TRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートと価格、取引所、将来性、今後の上場情報まとめ

TRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートと価格について見ながら購入できる取引所や将来性、今後、上場などをまとめています!チャートと価格、将来性を見てTRX(仮想通貨トロン/TRON)に期待する人向けに取引所での購入方法もまとめています!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートと価格、取引所、将来性、今後の上場情報まとめのイメージ

目次

  1. 1TRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャート
  2. 2TRX(仮想通貨トロン/TRON)の価格推移
  3. 3TRX(仮想通貨トロン/TRON)とは?
  4. 4TRX(仮想通貨トロン/TRON)が購入できる取引所
  5. 5TRX(仮想通貨トロン/TRON)の将来性
  6. 6TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ
  7. 7TRX(仮想通貨トロン/TRON)の最新情報
  8. 8TRX(仮想通貨トロン/TRON)の上場情報
  9. 9TRX(仮想通貨トロン/TRON)は詐欺コイン?
  10. 10TRX(仮想通貨トロン/TRON)が日本へ?
  11. 11TRX(仮想通貨トロン/TRON)の特徴をさらに詳しく
  12. 12TRX(仮想通貨トロン/TRON)の買い方
  13. 13TRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートと価格、取引所、将来性、今後の上場情報まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャート

はじめに、リアルタイムのTRX(仮想通貨トロン/TRON)のBinanceでのチャートは以下のようになっています。

チャートとしてはTRX(仮想通貨トロン/TRON)は基本的に他の仮想通貨と同じように、一度大きく高騰してから大きく下落し、その後大きく変わることなく低い水準となっています。

他の仮想通貨では下落トレンドが続いて下値を更新し続けている仮想通貨も多いですが、TRX(仮想通貨トロン/TRON)は下値は一定に止まりつつ上下を繰り返しています。

大きく高騰したのも2018年に入ってからとなっており、比較的トレンドの新しい仮想通貨となっています。

BTC Feedには「トロン(TRON/TRX)」に関するまとめ記事が6件あります | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の価格推移

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の価格推移〜2017年末〜

こちらが2018年1月4日頃のTRXのチャートになります!

チャートの足は、6時間足です!
チャートをみると初めは全く上がっていないことが分かると思います!

そこが2017年12月10日くらいで、いくらICOが30秒で完売した!と言っても、そこまでは本当に無名の通貨といった感じでした!
チャートは下を這いずり回っていますね(笑)

が、しかし、OKEx取引所のうわさが出始めたタイミングから大きくチャート価格を上げ初め、上場の前日2017年12月21日には、大きくチャート価格を上げてきました!

TRON(トロン/TRX)の将来の価格推移予想としては、大きく上へ推移すると思います。その理由をまとめて見ました!

①2018年1月頃に新しい取引所に上場の詳細方法が発表される予定。

2018年1Qにコインバーンされる予定。

バーンとは:すでに発行されている通貨の供給量を減らすために、何割かを使用不可能にすること!

そのため1通貨当たりの価値が上がります!
(その通貨市場内の金額が変わらず、発行通貨量を半分にすると、単純に1通貨あたりの価格は倍になります!)
(*TRONは過去に30%のバーンを経験済み)

TRON(トロン/TRX)のビジネスがさらに一般の人にも受け入れられる

TRON(トロン/TRX)の特徴としては、一般人が無料で無制限に、映像などのコンテンツを保存することが出来る。

一般人がデジタル資産を持つことが容易になる。

などがあげられ、これらのビジネスモデルが非常に一般人に内容だからです。

もっと言うと中国は将来性のある国で、その国で将来性を買われているコインなので期待が持てます。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の価格推移〜2018年3月〜

こちらが2018年3月25日現在でのTRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートになります。

こちらも同様6時間足となっています。
2018年初の価格の高騰から長い間緩やかな下落トレンドが続いており価格は大きく下がっていましたが、2018年3月のここ数日で価格が大きく回復しています。

2018年3月現在、他の仮想通貨はまだまだ価格が下がっている仮想通貨も多いですが、TRX(仮想通貨トロン/TRON)は一足先に下落トレンドから回復し価格が大きく上がっています。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)とは?

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の概要

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の情報を以下にまとめています。
 

通貨名 TRON(トロン)
通貨略号 TRX
創業者 Justin Sun
発行枚数 1000億枚
取扱い取引所 バイナンス(Binance)
時価総額 284420733002円

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の基本情報

TRON(トロン)は中国のICO通貨で、コンテンツエンターテイメントを発展させるために、中国で生まれた仮想通貨(アルトコイン)であり、

ジハン・ウー氏(仮想通貨業界で有名な人物で中国の方)が投資をしていたことから、Binance(バイナンス)でのICO時には、ものの30秒で完売した人気通貨です。(将来性が高く評価されている)

現在ではICO時の値段から30倍以上の大幅な値上がりを見せています。

TRON(トロン)の具体的なシステムは分散型ストレージ(たくさんのサーバーをつなげることで、大規模な仮想ストレージを作成する仕組み)と、ブロックチェーン技術を用いることで、世界的なエンターテイメントシステムを構築することを目指す、ブロックチェーンベースの分散型プロトコルだということです。

個人型のICOもできます。個人でICOが出来るのは非常に人気が出ると思ます!

ユーザーが自由に保存したコンテンツを公開、保存、所有する処理をこのプロトコルが行っています。

価格は1TRX=3円から4円程度(2018/01/01)

将来性は抜群です!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の詳しい特徴や強み、ポイントはこの記事で後ほど詳しく紹介していきます。

TRON(トロン/TRX)を購入できるのはこれまた将来性抜群の取引所のバイナンスです!
海外取引所の良いところである手数料が安く、日本にない将来性の高い通貨を扱っています!

そしてバイナンスが他の海外取引所よりもオススメなポイントとして、有名海外取引所で唯一日本語対応しています!

そんな将来性抜群なバイナンスの口座開設は現在一時的にストップしています。
ですので、今後トロンが上場をすると噂される日本の取引所をご紹介!
詳しく知りたい方はこちらの記事で!

ThumbTRON(トロン/TRX)が高騰中!アリババとの提携やZaif上場か!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

今回TRON(トロン/TRX)が上場するかもしれない取引所としてザイフの名前が挙がっています!

ことの真相はまだわかってはおりませんが、ザイフはアルトコインの取り扱いに積極的な取引所として有名ですのでかなり可能性は高いと思います!

現在ザイフの口座開設は時間がかかるため今のうちに登録をおすすめします!

そして気になるTRON(トロン/TRX)の時価総額は、なんと!
世界16位です!!

日本では全く知られていない、草コイン(アルトコイン)なのにすごいですね!

それだけ中国の仮想通貨取引所が大きいのだということですね!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)が購入できる取引所

TRON(トロン)が購入できる取引所で、絶対にお勧めしたい所!

それはBinanceです!

Binanceは手数料が0.1%と非常に安く、さらにBinance内のBNBに一度変えて取引を行うと、手数料はさらに下がり、0.05%になります!

この手数料の安さは同じく世界最大級の取引所のbitfinexをも上回ります!

そして何より仮想通貨(アルトコイン)の数が圧倒的に多いです!(将来性のあるものも多いです)(中国の取引所)

国内取引所では、コインチェックの13種類が最多ですが、Binance(中国)では100種類上の仮想通貨(アルトコイン)を取り扱っています!

今後はBinance(中国)取引所にあるような仮想通貨(アルトコイン)で、本当に将来性が良いものが価格を上げる時代がやってきます!

使いやすさ、手数料の安さ、仮想通貨(アルトコイン)の種類の多さ、将来性の良さ、どれをとっても最高です。

本当にお勧めな取引所なので、ぜひ登録してみてください!

*中国の取引所は、将来性のコインから、将来性がほとんどないコインまでたくさん揃っており、ICOの銘柄も多数揃っています。

ICOくらい価格が安いものから、ビットコインのように価格が高いコイン(将来性が高い)までそろえている取引所が中国には多いです。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の将来性

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の将来性が高い理由①

TRONは短期的に見てもかなり有望な情報がたくさんあります!こんなに好材料が出ている仮想通貨(アルトコイン)は珍しいですね!

なので、短期的に見ても間違いなく価格は上昇すると思います!

個人でICOが出来るというのは、非常に大きな強みですよね!

しかし、個人的にはTRON(TRX)は長期的に見るものだと思っています!

それは、9年かけて時代に合ったしっかりとしたサービスを提供しようとしているためです。


他の仮想通貨(アルトコイン)では一度流行って、もっといいのが出来て廃れてしまうという危険性が高いですが、TRON(TRX)は初めから長期的に考えられている仮想通貨(アルトコイン)です。
今後の将来性も高いといえるでしょう。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の将来性が高い理由②

後ほど詳しく紹介していますが、TRX(仮想通貨トロン/TRON)はデジタルエンターテイメントコンテンツのプラットフォームを提供します。

現在のサービスで言えば、youtubeやFacebook、インスタグラムなどがデジタルコンテンツを提供していますが、それらのサービスはGoogle PlayやApple Storeなどのチャネルにかなりの料金を支払っておりコストが大きくかかります。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)ではそういったコストをかけることなく、コンテンツプラットフォームやコンテンツをユーザーと直接やりとりできてコストもかからない(あるいはかなり低く抑えた)やりとりが実現できます。

デジタルコンテンツは今後どんどん増えていくことが予測され、それぞれのサービスを提供する企業にとってコストを抑えることはとても大きなメリットになります。

これから需要が大きく増えること、それに合った特徴を持っていることから、長い目で見ても将来性のある仮想通貨であると言えます。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の将来性が高い理由③

さらにTRX(仮想通貨トロン/TRON)はマーケティングが非常にうまいということも将来性が高い大きな理由の一つです。

仮想通貨はどれだけ優れた特徴があってもそれを認知してもらわなければ価格は上がりません。

マーケティングがうまくできることで、より認知され価格の高騰につながります。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)はマーケティングが非常にうまいので将来性がある一つの要因になっています。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ

トロンが持つ6つの計画をご紹介します。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ①Exodus

2017年8月~2018年12月にかけて行う計画
大まかな内容を言うと
データの解放!

これがどういうことかというと、p2p技術および分散コンテンツを基とした、個人が自由にアップロード、保存、配布することができる仕組みを作り出すということです。

この計画が完成すれば、データの出し入れ、預ける量などが無料になる。つまりデータの開放ということですね!

Exodusフェーズでは、分散型ストレージテクノロジーに基づいて、TRONがデータの公開、保存および配布が完全に無料な信頼性の高いプラットフォームをユーザーに提供します。
 

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ②odyssey

2019年9月から2020年6月にかけて行う計画です。内容としては、

今まで、プラットフォーマーにすべてを支配され、個人の力と言うものが弱かったのですが、個人が自分の作成したものへの著作権を持ち、その著作物への利益やその他様々な部分において、公正な経済的な活動を行える力を持つことをブロックチェーンによって可能にするというものです。
 

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ③Great Voyage (個人ICOについて)

2020年7月~2021年7月にかけての計画

TRON(トロン)がブロックチェーン技術の利点を生かすことで、所得計算や配当金の割り当て、サポーターの管理という3つの大きな問題を解決し、そしてファン経済から、ファン金融へ!という重要な変化を達成するというものです。

*ファン経済とは:実物+バーチャルという消費形態のアップグレード版

*ファン金融とは:実物とバーチャルとが融合した金融形態

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ④APOLLO

2021年8月~2023年の3月にかけての計画

内容は、TRONではコンテンツプロデュ―サーが独自のトークンを発行することができるようになります。
そしてそのためにはシステムが非中央集権化されている必要があります。

そして、非中央集権のの取引プラットフォームを確立することができれば、システムの価値、財産権およびリスクを自由に交換することが出来るようになるため、これらを2021年8月~2023年3月に向けて実行して行くというものです。

そうなればシステム全体の経済的活力を等比数列的に高めることが出来ます。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ⑤Star Trek

計画期間2023年4月~2025年9月

開発者がトロン(TRX)を通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築することができるようになるというものです。
完全に自立的なゲームを提供し、市場機能を予測することが出来るようになるというものです。

現在世界のゲーム市場は4500億円を4年前に超えてさらに伸び続けています。
その将来性が高い市場でもTRONはプラットフォームとなるのです

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の今後のロードマップ⑥Eternity

トロン(TRX)はオンラインゲームのプラットフォームを確立し、そのシステムの中で開発者はトロン(TRX)を通じてゲームプラットフォームを自由に設定することが出来るようになり、

ゲーム開発のための軍資金を獲得、そして共通の投資家がゲームに投資できるようにすることを、2025年9月~2027年9月にかけて行います。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の最新情報

トロン(Tron/TRX)創業者ジャスティンサン氏がイーサリアムよりもトロン(Tron/TRX)の方が優れていると発言【2018年4月9日最新情報】

今週の初め、トロン(Tron/TRX)創業者のジャスティンサンはTwitter(ツイッター)であらゆる側面においてイーサリアム(ETH)よりもトロン(Tron/TRX)の方が優れていると主張しました。

ジャスティンサンは、トロン(Tron/TRX)の方が一定時間内の取引処理量も多く、手数料は無料で、継続的なバーン(仮想通貨を使えなくすること)も行なっていると言います。

さらに、ジャスティンサンは、トロン(Tron/TRX)はイーサリアム(ETH)が使用するSolidityより一般的であるJava言語を使用しているし、拡張性があり、開発者報酬も提供している、1億人ものユーザーがいると主張しました。

しかし、テストネットの段階であるトロン(Tron/TRX)と実際に使われているイーサリアム(ETH)を比較することはできません

一方で、イーサリアム(ETH)創業者ヴィタリックブリテンはジャスティンサンの発言に対して、トロン(Tron/TRX)のホワイトペーパーはイーサリアム(ETH)のホワイトペーパーを真似たものだとの辛辣な批判で反論しました。

また、トロン(Tron/TRX)がイーサリアム(ETH)上で作られているということは、イーサリアム(ETH)に何らかの利点があるということです。どちらにせよ、イーサリアム(ETH)とトロン(Tron/TRX)を比較することに意味はありません。

トロン(Tron/TRX)がATMにて購入が可能に!【2018年4月3日最新情報】

ビットコイン(BTC)のATMプロバイダーであるCoinflipがトロン(Tron/TRX)に対応すると発表しました。つまり、Coinflipがサービスを提供している米国のATMマシンを使ってトロン(Tron/TRX)トークンを購入できるようになったのです。

これにより、トロン(Tron/TRX)はATMマシンを介して購入できる最初のERC20トークンとなります。

この重要な提携により、トロン(Tron/TRX)はビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)などの主要な仮想通貨と並ぶトップ仮想通貨となりました。

現在のデータによると、Coinflipは米国の57の異なる場所でサービスを提供しており、ライトコイン(LTC)の現金購入・売却に加えて、トロン(Tron/TRX)など上記すべての仮想通貨通貨を購入することができます。

トロン(Tron/TRX)のATM購入の情報について

Coinflipの現在のサービス手数料は、購入の場合は6.9%、売却の場合は3.5%です。ユーザーが携帯電話番号を入力すると、固有の数字コードを含むテキストメッセージがその番号に送信されるのでそれを承認すれば、最大約7500円の取引を実行することができます。

取引金額が約7500円~31万8000円の場合、ユーザーはプラットフォーム上で簡単な登録を行うよう求められます。登録には5~10分かかりますが、ユーザーが登録作業を行わなければいけないのは1回のみです。

さらに、このシステムを使って約31万5000円以上を引き出すためには身元確認をしなければいけません。また、1日で引き出せる最大の金額は約80万円です。

より柔軟で便利なプラットフォームを介してトロン(Tron/TRX)が購入できるようになったことのは、トロン(Tron/TRX)発行会社がより簡単に仮想通貨に投資できるよう努力したからです。

さらに、これらの重要な提携によって、トロン(Tron/TRX)は他の仮想通貨業界のトップと同等に強力な会社としての地位を築くことができます。

Now it's Possible to buy Tron(TRX) Through an ATM Machine 

RippleNews、Staff、3 Apr 2018

トロン(Tron/TRX)が最新のテストネットを稼働!今後のさらなる飛躍の一歩に【2018年3月31日最新情報】

約束通り、トロン(Tron/TRX)の開発者は数時間前にテストネットの立ち上げを発表しました。これは、試行期間が終わった後にプロジェクトがどのようなものになるのか見たかった仮想通貨ファンにとっては素晴らしいニュースです。

トロン(Tron/TRX)のテストネットの発表の模様

最近の財団の公式Twitterページでの発表によると、現在稼働しているテストネットを利用すると「トロン(Tron/TRX)エコシステムの基盤の開発過程を見ることができます」。

さらに、Twitterによるとテストネットの立ち上げを祝うために、トロン(Tron/TRX)はタイムズスクエアに巨大な広告画面を配置しました。

Twitterには、タイムズスクエアの主要建物の1つに設置された有名なナスダック(全米証券業協会による店舗銘柄市場)のスクリーンを写した写真が掲載されていました。トロン(Tron/TRX)がプロジェクトの開発とイメージにどれだけ投資しているかがよくわかります。

訳:
「トロン(Tron/TRX)テストネットが稼働しています。テストネットではトロン(Tron/TRX)エコシステムの基盤の開発過程を見ることができます。この立ち上げを祝うために、タイムズスクエアにあるナスダックのスクリーンでこの素晴らしいニュースを発表しました。未来はここにあります。トロン(Tron/TRX)は発展し続けます。」


通常このような有望なプロジェクトが施行される前にはテストネットが立ち上げられます。そう考えると、トロン(Tron/TRX)にとってテストネットの立ち上げは重要なことです。

開発チームは今後、実際にユーザーの反応を見て、トロン(Tron/TRX)の今までで最大のプロジェクトの完成に向けて調整を加えることができます。

トロン(Tron/TRX)のテストネットの稼働は将来性を大きく高めるもの

トロン(Tron/TRX)にとってテストネットの立ち上げは重要な段階の一つですが、プロジェクトが将来成功するためには今後もたゆまぬ努力が必要となります。新しい独立ネットが本格的に立ち上がるまで、トロン(Tron/TRX)の将来の発展について多くの人が憶測を立てるでしょう。

多くの専門家は、新しいネットの立ち上げによってトロン(Tron/TRX)の価値が上がり、トロン(Tron/TRX)は仮想通貨市場でトップポジションにつくことになると言います。そのような憶測が飛び交う中、私たちは今月末にメインネットの立ち上げの本当の結果を目の当たりできることを楽しみにしています。

Tron Announces Test Net Launch Just on Time

Ripple News、Staff、30 Mar 2018

トロン(Tron/TRX)は仮想通貨先進国のマルタに興味津々?

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sunは、マルタへ投資し、マルタで事業を展開することに興味を示しました。

Sunは、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が本社と事業をヨーロッパにある島マルタに移転させるとの意向を発表したとき、マルタのJoseph Muscat首相が異常なまでに歓迎したことを受けて以下のようにTwitterに投稿しました。

@justinsuntron
トロン(Tron/TRX)は、Joseph Muscat首相の素晴らしい先見を強く支持し、マルタ政府とともにブロックチェーン島を建設したいと考えています。トロン(Tron/TRX)は、戦略的パートナーである仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が移転を発表したことを受けて、近々マルタに投資し、マルタで事業を展開することを真剣に検討しています

Thumbヨーロッパ仮想通貨情報:規制が緩和され取引所も人気!税金が無料の国も! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の上場情報

TRX(仮想通貨トロン/TRON)がUpbitに上場!(2018年3月25日追記)

TRX(仮想通貨トロン/TRON)がBittrexに上場したのち、韓国のUpbitという韓国最大の取引所にも上場しました!

Upbitは韓国で最大の取引所で、110種類もの仮想通貨を取り扱っており、Bittrexによって設立された取引所です。

韓国は仮想通貨取引がとても盛んな国なので、今回の上場で今後もTRX(仮想通貨トロン/TRON)の将来性がさらに期待されます!

Thumb仮想通貨トロン(TRON/TRX)が韓国大手取引所に上場し、音楽ストリーミングサービスと提携 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

TRX(仮想通貨トロン/TRON)がHuobi(フオビ)に上場!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)は仮想通貨取引所のHuobi(フオビ)に上場しました!

Huobi(フオビ)は世界でも取引量が大きな取引所でTRX(仮想通貨トロン/TRON)の上場はその取引量に大きな影響を与えます!

Thumb仮想通貨トロン(TRON/TRX)が韓国大手取引所に上場し、音楽ストリーミングサービスと提携 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

TRX(仮想通貨トロン/TRON)がBittrexに上場!

2018年3月2日に仮想通貨TRON(トロン/TRX)がBittrexに上場しました。

TRON(トロン/TRX)は現在イーサリアムのプラットフォーム上で動く仮想通貨です。
しかし、今後TRON(トロン/TRX)は独自のプラットフォームを作り、これまでより格段に速い同時に1000ものトランザクションを処理できるようにします。

また、このアナウンスがされたことによりTRON(トロン/TRX)は投資家の注目を浴びて、一時的に30%も価格が高騰しました。

ThumbBittrex(ビットレックス)取引所とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

TRX(仮想通貨トロン/TRON)がLBANKへ上場!

仮想通貨TRON(トロン/TRX)が新たに上場したのは、アジアで有名な仮想通貨取引所であるLBANKです!

LBANKが有名なのは、その取引手数料が他の取引所と比べて最も安いということです。
取引手数料は最初で0.1%になります。

現在LBANKは50ほどの仮想通貨を取引できる取引所です。
ほとんどがいわゆる草コインというコインですので、TRON(トロン/TRX)のような人気でトレードボリュームのある通貨が上場することは同仮想通貨取引所にとってとても大きなことです。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)は詐欺コイン?

非常に将来性に期待されるTRX(仮想通貨トロン/TRON)ですが、一方で詐欺ではないか?という声も上がっています。

詐欺だと言われる理由は以下の理由になります。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)が詐欺と言われる理由①ホワイトペーパー

TRX(仮想通貨トロン/TRON)のホワイトペーパーが他の仮想通貨のホワイトペーパーと内容が被っていることから、TRX(仮想通貨トロン/TRON)が他の仮想通貨のホワイトペーパーを盗用したという避難がありました。

盗用ではなく引用であると撤回はしていますが、TRX(仮想通貨トロン/TRON)が詐欺コインであると言われる一つの理由となっています。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)が詐欺と言われる理由②ソースコード

TRX(仮想通貨トロン/TRON)はソースコードがインターネットで公開されていますが、このソースコードの中身が薄く、プログラムとして機能を果たしていないという指摘がありました。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)は長期的な開発を計画しており現状で中身が薄いのは仕方ないのかもしれません。

また、ソースコードを公開しているのも今後しっかり開発していくからこそなのかもしれません。

しかし現状まだ内容が薄かったり、開発が遅かったりといったことが詐欺だという疑いも生んでいます。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)が詐欺と言われる理由③創業者がTRX(トロン)を売却?

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の創業者であるJustinのアカウントとみられるウォレットからTRX(仮想通貨トロン/TRON)が売却されイーサリアムに変えられていることが見つかりました。

創業者でありながらTRX(仮想通貨トロン/TRON)を売却していることで詐欺との疑いがあるようです。

創業者のJustinはこれは自分のアカウントでないと否定しています。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)が日本へ?

TRON(トロン/TRX)の創業者であるJustin Sun氏は日本に上場することをほのめかすような発言をしていることから、TRON(トロン/TRX)が日本に上陸することも十分に考えられます!

そうなれば仮想通貨大国日本人がこぞって買い集めることが容易に想像できるため、TRON(トロン/TRX)の価格暴騰が期待されます!

中国にあるコインは将来性がないものまでありますが、将来性がしっかりとしてくると日本に上場してきますね!

過去にモナコインがbitflyerに上場を決定してから価格を大きく伸ばしたことがあります!
もしも世界で大注目のTRON(トロン/TRX)が日本に上場するとなるとそのインパクトはすごいことになりそうですね!!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の特徴をさらに詳しく

①ユーザーがデータを自由に所有、保存、公開をすることができ、簡単にデジタル資産を持つことが出来る。

②保存するコンテンツの容量に制限はなく、無料で無制限にコンテンツをアップロードして保存することが出来る。

エンターテイメントに特化した分散型プロトコルである。

④一般の人々にサービスを提供することが目的

⑤一般の人がデジタル資産を持つことを容易にし、そのデジタル資産をICOの形で流通させることが出来る。

インフラストラクチャ
分散型デジタル資産では、分散型交換、自立型ゲーム、予測およびゲームシステムを含む、分散型インフラストラクチャの完全なセットが装備されます。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の特徴①クリエイターに配慮された通貨

TRON(トロン/TRX)は、クリエイターに配慮したシステムにすることで、結果として、TRON(トロン/TRX)が発展していく(エンターテイメントシステムが発展していく)という考え方を持っています。

(非営利団体が運営し、利益をとる目的でなく世界中のコンテンツエンターテイメントを楽しむ大衆に役立つように設計されている。

①アップロード、保存、公開が無制限に無料で行うことが出来る。

②データの所有権はデータ作成者にある!ということより、個人が簡単にデジタル資産を持つことが出来るようになる。

①,②のようなサービスがあるため、TRON(トロン/TRX)はクリエイターに配慮された通貨と言えます。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の特徴②分散型ストレージ

ストレージ:データを保管する場所、保存する場所のことで、PC関連ではハードディスクやSSDなどを指します。

分散型ストレージとは:
データを複数のコンピューターに分散させ配置させることで、膨大なデータを保存することです。

そしてその保存されたデータには単一のインターフェースでアクセスすることができるため、ユーザーは透過的にデータにアクセスできます。

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の特徴③会員数1,000万人以上のアプリ「Peiwo」で導入

Peiwoって知ってますか!?

Peiwoは中国で大人気の音楽ストリーミングサービスで、利用者は驚異の1000万人越え!

そして、そんな大きなマーケットであるPeiwoにTRON(トロン/TRX)は、導入がすでに決定しているのです!

TRON(トロン/TRX)がPeiwoに導入されると、やっぱり今までに仮想通貨を使ったことのない人たちも使うようになりますよね!

そうなればTRON(トロン/TRX)は大きな知名度を得られることでしょう!

そしてさりげなくTRON(トロン/TRX)の取引量は世界7位!

Peiwoに導入されれば、新たに何百万人もの人々が使用しだす可能性があるため、PeiwoにTRON(トロン/TRX)導入は正直インパクトがかなり強いですね!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の特徴④2017年12月24日にシンガポール発のObikeとの提携

Peiwoに続き、Obikeを知っていますか!?

Obikeはシンガポール発の自転車シェアリングを提供している会社で、創立1年目にも関わらず1000万人もの会員を有しています!(世界20か国合わせて)

Peiwoに続いてまた1000万人かい‼!(笑)

そしてこのObikeとTRON(トロン/TRX)は、2017年12月24日に提携を発表しています!

提携内容はまだ発表されていませんが、インパクトは抜群ですね!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の買い方

Binance(バイナンス)(中国)で仮想通貨を購入するにはBNBという独自の仮想通貨を使用しなければいけません。そのため仮想通貨を購入するには、国内取引所とは少し違った手順を踏みます。

*Binanceは中国の取引所です!

そのための手順を見ていきましょう!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の買い方①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

まずはコインチェックのスマホのアプリでの購入方法です。

アプリを持っている人は起動してください!

コインチェックのアプリを持っていない人はこちら!

この画面が開けたら、次はコインの購入をクリックします。
すると以下の画面が表示されるので、その画面でBTCを選択してください。

画面をスクロールして購入したいBTCの数を打ちこんでください!

これでコインチェックのアプリでのBTCの購入は完了です!

ただし、アプリで購入できるのは販売所のBTCのため手数料がかかってしまいます。

そのため手数料のかからない、コインチェック取引所のBTCも買い方を見てみましょう!

「コインチェック」にログイン!
コインチェックの公式ページはこちら!

ログインしたら次は取引所の画面に入り、下にスクロールします。

コインチェックンのアカウントを持っていない方は下のボタンをクリックしてたった1分でアカウント開設ができます!

この画面にきたら、現物取引に、レート、数量、を打ち込みます。すると概算は自動で計算してくれるので、打ち込む必要はありません。

これでBTCの購入は終了です!

*間違ってもレバレッジ取引は押さないようにしましょう!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の買い方②海外の取引所口座へビットコインを送金

次は海外取引所であるバイナンス(Binance)にBTCを送金します。

バイナンス(Binance)は日本語も対応しており、かつ仮想通貨の量が非常に豊富なためお勧めです!

まだバイナンス(Binance)を登録していない方はこちら!
たった1分で口座開設ができます!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

次に画面上部の「資産」をクリックして、預金の引き出しを選択します。
すると次の画面に移動するので、BTCを探して、預金を選択してください!

するとBTC預金アドレスが表示されるので、そこのアドレスをコピー。

次はもう一度コインチェックに戻って送金します。
この時は、アプリでもサイトでもどちらでも構いません。

今回はアプリの内容で説明します。

この画面で送金を選択します。
 

ここで先ほどバイナンス(Binance)でコピーしたアドレスを宛先に貼り付け、送金したいBTCの量を入力して送金すれば、送金完了です!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)の買い方③BinanceでTRX(仮想通貨トロン/TRON)を購入

まずはこちらの画面上部のBTCを選択します。
その次にTRX/BTCを選択してください!

そして購入したい価格、数量を入力すればOKです!

ちなみにLimitは指値注文のことで、Marketは成行注文のことなので、気を付けてくださいね!

TRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートと価格、取引所、将来性、今後の上場情報まとめ

いかがでしたでしょうか!

アルトコインTRON(トロン/TRX)の良さは伝わったでしょうか!?

最後にTRON(トロン/TRX)の情報をまとめてみたいと思います!

①TRON(トロン/TRX)は中国生まれの仮想通貨

②長期的なロードマップを持っており、今後の成長がかなり期待できる。

③分散型データベースを用いており、エンターテイメントの発展を目的としている

④個人でICOが出来る



今後将来、さらに大きな会社やその他の団体よりも個人の力が強くなるといわれていますが、TRON(トロン/TRX)はその時代のプラットフォームになりうるものと言えます!

そんな将来性の高いTRON(トロン/TRX)を手に入れるならバイナンスがおすすめです!
TRON(トロン/TRX)同様将来性の高い仮想通貨取引所です!

日本の取引所に比べても手数料はかなり安くさらに多くの通貨を取り扱っています!
次に大きく伸びる通貨に投資をするならバイナンスは外せないです!
しかし、現在バイナンスでは新規の口座開設はできません。

そこで最後にもう一度、TRON(トロン/TRX)を取り扱うかもしれない日本の取引所をご紹介!
できれば上場する前に買っておきたいところですが、TRON(トロン/TRX)が日本で広がる直前にすぐに買えるように今準備をしておくのがおすすめです!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、日本ではここでしか手に入らないアルトコインを多く取り扱っているコインチェックもTRON(TRX)が抒情するかもしれない押さえておきたい取引所です!

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

TRON(TRX)の噂について詳しく知りたい方はこちら!

ThumbTRON(トロン)が高騰中!アリババとの提携やZaif上場か!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

ThumbArdor(アーダー)仮想通貨とは?特徴やチャートを紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)とは?特徴・価格・購入方法(買い方)・ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side