所です!

現在binance(バイナンス)は新規ユーザー登録数に上限を設けているため、もし登録をできたらラッキーです!

そんなbinance(バイナンス)のおすすめポイントは
 

  • 世界で注目されている通貨を取引したい!
 
  • 今後100倍に価格を上げるような有望な通貨に先に張っておきたい!
 
  • 日本語対応で安心の取引所がいい!

という方は、binance(バイナンス)がおすすめです!簡単1分で登録できます

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<Kucoin(クーコイン)>
今注目の草コインを多く取り扱っている取引所で今多くの人が入ってきているのがKucoin(クーコイン)です!
バイナンスが現在新規ユーザー登録数に上限を設けている中多くの人が注目をしています!

そんなKucoin(クーコイン)のおすすめポイントは
 

  • 何百倍に値上がりする可能性があるいろいろなアルトコインの取引をしたい
 
  • 海外の取引所に挑戦してみたい
 
  • できれば日本語対応が良い

という方は、Kucoin(クーコイン)がおすすめです!登録はこちらのボタンをクリック!

Kucoin(クーコイン)の登録に関して不明点などがあれば【Kucoinの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbKucoin(クーコイン)の登録方法(口座開設)と入金・出金方法と使い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外取引所に興味がある方はこちらも読んでいます

ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBittrex(ビットレックス)の手数料は安い?PoloniexとBitfin | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

Thumb仮想通貨で50万を1000万にした男がおすすめする取引所TOP3!! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb韓国の3大仮想通貨取引所!【Bithumb・Coinone・Korbit】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side