仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

世界最大級の取引所Binanceへの上場チャート価格が右肩上がりで大注目の仮想通貨RaiBlocks(XRB)!今回は仮想通貨RaiBlocks(XRB)の過去のチャートの動き、取引所での購入の仕方、購入のタイミングについて解説していきたいと思います!

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)とは?
  2. 2仮想通貨RaiBlocks(XRB)の特徴
  3. 3RaiBlocks(XRB)がBinanceに上場決定
  4. 4RaiBlocks(XRB)の相場チャート・価格推移
  5. 5RaiBlocks(XRB)が購入できるおすすめ取引所
  6. 6RaiBlocks(XRB)の購入方法の手順
  7. 7RaiBlocks(XRB)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)とは?

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)の概要

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)についてまとめてみました!

通貨名 RaiBlocks
(ライブロックス)
通貨略号 XRB
公開日 2017年8月
発行上限枚数 無し
送金手数料 無料
取り扱い国内取引所 無し
取り扱い国外取引所 Mercatox
BitGrail
Kucoin

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)の基本情報

仮想通貨元年(2017年)に大きな発展を遂げた仮想通貨の王様ビットコインですが、それと同時に「送金スピード」や「拡張性(スケーラビリティ)」の問題点も明らかになってきました。

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)はそのようなビットコインの問題点を解消するために開発されたアルトコインです!

RaiBlocks(ライブロックス)には、DAG(Directed Acyclic Graph)(有効非巡回システム)という技術を搭載しており、

そのためRaiBlocks(ライブロックス)では送金が無料、拡張性に優れているという特徴を持っています!

RaiBlocks(ライブロックス)と同じ技術を元に作られた仮想通貨としては、「IOTA」「Byteball」「DagCoin」等が存在します。

RaiBlocks(ライブロックス)のDAG技術は、正確には「Block-larttice data structure」(ブロックデータ格子構造)と呼ばれるもので、「IOTA」や「Byteball」のDAG技術とは異なります。

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)は、一般的なブロックチェーンへの攻撃には対策がすでに施されています。

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)は、ブロックチェーン技術ではなく、DAG技術を用いていることで、非常に有名です!

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)の仮想通貨時価総額ランキングは、現在17位!

1000種類程度ある仮想通貨の中でのこの順位を考えると、市場のRaiBlocks(ライブロックス)への期待感がうかがえますね!

ちなみにチャート価格は年末から年始にかけてかなり上げてきています。

この記事でしっかりと買い方を理解しましょう!

ByteballやIOTAとの違い

仮想通貨「Byteball」「IOTA」と仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)の大きな違いはコンセンサスの達成の仕方にあります。

*コンセンサス=意見の一致
仮想通貨の王様ビットコインならPOW(Proof of work)ですね!

仮想通貨「Byteball」=信頼できる人達により構成されたメインチェーンを用いることによって、コンセンサス(意見の一致)を行います。

仮想通貨「IOTA」=タングルという技術を用いることにより、コンセンサス(意見の一致)を行います。

タングルとは:ビットコインなどに用いられているブロックチェーンは、一つのデータを順番につなげていくのに対して、タングルは前後2.3個のデータを同時につなぐ技術です。タングルはデータを処理するためにマイナーが必要ないため、手数料は0円となります。

RaiBlocks(ライブロックス)=競合する取引の均衡加重投票によりコンセンサスを達成します。(電気工学分野のアービタ回路)

少し難しい説明になったので以下で具体的に説明していきます!

仮想通貨IOTAの特徴

仮想通貨IOTAの特徴をまとめてみます!

仮想通貨IOTAは、RaiBlocks(XRB)同様、DAGを採用しています。

タングルというアーキテクチャを用いることで、高速化、手数料0を実現しています。
ビットコインが、マイニングというかなりの電力や、パソコンの演算能力を使うことで不正が起きないようにしているのですが、そこにコストがかかりすぎたり、時間がかかったりという問題が起きています。

IOTAのタングルは、マイニングをしないで(コストと時間をかけないで)セキュリティを保っているという画期的な技術です!

またIoTに特化しているという特徴も持っています!

IoTの特徴、チャート、買い方ついて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨「Byteball」の特徴

仮想通貨Byteballの特徴をまとめてみます。

仮想通貨Byteballは、RaiBlocks(XRB)同様、DAG技術を用いています。

Byteballはスマートペイメン(賢い支払)をコンセプトに、スマートコントラクト利用する仕組みのプラットフォームです!

ブロックチェーンではなくDAGを採用するため、スマートコントラクトを高速に、かつ低コストで動かすことができます。

Byteballのチャート、特徴、買い方詳しくはこちらの記事をどうぞ!

Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨RaiBlocks(XRB)の特徴

仮想通貨RaiBlocks(XRB)に用いられている技術は、ビットコインとは大きく異なります!

仮想通貨RaiBlocks(XRB)の特徴について見ていきましょう!

PoSまたはDPoSアルゴリズム

RaiBlocks(XRB)ではDPoSという承認システムを利用しています。

ここではそのシステムがどのようなものなのか、どういいのかを説明します!

そもそもPoS(プルーフ・オブ・ステーク)はPoW(プルーフ・オブ・ワーク)の代替えシステムに当たります。
PoWを採用したビットコインについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

詳しく説明をすると、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)は仕事量が多い人ほどブロック承認が成功しやすいという仕組みでしたが、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)では、コインを多く持っている人ほど(資産保有が大きいほど)承認が成功しやすいという仕組みになっています。

PoSの仕組みの中で、不正に二重使用などをしようとすると、ブロックの承認成功率を上げるためにたくさんの資産を保有していないといけません。

そのため攻撃にかかる費用は高くつきますし、仮に攻撃が成功したとしても、攻撃されたという事実から、コインの価値は下落せざるを得ません。

そうなると攻撃のために用意したコインの価値が落ちるため、損をする可能性も大いにありえます。

これらの点から考えると、Pow(プルーフ・オブ・ワーク)よりも、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の方が低コストで高速の承認ができる優れた承認システムと言えるでしょう!

またPoSにおけるマイニングは、コイン保有量と、コイン年数によって決まります。

Powは完全な総当たりでマイニングをしますが、PoSはPoWと違い、コインの年数が大きいほど、総当たりで計算しなければいけない範囲が狭まります。

悪意を持った人が入ってきても不正が起きにくくなっています。
そんなPoSを採用した通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨XPとは?チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Paccoin(パックコイン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]


そしてそのPoSをさらに高めるものがDPoSと呼ばれるシステムです。
DPoS(Delegated Proof of Stake)は、PoW、PoSの代替えとなるアルゴリズムです。

PoSでは、お金を持った人がさらにお金持ちになっていくという、富の再分配の観点でよい承認システムなのかと疑問視をされていました。

DPoSでは、その通貨を多く持っている人が承認者になるのではなく、仮想通貨の保有者による投票プロセスを通じて承認者が選ばれます!

そしてその選ばれた承認者がブロックを生成します。

つまり、民主的な選挙を行い、最も適切と思われる承認者をみんなで選ぶことができます。
その選挙では投票権はもともと通貨を持っている人が多く持つことになりますが、これは悪意を持った人が暴走をしないようにするためには必要なシステムと言えます。

この時の投票では、仮想通貨の保有量が多い人ほどたくさんの投票権が割り当てられるため、Proof of Stakeという名前がついています。

DAGのようなデータ構造

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)はDAGのようなデータ構造をしています。

DAG技術とは:DAGは有効非巡回グラフと呼ばれます。

ブロックチェーン技術の場合、ブロックは後ろから前へつながっていき、あるブロックは1つ前と1つ後ろにつながっているブロックが必ず存在しますが、DAGでは二つでも三つでも前のブロックと同時に繋がっていていいというものです。

このためDAGはブロックチェーンのような一本の鎖ではありません。

そのためDAGはスケーリングに優れており、より多くのトランザクションを処理する能力にたけています。

ゼロ料金

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)のアルゴリズムを使用している場合、送金手数料は絶対に無くなりません。

しかし、仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)では、プロトコル(処理内容)が非常に軽量であることため、ノード(ネットワークに接続されているプログラムのこと)のコストが存在しないので、手数料を0にすることが出来ます。

手数料がかかってしまう仮想通貨の場合、余りにも少額を送金すると、手数料の方が大きくなってしまう可能性が高くなりますが、RaiBlocks(ライブロックス)のように手数料がかからないと、その心配は全くありません。

瞬間的な取引速度

ブロックチェーンを採用しているビットコインの場合であれば、10分に一個のブロックが生成されますが、記録できる内容の上限は1MBと決まっているため、ブロックに入れなかった情報は次のブロックを待つことになり、取引を完了するのにかなりの時間を要することになります。

しかし、仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)では、ブロックチェーンではなく、DAGを採用しているため、取引を記録するということを行う必要がありません。

そのため瞬間的な取引が可能なわけです!

スケーラビリティ

スケーラビリティとは、システムの規模の変化に対応できる柔軟性の高さを表しています。

スケーラビリティが高いと、システムを比較的容易に拡張することが出来ます。

ビットコインはスケーラビリティ問題をたくさん抱えています。

ビットコインスケーラビリティ問題:ビットコインのブロックは約10分ごとに生成されますが、ブロックに書き込むことのできる内容の上限は1MBです。
そのためこの1MBに入りきらない情報は承認されず、どんどんとたまっていくという問題です。

このため送金の上限にすぐに達してしまい、送金の遅れが起きてしまっています。

しかし、Raiblocks(ライブロックス)ではそのようなことが起きないようになっているのです。

RaiBlocks(XRB)がBinanceに上場決定

Binance(バイナンス)には、ユーザーの投票で一位になった仮想通貨を上場させるというシステムを導入しています。

今回の投票(2017年12月31日~2018年1月5日)で仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)が一位を獲ったため、世界最大の取引量を誇る仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に上場することが決まりました。

そのため、RaiBlocks(XRB)の価格は大きく上昇しました!

Binance(バイナンス)でRaiBlocks(XRB)をはじめ将来性の高い通貨を購入するなら下のボタンをクリック!

Binance(バイナンス)の口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

RaiBlocks(XRB)の相場チャート・価格推移

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)のチャート価格について見ていきたいと思います。

RaiBlocks(ライブロックス)の11月付近のチャート価格を見てみると、1RaiBlocks=30円程度であったことが分かります。

そしてその後チャート価格がぐんぐんと上に押し上げ初め、最大価格は1RaiBlocks=3400円程度を記録しました。

この短期間でチャート価格100倍上げ!
RaiBlocks(XRB)のチャート価格の上げはすさまじいですね!

RaiBlocks(XRB)恐るべし!!


今回の価格高騰の原因は、仮想通貨RaiBlocks(XRB)がBinance(バイナンス)に上場するための投票で、一位を獲ったことです。

実際にRaiBlocks(XRB)がBinance(バイナンス)に上場した時のチャート価格の上げ方が楽しみですね!

その時に買い遅れないようにするために、買い方はしっかりと理解しておきましょう!

買い方については、この記事でしっかりと解説しています!

Binance(バイナンス)での投票期間であった12月31日~1月5日付近の仮想通貨RaiBlocksのチャート価格を拡大してみますと、RaiBlocks(XRB)のチャート価格が投票期間中に大きく上げたことが分かります。

これによりRaiBlocks(XRB)に対して大きな購入が入ったことが分かると思います!

RaiBlocks(XRB)が購入できるおすすめ取引所

RaiBlocks(ライブロックス)が購入できる仮想取引所は、Mercatox、BitGrail、Kucoinなどがありますが、今後Binance(バイナンス)に仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)が上場することを考えると、日本語にも対応しているBinance(バイナンス)がお勧めです!

買い方が分かっていても、口座がないと取引はできないので、Binanceの口座を開設しておきましょう!

Binanceの登録はこちら!

RaiBlocks(XRB)の購入方法の手順

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)はまだ日本の取引所に上場していないため、RaiBlocks(XRB)を購入するためには海外の取引所を使う必要があります。

今回はそのRaiBlocks(XRB)の買い方について解説したいと思います!

①海外、日本の取引所を開設する

②日本の取引所でビットコインを購入する

③海外の取引所に送金する

④海外の取引所でRaiBlocks(XRB)を購入する

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

今回はコインチェックでのビットコインの購入の仕方について説明します!

最近は新規参入者が急増していることもあり、取引所の口座開設にものすごく時間がかかります。

その中でもコインチェックはかなり早く対応してくれるので、コインチェックに登録していない人は、この機会に登録をしておくことをお勧めしておきます。

それにコインの買い方が最も分かりやすいのも、コインチェックの良い所の一つです!

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

コインチェックアプリでの購入方法

それでは、コインチェックでの買い方を見ていきましょう!

コインチェックのアプリを開いて、こちらの画面の「コインの購入」を押してください!

すると次にこちらの画面に飛ぶので、ここで購入するコインがビットコインであることを確かめてください。

購入したいビットコインの量を打ち込まないと、この画面のようにその時に購入できる、最大の量が自動で表示されますので、気を付けましょう!

コインチェック取引所での購入方法!

コインチェックのアプリは簡単に利用ができて、どこでもビットコインを買うことができるのでとても便利です!

しかし、実はコインチェックのアプリの方はビットコイン等の販売所なので結構割高な手数料を払ってビットコインを購入することになるのです。

なので、できることならコインチェックの取引所で購入することをお勧めします!

それでは、コインチェックでお得に購入ができる取引所での購入方法を見ていきましょう!

ログイン後は、ウォレットではなくこちらの取引所という画面を選択してください!

そしてこちらの「現物取引」に買いたいビットコインの量を打ちこみましょう!
取引所の場合はこれで購入は終了です!

海外の取引所口座へビットコインを送金

ではいよいよ海外の取引所にビットコインを送金していきましょう!

今回は大注目ということで、Binance(バイナンス)取引所を用いて説明したいと思います!

まずは仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の送金先のアドレスを調べます。

Binance(バイナンス)にログインするとこちらの画面に飛ぶので、資産→預金の引き出しを選択しましょう!

次にこのページでBTCを探して、預金を選択すると、アドレスが表示されるので、そのアドレスをコピーしてください

最後にコインチェックの送金画面に戻ってきて、送金先アドレスに先ほどコピーしたアドレスをペーストして、送りたいビットコインの量を打ち込めば終わりです!

この時、アドレスは絶対にコピペで貼るようにしましょう!
もし間違えてしまうと一生返ってこなくなります。

BinanceでRaiBlocks(XRB)を購入

下の方に移動して、ビットコイン建てで購入するのか、ETH建てで購入するのかを選びます。

そしてこちらの画面でXRBをサーチにかけると購入する画面に飛ぶことが出来ます!

そこで買い板なら写真の緑の枠、売り板なら写真のピンクの枠で注文をします。

RaiBlocks(XRB)の今後の将来性

RaiBlocks(ライブロックス)が採用しているDAGは非常に有用なシステムであり、ブロックチェーン同様今後どんどん活躍すると思っています。


そのためDAGの将来性は非常に高いと思います!


DAGはあまり有名でないため、すごいシステムだということを認識している人は少ないですが、個人的にはDAGの技術的インパクトはブロックチェーンに匹敵している(もしくは超えている)と思っています。

そして今後はDAGという技術が注目を集め、その結果DAGを採用している、XRB(RaiBlocks(ライブロックス))は注目されていくことでしょう。

逆に先にRaiBlocks(XRB)が注目されて、結果としてDAGが有名になるということも考えられます。

それくらい仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)は、今注目を集めている通貨なのです!

また、RaiBlocks(XRB)がRaiBlocks(XRB)とIOTAやByteballとの違いをしっかりと強調することが出来れば、RaiBlocks(ライブロックス)は大きな飛躍を遂げることになると思っています!

RaiBlocks(XRB)の将来性ポイント

RaiBlocks(XRB)の将来性について見ていきたいと思います。

将来性ポイント①
Binanceに上場したことから大きな知名度を得ることが出来る。
Binanceに上場することは、正直かなりインパクトがあります。

そのため短期的な価格急騰も考えられます。

将来性ポイント②
送金手数料がかからない。

現在仮想通貨市場は、ビットコインの送金手数料の高さから、大きな不満を抱えています。
そんな中、手数料のかからない通貨が出てくると、これは市場から見た将来性が高くなって当然です!

将来性ポイント③
スケーラビリティ問題が起こらない
これは完全に技術的な面からの将来性になるのですが、スケーラビリティ問題が起こらないというのは、将来性としては非常に大きなメリットです!

少し簡単にRaiBlocks(XRB)の将来性についてまとめてみました!
将来性の高いRaiBlocks(XRB)を購入したい人は、さらに注目が集まって価格が上昇する前の今のうちにしておきましょう!

RaiBlocks(XRB)の購入は、世界でも最大級の信頼のある取引所のBinance(バイナンス)がおすすめです!
手数料も安く、何より、海外大手取引所の中で唯一日本語対応をしていて、安心です!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

もし、バイナンスで新規ユーザー登録ができなかったら、今伸びている注目の取引所のKucoin(クーコイン)もおすすめです!

将来性のある通貨を多く扱い、こちらも日本語対応をしていて、安心です!

クーコインの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbKucoin(クーコイン)の登録方法(口座開設)と入金・出金方法と使い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス/XRB)まとめ

いかがでしたでしょうか!?

すぐにでもRaiBlocks(ライブロックス)が欲しくなった方もいるかと思います!

私も少しくらい購入しておこうかな!とも思っています。

では最後に簡単に仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)についてまとめてみます!

仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)とは!?

RaiBlocks(XRB)の特徴その①
DAGを採用してしている仮想通貨のため、スケーラビリティ問題が発生しない。送金手数料が発生しない。

RaiBlocks(XRB)の特徴その②
仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)をモデルとした仮想通貨として「IOTA」「Byteball」「Dagcoin」が存在する。

RaiBlocks(XRB)の特徴その③
Binance(バイナンス)に上場が決まり
、話題を呼んでいる。

といった感じでしょうか!

今後もRaiBlocks(XRB)からは目が離せませんね!

RaiBlocks(XRB)のような将来性の高い仮想通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?特徴・価格チャート・取引所・今後の将 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?特徴・チャート・購入方法( | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side