仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説

仮想通貨Waves(ウェーブス)のチャートが高騰中! 仮想通貨Waves(ウェーブス)とは? チャートやニュースからみる将来性や購入できる取引所、買い方は? 仮想通貨Waves(ウェーブス)について最新のニュースから購入方法、取引所での買い方をご紹介します。

仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説のイメージ

目次

  1. 12017年12月からさらに高騰! 仮想通貨Waves(ウェーブス)の将来性への期待
  2. 2仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?
  3. 3仮想通貨Waves(ウェーブス)の特徴
  4. 4Waves(ウェーブス)の相場チャート・価格推移
  5. 5Waves(ウェーブス)が購入できるおすすめ取引所
  6. 6仮想通貨Waves(ウェーブス)の購入方法の手順
  7. 7Waves(ウェーブス)の最新ニュース
  8. 8Waves(ウェーブス)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨Waves(ウェーブス)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

2017年12月からさらに高騰! 仮想通貨Waves(ウェーブス)の将来性への期待

仮想通貨Waves(ウェーブス)はご存じですか? 2017年の一年間で85倍に価格を伸ばした将来有望な仮想通貨です!

2017年、仮想通貨Waves(ウェーブス)は何が注目されそのような価格高騰になったのか、仮想通貨Waves(ウェーブス)の特徴やチャートの動き、最新のニュースを見てみましょう。

今回はWaves(ウェーブス)の次のポイントに注目です!
 

  • 仮想通貨Waves(ウェーブス)の特徴と将来性
 
  • 仮想通貨Waves(ウェーブス)の2017年チャートの動きと価格
 
  • 仮想通貨Waves(ウェーブス)の買い方取引所

仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?

①仮想通貨Waves(ウェーブス)の概要

発行日 2016年4月
アルゴリズム Proof of Stake
名称 WAVES
上限 1億WAVES
現在発行量 1億WAVES(すべて発行済)
創業者・開発者 Sasha Ivanov氏
時価総額(2018/01/02現在) 約1400億円
時価総額ランキング 32位
現在価格 約1400円

②仮想通貨Waves(ウェーブス)の基本情報

仮想通貨Waves(ウェーブス)現在32位の仮想通貨です。Sasha Ivanov氏が2016年4月にスタートさせました。

当時一番早く仮想通貨Waves(ウェーブス)の上場をしたのは、海外の仮想通貨取引所のBittrex(ビットレックス)です。チャートの初期にもやや高騰した動きが見られます。

仮想通貨Waves(ウェーブス)は、Waves(ウェーブス)プラットフォームで利用できる仮想通貨です。後述しますが、Waves(ウェーブス)はNxt(ネクスト)という仮想通貨を参考に生まれました。

Nxt(ネクスト)のメリットを活かしたWaves(ウェーブス)は柔軟性がとても高いことが将来性や評価に繋がっています。ウォレットも仮想通貨の取引や送金だけでなく、画像の送信などの日常的なことにも利用できるメリットを持っています。

2017年の5月にマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と提携、また7月にはロシア連邦の中央証券保管庫である「NSD」と提携し、高騰しました。

ではWaves(ウェーブス)はどのような仮想通貨なのか、特徴から詳しく見てみましょう。

仮想通貨Waves(ウェーブス)の特徴

①Nxt(ネクスト)から分裂

仮想通貨Waves(ウェーブス)は同じ仮想通貨である「Nxt(ネクスト)」を分裂して生まれました。

Nxt(ネクスト)は「Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)」という取引承認プログラムがあり、これはマイナーがNxtをどれほどの期間保有しているかで報酬が増える仕組みになっています。

後述しますが、仮想通貨Waves(ウェーブス)のマイナーに対する報酬もこちらを参考に利用しています。Nxt(ネクスト)には分散資産取引や取引するものを自由に決められる上、投票システムなども存在しています。
Waves(ウェーブス)のプラットフォームもこれらの柔軟性、自由度を尊重した特徴があり、多くの企業が仮想通貨Waves(ウェーブス)の将来性を評価しています。

②CAT(カスタムアプリケーショントークン)

仮想通貨Waves(ウェーブス)には「カスタムアプリケーショントークン(CAT)」が可能になっています。

カスタムアプリケーショントークンとは、簡単に説明すると「独自トークンを発行することが出来る」というシステムです。

Waves(ウェーブス)のプラットフォーム上に自分だけの仮想通貨を発行することができるようになっています。カスタムトークンは他の仮想通貨との送金、取引などに利用できます。

例えば、ゲームを遊ぶためや勝利の報酬で得ることが出来る「モバイルゴー」という仮想通貨がありますが、あちらもWaves(ウェーブス)のプラットフォームで作成された仮想通貨です。

有名な通貨も発行されているWaves(ウェーブス)ですが、
トークンの発行はとても簡単で、5分ほどで発行が可能になっています。また、Waves(ウェーブス)はブロックチェーンですので、安全性も高くなっています。

トークンを作ることができるというだけでも面白い仮想通貨ですね。この特徴に惹かれたり、将来性を感じる方も多いかも知れません。


同じように様々なプラットフォームになる仮想通貨として将来有望なのは、イーサリアムとリスクです!

今後さらに仮想通貨が社会の隅々に広がっていく中でプラットフォーム機能をもった仮想通貨の将来性は高いといえます!
将来有望なイーサリアムとリスクを両方扱っている取引所は日本ではコインチェックだけです!

今後さらに価格が伸びるとみられるイーサリアムとリスクを今のうちに勝っておくことはおすすめです!

イーサリアムとリスクについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③アセットエクスチェンジ

仮想通貨Waves(ウェーブス)には「アセットエクスチェンジ」が可能になっています。

アセットエクスチェンジは「分散型取引所」「DEX(Decentralised Exchange)」とも呼ばれます。こちらを利用すると、発行したカスタムトークン同士の交換、つまり取引が出来るようになります。

しかもWaves(ウェーブス)のサーバーで、取引のマッチングを行ってくれるため、わざわざ相手を探す必要もありません。

仮想通貨Waves(ウェーブス)を利用すれば仮想通貨取引所のように、取引することも可能と言うことですね。自分の発行したトークンの価格があがることもあるかもしれません。

④法定通貨の取引がWaves上で可能

さらに、仮想通貨Waves(ウェーブス)では先ほどの取引所を利用し、法定通貨も交換することができます。

法定通貨とは、ドルのことです。自分の作ったカスタムトークンを使いやすいお金に両替し利用できると言うことですね。

もちろん、ビットコインなどの流通量の多い仮想通貨に換えることも可能ですし、Waves(ウェーブス)のプラットフォームで対応できるペアなら、Waves(ウェーブス)に一度変換する必要もありません

仮想通貨Waves(ウェーブス)は柔軟性が非常に高い仮想通貨と言えます。将来性の高さの一つでしょう。

⑤Leased Proof of Stake(LPoS)の取引承認

仮想通貨Waves(ウェーブス)は「LPoS」を取引認証時に採用しています。「LPoS」とは「Leased Proof of Stake」の略です。

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)は、他の仮想通貨でも取り入れられているところが多い取引認証システムで、マイナーが持つ仮想通貨の保有量の長さに応じて報酬がアップする仕組みになっています。

一方、Leaseは「貸し出し」という意味です。ここでの貸し出す対象はノード(コンピューター)のことで、要するに取引時に「自分のノードから貸し出したWaves(ウェーブス)の量が多い人」に報酬が多くはいる仕組みになっています。

Waves(ウェーブス)のネットワークを手助けした代わりに、受け取るというようなイメージですね。これもまた高い技術は必要のないシステムになっており、参入しやすさがWaves(ウェーブス)のメリットや将来性につながりそうです。

⑥ライトウォレット

仮想通貨Waves(ウェーブス)には専用の「ライトウォレット」が存在します。

仮想通貨Waves(ウェーブス)のウォレットのメリットはまさに、今まで紹介してきた「CAT」「DEX」などの機能を利用することができる、ということです。Waves(ウェーブス)の魅力を活かすには必要不可欠なウォレットですね。

さらに専用のウォレットなら、ICO(仮想通貨の株のようなもの)のプラットフォーム機能や、iPhoneユーザーであれば写真や映像を送れるAirdrop(エアドロップ)の機能も利用することができます。

Waves(ウェーブス)は送金速度が1秒間に1000取引と非常に速い仮想通貨ですので、画像の送信も一瞬ですむことでしょう。仮想通貨の送金や取引だけでなく、日常のちょっとしたことにも、このウォレットは活躍できそうです。

Waves(ウェーブス)の相場チャート・価格推移

では、仮想通貨Waves(ウェーブス)の価格推移はどのようになっているのでしょうか。チャートを見てみましょう。

Waves(ウェーブス)の価格チャートが大きく動いたのは、2017年5月のことです。それまでは35円台のあまり注目されない仮想通貨でした。

2017年5月は、冒頭でお話しした「Microsoft Azure」との提携を行ったというニュースが入ったからです。大手企業との提携ですから今後の将来性を評価されたのでしょう、大きく高騰し600円台となりました。実に17倍の価格ですね。

2017年7月にはロシア中央証券保管庫の「NSD」と提携し、一度さがってしまった価格チャートが再び高騰しています。

最近ですと、2017年12月の大きな高騰が目立ちます。ここはWaves(ウェーブス)プラットフォームの大幅なアップデートの報道により、大きく動いたと考えられます。

Waves(ウェーブス)が購入できるおすすめ取引所

今後のWaves(ウェーブス)の将来性の期待もあり、どのような価格変化やチャートの動きをするかまだ予想がつきません。

ですが現在価格も1400円台と高すぎない価格ですので、今の内に購入しておきたいと感じる方も多いでしょう。ここからはWaves(ウェーブス)の買い方をご紹介します。

Waves(ウェーブス)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、ロシアの「Tidex(タイデックス)」、アメリカの「Bittrex(ビットレックス)」、中国の「Binance(バイナンス)」などがあります。

今回は中国の大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)を中心にWaves(ウェーブス)の買い方をご紹介していきます。
※2018年1月5日現在Binance(バイナンス)は新規の登録ができません。

仮想通貨Waves(ウェーブス)の購入方法の手順

それでは、Waves(ウェーブス)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はcoincheck(コインチェック)を利用した購入方法をご紹介します。

coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所で、取り扱い通貨も一番多い(13種類)取引所です。

今後Waves(ウェーブス)を取り扱う可能性が高い取引所と言えますので、この機会に是非アカウントを作っておくことをオススメします。

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)でビットコインを購入しましょう。coincheck(コインチェック)での買い方をご紹介します。

まず、coincheck(コインチェック)にログインしましたら左上上部の「ウォレット」をクリックしましょう。左側にメニューが表示されるので、「コインを買う」をクリックします。

すると、右側の画面が購入画面に切り替わります。そこで「Bitcoin」を選択したら、下の箱に希望数量を打ち込みましょう。

すると、下に日本円換算のビットコインの値段が表示されます。価格に間違いがなければ一番下の「購入する」をクリックすれば、自分のウォレットに反映されます。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

先ほどの左のメニューに「コインを送る」という項目があるのでそちらをクリックします。すると、画面右に下のような画面が表示されます。

「ビットコインを送る」を選択し、「送金先リストの編集」でバイナンスのウォレットアドレスを入力します。

送るビットコインの価格を正確に入力し、よく確認して間違いがなければ、一番下の「送金する」をクリックしましょう。数十分後にはバイナンスのウォレットに反映されているはずです。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

③Binanceの取引所でWaves(ウェーブス)を購入

Binance(バイナンス)にビットコインが送れたら、最後にBinance(バイナンス)の取引所でWaves(ウェーブス)とビットコインを交換しましょう!

Binance(バイナンス)はトップページからそのまま取引ができます。ログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の上部を「BTC」に切り替えます。

そして、すぐ下のボックス(画像では小さくて見えませんがムシメガネのマークが入っています)に「WAVES」と入力しエンターで検索すると、下に「WAVES/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「WAVES/BTC」に切り替わり、②の購入、売却もWAVES/BTCに切り替わります。

②の購入、売却を拡大するとこのようなデザインになっています。ビットコインで購入する場合は左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、WAVES(ウェーブス)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limitをつかうとより細かい取引を行うことができます。

Binance(バイナンス)は中国の大手の取引所で、取り扱い通貨も約100種類以上と大変多くの仮想通貨を取り扱っています。

中国は仮想通貨の取引がとても盛んですので、取引量も多く非常に利用しやすい取引所となっています。もし興味があれば、他の仮想通貨の取引もBinance(バイナンス)で楽しんでみてはいかがでしょうか。

Waves(ウェーブス)の最新ニュース

2017/5/9 クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と提携
2017/7/29 ロシア連邦の中央証券保管庫「NSD」と提携
2017/9/8 ロシアの取引所Tidexがイーサリアムアドレスとイーサトークン(ERC20トークン)の
預かり金のアドレスを統合、Wavesでも同じ仕組みを使う予定
2017/11/29 Waves(ウェーブス)のリブランドとプラットフォームの大幅なアップデート
より扱いやすく一般向きな「パブリックベーター」版が開始
2017/12下旬 Waves(ウェーブス)NGが実装(後述)

Waves(ウェーブス)の2017年を中心としたニュースをまとめると、上記の内容になります。

Waves(ウェーブス)はロシアの取引所「Tidex(タイデックス)」と関わりが強い仮想通貨です。Waves(ウェーブス)の取引量に限ってですが、もっとも多いのはこのTidex(タイデックス)となっています。

もしかするとロシアの情勢で動く可能性も高いかもしれませんね。

また、11月頃に発表されたWaves(ウェーブス)のロードマップ(予定表)によりますと「Tokenomica」というプラットフォームを開発中のようです。

まだいつのことになるか未定ですが、Waves(ウェーブス)の特徴であるカスタムトークンを活用できるプラットフォームを目指しているようです。

このプラットフォームが完成すると、今後作ったトークンがWaves(ウェーブス)によりもっと活躍できるかもしれません。Waves(ウェーブス)将来性に期待しながら、最新のニュースを待ちましょう。

Waves(ウェーブス)の今後の将来性

Waves(ウェーブス)はプラットフォーム、ウォレット共に柔軟性が高く、今後の将来性も高いと考えます。さらに12月下旬にはWaves(ウェーブス)のプラットフォームが新しくなり、Waves(ウェーブス)NGが実装されています。

Waves(ウェーブス)NGは事前にマイナーを指定「キーブロック」を作ることができます。キーブロックは、取引などの情報を細かく分けたマイクロブロックとしてキーブロック内にどんどん生成し、リアルタイムで取引承認することができます。

Waves(ウェーブス)NGの実装により、さらに速い取引と低コストが実現されました。このニュースを受け多数の企業がWaves(ウェーブス)に注目することになる日も近いでしょう。活躍の場も多い特徴を持っていますし、今後の将来性は強いと言えます。

仮想通貨Waves(ウェーブス)まとめ

仮想通貨Waves(ウェーブス)について、特徴、価格チャートの動き、将来性、取引所での購入方法をお伝えしましたが、いかがでしょうか? 詳しくない方でも、とにかく柔軟性が高い、と言うことを感じていただけたかと思います。

仮想通貨は種類がたくさんありますが、使えるプラットフォームが限定されているなどあり、送金が簡単でありながら送り方に困るという方も多いかと思います。

ですが、Waves(ウェーブス)はその不便さを解決する特徴もウォレットもあります。

今後多くの仮想通貨を扱いやすくまとめるプラットフォームとして、Waves(ウェーブス)の活躍は大いに期待できるでしょう。今後の将来性に期待です。

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨TRON(トロン)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Factom(ファクトム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbNEM(ネム/XEM)がたった12時間で1.5倍の高騰!1年で600倍! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Monero(モネロ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の購入方法(買い方)とおすすめ取引所を紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side