ビットコインキャッシュ(BCH)の2018年と今後は?チャート、取引所、ニュースまとめ

第2のビットコイン(BTC)とされるビットコインキャッシュ(BCH)、今後ビットコイン(BTC)よりも特徴やメリットがあるビットコインキャッシュ(BCH)の方が将来性があるといわれています。ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性や特徴をまとめました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の2018年と今後は?チャート、取引所、ニュースまとめのイメージ

目次

  1. 1ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート
  2. 2ビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移
  3. 3ビットコインキャッシュ(BCH)の今後はどうなる?将来性を感じる最新ニュース/情報
  4. 4ビットコインキャッシュ(BCH)が今後多くの取引所で利用できる!
  5. 5ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予定とイベント
  6. 6ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格予想2018
  7. 7ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所はここがおすすめ
  8. 8ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク
  9. 9ビットコインキャッシュ(BCH)はどうして生まれた?
  10. 10ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴
  11. 11ビットコインキャッシュ(BCH)のウォレットはこれがおすすめ
  12. 12ビットコインキャッシュ(BCH)のニュース
  13. 13ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニング
  14. 14ビットコインキャッシュ(BCH)の2018年と今後、チャートまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート

ビットコインキャッシュ(BCH)のBinanceでのビットコイン建のリアルタイムのチャートはこちらになります。

BTC Feedには「ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)」に関するまとめ記事が9件あります | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月1日のハードフォークから、価格が高騰しています。8月からのビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)の価格推移をチャートを見ながら比較してみましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格をビットコイン(BTC)の価格と比較

上の画像はビットコイン(BTC)の2017年のチャートです。

上の画像はビットコインキャッシュ(BCH)のチャートです。ビットコイン(BTC)の価格推移と比較すると、11月から値動きが荒くなっていると思います。

高騰、急落を繰り返し、現在価格は32万円台になっています。ビットコイン(BTC)と比較すると価格変動は全く違うことが分かると思います。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格とビットコイン(BTC)の価格の比較(11月12日と12月20日)

ビットコイン(BTC)の値動きは11月8~12日と12月20日は下落しています。11月8日の下落はsegwit2xが無期限の延期が下落の要因となりました。


12月20日の下落はBitcoin.comを設立したエミール・オルデンバーグ氏が持っていたビットコイン(BTC)を全て売却し、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入したとのニュースなどがあり、下落しました。

ビットコイン(BTC)が下落した11月8~12日と12月20日にはビットコインキャッシュ(BCH)が反対に価格が高騰しています。高騰の要因はビットコイン(BTC)が下落した要因と一緒です。

11月12日の高騰はsegwit2xが無期限の延期が高騰の要因となりました。12月20日は、Bitcoin.comを設立したエミール・オルデンバーグ氏が持っていたビットコイン(BTC)を全て売却し、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入したとのニュースから高騰したと考えられます。

これまでの価格高騰の理由や将来性についてさらに詳しく知りたい方はコチラ↓

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰理由と今後の将来性を予想【2018年】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)のチャートと価格推移(2018年3月末)

こちらが2018年3月26日現在のビットコインキャッシュ(BCH)のチャートになります。

2017年12月後半に高値をつけ、2018年1月初旬に一定の価格をつけながらも2018年1月中旬から大きく下落し、その後は一定の水準を保ちながらも下落トレンドとなっています。

他の多くの仮想通貨は2018年1月初旬に大きく価格が高騰していますが、ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年末が高値となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は2018年3月26日現在で10,2222円となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後はどうなる?将来性を感じる最新ニュース/情報

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークは2018年5月15日予定【2018年4月8日最新情報】

ビットコインキャッシュ(BCH)は2018年5月15日にハードフォークを予定しています。

ビットコインキャッシュ(BHC)から生まれる予定の仮想通貨はビットコインABC(Bitcoin ABC)という名前の通貨です。

ビットコインABCはビットコインキャッシュ(BCH)をさらに協力にした通貨で、ブロックサイズが32MB
になっています。

ビットコイン(BTC)の送金遅延問題やトランザクション問題を解決したビットコインキャッシュ(BCH)を凌ぐ、さらなる高速の仮想通貨の登場となります。

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークは2018年5月15日の日本時間午前3時に分裂予定

今回のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークはこれまでの仮想通貨のハードフォークとは違い、何番ブロックでハードフォークするというものではなく、いつハードフォークすると言うことが事前に決められています。

最近の仮想通貨市場の弱気相場もあり、これまでのハードフォーク同様、今回のハードフォークで価格が上下するかどうかは注目です!

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークを2018年5月に予定 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)は今後SMS(メール)で送金可能!

今週、テキストメッセージプラットフォームのCointextは、携帯電話を持つ誰もがインターネット接続なしでビットコインキャッシュ(BCH)を取引できるようなる機能を発表しました。

Cointextは携帯のSMS機能を使用しています。この機能のベータ版は米国、カナダ、南アフリカ、スイス、スウェーデン、オランダ、英国で公開されています。

ビットコインキャッシュ(BCH)をSMS送れるサービスCointextとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)ユーザーは、携帯のSMS機能を利用してインターネットに接続せずにビットコインキャッシュ(BCH)を送金できるようになりました。

3月27日、Cointextの開発者は、その機能のベータ版を公開しました。Cointextの開発責任者兼共同設立者でありCTOのVin Armaniがベータ版のリリースを発表しました。

「Cointextはビットコインキャッシュ(BCH)を普及させる最も簡単で強力な方法です。なぜなら、Cointextはどのタイプの携帯電話でも使えるうえに、使用するのに仮想通貨の知識はいらないからです」とArmaniは説明しました。

これまでのウォレットサービスができなかったビットコインキャッシュ(BCH)サービス

Cointextは携帯電話のSMS通信上で動作するため、従来のほとんどの仮想通貨ウォレットではできなかったことができます。たとえば、Cointextを利用すれば、ビットコインキャッシュ(BCH)をガラケー(Nokiaタイプ)に送金することができ、発展途上国でもビットコインキャッシュ(BCH)を普及させることができます。

すでに約2,000人が、非公開テストのためのソフトローンチ(市場の小さな国からゆっくりと公開していくこと)の間にCointextと契約しています。

さらに、Cointextは、ビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティから寄付されたビットコインキャッシュ(BCH)を無料で提供しています。

寄付されたビットコインキャッシュ(BCH)の在庫がある限り、Cointextは会社のアクセス番号に「CASH」という文字を最初に入力したユーザーたちに53円相当のビットコインキャッシュ(BCH)を提供しています。他のCointextのコマンドラインと説明書は、同社のウェブサイトで確認できます。

Armaniは「価値の貯蔵ではなく、お金や通貨としての働きがいつもビットコイン(BTC)の導入を決断する決め手となってきました」と強調しています。

「Cointextは当初約束した通り、世界中の銀行口座を持たない人たちにパーミッションレス(承認のいらない)でボーダレス(国境がない)お金を提供しています」

Cointextはビットコインキャッシュ(BCH)の採用で目指すところは?

開発チームは、Cointextはユーザーの財産を保管せず、すべてのSMS取引はビットコインキャッシュ(BCH)ネットワーク上で処理されると説明しています。SMSを利用する顧客は、取引を変更または検閲することはできず、ユーザーが電話番号を失った場合、財産を回収することはできません。

Cointextはメッセージが送信される度に約0.05円相当のビットコインキャッシュ(BCH)を回収します。この手数料は変わりません。

Armaniはベータ版の試用期間中、Cointextはこの機能を試しているビットコインキャッシュ(BCH)ユーザーからのフィードバックを受け付けていると説明しました。共同設立者Armaniは、このアプリが54カ国で利用され、数十億人の人々の注目を集めることを目標としていると言います。

「すべてが順調に進めば、4月と5月に最初の言語翻訳など新しいアクセスナンバーを作ります」とArmaniは付け加えました。

Cointext Launches BetaーSend Bitcoin Cash Without the Internet

Bitcoin.com、Jamie Redman、29 Mar 2018

ビットコインキャッシュ(BCH)がBitpay(ビットペイ)に採用され、利用の場が広がる!

3月の中旬、news.Bitcoin.comは、Bitpay(ビットペイ)がVisaデビットカードにビットコインキャッシュ(BCH)を導入すると報道しました。

以来、Bitpay(ビットペイ)はBitpay(ビットペイ)を利用する全ての取引先においてビットコインキャッシュ(BCH)での決済に対応しています。今やビットコインキャッシュ(BCH)を使って多くのお店で買い物をすることができます。

ビットコインキャッシュ(BCH)が今後多くの取引所で利用できる!

様々な業者がビットコインキャッシュ(BCH)を今後採用すると発表

最近ビットコインキャッシュ(BCH)を導入する店が増えてきていましたが、ある日その数が一気に増えました。

Bitpay(ビットペイ)は、同社の決済処理サービスを利用するすべての取引先および加盟店に対して、ビットコインキャッシュ(BCH)での決済ができるようにしました。

2017年に「仮想通貨の熱」が世界中に広がったため、Bitpay(ビットペイ)の加盟店は昨年大きく増えました。加盟店の数は、米国、南米、アジア、およびヨーロッパにおいて著しく増えました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の支持者は、お気に入りのお店がビットコインキャッシュ(BCH)を決済方法として受け入れるようになり、手数料がずいぶん安くなったことに非常に満足しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)に対応するBitpay(ビットペイ)の取引先は、Newegg、Apmex、Vultr、Namecheap、eGifter、Gyft、Zeek、Wefunder、Heifer International、Vodi、JM Bullionなどです。

また、Save the Children、the Internet Archive、the Electronic Frontier財団、ウィキペディアなどのさまざまな非営利団体や慈善団体もビットコインキャッシュ(BCH)に対応するようになり、ビットコインキャッシュ(BCH)の取引先となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は様々なお店や非営利団体で使えるようになりました。また、ビットコインキャッシュ(BCH)はBitpay(ビットペイ)の請求書で使用される決済規約(BIP70)と両用できます。

さらに、現在ビットコインキャッシュ(BCH)の規約を利用するウォレットが増えていっています。昨日Electron Cashもこの規約の利用を開始しました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の決済規約を使えるウォレットは、BRD Wallet、Bitcoin Core、Edge(正式名Airbitz)、Electrum、Mycelium、Copay、Bitpay(ビットペイ)、Bitcoin.comウォレットなどです。

これらのウォレットを持つビットコインキャッシュ(BCH)ユーザーは、所有するビットコインキャッシュ(BCH)を使ってすべてのBitpay(ビットペイ)加盟店を利用することができます。

ビットコインキャッシュ(BCH)が海外送金に大きく利用される!韓国大手取引所とBitPay(ビットペイ)が提携

Bitpay(ビットペイ)にはビットコインキャッシュ(BCH)支持者を喜ばせるであろう発表がもう一つあります。それはBitpay(ビットぺイ)が最近韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)と提携したことです。

両社は、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)を利用して韓国企業の国際決済における手数料を安くするクロスボーダー決済ソリューションを作ろうとしています。

Bitpay(ビットペイ)の最高責任者Sonny Singhは、韓国企業は、請求書ごとに1054万円~5億円を支払ったり、受け取ったりすることがあるといいます。 「請求書ごとに1~2%手数料が削減できれば、大幅なコスト削減につながります」とSinghは説明します。

Bitpay(ビットペイ)がビットコインキャッシュ(BCH)を導入したという発表は、ビットコインキャッシュ(BCH)の支持者たちをかなり喜ばせました。

なぜなら、多くのBitpay(ビットペイ)加盟店でビットコインキャッシュ(BCH)が使えるようになり、今後新しい韓国のクロスボーダー決済プラットフォームによりビットコインキャッシュ(BCH)の利用を場が大幅に増えることが期待できるからです。

Bitpay(ビットペイ)に加えて、サンフランシスコのCoinbase(コインベース)がビットコインキャッシュ(BCH)に対応するようになったため、ビットコインキャッシュ(BCH)はさらに多くのお店で利用できるようになりました。

Coinbase(コインベース)は世界最大級の仮想通貨取引所で、アメリカに多くのユーザーがいる取引所です!

Thumbユニコーン企業のCoinbase(コインベース)社とは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予定とイベント

ビットコインキャッシュ(BCH)は現在時価総額3位と特に注目度の高い仮想通貨です。今後はさらに普及していきますので、将来性があります。

ビットコインキャッシュ(BCH)は2018年には2回のハードフォークを実施する予定なので、ビットコイン(BTC)を超え基軸通貨になる可能性のある仮想通貨です。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入は、手数料が圧倒的に安くお得な上、国内で最も多くの仮想通貨を取り扱っている人気のZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気が急上昇中のbitbankもおすすめです。

bitbankは人気通貨のリップルを国内で唯一板取引でお得に購入できることもあり、とても人気が高まっています。

こちらも簡単1分で登録できるので、Zaifと一緒に登録しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予定①イギリスでBCHを基軸通貨とする取引所の開設予定

イギリスではビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨とした「Coinex」という取引所が開設されます。取り扱い通貨ペアはETH/BCH、LTC/BCH、DASH/BCH、ZEC/BCH、BTC/BCHの5種類です。

今後ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨とした取引所が増えていきますので、ビットコイン(BTC)建てだけではなく、ビットコインキャッシュ(BCH)建てでの取引にも慣れていきましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)は今後さらに普及され、ビットコインを追い越すかもしれません。かなり将来性があるアルトコインなので注目です。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予定②クリフ・ハイのウェブボットの最新予測

11月の高騰を見事にあてたAIのウェブボットですが、2018年はさらに上昇すると予測しています。今後はゆっくりと上昇し、2018年3月21日の春分の日あたりに急騰するそうです。

その他にも仮想通貨の著名人もビットコインキャッシュ(BCH)を押しています。

例えばビットコインの神様と呼ばれるロジャー・バー氏も本当のビットコインはビットコインキャッシュ(BCH)だという発言を繰り返しており、さらに価格が高騰する予感がします。今後のウェブボットの予測にも注目しましょう。

※2018年3月26日追記

現在ビットコインキャッシュ(BCH)の価格はまだ高騰していません。

2018年3月21日頃との予想なので、数日のうちに価格が高騰するのかもしれません。
しばらくはビットコインキャッシュ(BCH)の価格は要チェックです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予定③ビットコインキャッシュ(BCH)専用のデビットカードが誕生

Bitcoin.comの創業者のロジャー・バー氏はBitcoin.comでビットコインキャッシュ(BCH)のVISAデビットカードをリリースすると発表しました。この革新的なカードにより仮想通貨での決済がさらに促進されると期待できます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格をさらに押し上げる要因となるかもしれません。2018年に2回のハードフォークを予定しているとのことなので、それまでに購入しておきたいです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予定④ビットコインキャッシュ(BCH)決済を採用する店舗が急増!

ビットコイン決済では大手のBitpayがビットコインキャッシュ(BCH)を導入するとのことで、ビットコインキャッシュ(BCH)を使える店舗が急増していきます。仮想通貨での決済が当たり前になるのは、もうすぐそこかもしれません。

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)よりも取引処理速度も速く、手数料が安いので思った以上に普及が早いかもしれません。

山本

(28)

ビットコインキャッシュ(BCH)はcoinbaseが運営するGDAXの取引所で初値9500ドルをつけ取引停止となりました。今後10000ドルを超えるとの著名人の発言もあるので、いまのうちに購入しておいて、2018年の2回のハードフォークを待ちたいと思います。ビットコインが下落すると、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰するという因果関係にあるようなので、相場をしっかり見てエントリーの判断をしようとおもいます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の予定⑤2回のハードフォークを予定

今年一番大きなビットコインキャッシュ(BCH)の予定はこのハードフォークではないでしょうか?

2018年5月15日と2018年11月15日の2回のハードフォークが予定されています。
ハードフォークでは大きく価格が高騰することが期待されますし、それだけでなくアップグレードによる機能改善でさらなる価格の底上げが期待できそうです。

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークについては後ほど詳しく解説しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格予想2018

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格高騰材料2018①多くの取引所に上場済み

2017年8月1日のハードフォークからビットコインキャッシュ(BCH)は、国内及び海外の多くの取引所で上場しています。基軸通貨として扱う予定の取引所もあり、今後の将来性に期待できます。

また国内取引所のSBI・バーチャル・カレンシーズでのビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いにも期待しましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格高騰材料2018②ビッグブロック派の大手マイナーに支持されている

ビットコイン(BTC)のsegwit2xが無期限の延期されたことにより、多くのマイナーがビットコインキャッシュ(BCH)へと移行しました。そのため、ビットコイン(BTC)でトランザクション問題が発生し、市場の混乱を招いてしまっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)という名称は中国のマイニングプールのViaBTCが名づけました。なのでビックブロック派の大手マイナーにも支持されています。ビットコインキャッシュ(BCH)はどちらかというとマイナー達向けの仮想通貨と言えます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格高騰材料2018③仮想通貨全体の回復

上記のように、ビットコインキャッシュ(BCH)は2018年において良い材料がいくつか期待されます。

他の仮想通貨が2018年3月現在まだまだ下落トレンドにあり下値を更新し続けている中、ビットコインキャッシュ(BCH)は低い価格水準になりながらも一定の価格をキープしており、良い材料があれば高騰が期待できるチャートとなっています。

仮想通貨市場が全体的に冷めてはいますが、技術の普及と世界的に有名な数々の大企業の台頭により、今後仮想通貨市場全体として上昇していくことが期待されます。

ビットコインキャッシュ(BCH)も例外でなく、全体の市場の回復に伴って価格が回復していくことが期待されます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格高騰材料2018④ビットコインキャッシュ(BCH)がビットコインを補う

ビットコインの送金詰まりやスケーラビリティ問題によって、ビットコイン以外の実用的な仮想通貨の需要が今後さらに高まることが予測されます。

そこで候補に上がるのはイーサリアム、リップル、ネムが有力であり、ビットコインキャッシュ(BCH)も例外ではありません。

上記のように、マイニングにおいてもビットコインからその市場は流れてきています。

送金においてはビットコインは手数料が1000円から2000円ほどかかる中、ビットコインキャッシュ(BCH)はブロックサイズが大きくトランザクションを処理できる量が多いので、手数料もだいたい100円以下ととても安くなっています。

手数料が安く、かつビットコインよりも圧倒的に早く送金できることが大きな魅力となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格予想2018①twitter

BTCは2018年末に10万ドルまで高騰するが、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインの高騰が穏やかに見えるくらい激しく暴騰する。

というようにウェブボットでは予想しています。

twitterやインターネットでも2018年末にはビットコインよりを大きく超える倍率でビットコインキャッシュ(BCH)の価格が高騰すると予想している人も多く、価格にして数百万円と予想されている声が多いです。

500万円という価格をつけるとの予測もあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格予想2018②ウェブボット

ウェブボットでは2018年5月に大きく高騰すると予想されています。

他の仮想通貨でもいくつも的中させているウェブボットですので、一定の期待は持てそうです。

さらに2018年5月はハードフォークが予定されているのでこの予想は妥当であると言えます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格予想2018③結論

twitterなどの声ではやはり買い煽りの目的もあるのでそれらの予想する価格は一定数高めの価格を予想していることも多くなっているはずですので注意が必要です。

しかし上記のように、数々の理由と材料、今後の予定と、仮想通貨市場全体としての価格の回復を含めて考慮しても大きく高騰することは予想されます。 

特に2回のハードフォークでは大きく価格が高騰することが期待されます。

数百万とは言わないまでも、100万から200万円ほどには高騰するのではないでしょうか
※投資はあくまでも自己責任です。

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所はここがおすすめ

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入できる取引所は、国内および海外の大手取引所ではほとんど取り扱っています。その中でも国内大手取引所3社をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

2017年8月1日のハードフォークからまもなくビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが開始されました。

bitFlyer(ビットフライヤー)では、アルトコイン販売所とbitFlyerLightningでビットコインキャッシュ(BCH)の現物を購入することができます。

取引画面はチャート、注文画面、板、チャットなどが表示されていてとても取引しやすくなっています。

大手取引所ですのでbitFlyerLightningでは手数料も0.20%と安いので気軽に購入できます。

安心安全で手数料もお得なビットフライヤーで口座開設は下のボタンをクリックして1分でできます!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

coincheck(コインチェック)

8月のハードフォークからまもなくビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが開始されました。

coincheck(コインチェック)は、アルトコイン取り扱い通貨が国内で最も豊富な取引所です。他では手に入らない今年価格を100倍に伸ばした将来有望な仮想通貨を購入できます。

スマートフォンアプリやチャートも見やすく取引しやすいです。ビットコインキャッシュ(BCH)も販売所で購入できますので、アルトコインを購入したいという方にはおすすめです。

コインチェックで取り扱われているビットコインキャッシュ(BCH)以外の将来有望な仮想通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Zaif(ザイフ)

2017年8月のハードフォークからすぐにビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが開始されました。

Zaif取引所は、手数料も安く初心者におすすめの取引所です。ビットコインキャッシュ(BCH)も取引所で売買可能となっていて、割安で購入できます。

キャンペーン情報も豊富で、仮想通貨上級者の方にも人気の取引所です。ぜひアカウントを作成してみてはいかがでしょうか。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法とおすすめ取引所について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法(買い方)とおすすめ取引所比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク

ビットコインキャッシュ(BCH)の2回のハードフォークが2018年に予定されています。

上記の通り1度目のハードフォークは2018年5月15日、2度目のハードフォークは2018年11月15日に行われます。

ハードフォークといってもビットコインキャッシュ(BCH)の場合は新たに仮想通貨が生まれるわけではなく、アップデートという形になっています。

アップデートの詳しい内容は詳細にはまとめられていないですが、ビットコインキャッシュ(BCH)は低価格で迅速な送金を目指しており、アップデートにはトランザクションのブロックサイズの制限の拡張が含まれることと思われます。

ビットコインキャッシュ(BCH)はどうして生まれた?

ビットコイン(BTC)が2017年初めから、需要が高まりどんどん価格が上昇しました。それとともにビットコイン(BTC)の取引量が増えました。

ビットコイン(BTC)のブロックサイズ(台帳の容量)は1MBとなっており、現時点では取引量が1MBの容量を超えそうなくらいに取引が活発になっています。

そうした問題を解決するためにブロックサイズ(台帳の容量)の不足を克服するためハードフォーク(分裂)を実施する必要がありました。

そしてその解決策として2017年8月1日のビットコインのハードフォーク(分裂)で誕生したのがビットコインキャッシュ(BCH)です。

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)を比較すると、ビットコイン(BTC)はブロックサイズ(台帳の容量)が1MBなのに対して、ビットコインキャッシュ(BCH)は最大8MBと大きな違いがあります。

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)よりも処理能力が高く手数料が安いとのことから、ビットコイン(BTC)に代わる仮想通貨として注目されています。

将来ビットコインを超えるともいわれるビットコインキャッシュ(BCH)2017年はビットコインが大きく取り上げられた一年でしたが、来年はビットコインキャッシュ(BCH)のようなアルトコインにさらに注目が集まるでしょう!

そんな注目が集まるアルトコインを国内で最も取り扱っているコインチェックはぜひ押さえておきたい取引所です!

コインチェックの口コミや評判について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン(BTC)のスケーラビリティ問題

ビットコイン(BTC)のスケーラビリティの問題はブロックサイズ(台帳の容量)が1MBの上限が設定されていることによって起きる問題です。

今後1MBの取引量が超えてしまった場合、取引の遅延や、手数料が高くなります。スケーラビリティとは、取引量の増大などの仕事量の増加に適応できるシステム等の拡張性のことをいいます。

スケーラビリティの問題を解決するための対策として「segwit」というものがあります。これはビットコイン(BTC)のブロック内の著名データの部分を分離、圧縮して空き容量を作るというものです。

「segwit」を実装することにより、ブロックサイズはそのままでデータを圧縮することにより、従来の容量の1MBに空き容量をつくることができます。

2017年8月に「segwit」が実装された背景には、今後ブロックサイズを2倍の2MBにするという「segwit2x」の構想がありました。しかし2017年11月に予定されていた「segwit2x」は反対意見から無期限の延期がされました。

その結果多くのビットコイン(BTC)のマイナー達がビットコインキャッシュ(BCH)へ移行し、一時ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が高騰しました。

これらのビットコインの価格を左右する問題について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Thumbsegwit2xのハードフォークとは?ビットコインの分裂と問題点解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン(BTC)のトランザクション問題

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いを比較するとビットコイン(BTC)のブロック生成時間は10分に1回でビットコインキャッシュ(BCH)は10秒~10分の違いになっています。

ビットコイン(BTC)に関しては10分ごとに最大1MBの取引処理しかできません。ビットコインキャッシュ(BCH)はその8倍なのでビットコイン(BTC)と違いを比較するとビットコインキャッシュ(BCH)がトランザクションの点で優位です。

ビットコイン(BTC)のマイナー達がビットコインキャッシュ(BCH)へと移行するとビットコイン(BTC)の取引遅延が起こりますが、基本的なトランザクションの性能は1MBが上限なので、ビットコイン(BTC)のマイナーが増えてもトランザクションの性能は変わりません。

ビットコイン(BTC)の現時点のトランザクションの性能はクレジットカードの速さの700分の1程度となっています。他の決済手段と違いを比較するとかなり遅いです。

そのためトランザクションの性能の違いにおいてもビットコインキャッシュ(BCH)の方が優位です。

segwit2xについて

segwit2xは従来のビットコイン(BTC)のブロックサイズ(台帳の容量)が1MBなのを2MBに拡張するという試みです。ビットコイン(BTC)のsegwit2xの実装に関しては、開発者とマイナーの間で意見が分かれ、現在は無期限の延期となっています。

segwit2xの無期限の延期が決まり、ビットコイン(BTC)のマイナー達がマイニングの利益率が高まったビットコインキャッシュ(BCH)へ移行し、ビットコイン(BTC)のマイナーが減ったことで取引処理の遅延や16万件の取引が未承認となる事態が起きています。

segwit2xについて詳しくはこちらで解説!

Thumbsegwit2xのハードフォークとは?ビットコインの分裂と問題点解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコイン(BTC)開発者グループVSマイニンググループ(中国)

segwit2xを実装しようとしたときに、ビットコイン(BTC)開発者グループとマイニンググループ(中国)とで意見がわかれました。

segwit2xの実装に賛成なのはマイナーや企業です。マイナーと企業の主張は、ビットコイン(BTC)は米ドルなどの法定通貨と競い合い、通貨としての価値が優先だと主張しました。

また、8月に実装されたsegwitだけでは不十分で競合の仮想通貨にポテンシャルが劣っていると懸念しています。

一方segwit2xに反対している開発者達はsegwit2xが実装されると、マイニング難易度が下がり通貨としての存在価値が下がる、あくまでビットコインの価値の保存が最優先と主張しています。

しかし開発者達は将来的には決済ネットワークを視野に入れているようです。

マイナーと開発者で意見が分かれたことから、segwit2xが無期限の延期となりました。

そこでマイナー達が、マイニングの利益率の高いビットコインキャッシュ(BCH)へと移行したことで一時ビットコイン(BTC)の価格が下落し、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が高騰しました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

2017年8月1日にビットコイン(BTC)からハードフォーク(分裂)したビットコインキャッシュ(BCH)ですが、ビットコインとは全く別の通貨として扱われています。もちろん基本的なところはビットコインに似ています。

ビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)の違い、特徴や将来性をご紹介致します。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴とビットコイン(BTC)との違い

  ビットコイン(BTC) ビットコインキャッシュ(BCH)
供給量 2100万枚 2100万枚
ブロックサイズ 1MB 8MB
難易度調整 2週間 EDA
ブロック生成時間 10分 10秒~10時間
リプレイプロテクション 必要なし あり
アルゴリズム PoW PoW

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴、ビットコイン(BTC)と比較して取引容量が1MBから8MBに拡張

ビットコイン(BTC)と比較してビットコインキャッシュ(BCH)の大きな違いはなんといってもブロックサイズ(取引容量)の違いです。ビットコイン(BTC)は1MBなのに対し、ビットコインキャッシュ(BCH)は最大8MBです。

ブロックサイズが大きく違うので、ビットコイン(BTC)と比較してビットコインキャッシュ(BCH)は取引処理や、手数料の安さなどの点で優位です。今後、ビットコインキャッシュ(BCH)はさらなるブロックサイズの拡大を予定していますので将来性があります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴、リプレイアタックにとても強い

仮想通貨ではブロックチェーンの分岐前と分岐後に、同額の量の仮想通貨を生むことでブロックチェーンを混乱させるリプレイアタック(攻撃)の危険性があります。ビットコインキャッシュ(BCH)はリプレイプロテクションがあるので、リプレイアタックにとても強いです。

ハードウォレットのセキュリティ向上

確実に仮想通貨を保管する方法としてはハードウェアウォレットを利用しましょう。秘密鍵を忘れないようにしていれば、まず仮想通貨が紛失することはありません。

最近のハードウェアウォレットは種類も増え、セキュリティも向上しているので、ぜひ1つ持ってみてはいかがでしょうか。

その他のビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

他にもビットコインキャッシュ(BCH)とビットコイン(BTC)の違いにはEDA(緊急難易度調整アルゴリズム)があります。

多くのマイナーがビットコインキャッシュ(BCH)へ移行してくると、難易度調整が行われマイニングの計算が難しくなるという仕組みです。

ビットコインキャッシュ(BCH)のウォレットはこれがおすすめ

ビットコインキャッシュ(BCH)のおすすめウォレット①Bitcoin.com

使いやすくて便利なモバイルウォレットであるBitcoin.com

モバイルウォレットだからこその便利さだけでなく、シンプルなUIで非常に使い勝手も良くなっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)だけでなくビットコインも管理できて使いやすいおすすめのウォレットとなっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)のおすすめウォレット②

やはり一番おすすめなウォレットはLedger Nano Sです。

Ledger Nano Sはビットコインキャッシュ(BCH)をはじめ多くの仮想通貨を保管することができるハードウェアウォレットです。

コインチェックでのネムの流出もあったことからハードウェアウォレットに人気が高まり、その中でも非常に人気のウォレットとなっており、人気のあまりウイルスを仕込んだ不良品が売られるという詐欺も起こっています。

Ledger Nano Sを購入する方は、正規品を取り扱っている公式ページで購入するようにしましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)のニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)のニュースは以下の記事で紹介しています。

Thumbビットコイン(BTC)のギャンブルサイトでビットコインキャッシュ(BCH)が採用!イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)、Doge | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)は今後さらに活用の幅が増える!価格への影響は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)のためのイベント?仮想通貨のビッグイベントが3月後半東京で! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニング

仮想通貨のマイニングには、個人でマイニングを行うソロマイニング、大勢でマシンパワーを集めて一緒にマイニングするプールマイニング、マイニングを行う企業や団体に頭金を払ってマイニングの分け前をもらえるクラウドマイニングの3種類があります。

ビットコインキャッシュ(BCH)ではビットコインなどの他の仮想通貨と同様に、マイニングの難易度がどんどんと上がっていくのでソロマイニングは非常に難しくなっています。

プールマイニングはSuprnovaというサイトで、クラウドマイニングはGenesis Miningというサイトで行うことができます。

基本的に報酬はそこまで高くはなく、頭金がいる上に回収できるとも限らないのであまりおすすめはしていません。

ビットコインキャッシュ(BCH)の2018年と今後、チャートまとめ

今ではほとんどの取引所で取り扱いされているビットコインキャッシュ(BCH)ですが、今後も良い材料が揃っています。

8月のビットコインのハードフォークから誕生して僅か4か月で仮想通貨の時価総額3位になり、来年の2018年はビットコインキャッシュ(BCH)の年になるともいわれており、将来性がある仮想通貨です。

2018年には2回のハードフォークを実施するとのことなので、特に注目のアルトコインです。今後のビットコインキャッシュ(BCH)のニュースに期待しましょう。

2018年一杯、価格の高騰が期待できる非常に楽しみな仮想通貨となっています!

ビットコインキャッシュ(BCH)の他の将来有望なアルトコインについてこちらで解説!

Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbライトコイン(Litecoin)の購入方法と手数料とおすすめ取引所比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング5選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨(ビットコイン)の種類の特徴とランキング一覧【2017年から2018年 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side