Shapeshiftとは?使い方・特徴・手数料すべてを解説!

Shapeshiftという仮想通貨に関する施設が登場しました。仮想通貨同士の両替所のことで、両替の際の手数料も安いです。使い方や特徴を知り、Shapeshiftをマスターすれば取引が便利になりますし、手数料の悩みも解決します。両替所の使い方を学びましょう。

Shapeshiftとは?使い方・特徴・手数料すべてを解説!のイメージ

目次

  1. 1Shapeshiftとは?  インスタント仮想通貨両替サービスとは?
  2. 2ShapeShiftの特徴
  3. 3Shapeshiftはアプリ使用も可能
  4. 4Changellyとの違いは?
  5. 5ShapeShift使い方〜両替方法〜
  6. 6ShapeShiftの手数料
  7. 7ShapeShiftのメリット
  8. 8ShapeShiftのデメリット
  9. 9ネム(NEM)がShapeShiftに追加
  10. 10Shapeshiftの使い方・特徴・手数料まとめ
  11. 11この記事を読んだ方はこちらも読んでいます
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Shapeshiftとは?  インスタント仮想通貨両替サービスとは?

Shapeshiftは2014年の8月より登場した仮想通貨同士の両替所です。Shapeshiftとは『人間が人間以外の動物や植物に変身する』という意味を持つ英語のことで、また様々な姿に変身する妖怪の名前も示します。

coincheckやbitFlyerなどの仮想通貨取引所は、現金を仮想通貨に変えることは可能ですが、仮想通貨同士の両替は難しいです。

そこで登場したのがShapeshift、Changellyといった両替所が提供するインスタント仮想通貨両替サービスです。
 

インスタント仮想通貨両替サービスとは仮想通貨同士の両替を可能とするシステムを意味します。例えばBitcoinからBlackcoinに両替したくなった時、このシステムで瞬時に両替することができます。


この仮想通貨両替サービスを行う代表的な両替所がShapeshiftです

スイスが生んだShapeShiftという両替所

Shapeshiftはスイスを本拠地としています。法定通貨を使用せず、あらゆる取引を仮想通貨で行うことがShapeshiftの特徴です。円やドル、ユーロや元などの世界に活躍する通貨を使用せず、仮想通貨だけを扱うのがShapeshiftです。

近年は現金を使用しない人が増えていて、クレジットカードや電子通貨での支払いが主流となってきています。遠くない将来仮想通貨が支払いの主流になる時代も来るかもしれません。そうなるとShapeshiftのような仮想通貨両替所の出番も増えてくるでしょう。

日本でも仮想通貨が話題にのぼることが増え、Shapeshiftで両替をする日本人も増えてきています。Shapeshiftは日本語対応をしていることもあり、その便利さによって日本でも人気を誇っています。

ただ、法定通貨を使わない両替所なので、交換したコインを日本円に交換したい場合は、取引所にその通貨を移す必要があります。 (日本で取り扱いのない通貨の場合は、取り扱い通貨への交換が必要です)

国内取引所ならアルトコインの取り扱い数が日本一のコインチェックをお勧めします。
交換できる通貨の数が最も多いコインチェックは持っておくべき取引所です!

口座開設は下のボタンをクリックして30秒でできます!

コインチェックの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbcoincheckの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ShapeShiftの特徴

仮想通貨の投資者に高い人気を呼んでいるShapeshiftですが、その大きな特徴はいくつもあります。

最近は仮想通貨の知名度が上がるにつれて、仮想通貨の取引所のアカウントを作ったり仮想通貨を購入するハードルは低くなっていますが、仮想通貨同士の両替所についての話題は少ないです。

そこでこちらではShapeshiftやChangellyのような両替所の特徴について紹介していきます。

最近では迅速な両替が簡単となった他にも、Shapeshiftはネム(nem)を取り扱うようになりさらに魅力を高めました。

仮想通貨に投資している方々も、Shapeshiftには大いに注目しています。暗号通貨同士の両替が手軽にできるという利点に多くの方が魅了されて、Shapeshiftを利用する人も激増しています。スイスで生まれたShapeshiftは、世界中で大活躍しています。

Shapeshiftは匿名性が高い

Shapeshiftは投資家のプライバシーを最大限に配慮していて、利用の際にアカウント作成に必要な住所や本名などの入力を行いません。これにより、仮想通貨の両替をすぐに行える上に、また個人情報が外部に流出する危険もありません。必要なのはコインのアドレスだけです。

Shapeshiftは取引を行う為のアカウントを必要としません。強いて言えば、両替に使用する為のコインアドレスこそがアカウントと呼べるでしょう。アカウント作成に必要な個人情報を入力しなくて済むので、自分の身を守ることが可能です。

近年のインターネットを扱うには自衛の手段が求められます。そこでShapeshiftを利用すれば取引から個人情報が知られることはありません。個人情報を守りたい人にアカウント作成のいらないShapeshiftは最適な仮想通貨両替所と言えるでしょう。

仮想通貨同士の両替が可能なShapeshift

Shapeshiftの最大の特徴は仮想通貨同士の両替所という、業界の中でも希少価値が高い点にあります。仮想通貨の販売所は徐々に増えていますが、両替所の方はShapeshiftとChangellyが代表的となっていて、まだ両替所は多く展開されていません。


仮想通貨の両替所は取引所と比べて数が少ないことが現状です。その為、Shapeshiftの登場によって両替所の存在が重要視されるようになり、利用する人も増えています。利便性の高さとスピーディーさが、高い人気を呼ぶ要因となっています。

日本ではHIGHSPEED EXCHANGEと呼ばれる新たな仮想通貨の両替所が展開されました。ShapeshiftやChangellyと合わせて、これから仮想通貨の両替所は今後もっと数を増やす可能性を秘めています。両替所について知っておきましょう。

Shapeshiftの仮想通貨は手数料がない

通常、仮想通貨と仮想通貨を交換する際は手数料がかかります。

しかしShapeshiftで両替を行った場合、手数料がかからないことが大きな特徴です。通常の取引は両替の際に手数料がかかりますが、そのデメリットが解消されています。

Shapeshiftはすぐに仮想通貨の取引ができる

普通は仮想通貨取引所のアカウントを作成する際、住所や氏名などの個人情報を入力して、その後に取引所から専用のハガキが届くまでに数日待たなければいけません。

しかしShapeshiftはアカウントを必要としないため個人情報を入力することもなく、その場ですぐ利用できます。

仮想通貨の取引は時間との戦いになるので、少しでも時間を大切にしたい人にとってはアカウント作成のいらないShapeshiftという両替所はとても頼もしい存在です。

Shapeshiftはアプリ使用も可能

Shapeshiftはスマートフォンで利用できるアプリもあります。日本語の対応はしていませんが、基本的な操作方法はPCとほとんど同じです。まずはShapeshiftのアプリをダウンロードして、仮想通貨同士の両替を行いましょう。

Shapeshiftのアプリも、持っている仮想通貨と両替先のアドレスをそれぞれ入力します。その後に『SHIFT』の部分をクリックすれば、その時点で両替が完了します。日本語に対応していませんが、アドレスを入力する点では同じなので、簡単に利用できます。

Changellyとの違いは?

ShapeshiftとChangellyは幅広く展開されている二つの仮想通貨両替所ですが、実を言うと微妙な違いがあります。

Changellyは扱う仮想通貨の数が豊富で、また手数料が極めて安いことが大きな特徴です。また両替する際の手数料が安く済みます。

一方で、Shapeshiftも仮想通貨は多く扱っていますがChangellyと比較すると劣ります。また手数料もマイナー手数料が加算されて、そのぶん少しだけChangellyより割高です。

しかし、Changellyにはメールアドレスの入力が必要なので、完全な匿名性が確保されているとは言えないところがありますが、Shapeshiftにはその必要がないため匿名性がより高いという違いもあります。

ShapeshiftとChangellyの二つを上手く利用して、どちらが自分に向いているのかを考えてみましょう。

仮想通貨両替所の使い方

ShapeshiftとChangellyはそれぞれに特徴が分かれているので、それぞれを使い分けることが大事です。

手数料を節約したい場合はChangellyを利用して、アカウントを作成せずにより手早い取引がしたい場合、Shapeshiftを選びましょう。

両方の取引所は特徴が異なりますが、日本語対応している上に手早く利用ができる点では共通しています。また取引所によっては特定の仮想通貨を扱っていない場合もあるので、複数の両替所を上手に使うことをおすすめします。

ShapeShift使い方〜両替方法〜

ここからはShapeshiftの使い方について紹介させて頂きます。仮想通貨の取引や両替は敷居が高いと思われるでしょうが、実はそこまで難しくありません。

誕生して僅か数年ですが、Shapeshiftは既に多くの人から愛用されています。SNSでもShapeshiftの話題が頻繁に出ていて、Shapeshiftの影響力が世界規模になっています。

使い方①

まずはShapeshiftのサイトにアクセスをして、右上の矢印のマークにカーソルを合わせましょう。初めは英語でサイトが表記されているので、まずは使い慣れている言語に変更します。ここで日本語を選択します。

使い方②

日本語に変わったら「先へ進む」にカーソルを合わせてクリックしましょう。Shapeshiftは日本語や英語だけでなく、様々な言語に対応しているので世界中から注目されています。今後、Shapeshiftは規模を拡大されていくでしょう。

また、仮想通貨のアイコンにカーソルを合わせてクリックすれば、両替する側と受け取る側の仮想通貨を自由自在に変えることが可能です。

BitcoinやDashなど、仮想通貨は幅広く扱っています。自分が持っている通貨と、両替したい側の通貨を決めましょう。

使い方③

扱う仮想通貨を決めて「先に進む」をクリックした後は、まずは交換したい仮想通貨のアドレスを入金アドレス(写真の赤枠)に入力しましょう。

その下の受け取りアドレス(写真の黄色枠)に違うアドレスを入力して、規約に同意して取引を開始すれば、その時点で成立します。慣れれば数分で取引が可能です。

流れ自体はとてもスムーズに進み、また単純です。

しかしShapeshiftの利用規約を確認して、その上で両替は慎重に行いましょう。神経質になる必要はありませんが、無計画に両替をしては損をするリスクやアドレスの打ち間違い等により受け取り内というリスクもありますので、まずは少額の両替から試しましょう。

ShapeShiftの手数料

仮想通貨を扱う際に忘れてはいけないのは手数料の存在です。Coincheckを始めとした多くの取引所では、仮想通貨の購入で手数料が発生します。

Shapeshiftの場合は、両替自体に手数料はかかりませんが、それとは別にマイナー手数料というものが発生します。

マイナーとは仮想通貨を新たに生み出す人のことで、仮想通貨の生成をマイニングと呼びます。これがShapeshift側ではなく、マイナー達に手数料が支払われる仕組みです。

手数料の代わりの収益

では、手数料を取らないShapeshiftがどうやって利益を出しているのかについて解説します。スプレッドを活用することで利益を出しており、Shapeshiftは運営されています。
スプレッドとは通貨の売値と買値の差を意味する言葉です。

両替の際のレートが低く設定されていて、通常のレートからその両替の際のレートを引いた分の金額がShapeshiftの収益になります。その金額は、だいたい取引額の0.5%くらいといわれています。

コインチェックのような国内取引所でアルトコイン同士を交換しようとした場合、いったん日本円やビットコインに交換してからそれを欲しいコインに交換しなければいけませんので、二重に手数料がかかり、その金額はコイン価格の5%を超えることもあるようです。

マイナー手数料と合わせても、Shapeshiftの実質の交換手数料は随分安いと言えるでしょう。

ShapeShiftのメリット

個人情報を守る為にアカウントを作らない匿名性と、取引の早さがShapeShiftにおける最大のメリットと言えます。

サイバー攻撃の悪意によって、個人情報の流出を恐れる人にとっては頼りになる味方となります。個人情報の保護と迅速な取引を両立させた新しい両替所と言えます。

Bitcoinを持っているけれど、DashやBitcoinCashなどの別の仮想通貨が欲しくなった時はShapeshiftを利用しましょう。コインのアドレスさえ入力することができれば、その場で両替が成立するので手早く別の仮想通貨が手に入ります。

ShapeShiftのデメリット

2016年にShapeshiftはハッキングの被害に遭い、それが原因でサーバーが一時的に不安定になったことがあります。幸いにも顧客のコインが盗難される被害はありませんでしたが、まだシステムやサーバーが万全でないことがデメリットです。

ハッキングはShapeshift内部の人間が手助けして、外部のハッカーにサーバー内部のセキュリティ情報を売却した報告もあります。

既にそのスタッフは解雇され、新しくセキュリティを用意した上でサービスを再開していますが、まだまだ課題は多いです。

またその匿名性から時に犯罪に利用されるケースもあり、Shapeshiftの偽サイトが作られて仮想通貨が盗難された被害がいくつか確認されています。今は被害は減少の傾向にありますが、今後は何らかの規制がかかる可能性もあります。

取引の最大額が少ない

Shapeshiftのもう一つのデメリットとして、一度の取引額に制限が存在することです。これにより一度に大量の仮想通貨を両替することは不可能で、実行したい場合は何回かに分けて行う必要があり、その分だけ手数料がかかってしまいます。

特別な事情があるなら別ですが、もしも一度に大量の仮想通貨が必要になった場合は取引所で購入しましょう。両替を繰り返しては余分な出費が増えてしまうので、おすすめはできません。仮想通貨を扱うなら、取引所と両替所を使い分けることが必要となります。

2017年の12月時点の最低取引額は0.01421588 BTCで、最高額は0.35265034 BTCとなっています。今後、この数値はいくらでも変わっていくので、一時的な数値に惑わされないよう常にチェックしていきましょう。

大量の両替をするなら手数料が安く交換できる取引所なら以下の取引所がおすすめです。

<ザイフ>
国内で最も手数料が安いザイフは仮想通貨と円の交換では一番お得にできる取引所です。
取扱通貨の数も多く口座を持っておきたい取引所です!

口座開設費も維持費も無料なので持っていなかった人はこの機会にぜひ登録をオススメします!

ザイフの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、取り扱い通貨が多く手数料が安いと言えば海外取引所がおすすめです。

その中でも有名どころで唯一日本語対応をしているバイナンスという世界最大規模の取引所がおすすめです!
海外取引所と言うとなんだか怖いイメージを持ってしまいますが、バイナンスは世界中の人に利用されている人気の取引所です!

世界中の人が利用しているバイナンスはすぐに登録ができて便利です!口座開設費も維持費もいらないのでぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

ネム(NEM)がShapeShiftに追加

Shapeshiftにネム(nem)が追加されたことによって、世界の有名どころ仮想通貨のすべてがShapeshiftで入手が容易となりました。これによって、ネム(nem)を手に入れるまでの手間が大幅に省かれて、またShapeshiftではネム(nem)から他の仮想通貨に両替することも可能です。

ネム(nem)とは何か

ネム(nem)とは仮想通貨のプロジェクト名であり、New Economy Movementの略語です。

これまではネム(nem)が購入できる取引所は限られていた為、Coincheckやザイフに登録していない投資家はネム(nem)を入手しにくい状態にありました。しかしShapeshiftにネム(nem)が追加されたことで、別の仮想通貨との両替が可能となっています。

ネム(nem)の単位はゼム(XEM)と表記されています。今後、ネム(nem)の価値はどんどん上がっていく可能性があるので、興味があればネム(nem)についても調べてみましょう。ネム(nem)をきちんと利用すれば、今後の仮想通貨の取引も楽しくなります。

ネムの詳しい解説については、あわせてこちらもご覧ください。

Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ネム(nem)を日本円に換金するなら、ネム(nem)の取引所があるZaifがお勧めです
日本の取引所の中で一番お得に取引ができます。

Zaifの口座開設の手順はこちらをお読みください。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Shapeshiftの使い方・特徴・手数料まとめ

仮想通貨の両替所であるShapeshiftとChangellyについて紹介させて頂きましたが、どちらも簡単に利用できます。

両替に必要な時間は10分もかからず、またコインのアドレスさえあればアカウントも必要としないことがShapeshiftです。

仮想通貨同士の両替ができる場所は少ないので、Shapeshiftの需要はとても高いです。それに加えて使いやすく、また多額の手数料も必要としません。世界の投資家にとって両替所の価値が上がりつつあるので、是非ともShapeshiftを利用してみましょう。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨取引所のスプレッドとは?各取引所の手数料比較と選び方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨・ビットコインの関連銘柄まとめ!【2017年〜2018年】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side