ビットコインのデビットカードを徹底比較!おすすめのカードとは?

ビットコインのデビットカードは便利そうだけど、どれが一番おすすめでしょう?税金対策についても触れつつ、ビットコインのデビットカードのメリットや種類をお伝えし、それぞれのカードの特徴の比較やオススメ、バンドルカードについてもご紹介します。

ビットコインのデビットカードを徹底比較!おすすめのカードとは?のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント!
  2. 2ビットコインのデビットカードとは?
  3. 3ビットコインのデビットカードのメリット
  4. 4ビットコインのデビットカードのデメリット
  5. 5ビットコインのデビットカードを利用するために注目しておきたいポイント
  6. 6国内で使えるおすすめのビットコインのデビットカード
  7. 7現在停止中だが、今後使える可能性が高いビットコインのデビットカードのおすすめ
  8. 8ビットコインのデビットカードの特徴と手数料比較
  9. 9ビットコインのデビットカードの税金対策
  10. 10ビットコインのデビットカードのおすすめまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント!

ビットコインを売買してたくさん利益が出た後に、皆さんはどうしていますか?


単純に手数料を払って日本円に交換するという方法をとっている人も多いのではないでしょうか?


もしそうなら、ビットコインを日本円に替える時の手数料を節約できる、ビットコインデビットはおすすめです!


今回はそんなビットコインのデビットカードの特徴やメリットについて見ていき、
どのカードがおすすめなのか比較検討してみました!


また、国内で使えるビットコインのデビットカードのおすすめもご紹介します!

ビットコインのデビットカードとは?

ビットコインの価格も大きく上がり、この貯まった額をそろそろ何かに使いたい……と思われている方も多いのではないでしょうか。


ビットコイン対応のお店は増えてはいるものの、デジタル通貨という事もあり実店舗ではなく通販のみなどのお店もまだ多いと思います。


実はビットコインで使えるデビットカード、というものが発行されています。
国内で特に有名なのは、初めて発行されたのはコインチェック(coincheck)と株式会社カンムが提携発行した「バンドルカード」というものです。


こちらはビットコインのデビットカードとしてもっとも流通量も高く有名なカードになります。今回はバンドルカード他の多数のデビットカードのメリットデメリットおすすめや比較を行いました。大切な税金の対策などについてもご紹介します。

ビットコインのデビットカードはプリペイドカードのような仕組み

デビットカードといえばクレジットカードと違い「銀行口座から直接支払えるカード」ですが、ビットコインのデビットカードはあらかじめ入金(チャージ)します。


どちらかというとプリペイドカードのような使い方で行いますが、ビットコインの送金手数料は安いという仕組みを活かし、コストの低い入金が可能になります。


カードを発行せず、デビットカードのアプリで買い物することも可能です。通販はもちろん、カードであればほぼプリペイドカードそままの利用感覚で簡単に支払えますので、ビットコインのデビットカードがあれば新しい決済方法がグッと広がりおすすめです。

実際にこのバンドルカードはビットコインをチャージしてないと使えません。
このバンドルカードにチャージできるビットコインは、ビットコイン取引量日本一のbitFlyerでの購入がオススメ!


国内でビットコインの取引をしている人のほとんどがbitFlyerを利用しています。
ビットコインを購入するなら国内最大級の取引所で信頼できるbitFlyerの口座は持っておきましょう!

bitFlyerについて詳しく知りたい方はこちらで口コミや実際の体験談をまとめています!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説!

ビットコインのデビットカードのメリット

ビットコインを支払に使える

これこそビットコインのデビットカードで一番のメリットですね。利益が出て貯まったビットコインをデビットカードに移して、一般のお店でお買い物に使えてしまいます


ビットコインが暴騰していて長く貯めていていた方は、使いたいけど使う機会がなかったという方も多いと思われますので、このようなアプリやカードは今後需要が増えていくでしょう。

発行が簡単

デビットカードという名前で使われていますが、実質プリペイドカードのような形で使うためクレジットカードなどを作るよりずっと簡単です。


例えばバンドルカードは必要な情報が生年月日や性別、電話番号のみで、年齢制限もありません。他のカードでも15歳以上ならOKという比較的若い人でも簡単につくれてしまうため、制限無く誰でもつかうことができます。

ビットコインの送金手数料が安い

つぎのメリットは先ほど挙げたとおり、デビットカードにビットコインをチャージするときに手数料が安く済む、ということ。


国内で初めてビットコインデビットカードの支払を可能にした「バンドルカード」は、コインチェック(coincheck)とビットフライヤー(bitflyer)と提携しており、こちらのウォレットを利用している方はビットコインを無料で移すことができます。


これは世界中に低コストで送金が可能なビットコインのメリットでもありますね。最大手2社を使うことができますので、そういった意味でもバンドルカードはおすすめです。

公共料金も支払える

さらに嬉しいのは、ビットコインで公共料金までも支払うことが出来るということです。


これは先ほどあげたバンドルカードのちょっと良いデビットカード「バンドルカードリアル+(プラス)」の機能なのですが、公共料金の他定期購読保険料の支払い高速道路料金機内販売本人認証の必要な対応店など、ほとんどの決済をカバーできます。


その分発行料金は比較的高くなってしまいますが、ビットコインの支払い方法の一つとして検討している方はこちらもおすすめいたします。

ビットコインのデビットカードはこんなにたくさんのメリットがあります!


仮想通貨は1000種類以上もありますが、こんなにデビットカードが充実しているのはビットコインだけです。


そんな多くの場所で使用できるビットコインを実際に購入してみたいという方はザイフがオススメ!


ザイフはビットコインを売買すればなんと無料でビットコインがもらえます!!
そんなお得なザイフの登録は下のボタンをクリックしてすぐにできます!

ザイフについて詳しく知りたい方はこちらで評判や体験談をまとめています!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説!

ビットコインのデビットカードのデメリット

口座の維持手数料がかかる

ビットコインのデビットカードを利用するにあたってのデメリットは、口座の維持費がとられてしまうということ。仮想通貨取引所では口座の維持はほぼすべてのところで無料ですが、ビットコインのデビットカードは口座の維持費を払わなければならないところがあります。


月額制のほか、一定期間使用しなければ残高から引かれる、というルールのところもあります。なので頻繁に使う予定のかたは特に気になさらなくても問題かもしれませんね。


公共料金の支払に利用すれば、無料のまま使うという対策もとれます。これはクレジットカードや銀行のデビットカードでもあるシステムですでね。


ちなみにデビットカードのアプリや発行先に関しての口座のみで、提携している取引所の口座は無料のままですのでご安心下さい。

ビットコインのデビットカード発行時に手数料がかかる

もう一つのデメリットとして、ビットコインのデビットカードの発行に手数料を取られてしまうことがある、ということも挙げられます。アプリのまま使用する場合は無料であることが多いのですが、実物のカードを必要とする場合は注意しましょう。


こちらは年会費とは別で、発行したときのみかかります。300円前後ですので、それくらいなら気にならない、という方も多いかも知れませんね。

日本円に換えるため、税金がかかる

こちらが一番気になるデメリットかも知れません。実はビットコインも税金の課税対象になることをご存じですか?


国税省のHPにあるタックスアンサー「株式投資等と税金」No.1524の「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」によると、


「このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。」


という記載がされています(原文引用)。つまり儲けた分は確定申告をする必要があり、税金を課せられるのです。累進課税方式(利益の高い人ほど多く税が取られる制度)の上、その年の1月~12月までが対象ですので、かなり大きい額を手にした方はその分税金として取られてしまう可能性が高いということになります。


ただ計算は「売却価格-(取得代金+譲渡費用(手数料等))」となっています。つまりあくまで利益を「確定」した分だけが税金の対象になりますので、12月までに日本円として銀行にはおろしていない、という方は申告の必要はありません。


詳しい確定申告の方法についてはこちらで詳しく解説中!

Thumbビットコインなどの仮想通貨の確定申告の計算方法がついに発表!

そこで気になるのはビットコインのデビットカードのチャージした分なのです。今回ご紹介するデビットカードは主に国内のものですが、国内のデビットカードは日本円(またはドルなどの通貨)に変換されてチャージされるため、チャージした時点で税金の対象になってしまいます。


もちろん、ビットコインの税金に対する対策方法もあとで触れさせていただきます。YouTubeなどの動画などでも税金対策の詳しい紹介があるので、もし税金の事で心配のある方、対策方法を知りたいという方は見ることをおすすめします。

ビットコインのデビットカードは、メリットだけでなく、デメリットもしっかりと理解して使うことで、賢く利用することができます。
デメリットもしっかりと理解した上で適切な利用をしましょう!


デビットカードに使えるビットコインは、coincheckでも購入することができます。
coincheckはbitFlyerに並ぶ国内有数の仮想通貨取引所なので、安心して購入ができます!

ビットコイン以外にも稼げる多数の仮想通貨を取引できるcoincheckはおすすめの取引所です!

Thumbcoincheckの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説!

ビットコインのデビットカードを利用するために注目しておきたいポイント

このメリットとデメリットをご覧頂いた上で、ビットコインのデビットカードを利用するためにおすすめする注目すべきポイントは

 

  • 送金手数料が安い
 
  • 口座の維持手数料期間はどれほどか
 
  • チャージの最低金額



になると思います。どれも主に手数料をお得にするポイントですが、まず送金手数料は安い方が利益を落とさずに済みお得です。


またデビットカードの口座の維持手数料の期間に関しても、その日が来るまでに使用しなければならないとも取れます。減ってしまうとまたチャージの必要もありますし、税金対策のことを考えるとあまり良いことではありませんね。


また、国内のデビットカードは一度チャージすると引き戻せなくなるので、できれば自由な金額でチャージできたほうが税金対策にも繋がるでしょう。この3点に対しメリットが比較的つよいカードをおすすめします。

国内で使えるおすすめのビットコインのデビットカード

①バンドルカード

こちらは国内初のビットコイン対応デビットカード「バンドルカード」。ビットコイン対応のカードとしては最も有名かと思います。主にカード中心のアプリ開発を行う「株式会社カンム」と大手仮想通貨取引所「コインチェック(coincheck)」で提携発行されているデビットカードです。


特徴として、まずアプリのままでも利用することができます。カードの発行(入会)手数料もかかりませんので、少しお得にお買い物を始められますね。また先ほどご紹介した「バンドルカード リアル+(プラス)」を発行すると、公共料金を初め定額のものも支払もビットコインで利用することができます。


さらにコインチェック(coincheck)と提携しているため、コインチェック(coincheck)から無料でビットコインでチャージできます。こちらのアプリがあれば提携している他の取引所のウォレットも送金が可能ですが、手数料がかかる取引所もありますので、その場合はご注意下さい。

バンドルカードを利用するならcoincheckがおすすめです!口座開設をまだしていないという方はこの機会にしましょう!


coincheckは本人確認に時間がかかってしまうため、バンドルカードの申し込みと一緒にすぐ口座開設をするのがおすすめです!

コインチェックの口座開設手順はこちらで解説!

Thumbコインチェック(coincheck) の登録方法から口座開設!本人確認の流れも解説!

こちらはビットフライヤー(bitflyer)で発行できるバージョンのビットコイン対応のデビットカードです。こちらも株式会社カンムと提携しており、バンドルカードのアプリに対応しています。


基本的な機能はコインチェック(coincheck)のバンドルカードと変わりなく、ビットフライヤー(bitflyer)のウォレットからも無料でチャージができます。ただ、ビットフライヤー(bitflyer)にはコインチェック(coincheck)で発行できる「バンドルカードリアル+」は発行できませんのでご注意ください。


この大手2社を利用している方はかなり多いと思いますので、バンドルカードは利便的にもおすすめです。

bitFlyerのウォレットからも無料でチャージができるので、バンドルカードを利用するならbitFlyerもアカウントはあると便利です!


bitFlyerは国内最大の仮想通貨取引所なので、安心して利用ができます。
この機会にbitFlyerの利用を始めよう!

bitFlyerの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbbitflyer(ビットフライヤー)の本人確認の手順と時間と必要書類まとめ!

②マネパ

こちらはマルチカレンシープリペイドカード「マネパカード」。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円という6種類の通貨に対応したカードで、こちらの入金にビットコインが対応しています。


海外で利用する場合は海外の貨幣に換えて支払うことが可能ですし、その現地のATMであれば引き出すことも可能です(国内や日本円として引き出すのは不可)。旅行のときにお財布が軽くなって嬉しいですね。


またザイフ(zaif)と提携しており、マネパにチャージする場合はザイフ(zaif)のウォレットが必要になります。

マネパと連携しているZaifは、ビットコイン手数料が日本一安くビットコインを取引するならおすすめの取引所です!


マネパでチャージする際は、Zaifが必要となってくるのでZaifでの口座開設もしておきましょう!

現在停止中だが、今後使える可能性が高いビットコインのデビットカードのおすすめ

ここからは現在停止中のデビットカードをご紹介します。


というのも、ビットコインのデビットカードは海外ではかなり進んでいて、日本語や日本円にも対応している取引所やカード発行の会社も多くありました。


それが2017年8月頃に仮想通貨交換業の参入にかかる規制が入り、海外のデビットカードは国内に使用を制限し、10月15日で日本では使用不可能になる、ということが相次いだのです。


ビットコインはなくなったワケではなく送金対応ができたようですが、ここで紹介するカードは現在停止中なによりビットコインのままチャージが可能です

Wirex(ワイレックス)デビットカード

まずおすすめするのは、停止前は国内でも多くの方がつかっていた「Wirex(ワイレックス)カード」。


海外のカードでありながら手数料が安いことがつよいメリットとなっていました。日本円に変換することは出来ませんが、ドルやユーロなどに両替する手数料は無料ですし、オフラインでもオンラインでもお買い物時に手数料はかかりません。


バンドルカードと同じくアプリがあり、その場合はカード発行も必要ありません。


ちなみに、Wirex(ワイレックス)の機能だけでは日本円で両替は不可能ですが、一部ATMからドルを日本円に替えておろすことは可能のようでした。

SpectroCoin(スペクトロコイン)のプリペイドデビットカード

こちらSpectroCoin(スペクトロコイン)はリトアニアにあるビットコインの交換所です。カード発行も行っていて、それが上記のカードになります。


法定通貨(日本円など)に交換するかビットコインに交換するか、になるようですがイーサリアムやダッシュやネムといった、複数の仮想通貨を利用することができます。


ビットコインや貨幣の両替が中心と言うこともあり、ドルやユーロ、日本円にも両替が可能で、ATMに送金することもできるようです。手のひらサイズの取引・交換所といったところですね。

ビットコインのデビットカードの特徴と手数料比較

デビットカード特徴の比較

バンドルカード
  • コインチェック(coinckeck)、ビットフライヤー(bitflyer)と提携
  • カードによっては公共料金を払える
  • 日本円としてチャージされてしまう
マネパカード
  • ザイフ(zaif)と提携
  • カード発行費用や維持費は無料
  • ビットコインからチャージする際、6カ国の通貨のどれかに変換する
Wirexカード
  • 海外のカードの中では手数料が安い
  • ビットコインのままチャージできる
  • 日本円には替えられないが、一部ATMではドルから日本円に替えておろすことができる
SpectroCoin(スペクトロコイン)
  • ビットコイン他30種類以上もの仮想通貨を取り扱う
  • ビットコインのままチャージできる
  • 両替も日本円に可能(手数料有)

こちらはバンドルカード、マネパカード、Wirex(ワイレックス)カード、SpectroCoin(スペクトロコイン)カードの主な特徴の比較です。
バンドルカード取引量も多い2社で扱いやすいので、このアプリひとつでかなり扱いやすいと言えますが、デビットカードを始める上で発行維持費も無料マネパカードもうれしい特徴があります。


Wirex(ワイレックス)カードとSpectroCoin(スペクトロコイン)ビットコインのままチャージすることができるのが強いメリットです。日本円に替えておろすこともできますので、ビットコインのままチャージし、利益がでてきたらその分だけおろす、という方法をとっても良いでしょう。
現在使えないことが残念ですね。

手数料比較

  カード発行費 口座の維持管理費と期間 送金手数料
バンドルカード
※リアル+は
コインチェック(coincheck)のみ
  • 通常300円
  • リアル+(プラス)=600円
120日未使用の場合
30日毎に100円引かれる
(残高がない場合は利用停止)
無料
マネパカード 無料 無料 無料
Wirexカード 無料+送料
(2枚目からは3ドル+送料)
1ヶ月1ドル 無料
SpectroCoin
(スペクトロコイン)
  • 実体カード9ドル
  • オンラインカード0.5ドル
1ヶ月1ドル 無料

※チャージ金額は手数料以上であれば制限無し

バンドルカード、マネパカード、Wirex(ワイレックス)カード、SpectroCoin(スペクトロコイン)カードの主要な手数料の比較です。全体的に比較してみてもマネパカードが圧倒的に低コストですね。カードを作っても無料というのはなかなかないと思います。今回の注目したい点をふまえると、この中の比較では一番おすすめできるカードと言えるでしょう。

バンドルカードは手数料がややかかりますが、カードはその分支払に使いやすくなっています。120日放置すると手数料が取られてしまうのはマネパカードと比較するとやはり痛手ですが、リアル+で定期的な支払い利用するのであれば問題はないので、使い方で変わるカードですね。

やはり国内のデビットカードと比較すると、海外のデビットカード手数料はややコストがかかってしまいますね。月額制なのもすこし痛手ですが、ビットコインのまま保有できることを考えると結果お得に使えるカードと言えます。
今回取り上げたデビットカードは、どれも最低金額の制限はありませんでした。またチャージも無料となっていますが、それぞれアカウントを作る必要があることにご注意ください。

ビットコインのデビットカードの税金対策

先ほども記載したとおり、ビットコインのデビットカードを利用するにあたり税金が気になってきます。仮に海外の口座に預けていたとしても、日本に住んでいる日本人には税金の義務がかかります。ビットコインのデビットカードを使う上で、税金の対策はよく考えるべきでしょう。

多少面倒ではありますが仮想通貨の税金の計算を簡単にするために、バンドルカードやマネパカードを利用を考えている方は、おおきな金額のものを買う定額購入でどれくらい使うか分かっているなど、あらかじめ何に使うかをきめてその都度チャージするのが現時点での対策としておすすめします。

ビットコインの売却だけでなく、ビットコインでの商品購入は、課税の対象になってきます。
しっかりと税金の計算方法を理解し、確定申告に備えましょう!

Thumbビットコインなどの仮想通貨の確定申告の計算方法がついに発表! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ビットコインのデビットカードのおすすめまとめ

ビットコインのデビットカードについて、メリットデメリットや税金対策、おすすめのデビットカードなどご紹介しましたが、いかがでしょうか? 

お金にかかわることは、常に税金も意識しなければいけませんね。
徐々にビットコインが対応できる環境が整いつつありますが、それでも必要だ、使ってみたいという方の情報源になれれば幸いです。

デビットカードで使えるビットコインは、やはりbitFlyerでの購入がオススメ!

bitFlyerはビットコイン取引量日本一でがっつりビットコインを買いたい人向けです。
是非、この機会にbitFlyerでビットコインを購入しておきましょう!

ビットコインってどう活用できるのかを知りたい方はこちら!

Thumbビットコイン決済サービスとは?日本で導入している店舗まとめ!
Thumbビットコインが使えるお店(ビットコイン決済対応店舗)51選!【最新版】

ビットコインの価格がありえないくらい上昇している?!

Thumb最高値を更新!ビットコイン上昇はどこまで?将来価格と今伸びている理由は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb高騰し続けるビットコインの今後の展望は?将来の価格と相場予想!
Thumbビットコインの価格変動の理由とは?今後の5年後のチャート予想!

上の記事の通り、ビットコインの価格がありえないくらい上昇しています!

ビットコインの購入は、国内で一番手数料が安いザイフがおすすめです!
デビットカードも提携しているザイフの口座開設は下のボタンをクリック!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbビットコインの使い方はさまざま?おすすめの使い方をご紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨取引所を比較!国内取引所まとめ一覧からランキング3選!【最新版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side