bitflyer lightning(FX)の使い方・手数料を解説!【体験談あり】

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでは、最大15倍のレバレッジをきかせた証拠金取引を行えます。今回は、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)での証拠金取引の行い方や注意点などをまとめました。

bitflyer lightning(FX)の使い方・手数料を解説!【体験談あり】のイメージ

目次

  1. 1bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXとは?
  2. 2bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)とは何が違う?
  3. 3bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの強みとは?
  4. 4bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXを有効活用!便利な機能3つ!
  5. 5bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXにかかる手数料とは?
  6. 6bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXのリスクとは?
  7. 7bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの簡単利用方法解説!
  8. 8bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの画面にある用語解説
  9. 9bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXメニューの解説
  10. 10bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXのワンステップ上の利用方法解説
  11. 11bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXで考えられる操作ミス対策!
  12. 12bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXに代表される取引手法にはご注意を!
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXとは?

国内大手の仮想通貨取引所として知られる、bitflyer。そのbitflyerでのビットコイン売買方法には、でビットコインのユーザー同士で売買を行う「取引所」bitflyerからビットコインを購入できる「販売所」があります。そしてもうひとつが、「bitflyer lightning」です。「bitflyer lightning」では、ビットコインの現物取引、先物取引に加え、仮想通貨のひとつであるイーサリアムの現物取引も可能です。
その「bitflyer lightning」でできる取引のひとつが、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXで、一般のビットコイン取引所と使い方も異なります。また、手数料の面でもオトクです。

手数料は安くbitflyerの普通の取引所よりも操作性が高いbitflyer lightningを早速始めるには、
まずビットフライヤーのアカウントを開設が必要です!

▼アカウント開設がまだの方はこちらから▼

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)とは何が違う?

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)とは、上記のようにビットコインのさまざまな取引を行える取引所のことを指します。そしてbitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXはbitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)でのサービスのひとつです。
bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXが取引所での売買や他の取引と大きく違うのは、証拠金を預けた上で、レバレッジをかけた取引を行うことが可能という点です。

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの強みとは?

上記のように、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXではレバレッジをかけた取引が可能です。
レバレッジとは、預けた証拠金の何倍までの取引ができるかというもので、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでは最大15倍までのレバレッジをきかせた取引を行えます。つまり、証拠金として10万円預けている場合、最大150万円分の取引ができるというわけです。この点が、取引所でビットコインを売買するのと異なります。

また、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでは外貨FXと同様に、売り注文であるショートポジションを取ることもできるので、ビットコインの価格が上がっても下がっても利益を得られるチャンスが生まれます。
さらに、外貨FXの場合は土日は取引ができませんが、ビットコインは取引所のメンテナンスなどの例外を除けば24時間365日取引可能ですから、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXで土日の取引ができるということも強みとなっています。

最近はもっぱらアルトコイン派

(27)

この記事を書いている私もbitflyerのLightning FXの利用者です。
そしてこのLightning FXで今頃少なくとも1200万の利益をだせ....そうだった人間です。笑

私ははもともとブロックチェーンの勉強はしていたけど、投資を始めたのはかなり遅くちょうど去年のこの時期でした。
この時期は7,8万円代で正直今ほど押せ押せムードは強くありませんでした(それでもかなりあった方です。)

去年のこの時期から春にかけてbitcoinは中国の規制や米国のETF認証などのビッグイベントがあり、正直個人投資家としてFXでリスクをとって攻めるには難しい時期だったと思います。

もしそんな僕が攻めていたらと今では公開ばかりですが、なぜ攻めるのをやめてしまったのか?
FXのよいところと悪いところをここでは説明していきます。

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXを有効活用!便利な機能3つ!

ひとつの画面でできるFXと現物取引

上の画像はデモ画面ですが、bitflyerの取引画面では、左上の部分で現物取引とFX取引、先物取引、ビットコインとイーサリアムの取引の4種類が簡単に切り替えられます。使い方もわかりやすいのではないでしょうか。

ビットコインの注文状況が確認できる板情報

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの取引画面中央に、上のような情報が表示されています。これはリアルタイムでビットコインの注文状況を示していて、上の赤字が売り注文黄色字が買い注文となります。そして中央の白字が、最後に取り引きされた価格を表しています。

リアルタイムで流れる成立注文情報

画面中央右上には、上のような画面があります。こちらには、成立した注文がリアルタイムで流れています。この情報を取引の参考にしておくのもよいでしょう。

用語解説①:スワップポイント

外貨FXの経験がある方にとっては馴染みのある「スワップポイント」。外貨の場合は、取引をする国の金利差で得られる利益のことを指します。bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXにおけるスワップポイントは、1日0.04%となっています。スワップポイントはポジションを持っていればもらえるもの、とばかり思われがちですが、外貨FXにおいても同じですが、スワップポイントを支払うケースも出てきます。
bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでのスワップポイントに関しても、スワップポイントを支払わなければならないケースがあります。

なぜスワップポイントを取られる事態が発生するのかというと、ビットコインは日単位で売買が行われるからです。日をまたぐ、つまりロールオーバーをしてしまうと、売買いずれの場合でも0.04%のスワップポイントを支払う必要があるのです。
たった0.04%、と思われる方もいるかもしれませんが、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXではレバレッジを15倍まできかせて取引ができます。つまりレバレッジをきかせた分、スワップポイントとして支払う額も大きくなってしまうことがあります。取引額が大きい方にとっては、手数料と考えても大きな額を取られてしまうこともあるので、要注意です。

用語解説②:証拠金

FXとは「証拠金取引」となるため、取引所へ証拠金を預け入れしなければ取引ができません。
証拠金とは、担保金や保証金と表現されているように、取引を行う取引所にまず預け入れをするお金です。このお金を元に、ビットコインの取引を行います。

仮に1BTCが60万円の場合なら60万円の証拠金が必要なように思われますが、先述のようにbitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでは15倍までのレバレッジをかけられます。ですから、1BTC分の取引に必要な証拠金は最低でも4万円となります。
しかし、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでの最低取引量は0.001BTCとなっていますから、もっと小さな額から取引を行いたい場合は、もっと少額の証拠金を取引所に入れるだけでスタートできます。

用語解説③:ロスカット・追証

FXなどと同様に、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでも追証やロスカットルールがあります。
このルールをしないで取引をしてしまうとかなり損をしてしまったりとせっかくの資金を失いかねません
ここではしっかりと追証やロスカットとはそれぞれどのようなルールなのかを説明します。

追証とは?

追証とはFXや株をしている人ならご存知かもしれませんが、証拠金維持率がある一定数を下回った際に、その証拠金維持率を保つためにプラスで資金を投入する必要がでます。その一連のルールのことを追証といいます。
bitflyerの場合では、証拠金維持率が 80% を下回った状態になった際に追証ルールを適用します。
もしもその証拠金維持率に必要な不足金額を入れなかった場合には、「新規注文の取り消し」等不利な条件を自動的に受けてしまうことになってしまいます。

ロスカットとは?

急激な値動きによって、預け入れていた証拠金以上の損失を出したときにロスカットルールは適用されます。この場合は追証よりもさらに厳しい措置を受けます。
bitflyerでは証拠金維持率が 50% を下回った状態になるとロスカットルールの適用をします。
こうなると、もし不足金を入れなかった場合、以下のことが自動的に起きてしまいます。
・新規の取引の取り消し
・全建玉で決済を強行
・ビットフライヤーに入ってる(bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの証拠金ではない)ビットコインの強制引き当て
・ビットコイン等の送付の停止

スマホでは緊急の追証やロスカットには対応できない!

bitflyerでは、スマホ対応としてウォレットアプリを提供していますが、残念ながら現在のところスマホアプリはbitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)には対応していません。bitflyerのアプリからbitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)をブラウザで利用できるのみです。
つまり、外出先で外貨FXのスマホアプリのように外出先で操作もしづらいことがある点に要注意です。

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXにかかる手数料とは?

ビットコインの購入と同じように、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでの取引では手数料がどのくらいかかるのかは気になるところですよね。
bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでは、2017年現在売買手数料は無料となっています。公式サイトの手数料一覧でも「しばらく無料」との記載がありますが、今後手数料が設定された場合は、手数料無料期間の終了2週間前に告知されることになっています。

売買手数料は無料ですが、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXではスワップポイントが発生するケースもあります。また、損失が大きくなった場合にロスカット、追証ルールが適用となり、追加の証拠金を入金しなければならないこともあるので、手数料が無料とはいえ、損失が手数料よりも高くついてしまうことも考えられます。

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXのリスクとは?

リスク① レバレッジを書けると現物ではなかった損失がでる

ここまで書いてきたように、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでの取引は利益だけではなく取引内容によっては損失を発生させるリスクもあります。
特にレバレッジをかけた取引をしていると、そのレバレッジ分だけ損失が大きくなることも。持っているお金よりも大きな額の取引ができることは、メリットだけではなくデメリットもあることを覚えておくべきでしょう。

リスク② 利用はパソコンからのみ

こちらは先ほども追証・ロスカットルールで話をしましたが、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXを利用するにはパソコンからでしか操作ができません。

普段スマホで値動きをチェックしていて、売らなければという状況になっても、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FX内のお金はパソコンを開いてからでないと動かすことができないのです

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの簡単利用方法解説!

まず、bitflyerでのアカウントクラスを確認しましょう。ウォレットクラスのままでは取引はできませんから、必ずトレードクラスであることをチェックします。

そしてFXでの取引にはまず証拠金が必要となりますから、証拠金を入金してはじめて利用できるようになります。

画面中央やや右に、こちらの入力欄があります。こちらの使い方はシンプルです。指値、成行、特殊注文の別を選択し、数量を入力して売りまたは買いをクリックすれば、注文が完了です。スマホのブラウザからでも、使い方は同様です。

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)FXの画面にある用語解説

指値

指定した価格で売買をする注文方法。

成行

価格を指定しない注文方法です。その時最も有利な相手と価格での売買が成立します。

特殊

指値や成行よりさらに細かな注文ができるものです。IFDやOCO、IDFOCOといった複雑な注文もできるので、FXの注文に慣れている方には便利な使い方でしょう。

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXメニューの解説

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXのメニューでは、ビットコインの取引に欠かせないニュースや経済指標カレンダーがチェックできるほか、これまでの取引履歴や損益の確認もできるようになっています。
また、「設定」では証拠金の入出金やレバレッジ設定、ユーザーの使い方に合わせた画面設定などが行なえます。

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXのワンステップ上の利用方法解説

単純に売買する価格を指定できる指値注文よりも複雑な注文をしたいのであれば、注文画面右側の「特殊」の使い方を覚えておくと、細かな注文を行うことができます。売買価格の上限や下限を設定できる「STOP-LIMIT」や値動きに応じて価格条件を自動修正できるトレーリングストップが行える「TRAILING」なども利用できるので、特殊注文を覚えておくとさらに便利な使い方ができます。

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXで考えられる操作ミス対策!

上記のように、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXでは、注文や決済のタイミングによって損失が発生したり、損失が大きくなることも考えられます。ちょっとの操作ミスでも、大きな損失を生む可能性もあります。
たとえば、価格の入力ミスをして思わぬ額で注文を入れてしまうというミスはありがちです。FXでのスマホアプリでの操作ミスという話はよくありますが、パソコンでの注文でもミスは少なくありません。

そんなミスを防ぐための使い方として、設定画面を活用してあらかじめ操作ミス対策をしておきましょう。

メニュー→設定を開くと、上のような画面が出ます。
この中の、「発注時の確認」をにチェックを入れておくと、発注前にワンクッションを置けるため、発注ミスを未然に防げます。
 

最近はもっぱらアルトコイン派

(27)

この機能は本当に大事です!
購入ををしてる時は絶対に購入以外は他のことに意識を向けないようにしてるのですが、急ぎで発注をしようとして、0が一個足りづにすごい損失を出しそうになったことは何度もあります。笑

bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXに代表される取引手法にはご注意を!

FXのような取引では、レバレッジをきかせることによって実際のお金より多い額での取引が可能です。しかしその分、損失も大きくなってしまうことは前述の通りです。
相場に急激な変動があった場合は、あらかじめ設定されていた決済額で決済されないことも発生します。そして以下のように、システム上機能しない注文が発生することも考えられます。

スマホアプリでの取引が現時点で不可能で、急な相場変動への対応が難しいという点も、bitflyer lightning(ビットフライヤーライトニング)FXで損失を生む原因のひとつになっているかもしれません。今後、専用スマホアプリ開発などのスマホ対応が待たれるところです。

スマホアプリの有無を別としても、FX取引ではちょっとのミスが大きな損失となることは十分あり得ます
しかし少ない手持ち金で大きなチャンスを得ることもできます!
しっかりと利用する際は操作方法や機能を勉強した上ではじめるのが肝要といえるでしょう!

少額で大きな取引できるチャンス!

ビットコインが高騰しててたくさん取引したいけど、手持ちがあまりない。。
そんなときも手持ちのお金を証拠金として15倍の取引ができるbitflyer lightnin(ビットフライヤー ライトニング)FXは大きなチャンス!

仮想通貨でFX取引できるところはたくさんあるけれど、
ビットコイン取引量が日本一のビットフライヤーはFX取引をするには国内No.1!!
早速ビットフライヤーでビットコイン取引をするなら下をクリック!

bitflyer lightning FX以外のビットフライヤーの情報を知りたい方はこちら!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所でイーサリアムを購入する方法と手数料まとめ!
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)でビットコインを送金する時間や手数料まとめ!

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side