ネムコイン(XEM)とは?特徴・仕組み・今後について徹底解説!

この記事では、ネムコイン(XEM)という仮想通貨について紹介します。ネムコイン(XEM)の特徴や仕組み、今後について詳しく紹介しますので、ネムコイン(XEM)を買おうと考えいる方や、どの仮想通貨を今後買うか迷ってる方は是非ご参考にしてみてください。

ネムコイン(XEM)とは?特徴・仕組み・今後について徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1ネムコイン(XEM)とは?
  2. 2仮想通貨基盤のPoWの進化版PoIとは?
  3. 3ネムコイン(XEM)の特徴と仕組み
  4. 4ネムコイン(XEM)のチャート推移
  5. 5ネムコイン(XEM)の今後のニュース
  6. 6ネムコイン(XEM)はどういう人が向いている?
  7. 7ネムコイン(XEM)を購入するためのおすすめ取引所
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ネムコイン(XEM)とは?

ネムコイン(XEM)の概要

この記事では、NEMの特徴や仕組み、価値、将来性、最新情報などについて紹介していきます。

NEMはプロジェクトの名前でもありますので、ここでは分かりやすく通貨のことをネムコイン(XEM)と表示します。

NEMはブロックチェーン技術を用いた仮想通貨のプロジェクトの1つです。NEMとはNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称であり、NEMの目標は暗号通貨のエコシステムの基盤となることとされています。

大まかなNEMの概要を下記の表に記載します。発行される仮想通貨の単位は「XEM(ゼム)」、総発行量は8,999,999,999XEMで、およそ1,600人の投資家に均等に分けられたました。他の通貨と違う特徴として、Proof of Importance というコンセンサスアルゴリズムが適用されています。

下記に簡単に概要や最新情報をまとめました。

通貨単位 XEM(ゼム)
総発行枚数 8,999,999,999
コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance
時価総額 約9800億
時価総額ランキング 8位
ブロック生成時間 約1分
発行日 2013年3月31日

仮想通貨の時価総額ランキング

下記に時価総額ランキングの最新情報を示しています。現在、ネムコイン(XEM)の時価総額は8位(2018年1月現在)です。

時価総額は、現時点での全流通量×価格で算出されています。相当な数ある仮想通貨の中で時価総額が8位というはかなり高いランキングで人気であることがわかります。

ちなみ、時価総額1位はビットコイン2位のリップルとはかなりの差はつけています。やはり、ビットコインは最初にブロックチェーンを応用した仮想通貨なので、価値や人気、需要が高いのでしょう。また時価総額ランキングなどは変化が激しいので、最新情報をチェックして見ましょう。


ネムコイン(XEM)の購入は手数料が安くてお得なZaif(ザイフ)が最もおすすめです。

2018年3月6日現在多くのアルトコインが割安となっているので、Zaif(ザイフ)の口座開設がまだの人はアルトコインの価格が上がってしまう前に口座開設をしておくのをおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨基盤のPoWの進化版PoIとは?

ビットコインはProof-of-Work

ビットコインはブロックチェーンという公開台帳が使用されており、これによって信頼できる第三者を介さずにも、個人間で不正のない取引ができるようになりました。

つまり、ブロックチェーンを使用するとこれまでは銀行などの信頼できる第三者を介さないといけなかった取引を、第三者を介さずに直接個人間でも行えるようになるということが大きな特徴です。

そのブロックチェーンという技術を支える仕組みとして、ビットコインでは、Proof of Work というコンセンサスアルゴリズムを用いてます。ビットコインはマイナーと呼ばれる人がコンピュータを使用して、ブロックを生成するために膨大な量の計算を行います。

そして、その計算量に応じて、マイナーは報酬として、ビットコインを受けとることができます。この仕事量に応じて報酬が貰うことができる仕組みである、Proof of Work という仕組みのおかげで、ビットコインは中央機関を介さずに取引を行えるようになっています。

しかしながら、この画期的な仕組みであるProof of Workにもいくつか問題点があります。その一つとして、電気を膨大に消費しているという問題があります。先述したとおり、このProof of Workではコンピュータを使用して膨大な量の計算を行います。

その計算をおこなうには、多くの電力を消費していることが持続可能性の観点や、その国の電気代が高いと報酬が見合わなくなりマイニングが行える人が限られてしまうという問題があります。

ブロックチェーンの仕組み・特徴は下記のリンクで解説されています。ブロックチェーンの仕組み・特徴を知る事は仮想通貨の将来性を考える上で重要になります。

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

イーサリアムが今後、実装予定のProof-of-Stake

上記で示した電力の課題を解決するために考案されたのがProof of Stakeというコンセンサスアルゴリズムです。今後、EthereumはProof of Stakeに移行することが予定されています。

Poof of StakeはProof of Workのように計算量によって報酬を与えるのではなく、通貨の保有量に応じて報酬が与えられる仕組みになっています。これによって、膨大な電力を消費せずに、信頼できる第三者を介さずにも個人間で取引が行えるようになるのが特徴です。

しかしながら、Proof of Stakeにも幾つか懸念されている点があります。その1つは、保有数に応じて、報酬が与えれる仕組みのため、通貨保有数が多い人がより報酬が多く与えられることになります。

つまり、Proof of Stakeの仕組みは、通貨を使わず貯蓄する方が得をするということです。より多くの人が貯蓄することを考えると市場への流通量が減ります。また、Proof of Stakeの将来性は今のところどうなるか分かりませんが、この構造は富めるものがますます富みやすい傾向になりやすいと言えるでしょう。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ネムコインはProof-of-Importance

NEMもビットコインのブロックチェーン技術が応用されています。NEMはProof of Importanceというコンセンサスアルゴリズムを用いてます。Proof of Importaceはネムコイン(XEM)の保有量と取引量に応じて、トランザクションの手数料がもらえるという仕組みです。

この仕組みによって、ネムコイン(XEM)は電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティが強いものになっているのが特徴です。


また、Proof of Importaceの仕組みのおかげで、ネムコイン(XEM)を単に貯蓄するだけでなく、実際にネムコイン(XEM)を使おうとする人が多くなることが考えるられます。貯蓄ではなく使用する人が増えることは、富めるものがますます富むという構造になりづらいと言えるでしょう。Proof of WorkとProof of Stakeの課題を解決してるので将来性や価値の向上には期待出来るでしょう。

ネムコイン(XEM)の特徴と仕組み

今後、ネムコイン(XEM)の新規発行はない

ネムコイン(XEM)の総発行枚数は8,999,999,999XEMで、およそ1,600人の投資家に均等に分けられたました。つまり、発行枚数が固定で既に均等に分けられているため、これ以上、ネムコイン(XEM)が新規に発行されることはありません。

新規発行はこれ以上ないということは、ネムコイン(XEM)では貨幣が増えることによって起こっているインフレなどの現象が起こりづらいということが言えます。そのため、新規発行がない通貨は、長期的に考えれば価格が上昇傾向になりやすく将来性のある通貨だと考えられるでしょう。
 

ブロック生成時間が短い

ネムコイン(XEM)はブロック生成時間が約1分とかなり短いのが大きな特徴の1つです。ビットコインが約10分程度なので、ビットコインと比べるとブロック生成時間が非常に短いです。

ブロック生成時間が短いということは、取引などを行う際にかかる時間が短くなるということなので、ネムコイン(XEM)は実用的な観点からも優れていると言えます。やはり、使用することを考えるとなるべく取引の短い方がいいため、実用的な観点で今後評価が上がる可能性があります。将来性に期待出来るでしょう。

価格がまだ安い。今後の価格動向は?

ネムコインは(XEM)はまだ価格は安いです。ビットコインが約175万円(2017年1月現在)なのと比べると、ネムコイン(XEM)は約150円(2017年1月現在)とまだ単価が安いことがわかります。

価格の差は発行枚数の違いなども影響してますが、価格が安い仮想通貨は今後知名度が上がったり、通貨が活用されることが多くなると、価値もそれに応じて上がる可能性もあるので、今後の価値の上昇と将来性には期待できるでしょう。

下記のリンクには直近の高騰の理由の最新情報が記載されています。通貨は上がった時の理由は価格の変動を予測する上でとても重要なので、最新情報をチェックしましょう。
 

ThumbNEM(ネム/XEM)が今一番価格上昇する通貨!中国マネーで大きく高騰! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ハーベスティング

簡単にいうとネムコイン(XEM)のハーベスティングとは、もし10000XEM以上もっていれば、タダでXEMがもらえるという仕組みです。

もう少し詳細を説明すると、ネムコイン(XEM)を利用する人は、取引が正当だと承認してもらうために手数料を払い取引を行います。そして、取引を承認し、払われた手数料を受け取ることをNEMでは「ハーベスティング(収穫)」と呼ばれています。

その際に、どれだけ手数料をもらえるのかが先述したImportance(重要性)、つまり、ネムコイン(XEM)の保有量と取引量などに応じて、決められます。

また、10000XEM以上というのは、状況によって今後変更される可能性あるようなので、きになる方は最新情報をチェックしましょう。
 

スマートコントラクト技術を採用している

イーサリアムでスマートコントラクトが実装されていますが、NEMにも同じような機能があります。それがアポスティーユです。

アポスティーユはブロックチェーンの公証・タイムスタンプサービスであり、追跡・アップデートが可能で、タイムスタンプの押された共同所有の公証を行うことができます。アポスティーユの公証システムは利用できる範囲が広く、例として以下の使用用途が考えられます。
 

  • 自動車所有証明
  • 政府登録
  • デジタルメディアのライセンス
  • 高級品の偽装防止
  • 二者間の法的なコントラクト

COMSAのICOにもネムコイン(XEM)が使用されている

COMSAのICOにネムコイン(XEM)は使用されました。COMSAとは企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートするものです。

ネムコイン(XEM)がICOで使用されるということは、そのICOが魅力的なサービスやプロダクトを提供して価値が高まれば、ネムコイン(XEM)の価値も高まることが予想されます。実際のところ。EthereumベースのICOが多く発表された時に、ETHも同時に値段が高まるという現象が起きてました。

ネムコイン(XEM)のチャート推移

ネムコイン(XEM)の2017年チャート推移

ネムコイン(XEM)は今年の5月に大幅な値上がりをしています。これはアルトコインバブルと呼ばれていた現象によって値上がりしたことが考えられます。アルトコインバブルの際には、主要なアルトコイン全てが大幅な値上がりをしています。

12月にも同じく、ほぼ全てアルトコインが大幅な上昇をしており、それと同様にネムコイン(XEM)の価格も上昇しました。


2017年1月の値段が0.3968円でした。現在(2017年12月)で約150円なので、一年で約378倍になったということです。2017年は急激に仮想通貨への注目が集まった年ということもあり、かなり大幅な値上がりが起きました。今後のネムコイン(XEM)の動向にも注目です’。

ネムコイン(XEM)価格推移の最新情報は下記リンクに詳細があるので、チェックして見て下さい。最新情報をみる事は価格の変動を予測する上で、重要なので、ぜひ最新情報を見ておく事をオススメします。

T・S

(22)

ネムコイン(XEM)を20円の時に購入して、その約半年後に100円を超えていました。ネムコイン(XEM)を使用しているICOなども開始されたので、来年の価格動向にも期待しています。

ネムコイン(XEM)の2018年チャート推移

※2018年3月6日 追記

2018に入る年明けの瞬間から1月初旬にかけて、他の仮想通貨と同様ネムコイン(XEM)は大きく高騰し、約240円という高値をつけました。

12月からすると約2倍、2017年1月からすると約600倍の伸び率なのでものすごい伸び率です。

そして高値をつけたあたりで暴落し、他の通貨と同様緩やかな下落トレンドに入りました。

ネムコイン(XEM)流出事件でネムコイン(XEM)が暴落

その後2018年1月末、コインチェックから約580円分のネムコイン(XEM)が盗難された事件をきっかけに、さらに暴落し、大きな下落トレンドとなりました。

そのまま下落トレンドを引きずり、2018年3月6日現在では約36円の価格となっています。

コインチェックでのネムコイン(XEM)流出事件については以下の記事で紹介しています。

Thumbコインチェック(coincheck)が600億円以上のハッキング被害!ネムの盗難が原因だがセキュリティ対策は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbコインチェックの記者会見内容とは!ハッキング被害により倒産か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ネムコイン(XEM)の今後のニュース

ネムコイン(XEM)の2018年最新ニュース①カタパルト

NEMは今後、大型なアップデートであるカタパルトを控えています。このカタパルトがネムコイン(XEM)の価値と将来性を大きくあげる要因になる事でしょう。

カタパルトによっていくつか機能が追加されるのですが、1番注目されてるのが、トランザクションの処理速度のアップデートです。カタパルトによって、1秒あたり約4,000件のトランザクションを処理できるようになります。

送金処理の速さで有名なリップルですら平均で1秒あたり1,500件ほどと言われています。そのため、このカタパルトが実装されれば、仮想通貨の中でも圧倒的な処理速度となるでしょう。やはり実用面を考えると、処理速度が早い方がいいので、カタパルトが実装されればNEMの価値や将来性は一気に高まるでしょう。

実装についての最新情報は下記リンクをチェックしてみてください。また、NEM公式のページにも最新情報が載ってるので、時間に余裕のある方はチェックしてみてください。

Thumbネム(XEM/NEM)のカタパルトは実装がいつ?リリース時期まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ネムコイン(XEM)の2018年最新ニュース②Binanceに上場

具体的な日付はまだ未定ですが、ネムコイン(XEM)がBinanceに上場するとの噂もあります。

こちらはBinanceのCEOも動画で発言していましたので、ネムコイン(XEM)がBinanceに上場するのは時間の問題と言えます。

コインチェックでのネムコイン(XEM)流出を受けて、タイミングを見ているのでしょう。

まだ具体的な日付は決まっていませんが、世界で最も人気の取引所であるBinanceにネムコイン(XEM)が上場すれば、かなり大きな高騰が期待できます。

上場のニュースは常にチェックしておきましょう。

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ネムコイン(XEM)はどういう人が向いている?

今後、少額から仮想通貨投資を始めたいと考えてる方

まだ、ネムコイン(XEM)の価格は安いので、まずは試しに少し買って見たい方などにオススメです。

今後、カタパルトなどの実装などによって通貨の価値は上がる可能性もあります。未来の事はどうなるか分かりませんが、ネムコイン(XEM)に将来性を感じた方は、今のうちに少額を買って長期間ホールドするだけで、価値が数倍になるということが将来起こる可能性もあるでしょう。

今後、ハーベスティングで仮想通貨の報酬を貰いたい方

NEMは膨大な電力を必要無しに、10000XEM以上持ってれば、報酬をもらう事ができます。マイニングしてみたいけど、出来てなかった人などは、ネムコイン(XEM)のハーベスティングをしてみるのも良いでしょう。

マイニングの難易度が高く、初心者では報酬がなかなかもらえないビットコインやライトコインと比べれば、ネムコイン(XEM)は誰でも平等に報酬が貰える機会がある仮想通貨です。将来性を考えて、少しずつハーベスティングしてれば価値は数年後上がってるかもしれません。

ネムコイン(XEM)を購入するためのおすすめ取引所

手数料の安い仮想通貨取引所zaifがオススメ

ネムコイン(XEM)を購入する際にオススメなのがZaifです。Zaifは手数料もかなり安いです。ネムコイン(XEM)の手数料の最新情報は下記のようになっています。


ネムコイン(XEM)の取引手数料

maker手数料 0%
taker手数料 0.1%


makerとは板(気配値)に注文を並べることです。つまり、買いたい人も、売りたい人も、現在の価格よりも有利な価格で指値注文をして、その注文が約定した場合、maker手数料が発生します。今は手数料が0%なので手数料はかかりません。

takerとは板(気配値)にある注文を取りにいくことです。既に板にある注文を取りにいったのでtakerとなるので、成り行き注文も同じくtakerとなります。そして、その注文が約定した場合、taker手数料が発生します。

takerとmakerのどちらの注文方法でも手数料は安いので、ぜひ、ネムコイン(XEM)を購入したいと考えている方はzaifに登録してみてください。

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

初心者は購入が簡単な仮想通貨取引所Coincheckがオススメ

初めて仮想通貨を購入する方にオススメなのがCoincheckです。Coincheckは使いやすいアプリを提供していて、コインの売買は販売所形式(難しい注文はしない)なのでネムコイン(XEM)を購入することができます。

Coincheckは他の取引所に比べて、非常に簡単にネムコイン(XEM)やアルトコインを購入することができるので、オススメです。ぜひ、初めて仮想通貨を購入する方や簡単に売買をしたいと考えている方はCoincheckに登録してみてください。

コインチェックの口コミや評判について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Monero(モネロ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side