仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説!

仮想通貨NEO(ネオ)について特徴・買い方などの解説です。NEO(ネオ)は将来性があるコインとして名前のあがる面白い特徴を持った仮想通貨です。日本の取引所では買えませんが日本語対応のある海外の取引所で買えるので買い方は簡単です。その将来性で人気のコインです。

仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説!のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨NEO(ネオ)とは?
  2. 2仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・イーサリアムとの違い
  3. 3仮想通貨NEOの価格推移
  4. 4NEOが購入できるおすすめ取引所
  5. 5NEOの購入方法の手順
  6. 6NEOのおすすめウォレット
  7. 7NEOの今後の将来性
  8. 8仮想通貨NEO(ネオ)まとめ
  9. 9この記事を読んだ人はこちらも読んでます
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨NEO(ネオ)とは?

最近、何かと話題の中国系コイン、そのはしりとも言えるのが仮想通貨NEO(ネオ)です。

NEO(ネオ)は中国初の仮想通貨として2015年にICO(プレセール)が始まり、2016年10月に公開されました。

現在、仮想通貨時価総額ランキング13位です。

NEO(ネオ)はブロックチェーン技術を基盤とし、イーサリアムと同じスマートコントラクトを備えたオープンプラットフォームであるという特徴を持っています

と言われても、どういうこと?という感じですが、簡単にいうとNEO(ネオ)自体が、ブロックチェーン技術を使ったアプリケーションのプラットフォームになることができるということです

色々なアプリケーションをNEOを使って開発ができるってことですね。

NEO(ネオ)を使って、ゲームを開発したり、新しい仮想通貨を生み出すことが可能です。なかなか将来性を感じさせるコインです。

誕生した時は「アントシェアーズ(AntShares)」と名前でしたが、2017年6月にNEO(ネオ)に改名されました。

仮想通貨NEO(ネオ)の概要

NEO(ネオ)の概要は以下の通りです。

  NEO(ネオ)
発行日 2016年10月
アルゴリズム DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)
通貨単位 NEO
上限 1億NEO
取引所 Binance,bittrex, Yunbi, Jubi 等
マイニング できない NEOの保有数に応じて配当(GAS)が得られる

仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・イーサリアムとの違い

仮想通貨NEO(ネオ)は中国版イーサリアムとよく評され将来性を期待されています。
確かにスマートコントラクトを使うというところなど、NEO(ネオ)はイーサリアムとよく似ています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で通貨の移動以外にプログラムを実行したり、データのやり取りをしたり、契約を載せたりする仕組みです。

イーサリアムやスマートコントラクトについての詳しい説明はこちらをお読みください。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

よく似た機能をもつNEO(ネオ)とイーサリアムですが、それではどのような違いがあるのでしょうか?

様々な仮想通貨の機能を取り入れている

NEO(ネオ)は NEO(ネオ)を使ってスマートに生活できることを目指しているそうです。
ですから、NEO(ネオ)を便利に使えるようにしようと、様々な仮想通貨の機能を取り入れているという特徴があります。
 

  • スマートコントラクト機能
 
  • 予測市場
 
  • 知的財産取引、デジタル証明書の発行
 
  • ソーシャル・ネットワーキング
 
  • 自動トークンプロバイダ
 
  • ソーシャルネットワーキング
 
  • 分散型取引所


など、今、仮想通貨を使って行われようとしている様々なことをNEO(ネオ)では実装可能です。

これらが全部実際にNEO(ネオ)を使って動き出すと考えたら、NEO(ネオ)の将来性は計りしれません。

そんな将来性抜群のNEO(ネオ)を購入できる大手の取引所でオススメはバイナンスです!
NEO(ネオ)が気になる人はバイナンスでチェック!

バイナンスは日本では手に入らない将来有望な通貨を数多く取り扱っています!

そんなバイナンスは有名海外取引所の中で唯一日本語対応をしていている日本人にも安心の取引所です!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

開発言語の豊富さ

NEO(ネオ)の公式サイトにある、一部を要約すると、

NEOはイーサリアムよりもプログラミング言語が豊富なことが、強みとなっています。
イーサリアムは独自の言語のため開発者への負担が大きいのですが、NEOでは現在使われている言語を複数利用するために、広がりやすいのです。

このことで、より多くの開発者がNEO(ネオ)の開発に携わることができ、NEO(ネオ)の技術の発展に繋がっています。

独自の優れた技術

NEO(ネオ)では、独自の暗号メカニズムを搭載し、セキュリティを強化したり、情報を分散して保存できる拡張的機能を持っています。
また、DBFTというアリゴリズムを使っているのも大きな特徴です。

DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)は、訳すとビザンティン耐障害性コンセンスメカニズムという意味となります。

NEO(ネオ)のような分散型ネットワークシステムを使っていると、管理者の誰かが裏切って、システムを意図的にミスやバグを出して、NEOのシステムに打撃を与えようと試みる可能性がなくはありません。

このことをビザンティン問題というのですが、要するにおかしなことが起こってないかどうか監視ができるようにして、そういうことが起こらないようにしましょうというシステムがDBFTというわけです。

NEO(ネオ)のトークン所有者は、ブックキーパーと呼ばれる帳簿係を投票で選びます
選ばれたブックキーパーが取引を承認、新しいブロックを作成します。
その帳簿がOKと判断されるには、ブックキーパーの66%の賛同が必要です

66%の賛同が得られれば物事は進んでいきますが、反対者が4割いるとそのブロックは生成されない仕組みとなっているのです。

こうして、NEO(ネオ) にとって不利益なことが起こらないようになっているのですね。

このように独自のの様々な技術を持ったNEO(ネオ)は、非常に優れた仮想通貨といえるでしょう。

処理能力が高い

NEO(ネオ) は処理能力の高さでも定評があります。
例えば、最近送金詰まりを起こしているビットコインですが、ビットコインの処理能力の速さは

1秒間に約7取引

です。
これに対して NEO(ネオ)は

1秒間に約1000取引

を行うことができます。これはイーサリアムよりも早く、処理速度が早いと評判のリップル並です。
将来的にNEO(ネオ)は

1秒間に10000取引

を行えるようになるのではないかと言われていますので、NEO(ネオ)の処理能力の高さにも将来性を感じます。

NEO協議会がNEOを50%管理している

NEOの総発行枚数は1億NEOですが、その50%にあたる5000万NEOはNEO協議会が管理しています。

NEO協議会とは、NEOプロジェクトの創設メンバーで構成されています
管理委員会、技術委員会、事務局があり、それぞれ戦略的意思決定、技術的意思決定および具体的実施を担当しています。

この5000万NEOはNEO協議会によって、協議会メンバや技術者へ配布されたり、プロジェクトへ使用されたり、不測の事態に備える為などに使われるそうです。

仮想通貨NEOの価格推移


これはNEO(ネオ)の価格推移のチャートです。結構乱高下を起こしている原因をここでは解説してみたいと思います。

2016年10月上場

ネオ(NEO)は2015年にICO(仮想通貨プレセール)が行われ、取引所への公開が2016年10月26日です。そこから、2017年4月まではネオ(NEO)は比較的横ばいの価格チャートでした。

2017年5月〜価格チャート上昇期

5月からNEO(ネオ)の価格チャートは上がり始め、6月にはチャートは一気に上昇、そして2017年8月、将来性の買われたNEO(ネオ)は1NEO=5000円」という最高価格をだし、NEO(ネオ)は仮想通貨の時価総額ランキング6まで価格チャートは上昇しました。

5月は仮想通貨全体の価格が上がってきたためその影響でNEO(ネオ) の価格チャートも上がっていますが、6月は「New Antshares:ブランド戦略発表会」というイベント開催のカウントダウンが公式ページに現れ、その期待感でNEO(ネオ)のチャートが上がったと見られています。

結局その発表会で発表された内容が、アントシェアーズからNEO(ネオ)への名称変更だけだったため、ここで一旦NEO(ネオ)の価格チャートが下がるということもありました。

これは仮想通貨の世界ではよくあることで、何か発表がある前はその将来性への期待感で価格チャートはどんどん上がり、それが市場の期待に沿ったものではなかった場合価格チャートが一気に下がる、どのコインもこれがよく起こります。

(最近ではこういうことが続き過ぎたせいか、発表前には確かにチャートは上がっていくのですが、発表直前からチャートが下がっていくという傾向も見られます。)
 

しかし8月、東京で行われたNEO(ネオ)のミートアップでロードマップ更新等の内容が発表された後は、その将来性に期待が持たれたため、またNEO(ネオ)の価格チャートが上昇しました。

2017年9月 中国ショック

このまま上がり続けていくかに思えたNEOですが、9月に中国政府がICO禁止と言う通達を出し、中国にある仮想通貨取引所は全て廃止になるんじゃないかという噂が流れ、一時期仮想通貨業界全体のチャートが暴落するということがありました。

もちろん中国初の仮想通貨であるNEO(ネオ)も将来性を危ぶまれ、コインの価格が暴落してしまいました。

その後、中国の仮想通貨に対する規制が少し緩み、中国政府が承認する仮想通貨の取引所、コインに限り取引を認めていくという方向になってきて、中国政府の承認を受けたNEO(ネオ)は将来性に明かりが見え始め、NEO(ネオ)の価格も戻りつつあるところです。

NEOが購入できるおすすめ取引所

NEO(ネオ)は現在、日本の仮想通貨取引所での取り扱いがないため、海外の仮想通貨取引所で購入しなければなりません。
bittrex, Yunbi, Jubi等ありますが、おすすめはやはり、海外取引所でありながら日本語対応しているBinanceです。
日本語表記があるため、登録から売買まで日本の取引所と同じように行うことができますからおすすめです。

※しかし現在は新規の口座登録が一日上限を設けての登録制になっているので、お早めに登録をおすすめします!

NEOの購入方法の手順

国内取引所で日本円でビットコインを買う

NEO(ネオ)は日本の取引所では取り扱いがないため、当たり前ですが日本円では買えません。
ですから、まず日本の仮想通貨取引所で、日本円でビットコインかイーサリアムを買う必要があります

今回はビットコインの買い方を価格チャートが見やすく初心者でも簡単に取引ができるコインチェックを例にして説明いたします。
コインチェックはビットコインの買い方もとても簡単です。
まだコインチェックの口座をお持ちでない方は、こちらから口座開設ができます。

まず、コインチェックのトップページ左上の「入金」をクリックします。

次に入金方法を選びます。今回は手数料が一番安い銀行振込を選びました。

下に出ている振込先に日本円を振り込むと入金完了です。

また、Binanceを使うならこれから頻繁にビットコインの送金や売買を行うようになるでしょうからビットコインを取引すればするほどビットコインを増やすことができる国内取引手数料最安のZaifもおすすめします。

日本円でビットコインを買う

入金が済みましたら、日本円でビットコインを買います。買い板を見ながらレートを決め、買いたい数量を入れて「注文する」ボタンを押すというのがビットコインの買い方です。

海外の取引所口座へビットコインを送金

次に、国内仮想通貨取引所、またはお持ちの仮想通貨ウォレットからNEOの取り扱いがある海外の仮想通貨取引所にビットコインかイーサリアムを送ります。

ここからはBinanceで説明します。

Binanceにログインして、TOPページ右上の「資産」から「預金の引き出し」をクリックします

すると「預金&お引き出し」の画面が出てきますので、そこでBTC(ビットコイン)の「預金」をクリックします。
Binanceへの送金用のアドレスが現れますので、その横のオレンジ色のボタンをクリックしてアドレスをコピーします。

ここでコインチェックの画面に戻ります。
コインチェックの「入金」ページから「コインを送る」をクリックすると、送金するコインを選ぶページが出てきます。

デフォルトはビットコインのページになっていますので、そのまま送金先リストの編集をクリックして、先ほどのBinanceの送金アドレスを「新規宛先」にペーストして、追加ボタンを押します。

そうすると、宛先に登録されますので、あとは送りたいビットコインの金額を入れて「送金する」ボタンを押せば、Binannceへ送金されます。

BinanceでNEOを購入

コインチェックからの送金が無事終わりましたら(現在ビットコインの送金速度は非常に遅いですので送金完了までは気長に待ちましょう)ここからはNEOの買い方の説明です。

BinanceのTOPページから自分が送ったコインを選択して、左側の通貨、ここではNEOを選びます。

次に取引画面が現れます。仮想通貨取引にまだあまり慣れていない方や、販売所しか使っていなかった方には、数字が目まぐるしく変わる画面は、一瞬戸惑うこともあるかもしれませんが、ここも日本語表記になっているので、買い方は簡単です。

買い板を見ながら購入金額を決め、購入に買いたいNEO(ネオ)の数量を入れると購入できます

購入したNEOを日本円に換金したい場合も同じ買い方で、同じ画面の売却でNEO(ネオ)をビットコインに替え、そのビットコインを再び国内の仮想通貨取引所に送信し、そこで日本円に換金します。

NEOのおすすめウォレット

仮想通貨の取引をしていると、ウォレットという名前を時々聞くことがあると思います。
ウォレットとは名前の通りお財布、仮想通貨を保管していくお財布のことです。

取引所にもウォレット機能はあり、取引所をウォレットとして使っているという人も多いと思います

しかし、取引所のウォレットではなく自分専用のウォレットをネット上やデスクトップ上に持っておいてそこに保管した方が、もし取引所がハッキング被害にあった時のことを考えるとセキュリティー上安全と言われています

NEO(ネオ)を長期間保有するなら、NEO(ネオ)専用のウォレット「NEON WARET(ネオン ウォレット)で保有することをお勧めします。

「NEON WARET(ネオン ウォレット)」は、ウォレットにNEO(ネオ)を入れておくだけで、gasが増えるという特徴を持った魔法のようなウォレットです。

gasとは

gasとはNEO(ネオ)を動かすために使われる仮想通貨で、Neogasとも呼ばれています。
NEO(ネオ)を動かす燃料のような特徴があるので、gasという呼ばれかたをします。

NEO(ネオ)とgasはそれぞれ単体で仮想通貨として存在します。

イーサリアムにもgasというものが存在しますが、それとはまた違うものです。

gasはNEO(ネオ)を動かす上での使用料や報酬に使われるトークンの一種です。

イーサリアムのgasもイーサリアムを動かす上で使われるものですが、イーサリアムの開発や支払いの中で手数料支払いシステムとして存在します。

イーサリアムのgasは単なる仕組みを指す用語で、実はこのgasの支払いはethで支払われるのですが、NEO(ネオ)のgasは仮想通貨のトークンとして存在しBinanceなどの仮想通貨取引所でgasを売買することができます。

gasの上限は1億gasです。

2017年1月現在、1gasu=約5300円です。このgasがNEO(ネオ)の保有量に応じてウォレットに溜まっていくのですからお得ですね。

もともとNEO(ネオ)は長期保有向きの仮想通貨ですし、海外の仮想通貨取引所に入れっぱなしにしておくよりも自分のウォレットで管理した方が、よりセキュリティ面でも安全だというメリットもあります

NEO(ネオ)を買う時は、一緒にgasも溜まっていくこのウォレットを用意しておくことを考えてみてもいいかもしれません。

NEOの今後の将来性

中国には中国政府の方針で、中国版Appleのシャオミ、中国版Googleの百度、中国版LINEのwechat、中国の巨大ネット通販モールを持つ時価総額10兆円を超える「アリババ」グループなど、外国の企業を時によってはしめだし、中国国内企業を優遇する傾向があります。

それがいいか悪いかは置いておいて、中国版イーサリアムと呼ばれるNEO(ネオ)のプラットフォームも、この例に習うなら、この先中国が仮想通貨技術を導入していくとき様々な中国企業から採用されていく可能性が高いです。

今の中国のマーケットを考えるとその規模は計り知れません。


中国政府との関係性も良好なNEO (ネオ)は、非常に将来性は明るいコインだと感じます

仮想通貨NEO(ネオ)まとめ

NEO(ネオ)は中国版イーサリアムと表され、確かにイーサリアムに似ているところは多いですがそれだけではなく、他の通貨のいいところを全部取り入れたような特徴を持った、大変将来性のある面白い通貨です

特に、ブロックチェーンに契約を乗せられて、それが書き換えのきかないというスマートコントラクトを使った機能は、まだ少し契約社会というものがうまく機能していないところがたまにある中国と、諸外国が取引をしていく上で大変重宝される機能だと思いますので、これらが実際にビジネスベースできちんと起動していけば、これからNEO(ネオ)の出番は増えていくでしょう

2017年9月の騒動のせいで少し価格を落としてしまったNEO(ネオ)ですが、最近よく当たっていると噂されるウェブボットでは、2018年1月よりNEOの価格は上昇し、それはこれから起こる仮想通貨のお祭り騒ぎの前章になる、なんて予測を受けていました。

信じるか信じないかはあなた次第なとこはありますが、何にせよ、長期で見れば将来性のあるコインであることは間違いないと思いますので、余剰資金の範囲内で、少し買ってみても面白いかもしれませんね


現在はNEOを購入できる海外大手取引所はバイナンスです!
海外取引所のメリットは
 

  • 手数料が日本の取引所より圧倒的に安い
 
  • 日本では手に入らない将来有望な通貨を取り扱っている

現在バイナンスは新規のユーザー登録が一日上限を設けて、登録をできるようにしているので、今すぐ登録をおすすめします!

もしバイナンスの登録ができなくてNEO(ネオ)の購入がしたい人は、バイナンスの次におすすめの取引所がクーコインです!

クーコインはバイナンスほど世界的には有名ではありませんが、今どんどん登録が増えていて今後楽しみな取引所です!

バイナンスと同様海外取引所の良さを持ちつつ、こちらも日本語対応をしています!

今後来る通貨も取り扱っているのでこのタイミングで口座開設がおすすめです!

また、海外取引所を利用する際は、国内の取引所でビットコインの勝って送金ををする必要があります。
そんなビットコインを購入するのにおすすめの取引所はコインチェックとザイフです!


<コインチェック>
アルトコインの取扱が日本一のコインチェックは初心者の人でもすぐに取引ができる取引所です。

登録は下のボタンをクリックしてすぐに始められるのでまだ持っていない人はすぐに登録をおすすめします!

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<ザイフ>
ザイフは日本で最も手数料が安い取引所です!
海外の取引所で必要なビットコインを手に入れるにはザイフが一番安くおすすめです!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

Thumb仮想通貨TRON(トロン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン投資はもう遅い!2018年仮想通貨で稼ぐならこの投資方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side