仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性

今後、将来性が期待できるZcashという仮想通貨があります。チャートで価格推移を確認すると、ここ最近で価格が高騰しています。注目の仮想通貨Zcashのチャートでの価格推移や・今後の将来性・おすすめの取引所やウォレットをご紹介します。

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?
  2. 2仮想通貨Zcashの特徴
  3. 3仮想通貨Zcashの相場チャート・チャート価格推移
  4. 4Zcashが購入できるおすすめ取引所
  5. 5Zcashの今後の価格推移や今後の将来性
  6. 6Zcashのおすすめウォレット
  7. 7Zcash(ジーキャッシュ)の今後の価格変動や将来性に関わる気になるニュース
  8. 8仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)のこれまでの価格推移や今後の価格変動・今後の将来性まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?

ZcashはMonero(モネロ)やダッシュ(DASH)と同じく匿名性が高い仮想通貨です。

ゼロ知識証明と呼ばれる技術を採用することで、最も匿名性が高い仮想通貨とされています。

またEquihashというアルゴリズムを採用し、ASICと呼ばれるハードウェアを使い一部のマイニングの組織が独占するといったことを防ぐ、ASIC耐性を持っています。

Zcashは2016年10月の取引開始直後に、1ZECが2億4500万円というとんでもない価格に高騰しました。その後は暴落しています。現在の仮想通貨の時価総額ランキングは29位で価格は、約65000円です。

Zcashは日本ではコインチェックでのみ扱われているので、気になる方はコインチェックで確認を!

コインチェックで扱われている他の通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の概要

  ビットコイン(BTC)

ジーキャッシュ(ZEC)

発行日 2009年1月 2016年10月
アルゴリズム SHA-256 Equihash
名称 BTC ZEC
上限 2100万BTC 約2100万ZEC
ブロックサイズ 1MB 2MB
送信時間
(ブロック生成時間)
約10分 約2.5分
取引承認システム Proof of work Proof of Work
創業者・開発者 不明(現在有力なのは中本哲史氏) Zcash Foundation
時価総額 約28兆円 約1879億円
現在価格 約170万円 約65035円

Zcashとビットコインの基本的な違いはブロックサイズとブロック生成時間と時価総額と価格です。Zcashの方がブロック生成時間が短くブロックサイズも2MBなので、スケーラビリティの観点から優位に立っています。

価格は大きく違いますが、ビットコインよりも性能の面では劣っていません。

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の基本情報

Zcashは基本的な部分はビットコインに似ています。ビットコインのコンセンサアルゴリズムのProof of Workを採用していることや、発行枚数が2100万枚というところ、半減期が4年に1度なのがビットコインと似ています。

現在の価格は約6万5000円で、仮想通貨の時価総額ランキングでは29位にランクインしています。今後は匿名性が高い通貨の需要が伸びていくと思われますので、価格の高騰や将来性に期待できます。

仮想通貨Zcashの特徴

Zcashの特徴は、秘匿性が高いことが最大の特徴になります。高い秘匿性を実現できているのは、「ゼロ知識証明」と呼ばれる技術があるからです。

また秘匿性が高いということは同時にZcashが犯罪に使われるというリスクがあったり、実用性があまりない、規制対象になりやすいというデメリットも持ち合わせています。

匿名性がとても高く将来性がある

ビットコインのブロックチェーン技術は、信頼性を実現したシステムと言えますが、取引履歴を追跡できることから、匿名性という点ではやや懸念があります。

匿名性が高いアルトコインはZcashの他にもMonero(モネロ)やDASH(ダッシュ)があります。その中でもZcashは特に匿名性が高い仮想通貨です。

Monero(モネロ)に関しては、リング著名とステルスアドレスで匿名性を高くしています。DASH(ダッシュ)はプライベートセンドと呼ばれるもので匿名性を高くしています。

Zcashのゼロ知識証明は、Monero(モネロ)やDASH(ダッシュ)を超える秘匿性を実現しています。

Monero(モネロ)やDASH(ダッシュ)は送金履歴は完全に秘匿されますが、送金の際に使用するアドレスやどれくらい送ったかという数量がどうしても分かってしまいます。

しかしZcashのゼロ知識証明は送金の際のアドレスや送金履歴だけでなく、どれだけ送ったかという数量までも秘匿することができます。

ゼロ知識証明

ゼロ知識証明とは、誰が誰にどのくらい送ったかという情報を公開しなくても第三者にこの取引は正しいと証明する手段です。ゼロ知識証明には3つの条件があり、それぞれの条件を満たして初めてゼロ知識証明となります。

完全性と健全性とゼロ知識性の3つの条件があります。完全性とは、真であることを確認する検証者は、証明する側の持っている命題が真であれば、真であることが必ず分かることです。

健全性とは、証明者が持つ命題が偽であれば、検証者は高確率でその命題を偽と見抜けることです。ゼロ知識性とは、証明者が持つ命題が真であれば、検証者が不正をしても、命題が真であること以外、何もわからないこと。

以上の3つがゼロ知識証明の条件となります。
 

  • 洞窟の問題(ゼロ知識証明をわかりやすく説明します。)

証明者が洞窟の奥にある扉の合言葉を知っていて、検証者がその合言葉が正しいかどうか確かめる方法です。検証者は正しい合言葉だと判断するまでは、お金を払いたくない状態です。

合言葉をしっている証明者は2つの分かれ道から洞窟の奥に行き、扉をあけて戻ってくるか、来た道を戻ってくるか自由に選択できます。

検証者は最初はどの道から検証者が入ったのかわかりません。少し時間を置いてから分かれ道まで行き、証明者に戻ってきて欲しい道の方から戻ってくるよう合図を送ります。

これだけだと、単に2分の1の確率ですが、何度も繰り返すうちに、確率がほぼ100%になり証明できます。検証者が、証明者がどの道から入ったかわからないように、少し時間を置いて分かれ道にいく点が、合言葉の漏出(合言葉の盗み聞き)を防いでいます。

以上がゼロ知識証明の簡単な説明となります。

実用がかなり難しい

Zcashは匿名性が高いという点においては、右に出るものはいません。そのため、実用が難しいというデメリットがあります。取引が完全に秘匿されるということは、犯罪に使われる危険性があります。

その他にも、万が一トラブルが起きた際に、Zcashを保有していたという証明ができなくなる恐れもあります。価格変動での高騰、暴落のリスクもあります。

今後、匿名性が重視されていくと思いますので、今後のニュースに注目です。

規制対象になりやすい

Zcashは匿名性が高いことから、犯罪に使われる危険性や、マネーロンダリングのリスクがあります。そのため、Zcashを扱っているcoincheckは。まだ金融庁から認可されていません。匿名通貨を取り扱っていることが要因と考えられます。

今後、政府から規制対象になった場合、価格が大きく変動する恐れがあります。いきなり価格が暴落することもあるかもしれないので、Zcash関連のニュースをこまめにチェックしておきましょう。

暴落した後に購入できれば結果的に大きな利益がでるかもしれません。

匿名性が高い仮想通貨は将来性がある

秘匿性のあるZcashは、大きなポテンシャルを秘めています。2016年10月のPoloniex取引所での取引開始直後には2億4500万円という価格がつき、その直後は暴落しました。

今後秘匿性のある通貨の需要が拡大されるとのことなので、今後も注目のアルトコインです。その他、Monero(モネロ)、DASH(ダッシュ)も将来性があるのでZcashと同様に注目しましょう。

仮想通貨Zcashの相場チャート・チャート価格推移

2016年10月には3300BTC(2.4億円)をつけ、暴落した歴史を持つZcashですが、2017年は比較的、価格の変動が大きかったアルトコインでした。5月、6月、9月、12月に高騰しています。

しかし、そのあとすぐに暴落するなど、リスクがあるアルトコインです。6月には中国でもZcashの取引が開始されました。中国での需要も高まりました。

Zcashの価格推移を詳しく見ていきましょう。

仮想通貨Zcashのこれまでの相場チャート・チャート価格推移

Zcashのこれまでの価格変動を見てみると、高騰した後の暴落が顕著に見られます。短期売買には向いてないように思えます。高騰、暴落を繰り返し、結果的には価格がどんどん上昇しています。今後も価格が高騰する材料がありますので、注目のアルトコインです。

6月には中国でも取引が開始され、価格も伸びています。中国の大手マイニングプールのViaBTCで取引開始されたことも大きなニュースとなりました。中国でのマイニングの仮想通貨として需要があるようです。

今後中国の動向などもチェックしましょう。

仮想通貨Zcashの2017年3月~6月までの相場チャート・チャート価格推移

2017年5月21日に、ZcashとJPモルガンが提携するとのニュースがありました。そのニュースを受け、価格が高騰しています。しかし、高騰直後に暴落しています。Zcashはまだまだ不安定な仮想通貨のようです。

仮想通貨Zcashの2017年6月~9月までの相場チャート・チャート価格推移

Zcashの6月~9月までの価格推移はこれといった材料がなく、軟調に推移していきました。6月中旬から7月中旬まで暴落して価格が推移しています。

しかし、JPモルガンとの提携のニュースで7月中旬からは、将来性がある仮想通貨として買われ、堅調に価格が推移しています。

6月には中国でもイーサリアムに続いてZcashが取引開始しました。中国でZcashの取引を開始したのは、中国大手マイニングプールのViaBTCです。

中国での取引開始から価格が下落しています。今後は中国での需要も拡大していくと思われます。中国でのZcashのニュースにも注目です。

仮想通貨Zcashの9月から1月4日までの相場チャート・チャート価格推移

Zcashの9月から1月までのチャート価格推移を見てみると、9月28日に価格が高騰しているのが分かります。これはBithumbでのZcashの上場の情報が従業員によって漏洩したことで高騰したようです。

一時は4万5000円を超える値がつきました。その後すぐに暴落しましたが、それからは横ばいで価格が推移しました。

11月からZcashは堅調に価格が推移していき、12月21日には8万8000円を超え、最高値を更新しました。12月はほとんどのアルトコインが高騰を見せています。Zcashも価格が約2倍になりました。

チャートから見るZcashの今後の将来性

ビットコインが約230万円の最高値をつけたあと、軒並みにアルトコインの価格も高騰していきました。Zcash(ZEC)もその中の一つでした。

Zcash(ZEC)は将来性があり、今後も価格が上昇していくと思われます。Zcash(ZEC)の高騰の背景には、ニュースがあることが多いと感じました。Zcash(ZEC)は暴落の危険性があるアルトコインだと思っています。

今後ニュース次第で、価格が高騰、暴落する危険性があります。規制対象になった場合は、暴落の危険性がありますので、こまめにZcash(ZEC)関連のニュースをチェックしておきましょう。

ジャック

(28)

coincheck(コインチェック)でZcashが購入できるので、2017年7月頃からZcashのチャートはチェックしていました。他の通貨と比べて、値動きが大きくリスクのある通貨だと感じました。時価総額では20位以下だったので、暴落の危険性があり、ボラティリティの高さからトレードができませんでした。12月に価格が高騰し、少し調整が入って割安感がでたので、少額ですが購入しました。匿名性が高いというところはもっと評価されるべきと感じています。Zcash(ZEC)は一度暴落した経緯があるので、少し不安があります。中国の取引所でも手数料が安く購入できるので、慣れてきたら中国でも購入することをおすすめします。今後のZcash関連のニュースに期待します。

Zcashが購入できるおすすめ取引所

Zcashが購入できる国内取引所はcoincheck(コインチェック)しかありません。

Zcashは犯罪に使われる危険性や、マネーロンダリングのリスクがあるとのことから、金融庁から認可が下りないようです。海外取引所ではたくさんの取引所で取り扱っています。

Zcashは時価総額ランキングも29位ですので、比較的メジャーな通貨なので、今後の需要拡大も予想され将来性のあるアルトコインです。国内のcoincheck(コインチェック)以外の取引所での取り扱い開始に期待しましょう。

国内でZcashが購入できるcoincheck(コインチェック)取引所

Zcashを初めて購入しようとしている人は、coincheck(コインチェック)を利用するかと思います。おなじ匿名性が高い通貨のMonero(モネロ)やDASH(ダッシュ)も取り扱っています。

アルトコインに興味がある方はまずcoincheck(コインチェック)で購入することをおすすめします。

coincheck(コインチェック)の口座開設は30秒でできるという簡単なものなのでまだ持っていない人は今すぐ口座開設をおすすめします!

coincheck(コインチェック)について詳しく知りたい方はコチラ↓

Thumbコインチェック(coincheck)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zcashが購入できる中国取引所のBinance取引所

Zcashが購入できる海外取引所はたくさんありますが、その中でおすすめなのは2017年7月に中国で設立されたBinance取引所です。アルトコインの取り扱いも豊富で、手数料も安く、日本語も対応しています。

12月には中国だけでなく、世界で1日の取引量が1位になるなど注目を浴びている中国の取引所です。日本へ進出するとのニュースにも期待しましょう。

現在は一時的に新規のユーザー登録ができない状態ですが、今後も楽しみな取引所なので要注目です!

Binanceで扱っている通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Tether(テザー)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨TRON(トロン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zcashが購入できる海外取引所のBittrex取引所

Bittrexはとにかくアルトコインの取り扱いが豊富です。現在250種類を超えるアルトコインの売買ができます。日本語サポートがなく不安な方は、注意事項や取引ルールをよく確認してから取引しましょう。

仮想通貨になれてきた方はBittrexでマイナーなアルトコインを入手できますので、ぜひおすすめします。セキュリティーもしっかりしていて、チャートなども見やすいです。

Bittrexについて詳しく知りたい方はコチラ↓

ThumbBittrex(ビットレックス)の手数料は安い?PoloniexとBitfin | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zcashが購入できる海外取引所のPoloniex取引所

Poloniexは世界最大級の仮想通貨の取引所です。通貨ペアは100種類を超え、手数料も安いです。またレンディングという機能で仮想通貨を貸し付けることで利子を得ることができます。1日の取引量も多いので注文も通りやすいです。

ただ日本語サポートがなく、仮想通貨でのみ入出金ができるといった点が慣れるまでは大変かもしれません。トラブルが起きた際に英語で通知が来ても対応できないというリスクもあるので注意しましょう。

Poloniexについて詳しく知りたい方はコチラ↓

ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zcashの今後の価格推移や今後の将来性

Zcashは、JPモルガンとの提携で大きく価格が上昇しました。今後も大手企業との提携もあるとおもわれますので、将来性があるアルトコインです。今後Zcashはどのように価格推移をしていき、将来性があるのか説明します。

Zcashの今後の価格推移

Zcashは匿名性が最も高いアルトコインとして知られています。時価総額では、Monero(モネロ)やDASH(ダッシュ)に遠く及びませんが、Zcashは今後も価格が上昇していき時価総額10位以内に入るポテンシャルを秘めたアルトコインです。

なので今後も価格は上昇していくと思います。ただ犯罪に使われる危険性や、マネーロンダリングに使用され規制対象になるといったリスクもありますので、注意が必要です。

Zcash(ZEC)の今後の将来性

Zcash(ZEC)はJPモルガンとの提携をしたことにより、かなり将来性がある仮想通貨だと言えます。今後大手企業のプラットフォームとして導入される可能性があります。

匿名性を重視したい企業はたくさんあるので、一番秘匿性のあるZcash(ZEC)は他のアルトコインより需要があり、将来性があるアルトコインです。今後のZcash関連のニュースで高騰する可能性も秘めています。

Zcashのおすすめウォレット

Zcash(ZEC)に現時点で対応しているハードウェアウォレットはないようです。しかし、今後は仮想通貨の需要も拡大していくので、これからウォレットの種類も増えてくるので、ウォレット関連のニュースも気にしていきましょう。

Zcash(ZEC)のおすすめのウォレットを2つご紹介致します。

coincheck(コインチェック) ウォレット

まずは、国内の取引所のcoincheckのウォレットをご紹介します。まずはアカウントを作成して、Zcashを購入してください。購入したZcash(ZEC)をウォレットへ送ることができます。受け取りアドレスを生成して、コインを送ればウォレットの完成です。

Zcash(ZEC)以外の通貨でもウォレットを利用できるので利便性はとても高いです!

さらにハッキング被害への補償までしている世界で最も安心なウェブウォレットとも言えます。

サポートも日本語ですので安心です。ちなみに補償を受けるためにも仮想通貨を保管する際は2段階認証は必ず済ませましょう。

安心の取引所のコインチェックの口座開設はこちらをクリック!
取引をしない人でもおすすめの取引所です!

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

JAXX (デスクトップウォレット・モバイルウォレット)

JAXXはデスクトップウォレットとして使うこともできますし、モバイル端末やタブレット端末でも使うことができます。操作方法は簡単でシンプルなのが特徴です。

ビットコインやZcash(ZEC)だけでなく多数のアルトコインに対応していますので、仮想通貨初心者から上級者の方までおすすめのウォレットです。

Zcash(ジーキャッシュ)の今後の価格変動や将来性に関わる気になるニュース

Zcash(ZEC)の今後の価格変動と将来性に関わるニュースは、現時点ではあまり公開されていません。2018年のZcash(ZEC)のロードマップが公表されました。

その中には2つの大きなアップグレードがありました。今後の価格変動に大きく関わるニュースなので、注目です。

今後Zcash(ジーキャッシュ)の将来性に関わるニュース

  • Zcash(ジーキャッシュ)の動作の核であるTrusted setupによって作られる廃棄物(ランダム生成パラメータ)を破壊するためのセレモニーを開催


Zcash(ジーキャッシュ)の特殊なハードフォークのアップグレードは、新しいTrusted setupを介す必要があるため、第三者による傍受があれば事実上の私的利用が可能になります。

そして自由にZcash(ジーキャッシュ)を発行できるといった危険性があったため、2017年のハードフォークでは、1000人が参加し、コードを安全な環境で実行できるようにしました。
 
  • Zcash(ジーキャッシュ)の2つのアップグレードを含む2018年のロードマップが公開


2018年の6月と9月にネットワークのアップグレードが予定されています。Zcash(ジーキャッシュ)の性能・セキュリティー・暗号化技術がさらにアップグレードし、世界で20億人の利用が期待されています。

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)のこれまでの価格推移や今後の価格変動・今後の将来性まとめ

Zcash(ジーキャッシュ)は2016年10月の取引開始直後1ZEC2億4500万円という恐ろしい価格から暴落した経緯のあるアルトコインです。逆に言えばそれだけのポテンシャルを秘めたアルトコインと言えます。

今後2億円という値段はつきそうもないですが、何が起こるかわからないのが仮想通貨の市場なので、Zcash(ジーキャッシュ)だけでなく、すべてのアルトコインに注目するべきです。

ビットコインの価格が1000万円を超えるという人もいますし、1億円を超えるといってる人もいます。投機目的で大手機関投資家が仮想通貨市場に参入してくれば、十分可能性があります。

しかし、その逆の100分の1になる可能性もあるので、仮想通貨投資をする際は、十分にリスク管理をしましょう。Zcash(ジーキャッシュ)は匿名性を重視する企業からの需要もあり、今後も価格が上昇すると思われます。

Zcash(ジーキャッシュ)関連のニュースは特に注目して、今後の将来性に期待しましょう。

Zcash以外の匿名通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Monero(モネロ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Monero(モネロ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbネムコイン(XEM)とは?特徴・仕組み・今後について徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side