仮想通貨Factom(ファクトム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨のFactomをご存知でしょうか?チャート価格推移は急騰しており、注目の仮想通貨となっています。現在国内でFactomを購入できる取引所はcoincheckのみです。Factomの取引所での購入方法・おすすめ取引所・チャート分析・将来性をご紹介します。

仮想通貨Factom(ファクトム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Factom(ファクトム)とは?
  2. 2仮想通貨Factomの特徴
  3. 3仮想通貨Factomのデメリット
  4. 4仮想通貨Factomの相場チャート・価格推移
  5. 5Factomが購入できるおすすめ取引所
  6. 6仮想通貨Factom(ファクトム)のcoincheck取引所での購入方法の手順
  7. 7Factomのおすすめウォレット
  8. 8仮想通貨Factom(ファクトム)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨Factom(ファクトム)の購入方法・チャート・取引所・将来性まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Factom(ファクトム)とは?

Factom(ファクトム)とは、2015年に発行開始された仮想通貨で、語弊がありますがFactom(ファクトム)とは分散型のプラットフォームの名称です。この分散型のプラットフォームで利用できる仮想通貨(トークン)がFactoidと言います。

Factom(ファクトム)の特徴としては「証券」「不動産関係の書類」「住宅購入時の書類」「金融関係の書類」などを安全に保管、保護、維持ができます。分散型のブロックチェーンに記録することで、セキュリティー面でも優れています。

現在の価格は約8200円程で価格が推移しています。仮想通貨の時価総額ランキングでは54位となっています。

Factom(ファクトム)とはどんな仮想通貨なのか?特徴・基本情報・購入方法・チャート分析をしていきます。

Factom(ファクトム)は他の通貨よりも日本ではマイナーですが、2017年の一年間で20倍にもなっています。
つまり、10万円が200万円になっていたんですね!
さらに将来有望なFactom(ファクトム)は今後も楽しみな通貨です!

今回特集するFactom(ファクトム)は国内ではcoincheckのみで扱っています。
まだcoincheckの口座開設をしていない人はこの機会にたった1分でアカウント開設ができますので口座開設をおすすめします!

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Factom(ファクトム)の概要

  ビットコイン(BTC)

ファクトム(FCT)

発行日 2009年1月 2015年9月1日
アルゴリズム SHA-256 ビットコインに依存
名称 BTC FCT
上限 2100万BTC 発行上限なし
送信時間
(ブロック生成時間)
約10分 ビットコインに依存
取引承認システム Proof of work Proof of Work
創業者・開発者 不明
(現在有力なのはサトシ・ナカモト氏)
Peter Kirby
時価総額 約28兆円 約583億円
現在価格 約160万円 約8200円

Factom(ファクトム)は基本的なところはビットコインに似ています。付加価値として電子記録の、保管、維持、保護をしています。

またブロックチェーンに関しては、Factom(ファクトム)の独自のブロックチェーン、ビットコインのブロックチェーン、イーサリアムのブロックチェーンの3つを使用します。

Factom(ファクトム)の時価総額は583億円とビットコインの約500分の1程度となっています。しかし、今後、需要がありますので将来性に期待しましょう。

仮想通貨Factom(ファクトム)の基本情報

Factom(ファクトム)の通貨コードはFCTです。承認システムや承認時間、アルゴリズム、ブロックチェーンに至るまでビットコインに依存しています。

唯一の違いは発行枚数の上限がビットコインは2100万枚なのに対して、Factom(ファクトム)には上限がないというところです。基本的なところはビットコインに似ています。

時価総額が54位と比較的マイナーな仮想通貨ですが、性能はいいのでこれから伸びていく将来性のあるアルトコインです。

ファクトムの仕組み

Factom(ファクトム)の仕組みは、ファクトムサーバー、エントリーブロック、ディレクトリブロック、ビットコインのブロックチェーンから構成されています。

ファクトムサーバーにエントリーされたデータは暗号化され、エントリーブロックで格納され、つぎにディレクトリブロックでカテゴリーに分けられ、そしてさらに暗号化され、ビットコインのブロックチェーン上に記録されます。

仮想通貨Factomの特徴



Factom(ファクトム)の特徴は、

 

  • 発行枚数の上限がないこと
 
  • DLOCというプロジェクトがあること
 
  • ファクトムハーモニー(Factom Harmony)という住宅市場向けのサービスがあること
 
  • 電子記録の保管にコストがあまりかからないこと

 が挙げられます。

その他にはFactom(ファクトム)の利用にはFactoidが必要なことなどが特徴です。​​​Factom(ファクトム)の特徴や将来性について説明します。

仮想通貨「Factoid」が必要

Factom(ファクトム)の利用に必要な仮想通貨のFactoidは取引所での購入やファクトムサーバーの報酬として支払われます。しかしこのFactoidだけではファクトムを利用できません。FactoidをEntry Creditsに交換しなければなりません。

この仕組みを介すことによりハッキングの被害を防ぎ、セキュリティーを向上させています。セキュリティー(安全性)が優れているところを見れば、将来性があるといえます。

FactoidはEntry Creditsに交換

なぜ購入したFactoidをEntry Creditsに交換する必要があるのかといいますと、1度別のものに交換することでハッキングなどの被害を減らし、価格相場の安定性をもたらしています。

Entry CreditsからFactoidへの交換はできないようになっています。こうすることにより、必要なだけ市場にあるという状態を作っています。今後需要が高まり、まだまだ価格が上昇していくと思われます。将来性もあるので期待のアルトコインです。

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)

ファクトムハーモニー(Factom Harmony)は、3月から始まった住宅ローン向けのサービスです。アメリカの住宅ローンのシステムの改善のため開始された将来性のあるプロジェクトです。

住宅を購入する際はローンを組むにあたり、金融業者、住宅会社、仲介業者などの介入により、手続きが長引いてしまい、手数料などの費用もおおくなります。

そこで登場するのがブロックチェーン技術です。ファクトムハーモニー(Factom Harmony)はたくさんの書類の作成・保管といった手間を省いてくれるだけでなく、土地をめぐるトラブルが起きた時でも、瞬時にデータを閲覧できるので、将来性があります。

今後、住宅ローン以外の政府機関、法律関係の資料の保管等にも利用される可能性があります。ファクトムハーモニー(Factom Harmony)というプロジェクトは将来性があるので今後のニュースに注目しましょう。

​​​DLOC by SMARTRAC

​​​DLOC by SMARTRACとはFactom(ファクトム)が SMARTRACという会社とともに進めているプロジェクトの名称です。

DLOCステッカーと呼ばれるものにQRコードやバーコードを付けることで、病院でDLOCステッカーを見せるだけで、医療記録や、アレルギー、個人情報などが分かるようになっています。

DLOCステッカーはブロックチェーン上に記載されることで、プライバシーを保護しています。今後の将来性に期待できます。​​​DLOC関連のニュースに注目です。

仮想通貨Factomのデメリット

アルトコインのFactom(ファクトム)は、デメリットが3つほどあります。それは中央集権化とスケーラビリティの問題とFCTの発行上限がないことの3つが挙げられます。なぜこの3つがデメリットになるのか説明します。

中央集権

アルトコインのFactom(ファクトム)はFactom Inc.という会社で管理されています。もしこのFactom Inc.という会社がつぶれたりしたら、アルトコインのFactom(ファクトム)の価値はゼロになります。

これからの価格の上昇はFactom Inc.次第です。今後のプロジェクトで失敗することがあれば、価格が大きく下落する可能性があります。今後のニュース次第で暴落の危険性もあります。

スケーラビリティの問題点

スケーラビリティの問題とは、現在ビットコインの取引量が活発になってきたことで、ビットコインのブロックサイズ(台帳の容量)が1MBになっており、取引の遅延や取引が未承認のままになっているという問題です。

アルトコインのFactom(ファクトム)はイーサリアムのブロックチェーンを使用しているため、アルトコインのイーサリアムのブロックチェーンにも分散しているので、現時点ではスケーラビリティの問題は起こしにくくなっています。

しかし最近のニュースでは、これからアルトコインのFactom(ファクトム)の需要が拡大し、取引量が増えてくるとのことなので、スケーラビリティの問題を起こす可能性があるので、注意しましょう。

FCTの発行上限がない

アルトコインのFactom(ファクトム)の発行はマイニング報酬として新規発行されます。発行上限がないということは、市場に多く出回る可能性があります。アルトコインであるFactom(ファクトム)が市場に多くあふれると、たちまちインフレを起こすリスクがあります。

最近のニュースでインフレ懸念されているアルトコインのLisk(リスク)と同じようになるかもしれません。少し将来性が不安です。今後のニュースに注目しましょう。

仮想通貨Factomの相場チャート・価格推移

アルトコインのFactom(ファクトム)も2018年までの価格推移を見てみると、12月に価格が高騰しています。1月には仮想通貨の著名人のニュースで価格が高騰しています。

相場全体をみると、比較的値動きが激しい仮想通貨という印象です。これまでの価格推移のチャートを見ていきましょう。

仮想通貨Factomのこれまでの相場チャート・チャート価格推移

2018年までのアルトコインのFactom(ファクトム)の価格推移のチャートを見てみると、6月、8月、12月、1月に高騰しているのが分かります。

6月、8月、12月、1月にどうのようなニュースがあり高騰したのかも後述します。

アルトコインのFactom(ファクトム)は仮想通貨の時価総額ランキングでは54位で市場規模はかなり小さく、著名な個人投資家が参入してくるだけで価格が荒れてしまいます。

アルトコインのFactom(ファクトム)を購入する際は大きな価格変動に耐えられるようにしっかりリスク管理しましょう。

仮想通貨Factomの3月~6月までの相場チャート・チャート価格推移

仮想通貨元年とも呼ばれる去年の3月から6月までのアルトコインのFactom(ファクトム)の価格推移は500円台から堅調に価格推移していったようです。

これといったニュースもなく推移し、5月末に価格が少し高くなりましたが、すぐに調整が入りました。

仮想通貨Factomの6月~9月までの相場チャート・チャート価格推移

6月のニュースで米国土交通省とビル&メリンダ・ゲイツ財団と共同で住宅ローン市場でのFactom(ファクトム)導入とのニュースがあったことから、それに伴って価格が急騰しています。

一時は1700円台から4300円台まで価格が急騰しています。しかし売り注文も多く入り価格が乱高下しています。1つのニュースでこれだけ動くのでボラティリティが高いことが分かります。

仮想通貨Factomの9月~1月までの相場チャート・チャート価格推移

9月から1月までのFactom(ファクトム)の価格は高騰して価格が推移しています。Factom(ファクトム)の価格は12月に5000円台を超え、1月1日には9000円台を超え、最高値を更新しました。まだまだ上昇すると見ています。

高騰の理由は、ニュースでセキュリティソフトウェアのマカフィー・アソシエイツ創業者のジョン・マカフィー氏が今注目している仮想通貨をツイートしたというニュースで価格が高騰したようです。

しかし市場規模が小さく、ボラティリティが高いので下がるときは1つのニュースをきっかけに一気に下がります。

他の仮想通貨でもこれ以上は下がらないだろうというところを簡単に超えて下がる傾向があります。FXや株式とはまた違ったリスク管理をしてトレードをしなければなりません。

ジャック

(28)

Factom(ファクトム)はcoincheck(コインチェック)で取り扱っていたことから、将来性があると感じチャートを見ていました。Factom(ファクトム)関連のニュースもチェックしていました。他の仮想通貨と比べて値動きが激しいという印象でした。Factom(ファクトム)は時価総額のランキングで50位以下だったので、リスクがあると感じFactom(ファクトム)を購入するのをやめてしまいました。結果的に見れば12月に高騰したので、少し後悔しています。1月1日には、仮想通貨大御所のツイートがあったというニュースを受け価格が高騰しました。Factom(ファクトム)は将来性はあるアルトコインと思っていますので、これから押し目で購入することも視野に入れ、仮想通貨投資をしていきたいと思います。今後のニュースもこまめにチェックしたいと思います。

Factomが購入できるおすすめ取引所

Factom(ファクトム)が購入できる取引所は、主に海外で多いようです。国内の取引所でFactom(ファクトム)を取り扱っている取引所はcoincheckのみです。海外では有名な取引所はだいたいFactom(ファクトム)を取り扱っています。

おすすめの国内取引所と海外取引所4社をご紹介します。

国内取引所でFactomが購入できるcoincheck取引所

国内で唯一Factom(ファクトム)の取引ができるのはcoincheckです。

ビットコインを含めアルトコインも数多く取り扱っています。coincheckはウォレットとしても使えますので、海外取引所で購入した通貨等を国内で換金するために利用するのにもとても便利です。登録方法も簡単ですのでぜひ登録してみてはいかがでしょうか。
 

coincheckの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

coincheckにの評判や口コミについて詳しく知りたい方はコチラ!

Thumbコインチェック(coincheck)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外取引所でFactomが購入できるBinance取引所

Binanceは2017年7月に中国で設立された取引所です最近では1日の取引量が、世界5位以内に入るなど注目の取引所です。

日本にはない通貨も多く、全体では扱っている仮想通貨も90種類以上です。

有名海外取引所の中では唯一日本語も対応している取引所ですので、海外取引所の中でもおすすめの取引所です。

またビットコインのハードフォークで誕生したビットコインダイヤモンドの配布を行った取引所としてもBinanceは有名な取引所です。

そんなBainanceの口座開設は下のボタンをクリックしてたった30秒でできます!
口座開設費も維持費も無料なので今すぐ登録をしましょう!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外取引所でFactomが購入できるBittrex取引所

Bittrex取引所の特徴は、アルトコインの取り扱いが世界で一位というところです。入金できるのは仮想通貨のみとなっています。他にも、セキュリティーが優れているのが特徴の取引所です。アルトコインに興味がある人はBittrexでの取引をおすすめします。

海外取引所でFactomが購入できるPoloniex取引所

Poloniexは海外の取引所の中でも大手の取引所です。Poloniexの特徴は、100を超える通貨ペアがあることや手数料の安さが魅力の一つです。またトレーダーに仮想通貨を貸し付けて利子を得ることができるレンディングという機能もあります。

入出金は仮想通貨のみとなっています。日本語サポートがないので、少し不安な方はPoloniexでの仮想通貨購入サイトを参考にしてください。

Poloniexについて詳しく知りたい方はコチラ↓

ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Factom(ファクトム)のcoincheck取引所での購入方法の手順

Factom(ファクトム)を国内で唯一取り扱っているcoincheckでのFactom(ファクトム)の購入方法を簡単にご説明いたします。

coincheck取引所での購入方法の手順

  1. coincheck(コインチェック)にアカウントを作成する
  2. ログインして、本人確認をすませる
  3. 日本円を入金する
  4. Factom(ファクトム)を選択して、日本円参考額を確認する
  5. Factom(ファクトム)を購入する
  6. 購入完了

coincheck取引所にアカウントを作成する

まずコインチェックのトップ画面からアカウントを作成してください。Facebookで登録する方法と、メールアドレスで登録する方法の2種類があります。好きな方でアカウントを作成してください。

アカウントを作成しログインできたら、本人確認を行ってください。本人確認書類の提出、IDセルフィ―の提出、電話番号認証を済ませましょう。

coincheck取引所に日本円を入金

本人確認が終われば、取引可能の状態になります。取引所の左の欄から、日本円/USドルを入金するをクリックしてください。

入金方法は、4種類あります。銀行振り込み、海外からの入金、クイック入金、コンビニ入金からすきな入金方法を選んで日本円を入金してください。

coincheck取引所でFactomを購入

ログインして、取引所からFactom(ファクトム)のアイコンをクリックしてください。

Factom(FCT)のアイコンをクリックすると、Factom(FCT)の注文画面が表示されるので、数量、交換する通貨(JPY、BTC)、レート、合計金額を確認できたら購入するをクリックすれば購入完了となります。

以上がFactom(FCT)のcoincheck(コインチェック)での購入方法の手順でした。

Factomのおすすめウォレット

現時点では、Factom(FCT)のハードウォレットや、公式のFactom(FCT)のウォレットはないようです。Factom(FCT)のウォレットとして利用できる会社を2つご紹介します。

JAXX(モバイルウォレット・デスクトップウォレット)

JAXXとは多くの仮想通貨を一括管理できるウォレットです。JAXXはモバイルウォレットとデスクトップウォレットとしても使うことができる便利なウォレットです。1つの画面から送金、受け取り、取引履歴の確認ができるのでとても扱いやすくなっています。

またデメリットとして、日本語が非対応なことと、過去に盗難被害があり、安全性について懸念がのこるといった点です。多くの種類の仮想通貨を持っている人にはおすすめのウォレットです。

coincheck ウォレット

Factom(FCT)を保管できるウォレットとしてはcoincheck(コインチェック)をおすすめします。ウォレットとしても操作が簡単で、受け取り、送金も簡単なので初心者の方も安心して取り扱うことができます。

またcoincheck(コインチェック)は国内の取引所ですので、日本語サポートもあり、安心です。Factom(FCT)を持っている方はcoincheck(コインチェック)のウォレットを活用しましょう。

仮想通貨Factom(ファクトム)の今後の将来性

Factom(FCT)は大切な書類を安全に保管、維持、保護できるうえに、分散型のブロックチェーン上に記録し、保管する際のコストが少なく済みます。

今後は、政府、法律機関などで機密書類のデータを保管していく可能性があります。そういった面でも将来性があるといえます。

機密データを保護しつつ、特定のデータは公開できる仕組みなので、データ管理に関しては、Factom(FCT)は需要があり今後の将来性があります。

仮想通貨Factom(ファクトム)の購入方法・チャート・取引所・将来性まとめ

Factom(FCT)は現在時価総額ランキングでは54位と少しマイナーな仮想通貨という印象がありますが、今後データ管理を重要視する企業が増えていくと考えられますので、将来性があります。

現在は国内の取引所でFactom(FCT)が購入できるのはcoincheck(コインチェック)のみですが、今後他の取引所での取り扱いが開始されることを期待しましょう。

チャートを見てみると、ボラティリティーが高く、手を出しづらい仮想通貨という印象がありますが、長期保有ならしてもいいかもしれません。

Factom(ファクトム)の今後の将来性に期待しましょう。

最後にもう一度Factom(ファクトム)を購入するならおすすめの取引所をご紹介!

<coincheck>
​​​​​​国内取引所で唯一Factom(ファクトム)を購入できる取引所です!
そんなcoincheckにはおすすめポイントがたくさんあります!
 

  • 万が一の時も安心の補償プランを準備
 
  • 初心者の人でも簡単に購入ができるサイトやアプリ
 
  • Factom(ファクトム)以外にも将来有望な仮想通貨がたくさん!

coincheckは仮想通貨投資をするなら絶対に抑えておきたい取引所です!
まだ持っていない人は下のボタンをクリックしてたった1分でアカウント開設ができるのでぜひこの機会に口座開設をしましょう!

コインチェックで取り扱っている通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<Binance>
バイナンスもおすすめの仮想通貨取引所です!

国内最多の仮想通貨取扱量のcoincheckを超える100もの通貨の取り扱いをしています!
将来性が高く、まだまだ安い仮想通貨を購入できるbinanceは2018年絶対に押さえておきたい取引所です!

有名仮想通貨取引所で唯一日本語対応しているので初心者の人でも「海外取引所は怖い」と考えることはありません!
ぜひこの機会にbinanceで口座開設をしてください1

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の購入方法(買い方)とおすすめ取引所を紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法(買い方)とおすすめ取引所比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbLISK(リスク/LSK)の半減期の時期と価格変動をチャートを使って解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side