仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)のチャートが高騰中! 仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)の特徴とメリットは? 取引所での購入方法は? チャートと合わせて将来性や、購入におすすめの取引所をご紹介します。

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所のイメージ

目次

  1. 1BitShares(ビットシェアーズ)が高騰中! 柔軟性の高いアルトコイン
  2. 2仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?
  3. 3仮想通貨BitSharesの特徴
  4. 4BitSharesとRippleの違い
  5. 5BitSharesの相場チャート・価格推移
  6. 6BitSharesが購入できるおすすめ取引所
  7. 7BitSharesの購入方法の手順
  8. 8BitSharesの今後の将来性
  9. 9仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

BitShares(ビットシェアーズ)が高騰中! 柔軟性の高いアルトコイン

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)をご存じですか? アルトコインの一つで、2017年12月から高騰が続いています。

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)は時価総額ランキング2位(2018/01/07現在)であるリップル(Ripple)とよく似た特徴があり、リップル(Ripple)と共に価格や将来性への期待が高まっています。

BitShares(ビットシェアーズ)どのようなアルトコインなのか、詳しく見てみましょう。

以下の3つのポイントについて注目です!
 

  • 仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)のマイニングなどの特徴
 
  • 仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)の価格や将来性
 
  • 仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)を上場している取引所と購入方法


BitShares(ビットシェアーズ)が似ているといわれている、人気の高い仮想通貨のリップルについて詳しく知りたい方はこちらで解説をしています!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

リップルに興味がある人は、リップルを取り扱っている取引所で一番おすすめのコインチェックは要チェックです!

コインチェックは仮想通貨中でもリップルやその他の将来有望な通貨を取り扱っています!
ぜひこの機会に登録をおすすめします!

コインチェックで取り扱われている仮想通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?

①仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)の概要

発行日 2014年7月          
アルゴリズム DPoS
名称 BTS
上限 約37億BTS
送信時間 約3秒
時価総額(2018/01/07現在) 約2600億
時価総額ランキング 27位
現在価格 約100円

②仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)の基本情報

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)は時価総額ランキング27位のアルトコインです。

BitShares(ビットシェアーズ)はビジネス向けの分散型金融ソリューションプラットフォームで、金融会社同士の送金や両替に利用できます。その送金に利用するトークンがBTSという名前です。

ブロックチェーン上で取引を行うため、セキュリティの高さと素早い送金が可能になっています。

さらに取引を仲介するゲートウェイを必要としないので、ネットワークの圧迫や、ゲートウェイによる不正や崩壊による資産損失のリスクも起こらないプラットフォームとなっています。

企業で利用するアルトコインのため、大きい会社からの需要が高いといえます。将来性にも期待できるアルトコインですね。

では、仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)の詳しい特徴を見ていきましょう。

仮想通貨BitSharesの特徴

①3つの役割

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)は、取引時のマイニングを行うユーザーを、大きく3つの役割に分けています。それぞれ報酬を得る方法があります。

1つは「Witness(承認者)」。取引において問題がないか、複数の承認者を選出しマイニングを行います。マイニング時に選出されたマイナーと、選出を行った承認者にそれぞれ報酬が与えられます。

2つ目は「Committee(委員)」。彼らはBitShares(ビットシェアーズ)のブロックチェーンの新しい仕様の提案を行います。

BTS保有者の中で投票を行い、可決された提案がハードフォークでアップロードされます。取引手数料やマイニング時の報酬もBTS保有者で決めることができます。

3つめは「Worker(労働者)」。BitShares(ビットシェアーズ)を扱いやすくするための外部ツールを提案し、開発を行います。

開発の報酬や内容は自ら決めることができますが、可決は先ほどと同じくBTS保有者の投票で決まります。実現すると、準備金プールからBTSが報酬として支払われます。

BitShares(ビットシェアーズ)ではこのように、BTS保有者ユーザーに役割を持たせ、マイニングのセキュリティや様々な技術を取り入れています。

②取引承認システムは DPoS

BitShares(ビットシェアーズ)のアルゴリズムは「DPos」を利用しています。デリゲイテッド・プルーフ・オブ・ステーク(Delegated Proof-of-Stake)の略です。

DPoSはすばやさと柔軟さ、非中央集権を目的とした取引認証システムです。

マイニング時、BTS保有者の投票によりwitness(承認者)を決定し、その承認者がマイニング、ブロックを生成し取引を完了させます。

投票では直接候補者へ投票する「直接投票」と、権利を渡し、代理で選んでもらう「間接投票」があります。BTS保有者の保有割合に応じ、投票権は割り振られます

BitShares(ビットシェアーズ)の開発者や代表者が承認者を決めず、ネットワークの関係者でマイニングを行えるため、報酬も平等でセキュリティとしても高いことが大きなメリットです。

マイニングの分散化はアルトコインでも多いですので、将来性に繋がる技術のひとつとなるでしょう。

③紹介報酬プログラム

BitShares(ビットシェアーズ)では「リファールプログラム」があります。

リファールプログラムは訳すと「紹介報酬プログラム」と言います。簡単に説明すると、アフィリエイト報酬に近いものです。

BitShares(ビットシェアーズ)のユーザーが新しいユーザーを呼び込むと、紹介されたユーザーが取引を行う度、その手数料のBTSを一定額受け取ることができます。

つまり紹介者が増えるほど、紹介したユーザーへのBTS報酬が永久的に増えていくということになりますね。アルトコインでは珍しい上に、とてもお得なプログラムです。

このプログラムは利用者を増やすことを目的としたサービスの一つです。オンライン上での支払などができる有名な「Paypal」がこのプログラムを利用に感銘をうけ、BitShares(ビットシェアーズ)も導入しています。

④リファーラルプログラムと会員システム

先ほどの「リファールプログラム」ですが、BitShares(ビットシェアーズ)で利用するアカウントの種類でさらにBTS報酬が変わります。

BitShares(ビットシェアーズ)の口座アカウントは「Basic Account(基本アカウント)」「Annual Member(年会メンバー)」「Lifetime Member(生涯メンバー)」の3種類があります。

基本アカウントは無料ですが、リファールプログラムの対象にはなりません。

年会メンバーは20ドルの維持費が必要ですが、1年間リファールプログラムを利用できます。

生涯メンバーとなると100ドルの維持費になりますが、BitShares(ビットシェアーズ)で支払う手数料の80%がキャッシュバックされます。さらに紹介したユーザーの手数料からも80%キャッシュバックが入ります。

生涯メンバーは100ドルかかるといえ、圧倒的な利益を見込めますね。

マイニングの報酬以外にも利益が見込めるシステムがあり、BitShares(ビットシェアーズ)は多くのユーザーが扱いやすいプラットフォームと言えるでしょう。

⑤SmartCoinの存在

BitShares(ビットシェアーズ)の大きな特徴としては「SmartCoin(スマートコイン)」を導入しています。

スマートコインはBitShares(ビットシェアーズ)のプラットフォーム内にある、法定通貨と同額のアルトコインを換えることが出来ます。

「BitJPY」「BitUSD」といった名称で存在し、BTSを担保に手に入れることができます。

さらにそのようなアルトコインの他に、「BitBTC」「BitGOLD」といったものにも交換ができます。これらはビットコインと同額のアルトコイン、そして現物の金の価格と同額のアルトコインです。

つまり、スマートコインは違うアルトコインへの交換はもちろん、現物の金や株などの価格へ交換が可能になっているということです。

スマートコインにより、BTSを様々な通貨に変えることができるため、送金の柔軟さが非常に高くなっています。現物の価格にもなれる柔軟性は将来性が高い要因の一つになりそうですね。

⑥分散型取引所OpenLedger

BitShares(ビットシェアーズ)には分散型の取引所「OpenLedger(オープンレジャー)」が導入されています。

こちらは先ほどのスマートコインを利用し、アルトコインの取引はもちろん、現物の金や株なども取引が可能になっています。金、銀、ガス、オイルなどの価格も取引を行えます。

現物の取引の価格を仮想通貨化することで、遠く離れている人とでも現物の取引を簡単に行えるのは魅力的ですね。将来性の高いシステム導入といえるでしょう。

また分散型であるため、取引を仲介するゲートウェイも必要ありません。どこでもお互いが直接的に取引します。

そのため、取引中にゲートウェイが崩壊したり、不正を働いたための資産の損失リスクも避けることができます。

⑦ユーザー発行資産

BitShares(ビットシェアーズ)では「ユーザー発行資産」を保有することができます。

ビジネス方法の一つとして提供されているもので、プラットフォーム内に登録されているトークンを一定期限内保有し、それを利用して取引を行うことが可能になっています。

利用方法として、ICO(仮想通貨の株)、イベントチケットの暗号送付、データ送信など、様々な形で応用することができます。

BitSharesとRippleの違い

ビジネスとしての金融ネットワークとして活躍するアルトコインは、BitShares(ビットシェアーズ)の他にリップル(Ripple)があります。

リップル(Ripple)は現在時価総額2位の、将来性の期待されたアルトコインです。2017年の間にリップル(Ripple)ネットワークを利用すると多くの企業が名乗り出たため、2018年の将来性に期待がかかっています。

BitShares(ビットシェアーズ)も性質が似ているためか、よく比較されたり、チャートでも高騰部分が似ている面があります。

リップル(Ripple)とBitShares(ビットシェアーズ)の違いは2つ有り、まずリップル(Ripple)はすべて発行済のためマイニングがないこと、そしてゲートウェイが存在しています。

ゲートウェイは先ほどのOpenLedger(オープンレジャー)でお話ししたとおり、仲介を行う取引所や金融企業のことをさします。

「常に見張りがいる」という意味ではセキュリティは高いですが、一方でゲートウェイが不正を働いたり、ゲートウェイが倒産などしたために資産が行方不明になる可能性があります。

BitShares(ビットシェアーズ)ではマイニング時やアフィリエイトなど、ユーザーへの報酬も様々な形で存在しますし、分散型取引所のためゲートウェイが必要ありません。

先ほどお話ししたとおり、多くのユーザーがマイニングに関わることで、ゲートウェイで起こりうるリスクを回避しています。

BitSharesの相場チャート・価格推移

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)の特徴をひととおりご説明したところで、今度は価格チャートを確認してみましょう。

よく目立つ高騰部分は6月5日と12月上旬、28日頃です。

6月ごろはBitShares(ビットシェアーズ)が新しいウォレットやライトウォレットに対応したというニュースがあり、加えて性質の似ているリップル(Ripple)が「Blockchain Expo Europe2017」というイベントで発言があったなどあり、一緒に高騰しています。

また12月頃も、リップル(Ripple)の高騰したタイミングと似ており、リップル(Ripple)のニュースを受けて上昇したのではと考えられます。

性質のにている仮想通貨が一緒に高騰するなどはよく見られる動きですので、今後リップル(Ripple)の影響を受けながら動く可能性が高いと予想できます。

そう考えると、現在リップル(Ripple)は将来性にかなりの期待がかかっていますので、上昇する可能性は高いかも知れませんね。

ちなみに10月頃、BitShares(ビットシェアーズ)は海外の大手仮想通貨取引所のBittrex(ビットレックス)から上場を外されてしまっています

当日はやはり価格が下がってしまったようですが、長期でみるとそこまでの大きな下降は目立っていないようです。

BitSharesが購入できるおすすめ取引所

ここからはBitShares(ビットシェアーズ)の購入方法をご紹介します。

BitShares(ビットシェアーズ)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で現在取り扱いがあるのはアメリカの「Poloniex(ポロニエックス)」、中国の「Binance(バイナンス)」などがあります。

他にBittrex(ビットレックス)も上場していましたが、2017年10月13日にBittrex(ビットレックス)は突然上場廃止としてしまい、現在Bittrex(ビットレックス)では取り扱いがありません。

今回はBitShares(ビットシェアーズ)の取引量も最も多い、Binance(バイナンス)を中心にBitShares(ビットシェアーズ)の買い方をご紹介していきます。

※2018年1月現在、Binance(バイナンス)は新規の登録が一日の上限を設定されており、全員ができるわけではありません。

BitSharesがBittrexで上場廃止

Bittrex(ビットレックス)にもBitShares(ビットシェアーズ)は上場していましたが、2017年10月13日に突然Bittrex(ビットレックス)から上場廃止となってしまいました。

かなり唐突な上場廃止だったようで、BitShares(ビットシェアーズ)もBittrex(ビットレックス)に驚きを隠せないツイートがありました。

なぜBittrex(ビットレックス)が上場を廃止したのかははっきり分かっていませんが、当時のBittrex(ビットレックス)上場の中ではあまり出来高が良いアルトコインではなかった、ということがBittrex(ビットレックス)から明言されているようです。

現在は価格もあがってきており、将来性の高い特徴を兼ね備えていますので、Bittrex(ビットレックス)の上場に戻ってくる可能性もあるかもしれません。Bittrex(ビットレックス)上場にもどれば、また流通量も多くなることでしょう。

BitSharesの購入方法の手順

それでは、BitShares(ビットシェアーズ)の購入方法をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はcoincheck(コインチェック)を利用した購入方法をご紹介します。

coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所で、上場している取り扱い通貨も一番多い(13種類)取引所です。

今後BitShares(ビットシェアーズ)上場も可能性が高い取引所と言えますので、この機会に是非アカウントを作っておくことをオススメします。

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)でビットコインを購入しましょう。coincheck(コインチェック)での買い方をご紹介します。

まず、coincheck(コインチェック)にログインしましたら左上上部の「ウォレット」をクリックしましょう。左側にメニューが表示されるので、「コインを買う」をクリックします。

すると、右側の画面が購入画面に切り替わり、上場している仮想通貨の名前が並びます。その中から「Bitcoin」を選択したら、下の箱に希望数量を打ち込みましょう。

すると、下に日本円換算のビットコインの値段が表示されます。価格に間違いがなければ一番下の「購入する」をクリックすれば、自分のウォレットに反映されます。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

先ほどの左のメニューに「コインを送る」という項目があるのでそちらをクリックします。すると、画面右に下のような画面が表示されます。

「ビットコインを送る」を選択し、「送金先リストの編集」でバイナンスのウォレットアドレスを入力します。

送るビットコインの価格を正確に入力し、よく確認して間違いがなければ、一番下の「送金する」をクリックしましょう。数十分後にはバイナンスのウォレットに反映されているはずです。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

③BinanceでBitSharesを購入

Binance(バイナンス)にビットコインが送れたら、最後にBinance(バイナンス)の取引所でBitShares(ビットシェアーズ)とビットコインを交換しましょう!

Binance(バイナンス)はトップページからそのまま取引ができます。ログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の上部を「BTC」に切り替えます。

そして、すぐ下のボックス(画像では小さくて見えませんがムシメガネのマークが入っています)に「BTS」と入力しエンターで検索すると、下に「BTS/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「BTS/BTC」に切り替わり、②の購入、売却もBTS/BTCに切り替わります。

②の購入、売却を拡大するとこのようなデザインになっています。ビットコインで購入する場合は左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、BitShares(ビットシェアーズ)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limitをつかうとより細かい取引を行うことができます。

Binance(バイナンス)は中国の大手の取引所で、上場通貨も約100種類以上と大変多くの仮想通貨を取り扱っています。

価格が短期間で数十倍になるなどの注目の中国発の仮想通貨の取り扱いも多く、ビットコインなど多くの仮想通貨の取引量も多く非常に利用しやすい取引所となっています。

大手海外取引所の中では唯一日本語対応をしている取引所ですので、ぜひ登録をおすすめします!
※1月現在人気のため新規ユーザー登録は上限を設けていますので、できなかった方はぜひこまめに確認をしてください!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BitSharesの今後の将来性

BitShares(ビットシェアーズ)はマイニングや紹介の報酬、そしてスマートコインによる通貨の交換も導入されており、柔軟性と効率性を兼ね備えたプラットフォームです。企業向けのプラットフォームということもあり、将来性は高いと言えるでしょう。

現在はリップル(Ripple)が強いですが、ゲートウェイを必要としない分セキュリティ面やネットワークの負荷を分散することもできます。メリットとしてもBitShares(ビットシェアーズ)の方が強いと感じます。

今後リップル(Ripple)をきっかけに注目されることが増えたり、提携する会社が増えれば一気に注目を浴びるかも知れません。Bittrex(ビットレックス)や他の取引所に上場する可能性も一気に増えると、価格も大きく変わってくることでしょう。

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)まとめ

仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)について、特徴や将来性、取引所での購入方法などお伝えしましたが、いかがでしょうか?

特徴からみても、将来性の強い性質がよくわかるかと思います。マイニングだけでなく、プログラミングに詳しくなくても報酬を得る方法が多数そろっており、取引するペアも多彩に存在します。

Bittrex(ビットレックス)の上場から外れてしまったのはとても苦しいかと思いますが、今後需要の高い特徴ばかりを持っていますので、Bittrex(ビットレックス)にまた戻れる可能性は高いでしょう。BitShares(ビットシェアーズ)のニュースに期待しましょう。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨TRON(トロン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Tether(テザー)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side