仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)とは?特徴・価格・購入方法(買い方)・取引所を解説

仮想通貨MobileGoの特徴、価格、評判や購入方法をご紹介。まだメジャーではないですが、eSportsの加熱で仮想通貨MobileGoの価格や評判が伸びるかも?買い方も一工夫必要なMobileGoを価格が上がる前に購入するために買い方もしっかりお伝えします。

仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)とは?特徴・価格・購入方法(買い方)・取引所を解説のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)は2017年に生まれた若い仮想通貨
  2. 2仮想通貨MobileGo(MGO)とは?
  3. 3仮想通貨MobileGoの特徴
  4. 4MobileGoの開発者側のメリット
  5. 5MobileGoのプレイヤー側のメリット
  6. 6MobileGoの価格推移
  7. 7MobileGoが購入できる取引所
  8. 8仮想通貨MobileGoの購入方法の手順
  9. 9MobileGoの今後の可能性
  10. 10仮想通貨MobileGo(MGO)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)は2017年に生まれた若い仮想通貨

MobileGo(モバイルゴー)をご存じですか? MobileGo(モバイルゴー)は仮想通貨の一つですが、まだ聞いたことがないという方も多いと思います。

MobileGo(モバイルゴー)は今年発行されたばかりの仮想通貨であり、まだ不明な点も多いですが、オンラインゲームでの仮想通貨として広まり始めています。

今回は仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)について、以下のポイントを見ていきましょう!

 

  • 仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)の特徴
 
  • 仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)のメリット
 
  • 仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)の取り扱い取引所と買い方

仮想通貨MobileGo(MGO)とは?

MobileGo(モバイルゴー)はオンラインゲームプラットフォーム「GameCredits(ゲームクレジット)」に関連したプロジェクトであり、モバイルゲームに特化したゲームプラットフォームを指します。この中で使える仮想通貨も「MobileGo(MGO)」という名称です。

MobileGo(モバイルゴー)は「エレクトロニック・スポーツ(eSports)」のトーナメント開催に特化しています。

エレクトロニック・スポーツ(eSports)はコンピューターゲームの対戦をスポーツとして捉えた、競技の一つです。一部のゲームではプロゲーマーとして収入を得て生活する人も存在します。

トーナメント開催のために、ユーザーの参加費はもちろん、スポンサーからの収益、チケット販売などから収益を得ます。しかし、このスポンサーがなかなか付かないこと、参加費がユーザーの壁になってしまうことなどがあり、上手く進められないことも多くあります。

そこで、MobileGo(モバイルゴー)で開催されたゲームの収益をできるだけ多くなるよう、ゲームリリースの承認まで短時間で行ったり、人気ゲーム以外も見つけられやすくするなど、MobileGo(モバイルゴー)では開発者のメリットを強くしています。

もちろん開発者だけでなく、後述しますがプレイヤーにもに強いメリットがあります。MobileGo(モバイルゴー)はゲーム・娯楽の需要に強い使命を持っている仮想通貨と言えます。

①仮想通貨MobileGo(MGO)の概要

発行日 2017年6月
通貨単位・略称 MGO
上限 1億(すべて発行済)
創業者・開発者 Sergey Sholom氏
時価総額(2017/12/25現在) 約1億
時価総額順位 142位
現在価格 約130円

②仮想通貨MobileGo(MGO)の基本情報

仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)は、Sergey Sholom氏率いる「Gnation(ジーネイション)」が運営しています。

同じく運営されている「GameCredits(ゲームクレジット)」も、プラットフォームでありながら同じ名前の仮想通貨「GameCredits(GAME)」があります。

しかし仮想通貨GameCredits(ゲームクレジット)との大きな違いは、MobileGo(モバイルゴー)は「トークン」と呼ばれる仮想通貨の一種というところにあります。

仮想通貨とトークンは基本的な性質はほとんど同じですが、法定通貨のように投資や差益で利益を得られるビットコインとは別で、トークンは「既存のブロックチェーンシステムの中で利用して成り立つ仮想通貨」と定義されます。

つまりMobileGo(モバイルゴー)はプラットフォーム「MobileGo(モバイルゴー)」の中でのみ利用できる通貨と言えます。

開発者への収益だけでなく、ユーザーの優勝賞金としても使われるため、不変の仮想通貨は安心要素と言えますね。GameCredits(ゲームクレジット)のメリット要素も受け継いでいる、安定した評判を得るトークンといえます。

開発者が同じと言うこともあり、GameCredits(ゲームクレジット)の話題があると、MobileGo(モバイルゴー)のことも一緒に考えるユーザーも多くいるようです。

事実開発タイミングのニュースなどが一緒になることも多いので、この2種類はお互いのチャートや価格を気にしながら情報収集すると良いかも知れません。

仮想通貨MobileGoの特徴

①2つのプラットフォームで同時に発行された

MobileGo(モバイルゴー)はトークンだという話をしましたが、加えて「ウェイブスイーサリアム2つのブロックチェーンで発行されているトークン」という特殊な特徴があります。

ウェイブスとイーサリアムは、どちらも仮想通貨の一つです。それぞれ独自のプラットフォーム、ブロックチェーンをもち、そこからMobileGo(モバイルゴー)トークンが派生しました。

つまりMobileGo(モバイルゴー)には、「MGO(ETH)」と「MGO(WAVES)」という2種類のMobileGO(モバイルゴー)トークンが存在しています。そのため、仮想通貨からMobileGO(モバイルゴー)への変換が便利になっています。

イーサリアムからMobileGo(モバイルゴー)を購入する方法は、そのままイーサリアムのプラットフォームからMobileGo(モバイルゴー)を購入することができます。


さらにブロックチェーンがイーサリアムとウェイブスで分散しているため、もしブロックチェーンが機能しなくなったときも、MobileGo(モバイルゴー)は消えてしまう危険を回避しやすいという特徴もあります。

②ギャンブルゲームが可能となる

また、MobileGo(モバイルゴー)の特徴として、ギャンブルゲームが公平にできることも挙げられます。

イーサリアムで使われている「スマートコントラクト(ブロックチェーン上でプログラムを自動的に実行させる技術)」を利用すると、ギャンブル勝負が終了した途端、事前に決めた掛け金をぐ反映するという方法をとることができます。

速く、そしてブロックチェーン上で行われていることなので、MobileGo(モバイルゴー)の改ざんする方法は非常に行いにくい環境で行うことができます。

公正なギャンブルができることもMobileGO(モバイルゴー)のメリットです。

③参加者がゲームトーナメントを作成できる

MobileGo(モバイルゴー)では参加者がトーナメントを作ることができます。

トーナメントは2種類の形式で行うことが出来、それぞれ「分散型トーナメント」と「中央集権型トーナメント」と呼ばれます。

分散型トーナメントはMobileGo(モバイルゴー)トークンを持つユーザーがセットアップし、運営する方法です。そのため、参加者すべてが独自のアプリを持つ必要がありません

中央集権型トーナメントはその逆で、プラットフォームにいるゲーム開発者を仲介して行われる方法です。このトーナメントは宣伝も兼ねており、スポンサートーナメントと呼ばれます。

eSportsにおいてトーナメント形式は盛り上がる大事な要素です。優勝すればMobileGo(モバイルゴー)で賞金も手に入れられます。また、後述する「ソーシャルステータス」を上げることにも繋がります。

ブロックチェーンで生成されるので公平性も高いですから、全力で楽しみたい方にはとても嬉しい特徴ですね。評判も高いようです。

④ユーザー同士でアイテムの直接取引が可能

MobileGo(モバイルゴー)は「分散型バーチャル市場」というものがあり、ユーザーがMobileGo(モバイルゴー)トークンを利用して直接の取引をすることが可能になっています。

いわゆる「リアルマネートレーディング(RMT)」という、アイテムなど架空の財産を取引する行為にMobileGo(モバイルゴー)を利用できます。

こちらもイーサリアムブロックチェーンで行われるため、不正や改ざんが行われることは難しいですので、MobileGo(モバイルゴー)で安全に取引することが可能です。

MobileGoの開発者側のメリット

開発者のコスト軽減

これはGameCredits(ゲームクレジット)のメリットをMobileGo(モバイルゴー)が受け継いだ一つです。

MobileGo(モバイルゴー)はバイパス手数料が安く設定されています。「バイパス手数料」とはプラットフォームにゲームを載せてもらうかわりに支払う手数料です。基本的に収益から引かれます。

オンラインゲームのトップは、「Google(グーグル)Play」や「Apple(アップル)」が世界シェアのほとんどを占めるそうですが、そこでは利益の30%を支払う必要があります。

しかしMobileGo(モバイルゴー)では支払う手数料は10%です。より低コストで開発ができリスクが小さくなります。開発者としてはかなり必要な要素ですので、期待や評判が注目されます。

支払反映が速い

さらにMobileGo(モバイルゴー)の収益の支払いは「60時間」ととても短いです。

Google(グーグル)PlayやApple(アップル)は支払まで60日間(2ヶ月後)に対し、MobileGo(モバイルゴー)が60時間(2日間強)反映してくれることは、開発者がこの利益を、今後の開発に反映しやすいとも言えます。

開発にも非常に余裕を持って取り組むことができ、開発者としても制作に集中できる環境が整えられるのはとても嬉しいことですね。

Google(グーグル)PlayやApple(アップル)の知名度にMobileGo(モバイルゴー)が追いつくのは時間を要するかも知れませんが、制作環境を重視して選ぶ開発者が今後増えるかも知れません。

不正が起きにくい

さらに、MobileGo(モバイルゴー)のトーナメントや勝負方法すべてが、ブロックチェーン上でやりとりが行われるため、詐欺や改ざんや不正に遭いにくいというのも開発者としては安心しやすいメリットです。

改ざんが行われやすいとなると、評判が悪くなり、今後作ったゲームで遊んでくれなくなってしまいます。信用度を保つためにも、やはり評判が下がってしまう不正が起こるのは避けたいものです。

MobileGoのプレイヤー側のメリット

ソーシャルステータス

MobileGo(モバイルゴー)内でゲームを楽しむプレイヤーは、MobileGo(モバイルゴー)内にプロフィールを設定する必要があります。

このプロフィールにはMobileGo(モバイルゴー)で遊んだゲームの紹介や、SNSなどに宣伝など行った際のソーシャルインタラクションを参考に「ソーシャルステータス」というものが作られます。

何度も遊び、自分のプロフィールのステータスが特定のレベルに達すると、なんとプレイヤーはさまざまな特典がMobileGo(モバイルゴー)から受けることができるのです。

例えばMobileGo(モバイルゴー)からのゲーム購入時の割引券や、トーナメントへの無料参加新作ゲームの体験版プレイが可能トーナメント勝利時の賞金を現金で受け取れるなど、プレイヤーが欲しい特典ばかりがそろっています。

こちらを利用すれば、MobileGo(モバイルゴー)でゲームをさらに楽しみステータスレベルも上げやすいです。とくに参加費無料は、冒頭でお話しした「参加の壁」を打ち砕くよいメリットですね。

匿名での送金可能

MobileGo(モバイルゴー)ではブロックチェーンの非公開性を活かし、プレイヤーは匿名で送金、入金が可能になっています。

プライバシーと送金したMobileGo(モバイルゴー)のウォレットも守られますので、安心して遊ぶことができますね。こちらもGameCredits(ゲームクレジット)からのメリットを受け継いでいます。

複数の仮想通貨で送金できる

先ほども挙げたとおり、MobileGo(モバイルゴー)ではイーサリアムとウェイブスの2種類のトークンがが存在します。


もしいづれかのブロックチェーンが機能しなくなったときにも、GameCreditsもMobileGo(モバイルゴー)トークンもリスクを分散しているので安心できます。

MobileGoの価格推移

こちらがMobileGo(モバイルゴー)の価格チャート推移です。

チャートを見てやはり特徴的なのは、仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)は公開前にICO(仮想通貨の株式)を募り、約60億円もの資金を調達しました

過去最大級のICOとして注目を集め、初期のチャートは特に価格が乱高下しているのが分かります。

ただその後のチャートは下がってしまい、今のところMobileGo(モバイルゴー)のチャートや価格は大きく右肩上がりしているようではないように感じます。GameCredits(ゲームクレジット)のチャートも同じような形でした。

チャート角度の変化が目立っているのは11月10日ごろ、iPhoneとiPadで対応するMobileGo(モバイルゴー)専用のウォレットが公開されてから、チャートが上下しつつも伸びているのが分かります。

さらに12月上旬にeSportsのプロ集団「Detonation」とスポンサー契約を結んだとのニュースもあり、今後MobileGo(モバイルゴー)もGameCredits(ゲームクレジット)も期待値で伸びるかも知れませんね。

MobileGoが購入できる取引所

MobileGo(モバイルゴー)は現在、国内の仮想通貨取引所では購入方法がありません

ですので、具体的な方法としては、日本の仮想通貨取引所のウォレット(口座)をつくり、そこから海外の仮想通貨取引所のウォレットに送金して取引することが分かりやすくて簡単です。

MobileGo(モバイルゴー)の取り扱う仮想通貨取引所は「Liqui(リクイ)」「Gatecoin(ゲートコイン)」「HitBTC」「Livecoin(ライブコイン)」などありますが、取引量で最も高いのは「Liqui(リクイ)」というウクライナの仮想通貨取引所です。

ICO(仮想通貨の株式)トークンが最初に上場することを戦術にしている取引所のため、出てきたばかりのマイナー通貨が多数集まっています。取引量世界25位に位置付いているようです。

本人確認の必要なく始めることができるので、もし興味がある方はぜひ口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

※MobileGo(モバイルゴー)初期にはbittrex(ビットレックス)は取り扱いがありましたが、2017/12/25現在では取り扱われていません。

仮想通貨MobileGoの購入方法の手順

まず、国内の仮想通貨取引所でウォレットを作りましょう。アカウントはメールアドレス1つで作ることができます。

国内大手の仮想通貨取引所は「コインチェック(coincheck)」「ビットフライヤー(bitflyer)」などありますが、操作のしやすさ、そして国内でもっとも仮想通貨の取り扱いが多い「コインチェック(coincheck)」がとてもおすすめです。

今回はコインチェック(coincheck)をメインに、MobileGo(モバイルゴー)の買い方の方法を説明していきます。

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

コインチェック(coincheck)のウォレットの準備ができたら、コインを買いましょう

画面上部の「ウォレット」から、左のメニュー「コインを買う」をクリックすると、右画面に購入画面が現れます。

表示されたら、「ビットコイン」をクリックして、買いたい数量を入力します。下に日本円での価格が表示されるので、価格に間違いがなければ「購入する」を選択しましょう。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

つぎに、左のメニューから「コインを送る」を選択すると、上の画面が表示されます。

「ビットコインを送る」を選択し、Liqui(リクイ)で作っておいたウォレットのアドレスを「送金先リストの編集」から入力しましょう。

送りたい金額と手数料を確認し、問題がなければ「送金する」を押して完了です。ビットコインは送金の反映まで数十分必要ですのでご注意ください。

③Liqui(リクイ)の取引所でMobileGoを購入

最後にLiqui(リクイ)での購入方法を紹介します。こちらがLiqui(リクイ)のトップページです。サイトへ入ると、取引可能なものがすべてそろっていますね。

少々小さいですが、左側の「Markets」の一覧から「MGO」を選択すると、すぐ右横が「ビットコインとMobileGO(モバイルゴー)との売買取引(buy/sellと書いてある項目)」画面に切り替わります。

すぐ下には取引板が表示されていますので、そちらから希望の価格のものをクリックして取引することも可能です。(クリックすると上に反映されます)

英語でやや読みにくいところはありますが、Liqui(リクイ)はデザインは全体的にシンプルで分かりやすいと思います。感覚的に使えるかと思いますので、コインチェック(coincheck)での取引方法に少々慣れてきた方にもオススメしやすい取引所と感じます。

MobileGoの今後の可能性

MobileGo(モバイルゴー)は新しいゲームをたくさん知り、相手と楽しくプレイするのに適したプラットフォームであり、トークンを賞金として手に入れられるなど、様々な方法で盛り上がることができます。

しかし、MobileGo(モバイルゴー)の初期にICOで約60億という大きな資金を手に入れ、開発にとても余裕を持っているにもかかわらず、あまり大きなニュースがなく開発自体が遅いのでは、と懸念されている面も多いです。

おそらくそれがチャートにも現れ、すぐチャートや価格が下がってしまった要因なのかもしれません。

GameCredits(ゲームクレジット)の開発が遅くなってしまうと、同じプラットフォームにあるMobileGo(モバイルゴー)も期待値が下がってしまい、影響をうけてしまいます。

逆にMobileGo(モバイルゴー)の開発が進まないと、GameCredits(ゲームクレジット)も影響を受けてしまいます。常にお互い価格やチャートに影響をあたえ、共倒れする危険性がある仮想通貨とも言えます。

ただそれは一方でGameCredits(ゲームクレジット)の開発が盛んになったとき、MobileGo(モバイルゴー)の価格も上がる可能性が高いと言えます。逆もそうですね。

つまりチャートが上がるときはお互い一緒にあがりやすいので、GameCredits(ゲームクレジット)のニュースはMobileGo(モバイルゴー)のチャート目安として利用しやすいかも知れません。

その面では、タイミングが測りやすいかも知れませんね。チャートが下がったと行っても、MobileGo(モバイルゴー)は公開されてまだ半年ですので、これからさらに盛り上がる可能性も高いでしょう。

12月の頭にGameCredits(ゲームクレジット)とMobileGo(モバイルゴー)を運営する「Gnation(ジーネイション)」のスポンサーとして、トップレベルのプロeSportsチーム『Detonation』が契約をしたというニュースもありました。

今後の将来性への期待値があがるかもしれない、ということを考えると、今が買い時かも知れませんね。

仮想通貨MobileGo(MGO)まとめ

MobileGo(モバイルゴー)について特徴やメリット、取引所での買い方などをお話ししましたが、いかがでしょうか?

MobileGo(モバイルゴー)の他にもゲームのお金として取引できるトークンは数多く存在しますが、トークンとして複数の仮想通貨から送金が可能だったり、トーナメントを組める、という様々な活用方法があるのはeSportsを楽しみにしている方にはとても嬉しい事だと思います。

今後eSportsの熱が上がると、MobileGo(モバイルゴー)も必然的にチャートが伸びるかも知れません。eSportsのニュースも楽しみですね。


MobileGo(モバイルゴー)を購入するならまずビットコインを国内取引所で手に入れる必要があります。
ビットコインを購入できるところとしてコインチェックが簡単でオススメしましたが、もう一つおすすめの取引所としてザイフがあります!

ザイフはビットコインを購入すればビットコインをもらえるキャンペーン中で日本で一番お得な取引所です!

ぜひこの機会にまだ口座を持っていない人はザイフで口座開設をおすすめします!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます

ThumbBittrex(ビットレックス)の手数料は安い?PoloniexとBitfin | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェック(coincheck)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side