LiskとEthereumの違いは?特徴・仕組み・将来性を徹底解説!

同じ分散型アプリケーションプラットフォームのLisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)について、両者の違いをまとめました。Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)は、細部を比較してみると色々な違いがあります。

LiskとEthereumの違いは?特徴・仕組み・将来性を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント
  2. 2Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の概要
  3. 3Lisk(リスク)とは?
  4. 4Ethereum(イーサリアム)とは?
  5. 5LiskとEthereum(イーサリアム)の違い
  6. 6Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)を取り扱う取引所とは?
  7. 7Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の将来性は?
  8. 8Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の特徴・仕組み・将来性まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント

今年価格がビットコイン以上の100倍という伸びを見せているLisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)

この二つは今後様々な分野で利用されていくであろう将来性のあるとても魅力的な通貨です!

皆さんはそんな将来有望なLisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)について詳しく知っていますか?
今回はこの二つの通貨について詳しく見ていきます!

特に今回気を付けるべきポイントとしては、
 

  • Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の違いについて
 
  • Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の将来性はあるのか

この2点です!
今後も価格が上がると言われているLisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の特徴と、それぞれの違いについて見ていきましょう!


今後も価格が上がると有望視されているLisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の両方を買える取引所はコインチェックだけ!

この二つ以外にも今年100倍以上の伸びを見せている通貨を数多く取り扱うコインチェックはアルトコイン投資をするなら絶対に抑えるべき取引所です!

コインチェックで取り扱っている通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbリップル価格上昇!ついに100円を更新し年初から見ると134倍! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の概要

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の概要は、下記の表の通りです。

通貨名 Lisk(リスク) Ethereum(イーサリアム)
通貨略号 LSK ETH
公開日 2016年5月 2015年7月
時価総額 2252億円 8兆8541億円
発行上限枚数 上限なし 上限なし
取り扱い国内取引所 coincheck(コインチェック) coincheck(コインチェック)
Zaif(ザイフ)
bitFlyer(ビットフライヤー)
など
取り扱い海外取引所 poloniex、HitBTC、Yobit
など
poloniex、Bittrex、GDAX
など

Lisk(リスク)とは?

Lisk(リスク)は、分散型アプリケーションプラットフォームと言うアプリケーションが作動する環境そのものです。その為、Lisk(リスク)自体が仮想通貨と言う事ではありません。Lisk(リスク)の中で使える仮想通貨を「LSK」として定義しています。

Lisk(リスク)では、開発言語に「Javascript」を使用しています。Javascriptは多くのエンジニアに慣れ親しんでいる言語である為、仮想通貨の中では非常に開発しやすい仕様になっています。

また、Lisk(リスク)にはサイドチェーンの機能が備わっており、幾つかのブロックチェーンに分散して処理する事が可能です。これにより能力が大幅に向上し、取引承認作業の時間短縮を実現しました。

Ethereum(イーサリアム)とは?

Ethereum(イーサリアム)は、分散型アプリケーション及びスマートコントラクトの機能を形成するプラットフォームになります。

Ethereum(イーサリアム)の大きな特徴として、スマートコントラクトの機能が備わっている点があります。

スマートコントラクトは、Ethereum(イーサリアム)の取引内容に別の情報やプログラムを付け加え、それらをまとめてブロックチェーンに保存する方法を備えた機能です。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Ethereum(イーサリアム)は、同じ分散型アプリケーションプラットフォームのLisk(リスク)と非常に似ている点があり、一見するとあまり違いが無いように見えます。

分散型アプリケーションプラットフォームでは、Ethereum(イーサリアム)が先に誕生した為、Lisk(リスク)は後発組に入ります。

先発のEthereum(イーサリアム)は世界の大企業が様々なプラットフォームとして利用しようとしています。

TOYOTAやマイクロソフトなどの名だたる企業が利用し、今後様々なところでプラットフォームになるEthereum(イーサリアム)は将来ビットコインを超えるとも言われています!

そんな将来有望なEthereum(イーサリアム)が高くなる前に買うならおすすめの取引所はZaif(ザイフ)です!

Zaif(ザイフ)は、取引手数料が安いので、Ethereum(イーサリアム)の取引がお得に購入できます!

さらに大手で信頼できる取引所のZaif(ザイフ)なら初心者の人も安心ですね!
そんなオトクな取引所Zaif(ザイフ)で取引をするにはは少し時間がかかります!
早いうちに登録を始めましょう!

ザイフの評判が気になる方はこちらをクリック!

Thumbzaif(ザイフ)の手数料・特徴・評判は?他取引所と徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

LiskとEthereum(イーサリアム)の違い

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の違いについて、深く掘り下げて見ていきましょう。

DApps(分散型アプリケーション)の基盤の違い

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)は、同じ分散型アプリケーションプラットフォームではありますが、そのプラットフォームに大きな違いがあります。

Lisk(リスク)は、プラットフォームにサイドチェーンの機能を有していますが、Ethereum(イーサリアム)のプラットフォームにはサイドチェーンの機能が備わっていません。

Ethereum(イーサリアム)では、一本のブロックチェーンで様々な情報を処理します。

この為、ブロックチェーンの処理能力の点ではサイドチェーンの機能があるLiskが有利になります。

スマートコントラクトコードのプログラミング言語が違う

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の続いての違いとして、スマートコトラクトコードのプログラミング言語が違う点があります。

Lisk(リスク)は、プログラミング言語で「Javascript」を採用しており、「Javascript」はエンジニアにとって非常に開発しやすい言語で且つ、修得しているエンジニアが非常に多い言語でもあります。

一方Ethereum(イーサリアム)は、プログラミング言語に「Solidity」と言うコントラクト指向の言語を採用しており、この言語を修得しているエンジニアは「Javascript」よりも多くありません。

つまりは、これから広がっていくという観点でも、すでに多くの人が使っている「Javascript」を採用しているLiskの方が有利と言えます!

マイニングの違い

更にLisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)で違う点として、マイニングを行う方法が違う点もあります。

マイニングとは仮想通貨の取引で欠かせない運営方法であり、ブロックチェーンを実行状態のまま維持する方法として大切な作業になります。このマイニングに携わった人には、報酬として仮想通貨が貰えるようになっています。

Lisk(リスク)では、このマイニングの事をフォージングと言う言葉で指します。このLisk(リスク)のフォージングの方法では、開発者から承諾を受けなければフォージングを行う事が出来ません。 

開発者からの承諾以外の方法でフォージングを行う方法は無く、この承諾制の方法によってフォージングを行うチャンスが限られてきます。

一方Ethereum(イーサリアム)では、パソコンがあれば誰でもマイニングが出来る方法であり、Lisk(リスク)のフォージングと違って門戸が開かれている特徴があります。

このようにLisk(リスク)のフォージングとEthereum(イーサリアム)のマイニングの手法では、それぞれに違いがあるのです。

このマイニングという仮想通貨にはなければならない作業はいま
DMMがマイニングに参入?詳しくは下の記事へ!

ThumbDMMが仮想通貨マイニング事業に参入!「DMMマイニングファーム」とは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)を取り扱う取引所とは?

実は国内取引所で、Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)、両方の通貨を取り扱う取引所が一つだけあります。

そんな両者を取り扱う取引所についてご紹介していきます。

coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)は、国内で最も多くの仮想通貨の種類を取り扱っている取引所です。

Lisk(リスク)やEthereum(イーサリアム)だけでなく、仮想通貨の代表格Bitcoin(ビットコイン)、Ethereum classic(イーサリアムクラシック)、Zcash(ジーキャッシュ)等、国内ではcoincheck(コインチェック)でしか取り扱っていない珍しい通貨があります。

またcoincheck(コインチェック)は、初心者でも操作しやすいデザインになっていますので、簡単にアルトコインの売買が出来ます。

もしも、まだcoincheck(コインチェック)を利用していないのなら、この機会にcoincheck(コインチェック)の口座を開設してはいかがでしょうか。

moriguchi

(30)

coincheck(コインチェック)は、Zaif(ザイフ)やbitFlyer(ビットフライヤー)など、他の国内取引所では取り扱っていない、将来有望なアルトコインが多数取引出来ます。

仮想通貨取引を行うならcoincheck(コインチェック)の口座を開設しておかないと、良いチャンスを掴むことは出来ません。

coincheckの口座開設手順について詳しく知りたい方はこちら!

Thumbコインチェック(coincheck) の登録方法から口座開設!本人確認の流れも解説!

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の将来性は?

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の将来性では、Lisk(リスク)の方がよりポテンシャルが高い点があるでしょう。

Lisk(リスク)は、Ethereum(イーサリアム)との大きな違いであるサイドチェーンの機能を有しており、Ethereum(イーサリアム)の欠点を克服しています。

またEthereum(イーサリアム)は、ここ数日で価格が1ETH10万円前後まで急上昇し、この先まで上昇する余地が限られつつあります。

それに対しLisk(リスク)の価格は、1LSK2500円前後とまだ割安感がある価格であり、この先も価格が上昇する余地があります。

上記のツイートのようにLisk(リスク)の方を推薦するツイートが複数あり、長期的に見るとLisk(リスク)の方がより可能性があります。

将来性と言う点で着目するなら、Lisk(リスク)の方がよりポテンシャルがあると言えるかもしれませんね!

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)の特徴・仕組み・将来性まとめ

同じ分散型アプリケーションプラットフォームで、似たような特徴を持つLisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)。

一見似てるように見えても、様々な視点から両者を比較して見ると様々な点で違いがある事がわかりました。Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)は、どちらも独特な機能がある魅力的な通貨なのは間違いありません。

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)はどちらも将来性があるので、両方とも手に入れておいたほうがいいでしょう!

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)をどちらも扱っているのは、coincheckです!
今後さらに価格が何倍と上昇する可能性が高いので、coincheckで今のうちに手に入れておきましょう!

coincheckでのEthereum(イーサリアム)の買い方や手数料は?

Thumbコインチェック(coincheck)でイーサリアム(ETH)の買い方・手数料ま | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

そもそもcoincheckで扱っている通貨・銘柄って?

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb【取引所比較】コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitf | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side