ブロックチェーンウォレット(Blockchain wallet)の作成方法とは?ログインなどの使い方マニュアル

ブロックチェーンウォレット(Blockchain wallet)はビットコインを扱うウォレットの一つです。ウォレットはいくつかありますが、その中でもブロックチェーンウォレットは高い人気を誇ります。その人気の秘密と使用方法について見ていきたいと思います。

ブロックチェーンウォレット(Blockchain wallet)の作成方法とは?ログインなどの使い方マニュアルのイメージ

目次

  1. 1ブロックチェーンウォレットって?
  2. 2ウォレットの種類
  3. 3ブロックチェーンウォレットの作成・サインアップ画面
  4. 4ブロックチェーンウォレットの「作成・登録・メールの確認」方法
  5. 5ブロックチェーンウォレットの「作成・登録後のログイン」
  6. 6ブロックチェーンウォレットのセキュリティ強化
  7. 7ブロックチェーンウォレットができたら!
  8. 8ブロックチェーンウォレットの使い方~受信~
  9. 9ブロックチェーンウォレットの使い方~送信~
  10. 10ブロックチェーンウォレットのアプリを利用!
  11. 11ブロックチェーンウォレットの使い方まとめ!
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ブロックチェーンウォレットって?

ブロックチェーンウォレットとはよく言われる「ブロックチェーン」という技術とは別のものです。

ブロックチェーンウォレットと呼ばれる、ウェブウォレットというビットコインを預けて置けるウェブ上の財布のようなサービスの一つを言います。

ブロックチェーンウォレットの説明の前にビットコインのウォレットとはどういうものかを理解しておいたほうが良いかと思われます。ウォレットとは「長財布」の意味を持ちますが 簡単に言うとビットコインを出し入れする保管場所です。銀行のようなものです。
この保管場所であるウォレットは大きく分けて4つあります。

ウォレットの種類

ウォレット…①デスクトップウォレット・モバイルウォレット

デスクトップウォレット・モバイルウォレット。
これらは、デスクトップ=パソコン内、そしてモバイル=携帯電話・スマートフォンにウォレット環境をつくります。そしてそこにビットコインを保管します。

・メリット
その端末がウィルス対策をしっかりとしていればかなりセキュリティが高いです。
・デメリット
その端末でなければ利用ができなくなり利便性が低いことです。

ウォレット…②ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは読んで字のごとく紙媒体でのビットコイン等仮想通貨の保存方法です。

・メリット
ハッキングの可能性がなくなり、とてもセキュリティが高く長期保存に向いています。
・デメリット
紙なので、無くなったり燃えたり、また紙がなければ利用ができないなど不便なところです。

ウォレット…③ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、ビットコインを取引するうえで必須である秘密鍵をUSBのようなもの(ハードウエア)で保管・管理する方法です。
イメージで言うと銀行のキャッシュカードのような物理的な鍵というものです。

・メリット
ハッキング対策としてとても有効でさらに持ち運びもできるので端末によらず、ネット環境があるところであるならセキュリティが高く利用できます。

・デメリット
ハードウォレットは購入にお金が必要ということとUSBがなくなる可能性があるということです。そうなるとかなり面倒な方法でバックアップをします。
 

ウォレット…④ウェブウォレット

ウェブウォレットはパソコンやスマートフォンのブラウザからウェブサービスを通して保管・管理するウォレットです。
今回のブロックチェーンウォレットは このウェブウォレットになります。
いくつかある保管・管理する場所の中でも人気のウォレットです。

・メリット
どこからでもネット環境があれば使えるので、利用するにはとても便利です。

・デメリット
ハッキングの脅威には常にさらされてしまうということです。

ウェブウォレットにはブロックチェーンウォレットのようなオープンソースなものと、取引所が提供する二つのものがあります。
取引所が提供するものももちろんハッキングの脅威には晒されてますが、ブロックチェーンウォレットにはない、ハッキング被害への保障を提供している取引所もあります。
保障プログラムを提供している取引所を少しご紹介!

ブロックチェーンウォレットの作成・サインアップ画面

ではブロックチェーン ウォレットへの登録の仕方を見ていきましょう!
まずはリンク先に行ってください。

ブロックチェーン ウォレット

トップ画面です。
↓↓↓

トップページの水色のボタンの「サインアップ」をクリックします。
するとサインアップ画面に変わります。
↓↓↓

eメール、パスワードを入力し利用規約を読んでOKならチェックを入れます。
チェックを入れたら以下のような画面になります。
↓↓↓

「始める」をクリックすると以下のような画面になります。
これで登録完了です。
↓↓↓

ブロックチェーンウォレットの「作成・登録・メールの確認」方法

登録したあとにメールフォルダを確認しましょう。
フォルダに以下のようなメールが届いています。
↓↓↓

設定完了ボタンを押して完了します。
↓↓↓

メールアドレスが認証されました。これもセキュリティの一つです。

セキュリティの強化については後ほど記述しますが とりあえず第一段階としてブロックチェーンウォレットの設定・登録が完了しました。

ブロックチェーンウォレットの「作成・登録後のログイン」

ここまでブロックチェーンウォレットの 作成・登録が済みました。
ここからログインしてみましょう。

試しにログアウトします。既にログアウト状態ならそのままで。
そして、ブロックチェーンウォレットのtopページを開きます。
そこから「ログイン」のボタンをクリックします。
↓↓↓

ログインボタンをクリックすると以下のような画面になります。
↓↓↓

ここからログインします。
ウォレット IDを忘れた場合は登録の際に使ったメールに記載してありますので確認してください。
ログインできると以下のような画面になります。
↓↓↓

ブロックチェーンウォレットのセキュリティ強化

ブロックチェーンウォレットのログインができる状態になったらセキュリティを強化しましょう。

ブロックチェーンウォレット…セキュリティレベル1

まずはログインし下記のようなトップ画面の状態にします。
この画面の右上の三本線のようなところをクリックします。
すると左側にいくつかのアイコンが出ます。
↓↓↓

下記のような画面になったら「セキュリティセンター」のところをクリックします。
↓↓↓

クリックすると以下のような画面になります。
お手元のパソコンの画面によって多少範囲が異なります。
「メールアドレス認証済み」に丸がされていますが これは既に終えています。
次は真ん中の「バックアップ・セキュリティフレーズ」をクリックします。
↓↓↓

「バックアップ・セキュリティフレーズ」をクリックすると以下のような画面になります。
↓↓↓

バックアップフレーズという青いアイコンをクリックすると以下のような画面になります。
↓↓↓

「リカバリーシートを印刷」というところをクリックするとPDFがダウンロードされます。
開くと以下のようなPDFが出ます。
これを印刷し「次のステップ」をクリックすると出てくる12個の単語を記入し保管します。
↓↓↓

「次のステップ」をクリックすると以下のような画面が出ます。
まずは1~4の単語が出ます。
これを先程印刷した用紙に記入します。
↓↓↓

「次の4つの単語」をクリックしたら5~6の単語が出てきます。
5~6の単語を記入し終えたら「次の4つの単語」をクリックします。
すると9~12の単語が出てきます。
全て記入し終えたら「最後のステップ」をクリックします。
すると以下のような画面が出ます。
↓↓↓

上記の画面は既に単語を記入していますが 指定された1~12の単語を記入します。
記入したら「終了」をクリックします。
「終了」を押したら以下のような画面になります。
この画面が出たら完了です。
↓↓↓

先程の画面の「閉じる」を押すと以下の画面になります。
これで、中央の部分に青丸がチェックされ完了しました。
次は「パスワードのヒント」です。
↓↓↓

ログイン時のパスワードのヒントを作成します。
英数字しか入力できません。
ご自身しか分からないヒントを作成し保管しましょう。
作成完了したらレベル1のセキュリティは完了です。
↓↓↓

ブロックチェーンウォレット …セキュリティレベル2

セキュリティレベル1が完了したらゲージが赤からオレンジに変わります
次にセキュリティレベル2にいきます。

セキュリティレベル2にある「携帯電話番号にリンクする」を完了させます。
携帯電話番号を入力し「保存」をクリックします。
↓↓↓

携帯電話番号を入力すると携帯電話にウォレット認証コードが届きます。
そのコードを入力し「認証」をクリックします。
↓↓↓

これで「モバイルがリンク付けされました」と表示されたので完了しました。
次は「2段階認証を有効にする」です。
「2段階認証を有効にする」の状態にある「有効にする」をクリックします。
↓↓↓

「有効する」をクリックしたら以下のような画面になります。
↓↓↓

選択は二つあります。
「Google認証システムまたはYubikeyを使用」「携帯番号を使用」です。

画面が出てきたときは「Google認証システムまたはYubikeyを使用」と出ていますが、下にある二つの丸があります。
最初は左側が青色で右側が白色になっていますが、右の白色を押すと「携帯番号を使用」の画面に変わります。
この二つのうちのどちらかを選択します。
↓↓↓

「Google認証システムまたはYubikeyを使用」を選択した場合、「Google Authenticator」というアプリをダウンロードすることになります。
このアプリを使って次の画面に表示されたQRコードを読み込みます。
読み込んだら「Google Authenticator」に出ているコードを入力します。
入力したら右下の「2段階認証を有効にする」をクリックして設定完了です。
↓↓↓

「携帯番号を使用」を選択した場合、クリックしたら以下のような画面になります。
これで設定完了です。
アプリをダウンロードするということはありません。
↓↓↓

2段階認証はどちらでもいいのですが、アプリをダウンロードするのは「Google認証システムまたはYubikeyを使用」の方ですが、アプリ無しで良いのは「携帯番号を使用」です。
アプリをダウンロードするかしないかですが どちらでも2段階認証は設定できます。

段階認証が設定完了したらセキュリティセンターのレベル2までが完了しました。
左の「セキュリティセンター」というところのオレンジのゲージが伸びているのが分かります。
↓↓↓

ブロックチェーンウォレット…セキュリティレベル3

次はラストのセキュリティレベル3です。
「Torリクエストをブロック」をクリックして以下のような状態にします。
ここから右下の「ブロック」を押します。
↓↓↓

以下の画面になれば完了です。
これでセキュリティレベル3まで設定完了しました。
ネット上で扱う以上は最低でもここまではやっておきたいものです。
↓↓↓

ブロックチェーンウォレットができたら!

ここまでブロックチェーンウォレットの作成・登録について書いてきましたが 実際にどうやって使うのでしょうか。
使い方を見ていこうと思います。

ブロックチェーンウォレットを使うにはビットコインを買わないといけない!

ブロックチェーンウォレットを利用するにはそのままアプリだけではできません。
ブロックチェーンウォレットでビットコインを扱うにはビットコインを別のところで買ってブロックチェーンウォレットに入れる必要があるのです。

ビットコインを買うなら取引量がおおく大手の安心感のビットフライヤーがおすすめ!

ブロックチェーンウォレットの使い方

ブロックチェーンウォレットではビットコインを買ったり売ったりすることはできません。できることは二つ。
受信
送信


ですのでビットコインを扱うにはまずビットコインを扱うのに取引所にてアカウント(口座)を作成することになります。取引所というのはCoincheck(コインチェック)などがそうです。そこでビットコインを購入します。

取引所でアカウントを作成したらその取引所内でビットコインウォレットが作成できます。そこからブロックチェーンウォレットのアドレスにビットコインを送金をする必要があります。

なぜわざわざブロックチェーンウォレットを利用する必要があるのか、それはハッキングを受けてすべての資産をなくしてしまわないようにするためです。複数のウォレットで分散して管理ですることで、資産をすべてハッキングで失うことを防ぎましょう。

ブロックチェーンウォレットの使い方~受信~

ブロックチェーンウォレットにビットコインを入れて保管する際は受信を行います。
まずは、「受信」をクリックします。
すると以下の画面になります。
↓↓↓

表示されているアドレスをコピーします。
このアドレスにビットコインを送れば ブロックチェーンウォレットに受信し保管されます。
QRコードをスキャンしても可能です。
このアドレスを間違えてしまうと二度と帰ってこなくなるのでQRコードやしっかりとコピーを取ることを必ず意識しましょう。

ブロックチェーンウォレットの使い方~送信~

ブロックチェーンウォレットから送信したいときは「送信」をクリックします。
すると以下の画面になります。
↓↓↓

宛先の欄に送信先のウォレットアドレスを入力します。
次にビットコインの送金したい量を入力。
説明の欄は自分のメモがわりに使います。用がなければ空欄でも大丈夫です。相手には伝わりません。

終わったら「続行」を押し、確認画面が出ますので 確認したら「send」・「送信」をクリックして完了です。

ブロックチェーンウォレットのアプリを利用!

ブロックチェーンウォレットの使い方として、パソコンからでもできるのですがスマートフォンからでも可能です。
スマートフォンから使用するにあたりアプリをインストールしなければいけません。
iPhoneならApp Store、androidならPlayストアからインストールします。

以下の画像はApp Storeです。

インストールが終わったら、ログインします。
↓↓↓

ログインしたら自動ペアリングの画面が表示されます。
このとき1に書いてあるようにPCまたはMacからブロックチェーンにログインします。
ログインしブロックチェーンの画面を出します。
そこから画面からQRコードを出しスキャンします。
↓↓↓

スキャンに成功したら以下のような画面になります。
PINコードを入力します。
新規PINの場合、この時点で決めて入力します。
↓↓↓

ログイン成功です。
↓↓↓

ブロックチェーンウォレットの使い方まとめ!

ここまでブロックチェーンウォレットの作成・登録と使い方を書いてきました。

ウォレットは仮想通貨を保管する手段の一つです。
ネット上で扱う以上はハッキングによる不正ログインが横行しています。
それを防ぐ手段がとして複数のウォレットでの管理が有効です。そのウォレットの一つで人気なのがブロックチェーンウォレットです。

作成の際のセキュリティなどは面倒かもしれませんが 仮想通貨を守るためには欠かせません。
できる限りの対策を施して 仮想通貨を扱っていきましょう。

仮想通貨取引歴2年

(24)

仮想通貨を取引したり決済で利用したりしている人のほとんどは複数のウォレットを持っています。
国内で最大手のbitflyer(ビットフライヤー)やCoinchek(コインチェック)でさえもハッキングの被害は過去にあったのです。(これらの取引所は保証がありますので、まだ安心ですが。。)

ウェブウォレットを持つ以上ハッキングは避けては通れない問題です。
自分で被害を最小限にできる努力としてもウォレットは複数持っている必要があります!

ブロックチェーンウォレットを活用するためにはビットコインを買おう!

今回紹介したブロックチェーンウォレットはとても利便性が高くおすすめのサービス(アプリ)ですが、ブロックチェーンウォレットでビットコインの保有や送金、支払いに利用するにはビットコインを仮想通貨取引所で購入しブロックチェーンウォレットに送金する必要があります!
ブロックチェーンウォレットを持っているだけではビットコインを利用することすらできません!

そこでここでは管理人"孝太"よりビットコインを買うならここというおすすめの取引所を紹介!


<ビットコインを安く買うなら手数料の安さNo.1のザイフ>
やはり何をするにしても安さは大事ですよね!
ザイフは現物取引という、いわゆるFXじゃない単純な日本円とビットコインを交換するだけの取引であれば、手数料はマイナスです!
つまり、安いどころの話ではなく、取引すればするほどビットコインがもらえるという不思議な状態です!
まずは安さが大事ならザイフがおすすめ!!

<ビットコインを大量にやり取りするなら取引量No.1のビットフライヤー>
ビットコインをやり取りする上で安さも大事!しかしそれと同じくらい大事なのは取引量です!
あまりピンときにくいかもしれませんが、取引量が多いことは実は実質の手数料を安くできるのです!
どういうことかというと、取引所でビットコインをやり取りする場合、買う人と売る人の間で金額に差が生まれます。この差をスプレッドといいます。取引量が少ない取引所だとなかなか希望した金額での取引が難しくなりスプレッドが大きく、つまり見えない手数料のようなものが高くなります!
実は小さな取引所で手数料無料と書いていても実際ビットフライヤーなどの手数料を取る大手と比べたら手数料無料の取引所の方が高くなるということもあるのです!
そういった意味でビットフライヤーはビットコインを購入する場所には良い場所といえるのです!

ビットコイン取引所について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨取引所を徹底比較!国内取引所まとめ一覧表【最新版】
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side