仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨IOTA(アイオータ)のチャートが高騰中! アルトコインの中でも高順位をキープしています。仮想通貨IOTA(アイオータ)とは何なのか、どの取引所で購入できるのか、特徴や今までのチャート・相場で将来性をお伝えしながら、取引所での購入方法もご紹介します。

仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1IOTA(アイオータ)の価格が高騰中! 大手のIT企業と提携を結んだと話題に
  2. 2仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?
  3. 3仮想通貨IOTAの特徴
  4. 4IOTAの相場チャート・価格推移
  5. 5IOTAが購入できるおすすめ取引所
  6. 6IOTAの購入方法の手順
  7. 7IOTAのおすすめウォレット
  8. 8IOTAの今後の将来性
  9. 9仮想通貨IOTA(アイオータ)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

IOTA(アイオータ)の価格が高騰中! 大手のIT企業と提携を結んだと話題に

IOTA/MIOTA(アイオータ)が12月から大きく価格相場が伸びています。富士通とマイクロソフトと提携したというニュースにより、約100倍にも価格がのびました。

提携する企業が企業なだけに、今後の将来性を大きく感じさせるIOTA/MIOTA(アイオータ)、どのようなアルトコインで、今後の相場や将来性にはどのような期待があるか、特徴や取引所での買い方も含めてお伝えします。

この記事ではそんな将来有望なIOTA/MIOTA(アイオータ)について以下のポイントを詳しく見ていきます!

 

  • 仮想通貨IOTA/MIOTA(アイオータ)の特徴と将来性
 
  • 仮想通貨IOTA/MIOTA(アイオータ)の価格相場とチャート
 
  • 仮想通貨IOTA/MIOTA(アイオータ)の買い方


今回見るIOTA/MIOTA(アイオータ)は将来有望で世界的にも有名ですが、日本の取引所では取り扱っていません。
IOTA/MIOTA(アイオータ)を買うなら有名海外取引所の中で唯一日本語対応をしているバイナンスがおすすめです!

最近大注目のバイナンスは偽サイトが出回っていますので、興味がある人は下のボタンから公式のページに安全に飛んでください!

仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?

①仮想通貨IOTA(アイオータ)の概要

発行月 2016年9月                
上場月 2017年6月
開発 David Sonstebo,IOTA財団
アルゴリズム Proof of Work,Tangle
通貨単位 MIOTA
上限 2800兆MIOTA
時価総額(2017/12/27現在) 約1兆3000億円
時価総額順位 7位
現在価格 約500円

②仮想通貨IOTA(アイオータ)の基本情報

仮想通貨IOTA/MIOTA(アイオータ)はアルトコインのひとつで、価格単位は「MIOTA」と表記されます。

IOTA/MIOTA(アイオータ)は今後の将来性を期待されている「IoT(Internet of Things)」という技術をより扱いやすくするために生まれた暗号通貨です。

IoTはあとあと詳しく説明しますが、簡単にまとめると「遠隔操作や情報取得」をメインに行える技術です。「Siri」や最近のカーナビなどがそうで、声だけで操作を可能にしたり、知りたい情報を集めるのに適しています。

その通信にIOTA/MIOTA(アイオータ)の暗号通貨を使うことで、より快適にコストを抑えた操作が可能になります。

その需要性と将来性の高さからか、上場すぐにIOTA/MIOTA(アイオータ)の相場が大きく上がりました。大手の取引所「Bitfinex(ビットフィネックス)」に上場したこともあり、当時の500倍の相場に跳ね上がっています。

メジャーなアルトコインを抜き去り7位に位置付き、現在発行量は約30億MIOTAとなっています。

ではIOTA/MIOTA(アイオータ)の将来性につながる魅力と、暗号通貨の仕組みはどのようなものなんでしょうか。特徴から相場、買い方までじっくりご説明します。

仮想通貨IOTAの特徴

①IoT(Internet of Things)

IoT(Internet of Things)とは、インターネットに必要なPC、プリンターなど今すでにつながっているもの以外の様々なものもインターネットにつなげることを意味します。

例えば、家でペットの状況を知り状況に合わせて様々な対応をしたいとします。
具体的には「カメラをつけてペットの状態をいつでも見れて、必要があれば空調をいじったり、えさや水を上げたり」というものがあります。

このように様々なものをインターネットにつなげて遠くからでも調整できるという技術がIoTです。

要するに、インターネットという遠隔の繋がりを利用し、遠くの状況を知ったり、または操作する方法、そしてその機器を指します。

帰るまでにエアコンを付けておきたいときに付けておけたり、うっかり家の鍵をかけわすれたときに遠隔でロックしたりなど、最近では欠かせない技術となっています。

IOTA/MIOTA(アイオータ)は、それらを快適に行うための暗号通貨として生まれました。

②PoW(プルーフ・オブ・ワーク)の採用

IOTA/MIOTA(アイオータ)はプルーフ・オブ・ワークを採用している暗号通貨です。

仮想通貨のネットワークには、それぞれプログラミングがされていて、その命令通りに取引を完了しています。

管理者のいない仮想通貨のネットワークでは、安全に取引を完了させるために「証明する何か」が必要になります。例えばビットコインであれば「取引過程に矛盾がないか(不正の取引がないか)」「正しく送金できているか」を確認します。

プルーフ・オブ・ワーク(proof of Work)とは直訳で「仕事の証明」と訳すことができ、プログラムされた手順で取引完了までの「仕事」を毎回の取引時に行っています。

ビットコインや他のアルトコインは、最終的に人の手で取引があっているか確認します。「マイニング」という方法で、証明した人には報酬としてビットコインが支払われます

一方IOTA/MIOTA(アイオータ)はマイニングを必要としません。後々詳しく説明しますが、IOTA/MIOTA(アイオータ)はIoTで繋がるモノ同士の取引で証明できるため、取引完了時に人の手が必要ないのです。

人の手がかからないため、ビットコインや他のアルトコインよりずっと手数料がまたコストが少ないのです。

③新しい概念の導入

IOTA/MIOTA(アイオータ)はブロックチェーンではありません。その代わり、IOTA/MIOTA(アイオータ)には特別なシステムが2つ導入されています。

まず一つが「DAG」。
DAGは「directed acyclic graph」の略で、日本語にして「有向非循環グラフ」というものです。

有向非循環グラフとは、以前の不可逆な取引データを利用し、繋がることでお互いを保護し合う、というシステムです。

そのため、個々の取引データは軽くなり、送金に時間がかからなくなります。ビットコインや他のアルトコインの多くは短くても1~2分かかってしまうものも多いですが、IOTA/MIOTA(アイオータ)はクレジットカードのような速さで送金を完了させます。

もちろん、以前のデータを参考にしているため、もし改ざんされても矛盾が生じ保護されます。仮想通貨で送金が早いのはそれだけでストレスも感じませんし、将来性を高めます。

 

十進数 3進数(trits) 3進数(tryte)
0 000 (9) 9
1 00+ (A) A
2 0+- (B) B
10 +0+ (J) J
-10 -0- (Q) Q

もう一つは 「シード(seed)」によるパスコード生成です。IOTA/MIOTA(アイオータ)のウォレットにログインするときに使う暗号で、3進数を利用しています。

上の表はIOTA財団の3進数を参考に書き出しました。tritsは3進数上の表記で、数字を3つ利用します。それをtryteは3進数の単位で、それをデータ上でtryteの数字表記で変換されています。

そのため、実際の入力文字と、ウォレットの中の数字は「同じだけど別のモノ」に見えてしまうため、不正アクセスが難しくなっています

seedのメリットは「9999...」や「02020202...」など、簡単な数字の羅列でもセキュリティが高くなる、ということです。番号の管理は必要ですが、覚えやすい文字で設定できるため、メモらず記憶しやすいということが使いやすい利点があります。

これらもビットコインやアルトコインにはない仕組みですので、今後この利便性が広まればIOTA/MIOTA(アイオータ)の将来性が上がりやすくなるでしょう。

④ブロックチェーン技術ではなく、Tangle(タングル)を使用

IOTA/MIOTA(アイオータ)はブロックチェーンのかわりに、「Tangle(タングル)」という分散型台帳を利用しています。

Tangleは、取引しているIoT技術の組み込まれた機器同士で承認し合う先ほどの「有向非循環グラフ」をより軽くするための台帳です。

有向非循環グラフは取引認証自体のデータは軽いですが、証明するための取引のデータは増えやすくなります。ブロックチェーンと違い、上の図のようにどんどん枝分かれします。

Tangleを利用すると、この枝分かれした細かいデータを正確に記録する能力があります。それがどんなに小さな取引でもかさばることがありません。

⑤Tangle(タングル)の使用で送金手数料が無料

Tangleと有向非循環グラフの組み合わせにより、IOTA/MIOTA(アイオータ)は手数料が無料である、という特徴も持っています。

先ほど説明したとおり、IOTA/MIOTA(アイオータ)はブロックチェーンではありません。ですので、マイニング報酬がいりません。取引データの矛盾がないか、IoT技術でつながったもの同士で自動的に確認し合い、取引が完了します。

つまり、手数料を支払う相手が居ないため、手数料がかからないのです。

⑥マイクロトランザクション

「マイクロトランザクション」とは「ものすごく小さな取引」という意味です。IOTA/MIOTA(アイオータ)はどんなに小さい送信データでも受け付けることができます。

例えば、先ほどのIoTで繋がったペットを観察するためのカメラ。仕事の休憩中などに何度も受信することもあるかと思います。

その度に「最低10分以上の記録映像でなければ送れません」と言われてしまったら、おそらく良い気分で操作はできないでしょう。

IOTA/MIOTA(アイオータ)を利用すれば、たった10秒の、ここだけ見たいという映像だけ受信することも可能になります。受信のタイミングで見たいところを編集して見られる、ということですね。

このように、IOTA/MIOTA(アイオータ)は導入されている技術すべてがIoTに適しています。かけ忘れた鍵をロックするそんな一瞬の操作も、IOTA/MIOTA(アイオータ)があれば時間もかからず、しかも手数料無しで行えます。

IOTAの相場チャート・価格推移

次にIOTA/MIOTA(アイオータ)の価格チャートを見てみましょう。

IOTA/MIOTA(アイオータ)は上場したのが2017年6月上旬です。同時期に大手の取引所「bitfinex(ビットフィネックス)」に上場したのもあり、価格チャートは40円ほどにあがりました。

たいした価格に感じないかも知れませんが、数日で500倍ほど伸びた結果の価格ですので、その勢いのすごさがわかるかと思います。

11月中旬から今度は中国の大手取引所「Binance(バイナンス)」にも上場し、徐々に相場が伸びていきました。

さらに11月30日、IOTA/MIOTA(アイオータ)はマイクロソフトと富士通というITの大手と契約を行ったというニュースが流れ、IOTA/MIOTA(アイオータ)の相場は大きく上昇し始めました。

上の図のとおり現在の相場で500円の価格をキープしています。40円からくらべると、100倍ほどの高騰ですね。期待の高さを感じます。

IOTAが購入できるおすすめ取引所

今後の将来性の高さを感じるIOTA/MIOTA(アイオータ)ですが、どこの仮想通貨取引所で購入できるのでしょうか?

まず、IOTA/MIOTA(アイオータ)は現在日本の仮想通貨取引所だけで行える買い方、購入方法はありません。

方法としては、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、取り扱いのある海外の仮想通貨取引所で購入するしかありません。どうしても買い方が知りたい! という方はこの後簡単にご説明しますので、ぜひご覧下さい。

ちなみに、IOTA/MIOTA(アイオータ)を取り扱っている海外の仮想通貨取引所は「Binance(バイナンス)」「Bitfinex(ビットフィネックス)」「coinone(コインワン)」などありますが、オススメはBinance(バイナンス)またはBitfinex(ビットフィネックス)です。

Binance(バイナンス)は中国の大手仮想通貨取引所、Bitfinex(ビットフィネックス)は香港の大手仮想通貨取引所です。今回はBinance(バイナンス)での買い方を中心にご紹介しようと思います。

Binance(バイナンス)はIOTA/MIOTA(アイオータ)の他に約90種類もの仮想通貨を取り扱っていて、現在は世界5位という取引量を誇る大手です。(12月の前半には世界一位にも)

Binance(バイナンス)では世界でここだけしか取り扱えない将来有望な通貨がたくさんあります!

取引量が多いため取り上げられる通貨は世界で大きく注目を集めます!
2018年稼げる通貨の多くはBinance(バイナンス)から出てくるでしょう!


バイナンスが気になる方は最近はバイナンスの偽ページが多く出回っているので、登録するなら下のボタンから確実に公式ページへ!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

IOTAの購入方法の手順

では、IOTA/MIOTA(アイオータ)の買い方をご紹介します。まず日本の仮想通貨取引所のウォレットを作り、ビットコインの購入をしましょう。

日本の大手仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」などありますが、今回はcoincheck(コインチェック)で買い方をご紹介します。

取り扱い通貨13種類と、国内で最も仮想通貨や暗号通貨の取り扱いが多く、デザインがシンプルで始めてでも操作しやすいのがcoincheck(コインチェック)の大きな特徴です。

さらに海外取引所で得たアルトコインの利益を日本円にする時にはコインチェックが一番便利です!

アルトコインの上場も国内で早いですので、作っておくと欲しい暗号通貨の買い方に困りません。この機会に是非アカウントを作ってみて下さい。

コインチェックでの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

では、まずビットコインの買い方をご紹介します。まずcoincheck(コインチェック)のアカウントを作成しましょう。メールアドレス一つで可能です。

ウォレットの準備が出来たら、画面上部の「ウォレット」をクリック後「コインを買う」を選択します。

すると、下の画像のような購入画面が右側に表示されます。ビットコイン以外にも多くのアルトコインが表示されていますね。

coincheck(コインチェック)を今後利用されるのであれば、こちらのアルトコインの相場も確認しておきましょう。買い方はすべて同じです。

表示されたら「Bitcoin」を選択し、購入したい数量を下に入力します。すると、その下に日本円での価格が表示されますので間違いがないか確認してください。

すべて入力が終わりましたら、一番下の「購入する」をクリックすれば、coincheck(コインチェック)のウォレットに反映されます。

これでビットコインやアルトコインの買い方は終了です。簡単ですね。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

次に購入したビットコインを、あらかじめ作成したBinance(バイナンス)のウォレットに送金します。

先ほどのcoincheck(コインチェック)の左メニューから、今度は「コインを送る」を選択します。右側に送金画面が表示されますので、「ビットコインを送る」を選択後、下の「送金先リストの編集」をクリックし、作成したBinance(バイナンス)ウォレットのアドレスを入力しましょう。

送るビットコインの金額も下に入力し、手数料や価格などを確認したら、一番下の「送金する」をクリックすれば完了です。

※送金先が間違っているとビットコインは戻ってきませんので、アドレスはより慎重に確認して下さい。

ビットコインは反映まで数十分かかりますので、反映までは少々お待ち下さい。

③BinanceでIOTAを購入

では最後に、送ったビットコインでのIOTA/MIOTA(アイオータ)の買い方をお伝えします。Binance(バイナンス)は日本語対応していますので、おそらくすぐに操作は分かると思います。

Binance(バイナンス)は、「ビットコイン」「イーサリアム」「USDT(ドルと同じ価格の暗号通貨)」が取引として利用できます。

ですので、先ほどのcoincheck(コインチェック)での購入は「イーサリアム」でも問題ありません。ただ、取り扱いが多いのはビットコインですので、暗号通貨の取引ならビットコインをオススメします。

Binance(バイナンス)にログインしてビットコインが反映されているか確認したら、①の上部を「BTC(ビットコイン)」、その下の白い枠(ムシメガネのマークがついています)に暗号通貨の名前をアルファベットで入力します。

今回なら「IOTA」と入力し検索すると、中央のチャートや取引価格などが「IOTA/BTC」になります。

確認したら、下にある②「購入/売却」で購入をしましょう。チャートをみてタイミングを測れると、利益を得やすいです。

購入画面はこのような感じです。Stop-Limit(現在価格で購入し、同時に儲けの確定レートと損切りレートも注文する)も可能のようですね。

IOTA/MIOTA(アイオータ)の買い方は以上です。

日本人だとIOTA/MIOTA(アイオータ)はかなり面倒な買い方になってしまいますが、将来性を感じるアルトコインが多くあるのであれば、海外の仮想通貨取引所のウォレットは持っていた方がずっと有利に取引を行えます

アルトコイン投資をもっとしたい、将来性を感じるという暗号通貨に興味がありましたら、ぜひ海外の仮想通貨取引所も作ることをオススメします。

今は一番アルトコインを取り扱っていたbittrex(ビットレックス)が新規で登録ができない今、有望なアルトコインを一番取り扱っていておすすめはバイナンスです!

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

IOTAのおすすめウォレット

IOTA/MIOTA(アイオータ)は公式のウォレットが存在します。仮想通貨取引所のウォレットをそのまま使ってももちろん構いませんが、IOTAウォレットは特徴にあった「seed(シード)」の番号によりセキュリティをより高く保管することができます。

シードはアカウントIDとパスワードが一緒になった番号で、その番号のみでログインできます。マイナンバーみたいにその番号1つでログインが可能になっています。

シードは最大81字で設定できます。もちろん、長い方が良いですので長めに設定しましょう。

ただ、クレジットカードのように番号が分かるとやはりたいへんな事になりますので、もしメモして残す場合は番号の保管にも気を付ける必要があります。

IOTAの今後の将来性

IOTA/MIOTA(アイオータ)は非常に将来性のたかい暗号通貨です。まずIoTという仕組みから、どのような用途でつかわれるのか想像しやすく、暗号通貨でも身近な存在だと思ったかたも多いと思います。

上場初期に大手の取引所で取り扱われた際、大幅に相場があがったことからも、将来性が高いと見込んで購入した方も多いといえるでしょう。

現在IOTA/MIOTA(アイオータ)はプラットフォームの開発も進めており、JavaScriptやC#言語など、プログラミングのなかでもメジャーなもので開発できるよう調整もしています。

プログラミングも身近なものでできるとなると、IOTA/MIOTA(アイオータ)の技術を活かしたテクノロジー開発を進めやすくなります。期待されるアルトコインの一つとして、もっと上位の相場にあがることでしょう。

Thumb仮想通貨(暗号通貨)のIOTAが価格暴騰!ついに仮想通貨(暗号通貨)4位! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨IOTA(アイオータ)まとめ

IOTA/MIOTA(アイオータ)の技術は、今後のテクノロジーに欠かせない存在だといえます。12月に富士通やマイクロソフトと契約を結んだことからも、将来性の高さを感じさせられます。

IOTA/MIOTA(アイオータ)の他にも、DAGを導入しているアルトコインや暗号通貨はありますが、ここまでIoTという仕組みだけにしぼって、技術がまとまっている暗号通貨はなかなかないでしょう。

大手のIT企業と提携したことで、注目度もIOTA/MIOTA(アイオータ)の技術の需要も高まるはずです。今後の将来性や価格相場に期待できるアルトコインでしょう。

バイナンスの口座開設手順についてはこちらで解説!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

バイナンスで様々なアルトコイン投資をするために必要なビットコインをお得に手に入れるなら手数料が日本で一番安いザイフがおすすめ!

ザイフでまだ口座を持っていない人は今人気のため口座開設に時間がかかるので速めの登録がおすすめです!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨(暗号通貨)のIOTAが価格暴騰!ついに仮想通貨(暗号通貨)4位! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨(ビットコイン)の種類の特徴とランキング一覧【2017年から2018年 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン取引所の使い方!【ビットフライヤー・コインチェック・ザイフ】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェック(coincheck)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side