ビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰理由と今後の将来性を予想【2018年】

ビットコインとは違った価格推移をみせるビットコインキャッシュ(BCH)ですが、12月に入り最高値をつけるなど高騰を見せています。今後ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性に期待できます。ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性と価格予想をまとめました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰理由と今後の将来性を予想【2018年】のイメージ

目次

  1. 1ビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰した理由
  2. 2そもそもビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ生まれた?
  3. 3ビットコインキャッシュ(BCH)のメリット・デメリット
  4. 4ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性は?
  5. 5私が思うビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性
  6. 6ビットコインキャッシュのロードマップ【2018年】
  7. 7ビットコインキャッシュ(BCH)が購入できるおすすめ取引所
  8. 8ビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰理由と今後の将来性まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰した理由

ビットコインキャッシュ(BCH)は11月から12月23日までに3回ほど価格が高騰しました。なぜビットコインキャッシュ(BCH)の価格が高騰したのか。

なにかニュースがあったのか。ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰し、ビットコインの価格が下落するのはなぜか。その理由をチャート推移を見ながら説明します。

ビットコインキャッシュ(BCH)はこの4カ月で価格が10倍にさせ、さらにビットコインを超えるとも言われている将来有望な通貨です!

2017年11月10日の価格高騰と理由

11月10日は7万円台から11万円台に高騰しました。12日にはビットコインキャッシュ(BCH)の価格が30万円を超えました。10日に高騰した理由は大きく2つ挙げられます。

11月14日に行われたビットコインキャッシュ(BCH)のマイニング難易度調整のハードフォーク

ビットコインのSegWit2xと呼ばれるハードフォークが無期限の延期になったことが今回の価格高騰につながりました。

ニュースではSegWit2xというハードフォークが実施されなかったのは、ビットコインの開発者やマイナー、企業で対立が起きたからです。

送金や利便性を重視する企業や、マイナー達はSegwit2xが延期されたことのニュースで、ビットコインキャッシュへと流れたため価格が高騰しました。

高騰した後はすぐに下落しています。

このSegwit2xやハードフォークについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbsegwit2xのハードフォークとは?ビットコインの分裂と問題点解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb今度はビットコインキャッシュがハードフォーク!?価格はどうなった? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年11月25日の価格高騰と理由

11月25日の価格高騰は様々なビットコインキャッシュ(BCH)やビットコインのニュースが考えられます。

特にマイナー達がSegWit2xのハードフォークが中止したとのニュースで、ビットコインキャッシュをマイニングした方が儲かると判断し、ビットコインキャッシュ(BCH)へと移行したことが大きな理由として挙げられます。

そのためビットコインの価格は一時下落しました。

簡単に説明しますと、ビットコインのマイニング難易度が上がると利益率が低下します。反対にビットコインキャッシュ(BCH)の利益率があがるのでマイナー達がビットコインのマイニングをしなくなり、送金詰まりを招いてしまいます。

2017年12月20日の価格高騰と理由

12月20日にビットコインキャッシュ(BCH)の価格が約50万円まで高騰しました。理由は大きく分けて4つあります。

1つ目はBitcoin.comを設立したエミール・オルデンバーグ氏が取引手数料が高く処理速度の遅いビットコインは通貨としての未来はないと発言し、保有していたビットコインを全て売却し、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入したとのニュースが流れ高騰しました。

2つ目は国際的な大手情報サイト「トムソンロイター」が自社のElkonプラットフォームにビットコインキャッシュ(BCH)を加えるとニュースでコメントしています。

3つ目のニュースはアメリカ最大の取引所であるCoinbaseやGDAXがビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いを開始しました。

4つ目のニュースは多くのマイナーがビットコインからビットコインキャッシュ(BCH)へ移行したことが価格高騰の要因だそうです。

しかし、高騰した後は下落するなど、ビットコインキャッシュ(BCH)はまだまだ不安定な仮想通貨とも言えます。

ジャック

(28)

12月20日にビットコインのチャートを見ていました。なかなか価格が上昇しませんでした。この日は価格が下落して推移しました。上がる気配がなく、他のアルトコインのチャートを見ていると、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が高騰していました。ビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰がなぜ起きたか調べてみると、2018年5月までにはビットコインに代わりビットコインキャッシュ(BCH)が基軸通貨になるとのことでした。他にも年末までには10000ドルを超えるとの予想もありました。なので今はビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移に注目しています。

そもそもビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ生まれた?

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月1日にビットコインがハードフォークされたことで誕生した新しい仮想通貨です。

ビットコインの送金時間の短縮やスケーラビリティの改善を目的として誕生しました。名称は元々中国のマイニングプールのViaBTCが提案しました。

ビットコインとの違い

ビットコインとビットコインキャッシュ(BCH)の違いは3つあります。
 

  • ブロックサイズ(容量)がビットコインが1MBなのに対してビットコインキャッシュ(BCH)は最大8MBあります。
 
  • ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインとは交わらず共存する
 
  • セキュリティー面がビットコインよりも優れている


以上の3つが一般的に言われるビットコインとビットコインキャッシュ(BCH)の違いになります。

ビットコインキャッシュ(BCH)のメリット・デメリット

2017年8月1日に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)は、一時急騰、下落する場面もありましたが、僅か4か月で急成長しました。

仮想通貨の時価総額もイーサリアムに次いで3位と注目されています。そんなビットコインキャッシュ(BCH)のメリット、デメリットをご紹介致します。

ビットコインキャッシュ(BCH)のメリット

ブロックサイズがビットコインよりビットコインキャッシュ(BCH)の方が大きいので、送金において手数料も安く、スピードも早いです。

また今後さらに普及が拡大される材料が揃っているので、今後の2018年にはビットコインに変わり、基軸通貨となるとの噂もあります。

ビットコインは送金しようとすると、手数料が1000円~2000円かかりますが、ビットコインキャッシュ(BCH)は50円~100円とかなり安いです。

ビットコインキャッシュ(BCH)のデメリット

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインから分裂した通貨ですので、基本的な部分はビットコインと同じです。

デメリットは現時点では決済手段としてはBTCの方が普及していることが挙げられます。

またブロックサイズ(台帳の容量)が大きいことで、ブロック(台帳)を読み込む時に、遅れなどの不具合が心配されます。

最後にもう一つ挙げるとすれば、ビットコインとの知名度の差でしょうか。新規参入してくる個人投資家の多くはビットコインをまず買うと思います。

ビットコインキャッシュ(BCH)がいくらビットコインより性能がよくても、仮想通貨の基軸通貨のビットコインには知名度は圧倒的に負けてしまっています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性は?

ビットコインキャッシュ(BCH)が8月に誕生したばかりですが、時価総額は現時点で3位になるなど今後も注目です。

今後さらにビットコインキャッシュ(BCH)の需要が高まっていくとのことで、2018年はさらに価格が上がるでしょう。ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性について説明します。

2018年はビットコインキャッシュ(BCH)の年

仮想通貨の生みの親とされるクレイグ・ライト氏がビットコインとビットコインキャッシュ(BCH)について言及しました。

2018年はビットコインのポテンシャルを発揮する年になり、ライト氏はビットコインキャッシュ(BCH)を押しています。

その理由は、2018年にさらなるブロックサイズ拡大に向けたハードフォークが2回実施されるからとのことでした。

2018年のビットコインキャッシュ(BCH)に関するニュース
 

  • 大手BTCマイナーViaBTCがビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨とするCoinExという取引所をイギリスに開設します。
 
  • OKexがビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨とした取引板を追加
 
  • Bitcoin.comがビットコインキャッシュ(BCH)のデビットカードを発行
 
  • ビットコイン決済大手のBitpayがビットコインキャッシュ(BCH)を導入

今後全てのビットコインをビットコインキャッシュ(BCH)に変更

Bitcoin.comを設立したエミール・オルデンバーグ氏が保有していたビットコインを全て売却し、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入したとのことです。ビットコインは取引時間が長く、手数料も高いので、ビットコインの未来はないと言及して、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入したとのことです。

またビットコインクラシックの開発者達が2018年5月までにビットコインキャッシュ(BCH)がビットコインに代わり基軸通貨となるとの声明を発表しました。

さらに開発者達はビットコインのブロックサイズが1MBに固定されていることから、ビットコインキャッシュ(BCH)が優位になっている。最長で6ヵ月以内(2018年5月)にビットコインキャッシュ(BCH)からキャッシュをとって「ビットコイン」と呼ぶことになると予想しました。

これらのことから2018年はビットコインの価格が下落してビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上昇すると予想されます。

今後ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が10,000ドルまでいく

ビットコインの神、ロジャー・バー氏によると、ビットコインキャッシュ(BCH)がビットコインを超えるのは時間の問題と言及しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインより利便性の高い通貨です。そのため年末までには10000ドルの最高値を更新するとも言われています。

また11月12日にはビットコインクラシックの開発グループがビットコインキャッシュ(BCH)を支持するという声明を出しており今後その動きが加速していくと思われます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性について

ビットコインの神とされる、ロジャー・バー氏ビットコインの未来はビットコインキャッシュ(BCH)にあると述べました。

さらに「ビットコインキャッシュが本当のビットコインで、将来より多くの時価総額、取引量、ユーザー数を有することになる。」と述べています。

ビットコインのスケーラビリティが問題視され、多くのマイナー達やビットコイン支持者がビットコインキャッシュ(BCH)に移行しました。

これからもそのような事態が続くと見られ、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格はさらに上がると考えられます。

ビットコインの価格は下落するとの予想です。

私が思うビットコインキャッシュ(BCH)の今後の将来性

現在ビットコインが抱えている問題は深刻なようです。取引量が多くなるほど、送金詰まりが発生したり取引スピードが遅いことで手数料も割高になっています。

それに比べてビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインが抱えている取引時間が長い、手数料が高いといった問題を克服しています。

ビットコインよりも日常での利便性に期待できます。今後はビットコインキャッシュ(BCH)の知名度も上がり、メリットを理解している方からビットコインキャッシュ(BCH)を購入していくと予想されます。

ビットコインの価格が下落すればビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上がると予想されます。

ビットコインキャッシュ(BCH)は今後価格が3倍以上になる

ビットコインキャッシュ(BCH)は12月20日には3000ドル以上の最高値をつけましたが、夜間にかけてさらに価格が上がることになりました。ニュースでコインベースが運営する米取引所では、3倍の9500ドルという異常値を付け、その後取引がすぐに停止したとのことでした。

今後はその一瞬につけた最高値の9500ドルに向け価格が上がると予想されます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性はかなり明るい

ビットコインキャッシュ(BCH)はこれから明るい材料が揃っています。2018年には、一部の取引所で基軸通貨となったり、2回のハードフォークを実施する予定です。

ビットコインのスケーラビリティの問題をブロックサイズ拡大により克服することで、新しいビットコインとなる可能性もあります。

ビットコインとビットコインキャッシュ(BCH)の将来性

ビットコインの価格が上がるとビットコインキャッシュ(BCH)の価格が下がり、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上がるとビットコインの価格が下がるといった相関関係にあります。今後はビットコインよりもビットコインキャッシュ(BCH)の需要が高まっていくと思われます。

ビットコインより性能の高いビットコインキャッシュ(BCH)が今後注目されそうです。

ビットコインキャッシュのロードマップ【2018年】

  • 2018年5月と11月にブロックサイズ拡大を実施予定です。最大32MBほどに引き上げ予定です。
 
  • ブロック生成時間を短縮予定
 
  • 手数料が高すぎてまともに使えなくなっていたカラードコインの復活
 
  • 匿名性とセキュリティの強化

特に大きいのが2018年5月と11月のブロックサイズ拡大に向けたハードフォークです。これには多くの専門家が注目しており、ビットコインキャッシュ(BCH)の利便性がさらに高まり、価格が上がることが期待できます。

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入できるおすすめ取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)は時価総額3位であり、仮想通貨の中でも知名度が高いです。多くの国内、海外の取引所での取り扱い通貨とされています。その中から国内でのビットコインキャッシュ(BCH)が購入できるおすすめの取引所をご紹介致します。

coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)は、国内で最も仮想通貨の種類が豊富な取引所です。

複数のアルトコインを所持する目的としてcoincheck(コインチェック)を利用することおすすめします!今年価格が100倍になっているアルトコインを多数取り扱っています!

また国内大手取引所でハッキング被害への補償プランも用意しているので安心して仮想通貨を購入できます。

コインチェックで扱っているアルトコインについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

GMOコイン

有名なGMOグループから仮想通貨取引所として誕生したGMOコイン。

なんと最大レバレッジが25倍と国内や海外の取引所と比べてかなり高いです。365日24時間土日でも取引できます。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するなら手数料が日本最安級のGMOコインがおすすめ!

ちなみにレバレッジ手数料は有料で建玉ごとに一日あたり0.05%です。ビットコインの場合はスプレッドは基本300円固定となっています。レバレッジが高いので、リスク管理をきちんとしましょう。

GMOコインの口座開設手順については詳しく知りたい方はこちら!

ThumbGMOコインの口座開設(登録)・本人確認方法を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格高騰理由と今後の将来性まとめ

ビットコインの価格が140万円台に下落し、反対にビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上がるなど最近はビットコインキャッシュ(BCH)も注目されてきました。今後はどのように価格が推移するのか。

ビットコインが抱えるスケーラビリティの問題を克服するために生まれたビットコインキャッシュ(BCH)ですが、ビットコインよりも性能がいいので、今後もビットコインを保有している人がビットコインキャッシュ(BCH)へ移行すると予想されます。

2018年にはロジャー・バー氏は今後10000ドルを超えると予想しており、今後さらに価格が上がると思われます。価格が上がる前に購入したいですね。今後ビットコインキャッシュ(BCH)が10000ドルを超えれば反対にビットコインの価値は下落すると考えられます。

今後のビットコインキャッシュ(BCH)のニュースに注目して、なるべく価格が下落するか上がるか予想して取引しましょう。

ビットコインキャッシュ以外の将来有望なアルトコインについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb【仮想通貨】Lisk(リスク/LSK)が購入できるおすすめ取引所と買い方を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング5選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbsegwit2xのハードフォークとは?ビットコインの分裂と問題点解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side