仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

アルトコインの中で注目されているDASHという仮想通貨をご存知でしょうか?DASHのチャートを見てみると、価格が高騰しています。仮想通貨DASHのこれまでのチャート分析、購入できる取引所、取引所でのDASHの購入方法や将来性についてまとめました。

仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?
  2. 2仮想通貨DASH(ダッシュ)の特徴
  3. 3仮想通貨DASH(ダッシュ)の相場チャート・チャート価格推移
  4. 4仮想通貨DASH(ダッシュ)が購入できるおすすめ取引所
  5. 5仮想通貨DASH(ダッシュ)の取引所での購入方法の手順
  6. 6仮想通貨DASH(ダッシュ)のおすすめウォレット
  7. 7仮想通貨DASH(ダッシュ)の気になるニュース
  8. 8仮想通貨DASH(ダッシュ)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨DASH(ダッシュ)の特徴・購入方法・将来性まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?

最近ニュースでも話題になっているDASH(ダッシュ)は、2014年1月18日にリリースしたXcoinが元になっています。Xcoinから1ヵ月でDarkCoinn(DRK)に変更されました。

Darkという名前がイメージとして印象が悪いとの意見から改名することとなり、決済スピードが早いという特徴から2015年3月にDASH(ダッシュ)と改称されました。

DASH(ダッシュ)はInstantXという決済手段を採用していて、素早い取引を実現しています。さらに匿名性が高いことが特徴の仮想通貨です。


日本ではコインチェックのみがDASH(ダッシュ)を取り扱っています。
DASH(ダッシュ)は今年だけで価格170倍になっているという稼げるという通貨としても、将来性の高い通貨としてもとても注目の通貨ですね!

DASH(ダッシュ)を扱っているコインチェックの公式ページへは下のボタンをクリック!

ダッシュ以外にも将来性の高い仮想通貨を多く取り扱っているコインチェックで扱われている通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ダッシュをコインチェックよりも安く手に入れるなら海外取引所のバイナンスがおすすめ!

世界最大級の取引所で唯一日本語対応している取引所のバイナンスは

 

  • 最大級で信頼できる取引所!
 
  • 手数料が安い!
 
  • 次に大きく上昇する可能性のある、日本で手に入らない通貨が多数!

というオススメポイント満載の取引所です!
登録はたった1分で完了します!この機会にぜひ登録をおすすめします!

最近はバイナンスの偽ページが多く出回っているので、登録するなら下のボタンから確実に公式ページへ!

仮想通貨DASH(ダッシュ)の概要

現在DASH(ダッシュ)は仮想通貨の時価総額ランキングで8位と上位につけています。時価総額も1兆円に迫ってきており、注目の仮想通貨となっています。

DASHは即時取引と高い匿名性が特徴の仮想通貨です。さらに「X11」というアルゴリズムを採用しており、セキュリティーの面でも優れています

DASH(ダッシュ)とビットコインの比較

 

  ビットコイン(BTC) DASH(ダッシュ)
発行日 2009年1月 2014年1月18日
アルゴリズム SHA-256 X11
名称 BTC XCO➡DRK➡DASH
上限 2100万BTC 約2200万DASH
ブロックサイズ 1MB 2MB
送信時間
(ブロック生成時間)
約10分 約2.5分
取引承認システム Proof of work Proof of Work
創業者・開発者 不明(現在有力なのはサトシ・ナカモト氏) Evan Duffield
(DASH FOUNPATLON)
時価総額 約28兆円 約9872億円
現在価格 約180万円 約125000円

ビットコイン(BTC)とDASH(ダッシュ)を比較してみると、大きな違いが3つあります。1つはアルゴリズムの違いです。

2つ目はセキュリティー面が優れているところです。X11と呼ばれるアルゴリズムは11種類のハッシュ関数を採用しています。ビットコインのSHA-256と比べるとセキュリティー面で優れていると言えます。

3つめはブロックサイズ(台帳の容量)です。ビットコインがSegwit2xの実装を延期したニュースが出たときに、DASH(ダッシュ)はブロックサイズ(台帳の容量)を2倍の2MBに拡大しました。

それによりビットコインのsegwit2xの多くの支持者がDASHへと移行し、DASH(ダッシュ)の価格高騰のニュースの要因となりました。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の基本情報

DASH(ダッシュ)の創業者であるEvan Duffield氏により、Xcoinとして2014年1月18日にリリースされその後Darkcoinと名称を変え、2015年3月にDASHの名称になりました。DASH(ダッシュ)の特徴は高い匿名性と取引スピードが早いことです。

数か月で価格が高騰し、現在価格は12万円を超えています。時価総額も現在8位に入るなど将来性のあるアルトコインです。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の誕生と名前変更  

2014年1月18日にXcoinとして誕生したDASH(ダッシュ)ですが、2度の名前の変更がありました。

DASH(ダッシュ)の前の名称はDarkcoin(DRK)でした。dark(闇)の意味が少しイメージが悪く、そのイメージから一部で麻薬などの取引で扱われてしまったというニュースもありました。

通貨の印象を良くするため、取引スピードが早いとの特徴からデジタルキャッシュ(Digital Cash)の混成語であるDASH(ダッシュ)という名称が採用されました。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の特徴

DASH(ダッシュ)は多くの優れた性能を持っています。そのため多くの仮想通貨の重鎮から支持されています。

特徴としては
 

  • X11という複雑なアルゴリズムによりセキュリティー面が優れているところ
 
  • 匿名性が優れているところ
 
  • 即時取引ができるところ
 
  • マスターノードと呼ばれるビットコインにはない、2層からなるDASH(ダッシュ)ネットワークがあること
 
  • ボリューションというプラットフォームが開発中
​​​​​​​
とのことで将来性があります。

暗号化方式はX11

X11は11種類のハッシュ関数を組み合わせたアルゴリズムを採用しています。このアルゴリズムは、ビットコインのSHA-256と比べるとセキュリティーの面で優れています。

他のライトコインなどの様々な仮想通貨に採用されているScryptよりも消費電力が少ないのが特徴です。

匿名性が高い

DASH(ダッシュ)が高い匿名性を持っているのはDarksendと呼ばれるトランザクション形式を取り入れているためです。

ビットコイン(BTC)とDASH(ダッシュ)との違いはビットコイン(BTC)は誰が誰に送ったかという取引の情報が公開されているのに対し、DASH(ダッシュ)はブロックチェーンを確認しても取引内容が分かりません。

Darksendの仕組みは「Coinjoin」と言います。「Coinjoin」とは、ビットコインなどの仮想通貨の送金方法とは違い、DASH(ダッシュ)を同じ時間に送金しようとしている不特定多数のユーザーの送金されたDASH(ダッシュ)を一度同じ場所に入れてからそれぞれのユーザーに送金する手段のことを言います。

これはビットコインで考案されていたミキシング方法というものを参考にしています。一度送金したDASH(ダッシュ)はプールにまとめられ、シャッフルされます。そのうえで送金されます。

一度シャッフルして送金しているため、ブロックチェーン上で取引履歴が確認できなくなります。これがCoinjoinの仕組みです。


Darksend(Coinjoin)の利用に関しては2つの制限があります。参加者が3人以上必要なことと、送金限度額が1000DASHまでに決められています。

即時取引(購入・決済取引等)

2015年3月25日にDASH(ダッシュ)と改名したときに、「InstantX」と呼ばれる機能を取り入れ、即時取引が可能となりました。この機能のことをインスタントセンド「Instant Send」と呼びます。

インスタントセンドとは数秒以内に取引を成立させる機能で、ビットコイン(BTC)や他のアルトコインのように承認時間が多くかかっているのを克服しています。インスタントセンドは決済するときにユーザーが選択できます。

マスターノードが存在

ビットコインのマイニングはビットコインの1層ネットワークで作業することになります。

しかしDASH(ダッシュ)にはもう1層あり、2層ネットワークが構成されています。第2層はプライベートセンド、インスタントセンドとガバナンス機能を実行するマスターノードで構成されています。

インスタントセンドを実現するためにマスターノードがあります。

マスターノードとはインスタントセンドのためのコインのミキシング、資金調達の投票、トランザクションのロックなどDASH(ダッシュ)の重要事項を決定するコンピュータのことです。

マスターノードになるためには、一定の条件を満たさなければなりません。

まず1000DASH(ダッシュ)用意する必要があります。そして専用のIPアドレスを取得して、24時間体制で稼働できるコンピューターを準備しなければなりません。

マスターノードという特別な存在を採用することで、取引遅延の克服や高い匿名性を維持することができるようになったのがDASH(ダッシュ)というアルトコインです。

マスターノードはインスタントセンドやDarksendなどの運用を支える対価として手数料の45%分をマスターノード同士で分け合っています。

DASH(ダッシュ)は発行枚数が約1900万枚になるまで、発行数量が毎年7.1%減少するので、マスターノードのマイニング効率も悪くなります。

エボリューション

最近の良いニュースではDASHエボリューションというプラットフォームが開発されるそうです。

DASHエボリューションとは誰もが安全に、そして簡単に、DASHを利用しての支払いができるというプラットフォームのことを意味します。

DASHエボリューションはビットコインよりも早く、そしてプライバシーを守れる新たな支払い手段として今後伸びていくでしょう。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の相場チャート・チャート価格推移

DASH(ダッシュ)は2017年の初めには1000円台でした。そこから価格が高騰しました。一時は17万円台をつけています。

たった1年で170倍に膨れ上がっています。今後も価格が上昇して推移する可能性が高く将来性もあるので、アルトコインの中でも注目です。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の相場チャート・全期間のチャート

2017年3月の時点では5000円台でした。8月には4万円台になりました。2017年末になると、価格が高騰し、一時最高値18万円となりました。他のアルトコインと比べてみても上昇率が高いことが分かります。

11月から堅調に推移しています。ボラティリティが高く、市場規模がかなり小さいのでリスク管理をしっかりした運用をしましょう。

2017年3月~6月の相場チャート・チャート価格推移

2017年3月から6月は荒れた値動きとなりました。3月1日の時点では、時価総額で2億6306万8730ドルで仮想通貨の時価総額ランキングがリップルを抜いて3位になっていました。


Wall of Coins社やBlockPayとのパートナーシップ締結とのニュースもあり買いが優勢となりました。
 

高騰した要因はソフトウェアの更新や、新たなパートナーたちとのネットワークの拡大というニュースが価格を押し上げました。DASH(ダッシュ)は値動きが激しく、短期売買には向いていない仮想通貨でした。

2017年6月~9月までの相場チャート・チャート価格推移

2017年6月から9月までの価格推移は、少し難しい相場展開となっています。急騰、下落を繰り返し結果的には価格が上昇しています。8月から価格が高騰しています。8月末には45000円になり、最高値を更新しました。

2017年9月から現在までの相場チャート・チャート価格推移

2017年9月からは、DASH(ダッシュ)の価格が高騰しました。11月のニュースでは中国取引所Huobiに上場し、価格が3万円台から5万円台と一気に高騰しました。

その後も高騰を見せ、12月20日には18万円の最高値をつけました。その後は調整が入り下落していますが、まだまだ価格上昇が期待できます。

DASH(ダッシュ)はこの1年でビットコインの8倍も価格が伸びました。DASH(ダッシュ)はほかのどのアルトコインにも負けないポテンシャルを秘めていると言えます。

DASH(ダッシュ)の将来性を理解した人が、ビットコインよりもDASH(ダッシュ)を購入すべきだと気づいたのかもしれません。

DASH(ダッシュ)はアルトコインの中でも性能が優れていて、将来性があるアルトコインなので今後のニュースでさらなる価格の高騰が見られるかもしれません。

ジャック

(28)

アルトコインについて興味を持ったのは7月でしたが、それまではDASH(ダッシュ)にあまり注目していませんでした。9月に高騰していたので、いろいろ調べてみると、他のアルトコインよりも将来性のある仮想通貨と気づきました。12月に高騰したときには購入してなかったので後悔しました。しかし、18万円台まで高騰した後、10万円ほどに下落しているので割安なところで購入したいと思います。

仮想通貨DASH(ダッシュ)が購入できるおすすめ取引所

現在仮想通貨時価総額ランキング8位のDASH(ダッシュ)ですが、今後さらなる普及が期待されます。現時点でDASH(ダッシュ)が購入できるおすすめの取引所を2つご紹介致します。

国内取引所でDASH(ダッシュ)が購入できるcoincheck(コインチェック)取引所

1つ目は国内の大手取引所のcoincheck(コインチェック)です。アルトコインの取り扱いの種類は国内で最大となっていますので、アルトコインのウェブウォレットとしてもおすすめです。

他では購入することができないアルトコインも入手可能なので、ビットコイン以外のアルトコインにも興味のある方には絶対おすすめの取引所です。

登録は下のボタンをクリックして簡単1分で完了です!

コインチェックの口座開設手順や口コミや評判について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外取引所でDASH(ダッシュ)が購入できるBinance取引所

Binance(バイナンス)取引所は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。ビットコインを含めアルトコインの種類は100種類を超えています。

12月の取引量で一時世界1位になるなど、いまや大手の取引所です。今後100倍以上に上がるであろうマイナーなアルトコインも多く取り扱っているので、仮想通貨の上級者の方はぜひ登録をおすすめします!

管理人"孝太"

(27)

バイナンスはこの11,12月で私の周りでも多くの人が取引をメインで始めた、今一番熱い取引所です!

次のリップル(1年で価格が300倍)を狙うならバイナンスと私は思っていろいろはっています!

仮想通貨DASH(ダッシュ)の取引所での購入方法の手順

今回はコインチェックでのDASH(ダッシュ)の購入方法を解説します!
手順は以下の通り!
 

  1. coincheck(コインチェック)でアカウント作成
  2. ログインして、日本円を入金する
  3. 購入したいアルトコイン(DASH)を選択する
  4. 概算金額を確認して、購入するをクリック
  5. 購入完了

coincheck取引所での購入方法

まずアカウントを作成してください。メールアドレスで登録する方法とFacebookアカウントから登録する方法があります。最初は簡単に登録できます。

その後、本人確認書類、IDセルフィ―を提出、電話番号認証をしておきましょう。

本人確認や、IDセルフィ―の確認が終わると、取引可能となります。まず日本円を入金し、取引所から好きな仮想通貨のアイコン(DASH)を選んで購入画面に進んでください。

数量、レートを確認して、日本円概算額が表示されるので最終確認して購入するをクリックすれば購入完了です。

ビットコイン以外は販売所扱い(取引相手がcoincheck)での取引となります。販売所(取引相手がcoincheck)での取引なので、表示されているレートで確実に注文することができます。

coincheck取引所での日本円を入金

coincheckにログインして左の一覧から日本円/USドルを入金するをクリックしましょう。

次に、銀行振り込み、海外からの入金、コンビニ入金、クイック入金からすきな入金方法を選択しましょう。

coincheck取引所で仮想通貨DASH(ダッシュ)を購入

日本円の入金が終わったら、取引所からDASH(ダッシュ)のアイコンをクリックしてください。

数量、日本円建てかビットコイン建てかを選択し、レートと合計金額を確認出来たら、購入するをクリックすれば購入完了となります。

仮想通貨DASH(ダッシュ)のおすすめウォレット

仮想通貨の安全な保管に必須なのはハードウェアウォレットです。秘密鍵さえ覚えていれば、仮想通貨を紛失することはありません。おすすめのハードウェアウォレット3つをご紹介致します。

keepkey

keepkeyはデザイン面、セキュリティー面でおすすめのハードウェアウォレットです。デザインは革新的で、表示される文字が黒をバックに浮かび上がるので、かっこいいです。

セキュリティー面では、キーの作成にRNG(リアル乱数生成器)を使っています。受け取りや送金もシンプルです。初心者の方でもおすすめのハードウェアウォレットです。

TREZOR

TREZORはオフライン環境でも、ビットコインなどの仮想通貨を安全に保管できます。TREZORは100か国以上で使われているハードウェアウォレットです。

特徴としては、電源がいらないことや、とにかく小さいことです。PINを入力するときに何回でも間違っても入力できてしまうため、セキュリティー面で少し不安な点がありますが、2つのボタンでの簡単操作なので、使い勝手がいいです。

Ledger Nano S

Ledger Nano S は多くの仮想通貨に対応しています。しかしメモリ不足で5種類ほどしか保管できないのが欠点です。フランスのLedger社から直接取り寄せることもできます。

Amazonでも販売しています。Ledger Nano S は設定方法やボタンの押し方が少し難しく初心者向けではないようです。

日本語のサポートや説明書がないので、登録方法や対応通貨などは事前に調べてから購入するようにしましょう。

その他ウォレットに関して詳しく知りたい方はコチラ↓

Thumbブロックチェーンウォレット(Blockchain | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨DASH(ダッシュ)の気になるニュース

DASH(ダッシュ)に関連したニュースが最近話題になっています。

DASH(ダッシュ)は実社会での決済手段やデジタル通貨としての将来の採用に向けてのプロジェクトに直接投資するといった、仮想通貨で初めての試みをすると発表しました。

またジンバブエでの公式のデジタル通貨として動き出しておりジンバブエの決済サービスKuvaCashとの共同決済システムに$550,000の投資を行いました。

2018年にはスマートフォンを持ったジンバブエの人々はDASHでの即時取引が出来るようになるとのことです。

DASH(ダッシュ)は今後のジンバブエでの展開しだいで、投資意欲を集め、イーサリアムの時価総額を超えるようなポテンシャルを秘めています。

Dash(ダッシュ)は1秒に約数千もの取引の処理を目標としていて、実社会での展開が可能な唯一のデジタル通貨となっていますので将来性が期待できます。今後のニュースに注目です。

仮想通貨DASH(ダッシュ)が使える自動販売機が登場

最近のニュースでニューハンプシャー州のシーコーストレパートリーシアターにあるビットコインが使用できる自動販売機では、現在DASH(ダッシュ)も利用できるようになりました。

デジタル通貨会社のAnyPayの創設者スティーブン・ゼイラー氏は、「DASHはシーコーストではビットコインより広く使われている」と語っています。

ビットコイン(BTC)の世界での取引量が多くなったことから数年前までは約5セントだったトランザクションでの手数料が今は約3ドルまで増えています。

なのでビットコインは価値の保存として利用し、日常での使用ではDASH(ダッシュ)のような手数料がやすく、即時取引ができる仮想通貨が普及されていくので将来性に期待できます。

DASH(ダッシュ)は日常利用では他の仮想通貨よりも優位に立っています。今後のニュースに注目です。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の今後の将来性

DASH(ダッシュ)はAppleに認められ、DASH(ダッシュ)の公式ウォレットがAppleストアでダウンロードすることができるようになりました。AppleはDASH(ダッシュ)の需要と重要性を認識しているようです。

Dash CoreのCEOのライアン・テイラー(Ryan Taylor)氏は次のように語っています。
Dash(ダッシュ)の即時取引はダッシュを理想的な通貨にする機能です。すべてのユーザーの携帯端末のサポートは必要不可欠です。Apple社が認めたことで、Dashは多くの人々に普及していることを示唆している」

またDASHエボリューションのプラットフォームも開発中なので、Appleとの連携も期待でき、将来性がある仮想通貨となっています。

DASH(ダッシュ)は、実社会での実用化に向け今後さらに普及が期待されます。ジンバブエでのDASH(ダッシュ)が本格的に導入され、実績を上げると投機的な面でもDASH(ダッシュ)が買われ時価総額2位のイーサリアムを追い越すとも言われています。

来年の末には時価総額が大きく増加しているかもしれません。また、DASHエボリューションというプラットフォームが開発され、DASH(ダッシュ)を持つことで金利が得られ、マスターノードの報酬の一部をもらえるという画期的なアイデアもあるのでかなり将来性が期待できると言えます。

仮想通貨DASH(ダッシュ)の特徴・購入方法・将来性まとめ

まずDASH(ダッシュ)の基本的な特徴をしっかり理解しましょう。

特徴は大きく2つあり、即時取引により、取引スピードがほかの仮想通貨よりも圧倒的に早いということと、もう一つはDarksendのCoinjoinという仕組みにより高い匿名性を実現しているという点です。

購入方法は現時点では、コインチェックをおすすめします。レバレッジをかけないでDASH(ダッシュ)を持つことで、資産として安全に管理できます。

さらに、アルトコイン投資に興味があるというなら安く購入できるバイナンスもおすすめです!

Appleストアでのダウンロードもできるようになり、アメリカではDASH(ダッシュ)が使える自動販売機まで出てきました。これからさらに普及、拡大していくので将来性があります。今後、ニュース次第でDASH(ダッシュ)の価値が高騰していくかもしれません。

今の水準で購入しておいてもいいかもしれません。割安なところで購入したいですね。今後、将来性のあるDASH(ダッシュ)関連のニュースに注目しましょう。

管理人”孝太”注目の今後価格が伸びるであろうアルトコイン特集

Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング5選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBittrex(ビットレックス)の手数料は安い?PoloniexとBitfin | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side