ビットコインの価格変動の理由とは?今後の5年後のチャート予想!

現在注目されている、フィンテック市場を牽引するビットコインの価格は、発足から既に700万倍以上の飛躍。 そのビットコイン価格は、今後どこまで跳ね上がるのか。それとも急暴落するのか。5年後の2022年のチャート価格は驚くべき予測となっています!

ビットコインの価格変動の理由とは?今後の5年後のチャート予想!のイメージ

目次

  1. 1ビットコインの歴史
  2. 2ビットコインの過去の価格変動
  3. 3ビットコインと64億円のピザ
  4. 4ビットコインの今年の価格推移
  5. 5ビットコインの分裂問題が価格に影響
  6. 6ビットコイン価格の高値の理由
  7. 7ビットコインの価格変動予想
  8. 8ビットコインの5年後の価格予想
  9. 9ビットコインの価格チャートの値動き
  10. 10ビットコイン価格変動のまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ビットコインの歴史

ビットコインの名前はある程度聞いたことある人が多いと思います。
そのビットコインの産みの親と言われる方を皆さんはご存知でしょうか?
その方の名前はナカモトサトシ(Satoshi Nakamoto)。おそらく日本人であろうとされていますが、彼に関する詳細な情報は公にはされていません。

従来の法定通貨まで脅かす存在となったビットコインは、彼の論文を元に開発されてきた訳なので、ナカモトサトシなる人物の詳細が公表されると、法定通貨関連の各筋から目を付けられ、身の危険に迄及ぶ可能性がある為、身元は決して明かす事は出来ないのです。

そのナカモトサトシがビットコインに関する論文を発表したのが2008年の10月。そしてその論文を元に、初代ビットコインバージョン0.1がリリースされたのは、2009年1月となります。
その年の10月には既に法定通貨、アメリカUSドルとビットコインでの取引が開始されており、ビットコインの発祥は2009年とされています。

その後、近年では記憶にも残っている人も多いと思いますが、ビットコイン取引所の一つである、Mt.Goxのハッキング事件が2014年に発生しました。
その被害額として114億円相当のビットコインが消失したのですが、この事件を契機として、ビットコイン=危険というネガティブなイメージが日本では特に強くなりました。

ところが、実際はビットコインそのものが危険という訳ではなく、ビットコインを扱う一つの取引所のセキュリティーを含めた管理責任の問題であっただけで、その後は今日に至るまで、ビットコインの価格は飛躍し続けているのです。

ビットコインの過去の価格変動

2009年に初リリースされたビットコインの価格は2017年の10月現在では約64万円あたりで推移しています。
2009年当時の価格は1ビットコイン=0.00076ドルとされていて、2017年10月現在は米ドル換算で、約5800ドル
なんとビットコインの価格変動は発足から既に700万倍以上

この桁違いな価格変動を理由として、ビットコインで巨額の富を得た人が多く誕生し、今では投資家がビットコインをはじめとする仮想通貨に注目しています。

価格は700万倍以上!?

ビットコイン価格の上下変動。

ビットコインと64億円のピザ

ビットコインが実店舗で使われたのは、2010年5月22日にピザ屋で利用されたのが、初めての取引となります。ビットコインを使用しピザを購入したのですが、2枚の価格が1万ビットコインであったと言われています。

当時では、約25ドルのピザの値段だった訳ですが、2017年の10月現在の価格に換算すると、1万ビットコイン=約64億円。なんと、64億円相当のピザを購入したという計算になってしまいます。

今では5月22日を、ビットコインのピザ記念日として祝福するビットコインユーザーも現れています。

 

64億円のピザ。

ビットコインの今年の価格推移

ビットコインの2017年の価格変動チャートを見てみましょう。
2017年1月1日の段階では11万円台の価格で推移していたのが、10月では既に64万円台。今年だけでも既に約6倍の価格変動となっています。

価格チャートはもちろん、上げ下げを繰り返すのですが、今年に入り2度の大きな暴落もありました。
一つが8月1日に予定されていた、ハードフォーク問題です。この問題が原因で7月17日前後に一時的に大きく価格が下落しています。しかし、この一連の流れでは特に大きな混乱を招く事も無く、7月後半からビットコインの価格変動は再度上昇傾向となっています。

そして、更に大きな価格下落がありました。
中国と韓国が仮想通貨取引に関して規制を強化した為9月15日辺りにビットコイン価格が暴落したのです。中国政府は国民の資産が法定通貨から仮想通貨に流れ、マネーロンダリング、資金洗浄や違法な海外送金の原因になるのを恐れ、中国政府がICO(新規仮想通貨公開)での資金調達と、ビットコイン等の取引の停止命令を中国国内の取引所に通達したのです。

また、同様に韓国でも、ICOの停止など、仮想通貨に対しての規制が厳しくなったのも影響して、一時ビットコインの価格は30%程急落しました。

韓国でもICO規制を強化。

この様に、2017年は一時的にビットコイン価格の暴落が2度はありましたが、下落の後は直ぐにV字型で巻き返しています。今後は、中国政府は規制を徐々に緩和する傾向も予想されてます。そのような観測もあり、更に最高値の価格更新を繰り返しています。

ビットコインの分裂問題が価格に影響

上記で述べたハードフォーク問題を簡単に説明しておきましょう。
ビットコインは取引量の増加と共に、以前から、その処理スピードの低下やスケーラビリティ(拡張性)が問題視されていました。
そこで、8月1日にハードフォークが発生し、ビットコイン(BTC)とは別に、ビットコインキャッシュ(BTH)が新たな通貨として誕生しました

またスケーラビリティ問題には、通貨の分裂を招かないソフトフォークも提案されており、BIP91というビットコインの企画書の中でのSegwit という取引量サイズを圧縮させる案も導入されていました。
そして、2017年の11月19日辺りには、再度、Segwit2×ハードフォークが予定されており、従来の問題が解決される事になれば、更なる上昇価格変動が予想されます。

Segwit導入を採用。

ビットコイン価格の高値の理由

ビットコインの値段が上がる理由として3点挙げられます。

1.ビットコインにそもそも上限枚数が定められている。
ビットコインの発行量は上限で、2100万ビットコインとされています。その為、法定通貨は財政政策などにより追加発行が可能ですが、ビットコインは上限枚数以上の発行が出来ません。その為、市場での需要が高まれば、必然的に1ビットコイン当たりの価格も跳ね上がる仕組みとなります。

2.インフラが急速に拡大している。
ビットコインに関わる環境、ビットコインを取り扱う店舗数の拡大、ビットコインATMや取引所に至るまで、インフラが世界的に急速に加速しより日常の生活に浸透しつつあります。ビットコインでの支払い可能店舗としては、ビックカメラやリクルート、エクスペディア、デルなどの大手も次々と参入してきています。

3.需要が加熱
上記の理由により、従来からの投資家も徐々に仮想通貨での投資に注目しつつあり、他資産と共にビットコインを保有する投資家が増加しています。

以上の様な理由を元にビットコインは今後も大幅な価格の上昇が予想されます。
今後もハードフォークが予定されるなど高くなる材料がたくさんあります!

そんな今後も有望なビットコインを買うなら取引量No.1のビットフライヤー!!
たくさんの人が一斉に買いをしたりするときほど、値動きが激しく、自分の希望した金額と量で買うのが難しくなります。
そんなときでも買うためには取引量が多いと買いやすくなります!
今注目が扱っているビットコインを買うならビットフライヤーがおすすめです!

▼ビットフライヤー公式ページはこちら▼
 

ビットコインの価格変動予想

ビットコインの今後のチャート予測としては、既に世界的な拡大をしているビットコインに対して、例え中国や韓国政府が規制を入れたところで、一度下がっても価格は直ぐに戻り、戻るどころか更なる上昇を続けていくと考えられます。

ところが、時価総額を見てみると、2017年10月での仮想通貨全体の時価総額は約17兆円ビットコインだけでは、ほぼ9兆円と言われています。トヨタの時価総額は22兆円とすれば、仮想通貨全体の時価総額は、まだトヨタ1社にも及ばないのですまた、ソフトバンクの時価総額は10兆円を超えるとされ、ビットコイン単体での時価総額もソフトバンクにも太刀打ち出来ません。

アップル1社での時価総額は約87兆、また"金"全体の時価総額は1000兆を超え、株式市場の時価総額は8300兆円とされています。

アップルより低い時価総額。

ビットコインの時価総額が約9兆円とすれば、今現在の段階でも、今後どれ程の伸びしろがあるか理解できます。ビットコイン研究者のWilly Wooはビットコインのユーザー数は、"12か月ごとに約2倍になるであろう。"との予想を立てています。

ビットコイン上昇の理由とは。

ビットコインの5年後の価格予想

ビットコインの価格変動として、ウォール街の投資アドバイザリーファーム、Fundstratの創業パートナーであるトム・リーが、今から5年後の2022年の価格を予想しています。

一時はその予想価格値は、5万5000ドルと予想されていましたが、その後下降修正されました。それでも、価格は2万5000ドル(約280万円)に達するだろうと予想しています。それが、実現するとなると5年後には、今のビットコイン価格から更にほぼ5倍上昇という計算となります。

5年後は280万円!?

ビットコインの価格チャートの値動き

現在、60万台のビットコインの価格変動も来年の2018年早々には100万円台5年後のチャート予測としては約280万円とされていますが、それでも約280万円でも、上記の時価総額を考慮すればまだ控えめなチャート価格予測とも言えます。
1ビットコイン300万円台も夢とも言えない未来が待っています。
ビットコインの現在の価格も、まだ相当安いのかもしれません。

5年後のビットコイン価格。

ビットコイン価格変動のまとめ

Fintechという言葉を最近よく耳にしますが、Finance(金融)とTechnology(技術)を合わせた言葉です。

ビットコインを含めた仮想通貨も、このフィンテック市場を牽引しており、上記の通りビットコインの価格変動は、既に発足当初より700万倍以上のチャートの値動きを見せています。それでも時価総額でみれば、そのポテンシャルはまだまだ図り知れないものであり、今後の更なるチャート上昇が予想されます。

現時点では世界中のビットコインの約半分を日本人で保有する程、日本が世界の仮想通貨市場を大きく占めているのは事実です。

このブロックチェーンを含めたフィンテック市場、そしてビットコインを筆頭とする仮想通貨。
今後は世界中での仮想通貨全般での底上げが一気に拡がり、いよいよこれからが本番とも言える時代に突入しました。

2022年、5年後に期待。

ビルゲイツも絶賛?有名人のビットコインへのコメントは?

ビットコイン価格は今後も上がっていくと多くの著名人がコメントを出しています!
ビットコインを支持している最も有名な人といえば、世界で最もお金持ちのビルゲイツ氏です。
彼はまだパソコンが海のものか山のものかもわからない頃にこれは世界を変えると信じてマイクロソフト社を立ち上げました。
そんな先見の明のあるビルゲイツ氏が支持してるとなるとかなり信用できるのではと思います!
ビルゲイツ氏はビットコインについて今はまだまだ安いと言っているのです。

今後が楽しみ!ビットコインを買うならここ!

ビットコインを買うならビットコイン取引量No.1のビットフライヤーが一番!
すぐにアカウント開設できてすぐに購入が可能!

大手の安心感とトレードのし易さでビットコイントレードには最適!

ビットコイン取引で国内手数料の安さでNo.1!
現物でのビットコイン取引なら手数料はゼロ、ではなくなんとマイナス!取引をすればするほどビットコインがもらえる!
ビットコイン以外の仮想通貨も取り扱っておりおすすめ!!

ビットコインの詳しい今の情報を知りたい人はこちら!

Thumbビットコインが急落!原因はSegwit2xにかかわる開発者グループのごたごた
Thumbビットコインの価格変動の理由とは?今後の5年後のチャート予想!

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side