仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?特徴・価格チャート・取引所・今後の将来性を解説

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)の特徴及び価格チャート、購入できる取引所についての情報及び、今購入しても将来性があるかの点についてまとめました。ADAコイン(エイダコイン)の今後の価格チャートは、運営の手腕に大きく掛かっています。

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?特徴・価格チャート・取引所・今後の将来性を解説のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?
  2. 2仮想通貨ADAコインの特徴
  3. 3ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれた理由
  4. 4ADAコイン(エイダコイン)は詐欺コインと呼ばれなくなった理由
  5. 5ADAコイン(エイダコイン)の相場チャート・価格推移
  6. 6ADAコイン(エイダコイン)が購入できるおすすめ取引所
  7. 7ADA専用ウォレットDaedalus(ダイダロス)
  8. 8ADAコイン(エイダコイン)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは、分散型プラットフォーム「カルダノ(Cardano)」で利用する用途で誕生した仮想通貨です。

ADAコイン(エイダコイン)の名前の由来では、1800年代に全世界で初のITエンジニアになった「エイダ・ラプレス」の名前から取って、ADAコイン(エイダコイン)のネーミングがつけられるようになりました。

因みにこのADAコイン(エイダコイン)には、イーサリアム(ETH)と同じ機能である「スマートコントラクト」の機能が実装されています。

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)の概要

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)の概要については、以下の表の通りになります。

     ADAコイン(エイダコイン)
 発行日  2017年
 名称  ADA
 発行枚数  250億枚以上
 上限  450億枚
 開発者  チャールズ・ホスキンソン
 時価総額  約2兆1230億円(1/11現在)
 価格  約81円(1/11現在)

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)は、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇るイーサリアム(ETH)のCEOだったチャールズ・ホスキンソン氏によって立ち上げられたプロジェクトで誕生しました。

上記のツイートは、カルダノ(Cardano)のアップデートについて解説している動画を投稿したツイートであり、チャールズ・ホスキンソン氏のアカウントからツイートされたものです。

チャールズ・ホスキンソン氏は、数学者としても天才的な能力を発揮していることで有名であり、ADAコイン(エイダコイン)のプロジェクトはチャールズ・ホスキンソン氏の全人生を賭けたプロジェクトとも言われています。

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)の基本情報

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)は時価総額ランキングで10位以内に入り、全アルトコインの中でも時価総額がかなり上位の規模に入るアルトコインになります。

1月12日時点の時価総額ランキングでは、ADAコイン(エイダコイン)が時価総額ランキングで5位にランクインしています。

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)のアルゴリズムはPOS(Proof of Stake)を採用しており、消費電力が抑えられてADAコイン(エイダコイン)が安定して供給されるメリットがあります。

更にPOSでは決済が素早く完了する利点もあり、通貨としての決済スピードが速い点ももう一つのメリットになります。

世界的に有望な通貨であるADAコインをを購入するには日本の取引所では取り扱っていないので、海外取引所に登録をする必要があります。

海外取引所は不安という人には、海外取引所の中で、世界トップクラスの規模で、ユーザー登録数も大きいバイナンスがおすすめです!
 

  • バイナンスは世界でトップクラスの規模で信頼できる大手取引所!(国内最大のビットフライヤーよりも大きい)
 
  • 日本語対応をしている使いやすい取引所!

このように信頼できる取引所と言えます!
現在新規の登録が殺到しすぎて一日上限を設けていますので今のうちに登録をおすすめします!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

上記の動画は、ADAコイン(エイダコイン)が使える分散型プラットフォーム「カルダノ(Cardano)」とADAコイン(エイダコイン)の特徴についてわかりやすく解説した動画になります。

この動画では、映像を使って視覚的に解説していますので、この動画を見るとADAコイン(エイダコイン)とはどのような通貨なのかがざっくりとわかります。

カルダノ(Cardano)とは?

カルダノ(Cardano)とは、P2Pやブロックチェーンの技術によって実現された分散型のゲーム用プラットフォームです。

カルダノ(Cardano)は、従来のオンラインゲームのシステムとは全く違う新しい暗号通貨のシステムを採用しており、ネットワーク上で安全にゲームが楽しめるメリットがあります。

またカルダノ(Cardano)は、Input Output Hong Kongと言う企業が開発及び運営を行っており、ADAコイン(エイダコイン)の開発者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏が、開発リーダーを務めています。

カルダノ(Cardano)では、利用者がゲームプレイで不正利用される等のセキュリティ上の危険が無く、ゲーム開発者向けにソフトウェアの開発キットも提供されているので、誰でも自由にゲーム開発が出来る利便性があります。

カルダノ(Cardano)で使える通貨として仮想通貨のADAコイン(エイダコイン)が使えるようになっており、カルダノ(Cardano)の利用者が増加すれば、その分ADAコイン(エイダコイン)の価値が上昇すると言った相関関係になっています。

仮想通貨ADAコインの特徴

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)ではどのような特徴があるのでしょうか。

ADAコイン(エイダコイン)の特徴について見ていきましょう。

不正が起こらない仕組み

ADAコイン(エイダコイン)では、スマートコントラクトやオラクルの技術が採用されています。これらの技術によって不正利用の取引や取引データが偽造されるのを防ぐ機能があり、不正が起こらない仕組みを整えています。

オラクルでは、スマートコントラクトを実行させる為に条件を満たす情報を提供するシステムであり、オラクル自身がスマートコントラクトに提供する情報が正しい情報か、間違っている情報かを判別する機能を備えています。

スマートコントラクトでは、スマートコントラクトで事前に定義した契約プログラムを自動で実行する機能があり、スマートコントラクトで定義したプログラムを実行してしまえば、契約プログラムの内容が不正に書き換えられるリスクが無くなります。

このように、ADAコイン(エイダコイン)ではセキュリティ対策が強固になっており、不正利用対策に力を入れた仕組みが整備されているのです。

誰でもゲームが出せる

ADAコイン(エイダコイン)では、分散型ゲーム用プラットフォームのカルダノ(Cardano)にて、どんな人でも開発したゲームをカルダノ(Cardano)のプラットフォームで出す事が可能になっています。

ゲームが自由に出せる点は、カルダノ(Cardano)にて幅広いジャンルで且つ豊富な数のゲームが蓄積されるポテンシャルがあり、カルダノ(Cardano)内のゲームが充実すればADAコイン(エイダコイン)の価値が向上するチャンスも秘めています。

ちなみに、最近はこのようなゲームのプラットフォーム通貨が多くあります。
それらの通貨は将来有望と言われており、詳しく知りたい方はこちらで詳しく解説しています!

Thumb仮想通貨TRON(トロン/TRX)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

個人情報の登録がいらない

カルダノ(Cardano)では、氏名、住所、年齢と言った個人情報の登録が不要です。必要になるのは、カルダノ(Cardano)のゲームをプレイする為に必要になるADAコイン(エイダコイン)と、ADAコイン(エイダコイン)アドレスのみです。

従来のオンラインゲームでは個人情報の入力が必要な場合が多々ありましたが、カルダノ(Cardano)では極力簡素化され登録の手間が大幅に削減されています。

IOHKが技術の開発を行っている

カルダノ(Cardano)のブロックチェーンでは、ブロックチェーンの開発チームである「IOHK」が、カルダノ(Cardano)やADAコイン(エイダコイン)の技術開発を行っています。

IOHKは開発者のチャールズ・ホスキンソン氏によって創設され、カルダノ(Cardano)がスマートコントラクトを充実させたプラットフォームに成長できるような開発計画を練っています。

今後IOHKが開発計画に沿って更なる開発が進展すれば、カルダノ(Cardano)の利用者が増加しADAコイン(エイダコイン)の価格が上がる可能性もあります。

日本のATMで引き出しが可能になる事を目指している

ADAコイン(エイダコイン)は、日本国内のATMでも引き出し等の取り扱いが可能になる事を目指しており、まずは日本国内の5ヶ所のATMから引き出し等の取り扱いを対応し、今後1年の間に25か所のATMで取り扱いの対応が可能になる事を目指しています。

仮に日本のATMでADAコイン(エイダコイン)の引き出しが実現されれば、既にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)用のATMが世界で誕生していますので、仮想通貨としての価値がビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に次ぐ規模になるかもしれません。

カルダノ(Cardano)デビットカードで支払い可能

カルダノ(Cardano)では、カルダノ(Cardano)専用のデビットカードをリリースし、カルダノ(Cardano)デビットカードを利用してADAコイン(エイダコイン)での支払いが可能になるプロジェクトを進めています。

カルダノ(Cardano)デビットカードさえあれば、オンライン上でのショッピングの支払いやリアル店舗での決済に使えるようになり、カルダノ(Cardano)の価値が高まりADAコイン(エイダコイン)の価格が上昇する可能性もあります。

因みに、1月11日現在ではカルダノ(Cardano)デビットカードはまだリリースされておらず、カルダノ(Cardano)デビットカードの詳細についても発表されていません。

ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれた理由

ADAコイン(エイダコイン)は、一時期仮想通貨の投資家や関係者から詐欺コインと呼ばれてしまう不名誉な状況に陥っていました。

ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれてしまった幾つかの理由についてご紹介します。

プレセールの最低購入単価が異常に高かった

ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれてしまった理由の一つとして、ADAコイン(エイダコイン)が取引所に公開する前のプレセールを行った際に、ADAコイン(エイダコイン)のプレセールの最低購入単価が異常に高く設定された点が挙げられます。

当時のADAコイン(エイダコイン)がプレセールを行った際の最低購入単価は、およそ11万円程度とかなり高い値段で設定されていました。

その為、プレセールが終わったら取引所に公開せず集めた資金を持ち逃げして、プロジェクトを折り畳むのではとの懸念がありました。

この点から、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれるきっかけの一つになってしまいました。

日本でのみ先行販売されていた

ADAコイン(エイダコイン)の先行販売(プレセール)では、世界で日本のみにしか行われなかった点も、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれてしまった理由の一つとして考えられます。

幅広く資金を集めるなら、日本だけでなくアメリカや中国、韓国等、ICOが盛んな国で資金を集めるのが効率的になりますが、ADAコイン(エイダコイン)の先行販売(プレセール)では不思議な事に日本のみでしか行われませんでした。

ADAコイン(エイダコイン)は日本発の仮想通貨では無い事からも、ADAコイン(エイダコイン)は詐欺コインなのではとの疑念が持たれるようになってしまいました。

マルチ商法のような紹介方法

ADAコイン(エイダコイン)では、日本国内でのプロモーション活動でマルチ商法のような紹介方法を行っていた点も、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれる理由の一つとして挙げられます。

特にホームページを開設してADAコイン(エイダコイン)で一儲けしようと謳った宣伝を行ったり、取引所に公開したADAコイン(エイダコイン)の購入を勧める類の迷惑メールも出回るようになり、ADAコイン(エイダコイン)の紹介がヒートアップしていました。

このような度が過ぎた紹介方法が行われていた為、ADAコイン(エイダコイン)は怪しくて詐欺コインと言う印象を持たれてしまいました。

情報商材で有名な某氏が関わっていた

情報商材で有名な某氏がADAコイン(エイダコイン)を紹介していた点も、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれてしまった理由の一つとして考えられます。

情報商材の某氏が運営する代理店等でADAコイン(エイダコイン)の販売を行っていたり、ADAコイン(エイダコイン)の将来性や売買に関する情報についても紹介されていた模様であり、この点からも弱者に付け込んでたのではとの疑念がありました。

このような点と、ADAコイン(エイダコイン)の紹介方法のヒートアップ化も合わさった事から、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれて呼ばれる一因になったものと考えられます。

バーチャルオフィスを使っていた

カルダノ(Cardano)の運営がバーチャルオフィスを使っていたとの情報が出回った点も、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれてしまった理由として挙げられます。

バーチャルオフィスとは、オフィスを構えずに名前だけオフィスとして登記する事を言います。カルダノ(Cardano)では、ADAコイン(エイダコイン)の取り扱い事業を展開していた関連会社がバーチャルオフィスを使用しているとの情報が流れていました。

但し、分散型プラットフォーム・カルダノ(Cardano)自体の運営元はバーチャルオフィスを使っていなかった模様であり、あくまでも関連会社がバーチャルオフィスを使っていた点に留まります。

このようなバーチャルオフィスを使っていたとの情報が流れた事も、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれた理由として考えられます。

公開予定から半年以上の遅延

取引所への公開が予定よりも半年以上も遅延してしまった点も、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインと呼ばれてしまった理由の一つとして挙げられます。

ADAコイン(エイダコイン)は、取引所に公開するまでに幾つもの延期を行っており、この取引所の公開が何度も引き延ばしにされてしまった点は、ADAコイン(エイダコイン)は詐欺コインなのではとのイメージを増幅させてしまいました。

当初は、ADAコイン(エイダコイン)は2016年12月に取引所へ公開する予定でいましたが、これが3ヶ月延期、4ヶ月延期へと取引所への公開の引き延ばしを行っていました。

この引き延ばしでADAコイン(エイダコイン)を購入した人に不安感を与えてしまい、このまま取引所に公開しないのではとの憶測も呼んでしまって、ADAコイン(エイダコイン)が詐欺コインとの印象をより強くさせてしまったのです。

ADAコイン(エイダコイン)は詐欺コインと呼ばれなくなった理由

ADAコイン(エイダコイン)は取引所への公開が半年以上も遅延しましたが、2017年10月2日に無事海外大手取引所の「Bittrex」に上場し、取引所にADAコイン(エイダコイン)が公開されるようになりました。

また2017年12月には、海外取引所の「gate.io」に上場してADAコイン(エイダコイン)の公開を果たし、複数の取引所でADAコイン(エイダコイン)が購入できるようになりました。

取引所に公開する前は、詐欺コインとのイメージが強かったADAコイン(エイダコイン)ですが、無事に海外大手取引所の「Bittrex」に公開された事で、詐欺コインと呼ばれる事もめっきり減った模様です。

ADAコイン(エイダコイン)の上場インパクトで不安感を消す

更に注目する点として、海外大手取引所Bittrexに公開された事が公開前の不安感を消し去りました。大手取引所に公開するには幾つもの高いハードルがあり、早々容易く公開される訳ではありません。

しかし、ADAコイン(エイダコイン)の上場一発目が海外大手取引所Bittrexであった為、その時のインパクトは絶大なものでありました。これにより、ADAコイン(エイダコイン)の以前の不安感が簡単に消し去ったものと考えられます。

ADAコイン(エイダコイン)の相場チャート・価格推移

ADAコイン(エイダコイン)が取引所に上場して以降は、ADAコイン(エイダコイン)の価格の値動きはどのようになっているのでしょうか。

ADAコイン(エイダコイン)の相場チャート・価格推移についてご紹介しましょう。

ADAコイン(エイダコイン)は年明けまで価格推移が上昇傾向だった

ADAコイン(エイダコイン)はBittrexに上場して以降、上記のチャート画像でもご覧の通り、2018年1月4日前後まで価格が上昇傾向を強めていました。

このチャート上ではっきりわかるほどの価格上昇では、以下の点がチャートでの価格上昇に繋がった原因として考えられます。

  • カルダノ(Cardano)の運営元であるInput Output Hong Kongが国際的なテクノロジー会議のスポンサーになっている点。
 
  • 海外取引所の複数の取引所で上場するとの憶測が広がった点。
 
  • BittrexでのADAコイン(エイダコイン)の取引が、ビットコイン(BTC)だけでなくイーサリアム(ETH)でも可能になり、取引の裾野が広がった点。

上記のような複数の要因が重なった結果として、ADAコイン(エイダコイン)の価値がますます高まるのではとの思惑が高まり、チャートで確認できるほどの価格上昇に繋がったと考えられます。

ADAコイン(エイダコイン)は年明けから価格推移が下降傾向

ADAコイン(エイダコイン)は、2017年から続いていた価格の上昇傾向が1月4日前後のチャートでピークに到達。その後の相場チャートでは一転し、1月11日現在のチャートでも価格の下降傾向が続いています。

このチャート上ではっきりわかるほどの価格の下降傾向では、以下の点がチャートでの価格下降に繋がった原因として考えられます。

  • 一部の仮想通貨(イーサリアムやビットコインキャッシュ等)以外は価格が下落傾向に入っており、その流れを受けて資金の流失が発生している。
 
  • 仮想通貨の取引市場の中で選択と集中の動きが発生し、一部の銘柄に資金が集中する流れが起こっている。
 
  • 12月から仮想通貨の取引市場に新規参加者が急増しており、価格が下落すると高値で買った投資家が焦って狼狽売りする現象が相次ぎ、下落トレンドを形成している可能性がある。

1月11日現在、ADAコイン(エイダコイン)自体にはマイナスになる材料が出ていません。

その為、上記のような複数の要因が重なり合った結果、ADAコイン(エイダコイン)の価値が下がるのではとの思惑が広がり、チャートで確認できるほどの下降トレンドに入った理由として考えられます。

ADAコイン(エイダコイン)が購入できるおすすめ取引所

ADAコイン(エイダコイン)が購入できるおすすめな取引所として、海外大手取引所のBitrrex(ビットレックス)が挙げられます。

Bitrrex(ビットレックス)はアメリカに拠点を置く取引所であり、取り扱い通貨の種類は300種類ほどになります。この取り扱い通貨の種類は世界でもトップクラスであり、様々なアルトコインを購入できるメリットがあります。

またBitrrex(ビットレックス)の取引手数料及び入出金手数料についても、他の取引所と比較すると安い水準にありますので、まだ海外取引所を利用した事が無い方が初めて利用する場合でもおすすめの取引所になります。

その他にADAコイン(エイダコイン)が購入できる取引所は

Bitrrex(ビットレックス)以外でADAコイン(エイダコイン)が購入できる取引所として、以下の取引所があります。

  • Binance(バイナンス)
  • gate.io(ゲート・アイオー)
  • CoinSpot(コインスポット)

上記のように、Bitrrex(ビットレックス)以外でもADAコイン(エイダコイン)を購入できる取引所が増えており、今後も複数の取引所で取り扱いを予定しています。ADAコイン(エイダコイン)を購入できるチャンスがますます増えるのは間違いありません。

ADA専用ウォレットDaedalus(ダイダロス)

ADAコイン(エイダコイン)の専用ウォレットとして、Deadalus(ダイダロス)と言うウォレットがあります。このDeadalus(ダイダロス)には様々な機能があり、大変便利なウォレットになります。

ADA専用ウォレットDeadalus(ダイダロス)についてご紹介しましょう。

機能が充実しているADA専用ウォレットDeadalus(ダイダロス)

Deadalus(ダイダロス)は、ただのウォレットとしてADAコイン(エイダコイン)を保管しているだけでなく、ADAコイン(エイダコイン)の資産を守る為の高いレベルのセキュリティ機能が装備されています。

特に高い暗号技術によって、Deadalus(ダイダロス)の保管しているADAコイン(エイダコイン)の資産を守りますので、安心してADAコイン(エイダコイン)を保管する事が出来ます。

更に、Deadalus(ダイダロス)に保管してるADAコイン(エイダコイン)を他の取引所に送金したり、取引所に保管しているADAコイン(エイダコイン)をDeadalus(ダイダロス)へ送金が可能で、ADAコイン(エイダコイン)を簡単に資金移動する事が出来ます。

またDeadalus(ダイダロス)の目玉機能として、Deadalus(ダイダロス)のウォレット内にある資産を復元する機能も備わっています。

この復元機能では、PCが壊れた場合でもDeadalus(ダイダロス)を再びインストールして復元機能を使えば、安全にDeadalus(ダイダロス)のウォレットにあるADAコイン(エイダコイン)を復活させる事が可能になります。

このようにDeadalus(ダイダロス)は豊富な機能があり、非常に使いやすい仕様になっています。

ADAコイン(エイダコイン)の今後の将来性

ADAコイン(エイダコイン)の今後の将来性については、ADAコイン(エイダコイン)の価値が更に上がるような今後の展望があるのでしょうか。

ADAコイン(エイダコイン)の今後の価値に焦点を置いて、ADAコイン(エイダコイン)の将来性についてまとめました。

ADAコイン(エイダコイン)は今後も価値が上がる可能性がある

ADAコイン(エイダコイン)の今後については、以下の点が実現されれば今後も価値が上がる可能性があります。

  • カルダノ(Cardano)だけでなく、他のゲームプラットフォームでもADAコイン(エイダコイン)が利用できるようになる。
 
  • 国内や海外のATMでADAコイン(エイダコイン)の取り扱いが実現され、ADAコイン(エイダコイン)対応のATMが増加する。
 
  • 国内取引所にADAコイン(エイダコイン)が上場する。

上記のような事項が実現されれば、ADAコイン(エイダコイン)の価値は今後も上昇して行き、更に価格が高騰する可能性があります。

ADAコイン(エイダコイン)は今後も複数の取引所への上場及び、ADAコイン(エイダコイン)対応ATMの開設等の計画があり、ADAコイン(エイダコイン)の価値向上に向けたプロジェクトを進めています。

これら一連のプロジェクトが計画通り実現する事が出来れば、ADAコイン(エイダコイン)の価値が上がるのは間違いありません。

ADAコイン(エイダコイン)の今後の将来性については、運営元の今後の動きが大きな鍵を握っています。

moriguchi

(30)

ADAコイン(エイダコイン)は、Bittrexに上場するまでは取引所に公開されない詐欺コインだと、散々な評判を受けていました。その為、その当時にADAコイン(エイダコイン)の将来性を考えたら、全く将来性が無い通貨だと考えていたはずです。今後の将来性を見る上では評判に振り回されず、自分がそのコインを信用できるか、自分で可能性を感じる事が出来るか等、自分自身で考えて判断する事が大切になってきます。

仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)まとめ

長い期間を経て2017年にやっと上場を果たした仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)。一時は詐欺コイン等と揶揄される厳しい時期がありましたが、それを乗り越えて取引所に公開する前よりも格段に価格が高騰し、ADAコイン(エイダコイン)の価値が高まりました。

今後更にADAコイン(エイダコイン)の価値が高まるかは、運営元の動きに因って大きく変わる可能性があります。

ゲームプラットフォームが活性化するなどADAコイン(エイダコイン)の価値が向上し更なる魅力が増せば、価格が高騰するチャンスがあるかもしれません。

今後も将来有望な仮想通貨であるADAコイン(エイダコイン)を購入するなら国内取引所と海外取引所の登録が必要になります!
そこでオススメの取引所とADAコインの投資方法をご紹介!

将来有望な仮想通貨ADAコインに投資をするなら!

まず、ADAコインは紹介した通り日本の取引所では購入ができないので、海外取引所で取引をしないといけません。
また、海外取引所でADAコインを購入するのに必要なビットコインとイーサリアムを購入するには国内取引所が必要なので、ここではおすすめの投資方法を紹介!

まずアルトコイン投資初心者の方がADAコインを購入するならまずコインチェックは押さえておきたい取引所です!

コインチェックは初心者の人でも簡単に仮想通貨を購入&送金できるので、ぜひアルトコイン投資をするなら持っておきたい取引所です!

また、アルトコインは価格の動きが大きく、タイミングを逃してはいけません!
そんな時はスマホアプリが大活躍します!

日本で一番利用しやすいアプリを提供しているコインチェックはぜひ持っておきましょう!

また、海外取引所で投資をするのに必要なビットコインやイーサリアム、ライトコインなどを購入するなら、手数料が日本一安いザイフの口座も持っておきましょう!

急ぎの時はコインチェックのスマホアプリ、普段使いはザイフというのがおすすめの投資方法です!

ビットコインやイーサリアムを手に入れたら、ADAコインを購入する海外取引所の出番です!

ADAコインを購入するなら、バイナンスがおすすめです!

手数料が安く、取引量が多く信頼できる大手取引所で、しかも日本語対応をしています!


今後リップルのように価格を伸ばすかもしれない将来有望な通貨を多く取り扱っているバイナンスは持っておきたい取引所です!
※現在一日の登録数の上限があるので登録ができたらラッキーです!

将来有望な仮想通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨XPとは?チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨TRON(トロン/TRX)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Paccoin(パックコイン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方) | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Binance | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?特徴・チャート・購入方法( | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side