仮想通貨・ビットコインの関連銘柄まとめ!【2017年〜2018年】

2017年で注目をあびたビットコイン関連銘柄をピックアップしました。2017年にどのようなニュースがあったかだけでなく、2018年の予定からみるビットコイン・仮想通貨関連銘柄の予想も一緒にお伝えします。2018年のビットコインはどうなっていくのでしょうか?

仮想通貨・ビットコインの関連銘柄まとめ!【2017年〜2018年】のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨・ビットコインの関連銘柄とは?
  2. 22017年の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄の主なチャートの動き
  3. 32017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄6選!
  4. 42017年~2018年版仮想通貨・ビットコインの関連銘柄一覧
  5. 5ビットコインの未来を予想し、2018年の関連銘柄を買おう
  6. 62018年、ビットコイン以外で気になる仮想通貨や関連銘柄の動き
  7. 72017年~2018年仮想通貨・ビットコインの関連銘柄まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨・ビットコインの関連銘柄とは?

※かぶたん 仮想通貨のビットコイン・関連銘柄一覧

仮想通貨・ビットコインの関連銘柄」とは、仮想通貨・ビットコインに関連していて、上場している企業をさします。

2017年は仮想通貨・ビットコイン共に動きやニュースの多い年で、関連銘柄の株も大きく伸びるチャートも見受けられました。

今回は2017年のチャートや2018年に行う仮想通貨・ビットコインのニュースをもとに、2018年も注目の仮想通貨・ビットコイン関連銘柄をご紹介しようと思います。


ビットコイン投資がまだの人は、多くの人が入ってくる前の、お得な今のタイミングでビットコイン投資をするのおすすめです!
ビットコイン投資をするなら取引すればするほどビットコインをもらえるザイフがおすすめ!

ビットコインのチャート分析はこちらの記事で毎日しています!

Thumbビットコインの本日の価格相場の推移・チャートの見方・今後の予想【2017/12 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄の主なチャートの動き

2017年はビットコイン・仮想通貨の元年ということもあり、関連銘柄が積極的にビットコインを取り入れる動きの多い一年でした。

主にビットコイン取引所との提携運営開始新しい仮想通貨の導入開発、さらにビットコインを利用できるサービスなどさまざまなニュースが飛び交い、その反応がビットコイン関連銘柄の株価チャートに反映されることが多く見受けられました。

2017年の初めにビットコイン・仮想通貨のニュースがでた企業は、そのまま右肩上がりになり続けることが多く、今後の期待の強さが感じられます。

2017年に右肩上がりになった企業は、2018年にもビットコイン・仮想通貨関連のニュースを予定している企業も多く、その銘柄はより伸びの強いチャートになっています。

2017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄6選!

2017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄①SBIホールディングス

【8473】SBIホールディングスの株価チャート(月足)

まずご紹介するビットコイン・関連銘柄は「SBIホールディングス」。三井住友銀行と共同出資で運営している「住信SBIネット銀行」の関連銘柄です。東証1部に上場しています。

こちらの銀行はビットフライヤー(bitflyer)、ザイフ(zaif)、コインチェック(coincheck)の大手取引所3社と提携があり、仮想通貨やビットコイン購入のための日本円入金にとても便利な銀行です。同じ銀行を利用していれば手数料も抑えられます。

2017年1月には仮想通貨リップルを利用する「リップルネットワーク」を開発したリップル社と、海外の大手取引所クラーケンファンドボックス、そして先ほどの株式会社ビットフライヤー(bitflyer)、それぞれビットコイン関連の大きな企業に出資を始めました。

5月には「SBI Ripple Asia株式会社」をリップル社と共同設立し、日本含むアジアを中心にブロックチェーンに関する取り組みを始めています。

11月には「SBIバーチャルカレンシーズ」を設立。ビットコインや仮想通貨の交換・取引サービスなどが行えるようになります。現在もまだ準備段階ですが、一般口座登録が12月下旬から受付を開始するようです。

このように、SBIバーチャルカレンシーズの親会社であるSBIホールディングスはかなりビットコインや仮想通貨に関して積極的な関連銘柄でした。株にも反映されており、とても過熱的です。

SBIバーチャルカレンシーズの取引開始は2018年のはじめだそうですので、SBIホールディングスは今からかなり期待できるビットコイン・関連銘柄といえるでしょう。

ThumbSBIバーチャルカレンシーズはいつ?優先口座開設メールの配信開始! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄②フィスコ

【3807】フィスコの株価チャート(月足)

続いてのビットコイン・関連銘柄は「フィスコ」。東証ジャスダックに上場しています。株価チャートは長期的に右肩上がりになっています。

フィスコは投資家支援のための金融サービスやツールを提供する関連銘柄で、各金融商品の分析や最新情報をリアルタイム配信を行う「マーケットリサーチ」調査レポートや情報サイト、株価予想ツールなどの「サポートツール」、初心者からプロまで学ぶことの出来ます。

また金融・証券の実践的な知識の教育講座「フィスコフィナンシャルカレッジ」などを展開していて、プロはもちろん、初心者が投資を始める要素がそろっている関連銘柄といえます。

仮想通貨取引所も子会社として所有しており、ビットコイン・モナコインをメインに扱っていましたが、2017年9月にザイフ(zaif)のみで取り扱われていたトークン「フィスココイン」「カイカコイン」「ネクスコイン」を日本円、またはビットコインでの取引をはじめました。

またビットコインキャッシュも取引可能になり、ビットコインや仮想通貨の充実した関連銘柄になり続けています。マーケットリサーチやサポートツールと取引所の組み合わせにより、今後ビットコインや投資に興味を持った新しい投資家が増えることでしょう。2018年も期待できる関連銘柄です。

2017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄③三菱UFJフィナンシャルグループ

【8306】三菱UFJフィナンシャルグループの株価チャート(月足)

次のビットコイン・関連銘柄は「三菱UFJフィナンシャルグループ」。東証1部に上場しています。

三菱東京UFJ銀行(平成30年から三菱UFJ銀行に変更)は国内でも大きい銀行の一つとして知られていますね。株価は2016年ごろから右肩上がりになっています。

三菱UFJフィナンシャルグループは2016年から「MUFGコイン」という独自コインの実験を行っていました。同年7月にはアメリカの大手仮想通貨取引所「コインベース」に10.5億の出資を行っています。

2017年の3月にはリップルネットワークを利用した送金を取り入れることを発表し、それ以降三菱UFJフィナンシャルグループの株価と合わせて、リップルの価格も大きく上りました。

MUFGコインは日本円と価格をそろえている「ペッグ通貨」ですので、リップルネットワークを利用した送金システムと合わせて利用するということなのでしょう。日本円の価格に準拠するので相場も安定しやすいコインといえます。

MUFGコインとリップルネットワークを利用した送金技術は2018年の頭から本格的に始める予定だそうなので、今後も期待が高まる関連銘柄と言えるでしょう。

2017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄④マネーパートナーズグループ

【8732】マネーパートナーズグループの株価チャート(月足)

こちらの関連銘柄は「マネーパートナーズグループ」。東証1部に上場しています。2011年頃から長期的に右肩上がりになっていますね。

2005年にインターネットを利用した、一般投資家向けの外国為替証拠金サービスを提供目的として設立されました。

2017年3月に「マネパカード」と呼ばれる、外貨に両替してから入金できる旅行向けのプリペイドカードの発行をはじめました。4月にはザイフ(zaif)と提携し、ザイフ(zaif)からビットコインを利用し外貨に両替入金ができるようになっています。

主にFXなどの外為向けの関連銘柄ですが、マネパカードを扱っている関係で9月には仮想通貨交換業の登録も完了しています。

まだビットコイン関連での取引は行っていないようですが、FXの関連銘柄であれば取引所の運営も遠い先ではないかもしれません。また、2018年にはビットコインの価格によっては利用方法としてマネパカードを選ぶ人も増える可能性も高いです。期待の要素が大きい関連銘柄ですね。

2017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄⑤GMOペイメントゲートウェイ

【3769】GMOペイメントゲートウェイの株価チャート(月足)

次の関連銘柄は「GMOペイメントゲートウェイ」。GMOは「GMOコイン」という取引所も持っていますが、こちらのGMOペイメントゲートウェイはクレジットカードやネット決済を中心とした決済の仲介を行う企業です。東証1部に上場していて、株価の伸びもここ数ヶ月勢いが良いですね。


またビットフライヤー(bitflyer)と提携しており、加盟店と消費者間の支払いをビットフライヤー(bitflyer)のプラットフォーム内で終了させることで、本来10分とかかるところを即時決済することができるようになっています。

2018年はビットコインを利用できる環境も重視されると思われるので、GMOペイメントゲートウェイの決済システムは需要が高まっていくことでしょう。

2017年~2018年も注目の仮想通貨・ビットコインの関連銘柄⑥セレス

【3696】セレスの株価チャート(月足)

最後にご紹介する関連銘柄は「セレス」。東証1部に上場しています。関連銘柄としては新しい会社ですが、ここ2ヶ月では大きく伸び上がっています。

セレスはスマートフォンの広告メディアです。広告の閲覧、アプリのダウンロード、ショッピング、アンケート回答などをユーザーが行い、溜めたポイントをお金に換えることができます。

ビットコインをはじめ、多くの仮想通貨を取り扱うコインチェック(coincheck)の株式を持っており、2017年7月にはビットバンクとの業務提携を始めました。

また2017年11月には、子会社マーキュリーによるマイニング事業がはじまり、将来的には取引所も運営予定になっているようです。これがもし2018年中に行われるとすると、関連銘柄として大きな動きが見られるでしょう。

2017年~2018年版仮想通貨・ビットコインの関連銘柄一覧

銘柄名 証券コード 上場 企業概要
カイカ 2315 ジャスダック上場 ブロックチェーンなどの最先端技術研究を行っている。
2017年4月にフィスコと業務提携。
ファステップス 2338 東証2部上場 教育、学習のアプリ開発の会社。
2017年7月に子会社がビットコイン・仮想通貨の取引所の運営を開始。
マーチャント・バンカーズ 3121 東証2部上場 2017年2月にビットコイン取引所「BtcBox」と業務提携。
VOYAGE GROUP 3688 東証1部上場 子会社VOYAGE MARKETINGがビットフライヤー(bitflyer)と提携。
自社のポイントをビットコインに交換できるサービス開始。
ロックオン 3690 東証マザーズ上場 テックビューロ(ザイフ(zaif)の運用会社)と業務提携。
自社のネットショップでビットコイン決済を開始。
リアルワールド 3691 東証マザーズ上場 ビットフライヤー(bitflyer)と業務提携。
自社のクラウドサービスで貯めたポイントをビットコインに交換できる。
インターネットイニシアティブ(IIJ) 3774 東証1部上場 コインエクスチェンジやキーチェインと協業し、仮想通貨のネットワーク環境を作る事業を2017年上旬から開始。
オウケイウェイヴ 3808 名証セントレックス上場 ザイフ(zaif)を運営するテックビューロや、ビットコイン関連サービスを展開する企業ブレッドウォレットと業務提携。
リミックスポイント 3825 東証2部 傘下にビットコインやイーサリアムの仮想通貨を扱う取引所ビットポイントジャパンがある。
インフォテリア 3853 東証マザーズ上場 2017年4月にブロックチェーン推進協会と共同で仮想通貨「Zen」の実験を開始。
ジグソー(JIG-SAW) 3914 東証マザーズ上場 情報・通信システム会社。ビットコインを使った不動産の決済支援サービスを行う。
アイリッジ 3917 東証マザーズ上場 ブロックチェーンを活かした電子地域通貨の商品化を行う。
メタップス 6172 東証マザーズ上場 2017年3月にAIによる仮想通貨の取引データを解析。
投資アルゴリズムを作り上げる。
GMOメディア 6180 東証マザーズ上場 ビットコインでオンラインゲームのアイテム購入を可能にしたサービスを行う。
みずほ FG 8411 東証1部上場 日本IBMと共同し、仮想通貨「みずほマネー」を開発。
ビットフライヤー(bitflyer)と業務提携。
カブドットコム証券 8703 東証1部上場 MUFGイノベーションラボと共同し、企業コイン「OOIRI」を導入する。
トレイダーズホールディングス 8704 ジャスダック上場 2017年4月に子会社「みんなのビットコイン株式会社」が仮想通貨取引所サービスの提供を始める。
GMOインターネット 9449 東証1部上場 2017年5月に子会社「GMOコイン」がビットコインの売買ができる取引所を開始。アルトコインも取り扱う。

こちらはピックアップしたビットコイン・仮想通貨の関連銘柄以外の、2017年に主に動きのあったビットコイン関連銘柄一覧です。株価チャートを見ると、現在上昇が強いのはインフォテリアカブドットコム証券マーチャントバンカーズファステップスと感じました。

カブドットコム証券は2012年から長期的に伸び続けています。三菱UFJフィナンシャルグループの専業ネット証券会社です。

マーチャント・バンカーズは2016年8月頃に医療や電気自動車の関連企業に出資・協業を行っており、その頃から右肩上がりになっていますが、ビットコイン取引所「BtcBox」と業務提携した2017年2月にも急激に伸び始めています。

インフォテリアは2017年5月から安定して上昇しています。4月末に行った仮想通貨「Zen」の実験を開始したあたりですね。

ファステップスは2017年7月から伸び始めました。こちらの関連銘柄は主に教育、学習のアプリ開発の会社ですが、2017年7月に子会社がビットコイン・仮想通貨の取引所の運営を始めたことで注目が集まっています。

また、GMOの関連会社はどの銘柄も右肩上がりになっていました。ビットコイン以外でもサービスが抱負で有名な企業ですので、頷けます。

Thumbビットコイン関連銘柄はこの7銘柄が本命!?おすすめまとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインの未来を予想し、2018年の関連銘柄を買おう

2017年になり、来年のビットコインの予想がたくさん出回っています。未来を予想するプログラムAI「ウェブポッド」によると、2018年2月頃から大きく伸びるのでは、というお話でているようです。動画でもビットコインや他の仮想通貨を挙げ、いろいろな予想が行われています。

ただ12月中にビットコインはハードフォーク(改良やアップロードのようなもの)の影響で、新しいビットコインの分裂がたくさん生まれる予定でもあり、予想通りに動くとは言いきれません。

ビットコインのハードフォークで生まれる予定だった「segwit2x」というアップデートも今だ中断中であり、こちらも2018年には導入されるかも知れません。
segwit2xについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbsegwit2xのハードフォークとは?ビットコインの分裂と問題点解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインは仮想通貨の先駆けですが、その分もっとも技術が古いです。とても性能の良い仮想通貨が今後生まれた場合、ビットコインと入れ替わることもあり得ます

いろいろなサイトの考えを参考にするのはヒントになりますが、やはり大事なのはビットコインの知識を増やし最新のニュースを頼り自分自信で予想をすることだと思います。

2017年が仮想通貨元年とよばれているので、2018年からもっと企業が参入することでしょう。そうなるとビットコインのニュースもたくさんみることが簡単になるはずです。

ちなみに、すでにビットコインを超えると呼び声が高い通貨としてイーサリアムがあります。
そのイーサリアムについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

将来ビットコインを超えると言われているイーサリアムを購入するならコインチェックがおすすめです!

ビットコイン以外の通貨も簡単に取引ができるコインチェックなら、他にも今年100倍以上とビットコインよりも価格を伸ばした通貨を多く取り揃えているコインチェックは、これからのアルトコインの時代で外せない取引所です!

Thumbコインチェック(coincheck)の取り扱い通貨・銘柄の種類を紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

2018年、ビットコイン以外で気になる仮想通貨や関連銘柄の動き

ここからは個人的な意見ですが、ビットコイン以外で注目したい仮想通貨はリップルが挙げられると思います。今回の記事でも、例えば三菱UFJフィナンシャルグループが「リップルネットワーク」を取り入れた送金を始める予定だったり、SBIホールディングスもリップルと共同でブロックチェーンの実験を行っています。

リップル自体が金融関係でとてもありがたい送金システムですので、個人より企業が頼る仮想通貨になると考えると、大きな資金が関わりやすいと考えます。コインチェック(coinckeck)もリップルの取り扱いを続けており、GMOコインもリップルの取り扱いを初めました。

つまり関連銘柄でいえば、コインチェック(coinckeck)の株式を持っているセレス、またはGMOもリップルの今後のニュースで大きく伸びる可能性は高いと言えます。

さらにビットコインの価格がかなり上がり、そろそろ使いたいという投資家も増えていることと思います。お買い物に直接ビットコインを使えたり、活用できるプラットフォームをもつ関連銘柄は伸びる可能性が高いでしょう。

総合すると、関連銘柄はGMOが取り扱い通貨もビットコイン関連のサービスでもかなり良い感じですね。ビットコインで直接決済できるのは国内ではまだ少ないですから、GMOのビットコイン関連サービスが主軸になったら、株価もかなり動く可能性は高いですね。

2017年~2018年仮想通貨・ビットコインの関連銘柄まとめ

今年の関連銘柄のニュースを元に、2017年のビットコイン関連の動きの強かった関連銘柄、そして今後、2018年の予定などをご紹介しました。

個人的には先ほどあげたGMO、また取引所と提携の多いSBIホールディングスや、独自のコインや仮想通貨の送金システムを利用する予定の三菱UFJフィナンシャルグループは伸びが強いのでは、と思います。

もちろん必ずとはいいきれないことですので、ニュースを常に確認しつつ関連銘柄を買ったり、または応援したい関連銘柄を購入するのも良いでしょう。2018年もご自身にあった投資で楽しんで行いましょう。


今回何度も話題に上がったリップルについて詳しく知りたい方はこちらでリップルについて解説中です!

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbビットコインとライトコインの違いを特徴とともに徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbLiskとEthereumの違いは?特徴・仕組み・将来性を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbSBIバーチャルカレンシーズはいつ?優先口座開設メールの配信開始! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side