Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと今後2018年価格予想、取引所、ニュースまとめ

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格は2018年今後どうなる?チャートや取引所、ニュースなどLisk(仮想通貨リスク/LSK)についてまとめて今後2018年の価格を予想してみました!チャート、取引所、ニュース、アップデート、特徴など盛りだくさんです!

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと今後2018年価格予想、取引所、ニュースまとめのイメージ

目次

  1. 1Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャート(リアルタイム最新版)
  2. 2Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移
  3. 3Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の今後2018年の価格予想
  4. 4Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018
  5. 5Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の2018年アップデートはいつ?
  6. 6Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の取引所はここがおすすめ
  7. 7Lisk(仮想通貨リスク/LSK)とマイクロソフトとの提携
  8. 8Lisk(仮想通貨リスク/LSK)とは?
  9. 9Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の特徴
  10. 10Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のメリット・デメリット
  11. 11Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のウォレットはこれがおすすめ
  12. 12Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと今後2018年価格予想、取引所、ニュースまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

数々の取引所への上場やアップデートの期待などにより価格が高騰してきたLisk(仮想通貨リスク/LSK)。

今回はLisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートを見ながら2018年の今後のニュース、価格の予想などについてまとめています。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャート(リアルタイム最新版)

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のリアルタイムの最新チャートは次のようになっています。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移

Lisk(リスク/LSK)の価格推移をみてみましょう。

こちらは2017年末にかけてのLisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートです。

チャートをみると、この1年では2017年3月頃からじょじょに右肩上がりになっているのがわかります。ところどころで高騰しているチャートの動きもみられます。

どんなニュースでLisk(リスク/LSK)が高騰し、価格推移が変化したのか、この1年のLisk(リスク/LSK)のニュースをご紹介しながらチャートを追っていきましょう。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移①2017年3月から徐々に高騰

Lisk(リスク/LSK)は2017年、3月ごろからチャート価格がじわじわのびてきました。

この価格推移の原因は、Lisk(リスク/LSK)とシステムが似ているイーサリアムETF(上場投資信託)化への審査を開始した、というニュースが関わっているようです。

上場投資信託とは、金融商品取引所で取引される投資信託のことです。つまり証券会社を通し、イーサリアムを株のように投資することが可能かもしれない、というニュースですね。イーサリアムの投資に対する今後の将来性に期待がかかるニュースです。

イーサリアムのETF化は延期になり、現在もどうなるのかニュースは見えませんが、イーサリアムが注目されたことによりLisk(リスク/LSK)も将来性を期待されるきっかけになり、価格チャートが上昇したと思われます。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移②2017年6月5日の高騰理由

また、Lisk(リスク/LSK)は6月5日頃、大きく高騰しています。

こちらはドイツのベルリンで行われた「Blockchain Expo 2017」にLisk(リスク/LSK)がとりあげられニュースになり、さらに注目が集まったと予想されます。

ドイツで行われたこのイベントは「ブロックチェーン技術が与えられる各産業への影響を共有すること」を目的とされ、1月に行われたときも好評を得たとニュースになりました。

投資や銀行商品などから、音楽やヘルスケアに対する技術のサポート、またIoT技術も取り上げられたそうです。この技術を応用できるLisk(リスク/LSK)が注目され、高騰したと推測できます。

この高騰によりLisk(リスク/LSK)は5月頃に150円だったチャートが、短い時間で400円近くの価格となりました。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移③2017年8月20日の高騰理由

8月にはLisk(リスク/LSK)のニュースが集まり、その影響で高騰しはじめ価格がさらに上がりました。

詳しく紹介しますと
 

  • 9月中にLisk(リスク/LSK)Core1.0へのアップデート(こちらは2017年12月31日に延期)
 
  • リブランディング(名称変更)予定
 
  • 12月に開発者ツールα版の配布を行う

の発表があり、注目を集めました。

Lisk(リスク/LSK)Core1.0へのアップデートは、どのようなものになるのか詳細は分かっていません。ですが大幅アップデートであることは分かっているため、今後の将来性への期待からチャートが伸びたと考えられます。

また「リスク」という名称があまり良い印象をもたれないのでは、と「リブランディング(名称変更)」を行うことを決めました。

そのニュースにより、名前が変わったLisk(リスク/LSK)へ、関心を持つユーザーが増えるのではと予想したユーザーが購入したと予想されています。こちらもチャート高騰の理由の一つとなっているようです。

さらにインドの仮想通貨取引所「BitBay India」がオープンしLisk(リスク/LSK)を取り扱うというニュースもありました。このニュースにより、チャートは800円と大きく高騰しました。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移④2017年11月最初の高騰理由

11月には頭には東京カンファレンスの開催があり、大きく高騰しました。

こちらを開催したブロックチェーン・ラボLisk(リスク/LSK)と共同ミーティングを行ったことで関わりがあるため、期待からチャートが高騰したと予想されます。

加えて今後のリブランディングの日程発表、また年内にはLisk(リスク/LSK)Core1.0へのアップデートを行うことなどのニュースがあり、価格がそのまま伸びていく形となります。

末には中国の大手仮想通貨取引所バイナンスLisk(リスク/LSK)の取り扱い開始、そして2018年のロードマップ(予定表のようなもの)が公開され、年明けに向けて期待値が集中する月になり高騰したと考えられます。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移⑤2017年12月中旬の高騰理由

12月もLisk(リスク/LSK)からロードマップが公開されたことによる2018年への将来性の期待感、そして12月31日に予定されているLisk(リスク/LSK)Core 1.0へのアップデートの影響で購入するユーザーが増えていると考えられます。

ロードマップの予定は、以下のようになっています。

 

年内12月31日 Lisk Core 1.0へのアップデート
年内 SDK(開発者用ツール)のα版の配布
2018/2/20 リブランディング
2018/4 正式なSDK(開発者用ツール)を配布
2018/7 分散型取引所関連の事業を開始予定(詳細は不明)

これだけ予定が集まっていると、Lisk(リスク/LSK)への期待が高まり、高騰するのも分かりますね。
Lisk(リスク/LSK)に対する今後の将来性への期待感や、価格やチャートも引き続きのぼっていきそうです。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと価格推移⑥2018年3月現在(追記)

こちらは2018年3月27日現在のLisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートです。
2018年1月始めからのチャートで、他のチャートと同じ90日分のチャートになります。

2017年12月から2018年1月にかけて暴騰を繰り返しましたが、2018年3月末現在価格は1083円まで大きく下がっており、2017年12月頭と同じ価格水準まで下落しています。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のLisk Core 1.0へのアップデートbitFlyerへの上場などいくつかLisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格に影響しそうなニュースがありましたが、仮想通貨市場全体の下落トレンドに引っ張られ価格が下落しています。
 

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の今後2018年の価格予想

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の今後の予想(2017年末時点)

Lisk(リスク/LSK)は今まさに期待されている仮想通貨と言えます。Lisk(リスク/LSK)のニュースやイベントがどんどん増え、期待値も今度の将来性も感じているユーザーも増えているようです。

中国の大手仮想通貨取引所バイナンスでの取り扱いが始まったのも今後大きいと考えます。中国は人口も仮想通貨の取引量も集中しており、バイナンスで取り扱いが始まってからもチャートは高騰しました。

このまま予定通りLisk(リスク/LSK)Coreのアップデートが行われれば、さらに高騰する可能性も大いにあり得るでしょう。

さらに2018年の5月に予定されている半減期も価格上昇の大きな要因となります!

将来性を感じた方は、ぜひこの機会にLisk(リスク/LSK)に触れてみてはいかがでしょう。

Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)のチャート推移と今後の将来性を予想! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbLisk(リスク/LSK)がbitflyer(ビットフライヤー)に上場間近!?国内複数取引所に進出!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(リスク/LSK)が今後、ビットコイン取引量日本一のbitFlyerで取り扱われるという噂があります。

bitFlyerはセキュリティが万全で万が一ハッキング等の被害に遭っても、500万の補償があるため、安心して取引ができます。

今後、リスクがbitFlyerに上場したら価格も上がるかもしれません。
bitFlyerでの口座開設は、本人確認に時間がかかるため今すぐしておくことをオススメします!

※2018年1月末にbitFlyerに上場しました。

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の今後2018年の価格予想

以下で紹介していますが、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)は価格の高騰が見込まれるニュースが2018年にはたくさん予定されています。

過去にもいくつかニュースがあり、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)は他の仮想通貨に比べて価格の高騰が期待できるニュースがとても多いです。
過去のニュースでもしっかりと価格は高騰しています。

後ほどご説明しますが、マイクロソフトとも提携していることも安心できる点です。

2018年3月27日現在、仮想通貨市場全体で下落トレンドとなっており、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)も例外でなく価格が大きく下落しています。

しかしLisk(仮想通貨リスク/LSK)は今後2018年には数々の期待できるニュースがあり、仮想通貨市場全体のトレンドもいずれ回復して上昇トレンドになるであろうと予想できます。

このことを考えてもLisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格は今後高騰することが期待できると予想しています。

2018年3月末現在Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格は1083円となっています。
2018年1月にはLisk(仮想通貨リスク/LSK)は4000円近くまで高騰しています。

まだしばらくは厳しい流れが続きはしますでしょうが、2018年の後半には価格は高騰し、2018年の末から2019年にかけては上昇トレンドの流れになっており、4000円弱の高値も更新していくと予想しています。

2018年夏過ぎには3000円ほどまで価格は回復しているのではないでしょうか。

※投資はあくまでも自己責任です。

Thumb仮想通貨の未来を予想!AI予測やWebbot(ウェブボット)予言による主要通貨の価格予想【2018年最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple/XRP)2018年の価格予想!今後1000円まで上がる? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018①2018年1月bitFlyerに上場

2018年1月末、以前から噂されていた通り、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)がbitFlyerに上場しました。
この上場を受けて価格は一時上昇しました。

上場の情報を以前から入手していた人も多かったですが、内部の人間による情報の取得など、インサイダー取引になるような取引についても話題になりました。

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)で新取扱仮想通貨がLisk(リスク)に決定!【超速報】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018②2018年2月Houbi取引所に上場

2018年2月2日にはHoubi取引所にもLisk(仮想通貨リスク/LSK)が上場しています。

Houbi取引所は中国の非常に人気な大手の取引所であり、世界中の人が利用しています。
また、規制はあるもののまだまだ市場が大きい中国ということもあり、このHoubi取引所への上場を受けてLisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格は20%ほど高騰しました。

取引所への上場は仮想通貨の価格の高騰が期待できるイベントです。

今後も仮想通貨の上場は常にチェックしておきましょう。

ThumbLisk(リスク)が中国大手のHuobiにも上場!多くの取引所で上場し注目です | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018③2018年2月リローンチとリブランティング

2018年2月21日、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のリブランディングとリローンチの発表が行われました。

この発表でLisk(仮想通貨リスク/LSK)はLisk(仮想通貨リスク/LSK)の存在意義や今後の目指す姿などを発表しました。

いくつか詳細にありますが、簡単にまとめるとブロックチェーンの技術をより使いやすく便利なものにしていくことを目指しているようです。

その目的のためにLisk(仮想通貨リスク/LSK)ではロゴやプロダクト名の変更がされています。

以下がLisk(仮想通貨リスク/LSK)の新しいロゴに関する紹介の動画です。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の目的のために今後よりマーケティングと開発をスムーズに進めていくために、プロダクト名やアイコンもリニューアルされています。

こちらがプロダクト名とそのアイコンになります。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のリローンチとリブランディングの映像はこちらになります。

ThumbLiskのリブランディング(リローンチ)が2/20に迫り価格上昇が止まりません!【Lisk(リスク)の最新ニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018④2018年4月SDKをリリース

SDKとはアプリなどの開発を簡単に行えるようになる開発キットのようなものです。

一般ユーザーにとっては縁のないものになりますが、SDKによってエンジニアは開発を行うことができ、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のブロックチェーン上で動くアプリを開発することができるようになります。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のブロックチェーン上で動くアプリが増えてより多くのユーザーに使ってもらうことができれば、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格も高騰することが期待できます。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018⑤2018年7月分散型取引所(DEX)をリリース

分散型取引所(DEX)は2018年非常に注目されているタイプの仮想通貨の取引所です。

通常の取引所は運営・管理している人や組織がいますが、分散型取引所(DEX)では管理者がおらずユーザー同士が仲介を通さず直接取引をすることができます。

分散型取引所(DEX)では管理者がいないので、余分な手数料がかからない、管理者による不正や盗難の危険性がない、管理会社の破錠により資産を失うリスクがないなどのメリットがあり2018年注目されている取引所です

分散型取引所(DEX)がリリースされユーザーも増えればLisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格の高騰が期待できます

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のニュース2018⑥2018年10月半減期

マイニングの報酬が減る仮想通貨の半減期ですが、仮想通貨においては半減期を迎えると基本的に価格が高騰しています。

半減期の時期は仮想通貨ごとに異なり、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の半減期は当初以下のように予定していました。
 

回数 実施日付(予定) フォージング報酬
スタート時   5 LISK
1回目 2017.05.24 4 LISK
2回目 2018.05.24 3 LISK
3回目 2019.05.24 2 LISK
4回目 2020.05.24 1 LISK
※ 5回目以降のフォージング報酬の減額はありません(1 LISKで固定)

しかし2017年11月に思わぬタイミングで半減期を迎えており、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の次の半減期は2018年5月ではなく2018年10月31日と予測がされています

しばらく先にはなりますが、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格の高騰が期待できるニュースの一つです。

ThumbLISK(リスク/LSK)の半減期の時期と価格変動をチャートを使って解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

様々なニュースに備えてLisk(仮想通貨リスク/LSK)を購入する方はbitFlyerがおすすめです。

bitFlyerは初心者でもシンプルで使いやすくスマホで簡単に購入ができて、セキュリティが世界一と評されたこともある人気の取引所です。

外出先でもチャンスを逃さず簡単に購入できるように、登録がまだの方はbitFlyerに登録しておきましょう。

簡単1分で登録できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]


おすすめ国内取引所~人気アルトコインの購入編〜
 

・BTCの手数料が格安!取扱アルトコイン数14種類と国内最多のZaif(特徴)

・初心者でも簡単操作!国内で唯一、人気通貨LISKが買える
bitFlyer(特徴)

・リップル、ネムなど人気アルトコインのレバレッジ取引ならDMM Bitcoin(特徴)

・入出金手数料無料!大手で安心!初心者でも簡単操作の
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料無料!徹底的にチャート分析できる
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。
仮想通貨の購入にオススメの取引所を以下にまとめているので、登録していない取引所がある方は登録しておきましょう。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の2018年アップデートはいつ?

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のCore1.0へのアップデート

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)はLisk Core1.0へのアップデートが2017年から予定されており注目されています。

Lisk Core1.0へのアップデートではトランザクションにおける手数料を安くするためのアップデートも含まれています。手数料はユーザーが非常に気にしているところなので今回のアップデートの中でも特に注目されています。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)はブロックチェーン技術をより便利に使えることを目指しています。
 
SDKのリリースや分散型取引所のリリースも今後予定しており、上記のように手数料の改善もアップデートは含まれており、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)はエンジニアにとってもユーザーにとっても使いやすいブロックチェーンを目指しているようです。

Lisk Core1.0へのアップデートにより、手数料が安くなるだけでなくLisk(仮想通貨リスク/LSK)がより便利で価値のあるものになることが期待できます。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のアップデートが12月から延期

Lisk Core1.0へのアップデートは2017年12月に予定されていましたが2018年1月に延期され、そのまま何度か延期を繰り返し2018年3月27日現在まだ完了していません

この延期に関してLisk(仮想通貨リスク/LSK)のチームは「スピードよりも質を重視している」とコメントしています。

延期はされていますが、より価値のあるLisk(仮想通貨リスク/LSK)にアップデートされ価格が高騰することが期待されます。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のアップデートはいつ?

延期され続けているLisk(仮想通貨リスク/LSK)のアップデートはいつになるのでしょうか?

2018年3月末現在、Lisk(仮想通貨リスク/LSK)チームは開発段階についてコメントしており、コメントによるとアップデートにおける重要な開発段階は完了しているとのこと。

2月にコメントしていた予定のままであれば、2018年3月末から2018年4月半ばあたりでβ版がリリースされる予定となっています。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の取引所はここがおすすめ

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)が購入できる海外取引所①Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex(ポロニエックス)はアメリカの最大手仮想通貨取引所です。

取引量世界1位に何度もなる世界最大級の取引所で、取り扱い通貨も有名なビットコインやLisk(リスク/LSK)の他、70種類以上の仮想通貨を取り扱っています。取引量から価格が高騰したり、価格推移の要因になることも多いでしょう。

海外の仮想通貨取引所なので日本語対応はしていませんが、取引に利用する通貨もドルや円ではなくビットコインで行うため、事前に送金するのも安く済みます。

もしCoincheck(コインチェック)に慣れたらPoloniex(ポロニエックス)も利用してみることをおすすめします。

ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)のチャートの見方と表示されない時の解消法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)が購入できる海外取引所②Bittrex(ビットレックス)

Bittrex(ビットレックス)もPoloniex(ポロニエックス)と同じく、アメリカの大手仮想通貨取引所です。取引量もPoloniex(ポロニエックス)同様世界一になることもある世界最大級の取引所となっています。

Bittrex(ビットレックス)の最も強い特徴は「仮想通貨の取り扱い種類」です。Lisk(リスク/LSK)を含めなんと100種類以上の仮想通貨を取り扱い、どんなにマイナーな仮想通貨でも取り扱うのが速い仮想通貨取引所となっています。

Lisk(リスク/LSK)はもちろん、価格の低いうちに新しい仮想通貨を買うならBittrex(ビットレックス)が断然オススメです。

ThumbBittrex(ビットレックス)取引所とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBittrex(ビットレックス)の手数料は安い?PoloniexとBitfinexと徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)が購入できる国内取引所①Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所です。国内でもっとも取り扱い通貨が多く、ビットコイン、Lisk(リスク/LSK)を含め現在13種類の仮想通貨を取り扱っています。

Coincheck(コインチェック)はデザインも綺麗で、初めての方でも操作がしやすいことでも評判の高い仮想通貨取引所です。Lisk(リスク/LSK)を利用するにはCoincheck(コインチェック)のアカウント開設をおすすめします。

Thumbコインチェック(coincheck)取引所の評判・口コミまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェック(coincheck)のログアウトの仕方とログアウトしないリスク! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)が購入できる国内取引所②bitFlyer(ビットフライヤー)

2018年1月末にLisk(仮想通貨リスク/LSK)が上場したばかりのbitFlyerです。

bitFlyerはシンプルで非常に使いやすいアプリがあり、初心者でもオススメの取引所です。

2018年1月のコインチェックでのネムの流出事件もあり取引所のセキュリティが重視されていますが、bitFlyerは世界で最もセキュリティがしっかりしていると評されたこともあり安心できる取引所となっています。

人気のLisk(仮想通貨リスク/LSK)を手軽に購入できるので、登録がまだの方は登録しておきましょう。
簡単1分で登録できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb【仮想通貨】Lisk(リスク/LSK)が購入できるおすすめ取引所と買い方を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)とマイクロソフトとの提携

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)は2016年2月に、世界的な大企業であるマイクロソフトとの提携を進めています。

当時はLisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格もその影響で大きく高騰しました。

マイクロソフトの法人向けクラウドサービスであるWindowsAzureと提携しており、2016年3月にはマイクロソフトから19億円分に相当する資金調達も達成しています。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の価格は当時すでに高騰しましたが、世界的な大企業であるマイクロソフトとの提携は今後もLisk(仮想通貨リスク/LSK)の発展を後押ししてくれそうですね。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)とは?

ご存知ない方のためにLisk(仮想通貨リスク/LSK)の基本情報についてまとめています。

①Lisk(リスク/LSK)の概要

略称・通貨単位 LSK
発行日 2016年5月
現在発行数 約1億1620万LSK
上限 なし
送金速度 約10秒
時価総額(2017/12/22現在) 約3000億円
時価総額順位 18位
現在価格 約2500円

Lisk(リスク/LSK)とはブロックチェーンを利用したプラットフォームの一種をさし、その中で使える仮想通貨もLisk(リスク/LSK)と言います。

Lisk(リスク/LSK)は分散型プラットフォーム「Cryptiプロジェクト」のオリバー(Oliver)コードを参考に生まれた仮想通貨ですが、同じ分散型プラットフォームを導入しているイーサリアムと比較されることが多いようです。

イーサリアムは独自のプログラムを利用していますが、Lisk(リスク/LSK)は「JavaScript」という、一般のPCでも利用できる有名なプログラムを利用しています。そのため、Lisk(リスク/LSK)はイーサリアムより利用しやすいという特徴を持っています。

また「サイドチェーン」技術により、送金速度が10秒と、Lisk(リスク/LSK)はとても速い仮想通貨になっています。詳しい特徴はこの後ご説明していきます。

Lisk(リスク/LSK)は2015年から公開されましたが、2016年2月にPCソフトウェア開発の「マイクロソフト」がパートナーシップになったニュースがあり、今後の将来性の期待から一時チャートも高騰しました。

Lisk(リスク/LSK)は今年8月にはインドの新しい仮想通貨取引所に、そして11月には世界最大手大手仮想通貨取引所のバイナンスでも取り扱いが開始し、Lisk(リスク/LSK)の熱があがってきています。

Lisk(リスク/LSK)も取り扱っていて、日本で取り扱われていない多くの通貨を取引できるbinance(バイナンス)の公式ページはこちら!

②分散型アプリケーションプラットフォーム

Lisk(リスク/LSK)はCryptiプロジェクトの「DApps(ディーアップス)」という名称の分散型アプリケーションプラットフォームです。

そのプラットフォームの中でLSKという仮想通貨を利用し、送金やデータ送信などを行うことができます。

分散型アプリケーションプラットフォームの特徴は、独自のルールでプログラムを設定し、特定の人同士でやりとりすることが可能ということです。

分散型アプリケーションプラットフォームはイーサリアムにも導入されていて、こちらも契約条件や契約実行時の内容を含ませて送金する、などができます。

一方、Lisk(リスク/LSK)ではさらに「プライベートチェーン」を作ることができ、特定のひとだけに非公開でメッセージを送り合うのに利用したり、オンラインショップの送金や「IoT(インターネット・オブ・シングス)」を設定することも可能です。

※「IoT(インターネット・オブ・シングス)」=遠方の情報をリアルタイムで確認したり、遠隔操作が可能にする。ペットの様子をカメラで確認したり、かけ忘れたドアの鍵を遠隔操作でロックしたり、など。

無線で機械の操作を行うことが日常化している現代、IoTの導入が可能なことはIT技術の面でも将来性を感じさせられます。マイクロソフト社がパートナーシップを行ったことからも分かります。

IoTを行える仮想通貨は「アイオータ」など存在しますが、Lisk(リスク/LSK)はそれ以外にも設定が可能、という柔軟性が強みになっています。

今後IT技術のニュースによっては、Lisk(リスク/LSK)のチャートが高騰する機会は多いと言えるでしょう。

Thumb仮想通貨(暗号通貨)のIOTAが価格暴騰!ついに仮想通貨(暗号通貨)4位! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の特徴

①JavaScriptをプログラミング言語で利用

Lisk(リスク/LSK)の特徴として、先ほど記述した「JavaScript」を利用しているということが挙げられます。

プログラミングに詳しくない方でも、名前はお聞きしたことがあるかもしれません。多くのPCやスマートフォンで利用されているプログラムのひとつで、こちらを扱えるエンジニアも多いです。

この特徴により、ブロックチェーン技術に精通していなくとも、一般の技術者でも開発に参入しやすいという大きなメリットがあります。

つまりLisk(リスク/LSK)は改善しやすく、新しい技術が追加されたプログラミングが導入されやすいのです。先ほどの分散型プラットフォームの多様化も加えて、Lisk(リスク/LSK)の柔軟の高さは今後の将来性が高い特徴の一つと言えるでしょう。

②サイドチェーンを使用

Lisk(リスク/LSK)のもう一つの大きな特徴として、「サイドチェーン」を作れるという技術があります。

サイドチェーンとは図の通り、元々のブロックチェーンから枝分かれさせ、新しくブロックチェーンを作る技術のことです。

メインチェーンが基盤ではありますが、メインチェーンはメインチェーンに、サイドチェーンはサイドチェーンにコードを個別に書き込む形になります。

サイドチェーンのメリットとして、メインチェーンの処理負荷の軽減、そしてメインチェーンに情報が集中せず、サイドチェーンに分散化するためセキュリティも向上することがあげられます。

さらに送金速度の速さにも繋がっています。仮想通貨ではかなり速い、約10秒という速さで決済をすることが可能です。

柔軟性に加えて送金速度が速いですので、あらゆる条件に対応した支払い方法にも対応できそうです。Lisk(リスク/LSK)の今後の活躍の場はかなり広いといえます。

③発行枚数に制限なし

ビットコインは2100万枚、ライトコインは8400万枚など、多くの仮想通貨は上限が決められていますが、Lisk(リスク/LSK)は発行上限がありません

その代わり、毎年の発行枚数に制限をかけてインフレしないようコントロールしています。さらにLisk(リスク/LSK)はブロック生成時「フォージング」を行うのですが、その報酬も変わります。

フォージングはブロックを生成し取引認証を行うことを指し、ビットコインでは「マイニング」にあたるものです。

マイニングは一定期間に半減期というものがあり、ビットコインなら4年に1度マイニングを行うマイナーの報酬が下がっていきます。参加者をわざと減らしやすくし、インフレを防いでいるのですね。

対してフォージングは「1年目は5LSK、2年目は4LSK……」という感じに、ブロックチェーンの取引認証時の報酬が毎年少しずつ下がっていく仕組みになっています。

ブロックごとの取引手数料も報酬に含まれるため、マイナスばかりになるわけではありません。フォージングのマイナスと、徐々に上がる流通量のプラスでバランスをとっているのですね。

④承認システムのカスタマイズが可能

Lisk(リスク/LSK)は承認システムをブロックごとに設定することができます。承認システムとは報酬をもらえる条件のようなものです。

例えばフォージングするとき「自分は認証スピードに自信がある」という人であれば、ビットコインで採用されている「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」にすることもできます。

また「スピードに自信はないけれどコイン保有数は長い」という方ならコイン保有数の長さで報酬が決まる「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」にすることもできます。

もちろん、一人が勝手に決めることはできません。Lisk(リスク/LSK)ではブロック生成時に「投票」を行い、選ばれた人が認証システムを決め、ブロック生成しフォージングすることが可能となっています。

Lisk(リスク/LSK)に関わる技術者で報酬を決めるのも、管理者がいないブロックチェーンならではの面白いシステムです。報酬に対する不満も減らせるでしょう。Lisk(リスク/LSK)の将来性の強みになる特徴といえます。

Lisk(リスク/LSK)はみてきた通り、技術的にも優れたコインと言えます。

そんなLisk(リスク/LSK)は、bitFlyerで購入することができます!

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のメリット・デメリット

①Lisk(リスク/LSK)のメリット

Lisk(リスク/LSK)のメリットは、特徴でも持ち上げられた「柔軟性の高さ」「普及しやすさ」「認証スピードの速さ」です。

広く使われている扱いやすいJavaScriptを利用している事によるアップデートのしやすさ、そして参入のしやすさも一役買っています。

そしてサイドチェーンにより、仮想通貨ではかなり速い10秒で決済が決まることも強みです。こちらも扱いやすさの高さとして、今後の将来性につながると言えるでしょう。

②Lisk(リスク/LSK)のデメリット

一方、Lisk(リスク/LSK)のデメリットはあくまで可能性ですが、「承認者を設定できてしまう」ことと「イーサリアムに引っ張られやすい」ということがあげられます。

承認者の設定は投票で行う、と特徴のところでご紹介しましたが、これは開発者側から承認者を設定することもできます。もし意図して選ばれていた場合、一人の承認者でコントロールされてしまう可能性もあり得るでしょう。

ただ、あくまであり得る可能性であり、平等でなければLisk(リスク/LSK)にはマイナスなことにしかなりません。今後はより慎重な承認者の選択方法が公開されると、参加者も参入しやすくなるでしょう。

また、イーサリアムとシステムが似ているため、価格も知名度も高いイーサリアムに価格を動かされたりイーサリアムで充分、と考えるユーザーもいるようです。

事実先ほど記述したように、イーサリアムのニュースでLisk(リスク/LSK)も一緒に高騰することがありました。今回は高騰のきっかけとして良かったですが、今後価格上昇にイーサリアムが立ちはだかる要因となる可能性も高いでしょう。

ただ最近は高騰がつづき、Lisk(リスク/LSK)への期待感を感じるつぶやきと、それに乗っかりLisk(リスク/LSK)推しのユーザーのおすすめをみることも増えてきています。

まとめてみても、Lisk(リスク/LSK)には今のところ強いデメリットが無いと感じますので、その面でもLisk(リスク/LSK)は今後高騰する可能性は高いかもしれません。

投資は、各通貨のメリット・デメリットをしっかりと理解した上で行うことをオススメします。

Lisk(リスク/LSK)は特に強いデメリットが無く、メリットは多いため将来有望株として有名で、購入をオススメします!

Lisk(リスク/LSK)はコインチェックで購入することができます。

コインチェックで扱っているコインはリップルなど一年間で100倍以上価格が上昇しているコインもあるので、色々とコインを買うことをオススメします!

リップルで扱っている仮想通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のウォレットはこれがおすすめ

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のおすすめウォレット①bitFlyer(ウェブウォレット)

webウォレットは一般的にはもっとも危険なウォレットであるとされています。
ハッキングの可能性が高く、仮想通貨もたくさんあるのでハッカーに狙われる可能性も高いからです。

bitFlyerは世界で最もセキュリティがしっかりしていると評されたこともある取引所であり、セキュリティはかなりしっかりしています。

インターネット上にあるので100%安心とは言えませんがかなり安心はできてかつ簡単に使いやすい便利なウォレットです。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のおすすめウォレット②Lisk Nano(デスクトップウォレット)

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の公式のウォレットです。

デスクトップウォレットなのでオンラインからは切り離されており一定数安心できます。

しかし利便性は乏しく、パソコン自体にウイルスが感染しているとハッキングの恐れもあるので完全に安全とは言えません。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のおすすめウォレット③Lisk Paper Wallet v1.3.0(ペーパーウォレット)

Lisk Paper Wallet v1.3.0ではLisk(仮想通貨リスク/LSK)のペーパーウォレットを簡単に作成できます。

ペーパーウォレットは完全にオンラインから隔離されているので、自分が失くしたりしない限り安全なウォレットです。

紛失しないようにしっかり自分で管理できる方はこちらが最も安心なウォレットとなっています。

ThumbLisk nano walletの使い方とLisk(リスク/LSK)のおすすめウォレット! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)のチャートと今後2018年価格予想、取引所、ニュースまとめ



仮想通貨Lisk(リスク/LSK)の特徴や今までの価格チャート、価格推移と高騰理由、そして今後の将来性と2018年の予想についてご説明しましたが、いかがでしょうか?

Lisk(リスク/LSK)はご説明したとおり柔軟性に長けており、Lisk(リスク/LSK)が公開された初期にマイクロソフトがパートナーシップになるなど、大きな企業に注目される傾向が強いです。

開発者用のツールを配布したり扱いやすいプログラムなどの導入をみると、プログラマー中心に広まる可能性、そしてそれによる高騰も強いかも知しれません。

参加者が増えアップデートが増えると、どの仮想通貨より強いメリットを持ちやすいでしょう。今後の将来性に期待し、ニュースに耳を傾けておきましょう。

Lisk(仮想通貨リスク/LSK)の購入はbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

登録がまだの方は登録しておきましょう。
簡単1分で登録できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumb【仮想通貨】Lisk(リスク/LSK)が購入できるおすすめ取引所と買い方を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbエイダコイン/ADAコイン(仮想通貨)の2018最新予想!今後何倍に伸びるか予想してみた | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の2018年と今後は?チャート、取引所、ニュースまとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbTRX(仮想通貨トロン/TRON)のチャートと価格、取引所、将来性、今後の上場情報まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side